麗しいの?

「麗しい創価の組織」
「麗しい創価家族」
創価の活動家は、自分でもそう思い。
他人にもそう話す。
一体どこの組織と比べて「麗しい」のか?
一体どこの家族と比べて「麗しい」のか?
なにが世間と違うのかよくわからない。
まぁ、世間のアンチ創価がいうような
「犯罪集団」「危険組織」ではないにしろ
特別に「麗しい」ってわけでもない。

「麗しい」の意味をググってみると
色々な意味が書かれているが
活動家の言っている「麗しい」というのは
【 人と人との間柄が良好なさま。仲がよい。親しい。また、むつまじい。】
という意味での解釈が一番近い。
う~ん・・・ますます微妙である。
人間関係が良好かといえば、そうでもない。
活動家は否定するが、そこかしこに非公式な派閥はあるし
仲が良いかといえば、それも別に全員が全員と仲がいいわけじゃない。
睦まじいのは、不倫している会員同士くらいか(笑)
そんなに威張って「創価の組織は麗しい」というほどじゃない。
世間一般的な組織と変わらない。
会社だって、人間関係が良好だったり
同僚や上司と仲良かったり
「麗しい会社」もある。
にもかかわらず創価は麗しい。麗しい創価家族。って感じている活動家は、
一体、どんな会社や世間の組織の属していて
一体、どんな家庭で過ごしているのだろうか
よほどひどい会社や家庭にいるのか?
そうでなければ、特別じゃない創価の組織を
そんなに大げさに「麗しい」とは思わないんじゃないか?

俺は思うのだが本当の意味で「麗しい」集まりとは
全く利害関係がない集まりで
利害関係がない集まりとは、いかなる上下関係もない集まりなんじゃないか。
しかし組織となるとその性質上必ず上下関係が生まれる。
それが自分で決めた上下関係ならいいんだけど
組織が決めた上下関係となると
結局そこの有形無形の利害が発生する。
「俺は自分の利益のことなど考えていない」
そう幹部は抗弁するだろうが
自分はそう思わなくても相手がそう思ってしまう場合もある
会員さんが幹部の指導?を「はいはい」って聞いているのは
そこに少なからずも利害関係があるからだ。
本当に上下関係のない関係。
例えば本当の友達関係ならば
お互いいいたいことをいい。許しあう。
少なくても友達に「指導」はしないし
自分の意見に反対する友達に
「俺を批判するな」とは言わない。
だから創価の組織は特別な存在ではないと思うわけだ。

まぁ、こんなことを書いているから
「お前みたいなやつは麗しい学会の世界にいられない」というのだろうけど
そんな風に組織批判をする人間を
あたかも「麗しい世界にいられない人間」というレッテル貼り
組織を批判するのは「悪」のように言う活動家の
どこが麗しい世界にふさわしい人間なのか?と疑問に思う。
「麗しい世界」に不要なのは
そんな活動家の方だと思うけどね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

そうですね。
最近日本の会社でもそうですが、宣伝とかで「すべてはお客様の笑顔のために」だとか「あなたの夢のお手伝い」とか言ってるのは大抵嘘です。
現実はそうではないからわざわざ書かないといけないわけです。
お金をもらって仕事を託されてるわけだからそんなのはあたりまえです。
商品やサービスに力がないから営業で売ろうとしとるのです。
管理人さんの言うように創価も一般の組織となんもかわらんと思います。

信心して幸せになる、信心してよかったとなればその人は自然に友達に自分の言葉で仏法の話をするだろうと思います。
「あそこのラーメンめちゃおいしかったよ~あんたも食べてみればわかるよ!」てなもんです(笑)
でもどんなに店構がよくて宣伝が上手でも
実際にその商品が良くないと絶対にダメです。二度と行きません。
「あそこの店はオヤジがガンコだけど味は最高なんだよ」こっちのほうが好きです(笑)

創価はそこそこの物を嘘の宣伝で売るよくある会社と一緒です(笑)
ラーメン職人からすればあんなのはラーメンではありません(爆)



そういうことになっている。

  まあ、一種の記号みたいなもんですね。 創価の前になにか形容詞をつけないといけない。 先生の前には、すごい、とか 偉大な師匠、とか。

 決意発表とか活動報告、体験談(これは死語)で、必ずチェックが入りますよね。  で、「そういうところ」は大事な部分で、幹部が朱を入れて「そういう言葉」を書き足したものです。 ハイ 私もMC中には見事にやりました。

 確信犯でやりました。 でないと創価の文法に違反する雰囲気を先輩から自然に教えられましたからね。

 これも件の「同調圧力」の一種でした。 

 全然 麗しくないです。 創価班で駐車場の整理などしてた人は判ってたよね。  あの我先な言動とかね。 動かない車(たいてい婦人部幹部が中でおしゃべりしてた)があって帰れないから、創価班に当たり散らす。  制止を聞かずに道路に急発進する(これも婦人部に多かった)
。 何度も急ブレーキを踏まされた通行車の運転手が怒って、会館に怒鳴り込んできました。   小金をつかませて平謝りに謝って勘弁してもらいました。  創価班やってたら会員さんのエゴに何度も泣かされた経験はありましたね。 会館周辺での違法駐車、丁寧に移動をと言ったらキレられて「もう二度と会合にはこない!!」とかね。 苦情処理など思い出はつきません(笑)

 これも訓練、これも修行と我慢して任務してきましたが、思えばただのエゴ人の集いの尻拭い。   かつての登山会任務だって、いろいろありましたが、時代錯誤なことだから割愛します。

 横暴な幹部、やつあたりな会員、 そんなことが圧倒的に多くありました。

 もうああいう世界はたくさんです。 そういう「言葉」には吐き気がしたりします(笑)   この集狂団体はすでに「そういう次元」にはいなくて、もっと大がかりな「巨悪団体」に成長していますが。
 
 余談ですが、めっきりテレビを観なくなりました。 ああいう政党のニュースなどでなんとかいう代表の顔などを視たくないのでね。v-8
 

元創価班さん

こんばんは。


> そうですね。
> 最近日本の会社でもそうですが、宣伝とかで「すべてはお客様の笑顔のために」だとか「あなたの夢のお手伝い」とか言ってるのは大抵嘘です。
> 現実はそうではないからわざわざ書かないといけないわけです。
> お金をもらって仕事を託されてるわけだからそんなのはあたりまえです。
> 商品やサービスに力がないから営業で売ろうとしとるのです。
> 管理人さんの言うように創価も一般の組織となんもかわらんと思います。

そうなんですよね。何も特別じゃないんですよね。
なのに、創価の組織は善人の集まりのように言って
そこからはみ出た人間は悪い人間のように印象づけるのがね。
どっちが悪人だよって感じですね

RAMBOさん

こんばんは。

>   まあ、一種の記号みたいなもんですね。 創価の前になにか形容詞をつけないといけない。 先生の前には、すごい、とか 偉大な師匠、とか。

キャッチコピーですか?
だったら、もっと正しいキャッチコピーをつけないと
ジャロに訴えられます(笑)

>  全然 麗しくないです。 創価班で駐車場の整理などしてた人は判ってたよね。  あの我先な言動とかね。 動かない車(たいてい婦人部幹部が中でおしゃべりしてた)があって帰れないから、創価班に当たり散らす。  制止を聞かずに道路に急発進する(これも婦人部に多かった)
> 。 何度も急ブレーキを踏まされた通行車の運転手が怒って、会館に怒鳴り込んできました。   小金をつかませて平謝りに謝って勘弁してもらいました。  創価班やってたら会員さんのエゴに何度も泣かされた経験はありましたね。 会館周辺での違法駐車、丁寧に移動をと言ったらキレられて「もう二度と会合にはこない!!」とかね。 苦情処理など思い出はつきません(笑)
>  横暴な幹部、やつあたりな会員、 そんなことが圧倒的に多くありました。

ああ、そうでしたね~。
私も会館の駐車場で、同志に向かって怒鳴っている壮年部をよく見かけました。
「麗しい世界」には到底思えない光景です。

今の創価なんて伏魔殿ですよ(笑)
今話題の豊洲じゃないですが、創価全体が土壌汚染されているような感じですね。
池田センセーと呼吸を合わせて
センセーのために活動した結果が
根本を見失なってしまった今のこのザマですからね。
わけのわからないものを流布している活動家の皆さんは、センセーに喜んで頂けるから満足していることでしょうね。
私は大聖人からお叱りをうけるのが怖いので、創価の麗しい世界は必要ないです。

現役男子部さん

こんにちは。

> 今の創価なんて伏魔殿ですよ(笑)

私もそう思います。ブラックボックス大き過ぎですね。

> 池田センセーと呼吸を合わせて
> センセーのために活動した結果が
> 根本を見失なってしまった今のこのザマですからね。

ですね。

> わけのわからないものを流布している活動家の皆さんは、センセーに喜んで頂けるから満足していることでしょうね。

センセだって、喜んでいるかアヤシイです。
てか、センセが喜怒哀楽を表現できる状態で生存しているかもわかりません。

> 私は大聖人からお叱りをうけるのが怖いので、創価の麗しい世界は必要ないです。

そうですね。必要ないというよりも、ない方がいいのが今の創価組織ですね

管理人さんへのお願い。

  乞食になってしまっても、法華経(妙法)に傷をつけることがあってはならない。(趣意)
    
  管理人さん、この御文の講義をお願いしたく思います。

 法華経(妙法)を受持していても、経済や生活が破たんすることもある、という前提なのか、受持し続けることの大事さを強調されている意味なのか。 はたまた。。

 真の「功徳」は何か。 そもそも信仰(信心)とはなんなのか。

 遠藤周作の「深い河」を読んで十数年になりますが、あの意表をついた終結の問いかけを、まだ考えております。

 正確には「考えてる」んではなく、感じたいだけなのですが。

 よろしくお願いします。

 

 
 
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR