学会員限定。年末の振り込め詐欺の季節です

今年もやってきました。
学会員限定。年に一度の「歳末の振り込め詐欺」の季節が。
学会内では、確か「財務」と呼んでいましたね。
そういえば、昨年でしたかバリ活っぽい男子部っぽい方が、
「学会の財務は会費のようなものだ」とコメントくれましたっけ。
そう、それならばOK。と私も書きました。
活動家会員さんは地元会館や本部など
学会の施設を利用するし
本部職員さんに色々と相談したり、
時には会合に講師として来てもらったりしているし。
そうそう、公明党の議員さんも呼んだりしますね。
政治家のパーティなら1万円じゃ安い方です。
そう、年間1万円くらいは「会費」として払うのは
むしろ常識の範疇だから何も悪いことじゃありません。
会費ならば何の問題もなく、詐欺とは呼びませんよ。

ところがどっこい、先日、会の会長さん
確か原田さんって人でしたってけ?
その人が聖教新聞でこんなことを言ってました

★「今月下旬から財務の振り込みが始まります。
財務は、世界広布の大願を成就しゆくための御本仏への御供養に通じ、
これに勝る大善はありません。その真心の一念は、全て御本尊が御照覧であります。
どうか無事故で、万代の幸を開く財務となりますよう、心からお願い申し上げます。」

↑ こう言う事を言うから「詐欺」になっちゃうのですね。

「世界広布の大願」?
大作センセの邪見と、
受持しない大御本尊を、否定したはずの血脈相承を受けた
日寛上人が書写した本尊を改ざんしてコピーしたものを
世界に広めるのは誰の大願なんでしょうか?
間違いなくそれは「創価学会仏」という架空の仏様の大願であって
日蓮大聖人の大願ではありませんね。
そんなもの流布するのは大聖人仏法から見れは
「大願」でなく「大癌」でしかありません。

「御本仏への御供養に通じ、 これに勝る大善はありません。」?
ご本仏ってのは誰のことを言ってるのでしょう。
日蓮大聖人とハッキリ言ってないところを見ると
これは「創価学会仏」のことを言ってるのでしょうね。
原田さんが「ご本仏」とだけ言ったらそれは「創価学会仏」のことですから。
ついこの間、新聞発表したばかりじゃないですか。
この「創価学会仏」にお金を出すのが「大善」なんです。
そんなこと御書に一言も書いてないが、そういうことでしょう。

「全て御本尊が御照覧であります」?
おかしいですね~。
創価仏の本尊ってありましたっけ?
創価と関係ない大聖人の御本尊が
創価仏への供養もどきを見ているのなら
「万代の幸」を開くどころか
「謗法への布施」として御照覧している以外にありませんね。

そんなわけで、創価仏への供養である「財務」には全く功徳はありませんが、
功徳が有る。などというウソを言う。そこが一番ダメですね。
もっとも「会費の集金があります」ってんじゃ
「一口でいいや」と思われお金が集まらないし
かといって「大聖人への御供養」というのでは
戒壇大御本尊を捨て大御本尊のために
1円たりとも使わないのだから完全なウソになっちゃう。
また「創価仏へのご供養」ってのも時期尚早。
なにせ最近突然現れた仏なので定着するまで少なくても10年は欲しい。

そこで、原田君は、「ご本仏」とだけ言って、ご本仏とは誰とは言わない。
会員さんが勝手に「日蓮大聖人」だと思い
会員さんが勝手に「日蓮大聖人へのご供養に通じる」
と思うことを秘かに狙ってます。
会員さんがどう思うと勝手ですが、日蓮大聖人に通じるという
文証も理証もありません。
それを、あたかも大聖人に通じて、功徳が出るかもしれない。と
会員さんに思わせて、振込をさせる。
「ない」ものを「ある」と思いこませてお金を取る。
その言動を「詐欺」と世間ではいいます。

「会費」でもなけりゃ、「寄付」でもない。
まして「ご供養」でもなく「財務」と呼ぶ微妙な言い回しも
実に詐欺師ならではの言い回しです。
「創価のやってるのは供養と言わない」と批判されれば
「はい。供養ではなく財務です」と答え
「創価に入会したら会費が発生するのですか?」と尋ねられれば
「いいえ。会費はありません。年に一度財務があるだけです」と答える。
用意周到に計算された「詐欺行為」ですね。

今年は何人の創価会員さんが
この恒例の「振り込め詐欺」に騙されるのか?
また、何人の活動家会員さんが
「詐欺グループ」の一員として利用されるのか?
想像しただけでも胸が痛みますね。
詐欺師に騙される人って何回も騙される。
それが現実ではありますが、
これ以上、創価振り込め詐欺の被害が大きくならいことを願う事にします。
お金の問題じゃなくて、
「謗法の布施をするのは与同罪」ですから
それが一番、心配です。
お金払って謗法を犯す。
バカみたいですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人様は剣正が鋭いので(破邪剣正)

財務と言う名の振込詐欺に、
気を付ける様にと、
九州に居るバリ活の父母
にも申受け致します。

大御本尊非直結の
創価に誠心の財務は、
もう出来ない。

本音としては少し前まで
毎週、集う会館の維持費だと思って
学会に寄付してやったんだ!と、
思って気を紛らわてました。


その根本精神は、

昔、センセが事ある事に発言された
精神です。

寺をどれだけ寄進すれば、良いのだぁ!
あれだけ供養したのにぃ!
にっけんはお礼の言葉もない!(怒)

駄文失礼致しました。m(__)m

おはようございます♪

振り込め詐欺♪強烈~(((^^;)
なんの功徳もなくてほうぼうなんだしそれゃそうなんだろけど。
そうですね、いっそ会費と言えばええですよね。
うちの町内会はちゃんと会計報告ありますけどね(笑)

管理人さん

今回のはもう、タイトルで、語り尽くされてしまったようですね。
  
  座布団三枚!進上させて頂きます。 私ごときではこれ以上の敷衍は無意味ですので、 これにて失礼いたします。(m´・ω・`)m
  

  

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 財務と言う名の振込詐欺に、
> 気を付ける様にと、
> 九州に居るバリ活の父母
> にも申受け致します。

そうですね。お金をドブに捨てる方がマシですもんね。
財務にお金を使うなら
お正月に温泉旅行でもしだほうが有意義です。
あとは、お孫さんにお年玉をその分多くあげるとかね。

> 本音としては少し前まで
> 毎週、集う会館の維持費だと思って
> 学会に寄付してやったんだ!と、
> 思って気を紛らわてました。

そうでも思わないとやってられませんね。
本部職員の年収を聞くとアホらしくなります。

> その根本精神は、
> 昔、センセが事ある事に発言された
> 精神です。
> 寺をどれだけ寄進すれば、良いのだぁ!
> あれだけ供養したのにぃ!
> にっけんはお礼の言葉もない!(怒)

御供養というものが分かってませんね。
大御本尊に「お礼」としてご供養するのに
「礼を言え」って・・
さすが、大センセは偉大ですね。

元創価班さん

こんばんは。

> 振り込め詐欺♪強烈~(((^^;)
> なんの功徳もなくてほうぼうなんだしそれゃそうなんだろけど。
> そうですね、いっそ会費と言えばええですよね。

財務をすると功徳があるとか福運がつくとか
それを言うから「騙し」になっちゃうんです。
そもそも、大聖人にご供養してないんだからそんなもん無いですよ。
「会費」にしちゃうと全員一律1万円になっちゃって収入が減るので
「寄付」がいいかと思います。

> うちの町内会はちゃんと会計報告ありますけどね(笑)

うちの町内会も会計報告あります(笑)

RAMBOさん

こんばんは。

> 今回のはもう、タイトルで、語り尽くされてしまったようですね。
>   座布団三枚!進上させて頂きます。

ありがとうございます(笑)

詐欺ですね

こんばんは。

原田会長直々のお言葉があるくらいですから、今年の財務はきっと特別なのですね。
我々にはわからない深い深い意味があるのかもしれませんね?
ほんとは池田大作先生から有難いお言葉があるべきところですが、なんなら奥様からでもいいかもしれませんね。生々しくて。

そうそう、名前なんてハナから存じませんが息子さんもいらっしゃいましたね。でもちょっと脳みそじゃなかった迫力が足りないかしらか。
まあ会長が仰っているのですから池田大作先生のお気持ちを代弁なさっているのに違いありません。
後々、ああ、あの時の原田会長の言葉にまんまと乗せられて精一杯『振り込んで』良かった、と思う日が来ればいいですねえ。

一生見すぼらしい成りで掘っ建て小屋に住んでインスタントラーメンばっかり食べる羽目になっても、あの時のお金を貯金しとけばなあ、なんて後悔はなさいませんよね。
なんと言っても『宇宙銀行』とやらに貯金なさっているんですもの。なんてメルヘンなんでしょう。

では、
「こっちがお給料もらいたいくらいだわ」と思いつつ、家計に差し支えない程度の振り込みを嫌々しぶしぶやってきた人はどうなるのでしょうか。
ある年から「私もう財務はいたしません」と言って地元幹部を泣かせた私のことですが。
罰が当たりそうなものですよねえ。
少なくとも福運は消えますよねえ。

ところがこれが一向に。
おかげさまで何事もなく不自由なく人生を謳歌しておりますし老後も大丈夫そうです。
創価学会の財務に絶大な功徳があると能天気に信じている皆さま、この矛盾をどうご説明なさるのでしょうね。

明日とんでもない災難に遭うかも?
そういうことを仰るから頭がおかしいって言われるんです。

天理教に入信しょう!

●目からウロコだ!
天理教は収支を公表してるんだ!やろうと思えばできるんだ!
天理教をけなしてるのは創価学会員ぐらいで、それ以外の人から悪口聞いたことないなぁ~

●次に紹介するプログ
http://ameblo.jp/worldwordpress/entry-12072432987.html
(新興宗教を斬る~政治と宗教の闇より)
日蓮正宗との裁判記録も掲載されてす。



No title

幹部(執行部)たちは、木を見てくれはしません。森ばかり見てます。

 その木々は立ち枯れていってるのに、。 そして森を見てる大幹部はまだマシで、自分の家族の木ばかりみてるんじゃ? 金のことに至っては、実にセコイという噂も。 ともかく、会員に打ち出した指示の数々。

 たとえば、日顕上人さまのご本尊は取り替えましょう!と全国で繰り広げられた「お取替え」(3000円也)も、本部職員は新・日寛本尊に、みんながみんな取り替えたわけではないと、聞きました(確かにこれも伝聞ですが)

 私に言わせれば、「そういう噂」が立つこと自体、それは彼らの「不徳」というべきでしょう。  そういう不徳な職員どもが、結構な給料を貰いながら、たくさん出した会員には福運がいくから、と聖職者さながらの傲慢な態度では、果たして供養を受ける資格があるのでしょうかねえ。。

 率先してあらゆる打ち出しに本部は取り組んで欲しいものですが、無理でしょうね。 だって彼らはザイムが「大善」だなんて信じていない人も多いのでしょうからね。

 あの有名な「四谷税務署・平成4年資料」がネットで拡散されていますが、会長を始め、すげえ年収なのがバレバレになってます。 納税額から逆算して算出された年収額です。

 彼らが最低限度、暮らせるだけのお金を残してほとんどをザイムに出してたら、あんな金額にはならないのでは。   というのは、創価への「宗教上の寄付」についても、税法上、免税措置があります。 (でもそれは一般会員へ出される「領収書」は役に立ちません。)  別途のそれが必要です。  、それなら、私もどうしても!と願い出て、幹部ににらまれ、相当イヤな顔をされても我慢していれば、発行されるはずです。(昔、職員から聞きました)
  
 私には六法には滅法弱いので、ここのロムさんたちの中で、税法に詳しい方がいらっしゃれば、ぜひともお教えいただきたいものです。

  それと、「何倍にもなって帰ってきた!」という日本昔話のような体験をお持ちの方がいらしゃったら、それもぜひ教えて頂けないかな。

 

管理人さん、こんにちは。
毎年この時期になると、旦那と軽く言い合いになります。
財務したくないと言うと、1万だけでもしてとしつこいのです。
旦那は10万はしてます。二人で10万でいいじゃんと言っても、自分は10万はしたいと言うのです。2桁財務とか意味あるんですかね?
安い給料から10万近くとんでくと厳しいし、悔しいです。創価学会仏なんかに供養したくありません。
でも、旦那は学会員さんのお金で給料貰ってるようなものだし、1万って訳にもいかないですよね。
すみません、愚痴になってしまいました。

牡丹さん

こんばんは。

> 原田会長直々のお言葉があるくらいですから、今年の財務はきっと特別なのですね。
> 我々にはわからない深い深い意味があるのかもしれませんね?

創価仏元年という意義ある財務です。

> そうそう、名前なんてハナから存じませんが息子さんもいらっしゃいましたね。でもちょっと脳みそじゃなかった迫力が足りないかしらか。

鳶が鷹は産まないですね。お父様ほどお金儲けにも長けてなさそうです。
たいてい2代目ってのはあんな感じです。

> 一生見すぼらしい成りで掘っ建て小屋に住んでインスタントラーメンばっかり食べる羽目になっても、あの時のお金を貯金しとけばなあ、なんて後悔はなさいませんよね。
> なんと言っても『宇宙銀行』とやらに貯金なさっているんですもの。なんてメルヘンなんでしょう。

「宇宙銀行」はずっと前から「マイナス金利」です。積めば積むほど「損」をします。

> では、
> 「こっちがお給料もらいたいくらいだわ」と思いつつ、家計に差し支えない程度の振り込みを嫌々しぶしぶやってきた人はどうなるのでしょうか。
> ある年から「私もう財務はいたしません」と言って地元幹部を泣かせた私のことですが。
> 罰が当たりそうなものですよねえ。
> 少なくとも福運は消えますよねえ。

私も、財務を初めてとする創価活動をやめてから
一気に経済革命できました。
嘘のようで本当の話です。
> ところがこれが一向に。
> おかげさまで何事もなく不自由なく人生を謳歌しておりますし老後も大丈夫そうです。
> 創価学会の財務に絶大な功徳があると能天気に信じている皆さま、この矛盾をどうご説明なさるのでしょうね。
>
> 明日とんでもない災難に遭うかも?
> そういうことを仰るから頭がおかしいって言われるんです。

古本屋店主さん

こんばんは。

天理教ってそうらしいですね。
それと、ちゃんと納税もしてるとか。
天理市の一般市民の方には、痛し痒しってところでしょうか。

RAMBOさん

こんばんは。

> 幹部(執行部)たちは、木を見てくれはしません。森ばかり見てます。

そうですね。そのくせ「一人を大切」ですから。
彼らが見ているのは「金のなる木」「票のなる木」だけですね。

>  その木々は立ち枯れていってるのに、。 そして森を見てる大幹部はまだマシで、自分の家族の木ばかりみてるんじゃ? 金のことに至っては、実にセコイという噂も。 ともかく、会員に打ち出した指示の数々。

大幹部さんは何かと色々セコイです。
隣の分県長は、私の知人の社長と会うときは、食事代とか全部ゴチになったうえに、
その社長と社員たちに聖教新聞を啓蒙しています。
で、その社長はずっと前から「スーパー会友」のままで
いまでに折伏のひとつもしていません(笑)

>  私に言わせれば、「そういう噂」が立つこと自体、それは彼らの「不徳」というべきでしょう。  そういう不徳な職員どもが、結構な給料を貰いながら、たくさん出した会員には福運がいくから、と聖職者さながらの傲慢な態度では、果たして供養を受ける資格があるのでしょうかねえ。。

凡夫が供養を受ける資格はハナからありません。
供養というのは「三宝」に対してするもので、凡夫にするものではないですから。

>それと、「何倍にもなって帰ってきた!」という日本昔話のような体験をお持ちの方がいらしゃったら、それもぜひ教えて頂けないかな。

さすがに、ここでそんな「与太話」をする方はいないと思いますが、
いらっしゃったら、お気軽にコメントください。

林檎さん

こんばんは。

> 毎年この時期になると、旦那と軽く言い合いになります。
> 財務したくないと言うと、1万だけでもしてとしつこいのです。

夫婦の間の話とは言え、やりたくない人に「財務して」というのはどうなんでしょうかね。
仏法の道理から言えば「嫌々」でご供養しても何の意味もないと思います。
ただし、創価の財務はご本仏へのご供養ではないので、するならば「嫌々」したほうがいいでしょうね。

> 旦那は10万はしてます。二人で10万でいいじゃんと言っても、自分は10万はしたいと言うのです。2桁財務とか意味あるんですかね?

自分ルールだとおもいます。

> 安い給料から10万近くとんでくと厳しいし、悔しいです。創価学会仏なんかに供養したくありません。

お気持ち本当にわかります。家族に悔しい思いや悲しい思いをさせてする「財務」は無価値です。
たででさえ、創価の財務など「会費」以下でも以上でもないわけですから。
10万あれば、クリスマスに二人でディナーしたり温泉に旅行いったり色々できますもんね。

> でも、旦那は学会員さんのお金で給料貰ってるようなものだし、1万って訳にもいかないですよね。

立場上そのように思ってしまっているのかもしれませんね。だとしたらご主事人もお気の毒です。

> すみません、愚痴になってしまいました。

全然、構いませんよ。
いつでも好きに愚痴ってください。
林檎さんがそれで多少でもスッキリするなら、愚痴くらい安いもんです(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR