わが友に贈る(2016年10月16日)より

友の面倒を見た人
支え続けた人には
誰のかなわない。
その人こそ最極の人生を
飾りゆく勝利者なり!
@@@@@@@@@@@

「言葉と共に生きていく・聖教新聞」なのに
どうしてこう「言葉遣い」を知らないのかなぁ。って思う。
「面倒を見る」と「世話をする」
同じ意味には違いないが、
日本語的には「面倒を見る」というのは
「厄介である」とか「大変である」とかいう意味も含まれるので
自分の目上の人には使わない。
つまり、「友の面倒を見る」というと
友は自分より「下」であり、友の面倒をを見るのは「厄介」ってニュアンスになる。
それってなんだから上から目線じゃね?
「友のお世話をする」っていう方かいいんじゃね?
根本が上から目線の創価幹部らしい言い方っちゃ言い方だが。

まぁそれはさて置き、創価幹部活動家さんが
「友を面倒見る」のは無理でしょ。
そもそも外部に「友」がいないじゃん。
え?「俺は外部に友人かいっぱいいる」って?
だったら、なんで折伏して本流しないのさ?
いっぱいいるんでしょ?友人が(笑)
まぁまぁ、見栄はらなくていいから(笑)
友人ってのは自分がそう思ってるだけでしょ。
となると、君等が「面倒を見る友」ってのは内部の学会員さんのことだね。
で?どうやって面倒見るの?
お金のない人にはお金をあげる。
仕事のない人には仕事を与える。
嫁の欲しい人には女を紹介し
病気に人には付き添い。
寝たきりの人には介護する。
「面倒を見る」ってのはそういうことだよ。
口先で簡単に「面倒見る」「支え続ける」なんていうけど
本当にそういう覚悟あるの?
そもそも学会総体として会員さんの面倒なんてみてないじゃん。
創価の中にどれほど生活苦の人がいると思ってんの?
そんな人たちにお金とかあげてんの?
あげないよな。そりゃ。
あげるどころか、「経済苦のいまこそ財務を頑張るとき」
なんていって巻き上げてんじゃないの。
所詮、君達の「面倒を見る」ってのは
悩める会員さんを、学会活動すれば功徳があると
だまくらかしして活動家にする。って話じゃん。
え?騙してないって?
だったら、戒壇大御本尊を棄てた創価にどうして功徳が出るのか
ちゃんと答えてみてよ。
答えられないでしょ?
だって出ないもん。功徳は。
そこから先は自己責任でしょ
何かあれば「活動を頑張る」とか
「お題目を上げる」とか
愚にもつかない指導?して
「面倒見た」気分に浸っている患部をいっぱい見てきてよ。
これのどこが、最極の人生の勝利者なのさ。
むしろ最悪の人生の落伍者としか思えない。
「言葉とともに生きていく」ってのは
「言葉巧みに会員をだまくらかして生きていく」そういうことなんだね~。
まぁ、「聖教新聞社」というネーミングだって
いかにも一般法人のように思わせる詐欺に近いネーミングだもんな(笑)
ともあれ、創価活動家のみなさんには
「できもしないこと」を「やろう」なんて思わないで欲しいな。
一度拾った捨て猫を、今度は保健所に持っていく。
君らの「面倒見る」ってのはそれと同じなんだよ。
他人の面倒を見てる暇があったら
自分の親や子供
旦那や奥さんを
まずはキチンと面倒見れるようになってからにしなさいな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さん

  遅くに書いてます。 少し忙しかったのと体調不良ね、。

 読んでて今更ですが、オセロゲームを連想しました。 ずっと白の陣営にいたものと思ってたら、ここに来て(直近では会則改悪)ぜーんぶが黒だったというね。  

 幻想なんですよ。 それを「確信」だの「師弟不二」とかいう言葉で自らを信じ込ませて、真実や事実を述べる言葉には、即!シャッターを降ろすだけでね。 聞こうとしない。  この姿そのものがマインドコントロールだっていうことにも気づこうとしない。  自分や周囲の環境を客観視できない人のことを、日本語では「子供」といいます。 世間では「独善」と呼びます。

 独善だから、どんな言動も自由自在です。  であるから

>口先で簡単に「面倒見る」「支え続ける」なんていうけど
本当にそういう覚悟あるの?
そもそも学会総体として会員さんの面倒なんてみてないじゃん。
創価の中にどれほど生活苦の人がいると思ってんの?
そんな人たちにお金とかあげてんの?
あげないよな。そりゃ。
あげるどころか、「経済苦のいまこそ財務を頑張るとき」
なんていって巻き上げてんじゃないの。
所詮、君達の「面倒を見る」ってのは
悩める会員さんを、学会活動すれば功徳があると
だまくらかしして活動家にする。って話じゃん。
 
 というコトにもたぶん気づかないのでしょうね。 私に言わせれば、
「創価はうるわしく、素晴らしい人間主義の世界!」なんて思ってる方々は、結局「エゴイスト」だと考えています。  たまさか「魔に守護されて」、功徳のようなものを得て、それでもって全部がそうだと信じて済ませてるんですね。   いったいぜんたい、全国で本当に功徳あふれる人生を
「送ってきた!」と言える会員がどんくらいいるんでしょうか。

 いたとしても、その人は「大御本尊様根本の人生」であったはずだから、今の創価についていくことは考えにくいと・・  私などは思うわけです。
  結局、根本はずしの創価の正体を見抜いてしまってるはずです。

 所詮「宗教エゴ」ですから、本気で同志の「面倒をみれる人」なんてそうはいないでしょう。 最後には「あの人の宿業ね。。」でシャッターを降ろします。

 そういう幹部なんていっぱい見てきましたよ。 これが私の真実です。

 全国にはそういう立派な会員さんがいる(はず)。。。とみんな言いますが、どこでも同じようなことを互いに言って安心してるというね。。(笑

 自分の地区にたくさん居てこそ、初めて今回の「きれいごと」が本当になるんです。 いますかね。。地区にそんな会員さんが。。  そんなことより「F」が大事!  セイキョウのPOINTが大事! 残ったお金はみなザイム!、、ってのが創価のカツドウカの三大秘法なんだものね。

 「凡夫と申すは こころざしという文字を心得て 仏になり候」ですからね!

 本当のこころざしなんて、戒壇の大御本尊様根本で生きていないと、持ちえないでしょうに。。  

 つくづく創価の茶番には付き合ってられません。

 
 

 

 

RAMBOさん

こんにちは。

>   遅くに書いてます。 少し忙しかったのと体調不良ね、。

大丈夫ですか?御自愛くださいね。

>  読んでて今更ですが、オセロゲームを連想しました。 ずっと白の陣営にいたものと思ってたら、ここに来て(直近では会則改悪)ぜーんぶが黒だったというね。

確かに。

>  というコトにもたぶん気づかないのでしょうね。 私に言わせれば、
> 「創価はうるわしく、素晴らしい人間主義の世界!」なんて思ってる方々は、結局「エゴイスト」だと考えています。  たまさか「魔に守護されて」、功徳のようなものを得て、それでもって全部がそうだと信じて済ませてるんですね。   いったいぜんたい、全国で本当に功徳あふれる人生を「送ってきた!」と言える会員がどんくらいいるんでしょうか。

功徳というのは文理が揃って始めて功徳と呼ぶんですけどね。

>  いたとしても、その人は「大御本尊様根本の人生」であったはずだから、今の創価についていくことは考えにくいと・・  私などは思うわけです。

同感です。

>  全国にはそういう立派な会員さんがいる(はず)。。。とみんな言いますが、どこでも同じようなことを互いに言って安心してるというね。。(笑
>  自分の地区にたくさん居てこそ、初めて今回の「きれいごと」が本当になるんです。 いますかね。。地区にそんな会員さんが。。  そんなことより「F」が大事!  セイキョウのPOINTが大事! 残ったお金はみなザイム!、、ってのが創価のカツドウカの三大秘法なんだものね。

いませんね。今は立派な幹部・活動家さんが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 言われましたよ

非公開さん。こんにちは。コメントありがとうございます。
ぜひまた、コメントくださいね。

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる