創価板・金口相承

全世界のアンチ創価を大笑いさせてくれた
「創価学会仏」の出現から早1ヶ月ちょっとが過ぎた。
笑ってばかりもいられないので
「創価学会仏」とやらを調べてみた。
確か、会則には「創価学会仏」とやらは
戸建2代会長の指導を継承したとかしないとか。
そこで、自宅にある「戸田城聖全集」を
ここひと月ばかり1巻から読んでみたが
「創価学会仏」などという記述は全くない。
そこでネットで戸田会長の指導を拾い読みしてみたが
これまたどこにも「創価学会仏」が出てくない。
と思ったら、ようやく大作センセの「小説・人間革命」のなかに
「創価学会仏」という記述を発見。
これで、ようやく納得・・・・・・
なわけね~だろ。

【大聖人直結した広宣流布を遂行の和合僧団である創価学会は、それ自体、仏そのものであり、未来の経典には『創価学会仏』の名が記されるであろう】

ってのは戸田先生が言ったのでなく、
戸田先生がそう言っていた。と大作センセが言ってる
だけじゃね~か。
大作センセが「戸田先生がいってたよ」と
勝手に言って小説に書いているだけで
戸田先生が「創価学会仏」などと言った事実はどこにも見当たらない。
会則に記載するほどの重要な指導ならば
戸田先生の文字として残っていない。
なんて事はどう考えても不自然だ。
普通に考えれば大作センセによる
デマカセ・デッチ上げと考える方が自然だ。
「小説」を書いてるのだけなら「嘘」とは言わないが、
それを「事実」であるかのように会則に明記したら
それは「詐欺」であり戸田先生に対する「名誉毀損」だ。
創価学会仏は大作セrンセの
妄想と暴走から生まれた「仏」でいいじゃないか。
戸田先生を持ち出さなくても、
バリ活さんたちは大作センセが
「白」といえば「白」というし、「仏」といえば「仏」と言うんだから。
そもそも「創価学会仏」ってのはそんな存在でしょ。
バリ活のバリ活によるバリ活限定の「仏」でしょ。
世間ではそんな仏は存在しない。
ただ、大作センセとバリ活さんの脳内にしかいない仏なんだから

それでもこれが「妄想」「暴走」
「大作」「創作」でないのだとしたら
戸田先生は大作センセにだけ
「唯授一人・金口相承」をしたことになる。
戸田城聖全集には「仏は末法には日蓮大聖人以外にいない」との記述があるから
それとは全く反対のことを、
大作センセにだけ唯授一人・面授口決したことになる。
「創価学会仏」だけじゃない。
戒壇大御本尊を受時の対象にしない。
正宗の血脈相承は間違っている。
五座三座の勤行をしなくていい。
日寛上人の三大秘法の開合の義は用いなくていい。
などなど、創価や大作センセがしでかした
戸田先生の指導を180度違う言動も全て
戸田先生から大作センセに「唯授一人」「面授口決」したことなのか?
もしも、「創価仏」を始めとするそれらの全てを
戸田先生が大作センセだけに言っていた。
のならば、戸田・池田は二人で多くの会員を欺いてた。ということになる。
会員たちには大御本尊を教え、大聖人をご本仏と教え
自分たち二人だけが「創価学会仏」なんて考えたいたのなら
まさに二人とも大悪党だ。

しかし、アレだな。
正宗の唯授一人血脈を「神秘的て秘密主義」だの
金口相承を「口伝」は文証がなければ信じてはいけない。などと言って
正宗の血脈を否定し、誹謗しまくってるヤツらが
大作センセの自己申告の
戸田先生からの、「唯授一人」「面授口決」の相承は
なんの抵抗も疑問も自己批判もなく受け入れちゃうのはなぜ?
「文証」がなければ「邪義」なんだろ?
違うのか?え?教宣や広宣の活動家さん?どうなの?
戸田先生が、「創価学会仏」といった文証は?
戸田先生が、「大御本尊を受時しなくていい」といった文証は?
「小説」は「文証」にならないって知ってるよね?
「御書」より「小説」なんて思ってないよね?
バリ活さん、「ねぇ、ねぇ戸田先生の文証」を教えてよ(笑)
まさかなんの文証もなく歴史的事実もなく
また、他の戸田先生の指導とも整合性もない大作センセの受けた相承。
相承等を「偽書」だなんて主張している学会員さん
どうなの?大作センセの言ってることの信憑性はどこにあるの?
どうみても大作センセの与太話にしか聞こえないんじゃない?

しかし、創価板の金口相承ってのは本当に適当だな
「池田先生の発言を証言する人はたくさんいる」っていうのだろうけど
そんなの全部、大作センセ側の会員だろ。
「サクラ」って言うんだよ。そういう人たちのことは。
明らかに創価板金口相承は、戸田先生の指導と違う。
「死人に口無し」とばかりに
大作センセが言いたい放題言ってるとしか思えない。
それとも、創価版相承は「伝言ゲーム」よろしく
どんどんと最初と違って来るのか?
とんだ「金口相承」だな(笑)
正宗は800年近くの間、法体・法義を
きちんと守ってきた。
創価は100年も持たず全然違う教団に変わり果てている。
それもこれも創価版の金口相承がデタラメだからだ。
正宗の血脈相承を否定する暇があったら
自分達のセンセの、文証もない信用に足らない
自己申告の「金口相承」を否定するのが先だろう。
ああ、そうか。
創価活動家たるもの
「師弟不二」という、大作センセの金口の血脈に
「信」をとるのが「信心の血脈」だったよね(笑)

いづれにせよ、大作センセは戸田先生を利用した。
そして今は利用される側にいる。
仏法の因果とはこういうものだな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
いや~~しぶい!

「いづれにせよ、大作センセは戸田先生を利用した。
そして今は利用される側にいる。
仏法の因果とはこういうものだな。」
きまったーって感じ(笑)
「悪い事したら全部自分に返ってくるんやで~」
よくお母ちゃんから言われました。

池田先生の生い立ちとか考えると、まあ池田青年もかわいそうなやつだな~と思うこともありますね・・・
昔石井イサミのざくろの花ってあったでしょう(笑)
あれに幼なじみのチンピラの同級生が出てくるんですけど、今思えばあのチンピラも大作青年の一面なのかな~?って。

俺はただのチンピラだった・・・だれかも言ってたな(笑)

池田大作仏

こんばんは。

管理人さんお疲れさまでした。
創価の中で、そんなに深く考えている人は少ないでしょうね。

創価学会が仏そのもの。ってどゆこと?
創価学会員ひとりひとりが仏ってこと?
じゃあその頂点の後光の中に御坐すのは池田大作先生仏ってこと?なんかよく解らないけどすご〜い!ありがたいで〜す!先生奥様ありがとうございま〜す!
…普段なーんにも考えていないアホの婦人部バリ活あたりの頭では多分そうなります。

なんてったって池田大作先生は全知全能ですもの。生きてるうちから御観念文に堂々と登場しちゃってますし。今まで仏と称されなかったのが不思議なくらいですよね?

池田大作先生が仰った、聖教に載った、というだけでもう充分。他に何の説明が要るでしょう。どうせ聞いても解らないし。
なによりもほら。
脂ぎった顔でムチムチの胸をドンと叩いて
「全部わかっています!」
「私ひとりで戸田先生をお守りしたのです!」
って決め台詞。ね。やっぱり全知全能の仏さまだわ。
自分で言うかなー。変な人!

お隠れになった後は池田大作先生仏の像が建立されるんでしょうかね。そのための大誓堂でしょ?
ブロンズ像かな?金ピカかな?ポーズはどんなの?ゆるキャラかな?
日蓮大聖人のコスプレ?
もうコントでしょwこんなの。
でもバリ活の皆さんは絶対嬉しいですよね。やめろと言われても絶対拝みますよね。撫でてもいいとか言われたら嬉しすぎてもう何回でもお会いしに行っちゃいますよね。
多分その御宝前に恭しく芳名録とご供養の台なんかを置くのでしょうか。

とにかく婦人部幹部の池田大作先生愛は異常なうえに絶望的に頭が悪いときてますから。
唐突に出てきた「創価学会仏」というワード。
池田大作先生亡き後、アホのバリ活の池田ロス対策として、アホでも分かる偶像崇拝にもっていくための伏線なんじゃないかと思えて仕方ありません。
深読みしすぎでしょうか?

信じて真面目にやっている人もいるのでしょうか?中には穴掘って「王様の耳はロバの耳!大様は裸じゃないか!」 と叫びたい人もいるかも…

出している財務が謗施になると感じている人もいるのではないでしょうか?

一人一人の置かれている立場を考えると無理なのかな?…でも日本全体から考えると、悪しく敬う行為は速くやめてほしいです。

事件が起きる度に公明党の大臣が出てくるのは、ェショウフニかな?

三災七難多すぎで税金はどんどん浪費される感覚があります。

私の信心活動は至らないものですが、見えない偉大な力を感じます。御歴代御法主上人の護法の精神が大石寺には満ちあふれています。早く異流儀の方が罪の重さに気づかれますように、これ以上重い罪障を積まない為には、また罪を消すためには大石寺に御登山して正式な手続きのもと御開扉を受けるしか無いのです。

皆さんが御本仏様の御生誕800年を本当の意味で御祝い出来る境涯になれますようにm(__)m

管理人さん

せいぜい譲っても、仏法を継承し、弘める者は昔は「菩薩」といってましたね。

 創価が、等覚一転名字妙覚(天台)しちゃったのは一体、いつだったんでしょうか。 

 魂の独立の破門の時かな?  お金が十分に貯まっちゃったからかな?

 それと仏は一世界に一仏でしょ?

 同じ地球上に、リアルで二人いるとしたら、やはり「これが創価学会だ」という例の本にあったように、「池田会長先生は仏だ」 「大聖人さまの生まれ変わりです」というS40年前半当時のことを思えば、どうしたって池田太作氏を暗に指していますね。
 すなわち、「生まれ変わりだ、再誕だ、」という珍説がついに公になったというね。

 自称、サンガ(僧団)である創価が、未来において仏になれば、今はみんなその予備軍なんだね。 さぞや楽しみにしておられるはず。(笑) 大御本尊様を信受しないことで、仏。。。 いやはやこういうのを邪義というんでしょうね。  昔からの会員さんなら、この牽強付会な言いぐさを素直に受け止めろと言われたら、キッチリ、二つの方向に分かれます。

 一つは「ついにセンセイが発迹顕本された!」というのと、「アホもたいがいにせい!」というのとにね。

 南元病院でここ何年も瀕死の状態にある(今は転院したという説も)と言われるセンセイ。  今では、死ぬに死ねない地獄の境涯であることを知ってる人たちは特にそうです。 センセイのことを信じながら死んだ私のオヤジのことを思うと、情けなくなりますが。。    

 ま、没後の集団指導退勢、いや体制への単なる布石ですな。  得意の権威づけがこれからも続くのでしょう。  喪家ファナティック会員以外は、だんだん離反していきますよ。  首脳指導部だって、それを望んでますからね。 「20万人残ればいいんだ」という言説があったそうですし。(注;教学部有志の報告書)

 私事ですが、もうじき長女の「退会届」が完成して私の元に届きます。

 やっとここまできました。  どうやら、邪宗の都・信濃町からの離脱の日は近いようです。

 一家で退会(脱会)を果たし、無事に正宗・法華講員になれた暁には、私はもう多くは望みません。  積極的な学会員救済運動をやるつもりもありません。

 無慈悲でしょうけど、訪ねて来る会員さんには、ビシビシ、切々と語ることはあるでしょうが、出来れば隠遁して静かに暮らしたいです。 カタギの仏法人として(笑)

 ここで、ずっとモチベーションを落とさないために、管理人さんの教学を学び、いろんな方々の記述を読ませてもらい、、あ!それと管理人さんとの爆笑☎などのおかげで、なんとか今日まできました。 本当に感謝しております。

 あとはフェードアウトしていくつもりです。  私はもうすぐ前期高齢者ですからね^^

創価学会仏は仏界よりも上。

管理人様のブログを拝見して、
ふと思い出しました。
破門後の数年経過した時に
参加した座談会にて、幹部挨拶された方が
仰るには創価学会仏(センセ)は、
大聖人様より上だと。誰が今世で
これ程までに世界広布を進めたのか?
大聖人様?
牧口先生?
戸田先生?
池田センセでしょ!と。

そんなアホな、、。

センセの仏像を会員さんは
何の迷いも無しに拝むのでしょう。
近い将来きっと。
もう既に業社に発注済んでるかも。
金ピカのセンセに南無南無です。

無疑曰信

2012年6月号の「大白蓮華」(創刊750号)に下記のような記述があって、ゾッとしたことを思い出しました。

■「どんなことがあっても、創価学会につききっていく。これを無疑曰信というのです」との池田先生の指導を聞きながら、私は思いました。〝無疑曰信は、どこまでも先生についていく中にある〟と(聖教新聞社「大白蓮華」2012 年6月号 P32)

「無疑曰信」に関する指導も、今と昔では180度違いますね。いい加減なもんです。

■疑い無きを信と曰う。三大秘法の大御本尊の大功徳を絶対に信じ、日蓮大聖人の色心不二の生命哲学を最高唯一と信ずることが、仏法の根本である(池田大作著『御義口伝講義(上)』創価学会 P414~415)

■【無疑曰信】大御本尊を絶対に疑うことなく持(たも)っていくことが信である(池田大作著『御義口伝講義(下)』創価学会 P251)

■無疑曰信の信心とは、大御本尊を絶対と信じ奉ることである(池田大作著『御義口伝講義(下)』創価学会 P253)

チョリッース( ^ω^ )

おはこんばんちは^ ^

マホーラとは何ぞや?

ボヨヨ〜ン首輪星人動物殺しとは何ぞや?

元創価班さん

こんばんは。

> 「いづれにせよ、大作センセは戸田先生を利用した。
> そして今は利用される側にいる。
> 仏法の因果とはこういうものだな。」
> きまったーって感じ(笑)
> 「悪い事したら全部自分に返ってくるんやで~」
> よくお母ちゃんから言われました。

ははは(笑)
私もよく言われたなぁ。

> 池田先生の生い立ちとか考えると、まあ池田青年もかわいそうなやつだな~と思うこともありますね・・・

まぁね。
青年時代の挫折とかがあの人格を形成したのでしょうね。
ただ、今の(晩年)センセの方がかわいそうですけど。

牡丹さん

こんばんは。

> 管理人さんお疲れさまでした。
> 創価の中で、そんなに深く考えている人は少ないでしょうね。

てか、思考停止の方々が大半ですね。

> なんてったって池田大作先生は全知全能ですもの。生きてるうちから御観念文に堂々と登場しちゃってますし。今まで仏と称されなかったのが不思議なくらいですよね?

そうですね。まぁ、いままでは非公式の仏だったのが今年から公式になったってことですかね。

> 池田大作先生が仰った、聖教に載った、というだけでもう充分。他に何の説明が要るでしょう。どうせ聞いても解らないし。
> なによりもほら。
> 脂ぎった顔でムチムチの胸をドンと叩いて
> 「全部わかっています!」
> 「私ひとりで戸田先生をお守りしたのです!」
> って決め台詞。ね。やっぱり全知全能の仏さまだわ。
> 自分で言うかなー。変な人!

確かにね。「全部わかってます」ってのはどうですかね。
やっぱり本仏気取っているんでしょうね。
で、バリ活が輪をかけて「先生は全部わかって下さっているのよ」とか言っちゃうんですね~。

> お隠れになった後は池田大作先生仏の像が建立されるんでしょうかね。そのための大誓堂でしょ?
> ブロンズ像かな?金ピカかな?ポーズはどんなの?ゆるキャラかな?
> 日蓮大聖人のコスプレ?
> もうコントでしょwこんなの。
> でもバリ活の皆さんは絶対嬉しいですよね。やめろと言われても絶対拝みますよね。撫でてもいいとか言われたら嬉しすぎてもう何回でもお会いしに行っちゃいますよね。
> 多分その御宝前に恭しく芳名録とご供養の台なんかを置くのでしょうか。

ありえる!想像するだけ吐き気をもよおします。

> とにかく婦人部幹部の池田大作先生愛は異常なうえに絶望的に頭が悪いときてますから。
> 唐突に出てきた「創価学会仏」というワード。
> 池田大作先生亡き後、アホのバリ活の池田ロス対策として、アホでも分かる偶像崇拝にもっていくための伏線なんじゃないかと思えて仕方ありません。
> 深読みしすぎでしょうか?

いえ、私もその意見に概ね合意します。

名乗るほど…? さん

こんばんは。

> 信じて真面目にやっている人もいるのでしょうか?中には穴掘って「王様の耳はロバの耳!大様は裸じゃないか!」 と叫びたい人もいるかも…

そういう会員は相当数存在すると思います。
なにせ組織内では池田批判は絶対悪ですから思ってても言えませんからね。

> 出している財務が謗施になると感じている人もいるのではないでしょうか?

いやいや、ほぼ全員が「布施」だと思って財務してますよ。
なんたって「功徳がある」と言って財務させているのですから。

> 皆さんが御本仏様の御生誕800年を本当の意味で御祝い出来る境涯になれますようにm(__)m

確か、平成33年でしたっけ?
あと5年。長いような短いような感じです。

RAMBOさん

こんばんは。

> せいぜい譲っても、仏法を継承し、弘める者は昔は「菩薩」といってましたね。
>  創価が、等覚一転名字妙覚(天台)しちゃったのは一体、いつだったんでしょうか。 

正本堂の供養で「金儲けができる」とセンセが知ったあたりではないでしょうか?

>  それと仏は一世界に一仏でしょ?

「一土一仏」が基本ですね。

>  同じ地球上に、リアルで二人いるとしたら、やはり「これが創価学会だ」という例の本にあったように、「池田会長先生は仏だ」 「大聖人さまの生まれ変わりです」というS40年前半当時のことを思えば、どうしたって池田太作氏を暗に指していますね。
>  すなわち、「生まれ変わりだ、再誕だ、」という珍説がついに公になったというね。

もう、大川隆法の世界です(笑)


>  私事ですが、もうじき長女の「退会届」が完成して私の元に届きます。
>  やっとここまできました。  どうやら、邪宗の都・信濃町からの離脱の日は近いようです。

RAMBO家のXデーも確実に近づいてきましたね。

>  一家で退会(脱会)を果たし、無事に正宗・法華講員になれた暁には、私はもう多くは望みません。  積極的な学会員救済運動をやるつもりもありません。
>  無慈悲でしょうけど、訪ねて来る会員さんには、ビシビシ、切々と語ることはあるでしょうが、出来れば隠遁して静かに暮らしたいです。 カタギの仏法人として(笑)

それでいいと思いますよ。バリ活諸氏の救済は破折です。
粛々とやればいいと思います。

>  ここで、ずっとモチベーションを落とさないために、管理人さんの教学を学び、いろんな方々の記述を読ませてもらい、、あ!それと管理人さんとの爆笑☎などのおかげで、なんとか今日まできました。 本当に感謝しております。
>  あとはフェードアウトしていくつもりです。  私はもうすぐ前期高齢者ですからね^^

ああ、フェードアウトは無理だと思います。
なんだかんだ言ってRAMBOさんは「熱男」なんで(笑)

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 管理人様のブログを拝見して、
> ふと思い出しました。
> 破門後の数年経過した時に
> 参加した座談会にて、幹部挨拶された方が
> 仰るには創価学会仏(センセ)は、
> 大聖人様より上だと。誰が今世で
> これ程までに世界広布を進めたのか?
> 大聖人様?
> 牧口先生?
> 戸田先生?
> 池田センセでしょ!と。

あ~、「あるあるバリ活幹部」の話ですね。
創価が発展したのは大御本尊のおかげなのに
全く逆にしか思えない。
転倒の衆生とはこういう方々なのでしょうね。

> センセの仏像を会員さんは
> 何の迷いも無しに拝むのでしょう。
> 近い将来きっと。
> もう既に業社に発注済んでるかも。
> 金ピカのセンセに南無南無です。

いかにも、どこかの独裁国家とかにありそうな光景ですね。

Re: 無疑曰信

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 2012年6月号の「大白蓮華」(創刊750号)に下記のような記述があって、ゾッとしたことを思い出しました。
> ■「どんなことがあっても、創価学会につききっていく。これを無疑曰信というのです」との池田先生の指導を聞きながら、私は思いました。〝無疑曰信は、どこまでも先生についていく中にある〟と(聖教新聞社「大白蓮華」2012 年6月号 P32)
> 「無疑曰信」に関する指導も、今と昔では180度違いますね。いい加減なもんです。
> ■疑い無きを信と曰う。三大秘法の大御本尊の大功徳を絶対に信じ、日蓮大聖人の色心不二の生命哲学を最高唯一と信ずることが、仏法の根本である(池田大作著『御義口伝講義(上)』創価学会 P414~415)
> ■【無疑曰信】大御本尊を絶対に疑うことなく持(たも)っていくことが信である(池田大作著『御義口伝講義(下)』創価学会 P251)
> ■無疑曰信の信心とは、大御本尊を絶対と信じ奉ることである(池田大作著『御義口伝講義(下)』創価学会 P253)

大聖人仏法を騙る詐欺師集団ですかね。
詐欺なのに「正しいこと」をしてると思っているから始末が悪いです。
まぁ、何をやってもいいが
「日蓮大聖人」の名を語るのだけはやめてもらいたい。と思ってます

本年は大変にお世話になりました。

管理人様のブログに
様々な御教授を頂く事が出来た年に
なりました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

RAMBO様を始め
古刹信徒様や、
多数の善知識の
コメントを拝見できた事は
私にとって心の財を積めた思いです。

本日で今年の仕事納めとなり、
ゆっくりと正月を迎える事が
出来そうです。
着任も学会活動もありませので。
嫁と酒でも呑みます(^_^)
良いお年を迎えましょう!
有り難う御座いました。

カルト色の創価

●今年も終わろうとしております。
管理人さん、1年間記事の更新お疲れ様でした、コメンテイターの皆様、貴重なコメント勉強になりました。

●当プログをかなり多くの現役学会員の方が見てることがわかりましたした(熱心な活動家もかなり見てるんですね~)

●幼少期から植えつけられた罰論におびえて創価組織に従順なのはS大生見てきたからわかりますが、このまま突っ走ると、どこからみてもりっぱなカルトとなりますよ、池田先生=本尊で経典=人間革命となったら世間の人から今まで以上にキモイカルトと認識されますよ。
結局、過去の活動家諸氏が「おかしいことはおかしい」と組織に対して声をあげてこなかったから一部の人間に富と権力が集中してしまったんですね

●まさかと思いますが創価学会仏と言われて喜んでませんよね(笑)バカにされてんですよ。
師弟不二を唱えるなら師の病状を隠さず教えろ!
教団は収支を公表しろ!
声あげていかないと上層部にバカにされたままですよ
正論唱えて創価クビになっても罰あたりませんよ!自分たちが創価学会仏であると会則で規定したんだから創価はもう仏教辞めたんですよ
今まで曲がりなりにも創価で日蓮仏法学んできたこともすべて無意味になってしまったということなんですよ!

●それでは、今年はこれを最後の書き込みとさせていただきます、管理人さん、コメンティター並び読者の皆様、よいお年をお迎えください(^^)/

退転壮年部おじさんさん

こんばんは。

> 管理人様のブログに
> 様々な御教授を頂く事が出来た年に
> なりました。
> この場をお借りして御礼申し上げます。

とんでもございません。
こちらこそ、1年間お付き合いいただき感謝申し上げます。

> 本日で今年の仕事納めとなり、
> ゆっくりと正月を迎える事が
> 出来そうです。
> 着任も学会活動もありませので。
> 嫁と酒でも呑みます(^_^)
> 良いお年を迎えましょう!
> 有り難う御座いました。

お互い1年お疲れ様。ですね。
よいお正月をお迎えください。

古本屋店主さん

こんばんは。

> ●それでは、今年はこれを最後の書き込みとさせていただきます、管理人さん、コメンティター並び読者の皆様、よいお年をお迎えください(^^)/

1年間ありがとうございました。
貴重なコメントそして情報をいただき感謝しております。
よいお年をお迎えください。

ついでに。

管理人様いつも有り難うございます。

数回前のブログに、創価式葬式の件を
ブログに顕されてましたが、
せいきょしんぶんの記者君も、
ご自身の紙面で反応されてました。
詳しくは、28日付け第4面記事を
ご参照頂き、
真心の友人葬に広がる共感(はんかん)の
声をお聞き願います。

まいど、下らないコメント
大変に失礼致しましたm(__)m。

No title

創価はいつから会員を大事にしなくなったんだよ  図体がでかくなったからといって、会員を完全に下に見て。池田氏の言葉を裏付けするのが中間幹部の役目だろうよ。  それが今のこのざまは何だ。 管理能力がないのは上の幹部の指導力の欠如じゃないのか. たいしたことじゃないなんて思ってたら あんたら足元から崩れるよ?   実生活も根こそぎやられてしまうぜ?   学会幹部なんてつぶしがきかねえぜ。  会員の財務で禄を食んでるだけだったじゃねえか。

 おまえら矜持が無いんだよ。誠が無いんだよ。 あんたら、驕ってるんだよ。
世の中、信心がなけりゃ無常なんだよ  自分には直接責任はないなんて思ってても、果報は喰らうんだ。   追認責任ってのがあるんだ。 牧口さんが言ってたじゃねえか。  善を成さないのは悪なんだ。

 こんな言葉を真摯に考えたことがあるのか?世の中なめてんじゃねえ!

 おれらは自分で必死で稼いだ金で、あんたらを支えてるんだ。 あんたらの真心を信じたいからだよ。 人として、仏法者として少しでも身に覚えがあるなら、こんな無様な学会のことを自分の事として考えろよ。 悩めよ、 仏なんだろうに。 クソみたいな寄生虫人生に気づけよ。  指導されるべきはあんたらなんだよ。   判っててサイレントアピールに冷たい目を向けてるんなら、 このブログを嘲笑してるんなら、もうしそれは信心じゃねえ。

 もう手遅れかもしんねえぞ。  最後の最後 男として 人としての誠で声をあげてもいいんんじゃねえのか? このブログを読んで冷笑してるあんた。  文句があるなら、言い分があるのならここに書けよ。 RAMBOが受けて立つよ。

 てめえらの矜持をここで書け。  人として生きていきたいんならものを言えよ。

 おれは今夜 酔ってるけど、ここんとこだけは素面で書ける。 言える。

 本部職員さん、 あんた !  なにもかもセンセイや上の幹部に責任をなすりつけてシカトしてるんじゃねえ!   幸せになりたいのはあんた自身だろうが!

 読んでるくせにネグってて、それでおめえらの人生は全うできると思ってるのか?   おめえらだって最初はこころざしがあっただろうが。  ちがうか?この没個性野郎が! 創価仏なんかその程度なんか!?  

創価学会仏について

これこそ究極の電波だよ!
おそらく会則を決めた連中も「創価学会仏」がなんなのか?
まったく実感もなければ まったく、わかってねぇーんじゃないのか?


管理人さんは よく読んでいるかと思われるので ぴ~んと来るかもしれませんが
戸田先生が池田先生に向かって述べた・・とされる 
例の「創価学会仏」の件はこちらの記憶の限りでは たしか・・・
「将来の経典(記録)として書かれるだろう」・・としか述べていなくて
それが良い意味なのか 悪い意味なのか・・・までは
意外だけれど掘り下げていない上 根拠も述べていなければ
具体的なことも述べられていないので 不明瞭な点が多く
従って 基礎的な処で「仏=生命」と説いている以上
「創価学会仏」を優生学へと応用する事もできるので 非常に危険な一面があり
そちらの方向へ舵を切れば たしかに・・・

    「創価学会仏という食法餓鬼がやってきて 
     法華経を貪っては利用して民衆をたぼらかして壊し 
     大荘厳の末 自身のみならず 65億の民が皆阿鼻地獄へと堕ちた」

なぁ~んんて 将来になって御本仏さまが 
あらためて 経典を書いたり指導したりすることも 否めないわけですが
まぁ~ あくまでも経典は将来のために記録として残す媒体なので
会則も考え方によっては経典と捉えたり解釈することもできるので
故に 言ったものがち 規則に書いちゃえば 
たしかに「約束を果たした」事にもなるわな(笑)

御礼

管理人様、コメンテーターの皆様

本年も大変お世話になりました。
衷心より御礼申し上げます。

様々なテーマで得るものがあり、
研鑽しなければならない事も
ハッキリと見えてきた一年だったと感じます。

また、行学に汗する事で、信心が深まる事も再確認できました。
皆様のお陰と感謝しております。

明年は管理人様を始め善知識の皆様と、総本山にて唱題会でもできればと、勝手に愚考しております。

皆様、明年もよろしくお願い致します。

創価仏のエリートががんばってる。

  
政務活動費681万円 公明党議員団が返還 議長は2代続けて辞職へ 東大阪市議会

大阪府東大阪市議会の政務活動費の不適切支出問題で、公明党議員団(12人)は10日、平成21~25年度の5年間に約681万円の不適切支出があったとして、全額を市に返還した。同議員団所属の平田正造議長(64)は議長を辞職する意向を表明。辞職は12月定例会で承認される見通し。

 市議会ではこれまで7会派が不適切支出のあった政務活動費計約2235万円を返還したが、同議員団は同様の支出は確認できないとしていた。平田議長は10月10日、不適切支出に伴う前議長の辞職を受けて選出されたばかりで、市議会は政務活動費をめぐり議長が2代続けて任期途中に辞職する異例の事態となった。

 不適切支出の内訳は事務所費約199万円、調査費約28万円など。調査費には平田議長ら議員団が平成24年8月に東京出張した際、議会事務局から約30万円相当の切符などを渡される一方、政活費として市から旅費約25万円を受け取った二重計上分も含まれている。


 さすがというべきか、搾取のDNAは師弟不二。  まさかと思ってちょっと検索すると、ちゃんとこんなご実績がありました。

 富山市会、高岡市会やあの号泣県議の醜態が全国で話題になってた時にも、「やってた」ことになりますね。   学会員さん、これでも選挙活動には功徳がある、と思いますか?  

 ああ、世間法,国法ならなにやってもいいのか^^;  失礼しました~・

年の瀬に

こんにちは。

今年も余すところあと二日となりました。

ただでさえ慌しい年の瀬、創価バリ活幹部の皆さまにおかれましては
『笑ってはいけない24時間』もとい、いつもにも増して『考えてはいけない』『絶対に深く考えてはいけない』
そんな時期だとお察しいたします。

年末の一口10,000円振込詐欺に乗せられてさえいなければ、もう少しリッチなお正月だったのに。…おっと、そんなことを考えてはいけませんよね。
新年勤行会で良く知った顔が『ご供養』コーナーから笑いかけて来たら無視できませんよ。これ以上まだとられるのか……これこれ、そんなことを考えてはいけません。
このクソ忙しい時に新年号の新聞配達⁈真昼間に⁈近所の人に会ったらハズい。…そんなことも考えてはいけません。マスクと帽子で変装変装。
このクソ忙しい時に幹部同士の挨拶回りもありますね。行く方も死ぬほど面倒ですが、来られる方の迷惑たるや。…ああそんなことも考えてはいけません。
正と副のペアで回れと言われても、赤の他人の男女が仲睦まじくチャリンコにまたがり生活圏内をウロウロ。人さまに奇異の目で見られはしまいか。
…だいじょうぶだいじょうぶ。不倫かと思う方が悪いのです。一切考えてはいけません。
元旦。子供たちは嫌そうだけど新年勤行会に連れて行かないと何言われるかわかりゃしない。寝癖でジャージでもとにかく連れて行かないと。早めに行って部員さんのお迎えもしなくちゃいけないし。
大晦日くらい夜更かししてゆっくりお酒を楽しんだりしたいけど、色々気になってそれどころでは。一生こんな年越しなのでしょうか。

どれもこれも、ほんとうに自分と家族の幸せに関係あるのかしら。
創価学会員でなければ、もっとまともな穏やかな年越しの仕方が出来るのでは…。

そう。そうなんですよ。
でもバリ活幹部の皆さまは、そんなこと絶対に考えてはいけないんですよね。
心からご同情いたします。

〝目出度さも よくわからない 創価の春〟


さて、管理人さま、心熱きコメンテーターの皆さま、今年は色々と勉強させていただき、笑わせていただき、ほんとうにありがとうございました。

多分今年最後のコメントになるかと存じます。
どうぞ皆さま、良いお年をお迎えくださいね。

eco◆Smw69さん

こんばんは。

> 管理人さんは よく読んでいるかと思われるので ぴ~んと来るかもしれませんが
> 戸田先生が池田先生に向かって述べた・・とされる 
> 例の「創価学会仏」の件はこちらの記憶の限りでは たしか・・・
> 「将来の経典(記録)として書かれるだろう」・・としか述べていなくて
> それが良い意味なのか 悪い意味なのか・・・までは
> 意外だけれど掘り下げていない上 根拠も述べていなければ
> 具体的なことも述べられていないので 不明瞭な点が多く
> 従って 基礎的な処で「仏=生命」と説いている以上
> 「創価学会仏」を優生学へと応用する事もできるので 非常に危険な一面があり
> そちらの方向へ舵を切れば たしかに・・・

戸田先生が本当に言ったかどか怪しいものです。
いまだって、大作センセが許可したかどうかも怪しいことばかりしてますよね。
師弟不二なんてのは勝手に弟子が言ってるだけですから。

> なぁ~んんて 将来になって御本仏さまが 
> あらためて 経典を書いたり指導したりすることも 否めないわけですが
> まぁ~ あくまでも経典は将来のために記録として残す媒体なので
> 会則も考え方によっては経典と捉えたり解釈することもできるので
> 故に 言ったものがち 規則に書いちゃえば 
> たしかに「約束を果たした」事にもなるわな(笑)

まぁ言った者勝ちですよ。
例のエレベター相承なんて「眉唾」ですからね。
勝てば官軍といったとこでしょうか・

古刹信徒さん

こんばんは。

> 本年も大変お世話になりました。
> 衷心より御礼申し上げます。

こちらこそ、今年も1年間お付き合いいただきありがとうございました。

> 明年は管理人様を始め善知識の皆様と、総本山にて唱題会でもできればと、勝手に愚考しております。

私も明年はいよいよ大御本尊様にお目通りが叶うことを目標にしています。

RAMBOさん

こんばんは。
  
前回のコメントでは、久しぶりの「怒りのRAMBO」節。
やっぱり、RAMBOさんはこうでなくちゃ(笑)

牡丹さん

こんばんは。

> ただでさえ慌しい年の瀬、創価バリ活幹部の皆さまにおかれましては
> 『笑ってはいけない24時間』もとい、いつもにも増して『考えてはいけない』『絶対に深く考えてはいけない』
> そんな時期だとお察しいたします。
> 年末の一口10,000円振込詐欺に乗せられてさえいなければ、もう少しリッチなお正月だったのに。…おっと、そんなことを考えてはいけませんよね。

はい。カニを我慢すればすればいいのです(上層部は食べますが)

> 新年勤行会で良く知った顔が『ご供養』コーナーから笑いかけて来たら無視できませんよ。これ以上まだとられるのか……これこれ、そんなことを考えてはいけません。

会館で高い甘酒を飲んだと思ってください。

> このクソ忙しい時に新年号の新聞配達⁈真昼間に⁈近所の人に会ったらハズい。…そんなことも考えてはいけません。マスクと帽子で変装変装。

旦那は車で配達のお手伝い。こんなことまで「家のこと」に含まれるとは。

> このクソ忙しい時に幹部同士の挨拶回りもありますね。行く方も死ぬほど面倒ですが、来られる方の迷惑たるや。…ああそんなことも考えてはいけません。
> 正と副のペアで回れと言われても、赤の他人の男女が仲睦まじくチャリンコにまたがり生活圏内をウロウロ。人さまに奇異の目で見られはしまいか。
> …だいじょうぶだいじょうぶ。不倫かと思う方が悪いのです。一切考えてはいけません。

そうです。本当に不倫関係だったとしても「信心」で捉えましょう。

> 元旦。子供たちは嫌そうだけど新年勤行会に連れて行かないと何言われるかわかりゃしない。寝癖でジャージでもとにかく連れて行かないと。早めに行って部員さんのお迎えもしなくちゃいけないし。

行ける時間も所属組織によって決まっていので中他半端な時間帯だともう一杯やっつけてますが会館までは行かないと・・

> 大晦日くらい夜更かししてゆっくりお酒を楽しんだりしたいけど、色々気になってそれどころでは。一生こんな年越しなのでしょうか。

広宣部は年越しで正宗寺院の監視です。ひとり残される林檎さんがお気の毒です。

> どれもこれも、ほんとうに自分と家族の幸せに関係あるのかしら。
> 創価学会員でなければ、もっとまともな穏やかな年越しの仕方が出来るのでは…。
> そう。そうなんですよ。
> でもバリ活幹部の皆さまは、そんなこと絶対に考えてはいけないんですよね。
> 心からご同情いたします。

そうですとも。「自分や家族の幸福よりも他人の幸福を祈る」それが創価精神病です。

> さて、管理人さま、心熱きコメンテーターの皆さま、今年は色々と勉強させていただき、笑わせていただき、ほんとうにありがとうございました。
> 多分今年最後のコメントになるかと存じます。
> どうぞ皆さま、良いお年をお迎えくださいね。

こちらこそ、楽しいコメントの数々ありがとうございました。
牡丹さんもよい新年をお迎えください。

年納め

  残すところあと一日となりました。  思えば恥ずかしきことの数々、今は旅の空で深く反省の日々を送っております。

 『おーれがいたんじゃ カタギ~になれぬ でもって成仏するじゃあーなし~ いーつか創価がよろこーぶよぉなー すごーいコメント書きたぁくて、 ふんとーどぉりょくの甲斐もなく、 きょうぉお~も涙のぉ~ きょうぉ~も涙の日が落ちる、、 日が~~ぁおぉちぃる~~~♪』

 良いお年を。m(__)m

 RAMBO 拝

 
 

 

お世話になりました。

管理人様、みなさま。
今年は大変お世話になりました。

今年はみなさまのおかけで正しい信心に戻れましたので感謝でいっぱいです。
いつかみなさまとご一緒に、大御本尊に御目通り出来る事を楽しみにしております。

来年もよろしくお願いいたします。

eco ◆Smw69BiSBo さん

eco ◆Smw69BiSBoさん。
新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

eco ◆Smw69BiSBoさんの、2ちゃんねるでの投稿を拝見致しました。
かなり痛く突かれてピリッと辛口な投稿もあれば、「お言葉ですが」の
投稿もありました。 大変失礼ですが批評させて下さいませ。



103 名前:eco ◆Smw69BiSBo [] 投稿日:2013/01/30(水) 16:58:47.71 ID:NfJQDrPr

>>83 だったら「雨乞い対決」ばかりではなく 一人の ら●病患者を連れてきて
どちら処方箋で治ったかも・・を競走すれば良かったんじゃないでしょうか?
ら●病を治す事が「一つの折伏」なんじゃないでしょうか?


▼確かに、大聖人も忍性も、ら●病を治す事が世に示す最大の正邪の証明対決になったかも知れませんね。
当時、世間から阻害されていた方々への救いの慈悲になったかも知れませんし。


もうひとつ 日蓮自身は「ら●病患者」を人としてみていましたか?
それとも 業を受けた「いらない物・邪魔者」として見ていましたか?
そうではない・・と言うのなら 人として見ていた証拠や文献はありますか?
他にも ら●病患者を治した・・と言う文献はありましたか?
結果的には 自身がらい病の苦しみを味わっていないが故に
他人事のように見殺しにしていたのが現実でしょ 結果をみましょうよ


▼大聖人は慈悲の仏教を説いて置いて、反面、その様な方を「業を受けた「いらない物・邪魔者」」として見てはいないと思いますが。


今世では治らない病気だし 世間から人間じゃないレッテルまで貼られているわけですからその苦しみや痛みを理解しようともしないで すぐに解放しなかったのでしょうか?
いくら宿業論や原罪を前面に出して責め続けても それが虚無主義になるだけで処方にはならず 返って 差別の種を撒き散らす原因にもなってしまい 悪化のループを招いただけで
何の効果も顕れず 一つも解決する事が出来なかったのが現実じゃないでしょうか?

一体 何の為に布教しているんでしょうか?

その事を過去 ブログに書いた事があります。


▼確かにどうなのでしょう? 大聖人滅後に破棄やすき返しされた書や手紙など有ったようですから、
その中に大聖人がその様な病の方に思いやり、励ましの手紙類が有ったかも知れませんし。 でも厳しい意見ですね。

eco ◆Smw69BiSBoさん

eco ◆Smw69BiSBo さん。 先ほどの続きです。


104 名前:eco ◆Smw69BiSBo [sage] 投稿日:2013/01/30(水) 17:10:38.00 ID:DCLvtdsR

>>102にしても>>83と同じ事が言えるので >>103に書いた二つの記事をよく読んで考えてください。

あんな事ばかり言っていたのが 700年の歴史なんですよ
結局は 日蓮の看板を掲げても 人ばかり責めて実際 苦しんでいる人 助けようとしなかった


▼うーん、痛いところですね。


また 自分の首は跳ねられなくても  熱原の熱心な信者は見返りもなく犬死にされた。


▼大聖人の龍の口の法難との比較でしょうか?
犬死・・・しいて言うなら境涯、役目、立場でしょうか? 凄く不憫な言い方ですが。



幾ら後付けで役人が首をはねられたと反論をしても あの三烈士には見返りがない


▼どうも当事者の日秀、日弁らは避難して房州にいたらしいですからね。
見返りというか、いつの世でも末端が被害者になるというわけです。


復讐の権利は三烈士にある。


▼三烈士の立場が無いですものね。


見返りの証拠を出さなければ 何 の 為 に  他の宗教を捨てさせてまで
ナンミョーを唱えさせようと強制しているんですか?


▼確かに・・・言葉もありません。



何の為に地獄が存在しているんですか?


▼弱者の復讐の拠り所?でしょうか?



とにかく、eco ◆Smw69BiSBoさんの投稿は、意外な観点から、しかもピリッと辛味が効いて、大変面白く拝見させて頂きました。今年も頑張って下さい。

とどさん

明けましておめでとうございます。

皆で大御本尊へお目通りできたら楽しいでしょうね。
なにせ、ここのコメンテターの皆様は個性派ぞろいですからね(笑)

今年もよろしくお願いします。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR