Ramboさんのコメントへ(四条金吾殿御返事の件)

RAMBOさんより、「四条金吾殿御返事」の
一節についてのご質問をいただいたので書きます。

◆一生はゆめの上明日をごせずいかなる乞食にはなるとも法華経にきずをつけ給うべからず(四条金吾殿御返事/不可惜所領事)

上記の御文ですが、これは「四条金吾殿御返事」の一節です。
「四条金吾殿御返事」という御書は全部で確か16篇あり
それぞれに副題がついていて、
この御文は「不可惜所領事」です。
四条金吾が主君の江間師に信心をやめる様に言われたが
金吾はその命令に逆らい逆に
「たとえ所領を没収されようとも、法華経の信心を捨てるような起請文は書きません」
と大聖人に決意を述べた件についてのお返事です。

この一節は、私の心に刻んだ御書の一節なんです。
以前、個人的な体験談を書かせてもらいましたが
私が、この信心をやろう。と決意した原因が経済苦でした。
信心を始め日々、勤行・唱題、御書を読み学会活動をやって
それでも一向に貧乏が改善されることがなくて
毎日苦しみもがいて
「本当にこの信心でこんな状態から抜け出せるのか?」
「俺の信心が間違っているから生活が良くならないのか?」
そんな思いになるんですよね。
そんな時出会ったのがこの一節です。
最初の方に
◆中中信ぜざらんはよかりなんすへとをらずしばしならば人にわらはれなんと不便にをもひ候いしに

とあります。
「(在家の凡夫は難があると)最初から信心なんてしないほうか良かった。最後まで信心と貫きとせず人に笑われるのを不憫と思う」
とあるように、私も何度も「もう信心なんてやめてやる」って思った。
その度に、この一節を噛み締めてお題目を上げましたね。
次下の
◆すこしもへつらはず振舞仰せあるべし、中中へつらふならばあしかりなん。と
◆なにとなくとも一度の死は一定なり、いろばしあしくて人にわらはれさせ給うなよ。(兄弟抄)

はセットでしたね。
たとえどんな状況でも、堂々と信心を貫こう。と思ったもんです。

「明日をごせず」と「一度の死は一定なり」は同じことです。
人は、いつか必ず今世で死を迎える。
その時は、貧乏人も金持ちも関係ない。
ただ信心だけが大切なんだな。と。
といっても、凡夫ですから「今すぐ何とかしてくれ」と思うわけです。
そんなときは
◆我並びに我が弟子諸難ありとも疑う心なくば自然に仏界にいたるべし、天の加護なき事を疑はざれ現世の安穏ならざる事をなげかざれ、我が弟子に朝夕教えしかども疑いををこして皆すてけんつたなき者のならひは約束せし事をまことの時はわするるなるべし(開目抄下)

とのご文を思い出して信心してきましたね。

さて、RAMBOさんのご質問の
>法華経(妙法)を受持していても、経済や生活が破たんすることもある、という前提なのか、受持し続けることの大事さを強調されている意味なのか
ですが、大事なのはこの「受持」ということにあると思います。
今回の御文で思うのは「法華経に傷をつける」とはどういうことなのか。なんですが
これが「受持」ということに関連していると思います。
ここでいう法華経とは大御本尊(仏身)のことです。
そしてこの大御本尊とは
◆仍つて上行所伝の南無妙法蓮華経は蔵なり、金剛不壊の袋なり此の袋をそのまま日本国の一切衆生には与え給えり(御講聞書)
◆此の一念三千の宝珠をば妙法五字の金剛不壊の袋に入れて末代貧窮の我等衆生の為に残し置かせ給いしなり(太田左衛門尉御返事)

とあるように「金剛不壊」ですから、大御本尊そのものに「傷」と付けることはできません。
それを受持するのが末法の戒で、「金剛宝器戒」です。
この「金剛宝器戒」とは
◆此の法華経の本門の肝心妙法蓮華経は三世の諸仏の万行万善の功徳を集めて五字と為せり、此の五字の内に豈万戒の功徳を納めざらんや、但し此の具足の妙戒は一度持つて後行者破らんとすれど破れず是を金剛宝器戒とや申しけん(教行証御書)

とあります。一度この「金剛宝器戒」(大御本尊を受持)すれば、壊れることはありません。
壊れることはありませんが、「傷つける」ことはできる。
故に「法華経にきずをつけ給うべからず」と大聖人が言われていると理解しています。
「傷つける」行為とは、この御書にも書いてある
「中中信ぜざらんはよかりなん」(最初から信じなければ良かった)
ように、「不信」または「退転」というこでしょう。
どんな状況(乞食)になろうとも「不信」をおこし「退転」してはいけない。
【法華経にきずをつけ給うべからず】とはそういうことだと思います。
そうした信心を貫けば【自然に仏界にいたるべし】ということです。
ですから、何があっても受持し続けることが大切なのだと思います。

さて、では「法華経に傷をつけてしまった」らどうなるでしょう。
一度でも、大御本尊を受持したら「金剛宝器戒」を受けたことになるので
これが壊れることはありません。
ただし、大聖人は謗法(不信)は無間地獄と言われているので
結果、無間地獄に行った後に金剛宝器戒の力によって
再び、この大御本尊への信を取り戻す。
そんなストーリーになりますね。
破門前からの学会員、元日蓮正宗創価学会員は
この道を進むことになります。
いやいや、金剛宝器戒を受けたのに無間地獄に行きたくないですね。
でも、破門前の学会員はまだマシです。
破門後の学会員は、そもそも「金剛宝器戒」を受けてませんから
破門前の学会員よりも長く無間地獄です。
入会を勧めれてる人は絶対断らないといけませんね。
また創価の弘教(愚教)をやめさせないといけません。
その為には活動家を増やさないことですね。
それが正しい大聖人の弟子の振る舞いかと思います。
へつらったり、卑怯な態度(いろばしあしくて)で有耶無耶にしたら
「法華経に傷をつける」ことに通じる。
そんな風に思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さんへ

  遅くなりました。

  ページをさいてくださって有難うございました・

  >さて、では「法華経に傷をつけてしまった」らどうなるでしょう。
一度でも、大御本尊を受持したら「金剛宝器戒」を受けたことになるので
これが壊れることはありません。
ただし、大聖人は謗法(不信)は無間地獄と言われているので
結果、無間地獄に行った後に金剛宝器戒の力によって
再び、この大御本尊への信を取り戻す。
そんなストーリーになりますね。

  ここは私には難解でした。  回向の有無いかんなのか、どうなのか、

  逆縁、毒鼓なのか、、  また機会があれば教えてくださいませ。

  総じて、よく理解できました、。  有難うございました。□

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RAMBOさん

こんばんは。

>   ここは私には難解でした。  回向の有無いかんなのか、どうなのか、
>   逆縁、毒鼓なのか、、  また機会があれば教えてくださいませ。

おっしゃる通り回向の有無だと思っています。

◆今日蓮等の類い聖霊を訪う時法華経を読誦し南無妙法蓮華経と唱え奉る時題目の光無間に至りて即身成仏せしむ、廻向の文此れより事起るなり、法華不信の人は堕在無間なれども、題目の光を以て孝子法華の行者として訪わんに豈此の義に替わる可しや(御義口伝巻上)

今世が終わると、法界のどこかにその生命は冥伏します。謗法を犯せば無間地獄にその生命は冥伏し自力でそこから抜け出すことはできません。そこかな抜けでるのは回向のお題目でしょう。では、創価と他宗あるいは無宗教を比べるとどちらが長く無間地獄にとどまるかといえば創価でしょう。何故なら、創価の子孫は創価ですから正しく信心(大御本尊に信を取る)することが、他宗や無宗教の人たちよりも困難だからです。しかし御聖訓通りならば「金剛宝器戒」の力によりやがて正しく回向をしてくれる子孫が現れ再び大御本尊の戻れるのだと思います。しかし、破後の会員はかなる難しいですね。そもそも「戒」を受けていませんので。そんな破後の学会員が無間地獄から救われるのは、まさに「一眼の亀」です。ですから今世のうちに、大御本尊への信を取り戻さないとならないと思います。

>   総じて、よく理解できました、。  有難うございました。□

安心しました。なにせRAMBOさんの質問は難問が多くて困ります(笑)

Re: タイトルなし

こんばんは。

色々、気苦労されたようで大変でしたね。
それでも、ご自分を反省するとは、なかなかできないことです。立派だと思います。
「六根清浄」とはこのことですね。
でも無理に我慢する必要はないと思いますよ(ケンカする必要もないですが)
ご自分の心のままに振る舞えばいいと思います。

> 大御本尊は一大秘法ですよね?と質問したら違うと言われました。
> 三大秘宝の本門の本尊は各家庭のご本尊、
> 本門の題目は南無妙法蓮華経、本門の戒壇は各家庭と言ってました。

一大秘法と三大秘法を混同してますね。それに本門戒壇が各家庭ならば学会の大誓堂に行く必要もありませんね(笑)

> 大聖人様の仏法を教えてくれたのは創価学会で、指導してくれたのは池田先生だから、それを信じると言っていました。

それはそれでいいじゃないですか。だた凡夫の言葉を信じるのは「仏法」ではありませんけど。

> 大石寺の本尊を拝まなくても学会に功徳があったのだから関係ないんだみたいなことも言ってました。

学会の本尊は全て「大石寺の大御本尊を書写」したもです。
それを関係ないというならば、「大石寺の大御本尊を」「大石寺の法主が書写した」本尊を使わなけれないいのです。
大石寺の大御本尊を大石寺の法主が書写した本尊に拝んでいて何を言ってるのか?って話ですね。
関係ないどころか関係ありまくりですよね。
それといつもいうように、功徳もと魔の通力は紙一重です。

> それに対して、私は大石寺の本尊に通じていると思って祈ったから功徳が出たのでは?と聞いたら、そんなことはないと。
> 正しい信心を教えて下さいと御本尊様に祈ってみたら?と言われました。

それは、コッチの言うセリフです(笑)
というか、やはり「教学」ができていないのでしょうね。
創価が大聖人の仏法を広めたといいますが、
広めるだけなら創価以外の教団だって広めています。
つまり、信力と行力だけなら、創価以上の教団なんてたくさんあります。
なのになぜ創価だけここまで大きなったのか?といえば
広める本尊に他教団よりも力があったからです。
つまり、大御本尊に偉大なる仏力・法力があったからです。
だからこそ、貧乏人と病人の集まりと言われた創価が大きくなれたのです。

> 今の活動家の方はこういう思考の方が多いのでしょうか?

はい。今日のブログにも書きましたが
活動家の方々は、全く同じことをいいます。
先もかきましたが「大石寺の大御本尊を書写した本尊を使っている」くせに
「大石寺も大御本尊も関係ない」なんていう理屈が通るのは内部の活動家同士だけです。
逆に言えば、創価の方が「大石寺」にも「大御本尊」にも関係ない団体
つまり、日蓮大聖人と関係ない団体なのです。
それなのに、大石寺の大御本尊を書写した本尊を使っているのは
私から見ると、盗人猛々しい。厚顔無恥。にみえます。
おそらく普通の世間一般の方もそう思うと思います。

なにはともあれ、色々と辛いことも多いでしょうが
大御本尊(大聖人)を信じて一途にお題目をあげて欲しいと願っています。

◆ひほくと申す魚は一目づつある故に一生が間はなるる事なし、夫と妻とは是くの如し此の法門のゆへには設ひ夫に害せらるるとも悔ゆる事なかれ、一同して夫の心をいさめば竜女が跡をつぎ末代悪世の女人の成仏の手本と成り給うべし、此くの如くおはさば設ひいかなる事ありとも日蓮が二聖二天十羅刹釈迦多宝に申して順次生に仏になしたてまつるべし、心の師とはなるとも心を師とせざれとは六波羅蜜経の文なり。  設ひいかなるわづらはしき事ありとも夢になして只法華経の事のみさはぐらせ給うべし(兄弟抄)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんにちは。

> 大誓堂の御本尊も大御本尊を書写したものなんですよね。

もちろんです。
学会の大誓堂の御本尊は日昇上人が昭和26年書写した御本尊です。
入仏式には
「戒壇の大御本尊の御内証を、帯し奉って不肖日昇六十四世の法主として、御本尊様に信仰をそめておしたため申しあげている御本尊でございまする」
と日昇上人は言われています。
大御本尊の御内証を法主が書写したんですね。
大御本尊を受持の対象としないといいつつ、その大御本尊の御内証を書写した大誓堂の本尊を根本にする。なんていうのは支離滅裂だと思います。

勤行・唱題も無理やりする必要もありせん。大切なのは止めないことです。
大御本尊をすてインチキ勤行を毎日している学会員の題目よりも
大御本尊を信じて一生に一度だけ上げるお題目の方が功徳がありますので
毎日勤行できないからと言って心配する必要はありません。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる