創価のケンカ友達が・・

今朝7時過ぎに、男子部時代からの後輩から電話が。
なんとなくイヤな予感しつつ出てみると
彼の、お父さんのSさんの訃報だった。
彼は俺が学会活動を始めた時の地区リーダーで
その時以来の付き合いだから20年以上付き合っている。
その父親であるSさんは当時副支部長だったかな?
で、よく自宅でスキヤキするときは招いてくれた。
俺がスキヤキ大好物なのを知ってて呼んでくれたっけ。

その後、俺が組織を追放されたときは、
Sさんも、息子である彼に俺との付き合いをやめる様に迫ったり
俺を追放したい幹部達の一人であり仲間だった。
しかしその後、その息子から
コトの一部始終をききそれを信じてくれて、
すぐに、「俺が間違っていた。申し訳なかった」と謝罪してくれた。
なにせ、その時は俺達の言い分など
聞く耳すら持ってない幹部ばっかりだったし、
「オマエが悪い」という空気がゾーン内にあったから、
俺達の言い分を聞き、信じてくれ、そして謝罪してくたのは嬉しかったな。
その当時の組織の上一人から下万人の活動家の中で、
後にも先にも謝罪をしてくれたのは、Sさんだけだ。

その後は、年に一度12月に会う機会があり
会うたびに、俺は創価の謗法を語り
Sさんは、それでも創価の正義を語り
毎年2時間くらい、喧々囂々とやりあう。
最初は、御書でやりあうんだけど
しまいにゃ、「御書に書いてあることが信心の全てじゃないんだよ」と言い出し
「そうですよ。だから御書にないからって血脈相承をひていちゃダメでしょ」と言い返し
最後は、この続きは1年後にやりましょう。っていって帰ってくる。
ここ十年はそんな付き合いだった。
Sさんは、なんとか俺を創価の組織に戻してくれようとしてたらしく
色々と組織中で言ってくれていた。ということも人伝てに聞いていた。
今年の初めに入院し、春先に一度退院した時も、
自宅に、退院祝いの花を持って行って少し話したが、
その時にも、創価の本尊義についてケンカした。
もっとも、その時はSさんの体調を考え「軽い」感じのケンカだったが。
結局それが、最後となってしまった。
いつかは、Sさんい創価の間違いを認めさせてやろうって思ってたのに・・・
(Sさんからしてみればその逆を思っていたのだろうが)
先月くらいの後輩の話では回復の方向に向かっているような感じだったので
今年も来月12月にはまたやりあえると楽しみにしたいたのだが・・

Sさんは、創価の活動家の中で唯一やりあえるオヤジだった。
というか唯一、俺と正面から正々堂々と戦うオヤジだった。
それが、とっても心地よい。
陰口しか叩けないでコソコソ逃げ回る
他の連中とは大違いだった。
Sさんの奥さん(後輩のお母さん)に聞いた話だが、
20歳上年下の俺をライバルと呼んでいたらしい。
光栄なことである。
Sさんんは、一本気で単純。男子部みたいにイケイケの壮年部だったぁ。
昔の創価男子部の匂いがプンプンしてくるようなオヤジだった。
まぁ、おれの好きだった創価の匂いだな。
その、Sさんが亡くなるとは全く想像もしていなかった。
なんとも様々な思いがあるが、
創価活動家の唯一の「ケンカ友たち」を失った淋しさが一番大きい。

お昼頃、枕花をお供えに自宅にお邪魔した帰りの車中、
ふと、撰時抄の

◆業ふかくして但南無とのみとなへて仏とはいはず、今日本国の高僧等も南無日蓮聖人ととなえんとすとも南無計りにてやあらんずらんふびんふびん

の一節が頭に浮かんだ。
大御本尊(大聖人)を捨てた創価で活動する会員さんたちは、
ただ「南無」だけ唱えて、「仏」(日蓮大聖人)と言っていないのだ。と。
そして、本当は今世のうちに大聖人(大御本尊)と
お会いすることができるのに
それをしないまま一期を過ごしてしまうんだ。と。
それは、そう言っている自分自身も同じなんだなぁって思った。
まぁ、俺もいつまでもコレじゃいかんな。って思ったよ。
いつかは、今世のうちに大聖人にお会いしなければ。と思った。

ともあれ、創価のケンカ友達をなくして寂しい気分の夜です。

「Sさんが創価の悪に引かれず無事霊山まで連れて行ったください」と
大聖人にお願いした。
ケンカの続きは、また来世でやりましょう。
いや、来世は共に大御本尊の元戦いましょう。
まずは、少しの間ゆっくりしてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

御冥福を御祈りします。

私は、創価教学や、
日蓮大聖人様の仏法すら
分からないけど、

管理人様が、
幾多の方が縁されるのは、
幸せな事だと
思います。
それが逆縁だろうが
順縁だろうが、
大聖人様の仏法に直結してますから。
駄文失礼致しましたm(__)m

記事を読んで、母方の祖母が死んだ日に見た夢を思い出しました。

明け方に、お題目を唱える声がする中を祖母が陸ガメのような動物の背中に乗って目の前を通り過ぎすぎて行く、そんな夢だったのですが、上の方に荘厳に輝くものが見えたところで目が覚めて、それと同時に祖母が逝くんだということと、その祖母を御本尊様が出迎えてくれたんだという思いを持ちました。

その夢を見てから10年ほどが経って、今年の4月に勧戒を受けてから初めての登山で、ご開扉を受けた時に見た景色と祖母が夢で見せてくれた情景が見事に合致して、涙が止まりませんでした。

騙されて創価についてしまった祖母でしたが、祖父と共に日蓮正宗創価学会で戦って、日達上人の特別御形木御本尊まで下付いただいた信心を仏様はしっかり受け止めてくださったんだと思います。

管理人さんのお話をしっかり受け止めて、しっかり対論されていたSさんはホントに素晴らしい方ですね。
日蓮正宗時代の功徳で大聖人様に出迎えっていただけていることを願っております。

おはようございます

僕もおせわになった地区部長を思い出してしまった…
ほんとに地区の学会員さんの事を大事にしてくれるおじさんでした。
僕が幼いころから面倒みてもらいました、結婚したときも自宅でパーティーしてくれた地区部長、地区リーダーと一緒にきてうちの御本尊を交換していった地区部長(笑)
そして最後は早死にしてしまったけど…
いつも勤行の時えこうしております。

寂しいですよね

  ただただご冥福を祈るのみです。 いずれも五陰仮和合の私らですが、それをフルに発揮できる今世で、どこまで自他ともの今生人界の思い出を、それもたくさん作れるか、ですね。  管理人さんは精一杯やられました。  それで充分ですよ。

 少なくともこのブログのコメンティターさんたちに、しっかり伝わりましたよ。
 
 あとは大聖人様にお任せするのみです。  

元気だしてくださいね

管理人さんのお話から、そのお方のお人柄が偲ばれます。

かつての男子部。
ロマンがありましたよね。
潔く、男気がありました。
何でも楽しんでしまえる心の逞しさや豊かさを感じました。
そういう方達が牽引していた創価学会には確かに魅力がありました。

今のような変わり果てた創価学会の中でも、ご自分の使命を追い求めておられた、そんな気がします。
お会いしたこともない方に失礼かもしれませんが…。

そのお方の人生に心からの敬意を表し、お悔やみを申し上げます。

ご縁を大切になさったおふたりですもの、きっとまたお会いになれますよ。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。


> 私は、創価教学や、
> 日蓮大聖人様の仏法すら
> 分からないけど、
> 管理人様が、
> 幾多の方が縁されるのは、
> 幸せな事だと
> 思います。
> それが逆縁だろうが
> 順縁だろうが、
> 大聖人様の仏法に直結してますから。

そうでうね。
縁する方々には大聖人仏法を語っていきたいと思っています。

関空の元学会3世さん

こんにちは。

> 明け方に、お題目を唱える声がする中を祖母が陸ガメのような動物の背中に乗って目の前を通り過ぎすぎて行く、そんな夢だったのですが、上の方に荘厳に輝くものが見えたところで目が覚めて、それと同時に祖母が逝くんだということと、その祖母を御本尊様が出迎えてくれたんだという思いを持ちました。
> その夢を見てから10年ほどが経って、今年の4月に勧戒を受けてから初めての登山で、ご開扉を受けた時に見た景色と祖母が夢で見せてくれた情景が見事に合致して、涙が止まりませんでした。

素晴らしい体験ですね。私もいずれは御本尊様にお目通りしたいと思っています。

> 騙されて創価についてしまった祖母でしたが、祖父と共に日蓮正宗創価学会で戦って、日達上人の特別御形木御本尊まで下付いただいた信心を仏様はしっかり受け止めてくださったんだと思います。

その通りだと思います。
また、残された側の信心で救っていくことも可能です。
一家に一人、本当の信心をもつ人がいればいいと思ってます。
もちろん、全員がそうなればもっとよいのでしょうが。

> 管理人さんのお話をしっかり受け止めて、しっかり対論されていたSさんはホントに素晴らしい方ですね。
> 日蓮正宗時代の功徳で大聖人様に出迎えっていただけていることを願っております。

はい。私もそう願っています。
Sさん自身は常に「大御本尊はすてていない」と言ってましたので大丈夫でしょう。

元創価班さん

こんにちは。

> 僕もおせわになった地区部長を思い出してしまった…
> ほんとに地区の学会員さんの事を大事にしてくれるおじさんでした。
> 僕が幼いころから面倒みてもらいました、結婚したときも自宅でパーティーしてくれた地区部長、地区リーダーと一緒にきてうちの御本尊を交換していった地区部長(笑)
> そして最後は早死にしてしまったけど…
> いつも勤行の時えこうしております。

そうした本当に素晴らしい学会幹部もたくさんいるのは事実ですよね。
それ以上にクサレも多いですが(笑)
そうした、素晴らしい学会員さんをも不幸にする
創価の上層部とその仲間たちは破折し続けないといけない。と思っています。
一人でも多くの会員さんい
今の創価の謗法をわかってもらいたいと思っています。

RAMBOさん

こんにちは。

>   ただただご冥福を祈るのみです。 いずれも五陰仮和合の私らですが、それをフルに発揮できる今世で、どこまで自他ともの今生人界の思い出を、それもたくさん作れるか、ですね。  管理人さんは精一杯やられました。  それで充分ですよ。
>  少なくともこのブログのコメンティターさんたちに、しっかり伝わりましたよ。
>  あとは大聖人様にお任せするのみです。

そうですね。
残念なのと寂しいのと複雑な思いです。
いまは、大聖人が霊山に連れて行ってくれると信じてます。
今夜、通夜にいってきます。 

牡丹さん

こんにちは。

> かつての男子部。
> ロマンがありましたよね。
> 潔く、男気がありました。
> 何でも楽しんでしまえる心の逞しさや豊かさを感じました。
> そういう方達が牽引していた創価学会には確かに魅力がありました。
> 今のような変わり果てた創価学会の中でも、ご自分の使命を追い求めておられた、そんな気がします。
> お会いしたこともない方に失礼かもしれませんが…。

いえ。その通りです。
いまはもうそうした信心ある幹部がいなくなりました。
自分の保身を組織にすり替え
行も学も中途半端なくせに指導だけは偉そうで。
深く関わらないくせに知りたがる。
そのくせ麗しい世界って自分で言っちゃう。
いまの創価なら世間の人付き合いのほうがよほどマシです。

> ご縁を大切になさったおふたりですもの、きっとまたお会いになれますよ。

そうですね。そう思ってます。
次に会った時には。絶対に折伏してやろうと、
いまから楽しみにしています。

管理人様

謹んでお悔やみ申し上げます。
日蓮正宗創価学会の時代から闘われてきた方とのこと、きっと計り知れない福徳をお積みになられていた事と愚考致します。
大御本尊様はすべてお見通しです。
今生の別れはお辛いと思いますが、三世永遠の生命でありますので、きっと管理人様に再び縁されると信じます。
僭越ながらご回向申し上げます。

古刹信徒さん

こんばんは。

通夜・告別式に参列し、今世でのお別れをしきました。
学会葬でしたが、故人のご意思でしょうが
やはり違和感がありますね。

学会葬

管理人様

小生の両親も学会葬でした。また先月親戚の葬儀に参列しましたが、やはり学会葬でした。
正宗の葬儀(化儀)を知っていると、違和感はもの凄くありますね。
両親の時は自身が非活でもあり、葬儀そのものより、親が亡くなったことに対しての想いが強く、葬儀自体は気にも留めませんでしたが、先月の親戚の時は、あまりのいい加減さに腹が立ったのを思い出しました。
特に池田氏からの弔電がかなりの長文であり、とても人前に出られない方の発した言葉とは思えません。
信濃町官僚が雛形を作っているのが手に取るようにわかりました。
改めて学会は宗教ビジネスに成り下がったと確信しました。
葬儀では如何なる宗派であれ、故人の冥福を祈ることを心得ておりますが、さすがに学会葬だけは凡夫の浅知恵でよくもやるなぁと、回向の前に怒りを通り越して脱力してしまいます。

小生が正宗に帰依してまず行ったことは、両親の塔婆供養です。
中興入道御消息の大慈大悲の御文に基づいて、寺院で焼香の後、塔婆を持って墓参しました。
肩の荷と胸の支えが一気にとれて、
身体が軽くなったのを感じました。

へんてこな学会の友人葬

おはようございます。

違和感ありますよね。

なんでしょうかあの漂うインチキ感。

参列の学会員のいかにも「駆けつけて来ました」というサクラ感。なんでお葬式にそんなにデカいカバンぶら下げて来るかなー?
祭壇やご遺族の様子をじろじろと眺め回して「あの人が息子さんよ」「立派な祭壇ねえ」「見て、お孫さんがあんなに泣いて」「やっぱりわかるのねえ」…
ひそひそ話しに花が咲く野次馬根性丸出しのおばさま達。
葬儀の席で会合の打ち合わせをするゲス婦人部幹部の礼節の無さ。
そばの席の学会員がみんな自分たちと同類だと思って緊張感がなさすぎ。
「最近お葬式が続いちゃって大変〜今月もう◯回目よ〜」なんていう台詞も学会員幹部ならでは。
言っていいことと悪いことの区別がつかなくなるのが学会活動家の悲喜劇の始まりとはいえ、酷すぎます。


導師をつとめる儀典部のおじいさんに至っては、なにを勘違いしているのか態度は尊大でお坊さん気取り?のわりに大抵勤行も唱題も変。何度「え⁈」て言いそうになることか。唐突に池田大作先生のご指導を挟むかと思えば挙句の果て悲しみの中のご遺族に向かって斜め上からの幹部指導。
こういうジジイには罰として葬儀での自分の醜態の一部始終を録音でもして100回くらい聞かせるべきです。

『葬式仏教からの脱却』といいながら組織総出のお葬式屋さんとはこれいかに。

創価学会のみなさん、『友人葬』は最大の折伏の場なんですよね?
少なくとも幹部はそう言ってはばかりません。

この度のことをネタに誰かにご本尊送りできないものかと皮算用。未入会と聞いていたお身内が見覚えのあるお数珠を持っていたりすると小躍りして喜ぶ。まったくバカにつける薬はありません。


そういう下心で葬儀を執りおこなう、しかもはっきり言ってやっつけ仕事。
「いいお葬式でした」と口では言いますよ、みなさん大人ですから。
「なんか変なお葬式でした」とはさすがに言いませんが、実は失笑を買っているとご存知?

家に帰ってから静かに回向させていただこう、と思うのは私だけではないと思います。

古刹信徒さん

こんにちは。

> 特に池田氏からの弔電がかなりの長文であり、とても人前に出られない方の発した言葉とは思えません。

全く、同じ意見です。

> 小生が正宗に帰依してまず行ったことは、両親の塔婆供養です。
> 中興入道御消息の大慈大悲の御文に基づいて、寺院で焼香の後、塔婆を持って墓参しました。
> 肩の荷と胸の支えが一気にとれて、
> 身体が軽くなったのを感じました。

私も母が正宗に戻りましたので来年には塔婆供養をしたいと思っています。

牡丹さん

こんにちは。


> 違和感ありますよね。
> なんでしょうかあの漂うインチキ感。

そうなんですよ。胡散臭いんですよ、何もかもが。

> 参列の学会員のいかにも「駆けつけて来ました」というサクラ感。なんでお葬式にそんなにデカいカバンぶら下げて来るかなー?
> 祭壇やご遺族の様子をじろじろと眺め回して「あの人が息子さんよ」「立派な祭壇ねえ」「見て、お孫さんがあんなに泣いて」「やっぱりわかるのねえ」…
> ひそひそ話しに花が咲く野次馬根性丸出しのおばさま達。
> 葬儀の席で会合の打ち合わせをするゲス婦人部幹部の礼節の無さ。
> そばの席の学会員がみんな自分たちと同類だと思って緊張感がなさすぎ。
> 「最近お葬式が続いちゃって大変〜今月もう◯回目よ〜」なんていう台詞も学会員幹部ならでは。
> 言っていいことと悪いことの区別がつかなくなるのが学会活動家の悲喜劇の始まりとはいえ、酷すぎます。

わかります。男子部もそうでした。
以前友人の息子さんが18歳という若さで事故で亡くなった時には
大量の男子部がきましたが、焼香を終えホールに行くと
携帯で話してたり、会合打ち合わせをしたり、中には談笑してるやつもいて、
何かのイベントと勘違いしてんじゃね~かって思いました。
「このガキどもホントにクズだ」って思い怒りがこみ上げてきました。

> 導師をつとめる儀典部のおじいさんに至っては、なにを勘違いしているのか態度は尊大でお坊さん気取り?のわりに大抵勤行も唱題も変。何度「え⁈」て言いそうになることか。唐突に池田大作先生のご指導を挟むかと思えば挙句の果て悲しみの中のご遺族に向かって斜め上からの幹部指導。
> こういうジジイには罰として葬儀での自分の醜態の一部始終を録音でもして100回くらい聞かせるべきです。

今回は、儀典長も最悪でした。

> 家に帰ってから静かに回向させていただこう、と思うのは私だけではないと思います。

はい。まったくもってその通りです。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR