創価教学じゃない御書講義(8月度座談会御書・千日尼御前御返事)

譬えば天月は四万由旬なれども大地の池には須臾に影浮び
雷門の鼓は千万里遠けれども打ちては須臾に聞ゆ、
御身は佐渡の国にをはせども心は此の国に来れり、仏に成る道も此くの如し、
我等は穢土に候へども心は霊山に住べし、御面を見てはなにかせん心こそ大切に候へ
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は「千日尼御前御返事」から。
これはいいね~。
内部アンチと呼ばれる俺にとっては
勇気の出る御文だなぁ。
学会教学的には、池田センセと合わなくても
センセを求める心こそ重要なんだ。的な講義なんでしょ?
でもって、池田センセにあった事ない多くの会員を洗脳し
そしてこれから二度と会員に会えないだろう池田センセを伝説化するつもりなんでしょ?
もう、なんだかバレバレすぎるよね。
そんな講義がなんでこの御文の講義になるかなぁ?
なんで池田センセを求める心が
「仏になる道」とつながるのかなぁ?
そこら辺はどうせ講義しないんだろうね。
そりゃそうだ。
池田センセを求める事は仏になる道じゃないからね
そこらへんを突っ込まれちゃうと困るもんね。
しかし、毎度のことだけど
なんで、ご本仏・日連大聖人と荒凡夫・池田大作を
同等に扱うのかなぁ。
凡夫本仏論?
だったら御本尊は必要ないね。
単なる金儲けの為の商品じゃん。

ここでいう「仏になる道」とは
「仏を敬う心」であり
「仏を信じる心」のこと。
その具体的な行動とは「ご供養」の心だ。
それがご供養の精神。
話はそれるが、「今まで宗門にしてきたご供養を返せ」だの
「こんなに宗門にご供養をしてやった」なんていうのは
このご供養の精神がわかっていないんだよな。
「心こそ大切に候へ」って事がわかってないんだよ。

さて、では千日尼は誰にご供養したのかと言えば当然大聖人なんだけど
ご供養を受けた大聖人は、この御書のなかで

◆法華経を供養する人は十方の仏菩薩を供養する功徳と同じきなり

といわれているように、法華経にご供養した。と千日尼に言われている。
これは何を意味しているかといえば
大聖人即法華経。
文底でいえば、自受用身即一念三千であることを意味しているわけだね。
大聖人に供養するということは
単に「人」に供養したのでなく、
「人法一体の体」つまりは法体に供養したことになる。ということだね。
前文で、法華経(法)への供養が仏(人)への供養に勝る。と言われているのは
あくまでも釈迦仏法に即した言い方であり
文底の意では、人法一体の法体への供養を称えているわけだ。
この「自受用身即一念三千」を指して「事の一念三千」というわけだが
この事の一念三千を「敬う心」
この事の一念三千を「信じる心」
この「心こそ大切」であり
この心が仏になる道であり
この心があればこそ娑婆即寂光となりうるってことだね。

◆南無と申す字は敬う心なり随う心なり(内房女房御返事)

で、「事の一念三千」の当体とは
そう。一大秘法の戒壇大御本尊なんだよ。
大御本尊を敬う心、信じる心が仏になる道ってことだ。
それがなくてどうして仏になれるのか?
池田センセは法体を所持していない。
センセを求めたからって仏にはなれない。
仏力も法力もセンセにはないのだから。

さて、そうはいっても俺のように創価に在籍していると
千日尼のように直接的にご供養はできない。
どうしよう?と思ったとき
直接、ご供養できないのなら
謗法への供養を自分も止め、他人にも止めさせる。
それがせめてもの大御本尊に対する供養だと思って
こうしてブログ書いたり
地元の学会員と話をしたりしているわけだ。
そしてそんな俺がこの御文で勇気が出るのは
「御面を見てはなにかせん」の一文だ。
創価でいる以上、大御本尊にお目通りは叶わない
でも、大御本尊にお会い出来なくても
大御本尊は俺の心を分かってくださる。
自分勝手な思い過ごしなのかもしれないが
俺はそう信じてまだしばらくは創価に残り
なすべきことをしようと思っている。
そしていつの日にか、必ず御本仏とお会いしたい。
この御文のあとには

◆いつかいつか釈迦仏のをはします霊山会上にまひりあひ候はん、

と続く。
大聖人と大御本尊といつの日か必ず。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大御本尊重視の貴殿は以下の
事についてどうお考えかな?


①「聖人御難事」の解釈に無理がありすぎる
②『日興上人御伝草案』が板本尊の文証になり得ない
③『日興跡条々事』は偽書の疑いがある
④他の日蓮遺文との整合性に疑念
⑤『御伝土代』(日興・日目の伝記)に本尊造立が出てこない
⑥日興は複数の日蓮直筆曼荼羅を書写している
⑦日寛などの後世の法主の思想は、文証になりえない

No title

大御本尊重視の貴殿は以下の
事についてどうお考えかな?


①「聖人御難事」の解釈に無理がありすぎる
②『日興上人御伝草案』が板本尊の文証になり得ない
③『日興跡条々事』は偽書の疑いがある
④他の日蓮遺文との整合性に疑念
⑤『御伝土代』(日興・日目の伝記)に本尊造立が出てこない
⑥日興は複数の日蓮直筆曼荼羅を書写している
⑦日寛などの後世の法主の思想は、文証になりえない

どう思うさん

コメントありがとうございます

> 大御本尊重視の貴殿は以下の
> 事についてどうお考えかな?

> ①「聖人御難事」の解釈に無理がありすぎる
> ②『日興上人御伝草案』が板本尊の文証になり得ない
> ③『日興跡条々事』は偽書の疑いがある
> ④他の日蓮遺文との整合性に疑念
> ⑤『御伝土代』(日興・日目の伝記)に本尊造立が出てこない
> ⑥日興は複数の日蓮直筆曼荼羅を書写している
> ⑦日寛などの後世の法主の思想は、文証になりえない

上記7項目は大御本尊否定派の意見ですから
別にどうも思いません。
そう思う人はそう思えばいいのではないでしょうか。

とても簡易なのです。

ただ、ただ、
考察すれば
良いのです。
貴方の悩みや
目標を達成する力は、
あらぼんの先生に
心を合わせて、
頑張ろうとも、
絶対に叶わない。
言わずもがな、
大聖人様に直結してないから、
致し方無し。

退転壮年部おじさんさん

こんにちは。

> ただ、ただ、
> 考察すれば
> 良いのです。
> 貴方の悩みや
> 目標を達成する力は、
> あらぼんの先生に
> 心を合わせて、
> 頑張ろうとも、
> 絶対に叶わない。
> 言わずもがな、
> 大聖人様に直結してないから、
> 致し方無し。

そうなんですよね。
仏法とは、仏の法であって
凡夫の法じゃない。
単純明快なんですけどね

不祥事が二つも

本日は、たった一日で不祥事二つのニュース。
一日で複数の不祥事ニュースなんて前代未聞なんじゃないかと。

茅ヶ崎市議会議員の痴漢の疑いで現行犯逮捕(本人は否認らしい)。
事実無根とは状況的に考えにくいけど、あえて「事実無根」としても「福運がなかった」というのは疑いようがない事実。

もうひとつは、愛知選挙区にて、初当選した議員の女性運動員が、公職選挙法違反の疑いで、8日、書類送検されました。
ニュースには『一宮市に住む50代の女性』とあるが、情報からは学会員であろうことが容易に読めるもの。

この女性運動員は、『男性4人に対し、たばこや酒などを送った疑いも持たれていて、警察は、男性4人も、公職選挙法違反の疑いで書類送検しました。』とのこと。
結局、学会員のみならず、関わった人まで『迷惑』を被っている事実。

さて、この記事の話じゃないけど。

チカンが成仏の方便か?
違うだろいくらなんでも。

カネで票を買うのが成仏の方便か?
違うだろいくらなんでも。

結局、『法戦』の勝利ではなく、単純に一般の選挙支援の勝利でしかないという、功徳とはなんら関係のない活動なわけです。
いやむしろ福運を無くしてる実体がこうのように現れてるということ。

太ちゃんさん

こんばんは。

> 本日は、たった一日で不祥事二つのニュース。
> 一日で複数の不祥事ニュースなんて前代未聞なんじゃないかと。

本当ですね。
たるんでますなぁ公明党。
しかしまぁ「痴漢」とは・・
なんだかコメントのしようもありませんね。

管理人さん

 私が30代のころだったか、『在在諸仏土常世師倶生」という御文が流   行って、これは師匠といつの世も、ともに生まれ合わせることの福運と   深い絆を謳ってましたね。  創価はハナッからそういう所です。

 御本仏イコール池田先生なんです。  大聖人さま(だけ)ではない。

 つまり御本仏の再誕が池田先生。  あからさまでしたよ。

 頭ン中でそこらへんが、うまぁーく整理できてた?とも言えるし、いざとなれば、モノ言わぬ大聖人ではなく、「池田先生」を取る。 

 ハム党国会議員候補者はここんとこの踏み絵を迫られる。  つまり仏法を捨てる決意でハム党議員として生きることを示唆されます。  これがガッカイ師弟不二。 

 人心掌握に長けた人でした。  仏法とは関係なかったんですけどね。

RAMBOさん

こんばんは。

>  私が30代のころだったか、『在在諸仏土常世師倶生」という御文が流行って、これは師匠といつの世も、ともに生まれ合わせることの福運と深い絆を謳ってましたね。  

「在在諸仏土常世師倶生」私も好きです。最蓮房御書でしたっけ?
大御本尊の下にいつの世も生まれ合わせる。っていうことですね?

>  頭ン中でそこらへんが、うまぁーく整理できてた?とも言えるし、いざとなれば、モノ言わぬ大聖人ではなく、「池田先生」を取る。

凡夫のはかない性ですね。
 

>  人心掌握に長けた人でした。 


まぁ、それが魔の特徴でもあるんですけどね。
「魔を魔と見破る事が大切だ」とのセンセのご指導のお陰で
センセを魔と見破ることができました。
ありがとうございました(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる