3人組さんの記者会見の感想

正月休みの間に時間があったので
例の3人組さんの昨年の記者会見の様子を見てみた。
ところどころは見たのだがせっかくなので通しでみた。
約1時間。長いっちゃ長い。
内容は、今まで彼らがブログに書いてきたこと。
まぁ、あとは「本」を読んでください。ってことだろう。
全部言っちゃったら「本」が売れなくなっちゃうからね。
感想は、一番最初に彼らのブログを読んだ時と変わらないかな。
彼らの活動によって創価の闇というか真実が晒されるといった部分の意義はあるけど
相変わらず何がしたいのかよくわからない。
一応は彼らがやりたいことは
「創価に戻って内部から今の創価の組織を改革して、彼らの理想とする大作センセのいう通りの創価の組織にしたい」
って言っているから、その主張は分かるんだけど
現実的にそれは不可能でしょう?
彼らの解雇については裁判で学会側が勝訴したようだから
解雇の取り消しを主張しても無理だし
百歩譲って彼らが創価職員に復職できたとしても
組織を改革できるようなポストにはつかないだろう。
つまりもう「内部からの改革」なんてできない。
そんなできもしない非現実的なことをやろうとしてるわけですよ。

でもまぁ、彼らが本気でそれをやりたいのなら
それは彼らの自由意思だし、
かれらの心情も理解できるので
どちらかというと応援してあげたいと思うんだけど
今回の記者会見で、彼らが経済的に同志から援助を受けている。
という話をきいてガッカリ。
同志とはいったいどの程度の範囲の人なのか?
親・兄弟・親戚ならば「同志」とは言わないだろうから
赤の他人の学会員から金銭的な援助を受けているということなのか?
その金銭的援助ってのは「借りた」のか?「もらった」のか?
その辺もよくわからなくてモヤっとした。
創価の事よりも、むしろソッチの方が引っかかる。
創価の事については、いまさら彼らがどうこう言わなくても
彼らが懲戒になるずっと前から彼らが受けてきたような仕打ちを
何十・何百人という会員が受けてきているのだから。
俺だって部員さんを守るために幹部と戦い組織から追放され、
去年には勝手に退会扱いにされ会員資格を喪失した。
古くは大阪事件の時だって実行犯は即刻除名された。
指揮を執っていた大作センセは留置されたものの
組織的には何のお咎めもなしである。
いつの時代でも尻尾切りで
割に合わない仕打ちを受けるのは一会員の方だ。
それが創価の組織だろう。
いまさら驚くほどでもない。

むしろオドロキなのは、
彼らは他人から生活費を援助してもらって
自分たちの好き勝手やっている。ということであり
それをこともあろうか「会員を守るため」と言っちゃっているところだ。
その創価気質がやっぱり気色悪い。
前にも書いたけど「まづ働けよ」と思う。
他人の金で好き勝手な生活をする人は
詐欺師か職業宗教家か乞食か・・それくらいしかいない。
もう本部職員でもなんでもないのに
他人に施しを受けて平気でいられる神経がどこかズレている。
働き盛りのいい大人が仕事もせずに
他人から金銭的援助を受け
税金も納めずに
会員や大作センセのための「正義」を口にしているのは
正直、正気の沙汰とは思えない。
しかも彼らが仕事もせずにやろうとしていることは
現実的は不可能なことなのである。
いくらなんでも、それを応援する気にはなれない。
彼らがアルバイトでもなんでもいいから仕事をして
その空いた時間の中で寸暇を惜しんで
今のような活動をしているのであれば
たまにはサイレントアピールにでも駆けつけ差し入れしたり
生ビールの一杯も飲ましてあげたい。って思うが、
同志に生活資金を借りてこんなことをしてるのでは
彼らのいう「正義」とは色あせて汚れた「正義」としか思えないんだよね。
まぁ、「どっちが大作センセの本当の弟子か」って話だから
最初から「正義」なんてどこにも無いんだけどね。
大作センセの正義=大聖人仏法の邪悪だから。
しかしもう少し応援したい。って感じにならないもんかな。
最低でも「新しい創価の組織を作ります」とかいってくれないと。
どっちにしても、いつまでも創価の同志に頼ってないで
せめて生活費位は自分たちでなんとかしなよ。
いまのままじゃ、創価の中の不満分子くらいしか応援してくれないでしょう?
それじゃ全然君たちの運動が広からない。
元職員なんだから、もう少し創価に痛手を与えてほしいなぁ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

僕も管理人さんと同じような感想です。
記者会見も本もちらっと見ましたがな~んとも思わなかったし伝わってこなかったです。
彼らは創価が作り出した池田大作っていう架空の仏様を信仰しているのでしょう、彼らもまた哀れな創価学会員です。

そうですか、彼らは働いてないんですか(-_-#) きっと働き方がわからないんでしょう。かわいそうに…

ちゃんと朝夕の勤行して職安行けよ!そっちの方が大事だぞ(笑)

No title

上層部のアクが取り除けず,そして告発する側がイマイチな背景には
結局は「鶴のタブー」という人権で守られているが故に
守られている器の中で水が腐っていく構図があることを
誰も解っていないんだよねぇ・・・


それは ともかく 遅ればせながらも、新年あけましておめでとうございます


>>元創価班さん
今は あれこれ言わず、様子を見ながらも 静観していたほうがいいかもしれませんね

・・というのも、上層部も あいつらの存在が目の上のたんこぶなわけですから
こっちに餌をばら撒いて利用してくる可能性も否定ができず
その結果ヤブヘビな状態になって、自分たちが守られる・・という 
そういったロジックを仕掛けてくる可能性もあるので 
個人的には慎重に取り扱った方がいいと思う

『本部職員』というタイプ

おはようございます。

本部職員が創価の闇を暴く?
これは面白い展開になるかもと最初は期待してしまいました。
ところが、なんのことはない池田先生大好きズッコケ三人組と知って詳しく知ろうという気も失せました。なので会見の内容も今までの経緯もほとんど知りません。

最初は彼らのブログも少し読みかけたのですが。
グダグダウジウジ話が行ったり来たり。まず誰かに分かってもらいたければもう少し簡潔にという知恵も無く。なんと面倒くさい人達かと早々に見切りをつけてしまいました。

そもそも。学会本部に就職するような男は好きではありません。
折伏精神、チャレンジ精神、気骨、男気、といったものが乏しいハナから日和見のジジイみたいな奴ばっかり。パラサイト臭がプンプンする大嫌いなタイプです。
こういう連中は男のくせに傷ついた傷ついたと大騒ぎします。
そんな奴でも覚醒することがあるのか!と驚きましたが未だに池田先生のためにとかと言ってるような連中では。だめだこりゃ!
全くもってパンチ力に欠けます。
まず池田イズムから覚醒できていない時点で綺麗にアウトです。どんな暴露話であっても真面目に聞いてくれる人は少ないでしょう。

残念ながら創価の闇を暴くには無能すぎたようです。
無能だから本部から放り出されたら仕事に就けないのです。
どこも悪く無いのに仕事しないとか誰かの援助で生活してるとか。
本部職員は根っからのパラサイト気質ということを証明しただけでしたね。
それぐらい知ってましたよ。って話です。

eco◆Smw69さん

昔の創対連や四月会の二の舞にならないと
良いのですがね。

法に依って 人に依らざれ

創価3人の会合見に行きました 創大の後輩として 彼らが何を目的に
何をしたいのか知りたかったから そして何とか真実に気付いてほしいと思い
いろいろ質問しました でも彼らには大御本尊さまより 池田大作 御書よりも
人間革命でした。私には純粋にまっすぐな青年たちに見えました 正しい信心を
すればいい人材になれるのに凄くもったいないです。
創大のエリート中のエリート達が本部には就職しました 私の友達も本部に就職しある日突然やめて行方不明になった友達も何人かいました 彼らは真実に気づいて辞めたんならいいんですが・・・・
帰りに 池田先生よりも 戸田先生の指導をもっと勉強しろ 御書もいちから勉強し直せと言ってやりました。

eco◆Smw69さん

eco◆Smw69さん。 管理人さんにもお伺いしましたが、如何でしょう?
(宗教に無関係な話題ですみません)


>そうですね。私も経験あります。(アムウエイとか浄水器とか)

危うく「アムウェイの十万の鍋」買わされそうになった事がありますよ。
勧誘が得意先だから、逃げるのに?苦労しましたよ。(笑)

お袋は、自然派化粧品と馬鹿高い自然食品に、はまった事があります。
でも、販売員は、栄養が自然食?で偏ってるせいかどうかは知りませんが
肌が色も悪くガサガサ・・・あの肌で「この化粧品は自然で無添加で肌がツルツルになるのよ、無農薬、無添加食品だから、体に優しく肌がピチピチ・・・」といわれても説得力全然無いですよね?

幾ら日頃、表面上、まともな事を言っていても、人に金銭的だけでなく健康被害をも与え兼ねないマルチ商売にはまってる人物は、信用するに足らない、信用できない人物のレッテル貼られても致し方ないと思いますね。 如何でしょうか?
(勧誘者もマルチ商法に洗脳されているのでしょうが)

と、言いながらも、あの円天にも勧誘されそうになった事もありましたな。(笑)

No title

管理人さん

 一番に関心があったとすれば、彼らの「資金源」でした。

 言い分はともかく、こういう手合いの本質をみようと思えば、「金の流れ」しかありませんね。  会員有志から、、というのは本当ですかね。。

 謗法の張本人を師匠と信じてやってるところなどは、とても「ソウカの改革?」なぞ出来はしないのは自明の理であって、ここまでの情報をみる限り興味も湧きません。

 池でいえば、水面を遊ぶアメンボくらいのものだと、、。

 奇想天外の誹りを恐れずに言えば、裏に「CIA」でもいたり、北朝鮮(ありえないか。。もともと同志だもんね)でもいれば、事は面白くなりますが。

 でも、彼らが、「池田創価がもうあてにならない」、とかの判断を下せば、、、

 唸るほどの資金を有する創価をより完全に支配下に置きたいと思う連中ですからね。

No title

3人組が開く座談会には創価のスパイが紛れているだろうし、余計な面倒はゴメンだから、本だけ読んだ。

正義だのなんだのと浪花節が好きなようだけれど、要するに本部職員の不祥事があって、本部が内々に処理したのを3人がしつこく突っつくもんだから、とうとう解雇されたってことでしょう。権威主義的な組織にはよくある話。

本部の体質には問題があると思うが、それを正したいなら、もっと賢いやり方があったように思う。純粋まっすぐな人たちだから、安易に創価幹部を信じてしまうのは仕方ないけれど。管理人さんが言うように、解雇されたら内部からの改革なんてできないわけだし。

学会本部は文字通りの伏魔殿。そこから出られただけでもありがたいこと。創価の呪縛を完全に断ち切って、新しい人生を歩んでほしい。

私もその動画を見ましたが、途中で眠くなり見るのをやめました(笑)
池田老人に信をおいて、人間革命を心肝に染めて、活動をしている。
創価の教義のままに真っ直ぐ活動すればこうなるよ!と思わせてくれる3人だなと思い見てました。
タレントの長井秀和さんがSNS上で、弟さんが聖教に勤めている活動家ですが、今だに親に小遣いをせびってもらっていると言ってました。
この3人はどういう考えで援助してもらっているのか不思議です。
この3人は創価の被害者とも思えるし、活動家の思考性が、池田と池田の指導が全てなんだなと再確認しました。

最初は期待してましたが、

センセが唯一絶対の存在である
彼らの主張は、正直どうでも良いな。と
思ったのが正直なところです。
学会内部の毒を世に知らせてくれるのか?
多少の期待はあったのですが、

不当解雇だと騒ぎ立ててる
女々しい感じ。

本当に学会を変えようと
してるなら、
賛同者と共に彼らが主体的に
新しい組織を作れば宜しいかと。

まぁ、大聖人様が根本では
ない様なので駄目かもしれないけど。

よく彼らに資金援助なんかするなぁ?

匿名さん

>>昔の創対連や四月会の二の舞にならないと 良いのですがね。

今は「そうですね・・・」としか答えようがないのですが
ただ当時と違うのは 当時は四月会の頃でも
片一方の勢力が、まがりなりにも大御本尊を拠り処にしていたのに対し
今回は宿坊板に参加している一部の方々を除けば 
本体も含めて大御本尊を拠り処にしていない点が見受けられるところで
別の期待がありますけれどね

元創価班さん

こんばんは。

> そうですか、彼らは働いてないんですか(-_-#) きっと働き方がわからないんでしょう。かわいそうに…
> ちゃんと朝夕の勤行して職安行けよ!そっちの方が大事だぞ(笑)

ははは。全くです。
コンビニや居酒屋でバイトをするような人種じゃないんだ!
ってばプライドでもあるんですかね。
ニートの大人の言動がどれほどの影響力・説得力があるのか?
少なくても「まづは働こうよ」と思います。

eco◆Smw69さん

こんばんは。

> 上層部のアクが取り除けず,そして告発する側がイマイチな背景には
> 結局は「鶴のタブー」という人権で守られているが故に
> 守られている器の中で水が腐っていく構図があることを
> 誰も解っていないんだよねぇ・・・

そうですね。

> それは ともかく 遅ればせながらも、新年あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

牡丹さん

こんばんは。

> 本部職員が創価の闇を暴く?
> これは面白い展開になるかもと最初は期待してしまいました。
> ところが、なんのことはない池田先生大好きズッコケ三人組と知って詳しく知ろうという気も失せました。なので会見の内容も今までの経緯もほとんど知りません。
> 最初は彼らのブログも少し読みかけたのですが。
> グダグダウジウジ話が行ったり来たり。まず誰かに分かってもらいたければもう少し簡潔にという知恵も無く。なんと面倒くさい人達かと早々に見切りをつけてしまいました。

確かに全く同じ感想を持って見ています。

> そもそも。学会本部に就職するような男は好きではありません。
> 折伏精神、チャレンジ精神、気骨、男気、といったものが乏しいハナから日和見のジジイみたいな奴ばっかり。パラサイト臭がプンプンする大嫌いなタイプです。
> こういう連中は男のくせに傷ついた傷ついたと大騒ぎします。
> そんな奴でも覚醒することがあるのか!と驚きましたが未だに池田先生のためにとかと言ってるような連中では。だめだこりゃ!

ダメですね。
今の創価を作ったのは紛れもなく大作センセなのです。
その現実を受け入れられない。要は執行部と同じ穴のムジナです。

> 残念ながら創価の闇を暴くには無能すぎたようです。
> 無能だから本部から放り出されたら仕事に就けないのです。
> どこも悪く無いのに仕事しないとか誰かの援助で生活してるとか。
> 本部職員は根っからのパラサイト気質ということを証明しただけでしたね。
> それぐらい知ってましたよ。って話です。

その通りです。
人の金で生活する。
会員を守ってやってるんだと思い上がる。
池田センセと言えば会員を納得させることができる。
ぜ~んぶ、いまの創価執行部と同じ発想。
これが「創価本部職員」の本質なんでしょうね。

真実の創価同窓の集いさん

こんばんは。

> 創価3人の会合見に行きました 創大の後輩として 彼らが何を目的に
> 何をしたいのか知りたかったから そして何とか真実に気付いてほしいと思い
> いろいろ質問しました でも彼らには大御本尊さまより 池田大作 御書よりも
> 人間革命でした。私には純粋にまっすぐな青年たちに見えました 正しい信心を
> すればいい人材になれるのに凄くもったいないです。

言われていることよくわかります。
彼らに決定的に足りないのは「信心」なんです。
だから私には響いてこない。
残念なんです。

> 創大のエリート中のエリート達が本部には就職しました 私の友達も本部に就職しある日突然やめて行方不明になった友達も何人かいました 彼らは真実に気づいて辞めたんならいいんですが・・・・
> 帰りに 池田先生よりも 戸田先生の指導をもっと勉強しろ 御書もいちから勉強し直せと言ってやりました。

そう言われても、彼らには理解できないのでしょうね。
これが今の創価の現実ですね。
大聖人仏法はどこにもない。
なのに「ある。ある。」と会員にもそして世間にもウソをつく。
そしてそれを恐れないのです。
イカサマ宗教団体ってのは皆同じですね。

蘭房(RAMBO)

こんばんは。

>  一番に関心があったとすれば、彼らの「資金源」でした。
>  言い分はともかく、こういう手合いの本質をみようと思えば、「金の流れ」しかありませんね。  会員有志から、、というのは本当ですかね。。

本人達が冒頭で言っているので本当でしょう。なんだかなぁって思いました。

>  謗法の張本人を師匠と信じてやってるところなどは、とても「ソウカの改革?」なぞ出来はしないのは自明の理であって、ここまでの情報をみる限り興味も湧きません。

そうですね。一般の外部の方々には多少の興味を持たれるかもしれませんがそれでも影響力は少なそうです。
都議選にでも出て公明批判を街中で堂々と主張しまかり間違って公明候補を落選でもさせてくれるようならいいですが。

Re: No title

こんばんは。

> 3人組が開く座談会には創価のスパイが紛れているだろうし、余計な面倒はゴメンだから、本だけ読んだ。
> 正義だのなんだのと浪花節が好きなようだけれど、要するに本部職員の不祥事があって、本部が内々に処理したのを3人がしつこく突っつくもんだから、とうとう解雇されたってことでしょう。権威主義的な組織にはよくある話。

そうですね。よくある話なんですよ。「正義」とかそんな大仰な話じゃないんです。

> 本部の体質には問題があると思うが、それを正したいなら、もっと賢いやり方があったように思う。純粋まっすぐな人たちだから、安易に創価幹部を信じてしまうのは仕方ないけれど。管理人さんが言うように、解雇されたら内部からの改革なんてできないわけだし。

牡丹さんも指摘していましたね。
もう少し「やり方」を考えて欲しいですよね。
復職は無理なんですから同じ裁判を起こすなら別の裁判を起こすとか。

> 学会本部は文字通りの伏魔殿。そこから出られただけでもありがたいこと。創価の呪縛を完全に断ち切って、新しい人生を歩んでほしい。

それは最初にブログで書きました。
まづは、しっかりと地に足のついた自分達の人生を歩き出して欲しい。
その上で元職員として出来る創価改革?をすればいいと思います。
まだ若そうだしこれからなんですから。

現役男子部さん

こんばんは。

> 私もその動画を見ましたが、途中で眠くなり見るのをやめました(笑)
> 池田老人に信をおいて、人間革命を心肝に染めて、活動をしている。
> 創価の教義のままに真っ直ぐ活動すればこうなるよ!と思わせてくれる3人だなと思い見てました。

その通りですね。
だから感覚的になんかイロイロとズレていて共感が生まれません。
彼らに共鳴できるのはやはり同じ創価の活動家くらいでしょうかね。

> タレントの長井秀和さんがSNS上で、弟さんが聖教に勤めている活動家ですが、今だに親に小遣いをせびってもらっていると言ってました。
> この3人はどういう考えで援助してもらっているのか不思議です。
> この3人は創価の被害者とも思えるし、活動家の思考性が、池田と池田の指導が全てなんだなと再確認しました。

被害者とも加害者ともとれますね。
同情は禁じえませんがやはり共感は無理です。

管理人さん

そうですそうです!
選挙に立候補すればいいんですよ!
都知事選の時でしたっけ。「NHKをぶっ壊す!」って当のNHKの政見放送で連呼してる方いましたよね。ああいうの大好き。
どうせやるならあれくらいやらないと。
都議選に立候補して信濃町の学会本部前とかで「創価学会をぶっ壊す!」って連呼してほしかった。
そんな度胸もセンスもないわよねー。

創価史上初めての下からの改革運動

●確かに3人組さん、ピュアすぎてるし頭の中は小説人間革命です(創価が宗教ビジネス団体と当然思ってないし、錬金システムを作り上げた黒幕がほかならぬ敬愛する池田先生だとは夢にも思ってないでしょう。)

●美化された池田先生をすっかり信じてしまってるから、職員幹部の金銭横領疑惑や末端会員に対するイジメが許せなかったんだと思います。(創価洗脳教育体系が今回はモロ裏目にでました(笑)

●なんだかんだいっても3人組さんの生活費の面倒を末端会員の同志が負担しているということは、3人組さんには人望があったんだと思います。(末端会員を追いつめる創価の成果主義に対しても異を唱えていたようです)
本部に除名された末端の会員を救おうとして自分たちも除名になってしまったようですから、そういう3人組さんを見て、除名された末端会員を中心として支援の輪が広がっていったと推測されます。

●今までの創価の権力闘争は会員のあずかり知らないところで行われ、負けた方は仏敵にされ組織から追放でしたが、今回は様相が違って権力闘争で無く末端からの改革運動ですからどうなるか注視すべきと思います

●小が大を向こうにまわして戦う手段としてインターネットを駆使してよくやってると思います、支援の輪も徐々にですが広がってきてるようですから頑張ってほしいとおもいます。(経済的支援まで受けてしまってますから、支援してくれる同志の手前3人組さんも簡単に創価改革運動を止めることはできないでしょう)




牡丹さん

こんばんは。

> そうですそうです!
> 選挙に立候補すればいいんですよ!
> 都知事選の時でしたっけ。「NHKをぶっ壊す!」って当のNHKの政見放送で連呼してる方いましたよね。ああいうの大好き。
> どうせやるならあれくらいやらないと。
> 都議選に立候補して信濃町の学会本部前とかで「創価学会をぶっ壊す!」って連呼してほしかった。
> そんな度胸もセンスもないわよねー。

都知事選には「在特会」の桜井氏が立候補して街頭で」吠えまくっていました。
いつもはヘイトなんて避難されますが、選挙に立候補すれば言いたいこと言えるわけですよ。
政見放送とかでも言える。
そこで創価の悪を世間に向けて発信するほうがよりインパクトがあるんじゃないかと。
ブログ開設以来公明党批判をしているので
てっきりそっち狙いかと思っていたのですが(笑)

古本屋店主さん

こんばんは。

> ●確かに3人組さん、ピュアすぎてるし頭の中は小説人間革命です(創価が宗教ビジネス団体と当然思ってないし、錬金システムを作り上げた黒幕がほかならぬ敬愛する池田先生だとは夢にも思ってないでしょう。)

はい。残念ながら。
> ●美化された池田先生をすっかり信じてしまってるから、職員幹部の金銭横領疑惑や末端会員に対するイジメが許せなかったんだと思います。(創価洗脳教育体系が今回はモロ裏目にでました(笑)

そうですね。裏目ってるような気がします。

> ●なんだかんだいっても3人組さんの生活費の面倒を末端会員の同志が負担しているということは、3人組さんには人望があったんだと思います。(末端会員を追いつめる創価の成果主義に対しても異を唱えていたようです)
> 本部に除名された末端の会員を救おうとして自分たちも除名になってしまったようですから、そういう3人組さんを見て、除名された末端会員を中心として支援の輪が広がっていったと推測されます。

おそらくそうなんでしょうが、そこはキッパリ「断って」欲しかった気がします。
本気で戦うのならスキはなるべく見せない方が良かったんじゃないかと。
こんなに脇が甘いのでは先行き不安ですね。

> ●今までの創価の権力闘争は会員のあずかり知らないところで行われ、負けた方は仏敵にされ組織から追放でしたが、今回は様相が違って権力闘争で無く末端からの改革運動ですからどうなるか注視すべきと思います

そうですね。その為には更に多くの会員・元会員に共感を持ってもらわないといけません。
ここが難しいところで、「池田批判」に走ると現役活動家からの共感は得られず
「親池田」路線で行くと「反池田」の支持は得られないということでしょう。
ただ今の創価を改革するのは現実的ではない気がします。
創価を「割る」方向に舵を切れば面白いかと思うのですが。

> ●小が大を向こうにまわして戦う手段としてインターネットを駆使してよくやってると思います、支援の輪も徐々にですが広がってきてるようですから頑張ってほしいとおもいます。(経済的支援まで受けてしまってますから、支援してくれる同志の手前3人組さんも簡単に創価改革運動を止めることはできないでしょう)

何度も書きますが、心情的には「わかる」んですよ。
ただ「方法」があまり同意できない。
今回の記者会見にしても、主が「創価」なのか「公明」なのかわかりづらい。
なので、宗教的活動なのか政治的活動なのかもわかりづらい。
「今の創価を正す志ある人はわれらが第2創価に入りませんか?」みたいな方が分かりやすいんですけどね。

毒をもって、毒を、、、

いやはや、皆さん お元気ですね^^

 ランボーなんぞ位負けします。 総別を立てるとしたら、前者なら、多少の風穴をあけつつあるという意味で、情報提供は褒めていい。  後者でいけば、まず動機が少しローカルで、おまけに不労所得?で日々暮らしているだけの駄々っ子。

 よく「男らしい」と言いますが、要は人としてのケジメと出処進退の潔さかな。

 なぁんか、庇護されつつ、なんとかこれを全会員の共通認識にもっていこうとしてるとしたら、勿論、一概に否定はしません。 彼らの草創期としてみればね。 そして 前例のないことをやってるんだから。

 そして世間的にも「そういう目で」みられることも覚悟しているしね。  

 それなら、こここまで来たら、牡丹姐さんや管理人さんの伝でいけば、ローカル公党でも立ち上げて「いざ!尋常に勝負勝負!!!!」とやったほうが「全国区」になれるかも。

 グレードアップというやつです。  集会をやるかたわらで、衆智を集め、そろそろ戦法を検討されたし!  そしたら住民票を移動して応援しますよ(笑) でも納税はふるさと納税だけど。(爆)

 まてよ。。 日本はとっくに「不正選挙大国」だったっけか・・

eco◆Smw69さん

eco◆Smw69さん、いつも早々のお返事ありがとうございます。


>ただ当時と違うのは 当時は四月会の頃でも

四月会(創対連もそうですが)の内情見て見ますと、元創価など正宗の方だけでなく、自民党系の方や他宗派教団の方や日蓮宗僧で評論家の丸山照雄氏などもいられたわけです。

これでは、まさに「創価の社会問題を正す」など言っても、思想も教義も所属もバラバラな連中(失礼)がただ、創価叩きの為に集まっただけの団体、と見られても仕方ありません。 (新進党なども別の意味でそうですが)
実際に天台宗僧からテレビ番組で「四月会、あれは謀略団体」と批判されてましたし。

まさに、「日頃、道徳や教えを説いてる真面目な人物でも、マルチ商法にハマって自分の周囲に迷惑掛けてる人物」と全く同じで
これでは「幾ら日頃、真面な事述べていても」あいつは信用出来ない人物になってしまうわけですね。
(個人的ですが、あの時アムウェイの十万の鍋買わなくて本当に良かった!
 eco◆Smw69さんもマルチ商法は「貴方の事を心から思って(笑)」勧めて来ますので、お気を付けて下さい)


蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

もう少し3人組さんに毒があるといいのですが。
少し毒性が弱すぎますかね。

管理人さん

  しつこくすみません。

 しかしあれですね 「毒」がなくなるのはどこでも一緒で、例えば漫才師でもそう。
最初はガンガンやりますから衆目を引く。 有吉クンでもいろんなタレントなどに、ひでえあだ名をつけまくって、面白かったです。 でもメジャーになった日にゃ急に「よゐこ」になり果ててますからね。  

 だから彼らもまず小さな政治結社でも興す。 んで、知ってる限りの「ソウカの悪・犯罪・反社会性・事件の真相」など、あらん限りの事実を資料を基に世間様に公表する。  こうして耳目を集めてから、次に訴えることは、、、

 そう、「税制改革」ですね。 野党のどこぞに、持ちかけて、そのほかのネタをお土産に公認をもらって、選挙ですよ。

 私としてはズバリ「OZWさん」がいい。 これがベストでしょう。

 「税制改革の目玉」はもちろん、「宗教法人課税・改正」しかありません。

 ここに風穴を開ければ、かなり面白いことになったりします。 すると当然、国税局は入るは、それこそどんなに稼いで、どこで何のために使ってたかが、丸裸です♪

 創価の資金源は、当然「セイキョウと財務だけ」ではありませんからね。 もう三世十法の悪人がからんでそうだし。

 もう日本中がひっくり返ります。 創価がつぶれるだけでは済まないんだものね。
  OZWさんもこれをやろうとして、潰されたことが今も悔やまれるだろうから、これがチームになれば、数多あるアンチ創価の元・幹部職員さんや、大幹部、その他モロモロの情報源が立ち上がりますよ。 これまさにブルーオーシャン。  

 でも彼らはどこまで「掴んでる」んだろうね。  何か隠し玉を持ってなきゃ、とっくに創価に潰されてただろうと私などは思ってまして、だから「そこ」とそれから「資金源」に依然、関心持ってます。  要は「妻子眷属 顧みることなかれ」が大聖人様の弟子の真骨頂でしょう。  池田センセイの弟子だ、師匠だ!なんて、アホなレベルにいるのをやめて、

「おれらで仏法 取り戻す!」という気概でいけよ!という事です。 税収はすげえ増えるから、表向き「借金大国・日本」も助かるし、前にも書いたように「介護。年金・福祉・医療」に向けて欲しいな。 当然、消費税10%なんてどうでも良くなりますね。

 だから私の結論は、、、「彼らの毒」とは、ズバリ「情報」です。

資金繰りは火の車でカンパ募りはじめました

●3人組さんのプログが更新されてましたhttp://harunokoime20150831.blog.fc2.com/
当プログを読んだのか?((笑))
当プログのコメンティターの方々が指摘されていた疑問の回答には一応なってると思います。
(生活資金の出所などをはっきり記載するところには好感がもてます、信濃町とはえらい違い(笑))

●三人組さんの主張(とくに池田先生に対する偶像化と本部職員に復帰が可能と考えてるところ)は浮世離れしてるところがありますが、現在の創価執行部に対する批判は的をえてると思います。

●もし、当プログの読者で三人組さんに共鳴される方がおられれば、現在、カンパを募ってますので参照してみてください。

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

どこまでの毒を持っているかわかりませんが、
もしそれが猛毒であればとっくに反創価から資金提供されると思います。
それがないのは資金を提供してまでも手に入れたい毒ではないのかな?と予想すると同時に
彼らの目的が、あくまでも「創価の改革」であって
「創価撲滅」でも「創価解体」でも「創価分割」でもない。
それゆえに資金提供がなされないのだと思います。
また個人的には「創価改革」など無意味だと思ってます。
そんな無意味なことに純粋な若者三人が、人生を賭けてしまっているのが残念ですね。
もっと違った人生を送って欲しいし
もっと違ったやり方で創価執行部の悪事を暴くこともできると思うのです。

古本屋店主さん

こんにちは。

> ●3人組さんのプログが更新されてましたhttp://harunokoime20150831.blog.fc2.com/
> 当プログを読んだのか?((笑))
> 当プログのコメンティターの方々が指摘されていた疑問の回答には一応なってると思います。
> (生活資金の出所などをはっきり記載するところには好感がもてます、信濃町とはえらい違い(笑))

読みました。一人1000万円の借金ですか。
毎月10万づつ返済しても完済まで10年近くかかりますね。
本当にそれでいいのでしょうか?
誰か彼らを止めてあげられないのでしょうか?

> ●三人組さんの主張(とくに池田先生に対する偶像化と本部職員に復帰が可能と考えてるところ)は浮世離れしてるところがありますが、現在の創価執行部に対する批判は的をえてると思います。

どうなんでしょうか。彼らは現執行部が池田センセを神格化しようと企み健康状態を伝えないのはケシカランと言っていますが、
その彼ら自身も「池田センセならきっとこう言うはずだ」と彼等が作り上げた理想の池田センセ像を主張していると意味では
現執行部と同じ「池田神格化」「池田理想化」思想なんですねよね。
「どっちが池田センセの弟子か?」という論争ですから収拾がつきません。
創価改革でなく「池田大作研究所」とか「池田思想学会」とかの新団体を立ち上げ反現執行の会員を糾合する方が現実的だし
少なくても裁判なんてやるよりも創価に打撃を与えられると思います。
もう復職は事実上不可能でしょう。
組織に戻れない以上、違う組織を立ち上げるのが一番です。
そうすることにより、創価に戻らなくても創価内に組織内組織を構築することが可能になります。
組織内組織を作ることが、創価執行部の一番嫌がることで
改革するにしても破壊するにしても一番いい方法であり
かつて池田センセが宗門に仕掛けた方法ですから
池田センセの思想を受け継ぐことにもなりますよね。

薄情者の独白

おはようございます。

古本屋店主さんがご紹介くださっていたので最新の記事だけちょっと読みに行ってきました。
古本屋店主さんのように優しく温かい目で見られるようになるかな?と思って。
けれども残念ながら私はやっぱり薄情な人間でした。

くどい。くど過ぎる。
なんて読みにくい文章なのでしょうか。
彼らがあのブログを武器だと位置づけしているのなら、あの垂れ流しのような有様は作戦失敗としか。
だいたい池田先生池田先生とうるさいです。アンチ池田は最初の1分で読むのをやめ関心も捨てます。

結局分かったことは、池田先生が好きで好きでたまらないこと。
新たな仕事に就くことは逃げることになると、どうやら本気で考えているアンビリバボー。
断じて甘えてはいけないと言いながら他人に3,000万も出してもらって甘えている、その大金を利子をつけて返せると思っている世にも奇妙な物語。
勝利の暁にはまた本部で働くつもりとかアタマダイジョウブ?
途中から胃が痛くなってきてだんだん斜め読みになってしまいました。
いやいや。誰もどこかのご立派な企業に正社員で就職しろとか無理難題言ってませんし。アルバイトとか内職とかの発想がなぜない?24時間この運動に注ぎたいから?人のお金で?
西へ東へと精力的に活動しているのかと思いきや「今年は行きたいです」ってマジ⁈

おいくつくらいなのかも存じませんが、若い、というより幼さを感じてしまいます。
彼ら、一体どういうプランなのでしょうか。
彼らなりの目標はあるのでしょう。
でもそれが漠然とし過ぎ。
目標が曖昧だからノープランなのでしょうか。
どうにも、確たる綿密なプランも無いのにただ「やったー!」(お子さまか?)というなんとなくの結果だけ早く欲しい。という焦りと危うさしか感じません。

これは彼らの幼さゆえか染み付いた創価組織運営の体質なのかゲームのやり過ぎなのか。

相手は真っ黒けの怪物。
そういうのにピュアな正義の味方が勝つのはディズニープリンセスの世界くらいでしょう。
こちらも魔物のような狡猾さで相手を罠にはめるくらいの練りに練ったドッロドロの策士にならないと。
仲間仲間と言い募るのもなんだか浅ましい。荒野の三匹狼でいいじゃないのさ。

蘭房さん達の仰る毒って、こういう意味ではありません?

まぁ人生いろいろですね

たぶんだけどこのブログは見てないだろうと思います。
集会に参加してる僕のところも見る余裕ない様子だし。
というより、そもそもネット閲覧自体があまりできない様子ですよ。
どういう多忙さなのか僕にはよくわからんけどね。

牡丹さん

こんばんは。

> 結局分かったことは、池田先生が好きで好きでたまらないこと。
> 新たな仕事に就くことは逃げることになると、どうやら本気で考えているアンビリバボー。
> 断じて甘えてはいけないと言いながら他人に3,000万も出してもらって甘えている、その大金を利子をつけて返せると思っている世にも奇妙な物語。
> 勝利の暁にはまた本部で働くつもりとかアタマダイジョウブ?
> 途中から胃が痛くなってきてだんだん斜め読みになってしまいました。

ははは(笑)ですよね~。幼すぎなんですよね。

> いやいや。誰もどこかのご立派な企業に正社員で就職しろとか無理難題言ってませんし。アルバイトとか内職とかの発想がなぜない?24時間この運動に注ぎたいから?人のお金で?
> 西へ東へと精力的に活動しているのかと思いきや「今年は行きたいです」ってマジ⁈

そうなんですよ。アルバイトとか派遣とか日雇いとか、なんでも手段はあるはずなんですけど
創価学会の仕事以外は何もできなのでしょうか?やりたくないのでしょうか?
「経済苦は働きに出るより学会活動で乗り越えなければダメよ。あなたが働いたっていくらにもならないんだから働かないで信心をしっかりやりなさい!」っていうのが婦人部的指導ですから
アルバイトで小銭稼ぐより信心?が大切なんですかね。

太ちゃんさん

こんばんは。

> たぶんだけどこのブログは見てないだろうと思います。
> 集会に参加してる僕のところも見る余裕ない様子だし。
> というより、そもそもネット閲覧自体があまりできない様子ですよ。
> どういう多忙さなのか僕にはよくわからんけどね。

そういえば集会行ったって書いてましたよね。
彼らの今の行動?運動?って意義があるのでしょうか?
確かに「意義」は人それぞれですが、
借金までして自身の人生を棒に振ってまですることなんでしょうか?
親御さんは止めないのででしょうか?
まぁ、私には関係ないといえば関係ありませんが
働き盛りの人間がこんなことをしているのは
本人の為にもお国の為にもならないなぁって思います

管理人さんへ

まぁね。
ハタからはいろいろ見えるんだけど、本人はなぜかなかなか自覚できない、というのはけっこう昔から普通に見かけるけど。
というより、昔は普通にいたけどね。
かえって普通の人を見つけるのが大変というかf^^;

昔と違うのは、信仰ではなくて、方法論だけでなんとかしようとしてしまう傾向なんかなって。
それが今回のアチラさんの記事によく出てるものf--;

うーむ。。

  >古本屋店主さんへ

 一読しました。URL有難うございました。  私とは並行世界の方たちとはいえ、
決意のほどはそれなりに感服・満腹しました。  悪意ではないつもりですが、どうしても一線を越えられない文章校正、もとい 構成です。当然それは「対・池田観」です。 ここに気づけないという一点で、この「闘争」の限界がすでに見えてきます。

 その意味では現・執行部のほうが、勝ってるのです。 彼らは池田氏の本性を既にご存知ですから、今こそ「おれたちのソウカガッカイ構築」の段階に移っていますからね。  おまけに大聖人の仏法なぞ、関係ないし、堕地獄OKで健闘中。

 貴方様と私では、いささかポイントは異なっているのかもしれませんが、この時代、みんな「ランボー」で生きていくほかないのを前提に、これからもよろしくお願いします。 m(__)m

 >管理人さん

 彼らは自らも選良意識があった、、と反省しておられましたね。  でも、まだそれは本当の「気づき」ではないと思いました。  多くは言いませんが、なあんか、甘えてる。。  「今日もいちんち汗を流して働いて、必死で日当の8000円稼ぎました。 生活費は妻のパート収入に甘えてますが、これがどこそこへの旅費になりそうです。がんばります。」なんて記事の方が一番、シンパシィを得られる。

 カンパが一概にいけないなどとは言いません。 でも働け。 だからこそ世間の民草と同じように、頭下げて汗を流して働け、と 町人・蘭房は言いたいですわ。

 その汗から「創価の猛毒」のワクチンや抗生物質のエッセンスが得られるはず。
 乖離しちゃダメ。  あの「白バラ通信」の教授さんと同じです。  ガンジーも民衆と共に歩いた。 先頭を歩いた。  澤 穂希さんもチームメイトに「私の背中をみて!」とだれより、グラウンドを走った。  「この指、とまれ!」。。はそうやってはじめて可能になります。  このままでは「支援会員さんたち」の熱はやがて覚めてしまいます.,  残念ですが。

 本題に戻りますが、毒、毒、と書いてきましたが、元来は祈りでありますし、それも正しい対鏡に接してこそですよね。  彼らは「何に」対して祈ってるのでしょうか。 師匠のアイドル化と指導の教条化なのでしょうか。 そこがまず問題ですね。  その上でその「効かせどころ」が作戦です。 タクティクスです。 

  私は知りうる限りでいえば、「革命児」とはキューバ革命の「チェ・ゲバラ」くらいです。 私にとっての、それは「徹底的な革命家」です、。 

 またハナシが逸れましたが、彼らに必要なのは「池田批判」がまず最初に来なくてはいけない。  少なからず、「ソウカ問題」に気づいた世間の多くの会員さんは、「池田先生根本思想の誤り」に気付いた人たちですよ。  

 そっからですね。 あのブログを読むたびに、ものすごく残念感が残ります。


 >牡丹姐さん

 そうですね、 彼らなりに「気づいて」立ち上がったところは褒めてあげたいです。  でもまだ「少年ヒーロー」な感じがぬぐえません。  くどいようですが前述したように、「巨悪・創価」は並大抵では倒せません。 彼らは、いまだもって「池田創価性善説」から抜けられません。 今回のブログを堪えにこらえて読みましたが、どこにも「大聖人様」の一語、「仏法」の一語も読み取れませんでした。

 そこに原点は無いようにも思えます。  ま、それならそれで、自分らのコップの中で嵐!をやればいいけど、あの、山崎正友氏や原島 喬氏が 学会本部から持ち出した資料・情報群、あるいは ハム党 元委員長・矢野殉也氏の膨大な「黒い手帖」でさえ、メガトン級の爆弾にはなり得ませんでした。

 もしも超・極秘レベルの資料なりを持ってたとすれば、勿論、今の時点でブログなどには、その匂いすら載せませんから、かすかな期待を抱くのみです。

 如蓮華在水の原理からすれば、まず相手の居る「泥の中」にどっぷり浸からないとね。  つまり血で血を洗う仁義なき戦いでもやるしか、この戦さは勝てません。  言論戦としても、あの「人間、しょせん色と欲」がモットーの週刊新潮や、驀進中の「週刊文春バズーカ」でも、なかなか創価には届かない。  

 既述したように、政争に持ち込むとしたら、やはり「陣立て」です。 勿論、超特大爆弾ネタを持ってたとしてだけど。 ものすげえ他人事のように言ってるけど、
この際、「N・KS党」とでも握手するとかでもないと、無理だと思います。

 あとは「自爆テロ」だろうか。。。(苦笑)  

 このブログ参加初期より前のころ。多分、4年前かな。 私は「創価性絶望症候群」とかいうやつに取り込まれ、「自分殺し」を企てました。  すんでのところで、後輩のM君に邪魔されてあえなく失敗。  創価に身も心もささげた40数年が あまりに悔しく、情けなく、加えて持病もが応援してのことでした。  剣道くらいがせいぜいの「非・武闘派」ですが、心のどっかに「どうせあん時 死んだ命だわ」くらいの覚悟は持ってます。  世間様には「温和なおっさん」を装いつつ、どっかで「死に場所探し」してるのかもしれません。   ああ、これは管理人さんだけに言ったことでした。  

 おまえ やっぱりバカか! と言われそう、、(^^;

 以上で潔く寝ます。


 

信念を貫き通す勇気。

貫き通すと素晴らしいので
ぜひ、
後戻りは出来ないでしょうから
学会公務員に戻って頑張れと思います。
たとえ復職ができたとしても、
私だったら居心地悪くて無理ですが。

ビンボーなので、
彼らに資金援助は出来ませんけど、
告発書は売れてるみたいで宜しいかと。

彼らの希望が叶えられるとは
正直、思いませんが、

借金は完済できる様に、
創価学会認定のホトケさまに
お祈りして下さい。
あと、センセへの御祈念も
お忘れなき様に。

太ちゃんさん

こんにちは。

> 昔と違うのは、信仰ではなくて、方法論だけでなんとかしようとしてしまう傾向なんかなって。
> それが今回のアチラさんの記事によく出てるものf--;

そうなんですよね。
仏法という次元の話が全くと言っていいほどない。
会社に解雇された元社員がそれを不服として争っている。
そのなかで内部告発をしている。という単純な話にしか聞こえない。
そこに「池田センセ」というキーワードを付け足すことによって
本来ならば、彼らの解雇と無関係な学会員を巻き込んで味方につけている。
そんな風にしか見えないないのは、「信心」がそこにないからなんだと思います。

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  彼らは自らも選良意識があった、、と反省しておられましたね。  でも、まだそれは本当の「気づき」ではないと思いました。  多くは言いませんが、なあんか、甘えてる。。  「今日もいちんち汗を流して働いて、必死で日当の8000円稼ぎました。 生活費は妻のパート収入に甘えてますが、これがどこそこへの旅費になりそうです。がんばります。」なんて記事の方が一番、シンパシィを得られる。
>  カンパが一概にいけないなどとは言いません。 でも働け。 だからこそ世間の民草と同じように、頭下げて汗を流して働け、と 町人・蘭房は言いたいですわ。

そう思います。
最初から支援ありき・カンパありきで、他に就職することを「逃げ」と捉えるところも本人たちは退路を断つという思いなんでしょうが普通に見れば単なる言い訳で今の状態の方が色々なことから逃げていると感じます。
「創価執行部と戦う」ことに逃げ込んでいる。
学会活動だけに逃げ込んで世間で戦わない。そんな活動家さんを彷彿させます。

>  その汗から「創価の猛毒」のワクチンや抗生物質のエッセンスが得られるはず。
>  乖離しちゃダメ。  あの「白バラ通信」の教授さんと同じです。 

そういえば、あちらの教授さんもカンパを募ってますね。
裁判にはお金がかかりますからね。

>このままでは「支援会員さんたち」の熱はやがて覚めてしまいます.,  残念ですが。

そうですね。その時彼らはどうするのでしょうか?
背に腹は代えられないと働き出すのでしょうか?
彼らの今の活動を知られたらなかなか一般企業には就職も困難だと思います。
となると自営業でしょうか。といっても会員からの財務で食ってきた人たちです。
起業も難しいと思われます。
なにするにせよ、まずは経済的基盤を安定させなければ継続することはできないのです。
勉強でも趣味でも創価批判でも。
それが「事」です。

>  本題に戻りますが、毒、毒、と書いてきましたが、元来は祈りでありますし、それも正しい対鏡に接してこそですよね。  彼らは「何に」対して祈ってるのでしょうか。 師匠のアイドル化と指導の教条化なのでしょうか。 そこがまず問題ですね。  その上でその「効かせどころ」が作戦です。 タクティクスです。 

大御本尊や日蓮大聖人を中心にしていない事だけは理解できます。

>またハナシが逸れましたが、彼らに必要なのは「池田批判」がまず最初に来なくてはいけない。少なからず、「ソウカ問題」に気づいた世間の多くの会員さんは、「池田先生根本思想の誤り」に気付いた人たちですよ。  
>そっからですね。 あのブログを読むたびに、ものすごく残念感が残ります。

そうですね。池田センセから離れないと厳しいですね。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 貫き通すと素晴らしいので
> ぜひ、
> 後戻りは出来ないでしょうから
> 学会公務員に戻って頑張れと思います。
> たとえ復職ができたとしても、
> 私だったら居心地悪くて無理ですが。

確かに貫くことは尊いですが
その貫く事が「正」なのか「邪」なのかで結果はずいぶん違います。

> ビンボーなので、
> 彼らに資金援助は出来ませんけど、
> 告発書は売れてるみたいで宜しいかと。

はい。私もビンボーなので同じくです(笑)

> 借金は完済できる様に、
> 創価学会認定のホトケさまに
> お祈りして下さい。
> あと、センセへの御祈念も
> お忘れなき様に。

そうですね。
くれぐれも借金を踏み倒すのだけはやめてもらいたい。
借りた相手が例え親兄弟であろうとも完済してほしいですね。
ただ、今後は「カンパ」なので返済義務はありませんから
少し安心ですね。

ちょっとカテ違いではありますが、私の親の衝撃発言があり、これが今の創価の本尊観の一部なのかと思う一言がありました。
『日顕宗は謗法。だから謗法の坊主が書いた本尊なんか拝んだら感応してしまう』
聞いた瞬間、何だそれ!!!???(笑)と心の中で叫びました。
自分らの家や会館にある本尊はどこの誰が書写した本尊なんだーーい(笑)
日顕猊下書写本尊だけがダメなのかと思いますが、言ってしまえば、正宗から盗みとった本尊を我が物顔で正当化している神経はさすが創価!と思わせてくれました。

元職員3人衆は除名になっているから、本尊は返納したんですかね?
まさか池田の写真に向かって南無南無してるとか…

蘭房さん

こんにちは。

早ければ今夜から雪なのようなのでウキウキしながら玄関用の凍結予防剤を買いに行ってきました。
冬枯れの風景に雪。
どの季節よりも好きです。
人も美しく枯れていきたいものですね。
シミでもシワでもホットフラッシュでもかかって来やがれ。ってなもんです。

臨終只今。
人生此れ死に支度。
年齢に関係なく次の瞬間に人生の幕が降りることだってあります。
「ああ楽しかった。ありがとう。」と言って旅立てたらいいのですが。創価から離れた今ならそう言えそうです。
偽活動家のままだったら「こんなはずじゃなかった、私はまだやりたいことがあるのに、まだ死にたくない、池田のアホ!」ととんでもない醜態を晒した挙句、創価の会館に夜な夜な化けて出ると思います。
まあ当分は死ぬつもりありませんけどねw

蘭房さん、Mさんがいてくださって本当に良かったですね。
私も偽幹部だった頃は半分死んでましたし、今はまさに人生の第二幕。
これからまだまだ存分に楽しませていただきます。
蘭房さんもフェードアウトとか死に場所とかそんなこと言ってちゃいけません。次から無視しますわよ。

現役男子部さん

こんにちは。

> ちょっとカテ違いではありますが、私の親の衝撃発言があり、これが今の創価の本尊観の一部なのかと思う一言がありました。
> 『日顕宗は謗法。だから謗法の坊主が書いた本尊なんか拝んだら感応してしまう』
> 聞いた瞬間、何だそれ!!!???(笑)と心の中で叫びました。
> 自分らの家や会館にある本尊はどこの誰が書写した本尊なんだーーい(笑)
> 日顕猊下書写本尊だけがダメなのかと思いますが、言ってしまえば、正宗から盗みとった本尊を我が物顔で正当化している神経はさすが創価!と思わせてくれました。

創価教学の恐ろしさですね。
謗法とは一体どういう行為なのか?そんな基本的な事も書き換えられてしまうんです。
リアルでもまたかつてこのブログにコメントしてきたバリ活さんも
「日顕宗の謗法」とやらを「論証」できた人は一人もいません。
創価のいう「日顕宗の謗法」なんて存在しないのです。
大御本尊を捨て、創価仏を出現させた創価。
これを「謗法ではない」と論証できたバリ活もいませんね。

> 元職員3人衆は除名になっているから、本尊は返納したんですかね?
> まさか池田の写真に向かって南無南無してるとか…

それはないでしょう。
まぁ返納していないのでしょう。
創価も多分取りに来ないのでしょうね。
「退会届」が出ているはずの私のところにも
御本尊を返納してください。っていう連絡一つありませんから(笑)
所詮、創価にとって御本尊とは「その程度の扱い」でしかないのでしょう。
私の母の時は「寺止め」の誓約書まで書かせた挙句
御本尊を持って帰ったクセにね(笑)

管理人殿御返事

 人として認められること。 社会人として、信仰者として。。と考えると、本文にもお書きになった様に、ハナっからアウトですね。  

 彼らの諸事情は判ることは分かります。 自分自身に置き換えてみて考えてもみました。  裁判費用だってかかるし、莫大な創価の財力や「大・弁護団」などとは、てんで比べ物にはならない。 そういう一般人の給料(財力)では勝てっこない。 維持できない。それも分かる。

 「でも、、」なんですよね。 いわば「創価との戦い方」としてのいちサンプルとして、私は眺めてるしかない立場です。   つまりこの例は好ましくないと思いながら。  じゃあどうすればいいか、  ここも分からない。  「世間が、あ!っと気づいた時にはもう遅いんです」とは、かつての池田大作氏の発言。 当時はもちろん、良い意味で捉えてましたが。  狙いが不満とか意趣返しだけなら、もうここらで幕引きにしたほうがいいのでは、、とも思いました。

 話は変わりますが、午前中に遠くに引っ越した娘と30分くらい、話しました。
理解はしてくれてますし、早いうちに「退会届」を作成し、こちらに送ってくることも確認。  問題はその後です。  ここからがどうやら長い作業になりそうです。

 もう祈っていくしかないです。  未入会の夫もいることだし、 親としてどう関わるのかを妻とも話しながら、ガンバるしかありません。  

 蘭房 花押

蘭房(RAMBO)

こんばんは。


>  話は変わりますが、午前中に遠くに引っ越した娘と30分くらい、話しました。
> 理解はしてくれてますし、早いうちに「退会届」を作成し、こちらに送ってくることも確認。  問題はその後です。  ここからがどうやら長い作業になりそうです。
>  もう祈っていくしかないです。  未入会の夫もいることだし、 親としてどう関わるのかを妻とも話しながら、ガンバるしかありません。  

そうですね。
必ずいい方向にいきますよ。
私が一番いい形で学会員でなくなることができたように
大聖人様が決めてくださいます。
焦らずいきましょう。

牡丹女房殿御返事

 失礼をいたしました。 婦人は婦人部でなくなっても婦人ですね。 強い。(--)
 深謝、多謝! m(__)mガンバリマス   

 蘭房  花押
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>