二人の婦人部さんのブログを読んで。

古本屋店主がご紹介してくれた
女性の書いているふたつのブログを読んでみた。
いままさに学会活動家の道を歩みだした方。
そして創価からの卒業をなし得た方のブログ。
見事なコントラストを描いているなぁ。
学会活動家への道に足を踏み入れた、はすこさん。
大人になってから学会活動の道に足を踏み入れる時ってのは
大抵の人が何か人生のイベントがあった時で、
病気とか倒産とかリストラとか通常はそういうマイナスからスタートするんだけど
意外に出産を機に創価活動家になるヤングミセスさんも多い。
始めての出産ともなると、近くに同じような友達がいればいいが
そうでないと意外と孤独感を感じる方が多いようだ。
そこで創価の組織の登場である。
創価の組織の中に居る事でその孤独から解放されるわけだね。
これは嫌味でいってるのだはなく
創価学会のいい所だ。
産後の女性だけでなく、一人暮らしの人や、友達少ない人やなど
寂しく、充実感なく日々を送っている人には
創価と言う所はうってつけの場所である事は間違いない。
多くの活動家さんがいうように、
自分が創価の活動家でいる限り、組織のみんなは優しくしてくれる。
これは事実である。
そして創価の活動家でいるためには
組織や幹部に逆らわない
これだけできればOKである。
上から言われた事は素直に聞く。それだけで創価の中に居続ける事ができる。
これは人によっては大きなメリットなのは間違いない。

ただしその分創価以外の場所に友達ができる事は無い。
そして創価以外の友達を捨てる覚悟も必要だ。
この「はすこ」さんも今は友達に創価の事をいえなっかた様だが
そのうちに言わなければならない時が来る。
それが信心。だの
それが相手を本当に思っている事になる。だの言われ
友人に選挙のお願いしたり、聖教新聞をお願いしたり
更には折伏とかする日が来るのだろう。
運よく(運悪く?)友人が自分と同じ創価活動家になってくれればいいのだが
そうならないときは非常に残酷ではあるが友情はもろくも崩れる。
それが創価に居続ける為の手段だから。
一人の友人を捨てて、多くの学会員のなかで
一生楽しく過ごすのも悪くはない。
今後はどうなるのだろうか?と多少思ってはいるが
創価の活動家になったらネットでブログもかけないだろう。
ネットなんかしていると、創価の知りたくない実体を知ってしまうから
幹部たちは「ネットに書いてある事はウソだから読まないようにね」
「いっそネットなんてやらない方がいいのよ」なんていうのだろうから
はすこさんがブログを綴り続けられるかも怪しい気がする。

さて、もう一つは創価を卒業した「にゃんこ丸」さん。
こちらは、創価活動家時代から創価を卒業するまでの心情がつづられていて
「そう。そう。」と思わず頷いたりしながら読んでいた。
こういうブログは長く続けて欲しいのだが
どうやら今日が最終回のようで、非常に残念だ。
とはいえ、彼女のブログは残るようだから
今後、創価卒業をしようとしている人達には大きな励みとなると思う。
ただひとつだけ残念に思う所がある。
それは、にゃんこ丸さんが創価卒業と同時に勤行・唱題も止めてしまった事だ。
彼女に限らず創価から離れると同時に信心そのものをヤメテしまう人は非常に多い。
それが個人的には残念でならない。
「創価の信心で功徳なんて出なかった」 
当然だ。仏力も法力もないのだから
「学会活動をやめても罰なんてでない」 
当然だ。学会活動なんて信心でも仏法でもないから。
「勤行・唱題をやめても大丈夫」 
当然だ。創価のインチキ勤行と「借文(しゃくもん)の題目なんてやるだけ時間の無駄。
「創価の本尊を処分しても罰は無い」 
当然。大御本尊を受持の対象にしない創価の本尊はただの掛け軸。燃えないゴミと変わらない。
創価の活動・修行・本尊なんて全て捨てても構わないし怖くない。
なぜなら創価は大聖人仏法ではないからだ
なので、創価を止めることと大聖人仏法をやめる事を同じに思って欲しくない。
創価をやめたからといって大聖人仏法まで止めて欲しくない
つくづくそう思う。
にゃんこ丸さんには、この先(何年先でも)気持ちが落ち着いたら
近所の日蓮正宗寺院を訪ね
今度は本物の大聖人仏法に巡り合い
本当の功徳溢れる信心をしてもらいと思うな。
創価の中であれだけ純粋に活動してきたのだから
正しい本尊(御本仏)に巡り合えば
きっと今よりさらにすばらしい人生が待っているんじゃないかって思ったね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうですね
信心やめるなんてもったいない♪
僕が正宗に戻った時、住職さんに言われたのは「よかったね、今日から大御本尊のとこにいつでも行けるよ。いっぱい功徳もらいなさい」でした

実感として創価の功徳らしきものと、大御本尊の功徳は本質が全く別次元です。
しっかり自分の進むべき道を指し示してもらえます。全く無駄がありません。

元創価班さん

こんにちは。

> そうですね
> 信心やめるなんてもったいない♪

そこなんですよね。創価のダメな所は。
創価がダメなのに会員さんは大聖人の仏法がダメだと思ってまう。
で、創価から離れると同時に大聖人仏法からも離れてしまう。
創価は折伏しても謗法。
創価からの退転者をだしても謗法。
もちろん活動しても謗法。
最早何をしても謗法団体なんですね。

お手並み拝見

おふたりのブログ、だいたい内容の想像がついたりするので読んだことなかったのですが、〝はすこさん〟のお子さんおいくつなのかしらと思って、いくつかの記事を拾い読みさせていただきました。

まだほやほやの赤ちゃんなんですね。
まめに更新なさっているご様子と初々しい文面から、真面目でお可愛らしい性格がうかがえました。
発心してからご主人との喧嘩がまったくなくなったとのこと、良かったですね。
どちらかがうわの空だと喧嘩にもならない、なんてこともありますが、大丈夫ですよね?
夫婦が末永く円満に暮らしていくのに「仲直りの仕方を知っている」というのはとても大事だと思っています。


さて、
彼女の地元の幹部の皆さまにおかれましては、人材枯渇の候、この度は幹部候補の大人材の爆誕、さぞかしお喜びのこととお祝い申し上げます。
悩んで祈って来られた功徳ですね。
もうお祭り状態ではないでしょうか。
分かります分かります。婦人部長懇談などでブイブイ言わせておられることでしょう。

まずはヤングミセスの間に組織から離れないように、ヤング責任者になって部員さんを待っていただきましょう。
書類や家庭訪問、会合の企画と用事は多いですがラインの役職に比べたら遊びみたいなものですものね?
赤ちゃんがいたって、そんなの知ったこっちゃありません。仏道修行ですから甘やかしてはいけません。
「私たちがヤングの時は」と大昔の嘘かホントかわからないとびきりディープな苦労話を聞かせておやりなさい。
くれぐれも飴と鞭を上手にお使いになってくださいね。
逃げられては元も子もありません。
たまにお子さんの子守をしてさし上げるのが一番良いでしょう。
新米ママにはこれほどありがたいことはありませんから。

そうですそうです、当分の間ベテランの活動家にぴったり貼り付いていただかないと。
今でもラインには公表しない『人材育成責任者』のご指名をなさってますよね?
万が一彼女がぐずぐず言いだした時に、この人には逆らえないという恩人の存在が必要ですものね。
真面目な人にとって「◯◯さんにお世話になったじゃない」というのはなかなかの殺し文句ですから。
ほんとによく出来たシステム、さすがです。

グループ長はヤングミセスでもできますから、早速任命して地元の有象無象メンバーのカオスに放り込んで免疫もつけないといけません。
ヤングミセス卒業と同時に白ゆり長任命ですからね。地区副も兼任で。待ちきれませんね。
ああでも、それまでに折伏をしてもらわないと。彼女の人脈をほじくり返して引きずり回して総当たりして、しまいにはもうどこの誰でも構うものか、となって一世帯くらいは出来ますよ。
彼女に友達がひとりもいなくなったって、彼女が地域から孤立したって、それは彼女の宿業ですから。
それに同志がいますもの同志が。
彼女の人の良さに上手くつけこんで将来は同志の介護をなすりつけるのもアリですよね。
ありがたいことです。
人材とはこうでなくちゃ。


さあ、〝はすこさん〟が将来幹部になるのか、ボロボロになって退転するのか、
一か八かの大バクチですよ。

お手並み拝見です。

No title

牡丹さん、傑作です。 思わず笑いました。  いつか 壮年部残酷物語もお願いしますね。  女子部、男子部編もいいかな。。(^^)

 あるあるソウカのお笑い編ね。Σ

RAMBOさん

聞くも涙語るも涙の
『婦人部人材育成ブルース』
気に入っていただけて幸いです。

私には婦人部目線でしか書けそうもないので、違うバージョンはほかの方にお任せしますね。

牡丹さん

こんばんは。

いつも楽しいコメントありがとうございます。
牡丹さんのコメントをいつもニヤニヤしながら読んでます(笑)
はすこさん、願わくば引き返して欲しいですが
組織にロックオンされてしまった今、難しそうです。
最初は、
「無理することないのよ」とか
「会合に出るだけだも偉いわぁ」と言ってくれんですけどね。
徐々に無理難題を振ってきて、
「全て信心で捉えるのよ」なんて指導されて
やがて立派な婦人部幹部になるのでしょうか?
心配ですね。
はすこさんもですが
お子さんの学会4世ちゃんが
可愛そうです

はじめまして

どうも。ご親切な方からご丁寧にご紹介いただきましたので、コメントさせていただきます。

相承の証拠も出せぬニセ前法主阿部日顕より受け継いだ現猊下のもと、一向に進まぬ折伏ご苦労様でございますm(_ _)m

卑劣にも大御本尊さまを人質に取り、宗門を厳護してきた創価学会・池田先生に難癖をつけ、衣の権威で学会員をいじめぬいた僧侶がた、御書に書かれている通りの破和合僧、赤誠のご供養の賜物である正本堂の破壊、決して忘れておりません。

牡丹様へ 妄想甚だしいですね。小説家になれますよ。あなた様のいやらしく醜い命が現れていて、良い反面教師とさせていただきます。私も、気をつけなければなりませんね。そういう汚らしい命を冥伏させるのがご本尊様への唱題ですのに、宗門のご本尊様には力がありませんね。信心のない偽物だからなのだなと、よく納得させていただきました。ありがとうございますm(_ _)m

ここにいらっしゃるみなさん、お友達もできない非魅力的な方々ばかりのようですけど、本当の友人であるならば、学会員かそうでないかなど関係なく付き合いが続くものですよ。何百人もね。

それでは、私も15年来の友人に折伏を実らせることをわが家のご本尊様にお誓い申し上げ、筆を置かせていただきます。

気が向いたらまた遊びに来ますね♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

無題

可哀想な婦人部さん(白ゆりさん)が書いておられますね。

 何も知らない、部分しか見ていない、伝聞プラス希望的妄想、正本堂のご供養が、全部、その建築費用に使われたのではないこと(流用)、そしてご供養指導の著しい変節、 創価の不実はそれこそいくらでもいくらでもありますよ。公明党の腐敗もそう。

 そんなことも知らずに、表層の創価組織ばかりみて、それで
正しいんだと信じてらっしゃって、つくづくMCの怖さ、そしてすごさを感じました。  それにしても、我々は法華講員だと決めつけておられますね。

 なんとまあ単純な「善と悪」の図式。 人生ってね、ものすごく複雑系なんですよ。
 入力=出力ではないんですよ。  もっと複眼でものごとを見ましょうね。   なにより、 そう、なによりも、弘安二年の大御本尊を信受しない、、と、ついに本性をむき出しにして、新聞発表だけで、全国的な会合展開でその説明すらしなかった創価本部執行部でしたが、その一点になんら言及がないのが、
心底不可解でした。  一体全体、あなたの本尊観ってなんだったのでしょうか。  こういう意識構造が私にはほんとに不思議で仕方がない。

恐ろしいことですね。。 どっと疲れを覚えました。v-12 □
 

RAMBO様へ

 即レスありがとうございますm(_ _)m

しかしながら、わたくしの名前は「白ゆり」ではなく、「白ユリ」です。細かいことで申し訳ありませんが、名前を間違えられるのはあまり気持ちのいいものではありませんね。RAMBO様が、私のことを軽んじておられる証拠ですものね。人間として、それってどうなのでしょうか。

>何も知らない、部分しか見ていない、伝聞プラス希望的妄想、正本堂のご供養が、全部、その建築費用に使われたのではないこと(流用)、そしてご供養指導の著しい変節、 創価の不実はそれこそいくらでもいくらでもありますよ。公明党の腐敗もそう。
 
 とおっしゃっておりますが、それはわたくしの言及したことへのお答えとはなりません。失礼ながら、私の申し上げた点からしますと枝葉末節にあたります。

 私が入信当初、宗門のお寺の坊主からいやな目にあわされたことしか聞きませんでしたね。ええ、伝聞です。実際に体験した方々からのね。あの阪神・淡路大震災でも、日蓮正宗の寺は門扉を固く閉ざし被災者を受け入れませんでした。創価学会の会館は即座に受け入れ、避難生活の拠点となりましたのにね。全国から次々支援物資も届けられましたし。

 正本堂のご供養が実際何に使われたか以上に、まだまだ使える正本堂を壊したことの方が衝撃ですね。

 創価の変節は、宗門の変節あればこそです。そこをお忘れなきよう。

それよりも、宗門隆盛の最大の功労者である創価学会会長、池田大作先生に対する数々の圧力をかける言動、および話し合い拒否のC作戦、「おたずね」文書での破門、まるでルターにたいするカソリックのような振る舞い。創価学会は宗門から離れて本当によかったです。

 RAMBO様が法華講でないのはわかりましたが、なかには宗門につかれた方もいらっしゃるようですね。そういう方が、学会にたいして不信を持つ方々を囲んで、取り込みを図っているのです。あなた方は、まんまとその策に乗せられているわけです。

 それより、「友達がいないのは、学会員だからではなくあなたご自身に人間的魅力が乏しいからだ」というわたくしの指摘には反論なさらないので?

 それと、わたくしがかわいそうかどうかご心配いただいているようですが、ありがとうございます。わたしはたいへん幸せですよ。わたしのブログをお読みいただければおわかりいただけるかと思いますが。

 私の本尊観ですか?下記のとおりです。

日女御前御返事

 建治三年八月 五十六歳御作 御本尊供養の御為に鵞目五貫・白米一駄・菓子其の数送り給び候い畢んぬ、抑此の御本尊は在世五十年の中には八年・八年の間にも涌出品より属累品まで八品に顕れ給うなり、さて滅後には正法・像法・末法の中には正像二千年には・いまだ本門の本尊と申す名だにもなし、何に況や顕れ給はんをや又顕すべき人なし、天台妙楽伝教等は内には鑒み給へども故こそあるらめ言には出だし給はず、彼の顔淵が聞きし事・意にはさとるといへども言に顕していはざるが如し、然るに仏滅後二千年過ぎて末法の始の五百年に出現せさせ給ふべき由経文赫赫たり明明たり・天台妙楽等の解釈分明なり。
爰に日蓮いかなる不思議にてや候らん竜樹天親等・天台妙楽等だにも顕し給はざる大曼荼羅を・末法二百余年の比はじめて法華弘通のはたじるしとして顕し奉るなり、是全く日蓮が自作にあらず多宝塔中の大牟尼世尊分身の諸仏すりかたぎたる本尊なり、されば首題の五字は中央にかかり・四大天王は宝塔の四方に坐し・釈迦・多宝・本化の四菩薩肩を並べ普賢・文殊等・舎利弗・目連等坐を屈し・日天・月天・第六天の魔王・竜王・阿修羅・其の外不動・愛染は南北の二方に陣を取り・悪逆の達多・愚癡の竜女一座をはり・三千世界の人の寿命を奪ふ悪鬼たる鬼子母神・十羅刹女等・加之日本国の守護神たる天照太神・八幡大菩薩・天神七代・地神五代の神神・総じて大小の神祇等・体の神つらなる・其の余の用の神豈もるべきや、宝塔品に云く「諸の大衆を接して皆虚空に在り」云云、此等の仏菩薩・大聖等・総じて序品列坐の二界八番の雑衆等一人ももれず、此の御本尊の中に住し給い妙法五字の光明にてらされて本有の尊形となる是を本尊とは申すなり。経に云く「諸法実相」是なり、妙楽云く「実相は必ず諸法・諸法は必ず十如乃至十界は必ず身土」云云、又云く「実相の深理本有の妙法蓮華経」等と云云、伝教大師云く「一念三千即自受用身・自受用身とは出尊形の仏」文、此の故に未曾有の大曼荼羅とは名付け奉るなり、仏滅後・二千二百二十余年には此の御本尊いまだ出現し給はずと云う事なり。
かかる御本尊を供養し奉り給ふ女人・現在には幸をまねぎ後生には此の御本尊左右前後に立ちそひて闇に燈の如く険難の処に強力を得たるが如く・彼こへまはり此へより・日女御前をかこみ・まほり給うべきなり、相構え相構えてとわりを我が家へよせたくもなき様に謗法の者をせかせ給うべし、悪知識を捨てて善友に親近せよとは是なり。
此の御本尊全く余所に求る事なかれ・只我れ等衆生の法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり、是を九識心王真如の都とは申すなり、十界具足とは十界一界もかけず一界にあるなり、之に依つて曼陀羅とは申すなり、曼陀羅と云うは天竺の名なり此には輪円具足とも功徳聚とも名くるなり、此の御本尊も只信心の二字にをさまれり以信得入とは是なり

 ですが。あ、反論は御書を用いてお願いいたします。

それでは、ごきげんよう。

働く主婦ですので、たまにしか来られないかもしれませんが、みなさま秋も深まってまいりましたので、ご自愛くださいませ。

白ゆりさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 相承の証拠も出せぬニセ前法主阿部日顕より受け継いだ現猊下のもと、一向に進まぬ折伏ご苦労様でございますm(_ _)m

もう創価と正宗は無関係なんですよね?
だったらニセ法主なんていう必要ないのでは?
ニセも何もないでしょ?実際に日連正宗が法主としたのだから本物じゃないですか(笑)

> 卑劣にも大御本尊さまを人質に取り、宗門を厳護してきた創価学会・池田先生に難癖をつけ、衣の権威で学会員をいじめぬいた僧侶がた、御書に書かれている通りの破和合僧、赤誠のご供養の賜物である正本堂の破壊、決して忘れておりません。

前にも書きました、仮に破和合僧であっても、「破和合僧」というのは五逆罪であって謗法じゃありまんよ。基礎教学ですよ。
寧ろ、大御本尊も「三大秘法の本門の本尊」といいながら、その本門の本尊を受持しない。という創価の今の教義を謗法というのではないですか?違いますか?

> 牡丹様へ 妄想甚だしいですね。小説家になれますよ。あなた様のいやらしく醜い命が現れていて、良い反面教師とさせていただきます。私も、気をつけなければなりませんね。そういう汚らしい命を冥伏させるのがご本尊様への唱題ですのに、宗門のご本尊様には力がありませんね。信心のない偽物だからなのだなと、よく納得させていただきました。

おかしいですね。宗門の本尊も本門本尊っていってますよね。本門本尊なのに力がないというのは自語相違じゃないですか?
そして、宗門の本尊に力がないのなら、その宗門の本尊を宗門の法主が書写した本尊になぜ力があるんでしょうか?感情的にコメントくださるのは結構ですが、「本尊」のことを言うのならちゃんと文証・理証で説明してくれませんか?できないのなら「本尊義」を軽々と語るのはおやめになった方がいいですよ。

> ここにいらっしゃるみなさん、お友達もできない非魅力的な方々ばかりのようですけど、本当の友人であるならば、学会員かそうでないかなど関係なく付き合いが続くものですよ。何百人もね。

あ~あ、ここにコメントしてくる創価活動家さんってどうしてこういう物言いしかできなのでしょう。
なんでしょう、キャパが小さいというかなんというか・・・
あなたは、ここにコメントしてくる方がたの何を知っているのですか?
このような発言が創価を貶めていることに気がづかないのですか?
このような発言をする方と15年も友達でいられる方も同じようなかたのでしょうか?
だとしたら折伏は実りそうですね(笑)

> 気が向いたらまた遊びに来ますね♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

はい。いつでも遊びに来てください

すごいのが来たな…(--;)
長文のコピペが狂気を感じる…。

大御本尊捨てておいて正本堂もにせ法主もないんじゃねーの。
以前管理人さんが言われてたとうり、それ言っちゃった時点でゲームオーバーだよ。
本尊がどうのとか語れるレベルじゃないよ、創価学会は…(--;)

(なんかこういう言い合いを見て楽しんでるやつとかおんのか?最低やな!)

新しいお客様へ

あらあら、大変な剣幕ですね。
お題目が上がってらっしゃる方はさすがに生命力が違います。素晴らしいです。

はい。
ご高説しかと承りましたよ。

万が一お名前を間違えたりしたら失礼ですから、新しいお客様とお呼びしますね。
ほんとは、もっともっと素敵な呼び方も浮かんでおりますけど、それは控えさせていただきます。
え?、RAMBOさん、お知りになりたい?
いけませんよ。
新しいお客様がいらしてるのに、そんなお行儀の悪いことはいたしませんよ。

そうそう、元気一杯なのは大変結構ですが、よそのブログへお越しになってお話なさりたいのでしたら
「これこれこういうものです。
よろしくお願いします。」
くらいは仰ったほうが、いいと思いますよ。

管理人さんもいつでもどうぞと歓迎なさってますので、これからもその調子で頑張ってくださいね。

でも私は管理人さん達とお話したいだけで貴女とお話するつもりは毛頭ございませんので、その点はよろしくお願いしますね。
貴女とお話したい時は、こちらから参ります。
せっかく気に留めて名指しで過分なお褒めの言葉まで頂戴しましたのに、ご無礼お許しくださいね。

否創価活動家(管理人)様へ

感情的に読み飛ばしてらっしゃるのは管理人様の方ですね。再度申し上げますが、私の名前は「白ゆり」ではございません。「白ユリ」です。あなた方からしたら些細なことかもしれませんが、本人としてはなんとも言えない残念な気持ちになります。もしかして、それが狙いでしょうか?

〉もう創価と正宗は無関係なんですよね?
だったらニセ法主なんていう必要ないのでは?
ニセも何もないでしょ?実際に日連正宗が法主としたのだから本物じゃないですか(笑)

↑なんですか、この屁理屈?こんなのがまかり通るんでしょうか。
関係なかったら相承のあるなしを問うてはいけないのでしょうか?相承がなければ前法主は猊座を盗み取った人ということになります。そこ、関係なかったら触れてはいけないのでしょうか?日本は民主主義なので、言論の自由がありますよね?「関係ないなら触れてはいけない」、というのはどの法律に書かれておりますでしょうか?根拠をお示しいただきたい。

また、日蓮正宗の漢字を間違えていらっしゃるようですが、日本史にも出てくる宗祖大聖人のお名前をお間違えになる管理人様に、宗門や創価学会の何を語る資格があるのでしょうか?ご教示願います。

五逆罪、了解しました。失念しておりました。確かに謗法の罪の方が重いですね。

しかし、大聖人は文証と理証は「現証に過ぎず」と仰せです。ですので、日寛上人のご本尊様で功徳がバンバン出ている今、大御本尊様を人質に取り衣の権威で池田先生はじめ学会員を見下す宗門とは訣別し、日蓮大聖人の御精神を全世界へ広めるのみです。すなわち、大御本尊様への信心を保ったまま、胸中の肉団にある仏性を日寛上人のご本尊様を通して境地冥合させるべく祈りきり、1人の人の幸福のため行動しぬいてまいる決意です。管理人様や皆様方は、偶像崇拝でしょうか?大御本尊さまは仏像ではございません。創価学会の公式見解を引用するのはまた次回にいたしたく存じます。

最後に、さきの私の友人は、私とは真逆の女の子ですよ。それに、友人は彼女1人だけではございませんので。何百人もおりますのでね。学会の内外問わず、苦楽を共にした大切な仲間が。

それでは、おやすみなさいませ。



またまた活動家の方が破折しようと乗り込んできましたね(笑)
この白ユリさんが出してる日女御前御返事は大御本尊の説明をされている御書ではなかったでしょうか?
小樽法論の時の身延講師と同じような言葉に笑ってしまいました。
弘安二年の戒壇の大御本尊は受持の対象とはいたしませーーんと言い放った原田会長の言葉をどう思っているんでしょうかね。

ニセ法主論もアホらしいですね。
戸田先生が猊座のことに口を出す者は幹部だろうと除名にするとご指導されていたことを忘れたのでしょうか。
そもそも、戸田先生のご指導と全く違うことをやっている現在の池田先生含め創価は師敵対そのものだと思いますけどね。
創価が昔から画策していた宗門乗っ取りのことも知らないんでしょうね。
北条文書、八尋文書知らないんでしょうね。日達上人のときから宗門乗っ取りを画策して、勝手に本尊を模刻したり、入仏式したりしてきたのが創価で、身勝手な行為が積み重なって破門されたのは当然だと思いますけどね。
正本堂だって宗門の物だからどうしようと勝手ではないんでしょうか?(笑)
それなら宗門から頂いた大誓堂に安置されている勝手に模刻した本尊のうち日達上人に許された日昇上人書写の本尊含め他の本尊を返却したらいいではないんでしょうかね。
前から言われていることですが、大御本尊を信仰の対象から捨てた時点で、日興門流から身延に落ちていく典型的な感じに納得できるものでした。

こんばんは!自分のことが書かれていて一瞬どきっとしました💦
はらはらしながら読んでいましたが、悪口ではなくてよかったです😅日蓮正宗の方なんですね。ご自身の信仰に自信をもたれていて素敵だと思いました。
何かと、敵対している創価学会と日蓮正宗ですが、私は私で、自分の人生を持って実証を示して行けるようにがんばっていきたいです。
もう一つのブログの方は、私も拝見しましたが、とても悲しいですね😭
その人が幸せなら、宗教なんて、なんでもいいじゃないかと、思ってしまう自分がいるので、私は幹部にはなれそうにないですね😅笑

問わず語りに

とてもテリブルなコメント連でした。

 白ユリさん、名前を間違えたのはごめんなさい。 これは枝葉末節ではなかったということで。。

 前にも書きましたが、数々の経験則から、女性とは論はしないという信条にもかかわらず、思わず巻き込まれそうになってしまいました。

 危ないところでした。 長い御書の引用をありがとうございました。

 ますます「大御本尊様」への尊崇の念を深くしました。

 同時に白ユリさんの

 当該御書の文を読み、「なんだ、ちゃんと分ってらっしゃるな 同じだな」、、ということと、 もう一つ、「卑劣にも大御本尊さまを人質に取り、」の一文をもってして、貴女さまも「それ(大御本尊様)をお忘れではない」ということが分かりました。  良かったと思いました。 

 私もトシですが、まだ仕事中です。 そのさなかにこれを書いております。  昨夜も組織から離れてどんどん増えてきた、老若男女の友人のお一人(48歳男性)から相談事を受け、仕事やある団体運営上のお悩みについて、夜中三時まで話し合っておりました。  「全部、吐き出しましたよ」と言ってくれて一安心もしました。  語るのも大事ですがそれ以上に、「聞く」ことが本当に大切だと、組織から離れてから、更に強く自覚できたからです。

 私は学会員さんの「人そのもの」まで否定してはいません。 昔から「内部・外部」という区分け(表現)が好きでなかったし、在任中もそういう言い方はしてきませんでした。   だからかどうか、今も、現役の会員さんが昼間、仕事中にも よくおいでになるのですが、お相手をしております。 大言壮語をする年でもありません。 むしろ年齢とともに、いかに自分がちいさな存在か、ということに気が付いてきたようで、この点も組織離脱中の功徳だと感じます。

 私自身は、どちらかといえば、「摂受」の立場だと感じています。 したがって、これは「反論」ではありません。  御承知置き下さいませ。

 以上、貴女様の問いには答えていない話ですので、貴女様にすれば「枝葉末節」なのでしょうが、出来得れば行間を読んで下されば幸甚です。

 それと、どうしてここの管理人様が「文証」を主軸にして、書いて来られたかを、また、今回深く知ることになりました。

 ああだこうだの水掛け論の不毛を知り尽くしてこられたのだと。

 意見立場の違いはあれ、「人」そのものには慈悲でもって接していくべきなのに、要らぬ感情を出してしまい、人間性そのものまで否定してしまう愚も呼んでしまうものですね。  以上、RAMBO反省の回を終わります。

 

 

 

 

白ユリさんへ

白ユリさ~~ん!
まったくもうf^^;

ここでは僕ぐらいしかこういうことは言わない状況だから僕が言うけど、池田先生ってこういう「外交」でもって世界へ飛び回ったわけじゃないでしょ?f^^;

こんなやりとりなんて学会を嫌ってもらうための行為でしかないでしょ?

この状態って『体曲がれば影ななめなり』そのままでしょうまったくもうf^^;

河合師範の指導じゃないけど『誰でも彼でも折伏する必要はない。誰でも彼でも味方にするのはかまわない』が大切だと思うよ。

白ユリさん自身が喧嘩を売ってきてるようにしか映らないと思うよf^^;
なんでそうなったの?

それは結局のところ、白ユリさんが喧嘩を売ることになってるのは、学会がおかしいから、となってしまうんじゃないかな。

【逆】が大切なんですよ。
学会の信用があってもなくとも、それに左右されないよう、まず自分自身の『人間』として信頼を勝ち取るのが大切、河合師範の本意はそこにあるだろうね。
だからこそ、池田先生は「文化」の違う外国にも広げることができたのだろうからね。

それに、池田先生は、相手がわざわざ「学会に入りましょうか」というのを断ったことがあるんよ。
元大統領のゴルビーさんね。
「いえ、理解者でいてください」という返事をしたそうな。

この場合、学会の理解者というより、池田先生の理解者でいてください、ということになろうから。

それと、ひとつ気になってるけど。
河合師範がしきりに「一念」を言ってるけどね。
今回のコメントって管理人さんのことを『祈って』の文面?

違うよね?

通じないのはそのせいですよ?f^^;

こうしてコメントしたのは、管理人さんや閲覧者さんのため?
それとも自分で納得するため?

このどっちの「一念」で『祈って』いるかで結果の出かたは変わるよ?

講義の該当部分

白ユリさんへ。
河合師範の講義の該当部分です。

▼▼▼▼▼▼
私たちはいろいろな活動をしている。みんなを味方にする運動。みんなを折伏する運動ではない。

みんなに学会・仏法を理解させていく運動。誰でも彼でも折伏する必要はない。誰でも彼でも味方にするのは構わない。
ここを間違えないこと。今悩みがない人・悩みがあっても悩んでない人を折伏すると嫌われる。結構そういう人を押し込んで折伏して嫌われていませんか?

友達を無くしている。健康な人に薬を飲めと勧めても嫌われる。「いい薬があるから、病気になったら飲みなさい。」と教えておくのは構わない。そこで止めておけぱよい。そこを押し込んでいる。悩んでいる人・不幸な人がいたら救ってあげること。

それは相手を救ってあげるためであり、成果のためではない。折伏は簡単。ただ1つのコツは、「不幸な人を救わせて下さい」と祈ること。そういう人がいれば、その人のことを祈ること。いなくても祈ればチャンスは来る。

法華経の法師品に「素直に法を聞かせにやるよ」と2ヶ所も書いてある。これが方程式。 強く祈れば必ずそういう人にぶつかる。折伏は簡単です。誰でもできる。成果のためにやらないこと。

成果はこっちの都合。相手のためにやること。「不幸な人を救って功徳を受けさせて下さい」と祈ること。
不幸な人を救うから功徳がある。宿命転換できる。福運がつく。成果をあげるからではない。

苦し紛れの分世帯では功徳はない。功徳がないのでつまらない。後には不信が残る。今から祈れぱ秋には間に合う。
折伏には方法がない。これは戸田先生の指導。「折伏には方法はないよ!祈ることだよ!」と言われている。
成果ではなく、「不幸な人を救おう!」と祈ること。

必ずできる。不幸な人がいたら仏法の説明をしないこと。
▲▲▲▲▲▲

それとね。
日本では考えられないことだけど、外国では、その国で元々普及してる宗教と一緒に日蓮仏法も一緒に信仰してるところもあるようですよ?

白ユリさんと管理人さんとでは、明らかに経緯や状況が違うのだから、相手を理解しないことには、話の通じようがないでしょ。
だからって喧嘩腰に「強要」するのは、それは【義務】として相手に押し付けてるだけで、それは河合さんがハッキリ言ってるけど【功徳はない】とね。
さらにいうと、【功徳のない信仰は間違った信仰】とまで言い切ってるから。

学会の草創期には、会員全体的には教学理解はそんなになかったろうに、それでも爆発的に増えたのはなんだと思う?
言ってる言葉の内容以前に【真心】がそれぞれあったからだと思うよ?

白ユリさんの文面を読んでいると、申し訳ないけど、むしろ「本尊不信」でコメントしてるようにしか感じられないんですよ。
「人間不信」でもなければこんな言い様にならないものf--;
「人間不信」が「本尊不信」と直結してしまってる例は普通にあることだから。

いずれにせよ、まずは御本尊に「祈る」のが大切と思うよ。

最後に河合さんの講義から。
白ユリさん、少なくともブログを始めた時には信心してたのだろうけど、一向に「成長の跡」が見られないから心配してたところなんよ。
ブログ記事はいいものを書くのに、こういうやりとりでは、「良い面」がみんな消えてしまってるものf--;


【婦人部が祈っているのは成果だけ。変わろうと思っていない。
だから、功徳が出ないから行き詰まってしまう。変わろうと決めて、祈って動けば結果がでる。信心は簡単です。 】

【自分が決意して祈るのは良いが、みんなを縛っちゃいけない。これは先生の指導。リレー唱題会も割り当てでやっていますが、あの功徳はどこへ行くんでしょうか?また、100万遍あげて落ち込んでる人が婦人部にはよくいます。

信仰とは祈ること。頑張るための信仰をしてはいけない。婦人部は頑張っています。立派です。でも全然変わっていない。これからは「頑張ります!」と言ってやるのはやめましょう。

「頑張ります!」「頑張りましよう!」「でも変わりません!」
だから、信仰は頑張るためにやるのではない。

変わるためにやるもの。何が変わるのか?生活が変わり、生命が変わり、環境が変わる。変わるための信仰。
頑張ってれば変わるのではない。変わるために頑張るべきなんです。「頑張ります!」ではつまらない。

「変わりましょう!」「変わります!」「変わりました!」
これを『信心の三段活用』と言う。こう言っても、皆さんは帰りに「頑張ります!」と言って帰るでしょう。なかなか身についた習性は抜けない。

信仰というのは、行動の因果ではない。ただ頑張ればいいのではなく、一念の因果、どういう一念で頑張るか、その一念に功徳がある。頑張っても結果のでないのは一念が間違っているから。行為は正しい。
一念が間違っていれば空回りになったり、功徳がなかったり、マイナスになることもあり得る。 】

今回のことはこの部分が適切と感じるので最後に。

元創価班さん

こんにちは。

> すごいのが来たな…(--;)
> 長文のコピペが狂気を感じる…。

ははは(笑)後半の数行で事足りたと思うのですが。

> 大御本尊捨てておいて正本堂もにせ法主もないんじゃねーの。

自分達から、宗門と関係ない団体である。と宣言したのにね。
いつまで、未練がましく正本堂だのニセ法主だの言い続けるのでしょうね。
全然、独立感がありませんね。

現役男子部さん

こんにちは。

> またまた活動家の方が破折しようと乗り込んできましたね(笑)

いいじゃないですか。勇気があって。
創価活動家ならばこうでなければいけません。(笑)
遠~くの方でグズグズ言ってるよりも潔いじゃないですか。

> 創価が昔から画策していた宗門乗っ取りのことも知らないんでしょうね。
> 北条文書、八尋文書知らないんでしょうね。日達上人のときから宗門乗っ取りを画策して、勝手に本尊を模刻したり、入仏式したりしてきたのが創価で、身勝手な行為が積み重なって破門されたのは当然だと思いますけどね。
> 正本堂だって宗門の物だからどうしようと勝手ではないんでしょうか?(笑)
> それなら宗門から頂いた大誓堂に安置されている勝手に模刻した本尊のうち日達上人に許された日昇上人書写の本尊含め他の本尊を返却したらいいではないんでしょうかね。

その通りですね。
供養した正本堂を解体したのが悪いのなら
創価の外護にたいして創価に下付された正宗の御本尊を全て返却してから。
それがスジですね。

> 前から言われていることですが、大御本尊を信仰の対象から捨てた時点で、日興門流から身延に落ちていく典型的な感じに納得できるものでした。

完全に身延化に向かっていますね。

白ユリさん

こんにちは。

> 感情的に読み飛ばしてらっしゃるのは管理人様の方ですね。再度申し上げますが、私の名前は「白ゆり」ではございません。「白ユリ」です。あなた方からしたら些細なことかもしれませんが、本人としてはなんとも言えない残念な気持ちになります。もしかして、それが狙いでしょうか?

それは失礼しました。お詫びいたします。

> 〉もう創価と正宗は無関係なんですよね?
> だったらニセ法主なんていう必要ないのでは?
> ニセも何もないでしょ?実際に日連正宗が法主としたのだから本物じゃないですか(笑)
> ↑なんですか、この屁理屈?こんなのがまかり通るんでしょうか。
> 関係なかったら相承のあるなしを問うてはいけないのでしょうか?相承がなければ前法主は猊座を盗み取った人ということになります。そこ、関係なかったら触れてはいけないのでしょうか?日本は民主主義なので、言論の自由がありますよね?「関係ないなら触れてはいけない」、というのはどの法律に書かれておりますでしょうか?根拠をお示しいただきたい。

白ユリさんは未来部じゃないですよね?もし法律の事を言うならば、日蓮正宗を訴訟して法律で「ニセ法主」であることをまずは証明してくださいよ。言論は自由ですが自由には責任も伴う事を忘れないでくださいね。

> また、日蓮正宗の漢字を間違えていらっしゃるようですが、日本史にも出てくる宗祖大聖人のお名前をお間違えになる管理人様に、宗門や創価学会の何を語る資格があるのでしょうか?ご教示願います。

変換ミスの上げ足とりですか(笑)
それ位しかできませんか?(笑)
創価活動家さんらしいですね。
あと、自分は名前を書き間違えられたことに立腹されているようですが、
【 あなた様のいやらしく醜い命が現れていて】
【ここにいらっしゃるみなさん、お友達もできない非魅力的な方々ばかりのようですけど】
とのご自身の発言については謝罪はないのですか?
まぁ、「ごめんなさい」が言えないのも創価活動家さんの特徴ですが(笑)

> しかし、大聖人は文証と理証は「現証に過ぎず」と仰せです。ですので、日寛上人のご本尊様で功徳がバンバン出ている今

またまた、そういう切り文をする(笑)大聖人の言われている現証とは文理があっての上での現証ですよ。
文理のない現証は「魔の通力」であって「功徳」ではありません。

◆但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず(唱法華題目抄)
◆先ず通力ある者を信ぜば外道天魔を信ずべきか(題目弥陀名号勝劣事)

>日蓮大聖人の御精神を全世界へ広めるのみです。すなわち、大御本尊様への信心を保ったまま、胸中の肉団にある仏性を日寛上人のご本尊様を通して境地冥合させるべく祈りきり、1人の人の幸福のため行動しぬいてまいる決意です。

あれれ?前回のコメントでアナタは
【宗門のご本尊様には力がありませんね】
と言ってじゃないですか。
大御本尊は「宗門の御本尊」ですよ。
ご自身で「力が無い本尊」といっている大御本尊にどうして「信心を保って」いるのです?
それに「大聖人の御精神」って具体的になんですか?
まぁ、前回の私の御本尊に対する質問もスルーしたようなので
今回もお答えいただけないとは思いますが(それも創価活動家さんの特徴です)
一応、お伺いさせていただきました。

>管理人様や皆様方は、偶像崇拝でしょうか?

大御本尊を「偶像」などと言ってしまうあたりが、創価活動家さんらしくていいですよ(笑)

>大御本尊さまは仏像ではございません。

「単なるモノ」でしたたっけ?
池田センセがそう言ってましたよね(笑)

>創価学会の公式見解を引用するのはまた次回にいたしたく存じます。

はい。楽しみにお待ちしています。

> 最後に、さきの私の友人は、私とは真逆の女の子ですよ。それに、友人は彼女1人だけではございませんので。何百人もおりますのでね。学会の内外問わず、苦楽を共にした大切な仲間が。

そうですか。
そうそう、尾木ママがテレビで言っていましたが、
コチラが友人と思っている人の半分以上が、コチラのことを友人と思っていないようですよ。
でも、何百人もご友人がいるのは素晴らしいですね。
となると、既に個人折伏100世帯位はいてるんですね。
それは素晴らしいですね。

はすこさん

こんにちは。初めまして。コメントありがとうございます。

> こんばんは!自分のことが書かれていて一瞬どきっとしました💦
> はらはらしながら読んでいましたが、悪口ではなくてよかったです😅

悪口なんて書きませんよ(笑)
牡丹さん同様、とてもピュアなお嬢さんだなと思っています。
そうでなければ、はすこさんのブログを読んだり、感想書いたりしません。

>日蓮正宗の方なんですね。ご自身の信仰に自信をもたれていて素敵だと思いました。

いえ、ブログタイトルに書いたように、私は今のところまだ「創価学会員」です。
(まぁ、そのうち処分されるようですが)

> 何かと、敵対している創価学会と日蓮正宗ですが、私は私で、自分の人生を持って実証を示して行けるようにがんばっていきたいです。

そですね。実証なんて難し考えないで、「幸せになる」でいいかと思います。

私は、創価学会や学会員さんの全てを否定してるわけではありません。
地域コミュニティーとしてなら存在価値はあるし、学会員さんも良い人が多いです。
しかし、残念なのはいまの創価学会は「日蓮大聖人の仏法」ではないのです。
なのに、「日蓮大聖人の仏法」であるかの如く宣伝している。それは違いますよ。と言ってるのです。
これから、はすこさんも「創価教学」を学ぶと思いますが、
それは「日蓮仏法」でなく「創価人法」です。そこを覚えていて欲しいのです。
「凡夫法」ですから「功徳」は出ません。
それを承知で「創価人法」を信仰する人達を私は非難しません。信教は自由です。
それと、昨晩はすこさんと前後して白ユリさんという婦人部の活動家さんのコメントがありましたが
読みましたか?読んだとしたらどう思いましたか?
「人の振舞い」と教えている創価学会員の振舞いです。
白ユリさんは例外ではありません。むしろ活動家さんとしては普通です。
わたしは、いきなりコメントで会ったこともない他人にあんな無礼な言葉を投げつけるのは違うと思います。
はすこさんには、そんな風な人になって欲しくないな。と思っています。

> その人が幸せなら、宗教なんて、なんでもいいじゃないかと、思ってしまう自分がいるので、私は幹部にはなれそうにないですね😅笑

その通りですね。
ただ、はすこさんに幹部になる気がなくても
組織の方ははすこさんを離しませんよ(笑)
すぐに役職の話をされると思いますよ。
ともあれ、今の気持ちをどうぞ忘れないでください。
宗門や他宗の僧俗、創価に反対している人達を
誹謗中傷し悪口をいうような人にはならないでください。
悪口と折伏は全然違うのです。

長々書きましたが、はすこさんのブログ更新楽しみにしています。
また、いつでも好きな時にコメントしてください。

ご丁寧にコメントを返してくださりありがとうございます😄

まだ学会員の方なのですね!失礼しました。ご自身で教学を学んでいるうちに、なんか違うな?と思われたのでしょうか?
私はまだまだ勉強不足ですが、しっかり学んで、自分で考えて、信仰を深めていきたいです。
コメント、みなさんのもさらっと読みましたが、いくつかは、えー!ちょっと怖いなあ!と思いました!笑
組織に嫌な思いしか抱いてない方、多いようですが、私はこのまま組織にちゃんとついていこうと思います。
ただ、どんなことがあっても、人格を攻撃することはいけないですよね。考えを交流して高め合えばいいのに、その人の性格や友人関係にまで言及したら…トランプさんとクリントンさんみたいですね!
自分の命のありかたに関わる宗教ですから、正しさを主張するあまり攻撃的になってしまいがちなので、私も気をつけたいと思います。

「一代の肝心は法華経・法華経の修行の肝心は不軽品にて候なり、不軽菩薩の人を敬いしは・いかなる事ぞ教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ、穴賢・穴賢、賢きを人と云いはかなきを畜といふ。」

ですね!😄

はすこさんへ

はじめまして。
はすこさんより、だいぶ年上の牡丹と申します。
私も創価学会の中に長年おりましたが今は組織から離れました。
身近に上のほうの幹部の方がたくさんおられまして、私も役職がありました。
創価学会の教え以前に、幹部の方々の言動がほとほと嫌になったからです。同じような振る舞いはとても出来ないと思いました。
私のコメントは、残念ながら妄想ではなく実際に目にしてきたことばかりです。
私の周りだけ変な人が多かったのかもしれませんけれどね。

まあ、ご縁がなかったのでしょう。
あらゆる意味で大正解だったと思っています。


さて、いくつか、はすこさんに聞いていただきたいことがあります。

はすこさんはお辛い経験をなさったのですね。
『祈る』ことが救いになったというのはよくわかります。よく乗り越えてこられましたね。
お母さんになったことも、発心のきっかけでしたかしら。これも、よくわかります。
戸田先生の言葉で「信仰とは本能でするもの」と。
母としての本能が信仰を求めたのでしょうね。

この先いつか、
「あなたのお母さんと同じ悲しい思いをしないように福運をつけないと」
ときっと言われると思います。
「そのために学会活動を頑張りましょうね」と。
もう言われたことがあるかもしれませんね。
でも、これは人として絶対に言ってはいけないことなのです。
慈悲の言葉でもなく激励でもなく、客観的にこれは『脅し』といいます。

そのようなことで不安になったら、相談するべきはかかりつけの小児科の先生。
ちゃんと聞いてくださらないようなら、聞いてくださるお医者さまを探してください。小児科との付き合いは長いですよ。
何でも言えるかかりつけ医ほど心強い味方はありません。

もうひとつ。
「広まるのは嫌だな」と思うご自分の話は、幹部だからと気安く話すのはお勧めしません。
創価学会のような大きな組織では、
小さなことでも常に報告し合って情報の共有をしないと、たちまち組織が停滞するのだと思います。
「◯◯さんは今これこれこのようなことで悩んでいる」
「ではみんなでお題目を送りましょう」
「どなたか激励に行ってもらいましょう」
こんな感じの会話は一日中交わされ、困ったことに、皆さんお忙しいですから、例えば私みたいな野次馬がそばにいても大きな声でお話しされます。
なので、プライベートなことを誰かに話す時、その人に話したことは、明日にはたくさんの方に知れ渡るかもしれない、と思っておかれたほうがいいです。
オープンに何でも話したほうが誠意だとお思いになるかもしれませんが、傷つき恥をかきたくなければ、用心なさったほうがいいと思いますよ。

あと、「出来そうもない」と思われることは断っていいのですよ。
「断りたいけど、なんだか駄々をこねてるみたいで、いかにも信心がないみたいで、断りにくい…」という空気になったら、
それは『強制』というものだからです。


私の話は、怖いですか?

嫌な気持ちにさせてしまったらごめんなさいね。
聞き流して忘れてしまっても、心に留めてくださっても、それははすこさんにお任せしますね。


秋も深まってきましたので、年末から年始にかけて悪い風邪やインフルエンザが流行りだすかもしれません。
お子さんも、そろそろ母体からの免疫が切れてくるころでしょうか。
なによりも人混みは避けること。
こんなことを言ってはお嫌かもしれませんが、これからの時期、会館に赤ちゃんを連れて行くのは雑菌の中に浸かりに行くようなもの、とてもおすすめできません。


長くなりました。
はすこさん、子育ても新婚生活もどうぞうんと楽しんでくださいね。何年か経って振り返った時、自分でも眩しいようなキラキラの宝物のような日々を今過ごしていらっしゃるのですよ。
はすこさんご家族の幸せを心からお祈りしています。

教えてください。

はじめまして。

創価学会の迷惑行為で、
すっかり創価が嫌いになった外部の者です。

こちらには、日蓮正宗の方も、学会の方も集ってらっしゃるようなので、教えてください。

私が、新聞勧誘や、選挙のしつこいお願い等の迷惑行為より、
さらに、学会の方が非常識ではないかと思う一件があります。

日蓮正宗と創価学会が分かれてからも、お寺にお墓をそのまま置いてある創価学会の方達です。
葬式も、供養も学会でやり、お骨だけ墓の中に入れ、
中には、管理料まで払わない方もいるとか‼︎

それならば、
お墓を学会の墓苑等に移動させるのがスジってものじゃないの?
お金が無いとか、お坊さんと話すのが嫌とか、色々な理由があるのかもしれませんが、、、
世間一般では、おかしなことに感じますが、創価学会の人や、お寺の方もどう思っているのかなと思います。

創価学会知り合いに、そういう方がいて、何だか、言っていることが、
いつも、矛盾しているなと。

私には、難しい事は、よくわかりませんので、
一般人にも、分かりやすく、
どうぞよろしくお願いします。

No title

牡丹さんはじめまして。本当に嫌な思いをされてきたんですねv-356すごく悲しくなりました・・・。
そのようなことを言われてしまったら、私も嫌ですe-260人として、おかしいですよね。

私は思ったことをすぐ顔に出したり言葉にしたりしてしまうので、共有されたくない話はしないように気をつけます。できないことは、はっきり断る勇気も、もちたいと思います。

幸せになるための信心ですから、難を乗り越えるべきときも、もちろんあると思いますが、人として誠意にかけていたり、理不尽だったりすることには違うとはっきり言うつもりです。

『何年か経って振り返った時、自分でも眩しいようなキラキラの宝物のような日々を今過ごしていらっしゃるのですよ。』という言葉、とても素敵ですね。うるっとしてしまいました。子育てがんばります!

コメントありがとうございました。

白い百合は綺麗かな!

白いゆりは美しい花です。
毒を吐くことは有りません。
創価活動家の言動には
哀しい気持ちに
なりました。

池田先生と
師弟不二な生命(精神状態)で
頑張って頂きたく。
先生も必ず白いゆりを
もろ手を挙げてお誉めあそばされるかと。

白いユリにはトゲがある

●当プログはプログ村の創価プログの中では多分、一番の影響力がありますよ、「創価学会を卒業します」を紹介して、4時間くらいして再びアクセスしたら、「創価学会を卒業します」の週刊OUTポイントが1000ちかく増えていたからぶったまげた!

●今のプログにはアクセス解析機能がありますから、青蓮さんやはすこさんが当プログを訪問されたのは、いきなりアクセス数が増えたので、アクセスを増やした震源地を訪門したということだと思います、お二人さんは震源地がアンチサイトでぶったまげたと思います(笑)

●白ユリさんは、創価の正義を主張する熱血女剣士です!その活躍が見たい方は「白ユリさんという学会員さんとの対話」で検索してみてください、多分、一番上にでてきます。

連続コメント失礼致します。

白ユリ殿のブログを斜め読み致しました。
お気持ちは、元池田先生ファンクラブの
会員としては容易に理解&同意です。
今世限りの幸せを謳歌して下さいませ。

残念です

自分も子供が小さいときは本当に大変でした。町の集まりに行ったり、目を離すと何食べてるかわからない。それでも意地張ってやってきました。

創価に入信してしまった親子さん…意外と子供が脱会に向かわせてくれるのではないでしょうか?親は子供の幸せのためには必死になります。

顔も名前も知らない親子さん…脱会と共に信仰やめてしまった方…それでも大御本尊様はどうしたら幸せに導けるか何時も思って下さっていますよ。血脈のある御本尊様を拝み御受戒受けると本当にわかります。仏様の救いの手が届く一番の近道かと思い書いてみました。

No title

度々失礼します。
なんだか凄い論争になっていますね。。。発端は、本ブログ管理人さまの記事でしょうか。

私は脱会者(いわゆる退転者)。
本来であれば、(内部アンチ/脱会者であると思われる)元創価班さん達と共闘すべきでしょうが、そちらはマジョリティのようなので、敢えて白ユリさんを援護しましょう。まぁ私の本音を言うと、すべての投稿に賛同できませんけどね。

まず、白ユリさんは、「胸中の肉団にある仏性を日寛上人のご本尊様を通して境地冥合させるべく祈りきり、1人の人の幸福のため行動しぬいてまいる決意です」と仰っています。
これに対して、ここの管理人さんは一切まともな反論をすることは出来ません。
彼が信仰の根拠としているのは、大御本尊信仰ですが、それの厳密な論証を完全に放棄なさっています。「興味ない」のだそうです。

ここの管理人さんは、日蓮正宗という「大御本尊信仰」や「日蓮本仏論」という摩訶不思議な教義を作り上げて、それに不都合な研究は全て無視するという教団の流れに位置しておられます。明治以降、とくに戦後に仏教研究/日蓮理解は大いに進みましたが、管理人さんはそれらを全て「興味ない」と無視して、ご自身の中途半端な知識に基づいた自説を展開されておられます。

彼が「文理で示せ」と言っても、それは無理があるでしょう。あまりに稚拙なご主張をされているので、私はお勉強することをお勧めしましたが、「興味ない」の一言でした。白ユリさんが「私は幸せになってのだから創価学会は正しい」と言うならば、無根拠の主張しかできない管理人さんはそれに反論できないのです。

こうすると「学問と信仰は違う」「お前は釈尊を求めているが俺は大聖人を求めている」と管理人さまはおっしゃるでしょうが、この「学術研究」や「信仰」、「仏教学」に対する理解は全く不可解です。一体どんな説をもとに、そういった理解を構築されてきたのか不明です。というか、まともな参照項もなく、自分の想像で物事を仰っているのではというのは、邪推でしょうか。

また、「法体を示せ」「対案を示さないのは共産党並みだ」とも言われているようですが、これでは公明党の街頭演説と一緒ですね。まぁ、創価学会は曲がりなりにも「対案」を出しているので、白ユリさんはそれを信じればいいのでしょう。

「マインドコントロール(以下、MC)」という言葉がこのブログコメントでも頻出していますが、元学会員の私が考える創価学会/日蓮正宗のMCは、「思考停止」でしょう。
兎角、この教派/教団に属している人たちは、新たに学び思想を発展させるという事が嫌いなようです(私はこれに嫌気が差しました)。
ランダムに、このブログの数年前の記事を拝見しましたが、主張の内容が全く発展していない。新たに勉強する姿勢を持っておられないのでしょう。あくまで私の定義ですが、ここの管理人さんも「MC」にハマっているように見えてしまいます。

はすこさん

こんにちは。

> まだ学会員の方なのですね!失礼しました。ご自身で教学を学んでいるうちに、なんか違うな?と思われたのでしょうか?

いえいえ、私の場合は組織から追放されただけです。(笑)

> 私はまだまだ勉強不足ですが、しっかり学んで、自分で考えて、信仰を深めていきたいです。

そうでうね。「創価教学」を受身になるのではなく。ご自身で「大聖人仏法」を学んでください。
はすこさんのご年齢だと、もはや大御本尊といわれても「?」だと思いますが
日蓮大聖人の仏法は「大御本尊」に尽きるのです。
これは私の独学ではなく、昔の学会員なら皆知っていました。
戸田先生も池田名誉会長も言っていました。
それを全て180度変えてしまったのが今の創価の教学です。
これからはすこさんが学ぶのはその創価教学です。
今後、「大御本尊」については何も教わることはないでしょう。
もしも将来「大御本尊」のことを知りたくなったらいつでもコメントください。

> 組織に嫌な思いしか抱いてない方、多いようですが、私はこのまま組織にちゃんとついていこうと思います。

無理なく活動してくだいね。
外部の友人とも変わりなくおつきあいしてください。

> ただ、どんなことがあっても、人格を攻撃することはいけないですよね。考えを交流して高め合えばいいのに、その人の性格や友人関係にまで言及したら…トランプさんとクリントンさんみたいですね!
> 自分の命のありかたに関わる宗教ですから、正しさを主張するあまり攻撃的になってしまいがちなので、私も気をつけたいと思います。
>「一代の肝心は法華経・法華経の修行の肝心は不軽品にて候なり、不軽菩薩の人を敬いしは・いかなる事ぞ教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ、穴賢・穴賢、賢きを人と云いはかなきを畜といふ。」
ですね!😄

そうですね。振る舞いは大切です

外部の人間さん

こんにちは。コメントありがとうございます。

> 創価学会の迷惑行為で、
> すっかり創価が嫌いになった外部の者です。

お気持ちお察しいたします。

> こちらには、日蓮正宗の方も、学会の方も集ってらっしゃるようなので、教えてください。
> 私が、新聞勧誘や、選挙のしつこいお願い等の迷惑行為より、
> さらに、学会の方が非常識ではないかと思う一件があります。
> 日蓮正宗と創価学会が分かれてからも、お寺にお墓をそのまま置いてある創価学会の方達です。
> 葬式も、供養も学会でやり、お骨だけ墓の中に入れ、
> 中には、管理料まで払わない方もいるとか‼︎
> それならば、
> お墓を学会の墓苑等に移動させるのがスジってものじゃないの?
> お金が無いとか、お坊さんと話すのが嫌とか、色々な理由があるのかもしれませんが、、、
> 世間一般では、おかしなことに感じますが、創価学会の人や、お寺の方もどう思っているのかなと思います。
> 創価学会知り合いに、そういう方がいて、何だか、言っていることが、
> いつも、矛盾しているなと。
> 私には、難しい事は、よくわかりませんので、
> 一般人にも、分かりやすく、
> どうぞよろしくお願いします。

創価は教義や本尊といった自会の根幹さえ、矛盾だらけです。
根本部分が矛盾だらけなので、それがそのまま世間に反映されいるのでしょう。
「創価の常識は世間の非常識」
これが世間の常識です。

退転壮年部おじさんさん

こんにちは。

> 白いゆりは美しい花です。
> 毒を吐くことは有りません。
> 創価活動家の言動には
> 哀しい気持ちに
> なりました。

そうですね。
根は素敵な女性なんでしょうが残念ですね。
まぁ、十界の生命のどの部分が出るのかはその人の信心しだいなのでしょう

古本屋店主さん

こんにちは。

> ●今のプログにはアクセス解析機能がありますから、青蓮さんやはすこさんが当プログを訪問されたのは、いきなりアクセス数が増えたので、アクセスを増やした震源地を訪門したということだと思います、お二人さんは震源地がアンチサイトでぶったまげたと思います(笑)

そうなんですか?だとしたら、さぞやお二人はぶったまげたでしょうね(笑)
すみません。アンチサイトで(笑)

> ●白ユリさんは、創価の正義を主張する熱血女剣士です!その活躍が見たい方は「白ユリさんという学会員さんとの対話」で検索してみてください、多分、一番上にでてきます。

そうですが。「るろうに剣心」の「薫」殿みたいな?
薫殿も師範代ですものね。
どうりで可愛らしいと思いました(笑)

名乗るほどでは無いです さん

こんにちは。コメントありがとうございます。

> 自分も子供が小さいときは本当に大変でした。町の集まりに行ったり、目を離すと何食べてるかわからない。それでも意地張ってやってきました。
> 創価に入信してしまった親子さん…意外と子供が脱会に向かわせてくれるのではないでしょうか?親は子供の幸せのためには必死になります。
> 顔も名前も知らない親子さん…脱会と共に信仰やめてしまった方…それでも大御本尊様はどうしたら幸せに導けるか何時も思って下さっていますよ。血脈のある御本尊様を拝み御受戒受けると本当にわかります。仏様の救いの手が届く一番の近道かと思い書いてみました。

そうなんですよね。

さらなるゴミ知識の披露

ディスミナシオンさんの話には、どの辺りが「人が幸福になるもの」なのか全く理解できませんね
「幼児が大人にダダをこねる」のと変わらないのでは?
『幼児』はどっちなんだかまったく

【地獄の道連れ相手を探してるだけ】みたいね
まぁハッキリ自覚してない様子だけど

管理人さんが間違ってる、ではなくて【間違ったことでなければならない】という話し方になってるのでは?

度が過ぎてまるで【呪い】みたい(笑)
粘着して「悪さ」をするのって、夏の風物詩の【怪談】の世界だもの
管理人さんに取り憑いて【呪い】を行ってるも同然!(笑)

毎年のような【怪談】のストーリーの典型的なものっていうのは、【取り憑いて不幸に貶めたうえ、命を奪って亡霊の仲間にしようと悪さをする】なんてのが毎年やってるようだけど
もう「ワンパターン」といっていい典型的なストーリーだけど(笑)
たいがいはこういうのを【悪霊】と呼称してテレビでは紹介されてたり

ディスミナシオンさんって【生きながら悪霊を演じてるようなもの】なんだけどf^^;
いやいや、このブログを「ワラ人形」として5寸釘を打ち込んでるようなものか?(笑)

「オバケみたいに気色悪い」ったらありゃしないものまったくf--;
もう夏は過ぎて時期はずれなんだからおやめくださいね(笑)
続きは100年後の夏にでもどうぞ~~

ディスミナシオン さん。

コメント御苦労さまです♪

太ちゃんさん

こんにちは。

> ディスミナシオンさんの話には、どの辺りが「人が幸福になるもの」なのか全く理解できませんね
> 「幼児が大人にダダをこねる」のと変わらないのでは?

「かまって」ちゃんですか?(笑)

> 管理人さんが間違ってる、ではなくて【間違ったことでなければならない】という話し方になってるのでは?

間違っているかどうかは読者の皆さまが個々に判断していただければいいかと。

> ディスミナシオンさんって【生きながら悪霊を演じてるようなもの】なんだけどf^^;
> いやいや、このブログを「ワラ人形」として5寸釘を打ち込んでるようなものか?(笑)

おお、恐ろしいですね(笑い)
興味が無いって言ったのを恨んでいるんのでしょうか?
でも、太ちゃんもそうでしょうが、
本来信仰者の教学と言うのは
信から発露して信へ帰結するものでしょう。
その、信から乖離して机上の空論(妄想)に終始し執着している意見に対し
特に反論も批判もそして感想もないのです。
「そう。良かったね。頑張って」くらいしか言う事がありません。
彼が「何かを信じていてそれについて発言している」ならまだしも
せいぜい彼が信じているのは
どこかの学者の論文とかでしょ?
そんなものを「学んでください」といわれても
私のなかでは「そんなもん」無価値であり
「そんなもん」をベースにした主張に興味がありません。
興味のないものを「学べ」とか言われる筋合いもありませんし
「そんなもん」に対して「無知」と言われても
特に何も感じないので仕方ないですよね。

それにしても、自分でブログを立ち上げたのだから
そちらで批判でも何でも書けばいいのに
わざわざ、ここにコメント入れるのは
やはり、「寂しがり屋のかまってちゃん」か
「呪いの占星術師」でしょうか?(笑)

こんにちは。
秋雨もしっとりしてていいですね。
大好きな季節です。

こちらの記事、全部はとても読み切れないんですが、時々あんな感じで怒り狂って突撃して来る方がおられるようですね。
『本日のドン・キホーテ』って感じでしょうか?
激安店じゃなくて、風車を巨人だと思い込んで挑んでいくあっちのほう。
村で床屋さんとか相手に騎士道について熱く語っているうちに、騎士たるもの、やはり旅に出なければ!ということになるのでしようかね?凡人にはわかりません。
『本日のドン・キホーテ』諸君は敵と認定したら最後、もう電信柱にでもかかっていく勢いに尋常ではない使命感を感じます。ご本人にとってはギラギラと『挑む行為』こそ尊くかっちょいいのでしょう。

「興味がない」という言葉でスイッチが入るのかしら、一様に脊髄反射なさっていよいよネジがぶっ飛んでしまうところがなんとも不思議というか、もはやひとつの芸風に見えてきました。

管理人さんもほんとにお疲れさまです。

No title

太ちゃんさま 牡丹さま

はじめまして。ディスミナシオンと申します。投稿をご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

ご批判いただいたようですが、私との議論をご希望ならば、議論のルールに則っていただけますと幸いです
すなわち、
○論点の明確化
○命題の主張
○根拠の付与
は、最低限必要かと思いました。

「子供」「悪霊」「呪い」「ドン・キホーテ」など、詩的で美しい形容をいただいて大変光栄です。
しかしこれらは全て、太ちゃんさま、牡丹さまの個人的感覚に基づいた比喩表現です。
私としては「あなたはそう感じられたのですね、感じ方は人それぞれですね」としか言えません。
個人的感性から独立した形でお話するためには、ポエムではなく、論理に従う必要があるかと存じます。

また太ちゃんさまは、「幸福になれる方法」をお探しなのですね。
でしたら、「スピリチュアル」「パワーストーン」「大川隆法」「宜保愛子」などと検索されてみてはいかがでしょうか。きっと答えが見つかると思いますよ。

本投稿、固有名を変えれば、そのまま管理人さまへの返信にもなります(意味が理解できないようでしたら、再投稿します)
ディスコミュニケーションは、言語的存在である我々人間には不可欠ですが、
せめて論理やできる限りの厳密な概念規定によって、その懸隔を埋め合わせる方が賢明だと思います。

まぁ管理人さまは、創価学会幹部/活動家のように、学ぶということを放棄して、独自に作り上げた日蓮像を「これが本当の日蓮大聖人の仏法だ!」と仰っているようなので、こんなことを言っても無駄かもしれませんね。勉強をしてくださいというのは、自説への反省があってもいいのでは、という意も含みます。
かくいう私も自説への反省をしなければならぬ以上、詩的/ジャーナリスティックでないご批判は、ありがたく頂戴します。

ゴミ知識拡散波動砲発射~~!

ま~だわからんぐらいだから【まともに相手にされない】んだよまったく
この「貞子」クンは(笑)

く~~るぅ~~~♪

きっっと くるぅ~~~~♪♪

だっけ?(笑)


あのな、今の学会最高幹部ってのは東京大学卒ばかりの派閥が中心になって学会を動かしてるわけ
東京大学を出たからって信心がわかるわけじゃないってことなんだよな

ましてこんな役立たずのゴミ学説なんぞいくら聞いたって、ゴミはどこまでいっても『ゴミ』にしかならんってことだよ

だいたいにして、少なくともこのコメント欄でご自分の学説がご自分で全く役に立てられてないではないかf^^;
この状態って「役に立ってる!」といえる状況か?
【まるで役に立ってない】だろが
ご自分でご自分の学説の【欠陥】をコメント欄で自ら立証しちまってるもの(笑)
【賢い】どころか【底知れぬド阿呆ぶり】を晒してまんがなf--;
世間じゃ『ノータリン』と呼称する部類だよ(笑)

せめて【ご自分で実際に役に立ってるもの】を他人へ薦めてね?
ご自分で【まるで役に立ってない】からって【相手に対しインネンで貶めて】のやり口って、その時点ですでに【ご自分でご自分の説が間違ってるのを立証してるも同然】だから。
すでに【ご自分でご自分の説が間違ってるのを立証してるも同然】だから、さらに相手が【立証】する必要性もないってこと。

そんなこともわからず「インネン」をふっかけてるようなぶっちゃけ【不誠実】な態度。
いくら言葉を綺麗なものにしてても、態度はヤクザ紛いの横暴さだもの。

「貞子」クンわかったかい?
わかったら続きは100年後によろしく~~

ディスミナシオンさま

はじめまして。
とんでもございません、私はなにひとつ質問などありませんよ。
あなたのことだなんて一言も申し上げておりませんしね。
ブログのコメント欄は、管理人さんのお家、サロン、たまには私塾?私はそういう感覚でおります。
管理人さんを訪ねて来てますし、こちらへお越しの方は管理人さんのお客様ですから敬意を持っておしゃべりしたりもします。
はすこさんなんかは、こちらの心が洗われるようなピュアなお嬢さんで話しかけずにはいられませんでした。
でもごめんなさいね、我儘で自分勝手で心が狭いものですから誰にでも敬意を持てるわけではありません。

わざわざ呼びかけてくださったようですが、あなたとはお話しするつもりはございませんのでご無礼お許しを。

管理人さんへ

【本尊に迷う】の典型ですねこれf^^;
どうやら管理人さんはすぐに直感したようですけど

【本尊に迷う】という、本尊がどういう意義のものか、体感的には全くわからないで本尊論を述べたって、そんなもんいくら聞いたって【現実にはなんの役にも立たないもの】ですもん

そもそもご自分で「本尊」がなんの役にも立ってないものを、他人にはなおさら役に立たせられないですもん

【矛盾】が起きてるものを、自分で【矛盾】の自己責任を負わないどころか、むしろ相手に【おっかぶせる】なんて【無責任】というしかないものね

映画「貞子」にしても、人間関係の「矛盾」から起きた悲劇が発端となったストーリーだけど
しかし、コメント欄の「貞子」クンは生きてるのだし、「貞子」のマネはご自分も周囲も不幸に巻き込むだけだものね。

早々に「5寸釘を打ち込むマネ」はやめてもらいたいもんです(笑)。
「呪いもやり方を間違えると自分に返ってくる」そうだけど、このコメント欄の状態ってまさにその状態ですがな

『自己責任』そのもの。

なるほど

管理人 様

返信ありがとうございます。

分かります。根本が矛盾してるんですよね!

私は、外部の人間なんで、誰がどの宗教を信じようが、一向に構わないのですが、

創価のは、迷惑行為がしつこいのと、色々な事が矛盾しているのが、
ウンザリするんです。

今後は、できるだけ関わらないようにします。

ズバっとしたお答えをありがとうございました。

No title

本尊に迷うというか・・・
ディスミナシオンさんの考え方は仏教では外道って言うんだよ。
ジャンルが違うから興味ない。そらそうだ(笑)

六師外道の末えいである西洋哲学や科学で仏教を理解しようとしても無駄
そんなことしてもだ~れも幸福になんかならない、役に立たない。
と、僕は思うけどね~。
自分の人生やし好きにしたらえんやけどね(笑)

牡丹さん

こんばんは。

> 「興味がない」という言葉でスイッチが入るのかしら、一様に脊髄反射なさっていよいよネジがぶっ飛んでしまうところがなんとも不思議というか、もはやひとつの芸風に見えてきました。

一発屋で終わりそうな芸ですね(笑)

> 管理人さんもほんとにお疲れさまです。

いえいえ、牡丹さんにまで絡んで・・
ホントすみません。
困った「ボク」ちゃんです(笑)

太ちゃんさん

こんばんは。

> 【本尊に迷う】の典型ですねこれf^^;
> どうやら管理人さんはすぐに直感したようですけど
> 【本尊に迷う】という、本尊がどういう意義のものか、体感的には全くわからないで本尊論を述べたって、そんなもんいくら聞いたって【現実にはなんの役にも立たないもの】ですもん
> そもそもご自分で「本尊」がなんの役にも立ってないものを、他人にはなおさら役に立たせられないですもん
> 【矛盾】が起きてるものを、自分で【矛盾】の自己責任を負わないどころか、むしろ相手に【おっかぶせる】なんて【無責任】というしかないものね
> 映画「貞子」にしても、人間関係の「矛盾」から起きた悲劇が発端となったストーリーだけど
> しかし、コメント欄の「貞子」クンは生きてるのだし、「貞子」のマネはご自分も周囲も不幸に巻き込むだけだものね。
> 早々に「5寸釘を打ち込むマネ」はやめてもらいたいもんです(笑)。
> 「呪いもやり方を間違えると自分に返ってくる」そうだけど、このコメント欄の状態ってまさにその状態ですがな
> 『自己責任』そのもの。

ご明察です。
しかし、そんなに話したなら自分のブログでやればいいのに(笑)
自分のブログも更新しないで、こんな所まできて。
なんのために自分でブログ立ち上げたんですかね~(笑)
最早、ただの「アラシ」ですね。(笑)

元創価班さん

こんばんは。

> 本尊に迷うというか・・・
> ディスミナシオンさんの考え方は仏教では外道って言うんだよ。
> ジャンルが違うから興味ない。そらそうだ(笑)

そうなんですよね。
全く興味がないものを「勉強しろ」とか大きなお世話なんですよ(笑)
別に、「そんなもの」に対する知識とか要らないし(笑)

> 六師外道の末えいである西洋哲学や科学で仏教を理解しようとしても無駄
> そんなことしてもだ~れも幸福になんかならない、役に立たない。
> と、僕は思うけどね~。

そうですね。
「仏教」は研究するものでなく、信じて実戦するものです。
そもそも、凡夫に仏の智慧が分かるなら「信心」いらないし。

> 自分の人生やし好きにしたらえんやけどね(笑)

そうそう、
別に彼の論説を批判する気もコチラには全然ない。
純粋に、彼の論説にも、また彼自身にも
「興味を持てない」「惹かれない」
それだけなんですけど(笑)

外部の人間さん

こんばんは。

> 返信ありがとうございます。

いえいえ、こちらこそコメントありがとうございます。

> 分かります。根本が矛盾してるんですよね!

そうなんですね。矛盾していことに気づかない人が多いというか
自語相違に気づかない人が多いとうか
そういう人しか「創価の活動家」として
長年学会活動を続けるのは無理です(笑)

> 私は、外部の人間なんで、誰がどの宗教を信じようが、一向に構わないのですが、
> 創価のは、迷惑行為がしつこいのと、色々な事が矛盾しているのが、
> ウンザリするんです。
> 今後は、できるだけ関わらないようにします。

はっきと断らないと伝わりませんよ。
なにせ、創価活動家さんという人種は
ポジティヴというか鈍感というか
「やんわり」断ると、断られてることに気づきません。
こちらが「迷惑」と思っていることも
「喜んでくれている」と勘違いしますから(笑)
それと、聖教新聞は、いわゆる「一般の新聞」ではなく創価の機関紙で
創価の財源になっていますので
ご自身が読みたいならばいいのですが
「つきあい」ならば、絶対に購読するのはやめたほうがいいですよ。

> ズバっとしたお答えをありがとうございました。

いえいえ。
また、創価がらみで「嫌なこと」などあったら
いつでもコメントください。
書くだけでもスッキリすると思うので。
今後もよろしくお願いします

中2病

ディスミナシオンさんは
重度の中2病と思われるので放置しております。
何年が後に
「あの時の俺、恥ずかしいことをいってなぁ」って
自分で気づく日が来ることを祈る以外にできません(笑)

おじちゃんは基本、外野手なのでね。

ディスミナシオンさん
他の善知識の方のご意見と、
このブログは管理人様の庭で
ある事を大前提として、
コメントされる事をご進言いたします。

二乗不作仏の生命に落ちない様に。是非。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR