はすこさんからの質問へ(僧と俗の違いについて)

先日、はすこさんからいただいたご質問についての記事を書かせてもらいます。
ご質問の内容は、以下の僧と俗の違いについてです。
【僧宝について質問があります。凡夫同士で学ぶことになってしまう、たしかにそうだな、と思うのですが、では僧侶は他の普通の人たちより優れているのでしょうか?僧侶は悟った人のことをいうのでしょうか?もしそうだったら、なにをもって他の普通の人と区別ができるのでしょうか? 】

まず最初に、僧俗の関係について第9世日有上人は、化義抄で次のようにご指南されています。

◇貴賎道俗の差別なく、信心の人は妙法蓮華経なる故に何れも同等なり。然れども、竹に上下の節の有るがごとく、其の位をば乱せず、僧俗の礼儀有るべきか。信心の所は無作一仏・即身成仏なるが故に、道俗何にも全く不同有るべからず。

簡単に解説すると、僧侶も在家も、金持ちでも貧乏でも全く差別はなく同等です。
大聖人仏法において「悟る」とは「信じる」(大御本尊を受持する)ことなので
僧侶=悟った人でありません。
「信心の人」は妙法蓮華経の当体ですから僧俗の差別はありません。
しかし(然れども)竹に節があるように、僧俗の礼儀というもは存在します。
大聖人の御書には各所に「弟子檀那」という記述があります。
この場合、「弟子」というのは出家の僧侶であり「檀那」とは在家信者をいいます。
大聖人自ら「弟子」と「旦那」と言って「僧」と「俗」を分けていることが多々あります。
では大聖人は、僧俗に差別がある。と思っていたのでしょうか?
ご本仏である大聖人がそんな差別をするはずはありません。
これは差別ということでなく、「区別」をしているのです。
では「なにをもって他の普通の人と区別ができるのでしょうか?」といことになりますよね。
これは、僧と俗では護法の仕方が違う。ということです。
護法とは、大聖人の仏法を守り続けること。いわゆる「令法久住」です。
大聖人の仏法とはどうのように永遠に守られていくのか?

◆僧の恩をいはば仏宝法宝は必ず僧によりて住す、譬えば薪なければ火無く大地無ければ草木生ずべからず、仏法有りといへども僧有りて習伝へずんば正法像法二千年過ぎて末法へも伝はるべからず(四恩抄)
◆設い正法を持てる智者ありとも檀那なくんば争か弘まるべき(四条金吾釈迦仏供養事)

仏法法宝つまり人法一箇の大御本尊は必ず僧侶がいて伝わる。
大聖人仏法を習い伝える僧侶(僧宝)がいても、檀那がいなければ広まらない。
ざっくり言うと、僧は縦に「永遠」・俗は横に「無辺」に大聖人仏法を護法する。
という役割がそれぞれあるわけです。
僧も俗も「地涌の菩薩」としては平等ですが、その役割が違うということです。

◆当に知るべし此の四菩薩折伏を現ずる時は賢王と成つて愚王を誡責し摂受を行ずる時は僧と成つて正法を弘持す(如来滅後五五百歳始観心本尊抄)

【折伏を現ずる時は賢王と成つて愚王を誡責し】 この部分は「化義の折伏」で「守護付属」といい在家の役割です。
【摂受を行ずる時は僧と成つて正法を弘持す】この部分は「法体の折伏」で「伝持付属」といい出家の役割です。
(ちなみにここでの「摂受」とは釈迦仏法の摂受でなく、折伏の中の摂受です)
つまり、在家は世間に仏法を広めることがその役割で
出家(僧侶)は、大聖人の仏法を正しく保ち伝えることが役割なのです。

会社に例えるならば、在家は「営業部」で出家は「商品管理部」といったところでしょうか。
「営業部」は、外で商品を売ってくるのが仕事であり
「商品管理部」は、内でその商品の品質を管理し維持していくのが仕事です。
そしてこの二つの部署は、どちらが「偉い」わけではありません。
営業は「いい商品」だから自信をもって販売することができる。
また、お客様は「いい商品」を実感するから支持してくれる。
支持され続けるためには正しい「商品管理」は不可欠である。
この営業と商品管理が協力しあえば、多くのお客様がずっと幸せになれる。
なので、営業も内勤も社長からもらうお給料は同じ(功徳は変わらない)といことです。

ですから、創価が「俺たちが広めってやった」などいい気になるのは大きな間違いなのです。
広めたのは事実ですが、広めることができたのは商品がよかったからであり
その品質を創価ができるずっと前から守ってきたのは宗門のご僧侶です。
そのようなご僧侶の力があったかこそ
創価の人々は広めることができ、
それによってお給料(功徳)をもらったのです。

さてそこで、一つの会社と見たときに
「営業」と「商品」どちらかを選ばないといけない。
となったらどちらを選択するか?
まともな経営者であれば「商品」の方を選択します。
なぜなら、「いい商品があればどんな営業マンでも売れるから」です。
確かに創価の営業マンの方々は優秀です。
二束三文のバッタモンを本物さながらに売ってくるのですから。
でもそれはお客様のためにはなりません。
なによりも、「ニセモノ」はいつかはお客様にバレて
やがて信用をなくし売れなくなります。
そうなれば会社は倒産です。
でも、「本物の商品」であれば強烈な営業マンがいなくても
必ず世間の支持を得て広まるものです。
宣伝もしないお店に行列ができるのは
提供されるモノが支持されるからです。
そしてその「本物の商品」を保ち続けるには
「商品管理部門」がしっかりしていなくはいけません。
またそうした「商品管理部門」の人々に
「感謝」する気持ちをもてるのが「一流の営業マンです」
「俺達が売って稼いできた。オマエ達は稼いで来ないくせに偉そうにするな」
そんな営業マンは、私が社長ならば会社に必要ありません。

話がそれてしまいましたが、
僧俗に上下の差別はありません。
日顕前法主も含め宗門僧侶が「僧俗差別」をしたこともありません。
冒頭の日有上人のご指南に沿っているので「上下差別」なんてないのです。
あるのは、役割の違いだけです。
それに対して感謝の念を持つどころか
非難するようなことがあれば
それは、大聖人仏法を「令法久住」するどころか
全く反対のことをしていることになり
大聖人仏法を行じていることにならず
かえって謗法を犯している事になるのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

分かりやすく説明していただき、ありがとうございます!様々引用しながら説明してくださり、すごいです。私も、感情論でなく、理論的にも自分の考えを説明できるようになりたい…!

信心する人としては、僧侶も一般の人も平等ということがわかり、すっきりしました😄
僧侶は、鎌倉時代から大御本尊を守り、引き継いできたということもわかりました。私達が信仰できるのも、過去のお坊さん達が守ってきてくださったからですね。

うーん、そして根本的な問題にもどるのですが、結局御本尊とは何か?という疑問にぶつかってしまいました。
不勉強な私は、御本尊とは、一人ひとりの命だと思っていました。いつも見ながら祈っているのは、命を具現化したものかと…。

もし大御本尊が唯一の、本当の信仰対象であるのならば、それを拝まないと成仏できないのでしょうか?それを拝めない人はどうすればいいのでしょうか?

知りたいことが多過ぎて自分でも困っています😭最終的に宗教は、信じるかどうかなのはわかっているのですが、頭で知りたいこともたくさんあります。

管理人さんは私が創価学会の信者であるにもかかわらず、丁寧に記事まで書いてくださり、すごく嬉しいです。
善知識悪知識と言いますが、今はとにかくいろんな話が聞きたいです。婦人部の先輩にも今度話を聞かせていただく約束をしました。ネットでも、地域でも、力になってくださる人々ばかりですごく嬉しいです😄

また、よろしくお願いします!

クソ坊主など、

平成2〜3年(破門前後)は
センセのスピーチや
新聞紙上などで、
かなりエグイ感じで
批判を展開してましたね。

新聞啓蒙をして、
実際に取ってくれた、
当時の友人から、
元気になる新聞だと、
お前に言われたから
取っては見たものの、
罵詈雑言の
気分の悪い新聞だなぁ、、。と
言われた事を、ふと、思い出しました。

今では通販が全面広告を飾る事もある
せいきょうしんぶん。
センセのお手紙では無く、、
通販からのお手紙、、。

センセの近況お写真も掲載されず、、。
哀しい限りです。
宗門から独立をしたのだから、
会員もいっその事センセから独立すれば
良いのかと。

大聖人様の仏法を流布する役割りが
僧俗それぞれに有る事を
管理人さまのブログにて学びました。
何時も有難うございます!

さて5座の勤行唱題を行い
仕事に出かけます!

毎度くだらないコメント失礼致します。

おはようございます♪

めちゃくちゃ解りやすい!
僕は僧俗の役割については母から教わりました。コップの水を次のコップに溢すこのなくうつすがごとく七百年間脈々と法を護ってこられたんだよ~って(笑)

宗門問題の時の聖教新聞は酷かったですね(--;)見るの嫌でした。
当時地区リーダーがきて創価新報もとらないかと言われたのでとってみたら聖教新聞より酷いこと書いてあった
すぐ止めました(笑)
今から考えると創価の会員洗脳キャンペーンだったのでしょうね(笑)

嘘は必ずバレる。子供でも知ってるんだけどな~(-.-)

正宗に戻りました

管理人様、突然ですがありがとうございました。

先日30年ぶりくらい?に日蓮正宗に戻りました。

理由は皆さまご承知の通り、学会の本尊に題目をあげても功徳を感じなかったためです(正確にいうと体感的には、本来の功徳の10%くらい+罰です)

今年大病をしたのですが、10年前と同様、完璧な功徳を頂けると確信して題目をあげ続けましたが、結果が出なくおかしいと思い、管理人様のブログに出会い、創価が数年前に大御本尊を捨てている事を知り、学会の方には伺ってもあいまいな返答や、大御本尊を捨ててないと言われたため、正しい信心をさせて欲しいと切に願った結果になります(これが最大の功徳でした)

創価本尊の罰を覚悟で、日蓮正宗の寺院に何度も通い、題目をあげ、創価の御本尊を返却しましたが、何も罰もあたりませんでした。むしろ寺院にて題目をあげ出した日から、家族も含めて体調がいいです。
私と同様、創価題目で功徳が得られず正宗に戻って功徳が貰えてる方が予想より多かったのにはびっくりしました。

日蓮正宗の僧侶の方に言われたのですが、創価の御本尊に題目をあげると頭の病気になる方がとても多いとも伺いました。ちょうど、ガリガリ題目をしていた、私と母が頭の病気になりましたので、あってるんでしょうね…。(もちろん、僧侶の方には、頭の病気になった事は伝えてません)

今思えば、管理人様に言われた5座3座の実践は、正しい本尊に導いて頂くきっかけだった気がします。

私と同様、信心で迷われてる方には何が本物か、自分の目で見て判断してもらいたいと思います。

失礼致しました。

はすこ

> 分かりやすく説明していただき、ありがとうございます!様々引用しながら説明してくださり、すごいです。私も、感情論でなく、理論的にも自分の考えを説明できるようになりたい…!

教学は大切です。

> うーん、そして根本的な問題にもどるのですが、結局御本尊とは何か?という疑問にぶつかってしまいました。
> 不勉強な私は、御本尊とは、一人ひとりの命だと思っていました。いつも見ながら祈っているのは、命を具現化したものかと…。

凡夫の命を具現化する必要はないですね。御本仏の色心二法が御本尊です。

> もし大御本尊が唯一の、本当の信仰対象であるのならば、それを拝まないと成仏できないのでしょうか?それを拝めない人はどうすればいいのでしょうか?

受持するというのは、直接拝むと言う事ではありません。「信じて題目をあげる」という事です。大御本尊を信じて。ここが重要です。
大乗仏法の根本的な思想は「空」です(それを更に進めると中道になります)
「空」というのは「平等」とは違います。
「不二」というのは「空(もしくは中)」の思想で「平等」とは違います。
創価でも「師弟不二」といいますよね?「師弟平等」とはいいません。
これから創価教学で学ぶかもしれませんが(学ばないと思いますが)
仏法では、「総と別」「能と所」「理と事」「本と迹」といった立て分けがあります。
ここを学び理解できないと大聖人仏法は理解できないと思います。
そこを教えない。理解できない。のが創価教学であり、創価活動家さんです。

> 管理人さんは私が創価学会の信者であるにもかかわらず、丁寧に記事まで書いてくださり、すごく嬉しいです。
> 善知識悪知識と言いますが、今はとにかくいろんな話が聞きたいです。婦人部の先輩にも今度話を聞かせていただく約束をしました。ネットでも、地域でも、力になってくださる人々ばかりですごく嬉しいです😄

そうですね。色々と学ぶことは大切です。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 新聞啓蒙をして、
> 実際に取ってくれた、
> 当時の友人から、
> 元気になる新聞だと、
> お前に言われたから
> 取っては見たものの、
> 罵詈雑言の
> 気分の悪い新聞だなぁ、、。と
> 言われた事を、ふと、思い出しました。

私も、私の仲間も、当時は皆外部の友人に聖教新聞の言葉の汚さを指摘されました。
アレは、自分で啓蒙をしない人達しか作れない紙面でしたね。


> 今では通販が全面広告を飾る事もある
> せいきょうしんぶん。
> センセのお手紙では無く、、
> 通販からのお手紙、、。

ははは(笑)
聖教新聞は購読してないので分かりませんが
通販会社からのお手紙ですか?
機関紙になのに広告料収入を求めるなんて不謹慎ですね。

> 大聖人様の仏法を流布する役割りが
> 僧俗それぞれに有る事を
> 管理人さまのブログにて学びました。
> 何時も有難うございます!

とんでもございません。
こちらこそいつもコメントいただきありがとうございます。

元創価班さん

こんにちは。

> めちゃくちゃ解りやすい!
> 僕は僧俗の役割については母から教わりました。コップの水を次のコップに溢すこのなくうつすがごとく七百年間脈々と法を護ってこられたんだよ~って(笑)

「法水写瓶」ですね。私も入信(入会)時に、創価の幹部に教わりました(笑)

> 宗門問題の時の聖教新聞は酷かったですね(--;)見るの嫌でした。
> 当時地区リーダーがきて創価新報もとらないかと言われたのでとってみたら聖教新聞より酷いこと書いてあった
> すぐ止めました(笑)
> 今から考えると創価の会員洗脳キャンペーンだったのでしょうね(笑)
> 嘘は必ずバレる。子供でも知ってるんだけどな~(-.-)

池田センセ自身が言ってます。
多くの人を長く騙す事は出来ない。って(笑)

とどさん

こんにちは。

> 先日30年ぶりくらい?に日蓮正宗に戻りました。

そうでしたか!
それは、おめでとうございます!
大御本尊に元に戻る事ができて本当に良かったですね!

> 理由は皆さまご承知の通り、学会の本尊に題目をあげても功徳を感じなかったためです(正確にいうと体感的には、本来の功徳の10%くらい+罰です)
> 今年大病をしたのですが、10年前と同様、完璧な功徳を頂けると確信して題目をあげ続けましたが、結果が出なくおかしいと思い、管理人様のブログに出会い、創価が数年前に大御本尊を捨てている事を知り、学会の方には伺ってもあいまいな返答や、大御本尊を捨ててないと言われたため、正しい信心をさせて欲しいと切に願った結果になります(これが最大の功徳でした)

確かにそうですね。とどさんの事を大聖人様が呼んでいらっしゃったのでしょう。

> 今思えば、管理人様に言われた5座3座の実践は、正しい本尊に導いて頂くきっかけだった気がします。

こんな拙いブログが、とどさんが大御本尊にもどるキッカケの一部になれたことは大変嬉しく思います。

> 私と同様、信心で迷われてる方には何が本物か、自分の目で見て判断してもらいたいと思います。

そうですね。おそらく創価の中にその様な人が大勢いると思います。
そんな人にお会いしたら、とどさんの体験を話して上げてください。
その人にとっては、それがキッカケになるやも知れません。

ともかく、大御本尊の戻られ本当に良かったです。
我がことのように嬉しい気持ちでいっぱいです。

創価学会のみなさーん、
頭の中が財務でいっぱいになっていませんかー?
皆さまが大好きな財務の時期が近づいてまいりましたよー。
何倍にもなって返ってくるんですって?
こんなにうまい話、詐欺以外では創価学会の財務しかありません。
幸福境涯・福徳無量のための投資ですよ投資。
二倍になるか三倍になるか、全然返ってこなくてすっからかんの底辺人生を一生匍匐前進するのか、
それはあなたの信心次第。

え、功徳など求めていない?今年も思いっきり真心の財務ができることがもう功徳?
さすがにパーフェクトヒューマンのお弟子さんは仰ることが違います。
思いっきり。
真心。
一口一万円の真心だなんて、ちょっと危険な香りがして素敵です。

なにに使われているかなんて愚問はよしましょう。
広宣流布のために決まっているのですから、それ以上考えてはいけません。
きっと会館とか会館とか会館とかですから。

あの立派な会館が保育園だったら…老人ホームだったら…いい音の鳴る音楽ホールだったら… 創価学会も世の中の役に立つのに…いやもうこの際パーキングでもいいかも。

あらあら、ごめんなさい。
凡夫だからこんなこと考えてしまって。

わかっていますわかっています。創価学会は営利目的の事業には手を出さないんでしたね。
富士美も民音も書籍もDVDも聖教も創価教育も、営利目的ではありません。
絶対誰も儲けていません。
CMはどれくらいお金がかかるのかなんて、
考える必要はありません。

年に一度、感謝をカタチにできるのが財務。お金って言わずにカタチって表現するあたりがまたキワどくていいですねえ。

どうぞどうぞ、真心と感謝をお金に変えて思いっきり一万円単位で創価学会宛に入金なさってくださいましね。

管理人さんへ

論拠も明白で、比喩も正鵠を射ており、分かりやすい記事でした。

 一級の講義ですね。  ☆☆☆

 現役の創価人に聞かせられないのはもったいないことでもあります。 アンチになってからも多分おっしゃることが変わっていない(当然といえばそうですが)のも素晴らしい。  自分自身の中に信仰の軸を構築して来られたということ。  当然、創価の入会促進教学なんぞではないから、雑味がまったく感じられない。  思えば私なぞは防腐剤や添加物満載の講義をしてきたのですね。   
 
 内道から文底下種へとずっとブレなかった人の講義でした。

ありがとうございました。 

 >はすこさん

 ずっと今のように「複眼思考」で行って下さいね。 応援しています。

 >牡丹さん

 たまんないね! みなさん、張り切って増額なさることでしょう。(いいのか!? ソウカ難民増えるし)笑

牡丹さん

こんばんは。

ナイスな旬の話題です。
私も書こうと思っていたところで
いま記事をアゲました。
気が合いますねぇ(笑)

RAMBOさん

こんばんは。

> 論拠も明白で、比喩も正鵠を射ており、分かりやすい記事でした。

いつもお褒めいただきありがとうございます。
褒め殺されないように気をつけます(笑)

>  現役の創価人に聞かせられないのはもったいないことでもあります。 アンチになってからも多分おっしゃることが変わっていない(当然といえばそうですが)のも素晴らしい。  自分自身の中に信仰の軸を構築して来られたということ。  当然、創価の入会促進教学なんぞではないから、雑味がまったく感じられない。  思えば私なぞは防腐剤や添加物満載の講義をしてきたのですね。   
>  内道から文底下種へとずっとブレなかった人の講義でした。

頑固なもので・・・
も少し政治力があれば追放されなかたのに。と思います(笑)

管理人さんへ

ほめ殺しなんぞしませんて(笑)

 講義ってのは、どんよりした実生活を送る中で、まるでぽっかりと青空が広がるような心持ちにさせてあげないと意味がありません。

 自分の生活や信心を肯定できるようなね。そんなでないと退屈な気分で帰ることに。

 今日ですが久方ぶりにある婦人部さんから電話がありました。 あなたと早くこうしてお話しできるようになりたかった、とかいうことを言って下さって。   ずっとご病気なんですが、どうしたらこの方が元気が出るだろうと、折に触れ、お電話したり、お手紙を出したりしてきた人です。

 「学会のためにもずっといて下さいね」と言われ、かなり複雑な気持ちでした。    本当のことが言えないのが苦しいですが、決めたことだから、近いうちに、「去った幹部」として私のことを耳にするのでしょうね。

 81歳になる、その上品な教養のある方に、「来世を楽しみにしましょうね!」 と言いました。  気持ちが前向きになられた様子でした。

 嬉しかった。  ものすごく私は嬉しかったんですよ。 

 同時に、このままにはしておけないな、という気持ちにもなりました。

 どうやら、まだ私にもミッションが残っているようです。

 もう一人は、午前中においでになった壮年部さんで、私より年長ですが、「自分は「そういう事情で」あえて結婚もせず、ここまできました。 それで、学会はもうたくさんです。 だけど、自分が死んだあとの永代供養となにより葬儀について教えてくれ」と仰るので、地元の正宗寺院に連絡をとり、そのあと、本人にご住職と☎で話してもらい、来週の木曜日にお寺に送っていく運びになりました。   お骨は本山の大納骨堂に、という話に決まり、安心されたようでした。 「そういう事情」というのは、ものすげえ、悲惨な話で、もちろんここでは書けませんが、そういう壮絶な人生もあるんだなあ、とつくづく考えさせられた内容でした。

 私なんぞ、まだまだ恵まれていると思います。

 がんばろうと思います。  

 とか言いながら、今夜も近場で芋を飲んできました。 やはりロックに限るね。(笑)

 

RAMBOさん

こんにちは。

> ほめ殺しなんぞしませんて(笑)
>  講義ってのは、どんよりした実生活を送る中で、まるでぽっかりと青空が広がるような心持ちにさせてあげないと意味がありません。
>  自分の生活や信心を肯定できるようなね。そんなでないと退屈な気分で帰ることに。

ありがとうございます。素直に褒められたら喜ぶことにします(笑)

>  今日ですが久方ぶりにある婦人部さんから電話がありました。 あなたと早くこうしてお話しできるようになりたかった、とかいうことを言って下さって。ずっとご病気なんですが、どうしたらこの方が元気が出るだろうと、折に触れ、お電話したり、お手紙を出したりしてきた人です。
>  「学会のためにもずっといて下さいね」と言われ、かなり複雑な気持ちでした。本当のことが言えないのが苦しいですが、決めたことだから、近いうちに、「去った幹部」として私のことを耳にするのでしょうね。

そうでしょうね。何だか切ない気持になりますよね。それを聞いたその婦人部さんがどう行動するかですよね。そのまま疎遠になってしまうか、今まで通り変わらないか・・組織は変えようとするでしょうが。

>  81歳になる、その上品な教養のある方に、「来世を楽しみにしましょうね!」 と言いました。  気持ちが前向きになられた様子でした。
>  嬉しかった。  ものすごく私は嬉しかったんですよ。 
>  同時に、このままにはしておけないな、という気持ちにもなりました。
>  どうやら、まだ私にもミッションが残っているようです。

まだまだガッチリ残ってます。
楽隠居なんてさせませんよ(笑)

>  もう一人は、午前中においでになった壮年部さんで、私より年長ですが、「自分は「そういう事情で」あえて結婚もせず、ここまできました。 それで、学会はもうたくさんです。 だけど、自分が死んだあとの永代供養となにより葬儀について教えてくれ」と仰るので、地元の正宗寺院に連絡をとり、そのあと、本人にご住職と☎で話してもらい、来週の木曜日にお寺に送っていく運びになりました。お骨は本山の大納骨堂に、という話に決まり、安心されたようでした。 「そういう事情」というのは、ものすげえ、悲惨な話で、もちろんここでは書けませんが、そういう壮絶な人生もあるんだなあ、とつくづく考えさせられた内容でした。

素晴らしいです。会員さんを大御本尊の元へ。それが創価の活動です。使命です。

>  とか言いながら、今夜も近場で芋を飲んできました。 やはりロックに限るね。(笑)

芋はロックです。  
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR