なんの為の会館なの?

先日のSさんのお通夜のあとに
一緒に参列した連中と食事を兼ねて少し飲んだ。
その中に一人だけ非学会員(一般の人)がいたんだけど
その人がふと俺たちに
「なんでSさんは学会の会館でお葬式しなかったの?」と聞いてきた。
「Sさんの家族は全員学会員でしょ?」
「学会にも寄付してるんでしょ?だったら会館とか使えるんじゃないの?」
それを、聞いた俺たちは呆然。
それを聞くまで俺を含めた全員が
会館で葬儀をする。なんていう事は思いもしなかった。
でも、そう言われてみれば全くその通りなんだよね。

Sさん一家は、少なく見積もっても
これまで1000万円以上は財務をしてきだろう。
それに家族全員(いまは後輩のK君は別だが)活動家だ。
いわば創価の功労者である。
その功労者が亡くなったのだから
当然、会館で葬儀をするのはアリだ。
故人やご遺族だって民間のセレモニー会館で葬儀を出すより
それこそ、慣れし親しんだ創価の会館で葬儀を出すほうが嬉しいだろう。
また、参列する学会員だって会館の方が行きやすい。
それに、会館の方が御本尊も大きいし(大きさじゃないけど)
仏具も立派(仏具じゃないけど)
そして何よりお金がかからないじゃないか。
宗門を始めとする既成仏教団体の葬儀を
「葬式仏教」とか「金儲けの手段」といって
僧侶も要らなきゃ、寺も要らない。っていって
全く仏法の本義に則っていない学会葬なんてものを推奨してるのら
葬儀に会館を無料で開放する。なんてのは当たり前の話だ。
全国のどこかの会館で会員さんの葬儀とか執り行わているのか?
それは分からないが、少なくても俺達の知る限りでは
会館で葬儀を出した。というのは見たことも聞いたこともない。
まさに思いもよらない、衝撃的な一言だった。

創価から言わせれば、会館は「使用申請」しないと使えないのだから
結婚式のような日程が決まっている催しならば応えられるが
葬儀のように急なことには対応できない。とか
或いは、会館で葬儀などやったら、
葬儀だけで他のことができなくなる。
とでも言うのだろうが
それって、やっぱり変なんだ。
会館でやってることなんて、ほとんど「会合」だし
それだって、毎日・毎晩やっているわけじゃない。
確かに、当日の会合をキャンセルするのは難しいが、
翌日以降の会合予定なんて、いくらでも変更できる。
また、活動家全員が会館での葬儀を希望するわけじゃないので
毎日葬儀でいっぱいになんてならないと思う。
創価の会館なんてアチコチにあるし。
それに、もし毎日葬儀で会館がいっぱいだったとしても
それはそれでいいじゃないか。
ブッチャケ会合なんてどこでも出来る。
わざわざ大きな会館でやる必要もない。
同時中継だってネット配信すれば会館に集まる必要もない。
そんな、どこでやっても同じ。ような事をわざわざ会館でやるくらいならば
亡くなられた学会の功労者のために会館を優先的に使ってもらう方が
本来の宗教施設としての役割を果たすし
何よりも、それが「友人葬」「学会葬」ってやつの正しい姿なんじゃないか?
会員からの浄財で会館を建て維持しているんだろ。
だとしたら当然会員が希望すれば葬儀のひとつも出せて当たり前だ。
固定資産税を徴収されないのは、会館が宗教施設だからだ。
だったらなおさら、希望者には葬儀に会館を使ってもらうべきだろう。
そでなけれな、一体何のための会館なんだ?
選挙対策本部としての会館なのか?
お忙しい幹部様たちのために会員をできるだけ大勢集めるためのハコなのか?
亡くなった創価功労者よりも、生きてる活動家の会合の方が大切なのか?

寺院なら自分の檀家に頼まれれば、葬儀をお寺で出させてくれる。
それが「葬式仏教」だから悪い。そんなの仏教じゃない。といならば
会館を使わせない。のが正しい仏教なのか?
創価の会員さんの中には、経済的理由で
お金がかかるセレモニーホールなどで葬儀を出せない人もいる。
地元の自治会館を借りたり
狭い自宅で葬儀を出した会員さんも知っている。
俺の祖母も亡くなった時は経済的に苦しい時期で
狭い自宅で「学会葬」を行った。
そうした会員さんには、創価の側から
「是非、会館を使ってください」というのが、本来のあり方だろう。
創価学会仏は、そこまでペテンが回らないのか?

その非会員の人が言った一言。
「お葬式より会合の方が大切なの?それで友人葬?なんか変なの。学会って。何のための会館なの?」
そうだよね。
これがマトモな人の感想だし、常識だよね。
そう言われてなんだか目からウロコだったよ。
俺達、創価の人間は誰ひとり今までそんな疑問を持ったことなかった。
まだまだ、俺も創価脳だなぁって思い知らされ気分だった。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やはり年配者の出番かな^^:

 管理人さん。

 それは私の経験則で言えば、無理に「なりました」です。 何度か私の地元でも執行したことはあります。 でもそれは、ことさらに親切な「管理者さん」の規則を超えたお手伝いがあったればこそ。  人手のかかる通夜・葬儀は物故者の最寄りの組織なりが、人員を出して手伝わないと無理です。 駐車場の容量の問題や、やれ、畳が傷む、世間の人に会館の御本尊を見せてもいいのか、 生のご遺体を会館で一夜を過ごさせることの是非、など、諸問題がありました。 

 そして!!総県からのお達しがついに下り、会館はそういう場所ではないと、ある日からキッパリダメになったんですな。 決めのセリフは「池田センセイに来ていただくまでは、会館を大切に汚さないように使わせて頂かないといけない!」というものでした。   
 つねづね私なども、創価は会員への福利厚生がほとんど無い、と嫌われながら会館運営会議などで指摘してきましたけども、現場の切実なる意見より、上からの融通の効かないお達しのほうが、強いのです。  まさに「瞬殺」でした。  

 創価の価値観はすべてこの「池田センセイのために」が最優先でした。

 まさに「神ってる」世界です。  どうやら池田センセイという人は幹部にとっては、「私が行くまでは通夜・葬儀などはしてはいけないと仰ってるのだ、」という事になります。  理論的にはそうなのでしょうね。

 これでは善悪を超えて、すべてが「池田センセイ」にフォーカスされた組織だという、超法規的なことになりはすまいか。。と思うにつれ、私の心は離れていくことにもなりました。  だって結局は「人物崇拝」に過ぎないもんね。

 なおかつ、「先生はすべてをお見通しナノダ!」からね。  都合の悪いことは幹部に代弁させながら「私は妻ともども、毎日みなさまのご健康とご多幸を祈念しています」と宣うセンセイって、一体、なんなのでしょうかね。。  

 加えてかつて会館内の「豪奢な池田専用施設」が取り沙汰されたことがあります。

 会館の最上階にそれは存在したと。  真偽のほどは巧妙に隠されてしまいましたが、出入りの業者さんたちは、確実に知っていたはず。 マスコミなどの追及を受けての、その「急きょなる取り壊し→恩師記念館」の工事もです。

 「一将 功なりて万骨枯る」のことわざを地で行ってきたのがこの教団だと今、確信を持って私は言います。 

 最後に、

 以前にお知らせした、あの壮年部さんですが 本日無事に入仏式を終えられました。  本日のお講にも行ってきたとご報告も頂きました。 嬉しい限りです。
 ありがとうございました。皆さん。^^

センセの個室

某講堂にはセンセの個室がありました。
若かりし創価班の頃、
特別に見せてあげよう!と言われて
見学した事あります。
へぇ〜⁈ってなもんでしたが( ̄∀ ̄)
創価の同志なのに
会館で葬儀が出来ないの?
凄くシンプルな疑問ですが、
確かに、そうですね(゚∀゚)
私も気が付きませんでした。
そして出来ない理由はRAMBO様の
コメントにて解決しました。

入仏式、大変におめでとうございます!

創価学会がカルトと思えない貴方に贈る

●ある脱会者の手記より抜粋

退会したら親友だと思っていた会員の友達からは手のひらを返したようにほぼ無視されている状態だけどお金と時間が自由に使えるようになった。

今までの時間と金かえせ!!!と言いたいところだ・・・。
一刻も早く脱会してもらいたいです。
このままだと、教団の金儲けの捨て駒になるだけですから。
辞めてご本尊とか捨ててもバチは当たりません。
人生が拓けます!

「1○○○○」の良かったところ。私が接した範囲では、職員も信者も皆真面目な人が多かったです。真剣に世の中を良くしようと考え、自分を捨てて他人のために尽くそうとする人が多かったです。
だから、阪神大震災の時は全国からボランティアが集まったし、「2○○○○」ということも説いて、その実践を目指しています。
教団に多額のお布施をするのは、「他の誰よりも3○○先生が最も良いお金の使い方を知っているのだから、教団に4○○するのが最も世の中を良くすることに繫がるのである」という風に信じているからです。

1創価学会2広宣流布3池田4財務
こんな感じに埋め込むとそっくりでしょ!

●もともとの言葉は1幸福の科学2見返りを求めない愛3大川先生4植福

●幸福の科学の教義にあたるものは釈迦の生まれ変わりの大川先生の指導集なんです、創価に例えると日蓮上人の生まれ変わりが池田先生で教義が人間革命となります、ちがいなんかほとんどないでしょ!
相手は仏教徒じゃないんです、同じ仏教徒の日蓮宗のお坊さんとの会話の方がはるかに噛み合うと思います。
話がかみあわないのは仏教徒とカルト信者との対話になってしまうからです(教義や本尊の話をしてもほとんど無反応なのはそのためです、相手はカルト信者ですから)


RAMBOさん

こんにちは。

>  それは私の経験則で言えば、無理に「なりました」です。 何度か私の地元でも執行したことはあります。 でもそれは、ことさらに親切な「管理者さん」の規則を超えたお手伝いがあったればこそ。  人手のかかる通夜・葬儀は物故者の最寄りの組織なりが、人員を出して手伝わないと無理です。 駐車場の容量の問題や、やれ、畳が傷む、世間の人に会館の御本尊を見せてもいいのか、 生のご遺体を会館で一夜を過ごさせることの是非、など、諸問題がありました。

なるほど全国的には以前はそういうこともあったんですね。
私の周辺の会館ではいままで一度も見たことなかったです。 

>  そして!!総県からのお達しがついに下り、会館はそういう場所ではないと、ある日からキッパリダメになったんですな。 決めのセリフは「池田センセイに来ていただくまでは、会館を大切に汚さないように使わせて頂かないといけない!」というものでした。  

やっぱりそんなところですか。
では一体会館は「どういう場所」なんですかね。
ご遺体を安置すると「汚れる」んですかね。
生涯学会に尽くして死んだら「汚い」ですか。哀れですね。
そんな風に思われながらも、毎年財務して、
会館ができたと喜んで、
宗門と別れから余計な金がかからずに済む。なんて言って。
葬式仏教以下ですね創価は。
世間の方々が気持ち悪がるのも無理のない話です。

>  以前にお知らせした、あの壮年部さんですが 本日無事に入仏式を終えられました。本日のお講にも行ってきたとご報告も頂きました。 嬉しい限りです。
>  ありがとうございました。皆さん。

そうですか。それは良かったですね。
私もうれしいです。
また一人、大聖人のもとに戻ることができて。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 某講堂にはセンセの個室がありました。
> 若かりし創価班の頃、
> 特別に見せてあげよう!と言われて
> 見学した事あります。
> へぇ〜⁈ってなもんでしたが( ̄∀ ̄)

地方の会館は小さいのでそんな施設はありませんが
牧口や総県の中心会館にはあるのでしょうね。
なにせ、一般会員は「決められた」場所以外出入り禁止ですからね。

> 創価の同志なのに
> 会館で葬儀が出来ないの?
> 凄くシンプルな疑問ですが、
> 確かに、そうですね(゚∀゚)
> 私も気が付きませんでした。
> そして出来ない理由はRAMBO様の
> コメントにて解決しました。

ですよね。
「汚れるから」って・・・・
そんなこという人たちが
「友人葬」なんて推進してるんだから
笑っちゃいます。

古本屋店主さん

こんにちは。

本当に笑っちゃうくらいカルト教団のいうことは同じですね。

> 相手は仏教徒じゃないんです、同じ仏教徒の日蓮宗のお坊さんとの会話の方がはるかに噛み合うと思います。
> 話がかみあわないのは仏教徒とカルト信者との対話になってしまうからです(教義や本尊の話をしてもほとんど無反応なのはそのためです、相手はカルト信者ですから)

なるほど。その通りです。
カルト信者では、仏法の話など語れるわけがないですね。
納得です。

何のための会館かと考えましたが…

無料のお茶が飲める!

これしか浮かびませんでした。
ごめんなさい。

会館でのお葬式

こんばんは。

法事は時々なさってますね。
確かに確かに。
管理人さんのご意見に大賛成。
言われてみればけしからんことです。

常々、会館の敷地内に墓地をなぜ作らなかったのかと思っていました。
たっぷり植樹などして外から目につかない配慮をすれば実現できますよね。
野を超え山を越えとんでもない僻地までお墓詣りに行かなくても良かったのに。
墓苑の購入も半ば強制的だったのでは?
みなさんローン組んでこぞって購入しましたよね。お花すらお供え出来ない、納骨スペースも申し訳程度のおもちゃみたいなお墓を。
でも会館なんて行きたくもない、となったら僻地に行くほうがまだマシかなー。

そして、なるほどご葬儀は本気を出せば難なく出来るはずだと思いました。
なんといっても有り余る財力がありますから、やるかやらないか、だけのことでしょう。
スタッフも会館お抱えスタッフを雇えばいいんです。
四者に求人を出せば必ず集まります。
会館職員だって『雇って』るんですから。
専用のお部屋もその気になれば確保は難しくありません。
古い会館だったら管理人さんの住居部分が物置きになってますし、池田大作先生用のお部屋も有効に使いやがれと思います。

RAMBOさんの経験談は、いかにも組織がもっともらしく言いそうなことです。
開き直って創価思想で逃げるのだけはお上手ですこと。
でも宗教施設ですものね。矛盾してますよ?
『地域の灯台』でしたっけ?じゃあさっさとやりなさいよ。
実現すれば会員さんはどんなに喜ぶかわかっているはず。
わかっていながら絶対やらない。

創価学会には心というものがありません。

あえて公平を期すために

  管理人さん

 会館には祭壇一式があるのは御存じでしょうか。 私の地元の会館にはありましたが、今現在も用意があるかどうかは 定かではありません。 自宅葬などで、昼間動ける壮年部さんや、前述した常駐の管理人さん(今はもうとっくに廃止で不在)の協力で、軽トラックにて搬送、設置、もちろん後片付けまで、我々、会員間でやりました。 ご遺族は大変に喜ばれました。 

 既存の施設や葬儀社に頼む余裕のないご家庭などもいらっしゃるから、確かに祭壇が無償というのは助かりました。  しかし地区によっては学会員さんが喜んで仕事も休んで手伝ってくれるというシステムは確立してたわけではありません。
当然、ケースバイケースでした。  

 つまり

 ①会館の管理人さんには「その任務規定」はありません。(手伝わない)

 ②「上」からの会員葬儀システム?という指示も制度も正式には存在しない。

 ③地区内の会員さんにも、そういう意識はありません。

 ④「時代」も葬祭会館などに、一式を依頼するというのが定着。

⑤町内の方々も「創価の会館」に馴染みがなく、どうしていいか判らない。
 
 ⑥蛇足  イギリスなどの「ゆりかごから墓場まで(学校で習ったような)とは違い、 世間様が思うほどの互助システムなど、創価にはありませんね。

 会員の連帯は飽くまで新聞ケイモウ、F拡大、ザイムの促進といった創価だけの活動を進めるうえでの切磋琢磨??、つまり「カツドウカ」足るべき同士の連帯です。 様々な理由でリタィアした会員に、どこまでも生活面も含めて面倒を看てくれる人は少ない。  回らないギアは邪魔になるから、取り替えるしかない。
 そんな中で例えば、リタィア組で年配で病を持ってる人に、組織を挙げて支援を惜しまないとかいう支部や地区組織を、私の知る限りではいまだかって見たことがありません。

 くどいようですが、そういう空気の中で、葬儀の応援(?)というようなベクトルは生まれにくいです。  該当するその人は、同志として「終わってる」からです。

 「会館は現代の寺院である」、、と池田氏は言いました。  法的にもそういう分類のはずです。 しかし、言葉から連想されるような機能は飽くまで例外的です。

 私も以前、総県に提案要望したことがあります。

 ① 会館に葬祭専門の建物を作って欲しい。

 ② 決して安くはない墓苑に申し込む余裕のない方々の為に、やはり会館内に
   半・永久的な納骨堂を作って欲しい。  などです。

 法的な整備も必要なのかもしれませんが、やるべきだと今でも思います。

 弱者の味方であったはずの創価や公明党は、実は名ばかりのものでした。弱者は創価内でもやはり弱者です。 それを批判したりする者は「反逆者」と言われます。 創価のすることはすべて「正義」だから。  彼らは決して創価や自分自身を相対化して考えることはできません。

 今日では相変わらず会館で、「選挙の活動」はしても、通夜葬儀などはありません。  価値観が違うのです。  こういうのを創価内・村十分とでもいえばいいのかな。 
    また冗長になりました。 失礼しました。

現役男子部さん

こんにちは。

> 何のための会館かと考えましたが…
> 無料のお茶が飲める!
> これしか浮かびませんでした。
> ごめんなさい。

ですね(笑)
それでも一般の人は飲めませんが・・・

牡丹さん

こんにちは。

> 法事は時々なさってますね。
> 確かに確かに。
> 管理人さんのご意見に大賛成。
> 言われてみればけしからんことです。

それが一般的な感覚です。
金をとるだけ取って何やってんだよ。って感じですね。

> 常々、会館の敷地内に墓地をなぜ作らなかったのかと思っていました。
> たっぷり植樹などして外から目につかない配慮をすれば実現できますよね。
> 野を超え山を越えとんでもない僻地までお墓詣りに行かなくても良かったのに。
> 墓苑の購入も半ば強制的だったのでは?
> みなさんローン組んでこぞって購入しましたよね。お花すらお供え出来ない、納骨スペースも申し訳程度のおもちゃみたいなお墓を。
> でも会館なんて行きたくもない、となったら僻地に行くほうがまだマシかなー。

Sさんの家なんて、厚田村ですよ。お墓が。
そのうち完全に無縁仏になりますよ。

> そして、なるほどご葬儀は本気を出せば難なく出来るはずだと思いました。
> なんといっても有り余る財力がありますから、やるかやらないか、だけのことでしょう。
> スタッフも会館お抱えスタッフを雇えばいいんです。
> 四者に求人を出せば必ず集まります。

ああ、いい意見ですね。
必ずいますね。リストラになった壮年男子部や退年退職した元気な多宝会の方々。
安い給料でコキ使えそうです(笑)

> 創価学会には心というものがありません。

そうですね。所詮、創価仏は迹仏ですから心なんて必要ないのでしょう。

RAMBOさん

こんにちは。

>  会館には祭壇一式があるのは御存じでしょうか。 私の地元の会館にはありましたが、今現在も用意があるかどうかは 定かではありません。 自宅葬などで、昼間動ける壮年部さんや、前述した常駐の管理人さん(今はもうとっくに廃止で不在)の協力で、軽トラックにて搬送、設置、もちろん後片付けまで、我々、会員間でやりました。 ご遺族は大変に喜ばれました。 

私の地元会館では祭壇は見かけなかったですね。
でも確かにそれは喜ばれそうですね。


>  ①会館の管理人さんには「その任務規定」はありません。(手伝わない)
>  ②「上」からの会員葬儀システム?という指示も制度も正式には存在しない。
>  ③地区内の会員さんにも、そういう意識はありません。
>  ④「時代」も葬祭会館などに、一式を依頼するというのが定着。
> ⑤町内の方々も「創価の会館」に馴染みがなく、どうしていいか判らない。 
>  ⑥蛇足  イギリスなどの「ゆりかごから墓場まで(学校で習ったような)とは違い、 世間様が思うほどの互助システムなど、創価にはありませんね。

ようするに「口だけ葬」なんでしょうね。宗門を困らせるために始めた葬儀の形なんでしょう。
「お金がかからないから友人葬のほうがいい」
確かにそうした側面も人によってはあるでしょう。
だったら、中途半端にしなさんな。って思います。


>  会員の連帯は飽くまで新聞ケイモウ、F拡大、ザイムの促進といった創価だけの活動を進めるうえでの切磋琢磨??、つまり「カツドウカ」足るべき同士の連帯です。 様々な理由でリタィアした会員に、どこまでも生活面も含めて面倒を看てくれる人は少ない。  回らないギアは邪魔になるから、取り替えるしかない。
>  そんな中で例えば、リタィア組で年配で病を持ってる人に、組織を挙げて支援を惜しまないとかいう支部や地区組織を、私の知る限りではいまだかって見たことがありません。

確かにそうなんですが
「人間主義」だの「麗しい学会家族」だの言うからウンザリします。

>  私も以前、総県に提案要望したことがあります。
>  ① 会館に葬祭専門の建物を作って欲しい。
>  ② 決して安くはない墓苑に申し込む余裕のない方々の為に、やはり会館内に
>    半・永久的な納骨堂を作って欲しい。  などです。
>  法的な整備も必要なのかもしれませんが、やるべきだと今でも思います。

そうですね。これだけの信者を抱えている宗教団体なのですから
率先して規範を見せるべきです。
そうしてこそ世間にも「学会葬」が認められるのだと思います。
自画自賛の学会葬ではだめですね。


管理人様FC

今日は

他の学会員の方も書いておられますが、食事施設や宿泊施設が必要です。

創価だけが、財務させて会員に還元しないと言うのは、おとしめる行為に思えます。

創価葬儀会館なら建設可能ですが、執行部はどう考えてるのでしょう
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>