全く活動家ってやつは

昨日記事にした、俺の母親の一連の騒動。
現役の創価活動家幹部はどう思うんだろう?
このブログのコメントしてくる活動家幹部はすくないので分かりかねるが
(そもそも、こんなイヤなブログを活動家は読まないだろう)
想像するに
「創価を貶める為にウソを書いている」
「私は長年活動家をしてますが、記事に書かれているような事は見た事も聞いたこと無い」
などと、言って「アンチはウソつき」キャンペーンを展開するのか
はたまた
「退会したのだから創価に御本尊を返却するのは当然だ」
「どうせ寺に行く気なんだろ?だったら創価のご本尊は必要ないだろう」
と開き直るのか。
まぁ、まだこの話は地元の活動家にしていないので何と言うか分からない。

「アンチはウソつき」なんていうネガティヴキャンペーンを張るイタい活動家はともかく
母の御本尊を持ち去った活動家幹部の考えは、
「この人はどうせ寺に行くだろう。そうなったら寺に学会の本尊を返納されてしまう。それだけは避けたから今のうちに創価の方で回収してしまおう」
とうのが本音だろう。
前回の婦人部長さんも、しきりに御本尊を返すなら学会に返して欲しい。と言っていた。
(学会に返すのが当然、というような口ぶりだった)
それに対し俺は、どこに返納しようが自由でしょ。答えている。
でも、だったら何故、誓約書まで書かせて「寺止め」をしたのか?
そこが問題だ。

御本尊を持ち去ったのは「寺に行く」ということを確信しているからなのは間違いない。
そうでなければ持ち去る理由が無い。
だとしたら「寺止め」の誓約書など書かせる必要はない。
「日顕宗(創価風に書くと)で新しい本尊もらうんでしょ?だったら今の御本尊様は学会に返納してくださいね」
と言えばいいのである。
俺的には学会の御本尊もホンモノだと思っているので、
学会のような謗法団体に返納なんてしたくないが
上記の様な理由で有れば、ここまで腹立たないし
多少は学会の顔も立ててやろうと思わないでも無い。
しかし、「寺止め」の誓約書を書かせた上に、御本尊を持ち去る。
こんな蛮行が許されていいはずがない。
「寺止め」の誓約書なんて、何の意味もないのは彼らだって分かっているはず。
だから御本尊まで持ち去ったわけだから。
なのに、そんな馬鹿げた誓約書を書かせるのは
ひとつには、幹部の体裁を守るためだろう
私達は一生懸命説得したが退会の意思が固かった。
でも私達の説得で「お寺にはいかない」という約束をしてもらう事が出来ました。
って感じだろ。
県婦人部長まで出張って来て「ゼロ回答」ではメンツ丸つぶれだからな。
そしてもう一つは、母か正宗に行った時に
「あんなに約束したのにOOさんは正宗に行った。OOさんは裏切った」
というようなロジックで、ウソをついたのは相手で自分達はウソをついていない。
そんな風にいい訳をするためだ。
創価活動家の言う「退転者」というのは、このように作り上げられるんだな。
で、万一「寺に行った時の保険」として、御本尊を持ち去る。
「ね?あの時御本尊を回収して良かったでしょ。そうでなければ今頃、日顕宗に私達の御本尊を返却されるところだったわ。」
そう言うに違いない。

そして何よりも彼等が盾にするのは、母本人の意思で
誓約書を書き、本尊を返納した。ということだ。
(まぁ、そうしなければ完全に犯罪だか)
そもそも、本人の意思と言うのは
本人の方から「誓約書書きます」「御本尊を書きます」
と言ってくる事を本人の意思というんだ。
信心の事が良く分かっていないバァさんの所に
複数人でやってきて「あ~でもない。こ~でもない」と言って
誓約書に押印させ、御本尊を持ち去ることを
本人の意思とは言わない。
事実、母は言ってる事が良く分からなかったけど
面倒なので言われたとおりにした。と電話で言っていた。
まるで、悪徳訪問販売の手口じゃないか。
それに、仏法者としてキチンと母に話したのかだってアヤシイ。
「学会をやめてお寺にもいかないと言う事は、もうどこからも御本尊をもらえない。と言う事です。御本尊は私達の信心の根本であり命です。それが無くなってしますのですよ。それでもいいんですね?それでいいなら御本尊を持って帰ります」
とせめてこの程度の事を母に伝えたのだろうか?
いや言ってない。
いくら、信心の事を良く分かっていない母であっても
このように言われて「はい。結構です」という筈がない。
なぜなら、母は信仰をやめるとか、御本尊を要らない。
などと言った事はないのだから。

なるべく穏便に。とは思ったが
婦人部長辺りが出張ってくるとやっぱりこうなる。
自分達のメンツや組織の保身の話ばかり優先させ
非常識極まりない事も平気でしでかす。
だから退会すんだよ。
「麗しい世界にいられなくなったから」でも
「幹部や同志に怨嫉した」からでもない
オマエラの様な【気持ち悪】人間とつきあいたくないんだよ。
オマエラの方こそ世間の中で
「麗しい人間関係」を作れなかったんだろ?
つくづく、残念な方々だよ。

なにはともあれ「御本尊」と「誓約書」は返却してもらうつもりでいる。
モチロン「正宗に行く」
それが目的で退会するんだから。
それでも、返してもらう。
そんな気持ち悪い人達に、
死んだ父から母へと受け継いだ御本尊を渡したくないからな。
因みに、昨晩あれほど連絡よこせ。といったにもかかわらず
今もって、上の幹部から電話一本入って来ない。
まぁ、コレが創価であり創価の幹部って人種と言う事だ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですか。

結局逃げるのでしょうね。

創価の幹部なんて卑怯な人が多いのでしょう。

末端の人間も私は嫌いですが。

上から目線の人が多くて、話しているとムカムカしてくるようなタイプの人が多いです。

それは創価にいたときから感じていました。

宗教の体質かもしれません。

法華講にもそういう人は多いです。

ただ、正宗のお寺で静かに信心する分には、そんなに困ることもないでしょう。

私は彼岸や盆の法要をメインに利用しています。

塔婆供養くらいしたいと思うようになりました。

葬式もおかげさま?で正宗で両親を送り出すことができました。

創価の同志葬に行ったことがないので、どっちがいいのか比べようもないのですが、両親は白く頬に赤みをさした、きれいな顔で旅立ちました。

素朴な信心もありだなと、最近しみじみ思うようになりました。

法華講ではけっこう無理な折伏をしているようですが、私はそのような極端には加担しません。

組織のご都合主義と信仰は別物だと考えていますから。

温厚な大人の住職に出会えるといいですね。

管理人さんへ

今回の最も問題とすべきは、管理人さんも書いておられるように、
 「寺には行かせない」という誓約書を書かせて、そのうえで信心の根本たる本尊を取り上げたというところだ。

 本尊を取り上げるだけの場合、相手は、詭弁を弄するなら「本尊」がなくても「内徳信仰」でもできるでしょ? という論も立つ。  また「どうせお寺に行くんだろうから、ガッカイ販売の本尊はいらないはず」、という場合なら、まだ理解もむりやり可能だ。

 だが、その「お寺(宗門)には行きません」旨の誓約書を書かせている。

 これじゃあがんじがらめである。 信教の自由の保障という22条(だっけ)を侵害してはいないか。  少なくとも、人権無視の「イジメと」もいえる。

 根っこをたどれば、これほどの権威主義もない。 一体に創価は何様のつもりなんだろうか。  増して、母上様も年齢的にも、数人で押しかけて、詳しい説明もしないままチャチャ!とやられれば、思うことも言えず、なされるがままであっただろうと想像がつきます。  失礼ながら、赤子の手をひねるようなものだっただろうとも。  ご老人を労わるくらいのことは、民生委員さんとかでなくても、世間でも普通にしてくれる。  まともな大人だったらそうする。

 創価で大事なのは、人権でもないし、信仰の自由でもないし、まして
ひとりの人間の幸せを願うことでもないらしい。  「手続きの不備」の責任をあとで上から咎められないようにしたまでのことだろう。

 そのくせ、自分たちは絶対に間違ってはいない、という傲慢さが、前回記事での「ああいう態度」にも見て取れる。   これだけ世間から嫌われて、うっとうしがられていても、「いち民族主義の発想」でしか物事を考えられないらしい。 呆れてものが言えない。

 私事ですが、いつだったか 私の書くことは修羅が強すぎて好きになれない、というコメントを頂いたことがあった。  されば、それはこういう創価・社会悪の被害現場を知らなさすぎるなあと、この場を借りて申し上げておきたい。  なにより仏法に違背し、世間法も無視して、しまいにゃ国法も屁とも思わない(知らないのかも)、団体は声を挙げて、呵責しないといけないのだ。  そんなの関係ないと思う人は、いちいち私ごときのコメントは無視でいい。 一般に、自分の尻に火がつくまでは呑気でいればいいしね。(冷たいようですが)。
 
 今回の管理人さんの一件もあってはならないこと。 みなで戦うべきことだと思う。 明日は我が身だ。  創価が日本中に、そして各界に深く、その網と力を張り巡らせて、思うがままにやってることを知らない人は、ほんとに羨ましく思います。 単に宗教団体だけのことに止まらない事態なのですが・・。

  初代・牧口先生は「善を為さぬことは悪に通じる」と教えておられた。  私は教条主義者ではないと自認しているが、今回も大事な切所だから、声を荒げておる次第です。

 マザー・テレサさんの言葉にもう一度接してみたい。

 「愛の対極にあるものは それは無関心である」 と。

 大聖人さまも、謗法には、「あえて強く言って聞かせよ」まで仰っている。 (「四悉壇」にも依るが。)

 以上、屋上屋、、なコメントですが、私も頑張る!  管理人さん、「用意周到」な戦いをお願いしますね。 □
 

  

ちょっと思い出したので

こんにちは。
お怒りお察しします。
どんどん言ってやってください。

退転する前までは、実は私もアホゲス幹部でした。イヤイヤでしたが環境的に逃げられなくて。
だから私が退転するなんてまるでクーデターでも起こしたような扱いで面倒くさいといったらありませんでした。
本気でありがたがってやっていたと思うあたり、おめでたいとしか言いようがありません。

で、寺止めの誓約書ですが。

これ、現場では多分『脱講』扱いで成果になってるんだと思いますよ。
お母さまがお書きになられた書類はご覧になってませんよね。
是非見せてもらってください。
私の時は、口ではお寺に行かないでね云々…と言いつつ、書いてもらう書類は『脱講届』でした。

私が偽アホゲス幹部だった頃のことですが、まあそんなに変わらないと思います。
上半期と下半期でしょうもない目標を山ほど立てさせられるのはご存知ですよね。
その中に『脱講』もありました。
日蓮正宗の信徒さんを『辞めさせる』
『救済運動』?とかなんとか言ってたような。
究極の慈悲の行い、折伏の何倍も功徳があると。
茶番もいいところです。
婦人部の中でもキチガイカテゴリーに入るような過激な幹部が責任者でした。
なんかグループ名がありましたが忘れました。

でも実際はそんなこと出来るわけもなく、
(だったらしょうがないから)脱会される方に『脱講届』を書かせて成果にせよ!というのが当たり前のように打ち出されていました。
お寺に行くのを未然に防ぐのだから脱講と変わらない、という無茶苦茶な理屈です。


現場では、『脱会届』と『寺止め(脱講届)』『御本尊の返納』はセットなのです。
立ち止まって考えることが出来ないのが学会員ですから、ずーっとそれが当たり前だと思ってやってきたのでしょう。
だから返事できないのではないでしょうか?
成果をあげたかったから・・・なんてことは言えないくらいの脳みそはあるでしょうし。

「なんでですか?」なんて聞こうものなら「あなたの一凶はその二乗の命よっ!疑いの命を切りなさいっっ!」と見当違いの檄が飛び、家族まで叱られる始末。
なんてキモいんでしょう。

それから

脱会手続きの責任者は壮年部本部長というのは微妙なところです。

婦人部の脱会なんだから婦人部で対応できるはずです。おばちゃんでは歯が立たないということでおっちゃん本部長が引っ張り出されようとしているのではないでしょうか。
本来、脱会の最終的な決裁は統監の責任者です。ただ、他では使い物にならないけれど書類だけはくそ真面目に書く、というポンコツ壮年部が統監責任者なので、こういう人を連れてきてもラチがあかないのでしょうね。

そして、『脱講届(寺止め)』は
なんとかいう『お寺対策係』の責任者の受け持ちです。
そう、過激派婦人部幹部です。
過激ですが、頭はだいたいアホです。
壮年部本部長なんてほとんど関係ありません。
なのでこの度のことは、
ほんとなら『統監責任者』と『お寺対策係』の責任者と婦人部本部長くらいで対応するのが話が早いはずなんですが、
いかんせん、アホ過激派とポンコツと逃げ腰のゲスが相手では・・・。

あまり参考にはなりませんかしら。
ご存知のことばかりでしたらごめんなさいね。

信じがたい

皆さま、こんばんわ
20年以上前に脱会した私にすれば、記事やコメントの内容がまことにもって信じがたい世界ですね。
皆さまのお気持ちお察し致します。

それからもうひとつ

用事をしながらなもので途切れ途切れのコメントすみません。

御本尊を持って行かれた件。

度々耳にしたのは、
御本尊はすべて創価学会のものなので
「いただくもの」ではなく「お貸しいただいているもの」という話。
じゃあなぜ『御本尊授与式』なのよという話ですが、「お貸し『いただく』」から『授与』で合っていると。
なんのとんち話でしょうか。

それから、脱会した方が御本尊を不敬するようなことがあっては一大事(責任者の自分たちにバチが当たる)なので、そんなことになる前に返してもらう、
という話ももっともらしく交わされていました。

