また知らないところで蠢いている

昨日、男子部時代の後輩で
いまでも親交のある、俺の所属する組織の
活動家学会員T君から連絡があった。
久々に一杯やる?
ってお誘いかと思いきやそうじゃなかった。
なんの話かと思ったら
なんでも支部内の幹部の間で、俺の話が出ているらしい。
何か心当たり無いか?と聞かれたので
母を退会させ日蓮正宗に再入信させたことを話すと。
「ああ、それでですね~」と納得した様子。
「で?一体今頃なんで俺の話題なんだよ?」と聞いてみると
要は、支部内で俺の処分を検討しているとのこと。
いやいや、笑っちゃ悪いが笑っちまった。
15年以上も前に、俺と俺の近しい会員を
組織から追放し、その後な~んの音沙汰もなかったのに
なにを今更って感じだよ。
まぁ、おそらく先日母の家であった例の分県婦人部長さん
おのオバさん経由で支部幹部か何か言われたんだろうな。
婦人部長さんには、俺は自分の所属組織を教えているし
今頃、騒ぎ出すのは多分そういうことなんだろう。
母だけだなく、俺の支部から去年3人が退会しているが
それも全員俺とつながりある会員さんだし
現に、俺が創価の本尊義変更の間違えを話した会員さんたちだから
そういうこともひっくるめて、俺をなんとかしようって話になったんだろうね。
T君もおそらくそうだろうと言っていた。
「で?俺をどうするわけ?」ってT君に聞いたら
それをいま検討中らしい(笑)

まぁ、ヤツラのやり方なんてだいたい分かっている。
15年以上前俺たちを追放したやり方はこうだ。
まず、俺と、俺に一番近しかった部長二人を壮年部送りにする。
その上で会合等の連絡は一切よこさない。
さらに、俺とつながりのある会員に四者結託して
「アイツと連絡取るな」とお触れを回し
更にその理由を、あることないことデッチあげる。
もちろん、そう言われた会員さんの中には
そうした事に意義を唱え、ある意味俺の側についてくれる会員さんもいた。
そうすると今度は俺に味方した会員さんを会合に参加させなかったり、
また俺と同様に「アイツとも連絡取るな」といい触れた。
そうして最終的には、俺を含む当時の男子部員
十数人が組織から追放されたのだ。
「君を除名する」とも
「君を活動停止にする」とも
なんの通達も話もない。
俺たちの知らないところで、俺たちに何も知らせずに
創価の組織から追放した。
その時に俺たちを追放する急先鋒に立って暗躍していた
当時の男子部の幹部たちが
いまや、地区部長・支部長・本部長・Z長として君臨している。
もちろん他の連中も色々な幹部として存在する。
まぁ、今は当時と違い俺は別に組織となんの関わりもないので
組織の処分なんてど~でもいいことなんだが
ヤツラにとっては困るんだろうなぁ(笑)
まぁ、所詮は今書いたように
卑怯で姑息なヘタレしかいないので
面と向かって何かをいいに来ることはないだろう。
また、知らないところでジメジメと蠢いて
何らかの結論をだして
それを組織内で正当化させるための理由を
でっち上げることを相談しているんだろう。
T君は支部内ではそれなりの役職なので
また状況を連絡してくれるらしいから
何をどんな風に処分するのか?まぁ、楽しみにしていよう。
どっちにしてもこうなると
俺が創価学会でいられるのも、もうそんなに長くなさそうだな。
さて、さて、どうしてくれますかね~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはよーございます♪

もうあれですね
やってることが念仏衆みたいですね(笑)
襲撃されないように注意せんとあきませんね(笑)
管理人さんファイトー!♪

ネタの宝庫・続編に期待

まあ次から次とネタの提供、ご苦労様なことですね。

こそこそともっともらしく口裏合わせなどなさっていても、結局、「悪いのは自分じゃありませんから」っていいたいのでしょ?
頭の中はご自分達の保身のことばかり。
後付けの状況設定はほんとにお上手。
幹部になるほど『創価学会の中での』保身にたけていらっしゃいます。
そりゃあもう必死ですものね。
どこまでいっても『創価学会の中での』ですけど。
世間から見れば滑稽なだけですが、そこがアホの哀しいところ。

頭を冷やして少し客観的になれば、
井の中で蛙同士が難しい顔をしてすったもんだしているだけの茶番です。
茶番に付き合わされる管理人さまにはお疲れさまですが、この度の茶番の続編、ちょっと楽しみにしております。

元創価班さん

こんばんは。

> もうあれですね
> やってることが念仏衆みたいですね(笑)
> 襲撃されないように注意せんとあきませんね(笑)

襲撃してくるような骨のあるタツぁいませんて(笑)

> 管理人さんファイトー!♪

あざ~っす。
てか、ファイトにすらならんでしょうが。

牡丹さん

こんばんは。

> まあ次から次とネタの提供、ご苦労様なことですね。

ホントにね。

> 幹部になるほど『創価学会の中での』保身にたけていらっしゃいます。
> そりゃあもう必死ですものね。
> どこまでいっても『創価学会の中での』ですけど。
> 世間から見れば滑稽なだけですが、そこがアホの哀しいところ。

全くですね。創価の中の立場を守ることに何の意味があるのか?
まぁ、創価村でしか生きられない人には価値はあるのでしょうが。

> 茶番に付き合わされる管理人さまにはお疲れさまですが、この度の茶番の続編、ちょっと楽しみにしております。

まぁ、続編はあると思いますので
お楽しみに♪

No title

やっぱりやってきましたか。

しかし管理人さんと対話した(破折された?)婦人部幹部は
どんな報告したんですかね。

だいたい「連絡取るな」とか何言ってるんですかね?

創価の中での立場なんて世間は何とも思ってないですし、
世の中のために必死に(実際に)頑張っている人も沢山いますから。

管理人さんの処分、管理人さんには痛くも痒くもないことだと思いますが、
あることないこと言われたら、攻撃しちゃってください。

コロ助さん

こんにちは。

> やっぱりやってきましたか。

ですね。まぁ想定内です。

> しかし管理人さんと対話した(破折された?)婦人部幹部は
> どんな報告したんですかね。

さぁ?婦人部幹部が直接言ったのか、壮年部経由なのか分かりませんが
よほど癪に障ったのかもしれませんね(笑)

> だいたい「連絡取るな」とか何言ってるんですかね?

それは、もう15年以上も前からですから。

> 創価の中での立場なんて世間は何とも思ってないですし、
> 世の中のために必死に(実際に)頑張っている人も沢山いますから。

そうなんですよね。
結局、彼等は「自分達に役立つ事」しかしてないのですよ。
世間では日の当らない場所で世の中の為に頑張っている人はたくさんいます。

> 管理人さんの処分、管理人さんには痛くも痒くもないことだと思いますが、
> あることないこと言われたら、攻撃しちゃってください。

ははは(笑)
どうせ逃げちゃいます。
なにせ、ヘタレしかいないので。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる