組織を守る?

「今日からキミはこっち側の人間です」
男子部時代の部幹部面接の時に面接官の幹部にそう言われた。
「部」幹部以上は「こっち側」
「こっち側とはどっち側なんでしょう?」と尋ねると
「創価学会の組織を守る側ということです」と説明された。
「創価の組織を守る」
よく活動家・幹部が口にする言葉だ。
組織を守るとは一体どういうことなのだろうか?と考えた。
創価学会などという巨大組織を
守れるような立場でもないし、そんな力もない
自分だ出した答えは
組織といっても結局は学会員ひとり一人のことなのだから
会員一人ひとりを守ることが
組織を守ることだと思って、そう行動してきた。
が、創価の組織を守るというのは
そういうことじゃなかったと数年後思い知らされた。
「組織を守るため」という大義名分の元
俺を含む十数人が組織を通報された。
追放された十数人は、先頭を切って創価の活動をし
折伏も新聞啓蒙も毎年結果を出し
活動を増やし続けたきたメンバーばかり。
そんな追放組の俺たちに共通していたのは
「幹部に指導を受けない」
「幹部の言うことを聞かない」というところだった。
もっとも、指導を受けないとか言うこと聞かないというのは
言ってる側の(幹部側)の言い分であって
当の俺たちからしてみれば
「指導を受けたい幹部がいなかった」
「幹部の言うこと聞いてたら広宣流布は進まない」
としか言い様がない。
ところが、彼らのロジックは
幹部の言っていること聞かないのは
池田センセの指導を聞かないということであり
そのような活動家はいくら結果を出そうと
組織を混乱させる獅子身中の虫。らしい。
日頃は「仏法は勝負だ」なんて言っておきながら
自分らに結果が出せないと
「結果をさせばいいってものじゃない」といい出すのだから
俺達がこんな連中に指導を受けに行くはずないだろう。
まぁ、そんなこともあって
俺は、一人の会員を守ることが学会を守ることだという
自分の考えが間違っていたことに気づいた。

「組織を守る」なんていいながら
その組織のメンバーを追放する。
それは、俺たちだけじゃなく
昔から、そして今も行われている。
「学会を守る」為に
学会員を活動停止にさせたり
中には実際に除名になったりする。
反社会的な事をしているならともかく
そうでない会員さんもそうした仕打ちを受けている。
不倫したり、同志の金を盗んだり、
同志に金を借りて返さないとか
そんな連中は組織内に大勢いるが
表沙汰にならなければ、何の処分も受けないが
「幹部の言うことを聞かない」
「幹部を批判する」と
どんなに活動を頑張っていても
追放・除名である。

一体「守るべき創価の組織」の正体はなんなのだろう?
会員でないことは確かだが
だとすれば「組織」と呼ばれるものの正体はなんなのだろう?
一人ひとりの会員でもなければ
大聖人の仏法でもない
とすると、幹部たちが大切な会員を追放してまでも守りたいのは
「組織の秩序」だろうか?
上からの言うことを聞かない人間は
「組織の秩序」を乱すから追放・除名にするってことだろう。
「団結を乱す」とか
「組織を混乱させる」とかいうのは
「秩序」を乱すということだろう。

まぁ、「秩序」とかくとカッコはいいが
要は、有形無形の「既得権益」を守りたい。
ただそれだけの話なんだけどね。
支部長は支部長の
ゾーン長はゾーン長の
県長は県長の
会長は会長の
そして池田センセは池田センセの
それぞれの「既得権益」を守るために
一会員に「組織を守れ」というわけだ。
学会の組織を守れば諸天に守れれる。
なんていう何の根拠ない言葉で一会員を騙し
その実は、自分達の立場・既得権益をを守りたいだけ。
「守るべき組織」の正体なんて
所詮、この程度のモノだ。
よ~く考えれば直ぐに分かるんだけどね。
組織とは本来その構成員を守るために結成されるもんだ。
組合は組合員を守るために作られる。
や●ざの組だって組員を守るために存在する。
どこの世界に会員が守るために組織を結成するバカいるのか?
本来は、組織が会員を守るのであって
会員が組織を守るなんてのはアベコベなんだよ。
ましてや、創価の組織なんてなくたって正しい信心なんてできるのだから。
いや、違った。
いまは、創価の組織なんてあるからこそ
正しい信心ができなくなる。
守るどころが、破壊しなければいけないのが今の創価の組織だったな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

・『何の為に?』『誰のために?』(組織を)守らなければいけないのか?
・(組織を)守らなかったら 何が起きるのか?
・今は(組織を)守るだけの価値が組織にあるのか?

この3点を尋ねると 意外だけれど 
ストックホルム症候群のような心理性が出てくるし
またこの点を巧みに操れば『守る事』が 権力の魔性 
要は"権威の道具"にも使える事に 気づくんだよね~



-追記

そういえば 守った・・が故に仇で返された事があったなぁ~
要するに『守られた側』がそこに甘えて 余計な事をしちゃうんですよ
こういう経験があると 相手が守ってください・・と懇願しても 
或いは 自分を守るという点を考慮しても 消費者の取引という側面で考えると
複雑にもなってきますね


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

秩序

  まあ、この言葉が適格かもしれませんね。 創価の組織論には言いたいことは、それはもう山ほどありますが、抑えめにしときます。

 前から「共同幻想」とか「自己目的化している」とかを言ってきましたが、
まともなのは、センセイだけ、センセイを見失わなければいいんだと、自らを思い込ませてきたんだなと感じます。

 それが離れなかった理由だとすれば、それが崩れ去ったと確信できたから、「離脱」を宣言したんだろうなあ。 虚飾の池田大作像。 幹部たちがこぞって、異口同音にはやし立てた大賛美だらけのSGI会長論像。

 みなさん あれ、ウソですよ。 全部、ウソがばれないために、またウソをつき続けるという伝統の儀式ですよ。

 滑稽なほど、 いやあまりに荒唐無稽なほど真実味が増す、の伝で
草創期から今日まで騙されてきただけなのです。

 例をひとつあげましょう、

 S40年代の「大百蓮華の辻青年部長(当時)の記事」には、

 「なんとイケダ会長先生は正本堂の大寄進のため(つまり会員の寄付)に目標額の35500000000円のために、自ら35500000000遍のお題目を唱えてくださったのです」と。

 こんな記事が堂々と掲載されていました。  ふと正気に戻れたら、そんな途方もない数のお題目を、センセイの入信以来だとしても、唱えることは不可能であることに気づけるはず。  ところが当時の会員さんたちは、なんと申し訳ないことか、と奮い立って、金作りに文字通り、狂奔したんですね。

 ウソはもうひとつあって、当初の達成目標は「50億円」でした。

 つまり狙いは奏功して約7倍にまで達した。 法華講、ほかの方々もご供養しましたが、ケタが違います。  私も当時、ザダンカイで大B長さんから、「正本堂が完成したら大福運をいただいて、『金の靴を履いて』お山に行こう!」というのを聞いています。

 こんなアナクロニズムな、あっけないほどのウソを信じ、預金も保険もなにもかもはたいてご供養をしたんですよ。  だって「このご供養は一生に一度です。 もうこれ以降 皆さんに一切、ご供養をお願いすることはありません!」とセンセイ自ら、叫んでおられましたからね。

 で、いまはどうか。  言うまでもない状態ですね。

 これが「ガッカイ組織がフルに稼働した状態」です。  みんなで同じことを言い、同じことをして、勝利する」とかいうような在り方です。

 こんな年から年中、すごい同調圧力をかけることができるのも、「戸田の命よりも大事なガッカイの組織」という指導?のおかげです。

 管理人さんがおっしゃるように、「秩序維持発展??」こそがもっとも大事な眼目です。  そこから莫大なザイム搾取も「Fの報告」が日本の人口を超えるほどの数字になるのも、面白くもない民音さんが維持できてるのも、日本の政治を左右できるほどの、与党・ハムが偉そうにしてるのも、妄信団体組織のおかげです。

 あくまで現象面の私のコメントですが、最後に皮肉っぽく言えば、、
「広宣流布よりも大事なのが、ガッカイの組織」とも言えそうです◇

 ではおやすみなさい。
 
 

ランボーさん

そうそう その同調圧力ね これが問題なんですよ

その 同調圧力のキーワードが
     『罰』
     『成仏』
     『先生』とか
     『組織を守れ』
・・・とかにあって これらは
     “絶 対 視 す る 条 件 に も な っ て い る が 故 に ”
固定するような状態だからここから 拘束や呪縛の素にもなるわけですね

しかも それ等の同調圧力が
『真相そのもの』が歪められたり 隠れ蓑になったりして
会員を苦しめたり 過ちを犯す結果しか残らなくなるわけで
そのことによって同調圧力が結局は『組織を守っている』つもりでも
実は崩壊したり 敗北の要因にもなったりして 守りきれない 本末転倒な結果にもなったり・・・

こっちもあっちもない

日蓮仏法を守るための組織ではなく、組織そのものを守るだけってのは結果的に日蓮仏法の放棄にしかならない本末転倒の実態。

そもそも一切衆生の幸福を祈り実践することにあっちもこっちもない。

バチと御利益。

アメとムチの使い分けを
ソウカは良く知っております。

創価アメ=本人様の御利益だったら、
まだ良いと、思いますが、

金の話に集約させてコメント致すなら、

騙され、金がないのは、
広布部員の皆様です。
これが現実。
副会長クラスの御自宅と、
我が借家を比べる必要すら
ないのが真実、

管理人さんへ

  また再コメントになります。

 今夜、あの後輩にハッキリとメールしました。
 
 創価と公明は解散すればいい、と。   別に彼になにか問題があったわけではありません。  

 私には、彼に限らず、組織や大幹部、中幹部 ザコ幹部に不平不満を抱き、センセイのことはもうどうでもよくて、教義変更をおかしいぞ、と感じつつ、それでも創価に居続けるその心象が読めないからです。

 腐ったプリンは一口食べれば、もう、そうと判る。  なのに食べてるフリでもしながら、なんとなく聖教を購読し、ザイムはおつきあいの1万円。
 エフの報告もそれなりに水増ししながらやってて、やっぱり「誤本尊」を拝んでる。。

 もしも確固たる信念の、あるいはなんらかの決意があって、隠れ背信を続けて時を待ってる人なら、それでもいい。

 そうでなくて、ただの「様子見」の人がいるとすれば それが理解できないのです。

 私は今まであんまり人の好き嫌いはしないほうだったと自負してますが、 「そういう会員さん」は話もしたくないですね。

 結局、依存心の強い、優柔不断な「創価の民族性」にまみれた人々なのだろうと、観るしかない。  世間様でいえば、お七夜、百日の宮参り、クリスマスイヴだけを祝いケーキを食べ、初もうでも欠かさず、結婚式は、にわかクリスチャンになり、葬儀は「おれんち、お寺どこだっけ?」とか言いながら、占いやオカルトも好き、、みたいな人ね。

 これと根っこは変わらないんじゃないかとも思います。
 それが日本人の特質だという評論家もいますが、

 所詮は昔は たとえば浄土真宗で、そんなシンクレティズムでやってて、今は たまたま創価でそれをやってるだけ、と私には思えて仕方がない。

 ちょっと強弁が過ぎますでしょうか。。。 そういう人たちが結果として、
「組織を守り」、上層部を太らせ、謗法を応援しているような、、そんな図式が浮かぶのです。

 

 

 

eco◆Smw69さん

こんばんは。

> この3点を尋ねると 意外だけれど 
> ストックホルム症候群のような心理性が出てくるし
> またこの点を巧みに操れば『守る事』が 権力の魔性 
> 要は"権威の道具"にも使える事に 気づくんだよね~

創価に限らず。ですね。

> そういえば 守った・・が故に仇で返された事があったなぁ~
> 要するに『守られた側』がそこに甘えて 余計な事をしちゃうんですよ
> こういう経験があると 相手が守ってください・・と懇願しても 
> 或いは 自分を守るという点を考慮しても 消費者の取引という側面で考えると
> 複雑にもなってきますね

そうですね。

RAMBOさん

こんばんは。

>  それが離れなかった理由だとすれば、それが崩れ去ったと確信できたから、「離脱」を宣言したんだろうなあ。 虚飾の池田大作像。 幹部たちがこぞって、異口同音にはやし立てた大賛美だらけのSGI会長論像。
>  みなさん あれ、ウソですよ。 全部、ウソがばれないために、またウソをつき続けるという伝統の儀式ですよ。

池田センセのカリスマ性ってのは半分以上「フィクション」ですからね。
信徒としての「信行学」は
至って「普通」いや「普通以下」ですね。

>  「なんとイケダ会長先生は正本堂の大寄進のため(つまり会員の寄付)に目標額の35500000000円のために、自ら35500000000遍のお題目を唱えてくださったのです」と。
>  こんな記事が堂々と掲載されていました。  ふと正気に戻れたら、そんな途方もない数のお題目を、センセイの入信以来だとしても、唱えることは不可能であることに気づけるはず。  ところが当時の会員さんたちは、なんと申し訳ないことか、と奮い立って、金作りに文字通り、狂奔したんですね。

こんなに題目あげられるはずないですからね(笑)
こうやって虚像が作られていくんですね~


>  あくまで現象面の私のコメントですが、最後に皮肉っぽく言えば、、
> 「広宣流布よりも大事なのが、ガッカイの組織」とも言えそうです◇

その通りです。

太ちゃんさん

こんばんは。

> 日蓮仏法を守るための組織ではなく、組織そのものを守るだけってのは結果的に日蓮仏法の放棄にしかならない本末転倒の実態。
> そもそも一切衆生の幸福を祈り実践することにあっちもこっちもない。

そういうことです。

退転壮年部おじさんさん

こんばんは。


> 騙され、金がないのは、
> 広布部員の皆様です。
> これが現実。
> 副会長クラスの御自宅と、
> 我が借家を比べる必要すら
> ないのが真実

そうですね。
それが真実です。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる