退転者製造機

創価幹部・活動家が「退転者」と呼ぶ会員。
すなわち、創価組織・学会活動から離れていく会員だが
そんな退転者はどうして生まれるのだろうか?
幹部・活動家には
「麗しい創価の世界にいられなくなった」
「信心がわからず学会の活動についてこれなかった」
「幹部や同士を怨嫉して組織から離れて行った」
などなど、言いたい放題言われるが
本当はそうじゃない。
そうやって組織から離れていった会員を
悪し様に言うような幹部・活動家が
彼らの言う「退転者」を生んでいるのである。
全てとは言わないが、組織で活動していた会員が
組織を離れる原因のほとんどは「幹部」にあると言っていい。
事実、我が母が退会を決意したのは、婦人部長さんの
「創価から離れたら最後は一人ぼっちで淋しい人生を送る」という
その一言が決め手だったのは前回の記事に書いたとおりである。
母に限らず、俺が見てきた創価から離れた人々は
ほぼ全員が、ワケのわからない幹部の言動が原因で
組織を離れたり創価を退会したりしている。
その逆、つまり会員さんが嫌で
組織から離れる幹部はみたことも聞いたこともない。
創価の会員が組織から離れる原因の8割がたは
創価活動家幹部の
理不尽な指導
不誠実な振る舞い
無責任な言動
なのは間違いない。

以前、池田センセは「青春対話」の中で
イジメはイジメる側が100%悪い。と言っていた。
その方程式ならば、退転していく会員は悪くない。
退転させる幹部・活動家が100%悪いのである。
一人の人間が入会をし、さらに学会活動をするようになるまでに
一体どれほどの人が祈り・動いたと思っているのか?
折伏をした人・家庭訪問を重ねた人
そうした多くの人が関わって一人の会員が活動するようになるのである。
そのような思いで、ようやく創価の組織につかせた会員を
その作業に全く携わっていない幹部が
いとも、簡単にそうした会員さんを退転させるのである。
もし、その幹部が折伏した人を別の幹部か退転させたらどうだろう?
おそらく烈火のごとく怒るだろう。
もし、その幹部が家庭訪問を繰り返し発心させた会員さんが
別の幹部に退転させられたら
その会員さんを「退転者」「信心が分かっていない」などど言うのか?
絶対に言わないはずだ。
なのに、自分と無関係な会員には平気で、「退転者」というのだ。
ネット活動家が、創価の組織を離れた人間を
平気で「退転」「臆病者」「怨嫉」「傲慢」「我が儘」などと平気で書けるのは
まさに、自分と関係ない会員だからである。
そして、そう言う活動家こそ「本当に学会活動をしたことない」
口先活動家なのだろう。
「本当に」折伏や家庭訪問をしたことのある活動家ならば
滅多矢鱈に創価の組織を離れた会員を悪し様に言うことはできないはずだ。
その苦労を分かっていれば絶対に簡単に「退転者」だの
ましてや「日顕宗」だのという言葉を、同じ会員に向かって吐けない。

さて、そうした活動家幹部のような人間を、
大聖人は「魔」といい、「悪知識」と呼んだ。
創価が正しい。というならば、
その創価の組織から退転させる幹部・活動家こそ
「魔」であり「悪知識」なのだ。
そして、そんな幹部・活動がうじゃうじゃいる創価の組織は
「魔」の集まりであり、「悪知識」のたまり場である。
つまりは、創価の組織が「正しくなくなっている」のは
そうした活動家幹部が組織の中に存在しているからなのである。

しかも、卑劣なことに彼らは決して自分達の非をを認めない。
認めないどころか、冒頭に書いたように
創価の組織から離れた方が悪い。と居直り
挙げ句の果てには、組織から離れた人間を「退転者」と呼び
信心がなかっただの、ワガママだの、怨嫉だのと
罵倒するのである。
そうすることによって、「自分達は悪くない」と
なにかにつけてアピールするのである。
そして創価の組織もまた、
やめた人間より、やめない人間を大切にするから
組織から離れた人間には厳しく言っても
組織に残った(退転者を出した)人間には何も言わない。
だから、益々幹部は調子に乗り好き勝手を言い出す。
その最たるものが、本尊義の変更である。
「何があっても組織から離れたら負け」
そんな指導もどきが当然のように昔からいわれる。
それなら、別に負けでいい。
もう、アフォな幹部には付き合ってられない。
それが、組織から離れる会員の言い分であり
それは、正しい。

でも考えようにとっては、それは大聖人のお計らいだろう。
こんな、無知で無責任で卑怯な幹部・活動家がいる限り
創価の活動家は増えない。
増えたとしても、同じような人間だけだ。
それは創価の組織の崩壊を意味する。
どんどん、そうした幹部・活動家には活躍してもらい
どんどん、退転者を増やしてもらいたい。
創価の組織から退転者を出す。
それが彼らの使命であり、
彼らにできる広宣流布である。
つまり、退転者を出すことによってしか
そのような幹部・活動家には福運を積むことができないのだ。
俺のような者が「創価の活動をやめとほうがいい」というよりも
傲慢な幹部が組織の中で跋扈する方が
より効率的に創価の活動をやめる会員が増える。
戸田先生は御本尊を「幸福製造機」といったが
いまの創価の幹部・活動家は、さしずめ「退転者製造機」といったところか。
さすが、仏法には無駄がない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さんへ

たまさかの功徳拝受者の体験をひさしぶりに聞きました(読みました)
 こういう人(記事)を幹部さんは利用するんだなと実感しました。 他の活動家さんも、「ほら、ちゃんと体験が出てるじゃないの」と納得するんですね。 まるで創価の全国区でそうなってるかのように信じちゃうのですね。

 「現世ご利益信仰」のレベルなら、天理教、世界救世教、PL教、立正佼成会、ETCでもちゃんと「いいこと」や「幸福感」を自信をもって語ってます。 キリスト者たちは命をかけて不退転を貫いた歴史もあります。その末裔の方々が現在の日本で約100万人、いらっしゃる。 大本教然りです。

 だからなくならないんですよ。 宗教社会学者さんたちは、それも分かってます。  あくまで中立的な研究態度の上で。  

 さて、退転者製造機ですね。  離れていくしかない人々を量産してきたのは、間違いなく幹部たちです。   私個人で考えるところでは、支部幹部さんあたりからおかしくなっています。  よく「支部幹部以上は、ガッカイ側の立場でいないといけない」とかいうご指導を聞いてきました。

 選挙も折伏の指揮も執ったことがない人たちが、得てしてそこにいて、
もっぱら上と現場のパイプ役であり、集計係であり、報告係をやってます。  指導力もあまりない。 当然、決裁権もない。  正直、個々の事情を聞いてたら、長は務まりません。  動く人たちとだけ接触します。

 数字がすべてですし、会員さんのこころの内面にまで、入っていける(良い意味で)支部長、支部婦人部長が はたしてどれだけいるのかなと
恐ろしくなります。  こういう体質の下では、戦力外の人や、まともな思考と信仰を求める人たちは、ついていけなくなります。 まともだからです。  でも『創価を辞めたら地獄に堕ちるぞ!』と脅されて、怖いからセイキョウ新聞購読とザイムだけでもやろうか。。みたいな人も大勢いますね。  

 いわゆる「未脱会層」の人たちですね。 もう「喜び」がない時点で信仰者とは呼べませんけど、可哀想な方々ですし、一概に彼らの責任とはいえません。  繰り返しはやめますが、イケイケ幹部の罪と責任は ものすげえ重いと考えます。 今日も圏副婦人部長さんと話をしました。
あの11,8のセイキョウも読んでなくて、大御本尊不信受になってることも御存じなかったです。  現場ってこんなもんですね。 
 功徳とはたとえば『仏・菩薩の智慧』を一分でも知り、感得することでしょう?   祈らず思索せず、盲目的に創価のカツドウをやってりゃ、大功徳があると信じて走り回ってるだけの幹部たちも、哀れなもんです。
 僕は、甚深無量の仏・菩薩の智慧をわずかでも感じたいだけ。

 だから創価にいる意味は失せたのです。 

支離滅裂でごめんなさい。


 

 

痛快な記事、いつも楽しみに読ませていただいております。
数年前に『退転』したものです。

理由はいろいろ言ってみたところで結局のところ
仰るとおり、幹部の言動に辟易したからです。
無知、無神経、非常識、傲慢、図々しい、そしてとんでもなくゲス。
幹部の条件はゲスであることなのでしょう。
婦人部幹部はもれなくゲスでアホでした。
毎日毎日コントかなにかのように繰り広げられるゲス幹部のアホ劇場に
もううんざりでした。
どんなに探し求めても創価学会幹部のなかには誰一人、尊敬できる人がいなくて今思えば幸いなことでした。

以前は違う名前でネット上をうろついていましたが
言いたい放題言いすぎてどうやら身バレしたらしく
少々面倒くさいことになりました。
ますます創価学会幹部を軽蔑する結果になっただけでしたが。
なので、漠然とした話ですみません。

ブログ主さんは大丈夫ですか?

RAMBOさん

こんにちは。

> たまさかの功徳拝受者の体験をひさしぶりに聞きました(読みました)
>  こういう人(記事)を幹部さんは利用するんだなと実感しました。 他の活動家さんも、「ほら、ちゃんと体験が出てるじゃないの」と納得するんですね。 まるで創価の全国区でそうなってるかのように信じちゃうのですね。
>  「現世ご利益信仰」のレベルなら、天理教、世界救世教、PL教、立正佼成会、ETCでもちゃんと「いいこと」や「幸福感」を自信をもって語ってます。 キリスト者たちは命をかけて不退転を貫いた歴史もあります。その末裔の方々が現在の日本で約100万人、いらっしゃる。 

そうなんですよね。文理のない現証は功徳とは呼べないと思うのです。
そして「御本尊」から功徳をいただいた。といいつつ感謝しているのが、創価と池田センセ。ちょっと違和感あるんですよね。

>  さて、退転者製造機ですね。  離れていくしかない人々を量産してきたのは、間違いなく幹部たちです。   私個人で考えるところでは、支部幹部さんあたりからおかしくなっています。  よく「支部幹部以上は、ガッカイ側の立場でいないといけない」とかいうご指導を聞いてきました。

ですね。私も男子部時代に部(支部)幹部の面接を受けたときに
「これから君はこちら側の人間だ」と言われました(笑)

>  選挙も折伏の指揮も執ったことがない人たちが、得てしてそこにいて、
> もっぱら上と現場のパイプ役であり、集計係であり、報告係をやってます。  指導力もあまりない。 当然、決裁権もない。  正直、個々の事情を聞いてたら、長は務まりません。  動く人たちとだけ接触します。
>
>  数字がすべてですし、会員さんのこころの内面にまで、入っていける(良い意味で)支部長、支部婦人部長が はたしてどれだけいるのかなと
> 恐ろしくなります。  こういう体質の下では、戦力外の人や、まともな思考と信仰を求める人たちは、ついていけなくなります。 まともだからです。  でも『創価を辞めたら地獄に堕ちるぞ!』と脅されて、怖いからセイキョウ新聞購読とザイムだけでもやろうか。。みたいな人も大勢いますね。  

ですね。「まとも」ならば学会活動はできませんね。

>  いわゆる「未脱会層」の人たちですね。 もう「喜び」がない時点で信仰者とは呼べませんけど、可哀想な方々ですし、一概に彼らの責任とはいえません。  繰り返しはやめますが、イケイケ幹部の罪と責任は ものすげえ重いと考えます。 今日も圏副婦人部長さんと話をしました。
> あの11,8のセイキョウも読んでなくて、大御本尊不信受になってることも御存じなかったです。  現場ってこんなもんですね。 

本来、幹部というのは会員に信心の歓喜を教える立場なんですけど。

>  功徳とはたとえば『仏・菩薩の智慧』を一分でも知り、感得することでしょう?   祈らず思索せず、盲目的に創価のカツドウをやってりゃ、大功徳があると信じて走り回ってるだけの幹部たちも、哀れなもんです。
>  僕は、甚深無量の仏・菩薩の智慧をわずかでも感じたいだけ。
>  だから創価にいる意味は失せたのです。 

今の創価にあるのは「コミュニュティ」としての価値でだけで自治会と変わりません。
それはそれで意義はありますが、本当に苦悩があるのであれば創価は無意味であり無価値です。

牡丹さん

こんにちは。コメントありがとうございます。

> 理由はいろいろ言ってみたところで結局のところ
> 仰るとおり、幹部の言動に辟易したからです。
> 無知、無神経、非常識、傲慢、図々しい、そしてとんでもなくゲス。
> 幹部の条件はゲスであることなのでしょう。

ははは(笑)
ゲスだから幹部になるのか?幹部になるからゲスになるのか?どっちですかね~。

> 婦人部幹部はもれなくゲスでアホでした。
> 毎日毎日コントかなにかのように繰り広げられるゲス幹部のアホ劇場に
> もううんざりでした。
> どんなに探し求めても創価学会幹部のなかには誰一人、尊敬できる人がいなくて今思えば幸いなことでした。

本当にそれは「福運」がありましたね。
基本的に活動家幹部は卑怯というか姑息な人が多いんですよね。
そのくせいい人ぶる。
偽善者という言葉がぴったりです。
退転させた自分は悪くない。悪いのは退転したほうだ。
常にそのロジックです。リアルでもネットでも。
一人の人間を退転させることがどれほど重大なことか分かっていない。
全くの無自覚・無反省です。
このように書けば、「あいつは傲慢」「信心が分かっていない」
「愚痴ばかり言って行動してない」「麗しい創価の世界に嫉妬している」
その程度の言葉しか返ってこない。
だから低レベルだというのです。
こんなことしか言えなから「退転製造機」だというのです。
まぁ、彼らには理解できないでしょうが。

> 以前は違う名前でネット上をうろついていましたが
> 言いたい放題言いすぎてどうやら身バレしたらしく
> 少々面倒くさいことになりました。
> ますます創価学会幹部を軽蔑する結果になっただけでしたが。
> ブログ主さんは大丈夫ですか?

言論の自由は保証されてますから。
私はリアルでもこんな調子です。
地元の幹部を捕まえちゃぁ破折しまくってます。
だから、逆に向かうからは誰も絡んできません(笑)
私の地元の活動家幹部たちは
揃いも揃って「腑抜け」です(笑い)
まぁ、ほとんどの中心幹部は男子部時代からお互いを知っているので仕方ないかなって思います。

また、いつでもコメントしてくださいね。

No title

本日、お寺の唱題会に行ってきました。地元が池田氏と同じと言う方にお会いしました。
池田氏の、このブログにコメント出来ない行動とか聞きました。

ネットで見たことない情報はでした(たぶん皆さんの創造あってると思います)
お寺は池田氏の色々なこと見てるけど、黙っていること多いようです。
お寺が大人の対応しているんですよね。

その方に聞いたけど、池田氏のお母様は学会員で間違いないとのことです。
ネットでは両親二人とも折伏してないとあったんですが、
何でも、鵜呑みはいけないですね。

今回の記事と関係なくてすみません。

知り合いの方が人事で新たな役職の話をされ、その場は渋々了承したものの本人の気持ちも乗り気ではなく、家族の反対にもあい、断りの連絡を幹部にすると、ご想像通り大変だったようです。
最後の捨て台詞にその幹部から、『断るとひどい目にあう!』と恫喝されたそうです。ヤクザかよ(笑)と思いましたが、表面では悟りを開いたかのような顔をして、本性は腐りきってるゲスの中のゲスな連中ばかりが創価だよなと改めて思いました。

かりんとうさん

こんばんは。

> 本日、お寺の唱題会に行ってきました。地元が池田氏と同じと言う方にお会いしました。
> 池田氏の、このブログにコメント出来ない行動とか聞きました。
> ネットで見たことない情報はでした(たぶん皆さんの創造あってると思います)
> お寺は池田氏の色々なこと見てるけど、黙っていること多いようです。
> お寺が大人の対応しているんですよね。

なるほど。そうなんでしょうね。

> その方に聞いたけど、池田氏のお母様は学会員で間違いないとのことです。
> ネットでは両親二人とも折伏してないとあったんですが、
> 何でも、鵜呑みはいけないですね。

そうですね。風聞をまともに信じてはいけませんよね。

> 今回の記事と関係なくてすみません。

いえいえ。気にしないでください

現役男子部さん

こんばんは。

> 知り合いの方が人事で新たな役職の話をされ、その場は渋々了承したものの本人の気持ちも乗り気ではなく、家族の反対にもあい、断りの連絡を幹部にすると、ご想像通り大変だったようです。

そうでしょうね。

> 最後の捨て台詞にその幹部から、『断るとひどい目にあう!』と恫喝されたそうです。ヤクザかよ(笑)と思いましたが、表面では悟りを開いたかのような顔をして、本性は腐りきってるゲスの中のゲスな連中ばかりが創価だよなと改めて思いました。

全く同感です。何か勘違いしている幹部は多いですね。
まぁ、創価の幹部は民意じゃないですから。
信心や人としての魅力とか、そういう要素は考慮されないので。
役職が上に行けば行くほど、ゲス幹部が増える傾向がありますね。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる