気がついちゃった学会員さん

先日会社の車のタイヤを
何気なくみたらヤマがほとんどなかった。
こんなタイヤでビュンビュン高速道路とか走ってたと思うとゾッとした。
早速、新しいタイヤと交換した。
知らないときは全然平気だけど、気づいちゃうと急に怖くなる
そんなことって結構多いよね。
自分では今まで通り運転しているのだけど、
乗ってる車の方がいつも何やら知らないうちに故障している。
創価の謗法に気づいちゃった
学会んさんもそんな気分になると思う。
実際に親交ある会員さんの中には
「罰が出るのでは?」と心配している人も数人いる。
その人たちは、自分では気づいたけど家族が気づいていないので
それで「罰がでるのでは?」と心配になるらしい。

大御本尊を受持しない。これは明らかに謗法であるから
罰が出るか出ないかで言えば、「罰は出る」
それが大聖人の教えだ。
でも、家族で一人その謗法に気づけばそんな心配は無用だ。
気づいた一人が大御本尊に対する信心を貫けば
本人のみならず、その一族も守られていく。それも大聖人仏法である。
日寛上人は観心本尊抄文段で、

◇故に暫くもこの本尊を信じて 南無妙法蓮華経と唱うれば、則ち祈りとして叶わざるなく、罪として滅せざるなく、福 として来らざるなく、理として顕れざるなきなり。

とご指南されている。
本門本尊に本門題目を唱えれば、滅しない罪はないのである。
そして、日寛上人が「この本尊」と言われている本尊とは
同じ観心本尊抄文段に

◇本門戒壇の本尊は応にこれ総体の本尊なるべし。これ則ち一閻浮提の一切衆生の本尊なるが故なり。自余の本尊は応にこれ別体の本尊なるべし。これ則ち面々各々の本尊なるが故なり。

と言われているように、一大秘法の本門戒壇の大御本尊に他ならない。
つまり、本門戒壇大御本尊を信受し題目を唱えれば、
滅しない罪はなく、叶わない祈りもない。
ゆえに謗法に気づかない創価の家族がいても
「罰が出ること」などないので安心して欲しい。
罰どころか、やがて家族も創価の謗法から救うこともできる。

といっても、すぐにはなかなか難しいとも思う。
なにせ気づかない人々は
自分は変わらず安全運転(純粋な信心)をしているつもりだろうし
事実、安全運転(純粋な信心)をしていると思う。
でも、乗っている車(創価学会)が
自分で知らないうちに、誰かに細工され
いつの間にか欠陥だらけの危険車両になっているのだ。
これに気づくのはなかなか困難で
事故を起こせば気づくのだろうが、
できれば事故る前に気づいて欲しいと願っているのだが
なにせ長年乗っている愛車なので、
他人に「危ないですよ」といわれても、なかなか聞く耳持たない。
それでも、焦らず祈っていけばいづれは分かってくれる日がくる。
俺の周りもそんな危険車両を安全運転で(時々暴走している奴もいるが)乗り回している人が多い。
気づいた側としては、なんとか「事故る前に気づいて欲しい」と祈るばかりだ。
気づくまでは、気づいた側の祈りで守っていくしかないからね。

ともあれ、気づいっちゃった学会員さん、
「罰など出ない」ので安心して
大御本尊を信受し題目を唱えましょうね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

創価学会員、特に役職持ちはとにかく忙し過ぎます。
なんか変だと本当は『気付いて』いても、次から次の雑務に押し流されるうえに無駄話の時間も相当なものなので、よくよく考える暇さえない。
そういう方は多いと思います。
今までの創価学会の価値観を全部ひっくり返さないと答えが出なさそう、と薄々感じているから怖くて深追いせずに後回しにしている、というのもあると思います。
学会員さん同士でも「お題目あげきっていきましょうね」「闘いきって先生にお手紙書きましょうね」とかなんとか言ってうやむやにしていること、たくさんありますでしょ?

ところで、
学会員さんがよく言う『信心がある』というのが私には意味がわかりません。
どんどんわからなくなっています。
いよいよ頭が割れそうなのでしょうか。
褒め言葉として使われると本当に戸惑います。

「頭にも心にも池田先生のご指導がギッチギチに詰まっている人」
「唐突に『折伏教典』を出してくる人」
「所構わず相手構わず学会宣言する人」
「選挙で何百人ものFの報告をする人」
「選挙で何十人ものZの報告をする人」
「何時間でも平気で大声で題目をあげる人」
「高額財務をして池田先生から素敵なプレゼントをもらってる人」
「ご自宅の仏間に池田先生のプロマイドを飾りまくっている人」
「しょっちゅう池田先生にプレゼントをお届けしている人」
そんなイメージでしょうか。
尊敬ではなく嫌悪感を覚えるのは私が中途半端な気持ちで学会活動しているからなのか…と思ったりした可憐な時期もありました。ほんのちょっとの間だけ。

結局「あの人は信心がある」という方は、私には熱狂的な池田ファンで学会活動マニアの変人でしかありませんでした。
そういう方に限って立ち居振る舞いや言動は見苦しい。最悪の人物像です。

婦人部の上のほうの幹部の面々は信心がおありだから、皆さんさぞや立派なご婦人だとお思い?
とんでもない。
例えば他人(部員さん)の個人情報の晒し合い。
いかに自分が信頼されているか、自分の組織では連携がとれているか、と張り合ってらっしゃる。
部員さんご本人が隠しておきたい生い立ち、家庭内のドロドロ、体の不調、もうダダ漏れでございます。婦人部幹部の大好物でございます。

こんなゲスが何百人の部員さんのリーダーかと思ったら、そりゃあ嫌にもなりますわよ。

婦人部幹部のゲスエピソードは山のようにありますので、またそのうちに気が向いたら。

ああ、そこのあなた、実名は晒しませんのでご安心を。

管理人さん

  「気づき」はある日突然やってくる場合がありますね。  あるいは、じわじわと心に沈殿していた疑問や不満が、何かの事件、出来事をきっかけにして、過飽和状態に達するパターンも。 ま、後者のほうが多いかも。

 でもそれも、日常の学会世間の人間関係や、なんといっても「センセイ」への過信、それによく理解できていない教学上の「壁」が、それを押しとどめてしまいます。  批判をすれば、活動をやめれば、新聞をやめたら、そして「日寛本尊」への帰命(?)をやめれば、地獄に堕ちることへの恐怖が阻害要因になりますね。  私とてそうでした。  それらは「今までの自分の否定、人生の総見直し」になるからです。

 若い人はまだいい。  長年やってきたら、それは結構キツイんです。

 転ぶことへの罪悪感は相当にあるんですね。

 >牡丹さん

 婦人部大幹部さんの話題、期待しています。  私も知り合いの古参幹部さんの愚痴を何度も聞きましたが、田舎の総県レベルなんかもひどい有様なようです。  車中でも東京についてからも、組織の話なんか一切なし。  人のうわさやお買い物(ファッションやお化粧品、その他 欲しかったグッズ)など、そんな話だけでワイワイやってるだけで、驚いたと。。   ハム党肝いりで「個人情報保護法」を成立させた割りには、会員個人の「秘密な話」を「善かれと思いながら」ダダ漏らしするのは普通ですから、会員さんは「指導を受けるのをいやがる」のが実態です。

 おおむね、皆さん品位がありませんね。  学会内でしか通用しないレベルです。  それも離れてから余計に感じます。  学会の常識は世間の非常識、、 これは定説でしょうね。

 

 

どなたか。。

 聖教新聞のHRD会長殿の御発言がすごい、とのうわさを聞きました。

 私は非購読者になってまして、、

 なんでも「財務は最高の大善。。云々」とかいう、崇峻天皇御書も真っ青な
陳説だとか、、、

 よろしくご紹介下さいませ。(m´・ω・`)m

創価を離れる=バチ(退転者)

バチ論と言う名の
恐怖を担保に、

麗しき学会を離れると
そこに待っるのは無限地獄、

財務をしなければ、
経済革命も
出来ないとか、

大御本尊様の御心に即した、
御書根本、
大御本尊様直結の
凡夫の集まりであられる学会に
哀れみの思いしかないです。

くだらないコメント大変失礼致しますm(__)m

ランボーさんへ

●宿坊の掲示板は転記が原則禁止ですので、簡単ですので自身でお探しください
下記に要領を記載しときます。

●宿坊の掲示板に入るhttp://6027.teacup.com/situation/bbs?page=3&

次に→(投稿日:2016年11月12日(土)09時26分23秒)をさがす。
右上に原●会長の写真が掲載された2016年11月11日の聖教新聞のアップがでてきます、出てきたら聖教新聞のアップをクリックすれば拡大されますので読みやすいと思いますし問題の個所は投稿された方が赤枠でわざわざ囲みをいれてますからすぐわかります。

牡丹さん

こんばんは。

> 創価学会員、特に役職持ちはとにかく忙し過ぎます。
> なんか変だと本当は『気付いて』いても、次から次の雑務に押し流されるうえに無駄話の時間も相当なものなので、よくよく考える暇さえない。
> そういう方は多いと思います。
> 今までの創価学会の価値観を全部ひっくり返さないと答えが出なさそう、と薄々感じているから怖くて深追いせずに後回しにしている、というのもあると思います。
> 学会員さん同士でも「お題目あげきっていきましょうね」「闘いきって先生にお手紙書きましょうね」とかなんとか言ってうやむやにしていること、たくさんありますでしょ?

そうでうね。気づかないようにしてるのでしょう。

> ところで、
> 学会員さんがよく言う『信心がある』というのが私には意味がわかりません。
> どんどんわからなくなっています。
> いよいよ頭が割れそうなのでしょうか。
> 褒め言葉として使われると本当に戸惑います。

確かに。
「信心がある」とか「ない」とか使いますね。
でもその基準はわからない。というか無い。

> 尊敬ではなく嫌悪感を覚えるのは私が中途半端な気持ちで学会活動しているからなのか…と思ったりした可憐な時期もありました。ほんのちょっとの間だけ。

そのころの牡丹さんに会いたかったです(笑)

> 婦人部の上のほうの幹部の面々は信心がおありだから、皆さんさぞや立派なご婦人だとお思い?
> とんでもない。
> 例えば他人(部員さん)の個人情報の晒し合い。
> いかに自分が信頼されているか、自分の組織では連携がとれているか、と張り合ってらっしゃる。
> 部員さんご本人が隠しておきたい生い立ち、家庭内のドロドロ、体の不調、もうダダ漏れでございます。婦人部幹部の大好物でございます。

はい。迂闊にマジな悩みなど話そうものなら、次の日には支部のみんなに祈られてます。
御祈念帳に「○○さんの××が解決しましょうに」とか書かれて(笑)
あんなに内緒にしてと言ったのに・・・
「みんなで貴方のことを祈ってますよ」って・・
大きなお世話だちゅ~の(笑)


> こんなゲスが何百人の部員さんのリーダーかと思ったら、そりゃあ嫌にもなりますわよ。
> 婦人部幹部のゲスエピソードは山のようにありますので、またそのうちに気が向いたら。

男女青年部にもたくさんあります。
そうそう壮年部も。
創価家族でなく本当の家族なら
とっくに「家庭崩壊」です(笑)

RAMBOさん

>   「気づき」はある日突然やってくる場合がありますね。  あるいは、じわじわと心に沈殿していた疑問や不満が、何かの事件、出来事をきっかけにして、過飽和状態に達するパターンも。 ま、後者のほうが多いかも。
>  でもそれも、日常の学会世間の人間関係や、なんといっても「センセイ」への過信、それによく理解できていない教学上の「壁」が、それを押しとどめてしまいます。  批判をすれば、活動をやめれば、新聞をやめたら、そして「日寛本尊」への帰命(?)をやめれば、地獄に堕ちることへの恐怖が阻害要因になりますね。  私とてそうでした。  それらは「今までの自分の否定、人生の総見直し」になるからです。

そうですね。辛いと思います。私の場合は組織から追放された身ですのでそういうことを考える時間はなかったように思いますが、そえれでも「自分の信心が間違っているのか?」と自問自答をしたものです。でも今はあの時に組織に追放されて良かったと心から思います。

退転壮年部おじさんさん

こんばんは。

> バチ論と言う名の
> 恐怖を担保に、
>
> 麗しき学会を離れると
> そこに待っるのは無限地獄、
>
> 財務をしなければ、
> 経済革命も
> 出来ないとか、
>
> 大御本尊様の御心に即した、
> 御書根本、
> 大御本尊様直結の
> 凡夫の集まりであられる学会に
> 哀れみの思いしかないです。

本当にそうですね。
活動家の方々は「嫉妬」とか「怨嫉」とかいいますが
そんな感情は全くありません。
活動家さんを見ていると「ただ哀しい」の一言です。

RAMBOさん、件の記事は見つかりました?
私は本幹の「池田大作先生」のメッセージとやらをうっかり見つけてしまいましたよ。
早速「池田大作先生」ですって。
なんでもいいからデカくてスゴいことを信濃町の中心で叫びたい、というお気持ちだけはわかりました。意味不明ですが。
誰が考えてるのか知りませんけど、あんなの載せたら「やっぱ先生ボケちゃったのかな?」ってバレますわよ。

牡丹さん

こんばんは。

> RAMBOさん、件の記事は見つかりました?
> 私は本幹の「池田大作先生」のメッセージとやらをうっかり見つけてしまいましたよ。
> 早速「池田大作先生」ですって。
> なんでもいいからデカくてスゴいことを信濃町の中心で叫びたい、というお気持ちだけはわかりました。意味不明ですが。
> 誰が考えてるのか知りませんけど、あんなの載せたら「やっぱ先生ボケちゃったのかな?」ってバレますわよ。

大半の普通の常識がある人ならば
もうとっくにセンセは「ボケ」ちゃってると思ってますよ。
ただ、それを組織内ではお互いに「誰にも言えない」だけです。
それにしても、こうして活字で「池田大作先生」と見ると
なんだか、
 アレです。

管理人さん、こんばんは。
家族に活動家がいても、一人大御本尊に信を置いて勤行唱題すれば守られるんですね。
旦那に早く気づいてほしいものです。
この間本幹に行ったときも、私から会則変更について何の説明もなかったねって言ったら、創価学会仏でしょ?なんでだろうねって言ったきり、だんまりだったので、会話になりませんでした。
部員さんに会則について突っ込まれたら旦那は何てこたえるんでしょうか。謎です。

林檎さん

こんにちは。

> 家族に活動家がいても、一人大御本尊に信を置いて勤行唱題すれば守られるんですね。

もちろんです。家族が念仏でも、キリスト教でも、創価の活動家でも
一人の正しい信心の人がいれば大御本尊の力用によって守られます。

◆悪は多けれども一善にかつ事なし、譬へば多くの火あつまれども一水にはきゑぬ(異体同心事)

> この間本幹に行ったときも、私から会則変更について何の説明もなかったねって言ったら、創価学会仏でしょ?なんでだろうねって言ったきり、だんまりだったので、会話になりませんでした。
> 部員さんに会則について突っ込まれたら旦那は何てこたえるんでしょうか。謎です。

ご主人も多分腑に落ちない事はたくさんあるのだと思います。
立場上なんとか自分の中で折り合いを付けているのだと思いますよ。
ご主人のことは焦らなくても大丈夫です。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR