インチキ創価の学会葬

Sさんの、通夜・告別式に参列し
最後のお別れをしてきた。
葬儀は当然、学会葬だったが、
やっぱり学会葬は嫌な感じだ。
いや、故人が親しければ親しいほど
学会葬のインチキさには腹が立つ。
勿論、Sさんは学会活動家のままで亡くなったのだから
Sさんの希望で学会葬にしたのは分かっている。
遺族の方々も、俺の後輩K君以外は
学会葬で、家族を送れた事を喜んでいるだろう。
でも、俺はこんなインチキ葬儀を営む創価には腹が立って仕方ない。

学会葬で学会員が大勢葬儀に集まるのはいい。
中にはそれほど親しくもない学会員が混ざってようとそれもいい。
それは、世間の一般的な葬儀でも同じだし、
俺自身も義理がけで会ったこともない方の葬儀に参列することもある。
学会活動家が最後に共に活動してきた仲間に
見送られたいと思うのは当然だし、
遺族の方もそうした人達が見送ってくれれれば
故人喜ぶと思うのも間違っていない。

また、「友人葬」と銘打ちながら
香典を持ってこないとか
弔電のひとつもよこさないとか
世間的には「そんな友人いね~よ」とは思うが
組織からしなくていい。
とお達しもあるので、それが創価の常識ということにしておく。
「友人」ならば、祭壇に樒の1基も出すもんだがそこは許す。
因みに、今回は俺とあと二人。3人連盟でお樒をお供えしたが、
他人からの樒は俺たちの1基だけで、
むしろそっちの方が驚いた。
せめて「創価学会」としてそれくらいしろよ。と思った。

では、何がインチキで腹が立ちのか?というと
ひとつは、池田大作先生からの長文の弔電。
そこには、「Sさんの訃報に接し懇ろにお題目を送った」とある。
ウソこけ。
大作先生が、お題目など送れるような状態であるわけね~だろ。
5年以上も会員の前に姿を現せないのが何よりの証拠だろ。
活動家は、「先生はお元気。具合の悪いという証拠はあるのか」って言うだろうが
それをいうなら、まず「元気」だって証拠を見せてみろ。
聖教新聞に写真が載ってる?
バカ言うなっての。
今時そんなもんが証拠になるわけね~だろ。
ただでさえ、「芸者写真」を捏造した前科のある
聖教新聞社の発表なんて信用できないだろ。
もしも、ホントは大作先生が「お題目を送っていなかったら」
組織ぐるみで故人と遺族を騙しているということだ。
それは、創価学会の功労者に対しする冒涜以外の何者でもない。

そしてもひとつの最大のインチキ・イカサマは
例の儀典長による読経である。
仏法の「ブ」の字も分かっていない
創価壮年部・儀典長の導師で
方便自我偈の読経して即身成仏しただと?
そんな法理が大聖人仏法のどこにあるんだ?
死骨成仏・即身成仏の法理ってのは、

◆法華を悟れる智者死骨を供養せば生身即法身是を即身といふ、さりぬる魂を取り返して死骨に入れて彼の魂を変えて仏意と成す成仏是なり、即身の二字は色法成仏の二字は心法死人の色心を変えて無始の妙境妙智と成す是れ則ち即身成仏なり(木絵二像開眼之事)

と御書にあるように、「法華を悟れる智者」が供養する。というのが大前提なんだよ。
創価のヘタレ壮年部のどこが「法華を悟れる智者」なんだ。
「法華を悟れる智者」とは大聖人のことに他ならないが
その大聖人。つまり「大御本尊」を信受しない奴らが
「法華を悟れる智者」であるわけね~だろ。

そもそも凡夫の俺らが法華を悟れる道理はないが、
最低限「大御本尊」を信じれば智者の一分にはなれる。
我ら凡夫は悟る代わりに信じるのだから。
それが、それを捨てちゃってる人間が導師をして
インチキ読経して故人が即身成仏できる道理がどこにあるんだよ。
しかも、今回は儀典長として導師をしたのが、
俺の男子部時代に他支部の副部長だった人間。
男子部時代は「仕事が忙しい」といって
副部長らしいことを何一つしなかったヤツだ。
当然教学の方もサッパリで
行学ともに中途半端な信心しかしてこなかった人間だ。
こんなヤツが「法華を悟っている」わけね~だろ。
こんなヤツに導師なんてされた日にゃ、

◆人死すれば魂去り其の身に鬼神入り替つて子孫を亡ぼす(木絵二像開眼之事)

ことにもなりかねない。
本当に勘弁である。
俺が参列しそうな人の葬儀の時は
お願いだから導師をを断ってくれよ。
俺の後輩も今回の儀典長の男子部時代のヘタレぶりは知っているので
「はぁ~やれやれ」って気持ちだと言っていた。
なので、「こいつが導師じゃダメだから遺族だけできちんと勤行しなおすように」
と通夜の晩にK君とその兄貴に言っておいた。
次の朝は家族全員でご遺体の前で五座の勤行をしたとのことだったのでホッとした。

このような、インチキ・イカサマな葬儀を執り行ってるに
「仏教の本義に基づいた友人葬」などというのは
まさに、大嘘つきこの上ないのだ。
そもそも、創価自体が創価仏を詐称しているイカサマ団体である。
そんなイカサマ団体に「仏教の本義」なんて言われたくない。
「友人葬」は否定しないが
せめて、大作センセのニセ弔電と
謗法壮年部の導師によるインチキ読経はやめてくれ。
それが、故人とご遺族に対する誠意というものだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

友人葬という名の闇。

 この私にも管理人さんの憤りが少しは判る気がします。

 そういう私も少なからぬ数の通夜葬儀で、導師を努めてきました。 なんちゅう、恐ろしい真似をしたんだろうと感ぜざるを得ません。 そんな今です。

 それが普通の神経を持った人から見たら、どれだけ異形なものだったか、は、
牡丹さんのコメントからも、改めて知らされた次第です。  所詮、数を頼みにして深く考えたこともない友人による葬儀の意味など顧みることなどなかった。

 反・権威主義(宗門否定)のヒーロー・ヒロインにでもなったかのように、振るまってきただけでした。  私も商売柄、真贋に敏感な立場におりますが、まだ忠誠心らしきものが色濃くあった時代は、そういう極めてデリケートなポイントなど、考えたこともなかったです。  そして初めて「死骨成仏」の一節に触れたときは衝撃でした。

 なんという馬鹿なことをしてきたのかと、恐れ慄きました。 それ以来、一切の導師の依頼を断りました。当然知らぬ間に圏儀典部副部長は名簿から外されてしまいました。  もう今更、多くを語ることもありませんが、クールに言えば、異なる宗教における葬儀の一例として、どうこういうつもりもない。  しかし、同じ大聖人様を信奉すると云うのなら、黙ってはいられない憤りを隠せません。

 なにより故人を踏みつけにする、闇の儀式とでも言いたくなります。創価悪が凝縮してると思うからです。

 私の母親は「友人葬」を今でも希望しておりますが、今回の記事に触れて、それはやるまいと決めました。  せめてもの親孝行のつもりですし、最後の最後にこんなひどいことは、大聖人様の末弟としてもしてはならんと決めました

 当然、学会員たちは参列しないでしょう。 問題はまさにここです。  

 創価の「人間主義」なんて所詮この程度。 禅宗や浄土真宗の葬儀には出ても、『日顕宗?』の葬儀には出ないのです。(もちろん体験的なことです)  要するに、限定的・条件的人間主義の団体です。  これが「世界宗教」を名乗るとは片腹痛い!。  

 世間でも「村八分」ということはありますが、あとの「二分」はいうまでもなく、「火事と葬儀」が例外部分ですね。  理由の由縁はともかく、人として最低限の部分の何かを感じます。 創価はそれもない。  個々人の例外はあるでしょうが、総体としてはそうです。

 所詮、創価は昭和の時代に咲き散らかした「仇花」。 こんな造花学会はどこまでいっても、華美であざといだけのニセ宗教ですよ。  人としての心が死んでいくのです。  人界からも堕ちていくということでしょう。

 かなり感情的な文になりましたが、今回はいつに増して共感を覚えました。
 ご容赦下さい。  

管理人様

憤りに激しく同意致します。
学会葬は儀式ではなくいい加減な作業です。
文理から外れ世法からかけ離れ、
邪義邪法を通り越し、まさしくイカサマそのものです。
古くからの他門他宗の方が、
正邪は別にして筋が通っています。
仰る通り故人ご遺族を冒涜していると思います。


RAMBO様
小生も時間が巻き戻す事が出来れば、両親の葬儀は正宗で執行したかったと悔やまれます。
戸田会長の奥様の葬儀の際、
御子息が云われた「戸田家は日蓮正宗の信徒である」とのお言葉は、深甚の意味があると思います。
戸田会長は法燈相続をキチンとされていらっしゃるのです。


RAMBOさん

こんにちは。

>  なんという馬鹿なことをしてきたのかと、恐れ慄きました。 それ以来、一切の導師の依頼を断りました。当然知らぬ間に圏儀典部副部長は名簿から外されてしまいました。  もう今更、多くを語ることもありませんが、クールに言えば、異なる宗教における葬儀の一例として、どうこういうつもりもない。  しかし、同じ大聖人様を信奉すると云うのなら、黙ってはいられない憤りを隠せません。
>  なにより故人を踏みつけにする、闇の儀式とでも言いたくなります。創価悪が凝縮してると思うからです。

全く同感です。

>  私の母親は「友人葬」を今でも希望しておりますが、今回の記事に触れて、それはやるまいと決めました。せめてもの親孝行のつもりですし、最後の最後にこんなひどいことは、大聖人様の末弟としてもしてはならんと決めました

今年、母に正宗に戻ってもらったのは、葬儀の件が一番の理由です。
創価の葬儀は嫌ですし、かといって自分で導師をするわけにも友人に頼むわけにもいきませんから。

>  当然、学会員たちは参列しないでしょう。 問題はまさにここです。  
>  創価の「人間主義」なんて所詮この程度。 禅宗や浄土真宗の葬儀には出ても、『日顕宗?』の葬儀には出ないのです。(もちろん体験的なことです)  要するに、限定的・条件的人間主義の団体です。  これが「世界宗教」を名乗るとは片腹痛い!。  

そうですね。そこなんでしょうね。創価活動家のままで亡くなられれば創価の仲間に来てほしい。
けど、日顕宗の葬儀では来てくれない。
そんな馬鹿なと世間の人は思うでしょうがそれが創価です。
ですから、せめて儀典部が来て読経するのはヤメるべきだと思います。

>世間でも「村八分」ということはありますが、あとの「二分」はいうまでもなく、「火事と葬儀」が例外部分ですね。  理由の由縁はともかく、人として最低限の部分の何かを感じます。創価はそれもない。個々人の例外はあるでしょうが、総体としてはそうです。

そうなんですよね。個々の例外の話ではなく総体の話なんですよね。
個々には、大御本尊を信じている。会員さんも大勢いますが
創価総体としては捨てている。
その創価を守る(活動する)ということは
結局大御本尊を捨ててることになります。
だから、活動を速やかに停止するべきなのです。
そうすれば逆に守られていくと思います。
もちろん、創価をヤメルのが一番なんですけど。

古刹信徒さん

こんにちは。

> 憤りに激しく同意致します。
> 学会葬は儀式ではなくいい加減な作業です。
> 文理から外れ世法からかけ離れ、
> 邪義邪法を通り越し、まさしくイカサマそのものです。

本当ですね。作業ですね。
儀典長のあいさつも、定型文にちょこっと故人の生い立ちを入れるだけ。
通夜も告別式も全く同じ文言で、感情もなく淡々と読み上げるだけ。
そして必ず入る「私たちの師匠の池田センセイは云々」の言葉。
通夜の席も自分の焼香が終わるとそそくさと帰り
ご遺族にいたわりの言葉もない。
まぁ、世間一般的も焼香だけして帰る場合もありますが、
「友人葬」と銘打っているのならソレはないだろう。って思います。
まぁ、会葬に参列するだけマシなのですが。

おはようございます。

創価学会がまだ人材豊富で曲がりなりにも活気があった頃なら、学会葬もそれなりに成り立っていたのかもしれません。緊張感も厳粛さもそれなりにあったかもしれません。それなりに。
今のようにただでさえ人が足りず疲弊した状態で、相変わらずまったく同じシステムでやろうとするところが創価学会中枢の頭の悪さだと思います。
池田大作先生からの弔電にしてもそう。
「池田先生はお元気ごっこ」というマニアックなプレイはどこかに閉じこもってやっていればいいものを、なんで外に向かってやらかすのか。脳みその機能を疑うレベルです。
部員さんがお亡くなりになると、支部幹部は顕彰の盾やら弔電やら池田先生からの香典やら一式の申請を提出し、翌日午前中に学会本部からその一式が送られてきます。報告書と一緒に。
一体なんの報告書でしょう。
これら一式をお渡しした時のご遺族の「反応」の報告です。
ご遺族の誰が、どのように言って様子はどうだったかを細かく。
これは本部がそれを知りたいというよりは、「支部幹部はご遺族の様子をよく見ておけ」ということかと思います。
どちらにしても気持ち悪いですね。

こんなのはだけ微に入り細に入りやるくせに、ご葬儀自体があのぐだぐだのザマですから。
本部幹部の人間性と脳みそがいかに腐っているのかがよくわかります。
現場の活動家も気の毒といえば気の毒なことです。

RAMBOさんのコメントにちょっと反省です。
私自身も偽活動家時代には散々醜態を晒してきました。部員さんを傷つけたり追い詰めてしまったこともありました。
自己責任ではありますが、「これでいい」「あれでいい」「どんどんやれ」と絶え間なく焚きつけた創価学会にはいまだに腹がたちます。

触れてくださったのでリコメします

  古刹信徒さん

 そうですね。 時間を巻き戻すことが出来れば、。

 こんな年齢になると、益々 悔やむことが多くなってきます。 確かに自力他力を超えたものが仏法への信仰姿勢だと思えば、一概に葬儀(形式)にだけ、成仏の決定的要素があるとも言い切れません。 回向も可能です。

 しかし、凡愚の我々は多くの過ちを犯します。 とりわけ、信心をしているのだから、謗法だけは避けたい。  なのに、解っててそれをやる、という苦しさ。 これは一般の方々からは理解は得られないけれど、確信犯になるのが辛いですね。 でもでも、「気づいて」良かったですね。 本当に。

 牡丹さん

 罪状をいうなら、私なんか終身刑ですよ。 仮に私が「正式に」退会したら、多くの会員さんや幹部たちは、「そこ」を攻めまくるでしょう。  「あんたこそ、その謗法??を先頭に立ってやってただろ!!」と。
 
 決断に十数年もかかったのは、そのせいです。 もう何を言われようと仕方がない、と決めるまでが長かった。  これも保身でしょうね。。

 上が言うことを「センセイの言葉=大聖人の教え」と信じ、みんなに「活動させ結果を出す」ことが、みんなの為になる。 学会=仏法を宣揚し、守ることになる。  大いなる功徳を頂けると。。そう信じてやってきたんだもんね。。

 お気持ちはすごく分かります。 管理人さんに至っては創価弘教のチャンピォン。。(苦笑) 傷はなかなか癒えないですよ。 深入りし過ぎましたね。
 でも反省はするが後悔はせんぞ! これ以上 ミジメにはなるもんかい!(笑)
 

RAMBOさんへ

こんばんは。
活動家で役職があったりすると、いろいろな方にご迷惑がかかるのはわかっていますし、組織から離れるのに相当な葛藤があり勇気もいりますよね。
罰が当たりはしないかと怯えたり。
これ完全に創価学会の術中に陥ってる状態なのですが。
こちらへお越しの常連さんたちも多かれ少なかれ乗り越えて来られた関所かと思います。
私はネットの情報に救われました。
バカじゃありませんからガセか真実かくらいは嗅ぎ分けられます。

同じように悩んでこちらのブログなどにたどり着かれた方も少なからずいらっしゃるでしょう。
後は心をお決めになるだけ。応援していますよとお伝えしたいです。

なぜ私が組織から離れたのかと悩んで、結果的に組織から遠のいた方もおられますので、そういう意味でも良かったと思っています。
RAMBOさんのまわりにもきっと、そういう方がいらっしゃるでしょうし、ましてや先日のご友人の件など素晴らしいです。


急に寒くなったと思ったら案の定、風邪をひいてしまいました。
今の時期、薄着は禁物でした。
RAMBOさんも管理人さんも皆さまも、どうぞお気をつけになってくださいね。

牡丹さん

こんばんは。


> RAMBOさんのコメントにちょっと反省です。
> 私自身も偽活動家時代には散々醜態を晒してきました。部員さんを傷つけたり追い詰めてしまったこともありました。
> 自己責任ではありますが、「これでいい」「あれでいい」「どんどんやれ」と絶え間なく焚きつけた創価学会にはいまだに腹がたちます。

それを言われると私も同じです。
何人の人を創価にしてしまったことか。
何人の会員さんを活動家にしてしまったことか。
慙愧の念に堪えません。
もちろん私が創価が謗法団体になることを予想できなったことが一番悪いのですが、
大御本尊を捨て、創価仏などといいだすとは夢にも思いませんでした。
財務などの金銭的な部分について騙された。とは言いませんし思いませんが、
大御本尊を捨てたことに関しては「創価に騙された」と思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おやおや!

 牡丹さん、風邪ひいちゃった?

 インフルじゃなきゃいいですね。  なんにしても辛いね。

 お大事にしてくださいね。

 私と管理人さんは、そういう目にはあいません。  理由は御想像の通りです。

 ってか、私の場合、「年寄りはひきにくい」という学説どおりかな。 知ってました?
 (^^;

非公開さん

こんばんは。

コメントありがとうございます。
少しは気が楽になりました。

人材難の創価ですから、暇そうな副役職の壮年部にやらせているのが今の儀典部ですからね。外部の参列者が怪訝な目で学会の友人葬を見ているのを気付きもしていないでしょうね。学会の素晴らしさなんてこれっぽっちも伝わってないです。

先日、久々に活動家男子部と話す機会がありましたが、辟易しました。
終始、話が噛み合わず、こちらが戒壇の大御本尊様のこと、大聖人仏法のことを話をしても、原理主義はイスラム国のようにいけないだの、時代に即して教義も変わるだの、キチガイ発言の連続。
池田先生の指導を学んで、題目をあげて生命力をつけることが大事!と活動家お決まりの言葉を聞きながら、彼らの思想はほぼ池田本仏、大聖人は法を悟り御本尊を顕した偉人という捉え方になっているなと痛感しました。立正佼成会や身延と同じレベルじゃんと。
『いつも一人で寂しくないの?』とも言われましたが、何でそういう事を言えるのか人格疑いましたね。
活動家であればあるほど見かけだけは気品高く見せようとしていますが、言葉の端々に出る下品さ低劣さを強く感じます。

現役男子部さん、そうなんです!
話が噛み合わないんです(笑)

私や母のように創価学会が大御本尊を捨てた事に疑問をもつ人、大御本尊の事を知ってる人はまだマシです。
今の創価は池田教、池田先生の教えに反しているからダメとか言ってる人もいます(笑)もう話がややこしくてわけわからんです(((^^;) いったい彼らはなんの集団なのでしょうかね~

元創価班様

活動家と話して感じたのは大聖人仏法を学ばず、池田のことばかり学び、池田のために人生を捧げるのが正しい信仰だとガチで思っている輩だということです。
『大聖人はもう亡くなって存在してないでしょ?』ともその活動家はほざいてました。要するに現代の生きる大聖人が池田と思っているんだと思います。

少し前にニュースになった、くさやの臭いを消臭剤で消すCMではないですが、胡散臭さやデタラメさを必死に隠しているのが今の創価なのかもしれないですね。
でも良く嗅いでみると鼻をつく強烈な臭みがあります。
消臭剤の効果がある内はいいですが、効果が切れると臭みの中悶え苦しむでしょうね。

こんにちは。

RAMBOさんご心配くださってありがとうございます。
もうすっかり元気なのですが咳が続いたので八代亜紀みたいな声でございます。

管理人さんが何かの時に、創価を離れてから経済革命できたようなことを仰ってましたが、それは全般に言えますよね。
免疫力、回復力もアップ。創価を離れてからおかげさまで体力だけはみなぎっております。ありがたいことです。

元創価班さんと現役男子部さんのお話ですが、活動家とは絶望的に会話が成立しません。
こちらがどんなに言葉を尽くしても脳みそを石膏かなんかで固めているみたい。
『揺るぎない確信』ってやつでしょうか?
客観的には見事にMCにかかった姿でしかないのですが。

私みたいなのに出くわすと逃げたり、怯えたり、たまに身構えて勝手に戦闘態勢になったりするところあたり、なんかの野生の動物を彷彿とさせます。

思想・歴史・文化・政治・価値観、なんでもいいんですが創価からの情報を鵜呑みにして、ご自分から情報を探すということをしない。ああそれからテレビの情報も鵜呑みにしますけど。
そういう怠慢を続けた成れの果てでしょうね。
此の期に及んで未だ上機嫌で学会活動に明け暮れているような方々は、別次元に生息する言葉の通じないなにかの人種だと思っています。

気の毒とは思いますが言葉が通じない以上、ご自分で気づかれるしかありません。

創価の葬儀社

これにも一言。

宗門から破門されて友人葬友人葬と言い出したと思ったら雨後の竹の子のごとく出現あそばされましたね。
商魂たくましいとはこのこと。

ところで葬儀社専用の御本尊がありますが。
何体もどうやってどんな気持ちで授与しお受けしているのでしょう。
何体も普段どうやって置いてあるのでしょう。
ご商売の道具ですよね。
いいんでしょうか。

そうそう、商魂たくましいといえば創価学会員同士のお見合いの企業もありますよね。なんたらマリアージュ?
創価学会公認?創価学会が母体?
なんでもいいんですが、なんだか物凄い人との物凄い出会いがありそうでビビります。

現役男子部さん

こんばんは。

> 人材難の創価ですから、暇そうな副役職の壮年部にやらせているのが今の儀典部ですからね。外部の参列者が怪訝な目で学会の友人葬を見ているのを気付きもしていないでしょうね。学会の素晴らしさなんてこれっぽっちも伝わってないです。

まぁそうでしょうね。今回もよくぞあの信心の薄かった元副部長が儀典長なんてやってるなぁ。って感じです。

> 先日、久々に活動家男子部と話す機会がありましたが、辟易しました。
> 終始、話が噛み合わず、こちらが戒壇の大御本尊様のこと、大聖人仏法のことを話をしても、原理主義はイスラム国のようにいけないだの、時代に即して教義も変わるだの、キチガイ発言の連続。
> 池田先生の指導を学んで、題目をあげて生命力をつけることが大事!と活動家お決まりの言葉を聞きながら、彼らの思想はほぼ池田本仏、大聖人は法を悟り御本尊を顕した偉人という捉え方になっているなと痛感しました。立正佼成会や身延と同じレベルじゃんと。

いかにも「頭の悪い」男子部幹部がいいそうなセリフですね(笑)

> 『いつも一人で寂しくないの?』とも言われましたが、何でそういう事を言えるのか人格疑いましたね。

全くですね。
むしろ「お前らこそつるんでなけりゃ信仰もできないのか?」って感じですよね。
お疲れ様でした。
これに懲りずにまた活動家さんを破折してやってください。
それが、彼らのためですから。

牡丹さん、元創価班さん

こんばんは。

本当に、創価活動家さんとは話がかみ合いませんね。
ここに、コメントをくれた壮年・婦人・男子・女子部の活動家らしき方々も
みなさん、一様にこちらからの質問には全く答えませんから。
ご本人たちは答えるているつもりなのでしょうが、全く答え・反論のテイをなしていませんでした。
答えたくないまたは答えられない。
日本語がわからない或いは理解力が甚だしく低い。
社会的不適合者かサイコパス。
そのいづれか、またはその全部。
そう思わざる得ない気分になります。

> そうそう、商魂たくましいといえば創価学会員同士のお見合いの企業もありますよね。なんたらマリアージュ?
> 創価学会公認?創価学会が母体?
> なんでもいいんですが、なんだか物凄い人との物凄い出会いがありそうでビビります。

よほど、世間ではモテない青年部さんが多いのでしょうか?
或いは、だから学会活動に全てを賭けちゃうとか。
昔、「法華美人より普通の美人のほうがいい」って言っちゃって
顰蹙をかったことがありました(笑)

No title

そうですね( ゚Д゚)
みなさんが言われるように異次元の住人と喋ってるようだとか、サイコパスなんじゃないだろうかと思うのは・・・僕はあの学会員の姿は地獄の姿だと思うのです。 たぶんもう地獄におちてます話が通じないのはそのせいです。
まさに異次元です。

地獄は死んでから行くところではないと子供のころから言われておりましたが、最近それはほんまの事だと実感しています。
うちの近所でも何年も寝たきりの御主人をかかえながら活動をがんばる婦人部長さん、子供が死んじゃった創価班の先輩、顔が土色の男子部たち、びっこひいて同放にくるおばあさん、糖尿で目があまり見えない僕の母・・・鬱になってしまったうちの息子。
極めつけは死ぬことができない池田先生←おそらく時間の止まった暗闇の世界におられると思います。

話が通じないわけです、みんな地獄の亡者住人です、異次元の人たちなのです


元創価班さん

こんにちは。

確かに異次元です。
大御本尊と大聖人を信じている私から見れば
大御本尊を受持の対象としない人たちと話が嚙み合うはずはないですから。
もう、別世界の人達なんでしょうね。

友人葬…

私は友人葬は見たことありませんが、お寺の葬儀には何度か参列させていただいております。格差社会なので盛大にされるかたもいれば自宅で内々でされるかたもいます。

御供養金額は決まっていません。真心です。祖父や祖母は7日毎にお寺で御塔婆を建てて拝んでいただきました。

死語の裁判もあるし、閻魔法王もいらっしゃると思います。

至らない信心ではありますが一生信仰をつらぬいて、迷える人達をお助けしたいと思います。

まとまりませんが、まずお寺で正しいこと間違っていることを素直に聴ける所に成仏の門が開かれていくのではないのでしょうか?無解有信でも成仏できます。

血脈否定は平左衛門 にも匹敵するほどの大謗法…早く気づいて欲しいですm(__)m

名乗る? さん

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 私は友人葬は見たことありませんが、お寺の葬儀には何度か参列させていただいております。格差社会なので盛大にされるかたもいれば自宅で内々でされるかたもいます。
> 御供養金額は決まっていません。真心です。祖父や祖母は7日毎にお寺で御塔婆を建てて拝んでいただきました。
> 死語の裁判もあるし、閻魔法王もいらっしゃると思います。
> 至らない信心ではありますが一生信仰をつらぬいて、迷える人達をお助けしたいと思います。

貫くことが大切ですね。大聖人の仏法の根本は大御本尊への信だと思います。
それを貫くとがどれほど大変なことか大聖人は事あるごとに門下にご教示されています。
大御本尊への信を失った今の創価についていくことは大聖人に違背する行動だと思います。

> まとまりませんが、まずお寺で正しいこと間違っていることを素直に聴ける所に成仏の門が開かれていくのではないのでしょうか?無解有信でも成仏できます。

無解有信でも当然成仏できます。
ただし、ある程度の「解」がないと創価活動家さんたちのように
創価に騙されてしまいます。
そしてその活動家さんたちがまた誰かを結果的に騙すことになるのです。
創価活動家さんたちの主張を聞いていると
ほぼ全てが、創価本体が行っていることをそのまま鵜呑みにして言ってるだけなのです。
残念でなりません。

> 血脈否定は平左衛門 にも匹敵するほどの大謗法…早く気づいて欲しいですm(__)m

そうですね。気づいて欲しいですね。

管理人様FC

今日は

管理人様は頭がよく、他の人は普通ですから、組織の人間関係が上手くいかなかったのかなとも思います。

自分は上から目線、幹部から上から目線は許せないような印象を受けました。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる