会館で葬儀をしない事に関する学会員の陳腐ないいわけ。

前回の会館で葬儀をしないことに対する俺のブログに反応した学会員のブログがアップされた。
題して「なぜ創価学会の会館で葬儀がおこなわれないか」というブログで
「一体どんな理由を述べるのか?」興味がわいたので読んでみた。
う~ん・・・申し訳ない。あまりに陳腐ないいわけなので少し笑っちゃいました。
その理由?いいわけ?が

【簡単な話である。 創価学会の会館は建設の際、斎場としての手続きを経ていないからだ。】

だそうで。

そもそも、まず論点がずれている。
他人のブログを「ウオッチ」してブログを書いている人なのに
その割には、読解力が低いというかなんというか・・
人の話をちゃんと聞いてる?って感じ。
俺が書いたのは、一般の人が「創価の会館で葬儀ができないのはおかしい」
と言ったことに関して、「その通り」と主張したのである。
それに対して【斎場としての手続きを経ていない】
なんてのは全く見当違いで答えにも反論にも言い訳にすらなっていない。
俺がいっているのその以前の話だし、そんな次元の話ではない。
では、なぜ斎場としの手続きをしないのか?
葬儀も出せない会館を会員の金で建設するのはおかしいだろ
と言っているのである。
会員の浄財で建設した会館で葬儀もできない。
創価の功労者の故人に対して会館も使わせないのか。
友人葬だの会館は現代の寺院だのって言ってるのはウソか?。
そういうことに対しておかしくはないのか?
一般人だって「おかしい」と思っているのに
創価はどう思っているんだ?
と言ってるのがわからないのか、
はたまたわからないふりをして惚けているのかわからないが、
そのような趣旨に対し「建設の際に手続きしていない」なんていうんじゃ
やっぱりこりゃ相変わらず話が全く噛み合わない。
相手が学会活動家なら「なるほど建築の時に斎場の手続きしてないのね」って思うだろうが
そんな陳腐な言い訳が通用するのは創価村の中だけだ。

続けて、
【通常、葬儀を執り行うための施設を「斎場」という。斎場というと火葬場を想像する方も思うが
「斎場」とは“業として葬儀を行うことを主たる目的とした集会施設” の事を指す。
また“業として”というのは聞き慣れないだろうが有償無償は関係がない。
依頼者からの委託をうけて「葬儀」事業をおこなうところが斎場だ。】

と言ってるのだが、確かに納骨・火葬を行わない施設は集会場の扱いである。
集会場である以上、都計法・建築基準法の範疇で、
用途地域等の制限を除けば違法建築でない限り
市街地のどこでも建築確認はおりる。
そして「集会場」で火葬等を行わない葬儀を出すことは違法ではない。
違法ならば、地域の自治会館で葬儀を出すのはすべて違法である。
そもそも、通夜・告別において「どこそこでやってはいけない」なんていう法律はない。
よほど公序良俗に反さない限り、
公民館でもホテルでももちろん自宅でも通夜・葬儀は執り行える。
まぁ、創価の会館で葬儀を出すのは
公序良俗に違反する。っていうのなら納得してあげるが(笑)
もしも通夜・告別式は定められた場所でやらなければならない。
という法律があるなら俺は知らないのでぜひどの法律なのか教えてほしい。

また、ご丁寧に相模原市の条例をリンクしているが
それはあくまでも条例であり、しかも建築前の話である。
既存で建っている施設(会館)において
通夜・告別式を行うことに対し違法性などどこにもないのだ。

それに、元々創価の会館というのは宗教施設である。
宗教施設に対し建築許可をおろすときに
「通夜・告別式はやらないでください」と行政がいうわけね~だろ(笑)
宗教施設である以上、通夜・告別式などの
儀式が行われることは常識的に考えて当然なんだよ。
それこそ、宗教施設が宗教施設たる所以だろ。
宗教施設の建築確認をおろしたあとで
「葬儀をやるとは思っていませんでした」なんてヤツいるか?
さすがに無宗教の人だって普通の人間なら
宗教施設であるなら葬儀の一つもやるのだろう。と思うさ。
つまり民間の斎場と違い宗教施設の場合は
建築前に斎場としての届け出なんていらない。
宗教施設で確認申請しているのだから、
葬儀が行われることがあるというのは、
個別で届け出るまでもなく大前提なんだよ。
むしろ、宗教に関係ない選挙の会合をするなら
そっちを事前に届け出ろ。って話だ。
宗教施設なのに政治活動をするんだから
そっちの方がよほど世間からも周辺住民からも理解されないだろう。
宗教法人の施設だから固都税も免除されているのに
葬儀もひとつも出せないほうがおかしい話なんだ。

学会が寄進した正宗寺院は「斎場」としての届け出をしたのか?
してないとしたら、日蓮正宗を斎場の届を出してないのに葬儀をやるのは違法だと告訴しろよ。
創価新報で「斎場の届を出さないで葬儀を行う反社会的な宗門」とかキャンペーンしてみろよ。(笑)
そんなことできるはずないよな。
違法じゃないんだから。
違法どころか宗教施設でその信者が葬儀を行うはむしろ当然の話だ。
世間一般の人はそう思うから
「なんのための会館なの?」って言うんだよ。
そんな当たり前のことすら、創価脳の方々にはわからないらしい(笑)

そして、最後に

【斎場でなくとも宗教施設を建設する場合には、地域住民とのトラブルにならないよう事前に建設地の
自治体(自治会)との交渉が欠かせないのだが、どうも件のアンチ学会のブログ主さんは、そういった一般的
な常識も持ち合わせていおられないようだし、調べるつもりもなさそうだ。】

と締めくくっているが、
現在ある会館はそういうことをクリアにしているから建築できているわけだ。
その宗教施設で葬儀を行うことになんの障害もない。
お寺で葬儀をやっていて、「葬式するのはヤメロ」と
怒鳴りこんでくる周辺住民なんてそうそういない。
(正宗寺院にイカガラセで行く活動家はいるかもしれないが)
いたとしたら、最初の段階から地域住民の反対を押し切って寺を建ててしまったからだろう。
もし、会館で葬儀をして地域住民が怒鳴り込んできたら
それは、創価が強硬にその場所に会館を建ててしまったか、
あるいはその地域の学会員たちの素行がよほど悪いかだろう。
つまりは、その地域では創価学会など認められていない。ということだ。
素直に「私たち創価は世間で認めれられてないので会館で葬儀はできません」
といった説明のほうが、なんぼかマシだ。
いずれにせよ、建築に関する法律と葬儀等に関する法律をごちゃまぜにして、
あたかも会館で葬儀ができないのは法律で決まっているから。
とのごとく読者に誤読させ、逆に批判する手法は
相も変わらず、創価活動家の陳腐で欺瞞に満ちたやり方である。
もし、こうしたことを確信犯でなく、本気で主張しているなら
申し訳ないが少し〇〇〇が悪すぎる(笑)

人のブログをウオッチするのは構わないが、この程度では・・・
まずは自分自身をウオッチした方がいいと思う。
「一般的な常識」?笑っちゃうよ。
他人に常識を説く前に、ご自分の常識が
いかに一般的な常識から外れているか気が付いたほうがいい。
創価の常識など世間の非常識。ってことに気が付けないのがお気の毒。
まぁ、創価の活動家は、コト創価批判のことになると
一般常識も理屈もへったくれもないからなぁ。
創価村の条例を持ち出して、
村民でもない人々にその条例を押し付け、
君たちは間違っている。非常識だ。
というくらいしか反論できないのだろうが
毎回毎回、誰も彼も、どんな話題であっても
言い訳・反論が陳腐で欺瞞に満ちているんだよね。

【創価学会の会館は建設の際、斎場としての手続きを経ていないからだ。】

って・・・・本気で言ってるなら、いろいろ心配です。
まぁ、今回は単なる冗談と受け止め、笑っておきます(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

冠婚葬祭✩キンコンカンコン♪

ここ数日「家具は村内、八王子」のCMで有名だった「村内ホームセンター系列」が主催する「にほんブログ村」の「哲学・思想(創価)」カテゴリー場内でブロガー同士が「創価学会の会...

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

元男子部本部長で、現在は退会しています。
例の御仁は、言い訳をもっともらいく書けるすごい人です。

葬儀なんて近隣に理解してもらえば自宅でも出来ます。むしろ一昔前はみんな自宅でしてたのですが、事前に斎場の届なんてしてのでしょうか?
どうもァの方は『そういった一般的な常識も持ち合わせていおられないようだし、調べるつもりもなさそうだ。』
学会本部からすれば、「面倒なことは自分でやれ」ってことでしょ。
『地域住民とのトラブルにならないよう事前に建設地の自治体(自治会)との交渉が欠かせない』ということは、創価学会(自分たち)が世間から迷惑がられて嫌われてると自覚してるからですよ。
あと、副会長や総県幹部当たりがお勤めの富士白蓮社が儲かる仕組みがあるから、会館で無料だと困るからです。

はじめてなのに乱筆失礼しました。
いつも楽しく拝見しています。

つづけてすんません

あの御仁の文章は読めば読むほど、“この子はア○マ弱いのかな~おバカなふりをしてるかなな~”と想像させてくれる愉快な人です。

あと、副会長や総県幹部当たりがお勤めの富士白蓮社が儲かる仕組みがあるから、会館で葬儀だと困るからです。

たいくさん。

こんにちは。初めまして。そしてコメントありがとうございます。

> 元男子部本部長で、現在は退会しています。

それは良かったです。

> 例の御仁は、言い訳をもっともらいく書けるすごい人です。
> 葬儀なんて近隣に理解してもらえば自宅でも出来ます。むしろ一昔前はみんな自宅でしてたのですが、事前に斎場の届なんてしてのでしょうか?

その通りですね。斎場の届け出というのは、あくまでも建物の建設に関する指導・条例であり、
葬儀に関する法律ではありません。
そして一度、建築されてしまえばその「集会所」(会館)で葬儀を出すことはなんの違法性もありません。
何より、宗教施設として建築を許可しているのですから葬儀を行うは当然なんです。
ですから、創価会館で葬儀をしたかと言って会館使用を禁止されることなどありません。(当然なんですけどね)

> どうもァの方は『そういった一般的な常識も持ち合わせていおられないようだし、調べるつもりもなさそうだ。』
> 学会本部からすれば、「面倒なことは自分でやれ」ってことでしょ。
> 『地域住民とのトラブルにならないよう事前に建設地の自治体(自治会)との交渉が欠かせない』ということは、創価学会(自分たち)が世間から迷惑がられて嫌われてると自覚してるからですよ。

全くその通りなんです。
地域住民と余計なトラブルを起こしたくないだけです。
それだけ世間で認知されていない団体であることを自覚してるのでしょう。
だったら、素直にそういえばいい話なんですね。
何をカッコつけてるんでしょうかね(笑)

> あと、副会長や総県幹部当たりがお勤めの富士白蓮社が儲かる仕組みがあるから、会館で無料だと困るからです。

それもあると思いますが、会館を使用させるだけであとは葬儀屋にやらせればむしろ儲かると思います。

> はじめてなのに乱筆失礼しました。
> いつも楽しく拝見しています。

ありがとうございます。
また、いつでもお気軽にコメントしてくださいね。
今後もよろしくお願いします。

感想

いろいろと記事を拝見しております。
ぶしつけに失礼します。


葬儀をおこなうにあたり、
自宅と、不特定多数に対して会場を提供するのとは条件が異なります。

(法令に基づく私の職業上 感じることは)
何かにつけて、法令をクリアするのは大変なんだよ、ということです。

「だったら最初っから斎場していれば」とのご意見ですが、
申し訳ないですが、それは屁理屈です。

「用途」の設定を、さかのぼって理屈をあてはめるのは、
建設計画当時の、ご当地の法令上のことも調べてからでないと、何とも申しあげられません。

それよりも、むしろ現代においては、
寺院で葬儀を執り行うこと自体、少ないのではありませんか?

私は年末年始の、日蓮正宗寺院警護の任にもついたことのあるオッサン学会員ですが、
私の記憶では、正宗寺院で葬儀を執り行っておられた記憶もありませんね、たしか。

そういえば、私が高校生の頃、学会と正宗が喧嘩をはじめましてね、
その頃に親族の葬儀があったんです。
それでも事情があって、正宗のお坊さんに葬儀会館に来てもらって行いました。
お坊さん、うちの親族が車でお迎えに行ったそうですが、ちゃっかりご供養もお車代もお取りになりました。高額の戒名代も受け取られました。

今更、そういう話はしたくないんですけどね、
コストだとか、道理だとか言うと、なんだかなぁ~と思いますよ。

学会員として、今の会館での「葬儀をしない」という習慣に、とくにクレームもないですし、むしろ近隣の集会所や葬儀会館でおこなうほうが、非学会員のいろんな親しい方に囲まれて自然じゃないでしょうかね。
私はそう思うし、会館に「使わせろ」とか、あまり思わないんですよ、正直なところ。

牙城会もやっていましたから分かるんですが(会館使用の受付もやっていました。) 例えば、会合のスケジュールの隙間にうまく「葬儀」が入れられるわけないし、その日に多くの人が予定(結集)しているところを「こじ開けて」までして、葬儀をさせろってのも、なんだかなぁと思いますよ。日本人の感覚じゃ、嫌ですよ、ぶっちゃけ。
葬儀するところじゃないですよ、あれこれ理屈抜きにね。

ともあれ、この記事で問題提起していらっしゃることは、
おっしゃりたいことは分からなくもないんだけれども、ちょっとこれ以上は押し通すのは無理がありますね。
正宗さん自体にも傷を負うことになりかねませんよ。


私の意見はここまでです。
ごめんなさいね。失礼します。

お邪魔でしたら遠慮なく消してください。



※追伸

そういえば、20年ぐらい前に
浄土宗に帰依している親族の葬儀を、(所属)寺院でおこなった記憶があります。
「寺院=安上り」 といったのは幻想で(笑)、
その界隈でいうところの、故人にとって、かなり「格上」を演出するのが「寺院葬」でなかったかと思います。
(会社経営者でしたので、見栄もあったようです。)

もちろん、私のような貧乏人がおこなうケースとは異なるでしょうけど、
それでも寺院でおこなうよりも、葬儀会館や地元集会所でおこなうほうが安上りで、何より気楽で、人と人に囲まれて幸せなんじゃないでしょうか。





たいくさん。

> あの御仁の文章は読めば読むほど、“この子はア○マ弱いのかな~おバカなふりをしてるかなな~”と想像させてくれる愉快な人です。

チラッとほかの記事も読んでみましたが
アンチだけじゃなく同じ創価の人間にもクレームつけているみたいですね。
そもそも他人ブログの感想を書くブログっていう発想が残念ですね。
ストーカーかサイコ気質なんでしょうか。
おっしゃる通り、弱いのかフリなのかはわかりませんが
大して興味の引くような内容もなかったですね。(あくまでも個人的感想です)
まぁ、愉快といえば愉快な方なのでしょうが
面倒くさそうですね。
女の子には好かれそうにありません(笑)

会館で葬儀が出来ない理由

やれない理由に問題があって、
やらない事には、問題がないのですょ。
世の中の仕組みや法律とかあれば、
順守は当然。

三世永遠ですよね?
故人に対して、
ましてや、学会の為、センセの為に、
人生を賭して、戦い抜かれた方々に
対して学会はどうなのよ?と思います。

儀礼的な学会版お葬式には、違和感ありますよ。

学会員は選民意識が強く、
自分達の非常識な振る舞いに
気が付けないのが、残念でなりません、、

宮部生造さん

こんにちは。

> (法令に基づく私の職業上 感じることは)
> 何かにつけて、法令をクリアするのは大変なんだよ、ということです。

はい。私もそうした関連の仕事をずっとしていますので理解してます。

> 「だったら最初っから斎場していれば」とのご意見ですが、
> 申し訳ないですが、それは屁理屈です。
> 「用途」の設定を、さかのぼって理屈をあてはめるのは、
> 建設計画当時の、ご当地の法令上のことも調べてからでないと、何とも申しあげられません。

いえ。集会場は特別な建造物ではありません。市街化調整区域ならば「用途」云々もありますが
基本的に、市街化区域であれば「用途地域」等で建設できないエリアもありますが
建築基準法とその他の法令を遵守している建物なら多くの場所で建築可能です。
「法令」といっても、宗教施設に関わるとしたらば「景観法」とか「風致法」くらいでしょう。
地方の会館ならば「景観法」に抵触する大規模建造物ではないから対象になりませんし
対象となっても「届け出」制度であり、「許可制度」ではありません。
ほかにも諸々法令上の制限はありますが、
それらは建物についての制限だったり、開発に関する制限で
建物の使用目的に対する制限はありません。
行政に(特に相手が宗教法人ならば)建物の使用に関する許可の権限などありません。
もう一度書きますが市街化調整区域や非線引き区域は別です。
もともと建築できない場所に特別に建築の許可をおろすわけですから
(宗教法人は調整に建築できる特別枠のひとつです)
当然使用用途は制限されますし、事後の用途変更は難しいでしょう。
でも一部研修道場を除いて、調整区域に会館が建設されることはまずありません。
ほとんどの会館は市街化区域に建設されていると思います。
また、私はこれから建設する予定の会館の話はしていません。
すでに宗教施設として許可を受け建築済の会館において
火葬・埋葬を伴わない葬儀を執行することに違法性などないのです。
ですから、「斎場の届け出をしていない」というのは
会館で葬儀ができない。ということの根拠にはならないのです。

> それよりも、むしろ現代においては、
> 寺院で葬儀を執り行うこと自体、少ないのではありませんか?
> 私は年末年始の、日蓮正宗寺院警護の任にもついたことのあるオッサン学会員ですが、
> 私の記憶では、正宗寺院で葬儀を執り行っておられた記憶もありませんね、たしか。

多い少ないの問題でもないのです。
会員が希望したら使用させるべきだと言っているのです。
お寺は檀家が希望したら、寺で葬儀を出してくれます。
私の地元の正宗寺院では年に何度か葬儀が出ています。
それが宗教施設としての本来のあり方だと思います。

> そういえば、私が高校生の頃、学会と正宗が喧嘩をはじめましてね、
> その頃に親族の葬儀があったんです。
> それでも事情があって、正宗のお坊さんに葬儀会館に来てもらって行いました。
> お坊さん、うちの親族が車でお迎えに行ったそうですが、ちゃっかりご供養もお車代もお取りになりました。高額の戒名代も受け取られました。

そうですか。私は正宗の葬儀は知りませんのでこの手の話にはコメントできません。
ただ思うのは、大聖人の本義上、大御本尊を受持しない学会員の導師では
即身成仏はできない。ということです。
お金は失いませんが、それ以上に大切なものは失います。
「ただより高いものはない」というのはこういうことだと思っています。

> 学会員として、今の会館での「葬儀をしない」という習慣に、とくにクレームもないですし、むしろ近隣の集会所や葬儀会館でおこなうほうが、非学会員のいろんな親しい方に囲まれて自然じゃないでしょうかね。
> 私はそう思うし、会館に「使わせろ」とか、あまり思わないんですよ、正直なところ。

そう思わない人はそれでいいんです。
それと、葬儀をさせろとクレームがないのではなく
最初から「会館で葬儀はできない」と思っているだけです。
創価が「希望者には会館で葬儀をしてもらってもいいですよ」と告知すれば
会館で葬儀をしたいと思う会員さんは結構いると思います。
クレームがないから改善しない。という姿勢は「人間主義」を掲げる創価の姿勢としては疑問があります。
また、会館で葬儀をすれば非会員の方も参列されるので創価の会館の実態を見てもらうのにいい機会じゃないですか。
隅々までみてもらって「池田大作の専用部屋なんてないでしょ?」って言えるじゃないですか。

> 牙城会もやっていましたから分かるんですが(会館使用の受付もやっていました。) 例えば、会合のスケジュールの隙間にうまく「葬儀」が入れられるわけないし、その日に多くの人が予定(結集)しているところを「こじ開けて」までして、葬儀をさせろってのも、なんだかなぁと思いますよ。日本人の感覚じゃ、嫌ですよ、ぶっちゃけ。
> 葬儀するところじゃないですよ、あれこれ理屈抜きにね。

結局、そういことなんですよ。
創価の功労者の死より、会合の方が大切。
それがおかしいのではないですか?と言っているわけです。
日本人の感覚としては、ご友人が亡くなったのに
宗教施設で会合をしている方がイヤなんじゃないですか?
もし、会館で大きな会合中に、池田センセの訃報が届いたら
それでも会合を続けるならば見上げたモンですけど。
Gをしていたならお判りでしょうが、
月のうちどうしても会館でやらなければならない会合っていくつありますか?
同時中継くらいでしょう。あとは会館使わなくてもできます。
担当幹部が細かい会合を回るより大きい会合1回で済ませた方がラクだし効率がいいから会館でやるだけ。
そうしたいから葬儀なんてできない。ってのが本音ですよね?
会員第一と創価はいいますが、会員とは「生きてる人間に限る」ってことなんでしょうか?

> ともあれ、この記事で問題提起していらっしゃることは、
> おっしゃりたいことは分からなくもないんだけれども、ちょっとこれ以上は押し通すのは無理がありますね。

無理かどうかは読者の皆さんが判断することです。
私から見れば、創価活動家の皆さんが言ってることの方が苦しい言い訳に聞こえます。
本当のこと、つまり「死んだヤツの為に会館を使うなんての無価値なんだよ」といえば気も楽なのに
下手に「創価家族」だの「人間主義」だの「友人葬」だの
耳障りのいいことを言っちゃう手前、なんとかとりつくろわないといけない。
葬儀の件じゃなく、教義変更なども同じ。
上様の無理難題をなんとかフォローしなきゃいけない。
でもそれをするとどこかで辻褄が合わなくなっちゃう。
活動家さんは本当にお気の毒だと心から同情してるのです。


> 正宗さん自体にも傷を負うことになりかねませんよ。

私は法華講員じゃありませんので私の意見は日蓮正宗の意見じゃありませんよ。

> 私の意見はここまでです。
> ごめんなさいね。失礼します。
> お邪魔でしたら遠慮なく消してください。

お邪魔なんてとんでもないです。
むしろ創価活動家さんのコメントは大歓迎なんですよ。
私とて創価の活動家さんが言いたいことも分からなくない時もあります。
また、いつでもコメントしてください。
今後もよろしくお願いします。

宮部生蔵さん

お名前を間違えました。
お詫び申し上げます。

くだらぬノスタルジアを。

  かつて確かに「創価学会は宗教界の王者であります!」と戸田先生は大講堂でおっしゃいました。
30年代の話です。 ありもしない「エレベーター相承」があったと人・革にも載っているあの時の話です。 私はこれを当時読んだときは、まだ僧俗がうまくいっていた??とされる時代。  当然、住み分けが出来ていたから、それはそれでいいですよ。

 ですが54年問題の時だったか、前述したセンセイの「現代の寺院」発言を受けて、私はまだ創価に疑いを持たなかった頃で、創価班・牙城会の在任中でもあり、「これからは忙しくなるのかな」と思ったものです。  寺院という言葉を受けての印象です。

 「王者」  ここは私なりに言えば、様々な意味でこれ以上ない!というほどのご宣託でした。  その「王者」というハイレベルな自意識、そして自尊な言葉の割には、宗教施設として「も」お粗末だなと今は思います。 

 「選挙活動」は、のべにすれば年中やってて、かつ結婚式もできる。 でも葬儀会場としてはその任にはあたらないというのが、お粗末だという由縁です。

 いいでしょうか。  会員さんの中には〇〇斎場だのなんだのという施設が、使いたくても使えない方々が 現に存在しています。 狭い自宅でもできない。

 そして今では「王者の会館」も使わせてはもらえない。  でも私の地元では会館建設が成り、何度も葬儀がありました。 お手伝いもしました。

 宗門に対するご批判もありましたが、ここでそれを言うのはスジ違いです。
 独自の御本尊まで「認定できる」までになった創価学会です。  しかも旧来の既存仏教界だけが既得権として占有できていた「墓地」問題すら、自前で獲得できた、本邦唯一の成功例なのが創価です。

 だったら、会員さんだろうが、幹部さんだろうが、会員の寄付により造られた会館のキャパとして、そういう仏事・法事もやれよ、と言いたいのです。

 無理難題かもしれません。 実は管理人さんも私も、いまだに「創価」が好きなのです。  「誇りだった」のです。 (これはもちろん感情論でしょうが。)

 それは何故かといえば、創価が「庶民の味方」であり、貧・病・争の真っただ中で、生きることに喘いでいた、いわば最下層の人々の拠り所として、存在してた創価学会の在りように、限りない愛情を感じ、大聖人様のご慈悲を感じ、自らも陣列に加わって一生を送ろう、としてきたからです。

 戦後は誰も貧しかった。 家もない。あっても風呂がない。私の家もお隣さんに風呂を使わせてもらってました。 今はそんな時代とはもはや隔世の感があります。  でも、比較の問題ではありません。 

 創価の原点はそうであり続けて欲しかった。  

 私自身もいろんな会員さんの実生活、実態をみてきました。  都市流入で過疎化が進むそんなGDPも低い地方の県にいると分かりますが、社会インフラも遅れ、市民サービスも弱い地域では、生活保護世帯も少なくない学会員さんには、今もって創価だけが、心の縁(よすが)なのです。   そんな中で一途の希望を抱いて貯金をして「財務」をして、新聞を何部も購読し、あまり興味もわかないアーティストであっても、民音のチケットを友人の分まで買い、盛り上がりもしない座談会にも欠かさず出席するのです。 

 話を急ぎます。

 仏法は慈悲の世界です。 なおかつ「現当二世」です。 ことに創価は「現世利益」で伸びてきました。

 せめて人生の最終章だけでも、費用を気にすることなく、葬式もできる。  同志も心を寄せる。 挙句には世間の方々とて、それなりに「評価」できるでしょう。

そんな創価であって欲しかった。  手続き論やなんかの話ではなく、大事な仏子である会員さんを大切にしてくれ!と申し上げているのです。 ならばそれは会のプラィオリティの問題になります。  会館葬?だって管理人さんの記事にそって言えば、「可能」なわけなのだから。  一体、どこに目をつけているのかと思いますね。  

 念のため、誤解を恐れずに言えば、私は「僧俗和合論者」です。

 勿論、これは会とご宗門間で、コペルニクス的な転回でも起きない限り、もう無理であろうことは判ります。

 今はもう大御本尊様さえ捨てた、「できそこない団体」に変わり果てました。

 失礼ながら、学会三世・四世の人などの「後発組」あるいは「破・後」入会の方々には、この心情は理解できないことでしょう。

 増してや「創価新報」の記事を鵜呑みにしてきた方々は 更に無理ですね。

 いずれそんな方々自身も直面せざるを得ない、こうした問題は 実は依然として「今日的」なテーマです。 「広布功労賞」などを連発すれば済むということではありません。  会員さんに報いるべきです。  それに気づくべきです。

 結びに、 かつての森田理事長さんの発言を書いておきます。

 「現場を見てはいけない。 上を見ろ。 学会を守ることがもっとも大事なんだ」

 皆さんはどうお考えでしょうか。
 


 

 

 

  

 

No title

管理人さま、お気遣いありがとうございます。

私の「葬儀場」観は、先ほど述べたとおりです。

極端なことを言えば、
仮に、「学会会館でもOK」になったとしても、
かつて、ブッキング事情を知っている者として
急な個人的なものを「ねじ込もう」とも思わないのです。

ただ、結婚式は「予約」が可能です。
事前に調整のとれるものですからね。
これと同じく、
急な葬儀通夜を除き、各種法要もおこなわれます。
お盆の行事もやっております。

ともあれ、日本古来の習慣に対しての見解も異なることも多々あるわけですから、一概に「あそこは××だ」とレッテルを貼るのもどうかと思います。

これは控えめに申しておりますが、
どちらが「宗派としての正当性があるか」という論点も捨てがたいのでしょうが、
そういうのではなく、
一般の方にも、昨今は「葬送」の多様性が増えております。

塔婆や戒名、あるいは位牌、僧侶がとりしきることも含め、
従来観にとらわれない個々のい考えが、ますます増えて行く時代かと思います。

したがいまして、
「創価叩き」が、必ずしも 世間の今の多様性から「同情」を引くものとはならない時代かと存じます。





退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> やれない理由に問題があって、
> やらない事には、問題がないのですょ。
> 世の中の仕組みや法律とかあれば、
> 順守は当然。

そうなんですよね。
「やれない理由」が、宗教者としてまた宗教法人として妥当であり
世間とのコンセンサスが取れるかどうかが問題なんですよね。

> 三世永遠ですよね?
> 故人に対して、
> ましてや、学会の為、センセの為に、
> 人生を賭して、戦い抜かれた方々に
> 対して学会はどうなのよ?と思います。

全くその通りです。
創価の功労者に対してもっと敬意を払ってもいいと思います。

> 学会員は選民意識が強く、
> 自分達の非常識な振る舞いに
> 気が付けないのが、残念でなりません、、

ホントに残念です。
「会の決まり」なのでしょうが
あまりにも杓子定規で人間味が感じられません。

RAMBOさん

こんばんは。
>  いいでしょうか。  会員さんの中には〇〇斎場だのなんだのという施設が、使いたくても使えない方々が 現に存在しています。 狭い自宅でもできない。
>  そして今では「王者の会館」も使わせてはもらえない。  でも私の地元では会館建設が成り、何度も葬儀がありました。 お手伝いもしました。

そうです。そうです。

>  宗門に対するご批判もありましたが、ここでそれを言うのはスジ違いです。
>  独自の御本尊まで「認定できる」までになった創価学会です。  しかも旧来の既存仏教界だけが既得権として占有できていた「墓地」問題すら、自前で獲得できた、本邦唯一の成功例なのが創価です。
>  だったら、会員さんだろうが、幹部さんだろうが、会員の寄付により造られた会館のキャパとして、そういう仏事・法事もやれよ、と言いたいのです。

全くその通りです。
おそらく会館を葬儀で利用できても多くの活動家会員さんは使わないでしょう。
同志に迷惑がかかる。先生に申し訳ない。と言って使いたくても使わないでしょう。
でも、最初から「葬儀では使えません」という門前払いするのは
人間として、同志としして、宗教者として正しいことだと思えません。
そういうことを言ってるのであって、手続き云々の話じゃないんです。

>  無理難題かもしれません。 実は管理人さんも私も、いまだに「創価」が好きなのです。  「誇りだった」のです。 (これはもちろん感情論でしょうが。)
>  それは何故かといえば、創価が「庶民の味方」であり、貧・病・争の真っただ中で、生きることに喘いでいた、いわば最下層の人々の拠り所として、存在してた創価学会の在りように、限りない愛情を感じ、大聖人様のご慈悲を感じ、自らも陣列に加わって一生を送ろう、としてきたからです。

そうですね。本当にそうでした。
創価を守ることが大聖人の仏法を守ることだと信じてましたね。
勿論、学会員の中でも好きな人は大勢いました。

>  仏法は慈悲の世界です。 なおかつ「現当二世」です。 ことに創価は「現世利益」で伸びてきました。
>  せめて人生の最終章だけでも、費用を気にすることなく、葬式もできる。  同志も心を寄せる。 挙句には世間の方々とて、それなりに「評価」できるでしょう。
> そんな創価であって欲しかった。  手続き論やなんかの話ではなく、大事な仏子である会員さんを大切にしてくれ!と申し上げているのです。 ならばそれは会のプラィオリティの問題になります。  会館葬?だって管理人さんの記事にそって言えば、「可能」なわけなのだから。  一体、どこに目をつけているのかと思いますね。  

そう。それができるのは現状では創価だけです。
だからこそやって欲しかったし、やるべきなのだと思います。

>  結びに、 かつての森田理事長さんの発言を書いておきます。
>  「現場を見てはいけない。 上を見ろ。 学会を守ることがもっとも大事なんだ」
>  皆さんはどうお考えでしょうか。

ただの糞ジジイですね。(笑)

宮部生蔵さん

こんばんは。

> 極端なことを言えば、
> 仮に、「学会会館でもOK」になったとしても、
> かつて、ブッキング事情を知っている者として
> 急な個人的なものを「ねじ込もう」とも思わないのです。

多分そうなってもほとんどの活動家の方々は会館葬は遠慮すると思います。
「迷惑をかけらない」と死してなお創価の同志を気遣うでしょう。
でも。最初から会館葬儀はNGとするのは違うと思うのです。
活動家の方々が宗教施設をどんな場所だと思っているのかは知りませんが
世間一般的には、葬儀等の儀式を行うことは宗教施設の大きな役割だと思っています。
その施設としての大きな存在価値の一つを拒否したら世間では「おかしい」となるのは事実です。

> ただ、結婚式は「予約」が可能です。
> 事前に調整のとれるものですからね。
> これと同じく、
> 急な葬儀通夜を除き、各種法要もおこなわれます。
> お盆の行事もやっております。

知ってます。予約が取れないから葬儀は難しい。けど不可能ではありません。
通夜を2~3日延期してもいいわけですから。

> ともあれ、日本古来の習慣に対しての見解も異なることも多々あるわけですから、一概に「あそこは××だ」とレッテルを貼るのもどうかと思います。

レッテルを貼っているつもりはありません。
宗教団体として宗教施設をを保有すれば税金等の多くの優遇があるのは公共性があるからです。
そうした優遇を受けながら、宗教存在の根幹のひとつである葬儀という儀式をやらせない。という姿勢は違うと思うのです。
そしてその理由もまた一方的でコンセンサスを得ることができないのです。

> これは控えめに申しておりますが、
> どちらが「宗派としての正当性があるか」という論点も捨てがたいのでしょうが、
> そういうのではなく、
> 一般の方にも、昨今は「葬送」の多様性が増えております。
> 塔婆や戒名、あるいは位牌、僧侶がとりしきることも含め、
> 従来観にとらわれない個々のい考えが、ますます増えて行く時代かと思います。

それは同感です。

> したがいまして、
> 「創価叩き」が、必ずしも 世間の今の多様性から「同情」を引くものとはならない時代かと存じます。

私が「創価を叩く」のは、それなりの理由があるからです。
「同情」を引くためではありません。
勿論、反論もあるでしょうが、ほとんどの活動家さんの反論は
反論のテイをなしていないと感じるのです。
リアルでもネットでも、何の反論になっていないのです。
例えば、本尊義などに対しても
「独立した宗教団体なのだから自分たちで本尊を決めるのは当たり前」と答えるのです。
私は、大聖人仏法の法義としての是非を言っているのであって
創価が独立たした単体の宗教法人であることなど言われなくても知ってます。
そういうことなのです。
今回のブログ主さんの主張も然りです。
「建築時に斎場としての届出をしていない」という主張は、
私の記事に対する反論になっていません。
斎場の届出をしなければ、宗教団体の保有する施設で葬儀を行うことを禁止する法律も条例もないですから。
今の創価は末端の会員さんが世間やアンチに説明のできないようなことばかり指示してるのです。
末端会員さんが気の毒なのです。

No title

過去に戸田先生の「獄中の悟り」をしっかり否定したり
弘安2年の御本尊が行方不明だの
仙台のいわくつきの仏眼寺にある飛び曼荼羅の話と混同して
日蓮は開祖当初から曼荼羅を表していただのと「珍説」を唱え 
相手を黙らせる目的で数字をあてるトリックをしかけて選言三段論法で人格を規定し
(数字トリックをあてるマジックの参考:http://ameblo.jp/kosodatemagic/entry-10655179668.html) 
相手にガスライティングを仕掛けるのが得意な「器の小さい」
サヨクくずれの(自称)バカ活くんが
今度は「「アメブロ」なうで(http://now.ameba.jp/abehi-ken/
お寺で法事をやる事自体が古い概念」だとか教条的な強弁をたまっているけれど
どこかのテキストを拾って同調し モラハラまるだしの「機械的な物言い」しか返せねぇーのかよ

また そんなことを言っているあたりからして
教会で葬儀やっていることも全て「古い概念」になるわけだから
結局は あの人自身には「日本憎し」いやいや「伝統を否定したい心理」が働いていて
「悲しみ」や「慈しみ」といった感情がない 哀れな経済動物・・・ あいえいえ
あの人自身 何故?お通夜や葬儀を開くのか? 
その伝統的な意義を 身を持って読めなかった・・というか
まったく理解できないまま育ってきた様子なんだよな

もしかしたら あの人自身 親から相当な虐待を受けて 
親のありがたみも糞もないまま育った成果なのか? 
コイツ自身がモノとして育った成果なのか 
親友というものがいないのか いずれにしても「陰湿かつ かなり寂しいやつ」なのでしょう
・・と推測だけで安逸に結論や証拠になってしまう韓国風的な結論を示しつつ
(参考:http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar720332
彼にとってみては「遺体保管所みたいなゴミ捨て場」が 
やつにとってはありがたい「葬儀のあたらしい形」なのかなぁ・・・と
ミスリードミスリード


そのことも踏まえて 「寺の新しい概念」や「法事の新しい概念」というのは 
どういった形なのか? あのお方に伺かがってみてはいかがでしょうか
また 創価学会の会館とお寺は 目的や役割も含めて如何違うのか
その説明を求めてみたらいかがでしょうか?

もっとも寺も創価学会の会館も教会も共通としてあるのは
どれも元は学問の場だった・・と言うのがあるので、この点を炙ってくるんでしょうけれど
しかし それだけの目的しかないのなら 今や学校が存在するわけですから
寺も 創価学会の会館もいらなくなるんじゃないですか?
創価学会の施設もお寺も変わらないし 
創価学会の施設なんざ学問の役割すら果たしていないんだから
無駄な施設にもなるんじゃないのか?・・・と

ほかにも 葬儀と坊主といえば 創価学会にも葬儀専門業者があったよな 
双方ともお金がどうしても絡むわけだから 
比較しても葬儀屋も坊主もやっていることはあんまし変わらず
結局は「あっちの水はまずいが こっちの水は美味しい」といった
比較を兼ねた「思考経済」や「ステマ」が絡んだ宣伝だったわけやね

この点も伺ってみましょう

eco◆Smw69 さん

こんにちは。

> 過去に戸田先生の「獄中の悟り」をしっかり否定したり
> 弘安2年の御本尊が行方不明だの
> 仙台のいわくつきの仏眼寺にある飛び曼荼羅の話と混同して
> 日蓮は開祖当初から曼荼羅を表していただのと「珍説」を唱え 
> 相手を黙らせる目的で数字をあてるトリックをしかけて選言三段論法で人格を規定し
> (数字トリックをあてるマジックの参考:http://ameblo.jp/kosodatemagic/entry-10655179668.html) 
> 相手にガスライティングを仕掛けるのが得意な「器の小さい」
> サヨクくずれの(自称)バカ活くんが
> 今度は「「アメブロ」なうで(http://now.ameba.jp/abehi-ken/
> お寺で法事をやる事自体が古い概念」だとか教条的な強弁をたまっているけれど
> どこかのテキストを拾って同調し モラハラまるだしの「機械的な物言い」しか返せねぇーのかよ

ははは(笑)そうでしょうね。
今回の彼の記事も、建築指導・条例に飛びついて斎場の届け出をしないと葬儀ができないと思い込み得意満面で書いちゃったっていうお粗末な内容でした。

> そのことも踏まえて 「寺の新しい概念」や「法事の新しい概念」というのは 
> どういった形なのか? あのお方に伺かがってみてはいかがでしょうか
> また 創価学会の会館とお寺は 目的や役割も含めて如何違うのか
> その説明を求めてみたらいかがでしょうか?

その必要はありません。彼は会館葬儀ができないのは「届け出をしていないから」と主張してのみで「新しい寺の概念」なんて最初は全く言ってませんよ。私もまた「新しい寺の概念」なんて話はしていません。つまり彼は意図的に「話題をそらした」のです。それは自分の主張が間違いであったと認めたことと同じです。別の話題でごまかしているだけです。で、それも分からない創価活動家たちが同調しているだけでしょう。しかも、あまりに恥ずかしいから自分たちのコミュニティの中だけで言ってるだけですから。引かれ者の小唄を歌ってるだけです。これは創価活動家の習性なので治りません(笑)

> もっとも寺も創価学会の会館も教会も共通としてあるのは
> どれも元は学問の場だった・・と言うのがあるので、この点を炙ってくるんでしょうけれど

完全に論点そらしですね(笑)「建築の際の届け出」の話はどこにいったんでしょうね(笑)

> しかし それだけの目的しかないのなら 今や学校が存在するわけですから
> 寺も 創価学会の会館もいらなくなるんじゃないですか?
> 創価学会の施設もお寺も変わらないし 
> 創価学会の施設なんざ学問の役割すら果たしていないんだから
> 無駄な施設にもなるんじゃないのか?・・・と

そうですね。無駄です。それに学問の場所なら選挙に使うのは完全に使用用途違反です。
頭のいいふりをする。常識人のふりをする。ためにはいろいろと小賢しいことをしないとなりませんね。
でも、バレてないと思っているのはご本人建ちだけで
周りはとっくに「バ〇」ということに気づいちゃってます(笑)

まぁ、どちらにせよ「あの程度」の創価活動家に話すことも聞きたいこともありません。
「建築時に斎場の届け出をしてない集会所では通夜・告別式はできない」
という主張の法的根拠を示してくれるのならお伺いしますが、
姑息な「論点そらし」をするような人を個人的には真人間と思っていないので(笑)
創価活動家さんで、真人間が少ないですですね。

No title

はじめまして。

最も大事なことが議論から抜け落ちているんじゃないですか?
故人に親しい人、例えば喪主がどうしたいのか? ですね。

個々人によって違いますが、普通葬儀を経験されたり、見聞された方なら、葬儀を会館でとは考えないと思います。
親戚縁者、場合によっては友人・知人であっても遠方から来られる場合もあります。そうした方の宿泊や食事までも考慮しなければならないわけです。来ていただく方に失礼のないようにと考えるならば、普通、会館は選択肢に入らないのです。

こうしたことを考えたならば、当然そうした設備の充実した斎場なりセレモニー施設を選ぶのではないですか?

実際、わたしも両親の葬儀をしましたが、一番問題なのは、宿泊と食事でした。通夜・告別式にしても、もちろん飲食の用意は欠かせません。場合によっては数百人以上のものを用意しなければいけないわけです。ゆえに、会館でというのはあまりにも無理があるのです。用意したものが足りなくなったでは済まされないのです。

また使った食器云々、会場の掃除、すべて学会員のボランティアでまかなえというのも無理があります。ましてや高齢化している日本で。

またそうなると、斎場を借りるのと同じように、会場使用料をとって、ボランティアではまかなえない部分を工面する必要もあるでしょう。さて、そうした飲食宿泊の手配、はたまた清掃、あるいは会場使用料の金銭管理は誰が行うのですか?

また、香典などの金銭の管理もあります。記帳にしても香典の受け取りにしても信頼できる人をと葬儀社から厳しく指導されました。当然ですよね、香典泥棒だってありえるわけです。例え身内であっても。ゆえに、受付や記帳役は内部であっても普通頼めないのです。金銭利害が生じるからです。

様々な観点から会館で葬儀を行うのには、あまりにも無理があるのです。
だから設計段階でと仰る管理人さんの意見はわかります。しかしそうなると、会館すべてに飲食や宿泊の設備を設けなくてはならないでしょう。場合によっては数千人分の料理を揃えられる設備が必要になるわけです。それにはまた別の法令などの許可が必要ではないでしょうか。
また常時使用しない設備を造りデッド状態にすることが、宗教設備として正しい選択か考えてみてはどうでしょうか?


またそもそも会館は飲食禁止が普通です。当然ふつうは宿泊も許可されていません。ももちろん災害時などの特別な場合は別でしょう。


無理に会館を使わなくとも、世間には葬儀にみあった設備も業者もある、ならばそちらを使うほうが賢明であるのではないですか?
随方毘尼という言葉もあります。世間で様々配慮されて出来る環境があるのに、無理矢理葬儀も可能なように会館を設計するという思考は、無理があると思います。

また斎場は法律的には火葬場と墓苑のことを指すようです(火葬許可証と埋葬許可証を受ける設備を運営する場合に許可が必要だということです)。もちろん宗教団体にはこうした許可がおります。ゆえに学会が墓苑を持てるわけです。ほかは公益財団法人などが可能なようです。

したがって一般に言われる通夜・告別式をする場所を法律では斎場とはいわないようです。ゆえに通夜・告別式をする場所には特別な法令はないようです。
ともあれ、葬儀というのは喪主の意向や弔問者への失礼がないようにというのが前提ではないでしょうか。場所が問題なのではなく、人の心を大切にするのが大前提かと思います。会館でどうこうというのは、枝葉末節にとらわれ過ぎな議論ではないでしょうか。

そうした意見を世に問うてみることはいいことですが、そのことをネタに学会を叩くのは行き過ぎているのではないですか?

イプシロンさん

こんにちは。初めまして。

> 最も大事なことが議論から抜け落ちているんじゃないですか?
> 故人に親しい人、例えば喪主がどうしたいのか? ですね。

おっしゃる通りです。
私もそこをどうこう言ってるのではありません。
私が言いたいのは、「会館を葬儀で使わせない」という学会側の前提がおかしいのではないか。ということです。
私にそのように言ったのは一般の非会員の方です。
一般的には不思議に思うは当然だと私も思いました。
宗教施設である以上、信者から希望があれば使わせる方が常識的だと思います。

> こうしたことを考えたならば、当然そうした設備の充実した斎場なりセレモニー施設を選ぶのではないですか?
> 実際、わたしも両親の葬儀をしましたが、一番問題なのは、宿泊と食事でした。通夜・告別式にしても、もちろん飲食の用意は欠かせません。場合によっては数百人以上のものを用意しなければいけないわけです。ゆえに、会館でというのはあまりにも無理があるのです。用意したものが足りなくなったでは済まされないのです。

セレモニー施設を使える会員ばかりではない。それも事実です。

> また使った食器云々、会場の掃除、すべて学会員のボランティアでまかなえというのも無理があります。ましてや高齢化している日本で。
> またそうなると、斎場を借りるのと同じように、会場使用料をとって、ボランティアではまかなえない部分を工面する必要もあるでしょう。さて、そうした飲食宿泊の手配、はたまた清掃、あるいは会場使用料の金銭管理は誰が行うのですか?

基本、創価の施設ですから使用料はとりません。
言われるような細々したこともありますが全て学会員がボランティアでやる必要もありません。
また、創価の力ならばそうしたことができるシステムを作ることは可能です。
ですから、率先して創価がやるべきだと思います。


> また、香典などの金銭の管理もあります。記帳にしても香典の受け取りにしても信頼できる人をと葬儀社から厳しく指導されました。当然ですよね、香典泥棒だってありえるわけです。例え身内であっても。ゆえに、受付や記帳役は内部であっても普通頼めないのです。金銭利害が生じるからです。

「学会葬」では、学会員は香典を包みません。そういうキマリです。
また、私の友人のご家族が亡くなったときは、なんどか受け付けもし香典も管理しました。
それが創価の推進する「友人葬」です。

> 様々な観点から会館で葬儀を行うのには、あまりにも無理があるのです。
> だから設計段階でと仰る管理人さんの意見はわかります。しかしそうなると、会館すべてに飲食や宿泊の設備を設けなくてはならないでしょう。場合によっては数千人分の料理を揃えられる設備が必要になるわけです。それにはまた別の法令などの許可が必要ではないでしょうか。
> また常時使用しない設備を造りデッド状態にすることが、宗教設備として正しい選択か考えてみてはどうでしょうか?
> またそもそも会館は飲食禁止が普通です。当然ふつうは宿泊も許可されていません。ももちろん災害時などの特別な場合は別でしょう。

そうであるならば、固都税などをちゃんと払えばいいのです。
なんの為に宗教法人の施設が固都税などを優遇されているのか。そこも問題です。
選挙の会合には使うが葬儀には使えない。だけど宗教施設だから税金はタダ。
これでは一般納税者からみれば「ふさけんな」と言われても仕方ありません。
そもそも「葬儀をやらない前提」で建設した建物が宗教施設と呼べるのかということです。
もちろん、宗教活動は葬儀だけじゃない。ということも理解しています。


> 無理に会館を使わなくとも、世間には葬儀にみあった設備も業者もある、ならばそちらを使うほうが賢明であるのではないですか?
> 随方毘尼という言葉もあります。世間で様々配慮されて出来る環境があるのに、無理矢理葬儀も可能なように会館を設計するという思考は、無理があると思います。

無理に使え。なんていっていません。先にも書きましたが使えたとしても多くの学会員は使わないでしょう。
問題なのは最初から「使えない」としているところなのです。

> また斎場は法律的には火葬場と墓苑のことを指すようです(火葬許可証と埋葬許可証を受ける設備を運営する場合に許可が必要だということです)。もちろん宗教団体にはこうした許可がおります。ゆえに学会が墓苑を持てるわけです。ほかは公益財団法人などが可能なようです。
> したがって一般に言われる通夜・告別式をする場所を法律では斎場とはいわないようです。ゆえに通夜・告別式をする場所には特別な法令はないようです。

その通りです。
件のブログ主さんが書いた「斎場の届け出をしていないから使用できない」という発言は全くの間違いです。
正直、その記事を読んだときは失笑しました。
それくらい、無知丸出しの話だからです。
そんなわかりきったことに対しブログ記事など書いても仕方ないのですが、
創価活動家のデマを信じる人が現れるのは見逃せないので書いたまでです。

> ともあれ、葬儀というのは喪主の意向や弔問者への失礼がないようにというのが前提ではないでしょうか。場所が問題なのではなく、人の心を大切にするのが大前提かと思います。会館でどうこうというのは、枝葉末節にとらわれ過ぎな議論ではないでしょうか。

そういうことです。
私は言いたいのは、「友人葬」を推進し会員の浄財で会館を建設・運営しているのだから
会員第一に物事を判断すべきだ。ということです。
会員さんが希望すれば会館でも葬儀ができる。ようにすべきだ。ということです。
必ず会館で葬儀をしろ。という意味ではありません。

> そうした意見を世に問うてみることはいいことですが、そのことをネタに学会を叩くのは行き過ぎているのではないですか?

いろいろご意見はあると思います。
ただ、今回の記事に関して言えば、一般の方の言葉がなければ私自身も疑問視してこなったことです。
また、件のブログ主の記事は明らかにミスリードを誘っています。
(ただの無知かもしれませんが)
そして今回のような葬儀の話は、枝葉末節な部分です。
学会の謗法から見れば小さな問題なのです。

No title

こんにちは。

管理人さん、早速のリコメありがとうございます。

趣旨は理解しているつもりですが、では日蓮仏法にある「追善回向」の意味を考えてみてはどうでしょうか? 以前からずっとロムさせて頂いていますので、管理人さんが御書や教義をよくよく学ばれていることは当方承知しているつもりです。
また、閲覧者の質問に丁寧にお答えになっている姿も拝見させていただいてきました。

そうしたことの出来る管理人さんであれば、日蓮がいう「追善回向」の意味を考えれば、なぜ学会の会館が葬儀を考えていないのかはすぐにわかるのではないですか?
さてそこで問題になるのは、大聖人のいうことに従うのか? 世間一般の慣習とでもいうべいものに従うのかではないですか?

そもそも日本における葬儀というものは、おそらく江戸時代の檀家制度によって急速に形式化儀式化したに過ぎませんよね。
また仏法における本来の葬儀のありかたを考えれば「~であらねばならぬ」、ようするに「会館で葬儀ができるべきだ」という「べき論」自体が既に仏法ではなくなっているのではないですか?

もちろん、政治にしても「ゆりかごから墓場まで」が理想でしょう。
宗教団体にしてもそうあるべきでしょう。
しかし人類はいまだそこまで到達していないという事実を無視した理想論はどうかと思いますよ。できれば何事も無理のないように今できることをやりながら斬進的でいいんじゃないですか?

余談になりますが、以前から思っておりました。管理人さんは重箱の隅を突くような記事が多く、では大聖人の仰られる謗法の「根源」という悪を責めているかといえば、わたしにはそう見えないのです。ときには会員をつかまえて人格攻撃にも値することも言われていますよね。それでは日蓮の説いた「常不軽菩薩たるべし」に違背しているといえませんか?
また失礼ながら、言葉遣いも必ずしも品格があるとは言えないでしょう。

創価であろうがどこの組織であろうが、人間の営んでいる組織に完璧なものなど一つもないこともご存知でしょう。
また、今現在は批判を繰り返されているようですが、良くも悪くも、日蓮仏法を学ぶ縁に学会がなってきたことは事実ではないのですか? 管理人さんが拝された御書は学会版ですか? こういえばわかりやすいでしょうか、学会の中で散々嫌な思いをしてきたからこそ正しく日蓮仏法に目覚められた。だとしたら、学会に恩はあるのではないですか? 正しく仏法を実践すれば難に遭うのは当然ですよね。その難が現実では学会にこてんぱんにされたという現症であろうと、仏法上の恩であることは変わりませんよね?
「相模守こそ善智識であることよ」なぜそういう大聖人に学ばれないのですか? 
良くも悪くも受けた恩を顧みず重箱の隅を突くような批判という仇でかえす。それは違うのではないですか?

わたしも散々な目に遭ってきたつもりです。しかしその散々があって今のわたしがあると認識しています。だから今のわたしは内部アンチみたいなものです。しかし学会がすべて悪いとは思っていないのです。恩を忘れないから今も内部にいて声をあげているのです。管理人さんと立場的には同じでしょう。
すべての物事がそうですが、良い面もあれば悪い面もある。当たり前のことですからね。悪い面だけみるのは単なるペシミズムに過ぎないのではないですか?
また批判さえしていればいいでは、仏法の中道にすら値しないともいえるでしょう。極端だということです。

であるならば、枝葉末節ではなく、謗法の根源を正す記事を書かれていくことが、管理人さんにとっても、また閲覧者のみなさんにとっても一番善いことではないのですか?

言葉遣いが荒いというのは、それそのまま自分はこんな下品な言葉遣いしかできないと自ら告白しているようなものではないですか?
自分で自分の価値を下げてしまうことは、自分の中にある法を下げているのと同じではないですか?

議題から大きく脱線しましたが、それは一理あるという批判もたくさん読ませてもらいました。また丁寧に質問に答えたり、一人一人にリコメされたりと、優れた人格もお持ちなのですから、本当はもっと素晴らしい記事が書けるのではないでしょうか? 立場や所属組織に拘るのではなく「一人の人間」として。

少なくとも、わたしはそうしたことを期待し、願っております。
悪意はこれっぽちもないのです。意見を一致させるつもりもないのです。意見の相違はあって当たりまえですからね。また申し述べたことは、あくまでもすべて個人的な意見です。
受け入れるも入れないも、管理人さんの自由でもあります。

長文失礼いたしました。

No title

初めて投稿します。宜しくお願いします。
管理人さんと私とでは創価学会への見方は
かなり異なりますが、葬儀のあり方については
深く考えさせられました。
皆さんのコメントを読んで沖縄と本土では
葬儀のあり方、文化の違いがある事が分かります。
文化の違いがあることを考慮して私の話を聞いて下さい。
先週、親戚の方がなくなり、地元の公民館で初めて
葬儀をしました。今まではお寺で葬儀する事が一般的
でした。公民館で葬儀したいとの故人の家族の要望で葬儀が行われました。
誰一人、異議を唱える人はいませんでした。
届け出しているか、許可されているか分かりません。
仮に届け出していなくても葬儀会場の不足、地域貢献の観点から役所から指導を受けることはないと思います。

小さな村で高齢者が多い村です。お寺までは車でいかなくては
なりません。
公民館で葬儀することにより参列者は歩いていけ喜んでいました。
もちろん、無料で葬儀ができ経済的に助かりました。交通誘導などは村の人がボランティアで行いました。ボランティアする人は地域貢献できたこと、参列者は顔馴染みの村の人がボランティアしてくれる安心感ありました。
私は交通誘導、お墓の掃除に汗を流し村の人との交流を楽しみました。
故人は生まれ育った村で、村のシンボルである公民館で葬儀できて喜んでいると思います。
村の人からは自分が亡くなったら公民館でお願いしたいとの声があります。
公民館は普段は青年会婦人会などの会合、敬老会などの行事、三線教室などのレクリエーション活動に毎日使われています。

創価学会会館と公民館は一緒にはできませんが管理人さんの意見には素直に耳を傾けたいと思います。
ありがとうございました。

スルーしてもらっても構いませんが。

またもやノコノコと書かせていただきますこと、ご容赦ください。

 ① 執行部には、「全国平等」という前提があるようです。

  階段の手すり(棒)が危険だね、と提案したことがありました。 先端が急にスパッっと袈裟懸け状に切ってあって、目の不自由な方や高齢者の方などには、「急に無くなった」と転んだり、驚いたりして立ち止まり、あとから降りてくる人々の流れがその方を押してしまったからです。  そこで先端にゴムかなにかをはめてあれば少しは良いのでは、と思っただけです。  しかし職員の答えは「それをやるには申請や手続きが当然必要になる。 更に、どこの会館にもそれをやらなければならなくなる」というものでした。  私が会館長だった時のことです。

 いちいち文句を、ではありません。  私が自費で作ろうか?と提案したら、断られました。  つまり目的は結構だが、それらをやる背景には様々な事情がある。
ということ。   

  ② 昔は派遣大幹部さんには宿泊はもちろん、宴席が設けられ、地元の県・圏幹部たちも参加。  牙城会任務中の男子部は、中途で「帰るように」言われました。  

  当時の民社党だったか、国会でそれを「法的に問題がある」と、やり玉に挙げてきたので、以後「そういう」習慣はなくなりましたが、宴席となると地元婦人部も忙しく立ち回り手伝いました。  当然、常駐の管理人さん夫妻も。 私もそういう席で 数度 酔って醜態を晒す方面幹部さんの姿を見ることになりました。

  ③ 同じく、会館長の時、二階の大広間からの緊急避難訓練の際、階段での我先に逃げようとする会員さんを見るにつけ危険性を考えました。  そこで
二階広間からの、「シューター?」の設置を申し出ました。  

  総県のある幹部は、

 「それはいいことだね!  会館部?の担当である〇〇君の実績にもなるし。。」という返事でした。  私は「そういう観点なんですか? 会員さんのために、と思っただけですが、、 それっていかにも官僚的な感じがしますが。。」と言いました。
 結局、実現しませんでしたが。 つまり大幹部さんたちは「使い放題、やりたい放題」だったし、官僚機構が優先なのか?ということを申し上げたかっただけです。 休館日なのに、ノコノコやって来て 「あら!鍵が閉まってるじゃない! 誰か呼んですぐ開けなさい!」と言う婦人部総県幹部もいました。

 たしかに重箱の隅をつつくような意見です。 それは自認します。

 創価班1期生の誇りと訓練と、指導は、「会員を守る 学会を守る 陰の戦いに徹する」、というものであったし、だからこそ仕事を置いといても、任務を優先してきました。  その誇りの基づいて、そうではない大幹部さんらの言動に、やはり反応してしまうのでした。

 いつでもどこでも、理想論が通るというものではありません。 私も子供ではありませんから、 どこかで「折り合いをつける」のが大人の態度でもあるでしょう。

 ただ、片方で「優れた徹底した理想と夢」を教え込むかたわらで、大幹部さんらに限って、会合でのご立派な指導とは裏腹に、プライベートでは横暴で自分の論理を強行するのでは、あとの人材は育ちません。 たまったものではありません。

 そしてそれは我々が好きだった「創価でもないし、池田先生の御心」でもありません。 そもそも創価は宗教団体だったはずですからね。  つくづく「敵は内部だぞ!」との戸田会長の仰った通りです。  (これは別な意味であったと後になって理解しましたが)

 今回の「会館での葬儀云々」は、そういう人道主義だの、会員が第一だのという、「学会精神(死語の世界か。。)」という視点からの意見です。  大きな組織だから、、とか、世相や時代の変化を理由に挙げたり、「悪平等」を言い訳にするなど、そういう意見は私にとっては些末なことです。  

 「出来ない理由」をあげつらうのは難しくはない。  しかし、会員さんの日ごろのF取りや新聞啓蒙の労力、財務、など、時間・金銭の奉仕、に報いる創価学会ではない。 総体としても、上級幹部だけが良い思いをする組織だったのかと、さらにあまつさえ、大聖人様に違背し、仏法を歪めたことに、ようやく気づいてしまった私は、一線を引く決意をした次第です。

 「そやって、ご立派なことばかりほざいてろ!」、、そう言いたい方もいらっしゃることでしょう。   書きたいことは書かせてもらったので、これにてこの件の私のコメントを終わります。  

 

イプシロン さん

こんばんは。

> 趣旨は理解しているつもりですが、では日蓮仏法にある「追善回向」の意味を考えてみてはどうでしょうか? 以前からずっとロムさせて頂いていますので、管理人さんが御書や教義をよくよく学ばれていることは当方承知しているつもりです。
> また、閲覧者の質問に丁寧にお答えになっている姿も拝見させていただいてきました。
> そうしたことの出来る管理人さんであれば、日蓮がいう「追善回向」の意味を考えれば、なぜ学会の会館が葬儀を考えていないのかはすぐにわかるのではないですか?
> さてそこで問題になるのは、大聖人のいうことに従うのか? 世間一般の慣習とでもいうべいものに従うのかではないですか?

追善回向を言えば今の創価に追善回向なんてないですよ。
大御本尊を捨て五座三座の勤行もやめご観念文も勝手に作った創価に大聖人の言われる追善供養の義などありません。



> そもそも日本における葬儀というものは、おそらく江戸時代の檀家制度によって急速に形式化儀式化したに過ぎませんよね。

いやいや。それは創価教学の世界ですよ。
「仏説浄飯王般涅槃経」には、浄飯王を火葬し、収骨して、塔を起てて供養したと書かれtれます。つまり釈尊時代に葬儀は行われていました。
大聖人も
◆教主釈尊の御宝前に母の骨を安置し五躰を地に投げ合掌して両眼を開き尊容を拝し歓喜身に余り心の苦み忽ち息む(忘持経事)
と言われています。
また、日興上人も
◇市王殿の御うは他界御事申ばかり候はず、明日こそ人をもまいらせて御とぶらひ申し候らはめ
と言われています。
江戸時代の檀家制度によって急速に形式化儀式化されたのでありません。

>だとしたら、学会に恩はあるのではないですか?

そうです。
だから責めているのです。
どうでも良けりゃ責めません。
責めれば責められるのを覚悟の上です。

>。しかし学会がすべて悪いとは思っていないのです。恩を忘れないから今も内部にいて声をあげているのです。管理人さんと立場的には同じでしょう。

私も同じです。コミュニティとしての価値はあるでしょう。
ただ日興門流ではありません。
なのに日興門流を語るから「詐欺」だと申し上げてます。

>言葉遣いが荒いというのは、それそのまま自分はこんな下品な言葉遣いしかできないと自ら告白しているようなものではないですか? 自分で自分の価値を下げてしまうことは、自分の中にある法を下げているのと同じではないですか?

相手の合わせているつもりですが、不快な思いをさせてしまったことにはお詫び申し上げます。

>少なくとも、わたしはそうしたことを期待し、願っております。
悪意はこれっぽちもないのです。意見を一致させるつもりもないのです。意見の相違はあって当たりまえですからね。また申し述べたことは、あくまでもすべて個人的な意見です。
受け入れるも入れないも、管理人さんの自由でもあります

貴重なご意見として心よりお受けします。
性格的なこともありなかなか改善できないでかもしれませんが
心がけるよう努力したいと思います。







> また仏法における本来の葬儀のありかたを考えれば「~であらねばならぬ」、ようするに「会館で葬儀ができるべきだ」という「べき論」自体が既に仏法ではなくなっているのではないですか?
>
> もちろん、政治にしても「ゆりかごから墓場まで」が理想でしょう。
> 宗教団体にしてもそうあるべきでしょう。
> しかし人類はいまだそこまで到達していないという事実を無視した理想論はどうかと思いますよ。できれば何事も無理のないように今できることをやりながら斬進的でいいんじゃないですか?
>
> 余談になりますが、以前から思っておりました。管理人さんは重箱の隅を突くような記事が多く、では大聖人の仰られる謗法の「根源」という悪を責めているかといえば、わたしにはそう見えないのです。ときには会員をつかまえて人格攻撃にも値することも言われていますよね。それでは日蓮の説いた「常不軽菩薩たるべし」に違背しているといえませんか?
> また失礼ながら、言葉遣いも必ずしも品格があるとは言えないでしょう。
>
> 創価であろうがどこの組織であろうが、人間の営んでいる組織に完璧なものなど一つもないこともご存知でしょう。
> また、今現在は批判を繰り返されているようですが、良くも悪くも、日蓮仏法を学ぶ縁に学会がなってきたことは事実ではないのですか? 管理人さんが拝された御書は学会版ですか? こういえばわかりやすいでしょうか、学会の中で散々嫌な思いをしてきたからこそ正しく日蓮仏法に目覚められた。だとしたら、学会に恩はあるのではないですか? 正しく仏法を実践すれば難に遭うのは当然ですよね。その難が現実では学会にこてんぱんにされたという現症であろうと、仏法上の恩であることは変わりませんよね?
> 「相模守こそ善智識であることよ」なぜそういう大聖人に学ばれないのですか? 
> 良くも悪くも受けた恩を顧みず重箱の隅を突くような批判という仇でかえす。それは違うのではないですか?
>
> わたしも散々な目に遭ってきたつもりです。しかしその散々があって今のわたしがあると認識しています。だから今のわたしは内部アンチみたいなものです。しかし学会がすべて悪いとは思っていないのです。恩を忘れないから今も内部にいて声をあげているのです。管理人さんと立場的には同じでしょう。
> すべての物事がそうですが、良い面もあれば悪い面もある。当たり前のことですからね。悪い面だけみるのは単なるペシミズムに過ぎないのではないですか?
> また批判さえしていればいいでは、仏法の中道にすら値しないともいえるでしょう。極端だということです。
>
> であるならば、枝葉末節ではなく、謗法の根源を正す記事を書かれていくことが、管理人さんにとっても、また閲覧者のみなさんにとっても一番善いことではないのですか?
>
> 言葉遣いが荒いというのは、それそのまま自分はこんな下品な言葉遣いしかできないと自ら告白しているようなものではないですか?
> 自分で自分の価値を下げてしまうことは、自分の中にある法を下げているのと同じではないですか?
>
> 議題から大きく脱線しましたが、それは一理あるという批判もたくさん読ませてもらいました。また丁寧に質問に答えたり、一人一人にリコメされたりと、優れた人格もお持ちなのですから、本当はもっと素晴らしい記事が書けるのではないでしょうか? 立場や所属組織に拘るのではなく「一人の人間」として。
>
> 少なくとも、わたしはそうしたことを期待し、願っております。
> 悪意はこれっぽちもないのです。意見を一致させるつもりもないのです。意見の相違はあって当たりまえですからね。また申し述べたことは、あくまでもすべて個人的な意見です。
> 受け入れるも入れないも、管理人さんの自由でもあります。
>
> 長文失礼いたしました。

うるとらまんさん

こんばんは。初めまして。コメントありがとうございます。

> 管理人さんと私とでは創価学会への見方は
> かなり異なりますが、葬儀のあり方については
> 深く考えさせられました。

はい。異なるのは当然のことだし
そうした方々を排除するつもりもありません。
批判的なご意見も伺います。

> 小さな村で高齢者が多い村です。お寺までは車でいかなくては
> なりません。
> 公民館で葬儀することにより参列者は歩いていけ喜んでいました。
> もちろん、無料で葬儀ができ経済的に助かりました。交通誘導などは村の人がボランティアで行いました。ボランティアする人は地域貢献できたこと、参列者は顔馴染みの村の人がボランティアしてくれる安心感ありました。
> 私は交通誘導、お墓の掃除に汗を流し村の人との交流を楽しみました。
> 故人は生まれ育った村で、村のシンボルである公民館で葬儀できて喜んでいると思います。
> 村の人からは自分が亡くなったら公民館でお願いしたいとの声があります。
> 公民館は普段は青年会婦人会などの会合、敬老会などの行事、三線教室などのレクリエーション活動に毎日使われています。

素晴らしいですね。
創価の会館もそのような素晴らしい場所になって欲しくて記事をかきました。
創価上層部は一会員のことを想っていない。と感じるのです。
でも、創価の活動家さんはそうは思ってなくて創価に感謝する。
そのような一会員の想いに応えるのが上層部の役目です。
なにせ、会員の財務で食ってる方々なのですから。

> 創価学会会館と公民館は一緒にはできませんが管理人さんの意見には素直に耳を傾けたいと思います。
> ありがとうございました。

こちらこそありがとうございます。
これを機にいつでもコメントしてください。
今後もよろしくお願いします。

No title

再びこんばんは。

管理人さん、ご自分の主張を正当化するために御書の一節を引くのはいかがなものかと思いますよ。

引用された内容で、葬儀が定着していたと言い切れるのでしょうか? 甚だ疑問ですね。前後の文脈もわかりませんし、判断のしようもありませんね。
わたしなりの言い訳をするならば、「おそらく」と言っているのであって、あくまでも推測だということはきちんと申し上げておりますよ。

また、今の創価には追善回向がないと断言されていますが、断言してしまっては、すべての可能性を否定することになるのではないですか。
学会員であっても、胸中に大御本尊を見奉り、唱題されている人はいるわけで。御書にもあるとおり、大御本尊は胸中の肉団におわすわけですからね。

ゆえに、創価という名前だけで全否定されるのは、いくらなんでも乱暴にすぎます。執行部に盲従している会員はというのであれば、納得できますがね。

また、日蓮仏法の追善回向の義をご存知であれば、それを表明されて、そういえばこういうことだよねと仰られればいいものを、なぜそこはお逃げになるのですか? 穿った見方かもしれませんが、何としても自分の主張を正当化しようという意図を感じます。

日蓮仏法においての追善回向とは、葬儀の形式や場所ではなく、まず自分が成仏して功徳を得て、その功徳を故人に回し向けることですよね? だとしたら最も大事なのは成仏のための仏道修行なわけですよね。畢竟、いかなる一念で勤行・唱題をするかに行き着くでしょう。
ゆえに、会館は仏道修行の場であるというのが仏法の原理原則であるのは明確なことですよね。

また先生の「現代の寺院」を引いて批判されていましたが、これは解釈が間違っています。本来の「寺」という字義は「法を守るために学びあう場所」という意味です。われわれがイメージする祭祀を行う設備ではありません。行けば坊さんがお経を読誦してくれ、厄払いからお宮参り、そして葬儀も引き受けるというのは、本来の寺の姿ではありません。それは仏法が形骸化した形でしか知られないできたためにたわれわれが抱く印象なわけです。しかし、先生の言葉は字義を正確にわきまえられたものです。それを偏見でしか読めないのがわれわれ凡夫なわけです。

ゆえに、日蓮仏法の追善回向と寺という二重の意義において、会館で葬儀ができるのが当たり前という思想は、仏法を形骸化させようとする思想にほかなりません。ようするに寺というものの本来の意義を知らず、形骸化した寺をみて、会館でも葬儀ができるのが当たり前じゃないの? と一般に方が言い、管理人さんもそのような印象でしか寺を見ていなかったがためにおちいった陥穽だといえるでしょう。

コメントはこれにて終わりにします。
三顧の礼とも申しますので、これ以上あれこれ言うつもりはありませんので。
お返事は結構ですよ。時間をご自身のために使っていただくほうが、価値的でしょうから。
ありがとうございました。

お疲れさまです。

私は管理人さんは紳士だと思いますけどね。
それにこちらのコメント欄のオープンさよ。
言いたい放題のようでいて配慮もなさりながらというのはほんとに伝わって来ます。

下品だと感じる方もいらっしゃるのねえ。
相性とか好みの問題ですね。

重箱の隅をつつく。いいと思いますよ。
私は迷っていた頃に、そういう重箱の隅を爪楊枝でほじくり返しているような記事に心底救われました。
細かいことだけれど、同じことを考えている方がこんなにいた、と。

管理人さんのブログですから、ありのままが一番です。

イプシロン さん

こんにちは。

> 管理人さん、ご自分の主張を正当化するために御書の一節を引くのはいかがなものかと思いますよ。
> 引用された内容で、葬儀が定着していたと言い切れるのでしょうか? 甚だ疑問ですね。前後の文脈もわかりませんし、判断のしようもありませんね。
> わたしなりの言い訳をするならば、「おそらく」と言っているのであって、あくまでも推測だということはきちんと申し上げておりますよ。

そですか。私としては文証を上げない方が「おそらく」だと思います。「江戸時代の檀家制度」から葬儀が始まった。というのは「おそらく」でしょう。現に釈迦も大聖人も日興上人も葬儀を執り行っるという文証ですし。

> また、今の創価には追善回向がないと断言されていますが、断言してしまっては、すべての可能性を否定することになるのではないですか。
> 学会員であっても、胸中に大御本尊を見奉り、唱題されている人はいるわけで。御書にもあるとおり、大御本尊は胸中の肉団におわすわけですからね。

全ての人間が胸中の肉団に大御本尊がある。というは「理」です。当体義抄の両重の総別の義に明確です。

> ゆえに、創価という名前だけで全否定されるのは、いくらなんでも乱暴にすぎます。執行部に盲従している会員はというのであれば、納得できますがね。

その意味で書きました。創価総体においては追善回向はありません。

> また、日蓮仏法の追善回向の義をご存知であれば、それを表明されて、そういえばこういうことだよねと仰られればいいものを、なぜそこはお逃げになるのですか? 穿った見方かもしれませんが、何としても自分の主張を正当化しようという意図を感じます。

何から逃げるのでしょう(笑)

> 日蓮仏法においての追善回向とは、葬儀の形式や場所ではなく、まず自分が成仏して功徳を得て、その功徳を故人に回し向けることですよね? だとしたら最も大事なのは成仏のための仏道修行なわけですよね。畢竟、いかなる一念で勤行・唱題をするかに行き着くでしょう。

ですから、創価の執行部に盲従する会員さんには追善回向などできません。
また、今回は追善回向について述べた記事でもありません。

> また先生の「現代の寺院」を引いて批判されていましたが、これは解釈が間違っています。本来の「寺」という字義は「法を守るために学びあう場所」という意味です。われわれがイメージする祭祀を行う設備ではありません。行けば坊さんがお経を読誦してくれ、厄払いからお宮参り、そして葬儀も引き受けるというのは、本来の寺の姿ではありません。それは仏法が形骸化した形でしか知られないできたためにたわれわれが抱く印象なわけです。しかし、先生の言葉は字義を正確にわきまえられたものです。それを偏見でしか読めないのがわれわれ凡夫なわけです。

う~ん・・ごめんなさい。今回の記事では「寺」の本来の意義を論点を云々してません。
創価の会館をハナから葬儀に使わせない。という教団の姿勢について批判しているのです。
どうも、創価の方々は話を拡散する傾向があるようです。
件のブログ主も、最初は「届出」云々しかいってないのに、いつの間にか「寺の本来の意義」の話にしてしまう。
「現代の寺院」という前に、センセは「一人の会員を大切に」といってますよね。
希望する会員さんに葬儀で会館を使わせない。といのはその言葉に反していないか?と疑問に思うわけです。
「一人の会員を大切にする」というセンセの言葉は「会館を葬儀に使わせる」という項目は入っていないならそれでいいのですが。

> ゆえに、日蓮仏法の追善回向と寺という二重の意義において、会館で葬儀ができるのが当たり前という思想は、仏法を形骸化させようとする思想にほかなりません。ようするに寺というものの本来の意義を知らず、形骸化した寺をみて、会館でも葬儀ができるのが当たり前じゃないの? と一般に方が言い、管理人さんもそのような印象でしか寺を見ていなかったがためにおちいった陥穽だといえるでしょう。

ならば、「会館で葬儀ができない」のが 創価では「当たり前」であり「常識」ということでしょうか?
(まぁ、活動家さんたちはそう思っているようですが)
それは申し訳ありませんが、世間一般的には「当たり前」ではないのですよ。
会館で葬儀は「させない」のに、墓苑事業はやる意味はなんでしょう?
会員さんたちが創価の墓苑が欲しいとの要望があるからですよね?
会館で葬儀を出したい要望は門前払いで、墓の要望には応える。おかしいと思います。
正直に言えばいいんですよ。
会館葬儀は儲からないからやらないけど、墓苑事業は儲かるからやります。と。
理由を誤魔化そうとするから辻褄が合わなくなるんです。
一事が万事、今の創価はそうです。
つまり大聖人仏法でないことを大聖人仏法と詐称しようとするから矛盾してます。
創価の活動家さんのなかでしか通用しないロジックになってしまうのはそのためです。

> コメントはこれにて終わりにします。
> 三顧の礼とも申しますので、これ以上あれこれ言うつもりはありませんので。
> お返事は結構ですよ。時間をご自身のために使っていただくほうが、価値的でしょうから。
> ありがとうございました。

こちらこそ貴重なご意見ありがとうございます。
また、気が向きましたらいつでもコメントください。
寒くなりましたのでくれぐれもご自愛ください。

牡丹さん

こんにちは。

> それにこちらのコメント欄のオープンさよ。

反対意見を排除するつもりはないですから。
また、稀に活動家の見本のような方も来られるので
それはそれで楽しいですかね。

> 下品だと感じる方もいらっしゃるのねえ。
> 相性とか好みの問題ですね。

いや、下品です(笑)
まぁ、ひとそれぞれ感性が違いますから仕方ないですね。

> 重箱の隅をつつく。いいと思いますよ。
> 私は迷っていた頃に、そういう重箱の隅を爪楊枝でほじくり返しているような記事に心底救われました。
> 細かいことだけれど、同じことを考えている方がこんなにいた、と。

今の創価は謗法だ。とだけ言ってわかってくれるなら余計なことは書きません。
重箱の隅をつつかないと気がつけない方がほとんどです。
また、それで気づいてくれる方がいればいいなと思ってます。

> 管理人さんのブログですから、ありのままが一番です。

はい。それしかできないので
今後も隅の方をつつきまくります(笑)

葬儀の定義−古今東西

故人を偲ぶ心で回向し、
創価の功労者を
学会版友人葬で送る事が出来てるのなら、
何の問題もないと思います。

会合や唱題会の時の題目と
同じテンションで葬儀の際にも、
学会員は題目あげるので、
外部の方々は??何?何の?
居心地悪いと思いますよ。
なので、学会員の葬儀は会館で
出来たら良いのでは。
自分達の庭でやればいいと。
勿論、御本人や御遺族の希望が
最優先なのは言うまでも無いです。

叩けば埃は幾らでも出る
日蓮世界宗の葬儀形式も
是非、トップダウンで
ご指導されれば、
疑う事を知らない創価Loveな会員さんは
臨終の時まで突き進む事でしょう。
会館を使用するなど、勿体無いし、
センセに申し訳ないと。

長文乱文失礼致しますm(__)m

最後に、
管理人様には、いつも通り、
重箱の四角を
宝剣で切れ味鋭く切って、突いて
頂きたくm(__)m


記者会見

●12月8日木曜日に元創価学会職員3名さんが記者会見します、ボクも拡散するといった手前知らんぷりもできないので報告します(笑)

1、3人組みさんのホームページの右上のリンクから入る方法http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/

2直接アクセスする方法
※IWJチャンル4
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

記者会見その2

●連投すいません<(_ _)>
記者会見の時間記載するの忘れてました。
興味ある方はどうぞ。

●12月8日午後3時より外国特派員協会に於て、書籍『実名告発 創価学会』の発刊記者会見

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 故人を偲ぶ心で回向し、
> 創価の功労者を
> 学会版友人葬で送る事が出来てるのなら、
> 何の問題もないと思います。
> 会合や唱題会の時の題目と
> 同じテンションで葬儀の際にも、
> 学会員は題目あげるので、
> 外部の方々は??何?何の?
> 居心地悪いと思いますよ。
> なので、学会員の葬儀は会館で
> 出来たら良いのでは。
> 自分達の庭でやればいいと。
> 勿論、御本人や御遺族の希望が
> 最優先なのは言うまでも無いです。

そうですね。私もそう思います。

> 最後に、
> 管理人様には、いつも通り、
> 重箱の四角を
> 宝剣で切れ味鋭く切って、突いて
> 頂きたくm(__)m

はい。四角い重箱を丸くするまで頑張ります(笑)

古本屋店主さん

こんにちは。

> ●連投すいません<(_ _)>
> 記者会見の時間記載するの忘れてました。
> 興味ある方はどうぞ。
>
> ●12月8日午後3時より外国特派員協会に於て、書籍『実名告発 創価学会』の発刊記者会見

情報提供ありがとうございます。
いよいよ出版ですか。
どんな記者会見になるのか?
見てみたいと思います。

No title

葬式を行った例は聞いたことがないけれど 
そういえば、昔、目黒駅近くに 
創価学会員向けに結婚式を挙げる場所があったなぁ・・・
今でも その施設は存在するのですがいつの間にか用途が変わってしまった
今回はトラックバックをしておきましたので参考に

eco◆Smw69 さん

こんにちは。

> 葬式を行った例は聞いたことがないけれど 
> そういえば、昔、目黒駅近くに 
> 創価学会員向けに結婚式を挙げる場所があったなぁ・・・
> 今でも その施設は存在するのですがいつの間にか用途が変わってしまった
> 今回はトラックバックをしておきましたので参考に

へ~、そうなんですか?
それは知りませんでした。

管理人様FC

今日は

綺麗事を言っても仕方有りません
葬儀会館は住民が反対します。
亡くなる方が毎日多いと世間から創価のイメージを損ないます。

管理人様FC

連投失礼します

創価でも、きちんとコメントなさってる方もおられるように私は感じますが?
意見が違う、解釈が違うのを指摘なさるのは勉強になりますが、人間性を否定するのはどうかと思います。

アンチ学会の方も、乱入者が入ってきて不愉快だから管理人様が私を追い出したと書いてますよね

No title

内容とずれるかもしれないのですが教えてもらいたいことがあります
非活となって30年
学会とお寺が分離したのは情報で知っていましたが
父の葬儀の際 学会の方にお経を読んでいただいたのですが
すごく短く あっという間に終わりました
一年に一度供養の為に学会の納骨堂に行くのですが
そこでも短い
これで供養になっているのかと思ってしまうくらい短い

以前学会の方が見えて
今までのご本尊をもっているとほうぼうになるからという事で
交換しました
新しい教本は ご祈念の言葉が違うので
以前の教本で勤行しています

お経が短くなったのは
単に学会のご都合でこうなったのでしょうか
バリ活の方に聞いてもきっと論点をずらして話されるでしょうから
聞けないでいます
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>