だから脱会と御本尊返納は同時になったのかなと思います。
どちらにしても創価学会の活動家同士でしか通用しない理屈ですよね。

原則、脱会届と脱講届と御本尊返納はセット、というかこうしておけば組織では模範的な脱会手続き、という感じでした。
私は脱会する方によって「もめそうだなー」と思ったら脱会届は省いたりしてました。
上の幹部に叱られてもいっときのこと。アホなのですぐ忘れてくれました。

部員さんが亡くなられた時に、未入会のご家族が「形見だから大事にします」と言われて、そのまま返納されなかったこともありましたが、かえってしっくりきたものです。怒られましたけど。
統監で部員数減と御本尊の数が合わないと。
でもそんなのは、統監用紙の訂正の欄で数合わせすれば済む話ですから、たいして問題ではありません。
学会は忙しいしみんなアホなのですぐ忘れてくれました。

訂正

「もめそうだなー」と思って省いていたのは
『脱会届』じゃなくて『脱講届』でした。
ああややこしい。ごめんなさい!

牡丹様へ

 初めまして。RAMBO(通称、乱暴)と申します。

 切れ味の良い貴稿に接し、なんだかうれしくなってしまい、書いております。
 なにせ 潔く威勢よく、後味もいい印象でした。

 こういう「男前な女性」を好む私は実生活でも そういう女人ばかりが異性の友人層の大半を占めております。(どうでもいいのですが)

  傍から見てても管理人さんは、貴稿を読み、勇気を得ておられるだろうなあ、と察しておりました。  全国区で心ある会員さんや幹部さんたちが、孤軍奮闘で、あるいは連帯でもって戦いを挑んでおられます。

 我見ではなく、個人、そして友人とのネットワークのおかげで、ある程度、それが見晴らせております。 創価の自界は叛逆していくのです。

 悪は多けれど一善に勝つことなし、の一文を信じております。

 私もこれからも、創価にとっての「悪玉菌」と化して頑張っていきます。

さしづめ赤信号を大勢で渡るやつらには、青切符を切る戦いです。

 余計なコメントでしたが、心の命ずるままに。。(m´・ω・`)m

 
 失礼いたしました!(管理人さんに先駆けて書いたことなど)

 ともどもにお許しくださいませ。

 RAMBO
 
 

牡丹さん

こんにちは。

色々と教えていただき感謝します。
まさか「脱講」でカウントするとは思いませんでした。
牡丹さんのお話を聞いて、合点がいきました。
とともに、本当に自己チューな連中だと改めて怒りがこみ上げてきました

アレックスさん

こんにちは。

> 皆さま、こんばんわ
> 20年以上前に脱会した私にすれば、記事やコメントの内容がまことにもって信じがたい世界ですね。
> 皆さまのお気持ちお察し致します。

本当に気持ち悪い世界です。
こんな学会を「麗しい」なんて思っている人の気が知れません。
多くの会員が学会の上辺の顔に騙されているのでしょう。
お気の毒です

お疲れ様でした

こんにちは。

御本尊を返さない、日蓮正宗にもいかせないってすごい事をされるんですね。そんな事して何が楽しいのだか…。

昔、母が創価をやめた人に対する批判してた姿を思い出してしまいました。うちの母も普段はそんなに悪い人ではないんですけど、なんでこんな形でしか送り出してあげられないんですかね。はぁ〜。
裏切られた感があるのだろうと思うのですが、やってる事がただの嫌がらせですよね…。

とどさん

こんにちは。

> 御本尊を返さない、日蓮正宗にもいかせないってすごい事をされるんですね。そんな事して何が楽しいのだか…。
> 昔、母が創価をやめた人に対する批判してた姿を思い出してしまいました。うちの母も普段はそんなに悪い人ではないんですけど、なんでこんな形でしか送り出してあげられないんですかね。はぁ〜。
> 裏切られた感があるのだろうと思うのですが、やってる事がただの嫌がらせですよね…。

本当に。
全く救いようのない方々です。

結局

思うに入会のときも2000円(確か)払うし、その後もなにかと、ご本尊を新しいのに替えようなどと15000円出して変更したりしているのでそのご本尊はお金を出した人のものではないですか?返さなければいけないのならその15000円を返してもらいたいですね。

りんごちゃんさん

こんばんは。

> 思うに入会のときも2000円(確か)払うし、その後もなにかと、ご本尊を新しいのに替えようなどと15000円出して変更したりしているのでそのご本尊はお金を出した人のものではないですか?返さなければいけないのならその15000円を返してもらいたいですね。

そですね。その通りです。
それと、学会に返却した御本尊はその後どうなっているのかもわかりません。
私が想像するに【再販】しているのではないかと。
返却された御本尊をまた違う人に売る。
おそらくそうしているのではないでしょうか?
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる