統監を勝手に落とすわけない。という幻覚。

前回の記事を書いたときに
リアルでもネットでもおそらく俺の書いたことを
「ウソ」だといってくる創価活動が出現するだろうなぁっ思っていたのだが
やはり予想通り早速現れた。
例の人のブログをウオッチして、
しかも勝手に他人のブログを転載しているお方である。
前回は「会館で葬儀を行わないのは斎場の届け出をしていないからだ」
とドヤ顔で書いて俺を大笑いさせてくれた人だが
今回の内容はというと、
「創価の統監は厳格に管理されているからアイツのいうようなことなどありえない。だからアイツの書いたことはウソだ」という
これまた予想通りのロジックで再度笑わせてもらった。

創価の統監カード(会員カード)が厳重に管理されいる。って前提からしてもう微妙。
このお方は前回の時もそうだが、
ご自分の創価脳で思い込んだ事を
前提ではなしを進めていく。
というのがお得意のパターンなのだろうな。
まぁ、このお方に限らず創価幹部・活動家は
だいたい、このような自慰的ロジックだから
あまり話す気もならないし、話も噛み合わないんだけど
「そもそも」論としての前提が「手前味噌」だからね(笑)
まぁ、今回もど~でもいいような話といえばどうでもいいんだけどね。
創価脳の方々が俺の話をウソだというのも想定内だし、
そのロジックもワンパターン。
まぁ、彼らにどう思われようが、俺が発信しているのは
そんな創価脳の方々ではないので
彼らがどう言おうとそこは一向に差し支えない。
ただ、外部の方や創価脳になっていない
健全な会員さんに真実と事実を伝えないといけない。
じゃないと創価妄想族の方々に騙されちゃうから。

では、創価の統監がどれほど厳重に管理されているか?書いてみようと思う。

まず、統監カードの保管先だが、たいていは地区部長とかの自宅だ。
地区部長でなくても、まぁ一般会員(地区の幹部クラス)の自宅に保管されている。
貸金庫とまでは言わないにせよせめて耐火金庫くらいに保管してもらいところだが
耐火金庫に保管しなさいというキマリはないので普通においてある。
その家が火事になれば消失するし、泥棒が入れば盗まれる状態で保管されている。

で、そこに書いてある個人情報はいとも簡単に流出する。
それは引っ越し先に地元の学会員が訪ねてくるのが何よりの証拠で
引っ越すと、引っ越し先の組織に簡単に個人情報のカードを送ってしまう。
本人が行き先を教えなければ、どこからか情報を入手し住所を聞き出す。
どうしてもわからないと、この時点で行方不明者扱いで統監を落とす。(早っ!)

「それは信仰活動での利用なのだから問題ない」と創価脳はいうだろうが
「問題ない」といっているのは創価側であって会員側が問題あると思っていたらどうか?
事実、活動家時代に統監が回ってきたので家庭訪問に行ったら
「誰からここの住所聞いたんだ!」と烈火のごとく怒鳴られたこともある。

仮にそこは問題ないとしてあげるとしても
退会者や除名者の統監カードの扱いはどうするのか?
退会者・除名者は会員としての地位を失って居るのだから
創価の信仰活動にはもはや関係ない。
だとしたら当然、個人情報の記載されているカードは
そうした元会員に返却すべきだろう。
会員でなくなった人間の個人情報をいつまでも保管している意味はないのだから。
それを保管していても「創価にその情報を利用できない」のだし、
元会員にしたって「自分の個人情報を創価に保管されたくない」と思っているはずだ。
なのに、俺も俺の母もそして俺の知る退会者は
誰一人として「統監カード」の返却を受けていない。
多分無理やり「返せ」と言えば、創価も返さざるを得ないのだろうが
一般的な常識としては「言われなくても返す」
いまや「履歴書」だって退職の時に「返却してください」と言われる時代なのだから。
それなのに退会者・除名者に対し統監カードの返却はない。

もはや使い道のない元会員の個人情報を
創価の組織内でどう取り扱っているのか?
勝手にシュレッダーをかけて捨てているのか?
捨てる場合でもしっかりした組織であれば勝手にシュレッダーはかけない。
相手に返却し相手に捨ててもらうのが常識だろう。
捨てずに保管しているのなら、
何に使われるかわかったもんではないという不気味さが残る。
そもそも、退会者・除名者は創価を信じていないのだから
そんな組織に自分の情報が残るのは気持ち悪い。
退会・除名者の統監カードはどのように「厳重に管理」されているのか?
ぜひ、件のブログ主さんのご高説を賜りたいところではあるが、
前回の「斎場の届出」の件も
すっかりバックレて平気な顔しているような方なので
今回も期待は全くしていない(笑)

それに統監カードを個人情報として認識しているのなら
入会時に「統監カード」の具体的な使用目的や
退会時の処置の仕方を書面にし交付する。
くらいの手続きはすべきだろう。
今どき中小企業だって必要に応じ
「個人情報の取扱いに関する同意書」を交付する。
世界の創価学会様がそれすらしないとはオドロキである。
本当に「統監カード」を個人情報と認識しているのか疑問である。

しかも、「統監カード」については、
あの池田センセも「統監はただのカードでない。その人の信心・人生そのものである」
とご指導されているではないか(笑)
会員さんの信心・人生である統監カードの扱いにしては、
かなり「雑」な気がするが?

こんな状況で、管理・運用されている「統監カード」のことを
「厳重に管理されている」と創価脳さんたちは言っているわけだ。(笑)
この状態を「厳重に管理されている」と感じる人は一体日本人に何%いるのだろう?
俺の国語力がないのかもしれないが、
俺の感覚では、このような管理・運営は、
「適当に」とか「ぞんざいに」とか「勝手に」とかいう範疇で
「厳重に」という形容詞はつかないと思うのだがどうだろう?

そして極めつけは、「厳重に」とか「全国で統一している」とか言ってるが
「統監」に関することはついては、創価の会則のなかには「何も書いていない」のである。
「厳重に取り扱うべき」事案とかいいつつ、
創価学会の会則には「統監」の「ト」の字も書かれてない。
つまり、創価本体として「統監のルール」なんてものは無いに等しい。
かつては選挙になるたび「確認のできない会員さん」の統監を平気で落としてただろう。
まさかの創価脳さんたちだって、ちゃんと活動したことがあればそれくらい知ってるはずだ。
それが、全国的に問題なりそれからようやく「統監」について諸々指導がされた。
で、ようやく今のレベルの管理・運用である。

何が言いたいのかと言えば、
会則に決まってない以上、総監なんて運用者、
つまり幹部や活動家の胸先三寸でどにでもなる。
それが事実である。という事だ。
それを、あたかも創価の中で統監に関する
厳格なルールが存在するかのように思わせ、
そのルールを厳守していると思わせ
「だからアイツの言ってることなどありえない。ウソをついている。」
から始まって、「アイツは成りすましだ」とお決まりの思考回路で発言する。
俺は自分で「創価学会員ではなくなりました」と言っるのであるから、
ナリスマシもなにもないだろう(笑)
ここまでナリスマシていたら、なんでわざわざ自分から
「創価学会員ではなくなりました」なんていう必要があるのか?
そんなことも分からないのが創価脳の悲しいところだ。
また、そういうロジックは、世間では「詐欺」と言われる論法であることにも気づかない。
そこが、三流詐欺師の三流詐欺師たる所以である。

そもそも厳格なルールがあるから大丈夫。
なんて主張そのものが子供だましである。
この世の中には厳格なルールはたくさんある。
ルール自体は厳格であっても、
解釈したり運用したりする人間側に常に間違いがあるのである。
それは、時には錯誤であったり時には悪意であったり
保身であったり、既得権益だったりする。
解釈したり管理したり運用したりする人間が全員、
厳格なルールに基づいて行動できるのなら
今頃もっといい世の中になっている。
創価だっていまのようになっていないだろう。
そもそも、今の創価自体が、大聖人仏法の根幹である
「大御本尊に信をとる」ルールを反故にしてるだろう。
そんな連中とそれに同意している連中が
創価の組織を運営しているのである。
そんな二枚舌のやつらが「ルール」を守れる保証はどこにもない・
しかし・・ルールがあるから間違いない。って・・・・
子供か?コドモなのか?(笑)

さて、統監に関することでもう一つだけいうと
「統監を落とす」=「学会員でなくなる」といことではない。(これも不思議でしょ?)
創価の会則では
※第75条 会員は、退会または除名により、その地位を喪失する。
とある。
つまり、統監を落とされただけでは会員の地位は喪失しない。
一度落とした行方不明会員さんの統監を起こしなおす。こともある。(再入会としない)
地位を失うのは、あくまでも「退会」と「除名」である。
だからこそ、俺の統監を落としたどこかの誰かは
「退会」したことにした。「退会」したことにしなければならない理由があった。
「退会」じゃないと、俺の学会員としての地位が喪失しないからだ。

ともあれ、創価の統監というのは、一度書いたら死ぬまで追いかけてくるし
退会しても返却してくれない。
ずっと創価の組織の中に自分の個人情報が管理される。
そしてそれが何に使われるかもわからないし、
当然個人情報の流失の可能性も否定できない。
創価に入会するときは、それを覚悟のうえで入会するようにね。

しかしまぁ、世間を欺きアンチを退治したいがために、
統監の管理・運営が厳格にさせている。なんてよく言うよ(笑)
それこそ、創価脳内ドーパミンが出まくって
「幻覚」でも口走っているんじゃないかと心配ですな(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

統監のおはなし

こんばんは。

かの御仁、日本縦断統監確認の旅でもなさったのでしょうか。千里眼でしょうか。
そうでないと全国統一だなんて断言できませんでしょ?
こういう余計なことを言っては自ら墓穴にダイブなさるのがご趣味の相当変わったお方とお察しします。
ひたすら人さまのブログを転載し、固執し、粘着し、一生懸命なにかをアピールなさりたいようですが、そのなにかが私のような凡人にはさっぱり理解できません。
さすがに誰も相手にしていないようなので今回このように大好きな管理人さんに構ってもらってさぞお喜びでしょう。

私のいた組織では、最低でも壮年部本部長あたりと統監責任者の2人が了解なら統監を落とすのなんてどうとでもなりましたよ?

反対にこの2人がダメと言えば地区や支部がどう頑張ってもどうにもならない。
そしてこの2人が仲が悪かったりすると統監のたびにモメるw
作業そのものは単純なものです。
統監用紙のマス目に地区から上がってきた増減の数字を書き込んで合計するだけのこと。ただ地区は現場の数と辻褄が合うようにという苦労はあります。
なので大抵は目の前の計算だけは必死にやるような使い道のない万年副役職の偏屈なポンコツが統監責任者だったりします。

私がいた組織だけでしょうかしら。
あら。全国統一じゃあありませんねえ。

そう言えば選挙の時でしたか。婦人部幹部の懇談かなにかで「統監カードは宝の山だ」と言い放ったアホの分県幹部がおりました。

だいたい本当にそんなに厳格に統監が行われているのならリアルタイムの総部員数くらい公表しなさいよ。という話です。

自称827万人over

とうかん?どうなん?
正確な数の管理がされているとは、
とうてい、思えませんね。
827万人も居るのに。あっ、公傷、公称、でしたね、
今日もセンセはお元気みたいですし、
よろしい事です。

No title

お疲れ様です。

素朴な疑問なのですが、

なぜそこまで創価学会に見切りをつけられ、このようなダメ出しブログを運営しながらも、

自ら退会されなかったのでしょうか?

たまに金科玉条のごとく。

管理人さん

 統監 (全体を管理し統括すること)と、ことバンクにはありました。

 でも学会の場合、行政力も統治権」もないですね。 単なる会員の戸籍係かな。

 「落とすわけない」という御仁の意見はある意味正しいです。 文字通り
 「死んでも落とすな!」くらいの気迫と気骨の持ち主じいさんもいました。

 でも、センキョになると不在者や行方不明者など、ここぞとばかり「ZU」から落としますね。 マルKを50~60%にせよ!と大本営からお達しがくるもんだから、母数を減らすのはいつものことでした。  ウチはなにかにつけてWスタンダードですからね。

 今回の管理人さんの処分、  ひょっとすると「除名」だったのではないでしょうか。  そうはハッキリと言いづらいから、誰も本当のことを言わない(知らされない)し、わざわざ火中の栗を拾う者もいないだけで。

 つまり、「何の何某は事実無根、あるいは事実を歪曲し、社会およびインターネットという媒体手段でもって、広く世間に向け 一方的に誹謗中傷を繰り返し、その結果、当会、および全会員の名誉を著しく傷つけたものである。 よって、、、云々。。

 とかなんとかですね。 飽くまで想像ですが。
 
 規約もいいけど、条文なんて無機的なものでしょ?  人間主義とは、会員が第一とは、 心こそ大切なれ、とは。。

 結局、常にここに行きつきます。 毎度のことですが、。

牡丹さん

こんにちは。

> かの御仁、日本縦断統監確認の旅でもなさったのでしょうか。千里眼でしょうか。
> そうでないと全国統一だなんて断言できませんでしょ?
> こういう余計なことを言っては自ら墓穴にダイブなさるのがご趣味の相当変わったお方とお察しします。
> ひたすら人さまのブログを転載し、固執し、粘着し、一生懸命なにかをアピールなさりたいようですが、そのなにかが私のような凡人にはさっぱり理解できません。
> さすがに誰も相手にしていないようなので今回このように大好きな管理人さんに構ってもらってさぞお喜びでしょう。

ブログですから、何を書いても自由ですからね。
一般の方々や、純真な会員さんたちをミスリードしようとする記事には対処しようかと(笑)
しかし、他人のブログを無断転載して批判するのはどうかなって思います。
本人的には出処を明記しているので法的にOKと思っているでしょうが
法的にどうこうという前にマナーとか常識とかの問題じゃないかなと。
まぁ、法律に触れなきゃ常識なんて関係ね~。ってのも創価活動家さんの大きな特徴なんでしょうが(笑)

> そう言えば選挙の時でしたか。婦人部幹部の懇談かなにかで「統監カードは宝の山だ」と言い放ったアホの分県幹部がおりました。

マジですか?いや~アフォですね。
てことは、統監カードってのは単なる選挙名簿ですね。
まぁ、実質的には選挙名簿そのものですけど(笑)

> だいたい本当にそんなに厳格に統監が行われているのならリアルタイムの総部員数くらい公表しなさいよ。という話です。

はい。いかにも。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> とうかん?どうなん?
> 正確な数の管理がされているとは、
> とうてい、思えませんね。
> 827万人も居るのに。あっ、公傷、公称、でしたね、
> 今日もセンセはお元気みたいですし、
> よろしい事です。

ですね。
いまだに、信者数が減っていないということは
退会者・除名者の名簿も残している。といことですね。
残すには正当な理由があるはずですが
そうした説明は、創価上層部からも
創価バリ活さんからもありませんね(笑)

非意味的切断さん

こんにちは。コメントありがとうございます。

> 素朴な疑問なのですが、
> なぜそこまで創価学会に見切りをつけられ、このようなダメ出しブログを運営しながらも、
> 自ら退会されなかったのでしょうか?

何度かこのブログで書きましたが、
ひとつは、私自身が創価に縁させてしまった人を残してささっと退会することは
そのような人たちに対する裏切りになると感じたからです。
そしてそのような人たちに話を聞いてもらうには創価に残っていた方が有利でからです。

もうひとつは、私に創価を退会する理由がないからです。
私は、創価学会を創立した、牧口・戸田の両会長の精神のまま
「大御本尊を信受し、自行化他・行学」に励んでいます。
戸田先生は、将来創価の組織の中に謗法者が現れたら駆逐しなさい。と言われました。
私はその通りにしています。
つまり退会すべきは、池田大作氏とその賛同者の方であって私ではありません。
創価学会は「池田センセのモノ」なんかじゃありません。
牧口・戸田のいう事に賛同できなければ、池田センセが出て行って新教団を設立すればいいのです。

大きく言って上記の2点の気持ちから、「自分から退会する」道は選択しませんでした。

RAMBOさん

こんにちは。

>  「落とすわけない」という御仁の意見はある意味正しいです。 文字通り
>  「死んでも落とすな!」くらいの気迫と気骨の持ち主じいさんもいました。

いました。いました。
正しいんですけど、「現場の気持ちをわかっていない」って非難されたりするんですよね。

>  でも、センキョになると不在者や行方不明者など、ここぞとばかり「ZU」から落としますね。 マルKを50~60%にせよ!と大本営からお達しがくるもんだから、母数を減らすのはいつものことでした。  ウチはなにかにつけてWスタンダードですからね。

ですね。分子を増やすのは苦労しましから。その点「分母」を減らすのは口先三寸でできますからね。

>  今回の管理人さんの処分、  ひょっとすると「除名」だったのではないでしょうか。  そうはハッキリと言いづらいから、誰も本当のことを言わない(知らされない)し、わざわざ火中の栗を拾う者もいないだけで。
>  とかなんとかですね。 飽くまで想像ですが。

いや。それはないでしょう。
だって「除名」なんてもっともヤツ等が喜ぶパターンですから
「除名」だったら、もう得意満面で組織内に吹聴しますよ。
「アイツは除名になった。悪い奴だから近づくな」って
もう犯罪者扱いですよ(笑)
ヤツ等は私を犯罪者にしたいわけですから
「除名」ほどオイシイ処分はないわけです。

あべひちゃん 同生点 同名天さまがお見通しですよ(笑)

やっぱりね~ 
あべひって 単に創価の女性をターゲットにしてナンパしていた
最低な野郎だったんだなぁ・・・ 
さすが賢い女子部 こいつの性格をしっかりと見抜いている

http://kudoku50.jugem.jp/?eid=27

あべひさん 相当 たまっているの(爆笑)
ユリコさんも琵琶の葉さんも あべひの催眠商法に気をつけてね~
・・というか 水商売だといいカモになるから便利なんだけれど
ところが カモも生命だから 騙されたと気づくと嫉妬に走り・・と
ちょっと Morley Robertson風にヘラヘラしてます。
いいっすよ 

何せ 阿部日ケーン(院政)さん アメブロでなに言おうが
信じいているのは あなたの取り巻きとクジラ板のおバカな住人だけ
クジラ掲示板のやからには 大映ドラマ顔負けの演技で
沖浦さんを除く 情弱な参加者を騙すことには成功したようだけれど
あなた どうみても活動家じゃない事は揺るぎない事実ですから(バカ笑)

その根拠として 過去 女性の秋晴れさんから出された質問に見事 引っ掛かり
思わず『活動停止』みたいなことを富士宮ボーイ掲示板で吐露するわ
法華講がいる目の前で 同じ創価の大勝利さん宛に 
『私がいつ創価の人間だと宣言しましたか?』みたいなことを書いていたじゃん
覆すことのできない揺るぎない証拠を示したことがあったじゃん

【参考ブログ】http://plaza.rakuten.co.jp/namassaddharma/diary/201405140000/

ま・・・ あなた自身の自爆による失言には間違いがございませんが
そんな奴が統監のシステムを詳しく語れるというのも滑稽なんだよな
そういえば あべひちゃん 自身の統監は管理ができているの?

いつの間にか仲間外れにされてんじゃないの?

何せ(自称)妙法のジャーナリストでもある あの柳原ちゃんでさえ
谷川さんと矢野さんの喧嘩で裁判所から創価に不利な和解が示されたのにも関わらず
その情報が柳原さんに伝わらず暴走して ウヨクの瀬戸さんに突っ込まれて
やっと気づいた・と言う間抜けな体験をしましたからね(大爆笑)

あえて 管理人さんにアドバイスするなら

あべひに関しては あいつ自身の『インチキ信心』を炙りだせば良いんじゃないですか?
あいつの信心は 柳原さんも含めて・・・ おおっと

もっとも裁判所は宗教の教義に関しては
憲法上の問題から介入ができない一面もあるので 
ペテンの甲乙がつけることができないシステムで
そこを巧みに操ることに成功したのが創価だったわけだけれども 
ただしアメリカもそれをやろうとしたら 先越されちゃったわけだw

ただし 薬物と同様 副作用というのがあって 
幸福の科学も真似ちゃったわけだよな


そうそう あべひちゃん 確認のために刑法159条をざっとよんだけれど
あの条文・・・・ あべひちゃんの印象操作も負けず劣らずなので
あなたに非難された方々の誠実さが 裁判官に伝われば 
あべひちゃんを刑法159条で 牢屋にブチ込むことも可能になるわけで
これは 脅しではなく 警告の部類に入るかと思われますね

つか それ以前の問題で あべひちゃんを信じている 琵琶の葉さんやユリコさんに伺うけれど 
何故? 法律家でもない人が 一流大学の法学部をでていても 
そんな機転は効かないケースの方が多いのに
いち 滋賀県にお住まいの床屋の学会員が そんな機転を利かして
159条の法律が頭によぎって披瀝できるのか? 疑問に感じたことがないのか
男性の心理をよく見ている 恋愛のプロでもある
あなたたちなら見抜けないのかなぁ~・・と 嫌味?

https://ja.wikibooks.org/wiki/%E5%88%91%E6%B3%95%E7%AC%AC159%E6%9D%A1

eco◆Smw69 さん

こんばんは。

> あべひに関しては あいつ自身の『インチキ信心』を炙りだせば良いんじゃないですか?

いやいや。別に彼に興味があるわけではなく、彼の駄文に騙される人が出ないように記事にしているだけなんですよ。
彼に対する反論とかじゃないのです。ですから彼と彼と同類の創価脳の方々にメッセージを発信しているわけでありません。
そして、彼が「信心」がないものすぐにわかります。
前回の会館の葬儀の時も、今回もそうですが
こちらは「信心」の話をしているのですが、それに対する彼の記事には「信心」の話は一切ありません。
彼の批判は、常に世法が中心で「信心」や「教学」に関する話はありません。
つまり、「教学力」は無いに等しいし、「活動家」であることも疑わしい。
私から見ると、最も取るに足らないカテゴリーの方です。
彼の言葉を引用するならば、彼自身が「なりすまし」ではないかと思います。
創価を擁護する「創価なりすまし」はネットの世界では、アンチのなりすましより多い気がします。
結構な人数みかけました。

なりすまし

いつもお世話になります。

個人のブログですから、
個人的な意見を発するのに
何も問題無いでしょ?

ただし、何を言っても良いのかと?
人を傷つけたり、個人を口撃するのは
如何なものかと。

そして他人様のブログに
イチャモンつけるのは
どうなんでしょ?
管理人様は意に介さないと思いますが、
私の個人的な意見ですので
悪しからず。

連コメント大変に恐縮です。

最近思っております。

池田教とか創価脳など、
創価の方々を揶揄する単語は数知れず。

私は我見ですけど、創価の方達は
池田教で良いと思っております。

私は籍上、学会員ですが、
池田大明神様を人生の師匠として、
師弟不二の入信は致しませんけど。

なんで大聖人様の看板を
創価こそがと、宣伝し、
背負うのでしょう?

良いじゃん!破門されたのよ?

20年以上も前に魂の独立を達成され、
世界広布も192ヶ国で停滞してますが、
日蓮世界宗としては良いのかな?

まぁ、別れた女房の悪口を叩く様に、
日顕宗を破すなどと
内部向けのテストに真面目に問題を出して
ましたから、
シミ垂れです。取るに足らず。

乱文ですm(__)m

統監が紛失?

まぁ今となっては「どうでもいいこと」なんだけど、夫婦でB長・B担になった親戚がいたのだけどね。
まぁとんでもないというか、エゲツないほど徹底的にオカネに執着する叔母(B担)が言うには、僕の引越しの際、統監が紛失してるってね。
そういう人間性だから、ほんとに言葉のまんまの意味なのか、あるいは「利己目的のよからぬこと」のために、統監が紛失してる、ということにしてるのか、まぁ判断がつかないでいるけど。

これをネットで言うとさ、そんなことありえない!といわれるのだけどね。
事実あったことだから「あった」と僕はいうしかないわけで。

さて、その叔母夫婦は今頃どうなってるやら。
他の親戚から聞いた話では、どうやら子供はかなりおかしく育てられた様子だったね。
幼児期しか会ってないけど、むしろ子供のほうがまともな感性をしてたのだけどね。

と、あべひの話題してたんですか

「あべひ」なら、リアル組織でのご様子が以前に宿坊の掲示板に軽くありましたね。
およそ信仰がわかるような動きはしてない様子に読めたけど。
報告だけの活動で信心がわかるはずもないじゃん。

とはいうものの、あべひについてはひとつ「疑惑」がありましたね。
読んで僕も「なるほど」と感じたしだいだけど、境界性パーソナリティー障害というんだったかな?
症例なんかを読むと「永遠の三歳児病」という印象を受けたものだけど。

まぁそういうことだから、悪意があるわけでもなんでもなく、純粋に「他人をオモチャに遊んでるだけ」というのがたぶん本当のところなんでしょうけど(オモチャにされる側はたまったもんじゃないのだけど)

No title

統監を落とすのにそんな厳格なルールはありませんよ。
職員幹部あたりの指示やや、圏・分券あたりのやんごとなきお方にお願いして筋が通れば、あっというまに退会です。(不明なので落としたという手もあります)
地区や支部では選挙前には“幽霊部員”をどう落とすか、という話になります。
ZUが分母になるので、比率を上げるには公明党に入れるかどうかわからん人を切りたくなるんです。
あの御仁は相変わらずわらかしてくれます。定期的にネタを発表するとこなんかは、芸人も脱帽です。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> そして他人様のブログに
> イチャモンつけるのは
> どうなんでしょ?

まぁ、他に書けることがないのでしょう。
下手に創価の事を自分から書けないだろうし(笑)

退転壮年部おじさん さん

> 私は我見ですけど、創価の方達は
> 池田教で良いと思っております。

私も、堂々と「池田教」って名乗ればいいと思います。

> なんで大聖人様の看板を
> 創価こそがと、宣伝し、
> 背負うのでしょう?
> 良いじゃん!破門されたのよ?

そうなんですよ。
大聖人仏法だ。なんて言わなけりゃ
少しは許されるのに、それを言うから大謗法になっちゃうんですよ。

> まぁ、別れた女房の悪口を叩く様に、
> 日顕宗を破すなどと
> 内部向けのテストに真面目に問題を出して
> ましたから、
> シミ垂れです。取るに足らず。

まぁ、傍からみると本当にみっともない限りです。

太ちゃんさん

> まぁ今となっては「どうでもいいこと」なんだけど、夫婦でB長・B担になった親戚がいたのだけどね。
> まぁとんでもないというか、エゲツないほど徹底的にオカネに執着する叔母(B担)が言うには、僕の引越しの際、統監が紛失してるってね。
> そういう人間性だから、ほんとに言葉のまんまの意味なのか、あるいは「利己目的のよからぬこと」のために、統監が紛失してる、ということにしてるのか、まぁ判断がつかないでいるけど。
> これをネットで言うとさ、そんなことありえない!といわれるのだけどね。
> 事実あったことだから「あった」と僕はいうしかないわけで。

そういうことですね。
「そんな馬鹿な」って創価活動家諸氏は「うそだうそだ」と騒ぎますが
事実ですから。
まぁ、あとの判断は読者の皆様にお任せるだけで、
私の方は粛々と事実を書くだけです。

太ちゃんさん

> 「あべひ」なら、リアル組織でのご様子が以前に宿坊の掲示板に軽くありましたね。
> およそ信仰がわかるような動きはしてない様子に読めたけど。
> まぁそういうことだから、悪意があるわけでもなんでもなく、純粋に「他人をオモチャに遊んでるだけ」というのがたぶん本当のところなんでしょうけど(オモチャにされる側はたまったもんじゃないのだけど)

ああ、あの人に関しては特に興味もありません。
だた、創価側の陳腐な言い分を破折しているだけです。
教学的な知識もまるでないようですし、
主張の内容やロジックも子供だましです。
また、論点をすり替えたり
典型的な創価バリ活さんっぽいですね。
そうそう、遠~くの方で泣き叫んでる様もバリ活さんにありがちです(笑)
彼自身からは「バリ活」感どころか学会員感すら感じませんが
それも別にどうでもいい話です。

たいくさん。

こんにちは。

> 統監を落とすのにそんな厳格なルールはありませんよ。
> 職員幹部あたりの指示やや、圏・分券あたりのやんごとなきお方にお願いして筋が通れば、あっというまに退会です。(不明なので落としたという手もあります)
> 地区や支部では選挙前には“幽霊部員”をどう落とすか、という話になります。
> ZUが分母になるので、比率を上げるには公明党に入れるかどうかわからん人を切りたくなるんです。

まぁ、それが事実ですね。
活動家経験がある人間なら百も承知です。
それを知らない人々に向かっていかにもちゃんとやってます。風に書くから否定するだけです。
「きちんとやってます」って自己申告する方がむしろ詐欺師っぽいですね。
詐欺師は「それっぽく」人々に信じ込ませる。のが仕事ですから(笑)

> あの御仁は相変わらずわらかしてくれます。定期的にネタを発表するとこなんかは、芸人も脱帽です。

そうですね。
アレを真剣に書いているなら治療が必要かな?って思いますが
ネタで書いてるのでしょうから。
でも、ネタもワンパターンなので段々と飽きてきました。
どうせ書くなら、ぜひ新ネタを披露していただきたいな。と思います。

はじめまして

長年付き合った彼のお家が熱心な活動家であり、
結婚を意識するようになってから、
ギクシャクとしている状況の中で、こちらのブログに辿り着きました。

彼は、今まで未活動のいわば幽霊会員だったのですが、わたしとの結婚を機に退会する旨を伝えたところ、
親族、地区部長との10:1のような面談を行い、創価班への着任をするよう命じられてしまいました。
そして今までの彼とまるで人が変わってしまったかのように、
口を開けば、創価の思想の素晴らしさを語っています。
わたしは退会をさせることを望んだのではなく、個々の信仰の自由を尊重することを望みましたが、なぜか彼の耳には届きません。

創価の教えは、人の幸せを願うものなはずなのに、自分の意にそぐわないものは排除しろといった風潮に変わりつつあるのでしょうか。
最大の疑問です。

りこさんへ

管理人さん、お先にコメントごめんなさい。

りこさんはじめまして。
元婦人部ですが色々あって組織から離れました、牡丹と申します。

結婚を機に、息子に、娘に、活動家になってほしい。活動家の親なら大抵はそう願うものです。
創価学会の信心こそが『絶対的幸福境涯』がつかめる唯一の道と信じていますので、それまではどうであれ、本人がなんと言おうが、親離れの時にはなんとか活動家になってほしいと。
そして、親御さんに役職があれば組織の方々に対する見栄も多少あるかもしれません。
そう。りこさんたちの意思とは関係なく。
たくさんの知らない大人に囲まれて説得されて、さぞかし嫌な思いをされたことでしょうね。かわいそうに。
彼の変貌も、もしかしたら大切なあなたを思ってのことかもしれません。
でも、りこさんは違和感があるのですよね。

身もふたもないお話になりますが、
今お感じの違和感はこれからも続くと思います。
何度も知らない大人達に囲まれ説得されると思います。
ご結婚なさったら、周りはもっと容赦なくなりますよ。
身内の学会員なんて怖いですよ。どんどん新婚家庭に首を突っ込んできます。多分。

彼がこの先どうなさるのか。
一旦活動家になった以上は組織も離しませんし、当分は熱心に活動なさるのではないでしょうか。

りこさんにお願いしたいのは、気づけば周りは創価学会の人ばかり。ということにならないように。
周りの学会員の非常識な言動、りこさんご自身の気持ち、どんな人生にしたいのか、どんな人生は嫌なのか。客観的に判断できなくなるからです。
客観的に判断できなくなると、創価学会員の勢いに巻き込まれてしまったほうが楽だと思うようにならからです。
自分も彼と一緒に活動を頑張ってみようかな、と思われるのなら思い切って組織に飛び込んでみるのもひとつ。

そうでないのなら、嫌なものは嫌。と何度でも言い続けてください。
創価学会の組織の方々に「会いたくない」「もうお話したくない」って言ってもいいんですよ。電話に出なくてもいい。立派な意思表示です。そんなのは自由なんですから。
我儘、自分勝手、世間を知らない、色々言われるでしょうがりこさんの人生です。

ご自分の意思にそぐわない方向へ流されてしまうといつか必ず後悔しますし、本来悩まなくていいことに悩むことになり、せっかくのお若い日々が辛いものになってしまいます。

どうぞご自分の今の状況を『客観的』に判断することを忘れないでください。
創価学会の活動家には残念ながらそれが出来ませんので、それもお心にとめておいてくださいね。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR