年間テーマって必要なの?

創価の活動の年間テーマ。
例の「○○の年」ってやつ。
2017年(来年)のテーマは
「世界広布新時代 青年拡大の年」とやらになったそうで。
あれれ?どっかで聞いたような・・・
今年はなんだっけ?
そうそう「世界広布新時代 拡大の年」だったよね。
え~、来年のテーマは今年のテーマに「青年」って付け足しただけじゃん(笑)
ねぇねぇ、今年と来年のテーマってどう違うの?
今年の拡大は青年は対象じゃなくて
来年の拡大は青年だけ対象ってこと?
いやいや、いくら考えるのが面倒だからって
今回はちょっと手ぇ抜きすぎじゃね?
もっとも、創価の年間活度テーマってのは
同じような言葉のくり返しなんだけどね。
過去のテーマを振り返れば
2005年「青年拡大の年」
2006年「青年躍進の年」
2009年「青年勝利の年」
2012年「青年学会拡大の年」
2013年「青年学会勝利の年」
実に12年のうちの半分は、「青年なんちゃらの年」じゃん。
どんだけ青年が拡大していなんだよ。(してないけど)
でもって過去20年のテーマのキーワードも
大勝・勝利・前進・完勝・拡大・躍進
20年で5単語だけ。
実際には、大勝・勝利・完勝
それと、前進と躍進
これらは同じカテゴリなので
勝利系と拡大と躍進の3つだけ。
ボキャブラリー少なすぎだろ(笑)
てか、これなら毎年決めることないんじゃないか?
毎年、「拡大・躍進・勝利の年」でいいじゃん。

まぁ、こうして毎年毎年「活動テーマ」を決めてる割には
毎年やることと言えば
選挙・新聞啓蒙・財務と同じことばかり。
もっとも、「世界広布新時代」なんていわれても
日本の学会員の、おっさん・おばちゃん・あんちゃん・ね~ちゃんには
何もやりようあるまい。
せいぜい「今、自分が戦っている場所が世界につながっているんだ」
って程度のことに使命感を持つくらいしかできやしない。
あとは財務を一口でも多く出して
その金が「世界広布」とやらに
使われることに喜びを見出すくらいか。
なので、この「世界広布新時代」っていう
フレーズはSGIならともかく
日本創価学会の年間活動テーマとして相応しくない気がする。
世界広布なんていう大それた壮大なテーマを示しても
日本創価学会の活動家さんたちにとっては
犬が星を見ているようなものである。
指導者たるもの、皆が理解できるような方針を示さないと。
特に活動テーマなんだから
実務に即した目標示さないといけないと思う。
来年なら
「都議会選挙完勝の年」
でいいんじゃね。
非常に具体的でわかりやすい活動テーマだろ?
そうそう、財務のことは毎年いれないと
活動テーマにならないか。
じゃぁ来年は
「財務拡大・都議会選挙完勝の年」
ということで。
「拡大」・「完勝」というキーワードも押さえたいいテーマじゃね?
それにこのほうが
活動家さんにも
外部の人達にもわかりやすいでしょ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そういえば 今は無きeco板で
創価が好きそうな「お決まりのフレーズ」や「スローガン」ばかり集めて
「創価流行語大賞」と言う企画を立てて募集を募った事があります

それだけマンネリというか幹部等の惰性ぶりと成長のなさと
ものの見事な思考停止が露呈するわけなんだけれど 何せ あの人たちは
あっちの世界へトリップしちゃっているから・・・

No title

好きですよね。「青年」って言葉。

ちなみに自分の地区では、いわゆる活動家の青年部はほぼゼロです。

青年拡大って、「まじで焦ってます」って言ってるように聞こえるのは
私だけでしょうか?

なんか、年明けに解散とかいう話もありますし、都議選もありますし、
もう政治団体になっちゃってますよね。
 
言われるままに動く会員さんが気の毒です。


管理人さん

 あっさり、 「未成年拡大の年」 ってのはどうかな。  成果出さなきゃってことで、赤ちゃん~高校生までの未入会の子をカードで探して、入会勤行会やりまくってましたしね。 分世帯成果も大事なんで、意味のない「旅立ち」みたいな、子供の別居ですね。  

 んで若夫婦に子供をつくらせて自然増の広宣流布達成かな。実際そんな話を分県幹部が言ってましたよ(笑) 少子化社会の隙間をねらった自家製の広布構想ね。 五人以上の子供を作ったら「本部長任命!」とかもいいね。 ガッカイでは「福子(ふくし)」と呼びます。  創価大にでも行って、挙句 本部職員にでもなれば「完成型」になると・・

 ともかく、哀れでみっともないカツドウが大好きな幹部(特に婦人部)は、そういう現場の悪知恵が得意です。  現場はなんにも変わらないんだから、〇〇の年なんてすぐ忘れるというか、一瞬でどうでもよくなる程度のシロモノです。  圏スローガンなんて私もいやいや作ってましたよ。  新年勤行会の垂れ幕用になるだけで、だーれも覚えてやしない。 松がとれる頃までも、もたないっていうね。 創価ほどコトバが空疎な団体もそうはないね。 管理人さんもおっしゃるように、「永遠のF拡大元年」とか「無始無終の財務で盤石な広布の基盤確立を!」(なげえよ!)とかがよっぽど創価の「本来無作三身」でわないかな。

 思考停止のマンネリ集団ですから、結局のところ、金と票以外はどうでもいいんだよねえ。 (おいらの青春を返せーー!!!) 

 青春といえば「あの頃」を思い出します。  キャンパスのあちこちでやってたあのセリフ。

  「自己批判せよ」 、、たまにはどうでしょうかねえ。ガッカイさんも。

創価学会の中だけで言ってるぶんには、まだいいです。
勝手にどうぞ。

不愉快なのはCM。
障がい者の感動ポルノ、それも児童の。
障がいがあってもなくても皆幸せに、そんなことあなたたちに言われなくてもわかってます。
あえて晒す必要がどこにあるのでしょう。
その曲使わないでよ!とも思いますし
「言葉と生きていく」???
いたたまれない気持ちになるのは私だけでしょうか。

「言葉と生きていく」っていうのなら、壇上から檄をとばす幹部やF活動でしゃべりまくってる婦人部でも映しとけばピッタリなのに。
曲はもちろん『今日も元気で』でいいじゃないですか。

巨大な組織が崩壊していく時って、こういう見当違いが重なっていくものなのかしらと思います。

あとCMといえば料金のこと。

創価学会員の皆さんはご存知かしら?
『CM料金 創価』で調べてご覧あそばせ。

eco◆Smw69 さん

こんにちは。

> そういえば 今は無きeco板で
> 創価が好きそうな「お決まりのフレーズ」や「スローガン」ばかり集めて
> 「創価流行語大賞」と言う企画を立てて募集を募った事があります

それは面白い企画ですね。

> それだけマンネリというか幹部等の惰性ぶりと成長のなさと
> ものの見事な思考停止が露呈するわけなんだけれど 何せ あの人たちは
> あっちの世界へトリップしちゃっているから・・・

本当に。他人が言ったら失礼ですが、お気の毒さまですね。

コロ助さん

こんにちは。

> 好きですよね。「青年」って言葉。
> ちなみに自分の地区では、いわゆる活動家の青年部はほぼゼロです。

そうですかぁ。
男子部時代に都内の組織に交流座談会に行ったのですが
その時に、その組織も男女青年部は一人も座談会にいませんでした。

> 青年拡大って、「まじで焦ってます」って言ってるように聞こえるのは
> 私だけでしょうか?

「マジ焦って」いるのでしょう。
団塊・団塊ジュニアがいなくなる時が
創価の興隆も終わるときでしょう。

> なんか、年明けに解散とかいう話もありますし、都議選もありますし、
> もう政治団体になっちゃってますよね。
> 言われるままに動く会員さんが気の毒です。

ホントにそう思います。
なにが可哀想って、「功徳がある」と騙されてる所です。

RAMBOさん

こんにちは。

>  あっさり、 「未成年拡大の年」 ってのはどうかな。  成果出さなきゃってことで、赤ちゃん~高校生までの未入会の子をカードで探して、入会勤行会やりまくってましたしね。 分世帯成果も大事なんで、意味のない「旅立ち」みたいな、子供の別居ですね。  

いいですね。

>  ともかく、哀れでみっともないカツドウが大好きな幹部(特に婦人部)は、そういう現場の悪知恵が得意です。  現場はなんにも変わらないんだから、〇〇の年なんてすぐ忘れるというか、一瞬でどうでもよくなる程度のシロモノです。  圏スローガンなんて私もいやいや作ってましたよ。  新年勤行会の垂れ幕用になるだけで、だーれも覚えてやしない。 松がとれる頃までも、もたないっていうね。 創価ほどコトバが空疎な団体もそうはないね。 管理人さんもおっしゃるように、「永遠のF拡大元年」とか「無始無終の財務で盤石な広布の基盤確立を!」(なげえよ!)とかがよっぽど創価の「本来無作三身」でわないかな。

そうそう、皆に分かりやすい方がいいですね。

>   「自己批判せよ」 、、たまにはどうでしょうかねえ。ガッカイさんも。

幹部は「自己批判」はしませんが
「総括」はしますよ(笑)

牡丹さん

こんにちは。

> 創価学会の中だけで言ってるぶんには、まだいいです。
> 勝手にどうぞ。

確かに。お好きのどうぞってモンですね。

> 不愉快なのはCM。
> 障がい者の感動ポルノ、それも児童の。
> 障がいがあってもなくても皆幸せに、そんなことあなたたちに言われなくてもわかってます。
> あえて晒す必要がどこにあるのでしょう。
> その曲使わないでよ!とも思いますし
> 「言葉と生きていく」???
> いたたまれない気持ちになるのは私だけでしょうか。
>
> 「言葉と生きていく」っていうのなら、壇上から檄をとばす幹部やF活動でしゃべりまくってる婦人部でも映しとけばピッタリなのに。
> 曲はもちろん『今日も元気で』でいいじゃないですか。
>
> 巨大な組織が崩壊していく時って、こういう見当違いが重なっていくものなのかしらと思います。

全く同感です。
CMに多額の金をつぎ込むのもマスメディアに対する影響力を持つためでしょ。
金を使って言論統制しよってんだから。
で、それを「広宣流布」の一環だと思っちゃう活動家。
こんなつまらない事に自分達の財務が使われていて腹立たないのですかね?
まぁ、アンタの金だからいいけど。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる