信仰に組織は必要か?

大御本尊に信を取れば組織に属さなくてもいいのでは?
という趣旨のご質問を受けましたので
今日は、この事について書いてみようと思う。
結論を先に言えば、大御本尊に「信」を取れれば
組織の属さなくても、構わない。と思っている。
俺自身一応、創価に籍は置いてはいるが
(創価が勝手に俺の統監を抹消していねければだが)
カレコレ十数年、創価の組織との関わり合いはない.。
でもこうして今でも「信心」を続けていられるし
むしろ、創価の組織で活動していたころより
自分の中では「信心が深化」したと思っている。
信心の組織の目的は何かと言えば
「大御本尊の元へ自他ともに進んでいく」
「大御本尊に対する絶対的な信を取れようになる」
っていうのが1丁目1番地だと思うから
「大御本尊に信を取れれば、
それはもう信仰者としての目的を果たしたのだから
組織に所属せずとも
自立した一人の信仰者として生きていけば十分だ。

「それでは本流ができないではないか」と言われそうだが
組織に所属しなくても、自分の友人・知人に本尊流布したければ
自分の知っている、創価学会員や法華講員に
折伏の親(紹介者)になってもらえばいいだけで
知り合いがいなければ(学会員は多分いるだろうが)
近くの正宗寺院へいき「正宗に入信したい人がいるんですけど」
と相談すればなんとかなる。
(自分が所属していない組織に友人だけ所属させられるか?が問題だが)

このように、組織に所属していなくても
まぁ何とかなるものだ。
言わば、単己の菩薩っていうヤツだな。
「単己の菩薩」というは、眷属を誰もひきつれないで
たった一人で法華経の会座にやってきた菩薩だ。

●一一の菩薩皆是れ大衆唱導の首なり。各六万恒河沙等の眷属を将いたり。況んや五万・四万・三万・二万・一万恒河沙等の眷属を将いたる者をや。況んや復乃至一恒河沙・半恒河沙・四分の一・乃至千万億那由他分の一なるをや。況んや復千万億那由他の眷属なるをや。況んや復億万の眷属なるをや。況んや復千万・百万・乃至一万なるをや。況んや復一千・一百・乃至一十なるをや。況んや復五・四・三・二・一の弟子を将いたる者をや。況んや復単己にして遠離の行を楽えるをや。是の如き等比無量無辺にして、算数・譬喩も知ること能わざる所なり。 (妙法蓮華経従地涌出品第十五)

実は、地涌の菩薩のうちで、
一番人数が多いのがこの単己の菩薩なのだ。
たった一人であっても、
御本仏の弟子として、大御本尊を信じ抜いて生きていけば
それはそれで、立派な地涌の菩薩である。

とはいえ、大聖人の仰せに任せれば善知識は大切なのも事実。

◆善智識と申すは日蓮等の類の事なり、惣じて知識に於て重重之れ有り、外護の知識同行の知識実相の知識是なり((御講聞書)

このなかで、同行の知識とは共に信心に励む者同士ということで
大聖人も、そうした同行の善知識を持つように推奨されている。

◆一切の諸人之を見聞し志有らん人人は互に之を語れ。(法華行者逢難事)
◆志有らん諸人は一処に聚集して御聴聞有るべきか。(富木殿御書)
◆心ざしあらん諸人は一処にあつまりて御聴聞あるべし(寺泊御書)    
◆此文を心ざしあらん人人は寄合て御 覧じ料簡候て心なぐさませ給へ(佐渡御書)

信心の志を持つもの同士は、
集まって皆で語り合いなさい。
皆で学び合いなさい。
と大聖人が言われてるわけで
それに従えば、やはり組織に所属するは大切であるとも思える。
そう考えると、問題はその組織か「どのような」組織か?ということ。
大聖人の言われているような集まり(組織)か?ということになる。
もっと具体的に言えば、創価と正宗のどっちがいいのか?ということだろう。
(それ以外の団体はここでは取り上げない)
まぁ、俺は法華講の組織のことは知らないが
創価と比べ特別にいいところでも、特別に悪いところでもないと思う。
創価といい法華講といっても、所詮は末法の荒凡夫の集まりだ
自分と合う人も、合わない人もいる
威張った幹部や僧侶もいれば、そうじゃない幹部や僧侶もいる。
創価にいても法華講にいても、楽しいことも嫌なこともあるだろう。
となると、所属するなら惑うことなく法華講だろう。
理由は、当然宗門には大聖人(大御本尊)がいるからだ。
創価も法華講も(その他の教団も)そこにいるのは皆同じ荒凡夫だ。
違いは保っている「法」だけだが、
仏法の組織にとっては、そこが肝心要だ。

◆法妙なるが故に人貴し人貴きが故に所尊しと申すは是なり(南条殿御返事)

大御本尊を棄てた創価は「尊い場所」ではなくなった。
そういうことだと思う。
とはいいつつ、俺はまだもう少し「単己の菩薩」でいるつもりだ。
「おい、おい、自語相違かよ」
と突っ込まれれば、面目もないが
まだ「単己の菩薩」でいる必要があると思っているのだから仕方ない。
まぁ、しょ~もないオヤジである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

創価と日蓮正宗の違いで思っていること。

創価は、昔から創価の中にいても精神病多かったです。
正宗では、聞いたことがないです(私が知らないだけかも)

創価には、人をおかしくさせる何かが、草創期からあるんじゃないかなと・・・

かりんとう

こんにちは。

> 創価と日蓮正宗の違いで思っていること。
>
> 創価は、昔から創価の中にいても精神病多かったです。
> 正宗では、聞いたことがないです(私が知らないだけかも)
>
> 創価には、人をおかしくさせる何かが、草創期からあるんじゃないかなと・・・


どうなんでしょうか。
私は、創価の草創期を知らないので何とも言えませんが
草創期において、創価に入会した人は
社会的弱者の方が多いようなイメージはあります。

講中一結

管理人様

僭越ながら申し上げます。
昨年、正宗に帰依してから、石山信仰の基礎を学んでいます。学会では教わらなかった事ばかりです。

仰る通り戒壇の大御本尊様を信仰するのは根本ですが、大石寺の山法山規に則って信心する事が大切であると学んでいます。
(戸田会長は大石寺の山法山規を重んじておられました)

本師(御法主上人)→小師(御住職、御主管=手続の師)を通じて信心に励む事が信仰の基礎となります。
大聖人様は仏法の一切を日興上人へ付嘱されました。そして唯授一人の血脈相承に依って、御内証、御魂魄は歴代御法主上人に連綿と流れています。
『御本尊七箇之相承』に、
「日蓮在御判と嫡々代々と書くべしとの給ふ事如何、師の曰く深秘なり代々の聖人悉く日蓮なりと申す意なり。」

管理人様は既にお判りかと存じますが、現在のスタンスは承知しておりますので、これ以上申し上げるのは控えますが、早く登山できますように御祈念申し上げます。

信仰組織については、大石寺上古のお話を以下に引用させていただきます。信仰組織の在り方を示した内容です。ご覧の方々の信心の糧になれば幸甚でございます。


ーーーーーーーーーーーーーー
 第三十一世日因上人が金沢法華講に宛てられた、有名なお手紙の一節があります。
「無疑曰信(むぎわっしん)に南無妙法蓮華経と唱え奉る事尤(もっと)も大切なり。かつ又臨終の事は平生忘るべからず、別して一結講中異体同心に未来までも相離れ申すまじく候、中に於て一人地獄に落入(おちい)り候はば講中寄合いて救取(すくいと)るべし、一人成仏せば講中を手引きして霊山へ引導すべし、其の後北国中の同行乃至日本国中一閻浮提(いちえんぶだい)の一切衆生をも救い取るべく申し候、衆生無辺請願度(しゅじょうむへんせいがんど)と申すはこれなり」(妙喜寺蔵)
 江戸時代、大石寺信仰が身延派の誹謗に遭(あ )い加賀の国禁となっている中、人目を憚(はばか)りながら命にかえて信仰を守り通している御信徒に対して与えられた激励のお手紙です。
 当時金沢には大石寺の末寺は一ヶ寺も無いのに、少なくとも二十近くの講が結成され、「累代信者、数千人」の規模になっていたようです。
 末寺の建立が許されない中、法華講衆の求道心と、「共に成仏していくんだ」という強い絆によって、清純なる信心を貫いてこられたのです。
ーーーーーーーーーーーーーー

長々と失礼致しました。

古刹信徒さん

こんにちは。

> 管理人様は既にお判りかと存じますが、現在のスタンスは承知しておりますので、これ以上申し上げるのは控えますが、早く登山できますように御祈念申し上げます。

いつも、気にかけてくださり、本当にありがとうございます。

感想です

 やはりさすが、数度の御書全編読破をされただけのことはありますね。

 単己の菩薩が最も多かったという説は初めて伺いました。

 心強い限りです。 おそらくこれまでの反動でしょうが、今の私は
「組織」という言葉すら、自分にとっては、もっとも唾棄すべきものとまで思っています。

 一糸乱れぬ、、、だの、団結だのが生理的にも、もうダメなんです。

 ここまできたら、理屈ではありません。  年齢のせいもあるでしょうね。

 養老 孟先生などは、ひとの個性は身体だけにしか存在しない、と仰ってますが、そこまで人は寄り会いたがるものなのかなあと、どうしても納得がいかないままです。  

 なんでも組織化したがる創価にいても、ついに染まり切れなかった自分が、どうやら私の個性であるようです。  

 組織好きな方々、ごめんなさい。v-12

 

組織不要です

少なくとも、ガッカイが宣揚される
現代の大聖人様こと、
池田さんの事を
根本にして、大聖人様を不敬し
戸田先生の指導も無視して、
思想統一される組織は不要です。
薄気味悪いと私の妻(非学会)は
言っております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RAMBOさん

こんばんは。

>  単己の菩薩が最も多かったという説は初めて伺いました。

眷属が多い菩薩ほど人数が少なく、眷属が少ない菩薩ほど人数が多いので
単己の菩薩は一番人数が多い。ってわけです。(訳し方によりますが)

● 一一菩薩。皆是大衆。唱導之首。各将六万。恒河沙等眷属。況将五万。四万三万。二万一万。恒河沙等眷属者。況復乃至。一恒河沙。半恒河沙。四分之一。乃至千万億。那由他分之一。況復千万億。那由他眷属。況復億万眷属。況復千万百万。乃至一万。況復一千一百。乃至一十。況復将五。四三二一。弟子者。況復単己。楽遠離行。如是等比。無量無辺。算数譬喩。所不能知。

→ある菩薩たちは六十のガンジス川の砂の数に等しい随行者を連れており、 それより多くの菩薩たちが 五十ガンジス川の砂の数に等しい随行者を率い、さらに多くの菩薩たちがあるいは四十の、あるいは三十の、あるいは二十の、 また十の、また五の、四の、三の、二の、一のガンジス川の砂の数に等しい随行者を連れている。その数は幾千万億 劫こうかかっても 数えることができない。さらに多くの菩薩たちが、百万、一万、百、五十、十、三、二、一の随行者を従えており、 またただ独りを楽しむものもあり、それらの菩薩たちはさらに多数います。これらガンジス川の砂の数に等しい劫の間数えても、 その数を知ることはできないでしょう。


>  心強い限りです。 おそらくこれまでの反動でしょうが、今の私は
> 「組織」という言葉すら、自分にとっては、もっとも唾棄すべきものとまで思っています。
>  一糸乱れぬ、、、だの、団結だのが生理的にも、もうダメなんです。
>  ここまできたら、理屈ではありません。 

そうですね。理屈じゃないですよね。
よ~くわかります

退転壮年部おじさんさん

こんばんは。

> 少なくとも、ガッカイが宣揚される
> 現代の大聖人様こと、
> 池田さんの事を
> 根本にして、大聖人様を不敬し
> 戸田先生の指導も無視して、
> 思想統一される組織は不要です。
> 薄気味悪いと私の妻(非学会)は
> 言っております。

同感です。
大聖人の仏法を
共に学び
共に語る
それが、大聖人に言われている信心の集まりの姿だと思います。
それがなくなってしまった今の創価の組織は必要ないと思います。
奥様が薄気味悪いというのもうなずけます

Re: ありがとうございました

そうですね。それがいいかと思います。
組織につかなければ成仏できない。ということはないと思います。
要は、自分自身が自立した信仰者であることが大切だと思います。
組織に言われなくても、勤行・唱題をし
御書を読み、大御本尊を語っていけばいいのではないでしょうか。

No title

御書を 取りだして 確認を させて頂いていますが
妙法蓮華経従涌出品第十五
御書問書
が 手持ちの御書には見つからず

別に あるのでしようか?因みに 手持ちの御書は亡き父親譲り受けの 昭和初期のものです

紙風船さん

こんにちは。

> 御書を 取りだして 確認を させて頂いていますが
> 妙法蓮華経従涌出品第十五
> 御書問書
> が 手持ちの御書には見つからず
> 別に あるのでしようか?因みに 手持ちの御書は亡き父親譲り受けの 昭和初期のものです

「妙法蓮華経従涌出品第十五 」は法華経(釈迦経典)なので、御書に全文掲載はありません。
多くの出版社から「法華経」は出版されていますので
安易に購入可能だと思います。

「御書問書」については、わかりません。ゴメンナサイ。

No title

牡丹さんの コメントに毎回 共感を得 また
安堵もしております。
「人それぞれ」と 言ってしまっては 見も蓋もないのでしょうが ほんとに 人それぞれなのだと 思います。また 奥の深い言葉だなと。

チビセツさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

> 牡丹さんの コメントに毎回 共感を得 また
> 安堵もしております。
> 「人それぞれ」と 言ってしまっては 見も蓋もないのでしょうが ほんとに 人それぞれなのだと 思います。また 奥の深い言葉だなと。

同感です。牡丹さんをはじめとするコメンテーターの皆さんには
いつも笑わせてもらったり
うなずかせもらったりしています。
こういう人たちが嫌気をさしてしまう創価の組織ってどうなんだろ?って思います。
リアルでも「いい人」「信心がある人」から
組織から離れていく気がします。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR