心境の変化。

夏の小遣いを渡しに母のところへ行った。
近くなのでいつでも行ける距離なのだが
不思議なものでそんなにちょいちょい会いに行っかない親不孝者ではあるが
まぁ、月一くらいは食事したり、嫁と3人で飲んだりはしている
その都度、信心の話をする。
「創価を退会して、できれば正宗に入り直してくれ」と
会うたびに言ってはいるものの
「いいんだよ。このままで。」と毎回ニベもない返事。
そんな不毛な会話を繰り返すこと早1年以上。
学会活動をしているわけだでもなく
池田センセのファンでもなく
創価を退会しても何の問題もないのに
なぜにこうも創価をやめるのを拒否るのか?
さっぱり分からないでいたのだが
今回は「お前がそう言うなら学会やめてもいいよ」との返事。
そんな風に言われるとは全くの想定外だったので
こっちが慌てた。
「ただ○○さんに悪いなぁ」と言う。
母と仲の良い学会員さんに悪いし言いづらいらしい。
「なんだよそんなことかよ」
「それだけじゃないけどさ」
「わかった。だったら俺が○○さんに話してやるよ」
「そうしてくれる」
てなわけで、母が退会の方向に向いてきた。
一体なんの心境の変化だろうか?
ついこの間までは「学会はやめないよ」って言っていたのに
サッパリ母の気持ちがわからない。
それでもまぁ創価をやめると決断してくれたことは
俺としては非常に嬉しい。
気が変わらないうちに、母の友人の学会員さんと会って
母の退会手続きと
同じく母の友人の法華講員さんとも会って
お寺の方の手続きを頼まなきゃ。
と言っても、母がセッテイングしてくれないと
どちらとも会う機会が持てないのだが。
それにしても、ホント何の心境変化なのかなぁ。
聞いても「別に」としかいわね~し。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さんへ

 なんだか好転したようで、とりあえず良かったですね。

 私にも少しだけお母様のお気持ちがわかる気がするんですよ。

 ガッカイという世間に どう付き合うかはこれは教義云々の世界ではなくて、不義理は出来ないとかいうようなものかなあと思います。

 一定の年齢以上になると、しゃっちょこばった話じゃないんですね。

 うちの継母もそうです。 今まで創価を否定しては来なかった手前もありますから、内外ともに俗衆増上慢の関わり(こだわり?)は強いです。

 ともあれ、あとはスピード感も大事ですね。 究極の親孝行。

 ご立派です!  良かったですね。 法華講がお母さまにとって、居やすいところならいいですね。  女性は特に「孤立」はつらいんですから。

 

おはようございます

うちの母も学会歴50年で、まさに今の巨大な創価を作ってきた世代です。
それだけに僕らには計り知れないほど愛着も深いようです。
折伏してますがなかなか頑固です(笑)
でも今回のブログ読んでちょっと勇気もらいました♪
うちの母がなかなかうんと言ってくれないのは、僕に信心させるためだと思います♪
そう考えますと頑固に創価にいる母も功徳積んじゃってます(笑)
仏法とはなんと完璧なシステムなんでしょう♪

RAMBOさん

こんにちは。

>  なんだか好転したようで、とりあえず良かったですね。

ありがとうございます。

>  私にも少しだけお母様のお気持ちがわかる気がするんですよ。
>  ガッカイという世間に どう付き合うかはこれは教義云々の世界ではなくて、不義理は出来ないとかいうようなものかなあと思います。
>  一定の年齢以上になると、しゃっちょこばった話じゃないんですね。

そうかもしれませんね。
できるだけ、付き合いのある学会員さんと
今までどおりの付き合いが続けられる様に退会させたいと思います。
まぁ今後の付き合いは、相手次第の部分もありますが。

>  ご立派です!  良かったですね。 法華講がお母さまにとって、居やすいところならいいですね。  女性は特に「孤立」はつらいんですから。

ご心配いただきありがとうございます。
一応、母の友人に、地元の寺院の法華講員さんがいるそうなので
その方にお会いして色々お願いするつもりですが
お盆過ぎになりそうです。
無事に母の移籍が決まった折には
またブログにてご報告させていただきます。

元創価班さん

こんにちは。

> うちの母も学会歴50年で、まさに今の巨大な創価を作ってきた世代です。
> それだけに僕らには計り知れないほど愛着も深いようです。

そうみたいですね。

> 折伏してますがなかなか頑固です(笑)

我が母も頑固でした。
私が活動家の時は、座談会に出席しなといっても出ないし
今回もようやくって感じです。

> でも今回のブログ読んでちょっと勇気もらいました♪

親子ですから、気長にいくしかないですね。
そのうち、我が母のように
「へ?いいの?」ってくらいアッサリ創価をやめるっていいますよ。
折伏って決まる時ってそういうものじゃないですか。


> うちの母がなかなかうんと言ってくれないのは、僕に信心させるためだと思います♪
> そう考えますと頑固に創価にいる母も功徳積んじゃってます(笑)
> 仏法とはなんと完璧なシステムなんでしょう♪

いや~、ホントにそうですね。
創価の集金システムも凄いが
仏法のシステムには及びませんね。

No title

-開目抄-

我が弟子に朝夕教えしかども・疑いを・をこして【起こして】皆すてけん
つたなき者のならひは約束せし事を・まことの時はわするるなるべし
妻子を不便と・をもうゆへ【想う故】現身にわかれん事を・なげくらん
多生曠劫に・親しみし 妻子には心と離れしか 仏道の為に離れしか
いつも同じ別れなるべし


推測の範囲なので 一概には言えませんが
おそらく 上記の御文に応じて 戒壇の大御本尊を基準にした上 
創価と正宗の謗法度を比べると 安逸に正宗の方がマシと考えたのかもしれませんね


但し あなたの母親が 仮に法華講へ行った・・としても
我法華経の信心をやぶらずして霊山にまいりて返て導けるか・・・が 
今後の生きる上での焦点じゃないかと 個人的には思われます

eco◆Smw69さん

こんばんは。


> 推測の範囲なので 一概には言えませんが
> おそらく 上記の御文に応じて 戒壇の大御本尊を基準にした上 
> 創価と正宗の謗法度を比べると 安逸に正宗の方がマシと考えたのかもしれませんね

そこまで深く考えたがどうかはわかりません。

> 但し あなたの母親が 仮に法華講へ行った・・としても
> 我法華経の信心をやぶらずして霊山にまいりて返て導けるか・・・が 
> 今後の生きる上での焦点じゃないかと 個人的には思われます

そうですね。
まずは創価から離れる決断をしてくれたことに私としては嬉しく思っています
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる