御本尊様を御安置。そして創価は。

昨日の夕方ようやく母がご本尊様をいただくことができた。
菩提寺のK寺で、御住職の導師で読経・唱題。
御本尊をいただき
そのあと執事さんと法華経の紹介者の方で
母の自宅に来てくれ、無事に新しい日蓮正宗の
御本尊を御安置することができた。
俺もその御本尊に題目をあげた。
てっきり、今の日如法主の御書写の御本尊かと思っていたのだが
前法主である、顕師御書写の御本尊だった。
もともと、母の所にあったのは顕師の御本尊だったから
それはそれで逆に嬉しいというか
元通りになったというか
感慨深いものがあった。
思えば20年前、学会の御本尊に取り換えて今に至っていたが
ようやく「本来の主」が戻ってきた。という感覚。
いうならば、20年間不法占拠されていた場所に
本来の持ち主がようやく戻れた。ってところ。
まぁ、今回の場合は「行政代執行」したんだけどね(笑)
まぁ、なにはともあれコレでようやく全ての手続きも終わり
母も気分がスッキリしたとの事で、良かった。

さて、創価退会時に創価を退会しても
母と今までどおり付き合ってくれる。と約束してくれたYさんだが
最初のうちは今までどおりだったようだが
ここ最近では電話の1本も来なくなった。とのこと。
母が地元の活動家さんに聞いた所によると
支部内で母とは関わらないように。との通達が回っているらしい。
もっというと「母と」ではなく
「俺と」関わるなと言うニュアンスみたいだ。
まぁ、創価らしいっちゃ創価らしい。
これが、アノ婦人部長さんが言っていた
「創価を離れると最後は寂しく一人ぼっち」といことなんだろう。
それまでは、「大切な部員さん」だの
「創価家族」だのいって付き合ってきたが
創価をやめるなら全員あなたとはもう付き合ってあげませんよ。
ってことなんだよ。
これは、母だけじゃく多くの創価をやめた元会員がされきた仕打ちだ。
小中学生のイジメじゃあるまいし
大の大人。しかも「仏法を信仰しています」といっている大人がやることとは思えない。
普通の大人ならいちいち「誰々と付き合うな」なんて他人に言わないし
他人に付き合うな。といわれて「分かりました」とは言わない。
さすがは、精神構造が幼稚な師匠をもつ弟子たちは普通とは違う(笑)
とはいうモノのそうした仕打ちが怖くて
創価の組織から離れられない会員さんも大勢いるノ事実だ。
だれも付き合ってくれなくなったらどうしよう。
と不安になってしまう気持ちも分からないでもないが
実際は、創価の連中と付き合わなくても
別の友達や知合いが増えたりして怖くもなんともない。
どうしても怖ければ法華講になれば一人になる事もない。
一人で無間地獄に沈む事に比べれば何も怖くないよ。

まぁ、そんな感じで母には悪い事をしたと思いつつ
母もYさんが来なくても別に落ち込んでいないらしいので
無事に御本尊を御安置できて俺もスッキリしたよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まずはおめでとうございました!

 ここをしっかり押さえていかないといけませんね。 誰と仲がいいとか、寂しいとか、母上様もいろんな感情をお持ちかもしれませんが、正しいがゆえに非難されるという創価の伝で、まさしく怨嫉をあえて起こされてでも決断されたこと、素晴らしく思いました。 ご老人には本当に成し難い決断です。  現代の事件や病の起因の一つは《孤独感》ですからね。

 管理人さんの ただ一人の母親として どうぞこれから尚一層、大事にしてさしあげて下さいませ。  (老婆心ながら)  老爺心か。。(苦笑)

 さて前回のコメで「受け入れられない」と書きましたが、11年3・11の「東日本大震災」の様子を、出先の会社のテレビでリアルタイムで視た時もそうでした。  目の前の現実が現実として受け止められない、あの感情と同じです。

 今回は、私の50年余の心中の「創価の存在感」が、本能的にそれを忌避したのでしょう。  それは創価のバリ活さんが感じる、退会していく人間に対する「違和感」と同質なものかもと考えたりしています。

 「在りえざるものごと」に直面した時の、凡人の対応と思えば納得できます。   日本で多分、「最も民族主義的な団体」だと仮定すれば、なおさらですね。  

 結局は「違和感→ 仏敵 →排除・攻撃」へと向かいます。  しかし、片方では「人間主義」だの「民衆を愛する戦い」だのあげくには「地湧の菩薩(あ、仏になったんだった)」だの、常日頃からのたもうておられる。  そうすると創価の言う、「人間」っておのずと限定的なものを指すのか、と思うわけです。

 平家じゃあるまいし、「創価あらずばに人にあらず」とかいう下卑た選民主義なんじゃん、と分かってきます。 それも純朴で愚直な人々でなくては大事にしてはもらえません。  お金、時間 労力、、これらを何一つ疑うことなく、提供(奉仕)できる人だけを大事にするのだという帰結になる。

 今更ですが、この自尊・自己評価の高さが、世間様、あるいは世界中から尊敬されない理由なんでしょうね。  そして第四コーナーで、自称「仏」になっちまったというね。。

 あとは一直線に「創価の御本尊建立へと向かうというのも、あながち否定できないものがありますね。

 池田氏が会長就任時に脱会者が20万人出ました。  さて御筆にかかる「池田ご本尊」出現においては、いかなることにあいなるのでしょうか。 小説・人間カクメイの何巻でしたか、失念しましたが、「岡田一哲」さんが自らご本尊様を書いてしまって、やがて現罰を受けて胃ガンで夭折したことをとりあげて、「そういうことは断じてあってはならぬ」という戒めとして書かれておりました。 そう、「信徒の分際ではそれをやっちゃったらダメ!ということです。  だから信徒(凡夫)じゃなくて、創価を「仏」にしないと困るわけですね。。  単純な論理です。

 しかし、さすがに「寒気」を覚える旧会員さんも少なくなかろうと思量します。。

 
 いまや、推定資産10兆円、政権与党を意のままにし、社会各層に「創価の人材」を潜ませて総体革命の基盤を作っちゃったと自負なさってますが、なんか、古代バビロニアのあの「バベルの塔」を連想します。

 とうとう、終わりの始まりですね。 

 話がそれました。  失礼しました。
 

 

 

 

 



おめでとうございます!

管理人様のお母様、
本当におめでとうございます。
創価組織から離脱出来たのは
良い事ではないでしょうか。
少し寂しい思いはあるでしょうけど、
そのうち訳の分からぬ創価学会仏を
御安置する事になるのは必然なので。
その前に手を打つ事が出来たので。

地涌の菩薩が合体すると、
創価学会仏ロボットになるのでしょう?

おめでとうございます!

管理人様のお母様、
本当におめでとうございます。
創価組織から離脱出来たのは
良い事ではないでしょうか。
少し寂しい思いはあるでしょうけど、
そのうち訳の分からぬ創価学会仏を
御安置する事になるのは必然なので。
その前に手を打つ事が出来たので。

地涌の菩薩が合体すると、
創価学会仏ロボットになるのでしょうか?

こんばんは。

お母さまがすっきりなさったとのこと、なによりですね。
おめでとうございます。

まったく創価学会の選民意識ほど卑しく野蛮なものはありませんね。
いい歳して仲間はずれですって!キャー恥ずかしい!
ああそうでした、羞恥心は捨てた方達でした。
組織からのお達しもあるでしょうが、ご自分達の理解を超えた世界へ清々しく去って行った方と、どう付き合ったらいいのかわからないんじゃないですか?アホですから。

そもそも、ひとりて居ることが不幸という短絡的な発想もなんとかならないものですかね。

まあこんな話、創価学会の中で押し合いへし合いドサクサまぎれで生きている皆さまには通じませんね。
お可哀想に。


ともあれ、管理人さんのお母さまの日々が、穏やかでお幸せでありますようにお祈りしています。

おめでとうございます。

管理人様

この度の吉報、大変嬉しく思います。
誠におめでとうございます。
御法主上人ご允可の御本尊様。
小生の経験上、お題目をあげると勇気と知恵が湧いてきます。
信心の歓び、歓喜を実感できます。

「モノ」ではなく「生身の仏様」をお迎えできました事、大変喜ばしい限りです。
本当におめでとうございました!


『あひかまへて御信心を出し此の御本尊に祈念せしめ給へ、何事か成就せざるべき、「充満其願・如清涼池・現世安穏・後生善処」疑なからん』(経王殿御返事)

おめでとうございます。
管理人さんのお母様が、創価から抜け出せて本当によかったですね。
学会の本尊が変更になる前でよかったです。
大御本尊様のもとで信心できるのですね。
私にとっては羨ましい限りです。
旦那が1日でも早く創価の間違いに気づいてくれるように、私も頑張ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誰が考え出したのか?カルトのノウハウ

●お母様がカルトから脱出できてよかったですね!
カルトはどこも一緒で創価の場合は辞めると「退転者」となりますが、統一原理では「サタンと使い」とよばれます。
今までの教団で築いた人間関係は多くの場合失われます。(教団から通達が回ります)
辞める理由で1番多いのが、教団の上層部の金儲けに利用されるだけだというのがわかったからというのが1番多いです(笑)

●創価の場合は辞めた方の受け皿の1つとして日蓮正宗があり、御講というのがお寺ごとに月1回あるようですが、御講の出席人数が前年度割れのお寺も少ないながらでてきたようですので、偉いお坊さんが御講の出席率をあげるようゲキをとばしてました。(内部向け機関紙から)
お坊さんチームの課題は、コミュニティの機能をも求める新入信者の増大にどのように対処していくかになりそうです。(そうしていかないとせっかく新入信が増えても、同時に脱落者が増大していくという事になったら何してるかわかんないですからね)


RAMBOさん

こんばんは。

> まずはおめでとうございました!
>  ここをしっかり押さえていかないといけませんね。 誰と仲がいいとか、寂しいとか、母上様もいろんな感情をお持ちかもしれませんが、正しいがゆえに非難されるという創価の伝で、まさしく怨嫉をあえて起こされてでも決断されたこと、素晴らしく思いました。 ご老人には本当に成し難い決断です。  現代の事件や病の起因の一つは《孤独感》ですからね。
>  管理人さんの ただ一人の母親として どうぞこれから尚一層、大事にしてさしあげて下さいませ。  (老婆心ながら)  老爺心か。。(苦笑)

ありがとうございます。私が学会員さんと話したことが裏目にでたようですが、母も法華講になり新しい御本尊をいただけ嬉しいそうなので良かったと思ってます。

>  さて前回のコメで「受け入れられない」と書きましたが、11年3・11の「東日本大震災」の様子を、出先の会社のテレビでリアルタイムで視た時もそうでした。  目の前の現実が現実として受け止められない、あの感情と同じです。
>  今回は、私の50年余の心中の「創価の存在感」が、本能的にそれを忌避したのでしょう。  それは創価のバリ活さんが感じる、退会していく人間に対する「違和感」と同質なものかもと考えたりしています。
>  「在りえざるものごと」に直面した時の、凡人の対応と思えば納得できます。   日本で多分、「最も民族主義的な団体」だと仮定すれば、なおさらですね。  
>  結局は「違和感→ 仏敵 →排除・攻撃」へと向かいます。  しかし、片方では「人間主義」だの「民衆を愛する戦い」だのあげくには「地湧の菩薩(あ、仏になったんだった)」だの、常日頃からのたもうておられる。  そうすると創価の言う、「人間」っておのずと限定的なものを指すのか、と思うわけです。
>  平家じゃあるまいし、「創価あらずばに人にあらず」とかいう下卑た選民主義なんじゃん、と分かってきます。 それも純朴で愚直な人々でなくては大事にしてはもらえません。  お金、時間 労力、、これらを何一つ疑うことなく、提供(奉仕)できる人だけを大事にするのだという帰結になる。
>  今更ですが、この自尊・自己評価の高さが、世間様、あるいは世界中から尊敬されない理由なんでしょうね。  そして第四コーナーで、自称「仏」になっちまったというね。。
>  あとは一直線に「創価の御本尊建立へと向かうというのも、あながち否定できないものがありますね。

ゴールは、独自の本尊配布でしょう。最初からそこがゴールだと思っています。
いわゆる、52年路線の時の野望をずっと胸にしまってきたのでしょう。
そえが池田大作という人間だったということです。

>  池田氏が会長就任時に脱会者が20万人出ました。  さて御筆にかかる「池田ご本尊」出現においては、いかなることにあいなるのでしょうか。 小説・人間カクメイの何巻でしたか、失念しましたが、「岡田一哲」さんが自らご本尊様を書いてしまって、やがて現罰を受けて胃ガンで夭折したことをとりあげて、「そういうことは断じてあってはならぬ」という戒めとして書かれておりました。 そう、「信徒の分際ではそれをやっちゃったらダメ!ということです。  だから信徒(凡夫)じゃなくて、創価を「仏」にしないと困るわけですね。。  単純な論理です。
>  しかし、さすがに「寒気」を覚える旧会員さんも少なくなかろうと思量します。。

どうでしょうかね。
そうだといいのですが、今回は何十年もかけて用意周到に計画されたモノでしょうから。

>  とうとう、終わりの始まりですね。 

そうですね。
創価は終わった。それだけは事実ですね。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 管理人様のお母様、
> 本当におめでとうございます。
> 創価組織から離脱出来たのは
> 良い事ではないでしょうか。
> 少し寂しい思いはあるでしょうけど、
> そのうち訳の分からぬ創価学会仏を
> 御安置する事になるのは必然なので。
> その前に手を打つ事が出来たので。

ありがとうございます。
半ば強引に母を創価から離したのかな?と思ったりしますが
これで良かったと思っています。

> 地涌の菩薩が合体すると、
> 創価学会仏ロボットになるのでしょうか?

いや。謗法幹部・活動家が合体すると
創価学会仏ロボになるのだと思います(笑)

牡丹さん

こんばんは。

> お母さまがすっきりなさったとのこと、なによりですね。
> おめでとうございます。

そうですね。本人がスッキリしてくたので良かったです。

> まったく創価学会の選民意識ほど卑しく野蛮なものはありませんね。
> いい歳して仲間はずれですって!キャー恥ずかしい!
> ああそうでした、羞恥心は捨てた方達でした。
> 組織からのお達しもあるでしょうが、ご自分達の理解を超えた世界へ清々しく去って行った方と、どう付き合ったらいいのかわからないんじゃないですか?アホですから。

まったく、恥かしいですよね。
ただの、バァさん一人仲間はずれにして
「してやったり」って思ってるんですかね(笑)

> そもそも、ひとりて居ることが不幸という短絡的な発想もなんとかならないものですかね。
> まあこんな話、創価学会の中で押し合いへし合いドサクサまぎれで生きている皆さまには通じませんね。
> お可哀想に。

そうなんですね。
「自分たちがいなければ困るだろう」って思っちゃんてるんですね。
まぁ、母の組織の人間に聞くところによると
母のところに行くと私が出でくる。
それにビビっているらしいです。
また、私に「退会させられる会員が出るのではないか?」と心配らしいです。
そんなこと、するに決まってますが(笑)

> ともあれ、管理人さんのお母さまの日々が、穏やかでお幸せでありますようにお祈りしています。

ありがとうござます。


古刹信徒さん

こんばんは。

> この度の吉報、大変嬉しく思います。
> 誠におめでとうございます。
> 御法主上人ご允可の御本尊様。
> 小生の経験上、お題目をあげると勇気と知恵が湧いてきます。
> 信心の歓び、歓喜を実感できます。

ありがとうございます。
ご安置の終わったあと、母曰く
「明日から頑張って勤行しないとね」と。
そう言ってくれただけでも、今回の件は良かったと思ってます。

林檎さん

こんばんは。

> おめでとうございます。
> 管理人さんのお母様が、創価から抜け出せて本当によかったですね。
> 学会の本尊が変更になる前でよかったです。

ありがとうございます。
やっと一連の騒動?が終わりホッとしています。

> 大御本尊様のもとで信心できるのですね。
> 私にとっては羨ましい限りです。

林檎さんは既に「大御本尊のもと」で信心していますよ。
心配いりませんよ。

> 旦那が1日でも早く創価の間違いに気づいてくれるように、私も頑張ります。

最後は正しい方が勝ちます。
大御本尊を信じている林檎さんは既に勝っています。大丈夫ですよ。

◆既に日蓮かちぬべき心地す(四条金吾釈迦仏供養事)

非公開さん

こんばんは。

ありがとうございます。
また是非コメントください。
非公開なので、折角のコメントを紹介できず残念です。
これからもよろしくお願いします。

古本屋店主さん

こんばんは。

> ●お母様がカルトから脱出できてよかったですね!
> カルトはどこも一緒で創価の場合は辞めると「退転者」となりますが、統一原理では「サタンと使い」とよばれます。
> 今までの教団で築いた人間関係は多くの場合失われます。(教団から通達が回ります)
> 辞める理由で1番多いのが、教団の上層部の金儲けに利用されるだけだというのがわかったからというのが1番多いです(笑)

ありがとうございます。
まずは、謗法団体から離れることが出来て良かったと思っています。

> ●創価の場合は辞めた方の受け皿の1つとして日蓮正宗があり、御講というのがお寺ごとに月1回あるようですが、御講の出席人数が前年度割れのお寺も少ないながらでてきたようですので、偉いお坊さんが御講の出席率をあげるようゲキをとばしてました。(内部向け機関紙から)
> お坊さんチームの課題は、コミュニティの機能をも求める新入信者の増大にどのように対処していくかになりそうです。(そうしていかないとせっかく新入信が増えても、同時に脱落者が増大していくという事になったら何してるかわかんないですからね)

そうですね。法華講員さんも言い分があるでしょうが
コミュニティの運営という部分では、
創価に軍配を上げざるを得ない。そんな気がします。

お母様良かったですね!
おめでとうございます!

実は私も、脱会はしてませんが(笑)
正宗寺院にお伺いして経本を購入させてもらい唱題させていただきました。
今は五座三座でちゃんとしたご観念文で勤行しています。
創価式では感じられなかった充実感みたいなものを強く感じています。

話は変わりまして、今月末に任用試験があるので、どんな状況か聞いてみると、突き進む邪宗化のためだと思われますが、教える側も、何を教えてるのかわけがわからずやってる感じですね。
創価学会仏も大変みたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うふふ。

管理人さん、すっかり怖がられてますね。

私は管理人さんのように教学で論破は出来ませんが、経験上の組織の矛盾点ならいくらでも話せます。
疲弊している学会員さんには遠慮なく「辞めちゃいなさいよ」って言います。
だから、私のところへも学会員さんは誰も来なくなりました。
最後に来たのはいつかの選挙中?
もう私が一番腹がたつパターン。
何を言ったか忘れましたが、それ以来、ぱったりですね。
街角でお会いしても、お逃げになりますのよ、オホホホ。追いかけてやろうかしら。

管理人さんのお母さまのところへも、選挙になったらお越しになるかもしれませんね。
管理人さんが「出てこない」時間帯などリサーチして。
ご用心あれ。

現役男子部さん

こんばんは。

> お母様良かったですね!
> おめでとうございます!

ありがとうございます。

> 実は私も、脱会はしてませんが(笑)
> 正宗寺院にお伺いして経本を購入させてもらい唱題させていただきました。
> 今は五座三座でちゃんとしたご観念文で勤行しています。
> 創価式では感じられなかった充実感みたいなものを強く感じています。

そうなんですよね。五座三座は大変かもしれなせんが、なんともいえない爽快感があります。
また、ご観念文も創価のご祈念とは全く違って清々しいですよね。

> 話は変わりまして、今月末に任用試験があるので、どんな状況か聞いてみると、突き進む邪宗化のためだと思われますが、教える側も、何を教えてるのかわけがわからずやってる感じですね。
> 創価学会仏も大変みたいです。

架空の仏を教えるのだから難儀ですね(笑)
創価教学も、すっかりフィクションになりました。

非公開さん

こんばんは。

> おめでとうございます。

ありがとうございます。

牡丹さん

こんばんは。

> 管理人さん、すっかり怖がられてますね。

いやいや、怖がられているというより、
嫌がられている。って感じですか(笑)

> 私は管理人さんのように教学で論破は出来ませんが、経験上の組織の矛盾点ならいくらでも話せます。
> 疲弊している学会員さんには遠慮なく「辞めちゃいなさいよ」って言います。
> だから、私のところへも学会員さんは誰も来なくなりました。
> 最後に来たのはいつかの選挙中?
> もう私が一番腹がたつパターン。

ああ、私も最後の「組織から」のコンタクトは選挙の確認でした(笑)

> 何を言ったか忘れましたが、それ以来、ぱったりですね。
> 街角でお会いしても、お逃げになりますのよ、オホホホ。追いかけてやろうかしら。

わぁ~、同じです。
顔見知りの活動家さんと
コンビニであっても、飲食店であっても、
明らかに目が合っているのに、す~っといなくなります。
やはり、追いかけたほうがいいですかね?
警察呼ばれたらどうしよう(笑)

> 管理人さんのお母さまのところへも、選挙になったらお越しになるかもしれませんね。
> 管理人さんが「出てこない」時間帯などリサーチして。
> ご用心あれ。

そうかも(笑)
なにせ、創価活動家ってのはヘタレのくせに
厚顔無恥ですから(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる