仏教学と教学①

創価学会員で「仏教学」を真剣に学んだっていう人はまずお目にかからない。
教学っていうと大抵は御書までで終わる。
その御書だって全編を学ぶ会員は少ない。
なかには・・・いやそのほとんどが御書にも到達しない。
池田センセのスピーチやら
人間革命ばかり主なテキストにして
御書は後回し。
しかも御書を読むのでなく、
御書の御文が書いてある大白蓮華を使う。
それが「学」と思っている大半の会員は
「仏教学」など歯牙にもかけない。
そんな中、昨日記事にした青蓮さんが
「仏教学」を学んでいるというのは
今時の学会員が?という意味で驚きであり素晴らしいと思う。

「仏教学」を学ぶ必要があるかないかで言えば「ない」
ただ、教学を学んでいくと一度は通る道であると思っている。
ここを通らないと「教学マニア」「教学ヲタク」と呼べない(笑)
そんなこんなで俺もかつてこの道を通った。
もっとも俺は青連さんのような「現代仏教学」は大して学んでいない。
以前、身延信者との対論をした時に
チラッと勉強したくらいだ。(チラっとくらいで十分だと思ったし)
俺が学んでいたのはどちらかというと
釈尊の仏典やその他論釈などの教典の方。
きっかけは、ある日何気に御書に引用されている経論の数を数えてみた事だった。
正確ではないにしろ130篇位の経論が引用されいた。
で、この経論には何が書いてあるのか?
それが無性に知りたくなった。
学会員なら法然の「選択集」って聞いたことあると思うが
「選択集」を読んだことはないだろう。
俺もそうだった。だから何が書いてあるのか知りたくなった。
そうした好奇心が高じて「仏教学」へと進んでいった。
俺は主に、中村元教授の書籍をテキストに使った。
原始仏典の、「「スッタニパータ」や「ダンマパタ」から始まり
やがて大乗仏典。「浄土三部経」や「華厳経」「般若心経」「勝鬘経」「維摩経」
「蘇悉地経」「大日経」「金剛頂経」などの経典
その後、龍樹の「中論偈」や馬鳴の「大乗起生論」、源信「往生要集」から~の「選択集」
親鸞「歎異抄」や道元「正法眼蔵」の有名どころも研鑽した。
勿論、天台・伝教も。
更には、各宗派の教義を学んだり、外道義を学んだり
ともかく自分に入手可能な経論の研鑽を3年あまりした。

でも、さっぱりわからない。
勿論、各経論にかかている内容は読める。(読めるように書いてあるし解説もある)
でも、釈尊の説くところの「法」とは一体なんなのか?
それがサッパリわからない。
「法」とは何か?その頃の俺の中の一代テーマだった。
「法とは法とは何か?」とかもっと言えば「法」と名づけた時点で「法」ではない。
みたいな禅問答の繰り返しだ。
もうほとんどノイローゼ状態である(笑)
そんな中、唱題をしいてついに「法とは何か」という答えが見つかった。
そう、法とは「御本尊」だったのだ。
ずっと目の前にあったのだとようやく気がついた。
その日を境に俺の「仏教学研鑽」は終わった。

「そんなの最初からわかってんじゃね~か」
「だから仏教学なんて学んだった無駄なんよ」
そう思うかもしれない。
俺も確かにそう思う。
3年も何やってたんだろうって思った。
けど、その3年間の自由研究は無駄にはなってないと今でも思う。
そこが無ければ「法とは御本尊」と本気で思えなかったような気がする。
そう言う意味で3年間の「仏教学」の勉強は有意義だったと思う。

ただ、この「仏教学」ってのは諸刃の剣で
使い方を間違うとミイラ取りがミイラになる。
俺も最初は「大聖人仏法研鑽」のために
経論や仏教学(主に歴史学)を学び始めたが
それらを学んでいるうちにやがて大聖人仏法から離れていって
いつかし釈迦仏法へとハマっていった。
この釈迦仏法にハマると
どうしても「法」が中心となってしまう。
そもそも「仏法」は凡夫に理解できない。と言われているのに理解しようとする。
そうすると「法重視」になり、「仏」はどうしても軽視しがちなる。
そうなると人法一箇の大聖人仏法から離れ
やがて大御本尊すら「単なる法を具現化した存在」としか見られなくなる
池田教学とはまさしくこのルート。
そして池田教学を基礎とする創価教学のこのルートであると思っている。
池田センセは色々なことを学ぶうちに、
いつしかミイラになってしまったのだろう。
自身の知識の酔いしれて自分がミイラになったのも気づかない。
そして最悪なのが多くの弟子を同じようにミイラにしている。
知識はあるが知恵がない。いや信心がない師匠と。
信心(正誤は別として)しかない弟子が
揃って大御本尊不受を是としたのだろうな。

話はそれたが「仏教学」ってのは
常に退転という危険と背中合わせなんだなぁ
ってのが、俺の体験談である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

今回のはめちゃくちゃタイムリーな記事です♪びっくりしました。
今になって僕もおんなじ事してます(笑)
ずっーと御本尊は正しい!だけできましたからぜんぜん仏教の事は知りませんでした。
最近中村元先生とかも読んでますがよくわかりません(笑)

恥を忍んで管理人さんに教えてほしいのですが…
梵我一如と一念三千、大聖人の一念三千ってどう違うのですか?
拝む、祈るってなんなんでしょう?

頭こんがらがって よくわからん状態です…(-_-#)軽くノイローゼかも(笑)

はじめまして。

中には御書を真剣に学んでいる人も少なくないと思います。
よく新聞や大白などでは大事なご文が何回も出てきますが
私は大聖人様の日常的なお手紙も拝読したいと思うのですが言葉使いが難しく
わかりずらいと思っていました。過去に御書全書で全部通解がのっている本は出版されていましたでしょうか?私も青連さんのブログを読んで目からうろこでした。それは地区でもそうですが何となく前と違うような感じはしてたのですがブログを読んでなるほどと思いました。上から従順になるのではなくもう一個人としてご本尊と大聖人様、池田先生を知らないとと思いました。私個人としてはとても小さいものですが本門の弟子となりたいです。


管理人さんへ

 ノイローゼを通り越して、パニック障害(&軽度のウツ)になったRAMBOです。

 確かに管理人さんの思想・哲学的研鑽歴については、頷ける私です。

 いろいろありますが、碩学の中村 元先生を学んだほうがいいなとも思います。  とか言いながら、今は、「本当の法華経」とかいう本(共著)を少しずつ読んでいます。 無用の用かもしれない・

 しかし、厚みは増す。 そう考えております。

 片や、信仰はシンプルなほうがいい、などという考えも根強くあるのです。

 専修念仏は最たるもの。 でも、「出家とその弟子」の本を読んだとき、また判らなくなりましたけど。 またキリスト者たちは、むつかしいことは分からないから「アーメン」で済んじゃいます。 実に便利でいい言葉です。

 、、、、とまあ、一体何が言いたいかといえば、

 現在は思考停止しながら、感受性だけで生きている状態です。 余談ですが、私は「手相学」を割と信用してますので、どうも自身の傾向は、受容型であるらしい。 いいものも悪いものも、とりあえず入力されてしまうタイプなんですわ。。  となると、タダでも混乱してしまうから、今の今は、それを警戒して、自分が読みたいもの。 知りたいこと以外は耳を閉ざしています。

 あえて感じるもの、 だけ。  そうでもしないと、また思考のラビリンスにはまりこんでしまうのが辛いのです。

 なのに、また来訪されてきた婦人部さんのお相手を今までやってました。   会則改悪のことなど全く知らないで、実生活ではものすごく苦しんでおられる人でした。   

 ああ、  南海の孤島のビーチで昼寝していたいな・。・

  乱文、失礼、ご容赦下さいませ。

No title

お疲れ様です。
南無妙法蓮華経は、この泥の様な身であるけれども白い蓮の教えに従います。
と言う意味だそうです。ネットで探して納得しました。

管理人さんの考えとたぶん同じかと思います。創価の中では納得出来る答えはなかったです。
創価大幹部は南無妙法蓮華経の意味すらわかってないのかも・・・
白い蓮の教えの意味がわかっていたら、創価は今とは違っていたと思います。

元創価班さん

こんばんは。

> 今になって僕もおんなじ事してます(笑)
> ずっーと御本尊は正しい!だけできましたからぜんぜん仏教の事は知りませんでした。
> 最近中村元先生とかも読んでますがよくわかりません(笑)

ついに、教学ヲタへの道に踏み込んだんですね(笑)

> 梵我一如と一念三千、大聖人の一念三千ってどう違うのですか?

私も同じこと考えました。やっぱりって感じです(笑)
ヴェーダを深く学んだわけじゃないないので、
私の個人的ないち意見として参考程度でお願いします。
梵我一如と一念三千の違いは、私が思うには
「我」と「一念」の違いだと思います。
我(アートマン)は、個を支配する根本原理で、不変の実体。つまり「有」
これが「有」であることは、梵(ブラフマン)も不変の実体ということにあります。
対する「一念」とは、有無の二法を超えた存在(中道とか縁起とか)
不変の実体を認め固定化すること。それを外道義として仏法は破折してているのかと。
我(アートマン)に対する「無我」ですよね。
まぁその他にもありますが、大きく言うとそこらへんが違うのかなっておもいます。

天台一念三千と大聖人の一念三千の違いは、理・事の違い。
理と事の違いこそ、釈迦仏法と日蓮仏法の違いなんですが
この話題は長くなるので、いづれ記事にしたいと思います。

> 拝む、祈るってなんなんでしょう?

それこそ。わかりませんがな(笑)
個人的には、「思いの凝縮した行為」
「願いの最上級」と思ってます。

> 頭こんがらがって よくわからん状態です…(-_-#)軽くノイローゼかも(笑)

ノイローゼにならない程度に、ご研鑽ください(笑)

東京の白ゆりさん

初めまして。コメントありがとうございます。

> 中には御書を真剣に学んでいる人も少なくないと思います。

はい。そういう会員さんもいます。ですがそうした会員さんが楽しめる?会合がない気がします。
信心の会合であるならば、もっと「御書」を学ぶ会合があっていいと思います。

> よく新聞や大白などでは大事なご文が何回も出てきますが
> 私は大聖人様の日常的なお手紙も拝読したいと思うのですが言葉使いが難しく
> わかりずらいと思っていました。過去に御書全書で全部通解がのっている本は出版されていましたでしょうか?

御書すべての通解の書籍は記憶にありません(講義録には通解ありますが)
東京の白ゆりさんのような会員さん結構いるのでは?
そういう書籍を是非作って欲しいですよね。

>上から従順になるのではなくもう一個人としてご本尊と大聖人様、池田先生を知らないとと思いました。

はい。信仰は自分のモノです。誰かに「こうしなさい」と言われてやるものではないし
誰かに「こうしろ」と命令するものでもなりません。
自分で学び取捨選択するものです。
そうしないと後悔します。

>私個人としてはとても小さいものですが本門の弟子となりたいです。

その想いがあれば大丈夫です。なれます。
御書もわかりづらいかもしれませんが、たくさん読んでください。
私も最初は全く読めませんでしが
それでも読んでいるうちに読めるようになりました。
今後も、いつでもお好きなときにお好きなことをコメントください。

RAMBOさん

こんばんは。

>  いろいろありますが、碩学の中村 元先生を学んだほうがいいなとも思います。  とか言いながら、今は、「本当の法華経」とかいう本(共著)を少しずつ読んでいます。 無用の用かもしれない・
>  しかし、厚みは増す。 そう考えております。

そう思います。

>  現在は思考停止しながら、感受性だけで生きている状態です。 余談ですが、私は「手相学」を割と信用してますので、どうも自身の傾向は、受容型であるらしい。 いいものも悪いものも、とりあえず入力されてしまうタイプなんですわ。。  となると、タダでも混乱してしまうから、今の今は、それを警戒して、自分が読みたいもの。 知りたいこと以外は耳を閉ざしています。

それでいいと思います。

>  あえて感じるもの、 だけ。  そうでもしないと、また思考のラビリンスにはまりこんでしまうのが辛いのです。

御書は分かるものではなく、感じるもの。よく部員さんたちにそういいました。
感じることこそ大切だと思います。

>  なのに、また来訪されてきた婦人部さんのお相手を今までやってました。   会則改悪のことなど全く知らないで、実生活ではものすごく苦しんでおられる人でした。   

それは、RAMBOさんの使命なので、そろそろ諦めてください(笑)


かりんとうさん

こんばんは。

> 管理人さんの考えとたぶん同じかと思います。創価の中では納得出来る答えはなかったです。

そうですね。創価の中には納得する答えはなかったというか
創価じゃなくても納得いく答えは見つかりますね。

> 創価大幹部は南無妙法蓮華経の意味すらわかってないのかも・・・

わかっていたら、大御本尊不受の教義は定めないかと。

> 白い蓮の教えの意味がわかっていたら、創価は今とは違っていたと思います。

そうですね。そうであったなら、多くの学会員が苦しむこともなかったと思います。

つづき

そうですね。楽しめる会合がなくなってきました。出るのがつらいときもあります。
私が若いころは幹部の方たちはよくご本尊様のことを讃嘆していましたし、唱題のことも
よく話されていました。とてものびのびと自由な感じがしてましたね。心が晴れやかになるような。御書が分かればこわいものなしというか鬼に金棒というか絶対値にありますが若いころ
一所懸命読むのですが分かるような分からないような感じで、見ちゃいけないようなものは見ないようにしてましたがやっと目を見開いて見るようにしたので御書のことも分かるように?感ずる事ができるようになりました。私情が多くてすみません。長文失礼しました。

この度は誠にありがとうございます。

拙ブログ、取り上げて頂きまして、誠にありがとうございました!お褒めのお言葉をいただき、恐縮です・・・

本記事も、読ませていただきました。素直に感動を覚えました。その信仰者としての生き方に、心より尊敬申し上げます。

私自身は、現代仏教学(実証史学)と学会教義の矛盾を知り、大変なショックを覚えました。その後勉強したのは、キリスト教神学・西洋哲学でした。
キリスト教は既に何百年も前に、歴史学や文献学といった学術的研究からの挑戦を受けており、近代啓蒙主義・合理主義によって信仰心が骨抜きにされる危機にありました。教義の合理化を図りながらも、どうやって信仰を保つのかということに、様々な先人が命がけで取り組んでいました。

それらを学び、私が今考えている、学問と信仰の関係は以下です。
① 学術的研究で明らかにできる範囲と、できない範囲を明確にする。できる範囲は、実証的にしっかりと研究して明らかにする。できない範囲については無理に認識しようと試みず、信心・信仰心の次元での戦いをする
② 宗教に対する「主観的・実存的関係」と「客観的・抽象的認識」を分けて考える。これも①と同じく、「信仰」とは客観的認識とは別であると規定し、自分自身という個別具体的な存在者が絶対者(神でも仏でも)と全力で向き合うものである。

恐らく、否活動家さまと私の違いは、「本門戒壇の大御本尊」と「日蓮本仏論」、「唯授一人血脈相承」などの教義を、「学術研究」の範疇に入れるか、「信仰」の範疇に入れるかの違いなのかなと私は考えています。
それらの教義が無ければ信仰が骨抜きになるとは、その通りだと思います。平成生まれの私にはわかりませんが、大御本尊が信仰の中核であるという会員さんが私の周りにもいらっしゃいます。こうした事実を鑑みると、学会の会則変更はまだ「完了」しておりません。組織の動向に左右されて苦しむ会員さんが出る事は避けたいですが、若年の私にできる事は無いな、と思わされてしまうのが実情です。

創価学会の教義の最終形態は、何となく予想がついています。恐らく、「身延化」、さらに「西洋化」していくのだろうと私は思っています。
まず、釈迦本仏論(史的釈尊ではなく久遠実成の釈尊)を採用するだろうと思います。さらに本尊義では、法本尊の立場をとることにより、日蓮正宗や日蓮宗と差別化を図るのだろうと思います。
そして、教義を西洋発の思想・哲学のタームで説明するという試みをしていくのだろうと考えています。

ともあれ私は、会員さんが組織や政治に振り回されずに、しっかり幸福になれる一助になりたいと今後も学会活動していこうと考えています。
自分自身の信仰については、組織の教義からは一定の距離を置いて、自分や友人と研鑽していくつもりです。また、池田大作の思想や創価学会の歴史についても、しっかりと相対化する試みをしていこうと思います(ブログでも書いているのですが、私は「池田先生大好きの典型的学会員」ですので、池田という存在は一生の思想課題です)。

今後もブログを読んで、勉強させていただければと思います。
引き続きよろしくお願いしますね。

東京の白ゆり

> そうですね。楽しめる会合がなくなってきました。出るのがつらいときもあります。

会員さんがつらくなるような会合ならしないほうがいいですし
行かない方が価値的ですよね。

> 私が若いころは幹部の方たちはよくご本尊様のことを讃嘆していましたし、唱題のことも
> よく話されていました。とてものびのびと自由な感じがしてましたね。心が晴れやかになるような。御書が分かればこわいものなしというか鬼に金棒というか絶対値にありますが若いころ 一所懸命読むのですが分かるような分からないような感じで、見ちゃいけないようなものは見ないようにしてましたがやっと目を見開いて見るようにしたので御書のことも分かるように?感ずる事ができるようになりました。

それが、すごく大切だと思います。
御書を読む。というのは「感じる」ことだと思います。
教学的な理屈だけ知っていても御書を読んだとはいいません。
御書は身読する。「感じる」ことが身読だと思います。
ですから、東京の白ゆりさんは十分御書を読めていると思いますよ。

>私情が多くてすみません。長文失礼しました。

とんでもありません。
いつでも、なんでもコメントしてください。
大歓迎です。


ありがとうございます

管理人さんありがとうございます♪

ちとすっきりしました
やっぱ勤行唱題することで宇宙のリズムと一体となるってのは創価教学で外道だったのですね(*^^*)
ですよね~内道と言っておきながら宇宙いっちゃったらおかしいですよね(笑)
よしがんばろう!(笑)

事の一念三千、大御本尊の講義も楽しみにしております!
ありがとうございます

青連さん

こんばんは。

> 拙ブログ、取り上げて頂きまして、誠にありがとうございました!お褒めのお言葉をいただき、恐縮です・・・

こちらこそ、勝手に青連さんのブログを取り上げて申し訳ありません。

> 本記事も、読ませていただきました。素直に感動を覚えました。その信仰者としての生き方に、心より尊敬申し上げます。

ありがとうございます。

> それらを学び、私が今考えている、学問と信仰の関係は以下です。
> ① 学術的研究で明らかにできる範囲と、できない範囲を明確にする。できる範囲は、実証的にしっかりと研究して明らかにする。できない範囲については無理に認識しようと試みず、信心・信仰心の次元での戦いをする
> ② 宗教に対する「主観的・実存的関係」と「客観的・抽象的認識」を分けて考える。これも①と同じく、「信仰」とは客観的認識とは別であると規定し、自分自身という個別具体的な存在者が絶対者(神でも仏でも)と全力で向き合うものである。
> 恐らく、否活動家さまと私の違いは、「本門戒壇の大御本尊」と「日蓮本仏論」、「唯授一人血脈相承」などの教義を、「学術研究」の範疇に入れるか、「信仰」の範疇に入れるかの違いなのかなと私は考えています。

確かにその通りだと思います。

> それらの教義が無ければ信仰が骨抜きになるとは、その通りだと思います。平成生まれの私にはわかりませんが、大御本尊が信仰の中核であるという会員さんが私の周りにもいらっしゃいます。こうした事実を鑑みると、学会の会則変更はまだ「完了」しておりません。組織の動向に左右されて苦しむ会員さんが出る事は避けたいですが、若年の私にできる事は無いな、と思わされてしまうのが実情です。

年齢は関係なく、組織の動向に左右されてします会員さんにしてあげられることはありません。
ただ、自分で学び自分で選ぶ。この至極当たり前の言葉を投げかけるだけだと私は思っています。

> 創価学会の教義の最終形態は、何となく予想がついています。恐らく、「身延化」、さらに「西洋化」していくのだろうと私は思っています。

この意見については全く私も同じです。そこ以外に行ける場所はないでしょう。


> まず、釈迦本仏論(史的釈尊ではなく久遠実成の釈尊)を採用するだろうと思います。さらに本尊義では、法本尊の立場をとることにより、日蓮正宗や日蓮宗と差別化を図るのだろうと思います。
> そして、教義を西洋発の思想・哲学のタームで説明するという試みをしていくのだろうと考えています。

そうですね。その前提としていわゆる「仏教学」を採用するのでしょう。
かつては、正宗教義を利用し、これからは仏教学を利用する。
実に節操がない。それを「永遠」とか「不変」とか。笑止千万なんですよね。

> ともあれ私は、会員さんが組織や政治に振り回されずに、しっかり幸福になれる一助になりたいと今後も学会活動していこうと考えています。

はい。ご活躍期待しています。

> 自分自身の信仰については、組織の教義からは一定の距離を置いて、自分や友人と研鑽していくつもりです。また、池田大作の思想や創価学会の歴史についても、しっかりと相対化する試みをしていこうと思います(ブログでも書いているのですが、私は「池田先生大好きの典型的学会員」ですので、池田という存在は一生の思想課題です)。

知ってます(笑)
私個人的には、学べば学ぶほど「池田思想」は軽薄だなぁと思ってます。
軽薄さはおそらくその傲慢さに由来しているのだろうと思ってます。
池田先生大好き青連さんに対して失礼ないいかたで申し訳ないのですがそう感じてしますのです。

> 今後もブログを読んで、勉強させていただければと思います。
> 引き続きよろしくお願いしますね。

いえ、私の方も青連さんのブログを読めせていただきます。
こちらこそよろしくお願いします。

元創価班さん

こんばんは。

> ちとすっきりしました

少しはお役にたてて良かったです。
梵我一如は外道義の中心教義なので
書き出すとキリがありませんし私自身の理解もそれほど深くないので多くをかけません。すみません。

> やっぱ勤行唱題することで宇宙のリズムと一体となるってのは創価教学で外道だったのですね(*^^*)
> ですよね~内道と言っておきながら宇宙いっちゃったらおかしいですよね(笑)

ああ、いわゆる「宇宙即我」ってやつですね。
それは、池田教の中心的教義です(笑)
宇宙のリズムと一体となる。ってのは、宇宙の法則を境とし自分を智とし「境地冥合」って言っちゃうわけでしょ。
全くの外道義です。
そもそも、宇宙のリズムってなんだよ?
それと一体となることが成仏すること?
言ってることが「梵我一如」思想そのものです。
南無妙法蓮華経とは宇宙の法則などというそんな単純なものではないですからね。


> よしがんばろう!(笑)

はい。ノイローゼにならない程度に研鑽してください(笑)

> 事の一念三千、大御本尊の講義も楽しみにしております!

いずれ書きます。いつかは未定ですが(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR