法華講員さんにもダメ出ししてきた。

今日のブログは2本立てでいきます。
さて、母の正宗への再入信は無事に終わったが
勧戒式までの、K寺での控え室でのこと
今回紹介者となった法華講活動家のYさんが
しきりに、創価の御本尊を「ニセ物」「魔札」と母に説明していた。
俺は、創価の本尊をそんな風に思っていないで
Yさんに「そんなこと言うもんじゃないですよ、私はそうは思ってないし」と言うと
Yさんは「そんなことはない。学会の本尊はニセ物ですよ」と言うので
「そんなこと言っているから、法華講の人は折伏できないんですよ」と一言。
そこから、しばらく法華講員さん達にダメ出し。
なんとダメ出ししたかというと
この法華講員Yさんのやり方では折伏はできない。
そりゃ多少はできるが、やり方が間違っている。
逆パターンで創価活動家が未活の法華講員のところに行って
「お寺は間違っている」といのもダメ。
実はコレって意外とやっちゃう人が多い。
Yさんが母に最初の頃にコレをやってた。
創価の未活の人に、「創価の本尊は間違っているんですよ」っていきなりやっちゃう。
もし、「創価の本尊が間違っている」ということが真実であっても
それを口に出してはいけない。

折伏ってのは、その目的によって2パターンある事を知ったほうがいい。
一つは「法論」で、もう一つは「弘教」だ。
そのどちらが目的なのか考えないといけない。
目的が「法論」ならば、いきなり「創価の本尊はニセ本尊」って言ってよし。
「法論」の相手は、創価の活動家であり
その目的は「破折」だ。
その場合は、「第一義悉檀」「対治悉檀」を前面に折伏する。
そのような「破折」の場合は、相手を退会させ正宗に戻すことはほぼ不可能である。
「破折」されて宗旨変えをするほどの人物ならば
創価の活動なんてとっくにしていない。
なので基本的にこういう活動家は相手にするだけ時間の無駄である。

なので、基本的に法華講員さんが話に行くのは「法論」が目的ではないはずだ。
目的は「弘教」だと思う。
だとしたら、いきなり「創価の本尊は間違っている」というアプローチでは成功しない。
「弘教」が目的ならば、「為人悉檀」「世界悉檀」を前面に折伏しないとダメなのだ。
宗門から創価が離れ四半世紀も経っいる。
この間どんな理由であれ創価に籍を置き
創価の御本尊をご安置している人に
いきなり「その本尊は間違っている。偽物ですよ」と言ったら
言われた方は、いい気分になるはずがない。
創価の組織についていなくても、創価の組織が嫌いだという人でも
「あなたの家の本尊はニセ物」なんて言われてなくない。のだ。
それを先に言ってしまったら
それは「弘教」をしに行ってるのでなく
「法論」をしに行ってるのと同じだ。
「法論」をしに行っちゃってるんだから、「弘教」など実るはずがない。
「何を言ってるんだ。それが折伏じゃないか」
と反論のある法華講員さんもいるだろうが
折伏ってのは何も「破折」をすることだけが「折伏」じゃない。
そりゃ、学会の本尊はニセ物だ。
と破折して入信させることが出来れば大満足かもしれないが
それは、単なる自己満足であって、
本当に「弘教」をしたいのならば、そんな自己満のこだわらないほうがいい。
「じゃぁどうすんだよ?」ってことになるが
「弘教」の時は「弘教」をすればいいだけの話。
「学会の本尊はニセ本尊」なんて余計なことは言わないで
ひたすら、大御本尊の素晴らしいさを語ればいいのだ。
学会の御本尊も大御本尊から出ている事を語ればいい。
そして最後に、大御本尊に直接つながっている
日蓮正宗のご本尊様に取り替えませんか?とか
一緒に大御本尊様に会いにいきませんか?と言えばいいのである。
それが、言えるのは日蓮正宗法華講しかいないのだから
もっと自信をもって大御本尊を語ればいい。
相手の御本尊をニセ物というのは
創価が法華講員の家に行って「ニセ法主」と言ってるのと変わらない。
そんな創価と同じロジックでやる必要ない。

とまぁ、こんな風な内容の事を
母の勧戒式というおめでたい席で
正宗寺院の控え室で
講頭さん、総代さん、法華講員さんに向かってダメ出しする俺。
つくづく、組織に馴染まない人間なんだなぁって
我ながら思ったよ(笑)
でも、全国の法華講員さんには言いたい。
大聖人様がおわしますのは、大石寺しかないのである。
大御本尊の正義を堂々と語れるのは法華講員しかしなのである。
「創価ニセ本尊論」など語る必要はない。
もっと自信を持って学会員に大御本尊を語って欲しい。
俺から見ると、そんな「弘教」できる法華講員さんが羨ましいよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

めちゃわかりますわ~(-_-#)
僕もそう思います。
法華講の幹部も創価幹部もそないかわらんな~って最近思います…
幹部を信仰してるわけじゃないからどうでもいいですが(笑)
組織人間ってのは人をイラっとさせますね

管理人さんへ

 かなり最近ですが、もう無限連鎖の思考や、創価相手の法論はたくさんだという意識が芽生えました。  なんといっても「ムダ」の一言でした。

 つまり求めに応じて、知る限りのご金言を基に 愛情と、そして誠実であろうと努めながら、話を「聞けばいい」というところに落ち着きそうです。
今日も2時間半、そうでした。

 また、しばらく世間に揉まれ続けてきました。  これも もういいな、と思っております。  怒りを忘れたRAMBOはもうRAMBOではありません。

 降りかかる火の粉は、少々ならやけどしながら我慢します。私にかかるものならね。
 
 もしも、家族に言いがかりや、いちゃもんつけてくる場合、ムショに入ってでもいいから、粉々にしますけど。  卓球で身に着けた動体視力と反射。 日本拳法も少々やったから、腕やゆびをへし折るくらいは簡単です。 創価はリアルの怒りや暴力には滅法、弱いですから。  所詮、口だけの方々です。 それも愚にもつかぬ言い分ばかりでしたね。

 お察しくださいませ。  創価と聞くと反吐。 法華講は未知。

 私はもっとも悪い方向へと向かっていってるのでしょうね。

 家庭内(継母)によるストレスが限界に達しておるのもあるようです。

 私は地元と日本の楽土化は祈りますが、昔っから自分の商売や、目先のことを祈ったことは、実はないんです。  

 まあ例外として、発作の苦しみの最中は唱題します。

 今の今の心境を綴りました。 ご容赦あれ。

 追伸; 管理人さん。 破折のないのは摂受ってことですね?

 RAMBO


 

門内摂受

管理人様

仰る通りですね。
小生、帰依する前に単身で正宗寺院を訪ねて御住職と話をした際、
御住職から学会批判やニセ本尊の類いの話は一切ありませんでした。

大御本尊様の仏力法力、信心の喜び、成仏得道について慈悲溢れるお話を賜わりました。

お話を聞いただけで、身体が軽くなり心が穏やかになりました。

しばらくして、この時の御住職は、
小生に対して、門内摂受、発心下種をされていたんだなと気が付きました。

元創価班さん

こんにちは。

> めちゃわかりますわ~(-_-#)
> 僕もそう思います。
> 法華講の幹部も創価幹部もそないかわらんな~って最近思います…
> 幹部を信仰してるわけじゃないからどうでもいいですが(笑)
> 組織人間ってのは人をイラっとさせますね

まぁ、組織が必要なのは理解できますが
どうも私にはなじめないようです(笑)
まぁ、人じゃなく法ですからね。

RAMBOさん

こんんちは。

>  かなり最近ですが、もう無限連鎖の思考や、創価相手の法論はたくさんだという意識が芽生えました。  なんといっても「ムダ」の一言でした。

大聖人の仏法に無駄はありませんよ。

>  つまり求めに応じて、知る限りのご金言を基に 愛情と、そして誠実であろうと努めながら、話を「聞けばいい」というところに落ち着きそうです。 今日も2時間半、そうでした。

それはそれはお疲れさまでした。
なんだか光景が目に浮かぶようです。

>  もしも、家族に言いがかりや、いちゃもんつけてくる場合、ムショに入ってでもいいから、粉々にしますけど。卓球で身に着けた動体視力と反射。日本拳法も少々やったから、腕やゆびをへし折るくらいは簡単です。 創価はリアルの怒りや暴力には滅法、弱いですから。所詮、口だけの方々です。 それも愚にもつかぬ言い分ばかりでしたね。

◆畜生の心は弱きをおどし強きをおそる(佐渡御書)

大御本尊から退転するのは所詮はそんなのもです。

>  お察しくださいませ。  創価と聞くと反吐。 法華講は未知。
>  私はもっとも悪い方向へと向かっていってるのでしょうね。

そんなことはないですよ。私とて同じです。

>  家庭内(継母)によるストレスが限界に達しておるのもあるようです。

たまには奥様とご旅行でもされてストレス発散してくださいね。

>  追伸; 管理人さん。 破折のないのは摂受ってことですね?

末法で大御本尊を受持する人間の行為は全て折伏です。
そして末法の折伏は、折伏の中の折伏と折伏の中の摂受があり、どちらも折伏です。
正・像時代の摂受と言うのと意味が違います。
破折のあるなしは、四悉檀のどれを前面に出していくかの話であり四悉檀全て折伏です。
一人静かに題目を上げ大御本尊を想う。これ折伏の中の摂受です。
なぜなら大御本尊は、「法体の折伏」の「体」ですから
それを受持するのは折伏の体を受持するという事で、
折伏の体を受持するならば、その人の言動は全て折伏であると思います。

古刹信徒さん

> 仰る通りですね。
> 小生、帰依する前に単身で正宗寺院を訪ねて御住職と話をした際、
> 御住職から学会批判やニセ本尊の類いの話は一切ありませんでした。
> 大御本尊様の仏力法力、信心の喜び、成仏得道について慈悲溢れるお話を賜わりました。
> お話を聞いただけで、身体が軽くなり心が穏やかになりました。

素晴らしい御住職ですね。
母の行った菩提寺のご僧侶も創価批判はありませんでした。
「ニセ本尊」と言って回っても法は広まりません。
法華講・学会員に限らず、
弘教とは「大御本尊(大聖人)」の事を語ることだと知ってほしいです。
とはいえ、創価はもうソレを語る事はできませんが。

> しばらくして、この時の御住職は、
> 小生に対して、門内摂受、発心下種をされていたんだなと気が付きました。

そうですね。御住職様にはそうした深い思慮があられたのですね。

ものすごーく勉強になりました。
学会で四悉檀のことを教えたりしてないですよね?
学会と先生の正義を語るなんて言葉ばかりの環境にいると、本当に何もわかっていないんだなと痛感させられます。

現役男子部さん

こんばんは。

> 学会で四悉檀のことを教えたりしてないですよね?
> 学会と先生の正義を語るなんて言葉ばかりの環境にいると、本当に何もわかっていないんだなと痛感させられます。

以前書きましたが、弘教が決まらないのは
大聖人仏法の話をしないからなんです。
創価や池田センセの話をしてもダメなんです。
聞く方もそんな事に興味ないし
諸天善神も、そんなこと関係ないから助けないし(笑)
男子部時代、弘教長として多くの本流をしましたが
大聖人の仏法を話さないと弘教は決まらない。
それが結論です
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR