今日から始めました。

昨年創価の会員資格を、いつの間にやら喪失してた(させられた)俺だが
その事実を知ってからず~っと思っていたことがあった。
それは「内得信仰」するかどうかだ。
モチロン、学会員じゃなくなった途端に
「創価の本尊は偽本尊だ」
「創価の本尊は魔札だ」
なんていうつもりもなければ思ってもいない。
創価じゃあるまいし自分が会員じゃなくさせられたからといって
ころころと節操なく180度本尊義を変える。
な~んてことは俺にはできない。
いまでも「創価の本尊は大御本尊に信を取れば本尊としての用はある」
という主張は全然変わらない。
だから「創価の本尊」がイヤになったからってわけじゃない。
だたなんだろうなぁ。
自分自身の中のケジメ。みたいな感情かな。
今は学会員でもなければ他の団体の信者でもない。
ただの一信仰者。(とっても気楽でいい感じ)
そう思った時に、創価の御本尊にお題目をあげてるのもなんだか違うきがして。
それに創価とは一線を画したい。という思いもあって。
日々勤行・唱題をしててイロイロな思いとかあって。
複雑な心境だったわけですね。
本当は昨年末で創価本尊はおしまいにしようと思ったんだけど
お正月まで・・・三が日まで・・・七草まで・・・
と延ばし延ばしにしてた。
いざ御本尊を仕舞おうとなると、どうしても出来なくてね。
そら四半世紀もこの御本尊と共に生きてきたんだからね。
つらい時・苦しい時・悲しい時そして嬉しい時も
この御本尊に題目をあげ悩みを相談し、
そして解決してもらったんだから
なかなか「この御本尊やめ~た」ってわけにはいかないわけだ。
でも、昨晩の夜の勤行終了後に意を決して
仏壇から御本尊をお下げしてお巻きし仏壇に戻した。
携帯用の御本尊も一緒にね。
寂しかったけど、大御本尊を信じる心に何の変りもないから
これはこれとして、自分の中でひとつのケジメをつけることができた。ということで納得してる。
てなわけで、今朝は御本尊のないお仏壇に向かって勤行・唱題。
今日から「内得信仰生活」のスタートです。
初めての経験だな。

御本尊をお巻きして・・・・
__ 3
頂いたときの袋に仕舞いました。
__ 4

携帯御本尊も・・・
__ 1
仕舞って封印です。
__ 2

そしてお仏壇の中に置いて、このあとは扉を閉めたのでした。
__ 5

こんな感じです。
御本尊か掛かっていない仏壇はなんと寂しいことか。
今朝からこの仏壇に向かって勤行・唱題です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご判断について

こんばんは。

 管理人さんのお気持ちは少しは判るつもりです。  創価に翻弄された我々の立場、。 信仰の根幹まで勝手に変えられ、十分な説明も「ご指導」もない。

 悩んだり質問したりすると、それ自体がいけないかのような現場の雰囲気。 そして概ね、考えない、悩まない 読まない、当然、研鑽もしない、質問しない、婦人部幹部さんらが、実働部隊としてガッカイカツドウのヘゲモニーを握っているの現状では、なんの希望も抱けません。  私だけかどうか、「そんな彼女たち」を想像するだけで、吐き気を覚え、生命力が 削がれます。 

 これも「信仰」というものの一形態なんでしょうかね。。

 そんな中で管理人さんの戦さの舞台も足元から反古にされ、梯子をはずされ、今回の内得信仰決意。   私も寂しさを覚えます。

 大聖人さまの弟子であり続けようとした者が、所を追われる。  なんちゅう理不尽な実態なんだろうね。。  もう喜劇の域ですわ。

 お巻きしたご本尊はそれとして、私なら富士大石寺方向に向かって祈りたいところです。  謗法の地だそうですが(笑)

 しかし余計な事ですが、「お巻した」というこの記事を読んだ、そちらの学会員は、「そんなら返せ」とばかり、押しかけてくる可能性は考えられましたか?

 なんにせよ、うっとおしいことですね。。。

 

 

お!

なんとなく心境がわかるなぁ
あまりに自由すぎて不安になる、というかf^^;
けど、「まず一歩」を踏み出せた勇気を讃えたい!(^^)/

組織だと打ち出しをこなすだけで手一杯みたいだし
僕は会合の参加程度だったけれど、そのぐらいの範囲でも義務感がぬぐえなかったもんなぁf--;

組織と距離を置く決意をして自分ひとりになると、言い様のない不安があったね
もちろん自由ではあるんだけど、こんどはあまりの「自由さ」から、何から手をつけていいやらわからなくなったもんなぁf^^;

信仰ってやっぱり納得の積み重ねがすごい大切なんだと痛感してるんです
組織にいた頃は納得は二の次でとにかく動け!みたいなf^^;
わからない不満が「空転」に繋がり、それは「不信」に繋がるんですよ
組織では「空転」していくだけを痛感し、僕はついに組織を離れて個人で納得の積み重ねをしてきたんです
当然、自由すぎてるからほとんど全てが手探りの試行錯誤
さんざん失敗をたくさんしてきたから、地獄めぐり(?)の経験が豊富になったけど(笑)

けど、真面目に求める心境なら、失敗をするんでも不思議と再起不能なほどのことにはならないんですね
もう無理!と思っても、不思議となんとかなってしまうんですよ
これほんと不思議
何度もありましたよそんなことがf^^;

今回の記事は、管理人さんは「まず一歩」を踏み出したように見えます
御本尊は学会のものなら「学会」を象徴するでしょうから、こうなったのは自然に思いますよ

ともかくも「納得の積み重ね」が大切と思います(^^)
いろいろと試行錯誤していけば「自分のスタイル」が自然にできあがるでしょうね

No title

いつも大変お世話になっております。
いつも御丁寧に質問にお答えくださり、誠にありがとうございます。

本日も一点質問がございます。
下記、以前管理人様に頂いたコメントです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

> 素朴な疑問なのですが、
> なぜそこまで創価学会に見切りをつけられ、このようなダメ出しブログを運営しながらも、
> 自ら退会されなかったのでしょうか?

何度かこのブログで書きましたが、
ひとつは、私自身が創価に縁させてしまった人を残してささっと退会することは
そのような人たちに対する裏切りになると感じたからです。
そしてそのような人たちに話を聞いてもらうには創価に残っていた方が有利でからです。

もうひとつは、私に創価を退会する理由がないからです。
私は、創価学会を創立した、牧口・戸田の両会長の精神のまま
「大御本尊を信受し、自行化他・行学」に励んでいます。
戸田先生は、将来創価の組織の中に謗法者が現れたら駆逐しなさい。と言われました。
私はその通りにしています。
つまり退会すべきは、池田大作氏とその賛同者の方であって私ではありません。
創価学会は「池田センセのモノ」なんかじゃありません。
牧口・戸田のいう事に賛同できなければ、池田センセが出て行って新教団を設立すればいいのです。

大きく言って上記の2点の気持ちから、「自分から退会する」道は選択しませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上記コメントの私なりの理解は、管理人様が創価学会をやめない理由は、
①倫理的/自省的理由;創価学会が「邪教化」しているにもかかわらず自分だけ創価学会を退会することは、自分が起因となり創価学会に縁した人々への裏切り行為になるという倫理的感情に基づいたもの
②現実的/政治的効果を考慮した理由;学会の中で影響力を及ぼし、その「邪教化」を多くの人に知らしめるためには、創価学会員という会員資格があった方がよいという現実的判断
③管理人様の「正統論」に基づいた理由;創価学会は、大御本尊への信仰を絶対とした牧口・戸田両会長の思想こそ正統とすべきである。それに反した池田大作は、「本来のあるべき規範的な創価学会」から反している。自分は「本来のあるべき規範的な創価学会」の思想からは離れていないのだから、退会する必要はない。
というものです。

上記の認識の上でお答えいただきたいことは、
・管理人様が実質的に退会することとなった今、管理人さま個人の信仰よりも、
上述①②の退会しない理由について、どのように考えておられるのか?ということです。


度々おそれいりますが、何卒よろしくお願い致します。



こんばんは

微妙だけど、ちょっとわかります。
創価やめたから正宗行って、はい新しい御本尊くださいってね~(((^^;)そんなあつかましい事なかなか言えんです。
僕も自分からはなかなか言えませんでした。戻ってから一年は御本尊無しで、御題目あげたいときはお寺まで行ってましたね。すると法華講の人からそろそろ御本尊受けませんか?って言われました。
飛び込みでお寺行ったから様子見られてたのかな?(笑)

今だから言えますがあの御本尊の無い1年間は僕にとって大事だったなと思います♪
あ、今こうやって信心してるからあの1年が意味のあるもんになったのかな?(笑)

だいじょぶですよ♪日蓮大聖人を信じてれば♪お山の大聖人に会いに行けます!!





内徳信仰

いつもお世話になります。

私だったら、どうするだろうか?

学会員用のご本尊様に、
祈れるのか?
管理人様と同じように
仕舞うと思います。

今の学会は、ご本尊様を大切にする
思想も指導も御座いませんので、
わざわざ返却する必要も無いでしょう。

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  そんな中で管理人さんの戦さの舞台も足元から反古にされ、梯子をはずされ、今回の内得信仰決意。   私も寂しさを覚えます。
>  大聖人さまの弟子であり続けようとした者が、所を追われる。  なんちゅう理不尽な実態なんだろうね。。  もう喜劇の域ですわ。

まぁ仕方ないですね。もう創価のどこを見ても大聖人の仏法はありませんからね。

>  お巻きしたご本尊はそれとして、私なら富士大石寺方向に向かって祈りたいところです。  謗法の地だそうですが(笑)

自宅の仏壇に向かうと、ザックリと富士山方向に向くように最初から仏壇をセッティングしてます。
関東圏なので富士山が見えるから方向が分かりやすいです(笑)

>  しかし余計な事ですが、「お巻した」というこの記事を読んだ、そちらの学会員は、「そんなら返せ」とばかり、押しかけてくる可能性は考えられましたか?

それはナイでしょう。なにせ私に知られにようにこっそりと退会扱いにした連中ですよ。
しかも電話1本してこない。先日の葬儀の時には挨拶すらできず
目を逸らしてそそくさと逃げていく連中です。
そんな連中が私に「御本尊を返せ」なんていってこれと思います?(笑)
そんな度胸のあるやつはいません。
みなさんヘタレなので(笑)

太ちゃんさん

こんにちは。

> なんとなく心境がわかるなぁ
> あまりに自由すぎて不安になる、というかf^^;
> けど、「まず一歩」を踏み出せた勇気を讃えたい!(^^)/

ありがとうございます。

> 今回の記事は、管理人さんは「まず一歩」を踏み出したように見えます
> 御本尊は学会のものなら「学会」を象徴するでしょうから、こうなったのは自然に思いますよ

そうですね。自分の中で創価と完全に「決別」した。
まぁ新しい一歩です。

非意味的切断さん

こんにちは。

>管理人様が創価学会をやめない理由は、
> ①倫理的/自省的理由;創価学会が「邪教化」しているにもかかわらず自分だけ創価学会を退会することは、自分が起因となり創価学会に縁した人々への裏切り行為になるという倫理的感情に基づいたもの
> ②現実的/政治的効果を考慮した理由;学会の中で影響力を及ぼし、その「邪教化」を多くの人に知らしめるためには、創価学会員という会員資格があった方がよいという現実的判断
> ③管理人様の「正統論」に基づいた理由;創価学会は、大御本尊への信仰を絶対とした牧口・戸田両会長の思想こそ正統とすべきである。それに反した池田大作は、「本来のあるべき規範的な創価学会」から反している。自分は「本来のあるべき規範的な創価学会」の思想からは離れていないのだから、退会する必要はない。
> というものです。
> 上記の認識の上でお答えいただきたいことは、
> ・管理人様が実質的に退会することとなった今、管理人さま個人の信仰よりも、
> 上述①②の退会しない理由について、どのように考えておられるのか?ということです。

まず知っていただきたいのは本ブログにも書きましたが
「私が自ら退会を申し入れた事実は一切ない」という事です。
組織の誰かが、私が退会したという偽計を使い統監を抹消したわけです。
本来ならば除名にしたかったのでしょうが
犯罪を犯したわけでもないし、そもそも組織活動家から追放状態なので除名にする理由もありません。
かといって行方不明でもないので統監を落とすこともできない。
で、どうせ私に知られることはないだろうと思って
偽計を使い「退会したことにした」というのが、私の会員資格喪失の真相です。
さて、ならば異議申し立てすればいいのでしょうがそんな事するのは無駄です。
自分から退会した事実がないのですからまだ創価に残っている人たちを裏切ったわけではない。
除名されたわけもないのでまだ創価に残っている人たちから非難もされない。
と思っています。

元創価班さん

こんにちは。

> 微妙だけど、ちょっとわかります。
> 創価やめたから正宗行って、はい新しい御本尊くださいってね~(((^^;)そんなあつかましい事なかなか言えんです。
> 僕も自分からはなかなか言えませんでした。戻ってから一年は御本尊無しで、御題目あげたいときはお寺まで行ってましたね。すると法華講の人からそろそろ御本尊受けませんか?って言われました。
> 飛び込みでお寺行ったから様子見られてたのかな?(笑)

そうでしたよね。
私も母のお世話になっているお寺に今の御本尊を返納しようと思っています。

> 今だから言えますがあの御本尊の無い1年間は僕にとって大事だったなと思います♪
> あ、今こうやって信心してるからあの1年が意味のあるもんになったのかな?(笑)

仏法には無駄がないですからね。すべてが大御本尊様のお計らいだと思います。

> だいじょぶですよ♪日蓮大聖人を信じてれば♪お山の大聖人に会いに行けます!!

そですね。いまはそれを楽しみにしています。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 私だったら、どうするだろうか?
> 学会員用のご本尊様に、
> 祈れるのか?
> 管理人様と同じように
> 仕舞うと思います。
> 今の学会は、ご本尊様を大切にする
> 思想も指導も御座いませんので、
> わざわざ返却する必要も無いでしょう。

怖くて創価に返納などできません。
分身散体の御本尊ですから、大御本尊のもとにお返しします。
近く、母のお世話になっているお寺に返納するつもりです。

レンタル御本尊さま

おはようございます。

管理人さんが真摯に信心してこられたからこその、落としどころなのですね。
こういう形もアリだと参考になさる方も少なからずいらっしゃることと思います。

さて我が家の御本尊。思えば何度代わったことでしょう。どう考えてもレンタルのレベルです。
まず実家では禁断の『家庭内分世帯』。多分、成果にされていました。
間も無く結婚。新居に私の御本尊ではダメだと言われ2回目め。その直後に破門されて3回目。
短期間で3度御本尊が代わり、うら若き乙女にとっては混乱の極みでした。
その後も『おめでとうございま〜す!この度お取替えが決まりました!』と数度のお取替え。どうやら御本尊のグレードアップだったようですが一体なにがおめでたいんだか全く意味がわかりません。
そしてまたしても禁断の『家庭内分世帯』。
こうなっては愛着などある訳も無く。
あれやこれやで地元のアホ幹部とやりあった挙句、
幹部「キィィィィ‼︎そんなこと言うなら御本尊も返納していただくことになりますよ‼︎あなたそれでもいいんですか‼︎」
私「ハイ喜んで」
幹部「え?」
さっさと返納に行ったものです。
管理人さんのような本物の信心と偽物信心の違いなのでしょう。

家の御本尊が組織の都合でコロコロ代わり、その度に結構なご供養をしろと。何度もお仏壇と仏具一式まで買う羽目にもなりまあお金の要ることといったら!
えーと。こちらから頼んだこと、ただの一度も無いんですけど?何回も何回も何回もレンタルですか?それでも、ありがたがって金払えとか詐欺でしょこれ。
まんまといいカモにされていました。
でもまあ組織に辟易する一助となりましたので、乞食組織に手切れ金としてくれてやりましょう。

記事のタイトルを見て、あ。お正月に仰ってたダイエットを早速始められたのかなと勘違いしてしまいました。大変失礼いたしました。
美味しいものは脂肪と糖で出来ています。非常に辛いです。私も頑張りますw

牡丹さん

こんにちは。

> 管理人さんが真摯に信心してこられたからこその、落としどころなのですね。
> こういう形もアリだと参考になさる方も少なからずいらっしゃることと思います。

そうですね。先のことはその時考えようかと。

> さて我が家の御本尊。思えば何度代わったことでしょう。どう考えてもレンタルのレベルです。
> まず実家では禁断の『家庭内分世帯』。多分、成果にされていました。
> 間も無く結婚。新居に私の御本尊ではダメだと言われ2回目め。その直後に破門されて3回目。
> 短期間で3度御本尊が代わり、うら若き乙女にとっては混乱の極みでした。
> その後も『おめでとうございま〜す!この度お取替えが決まりました!』と数度のお取替え。どうやら御本尊のグレードアップだったようですが一体なにがおめでたいんだか全く意味がわかりません。
> そしてまたしても禁断の『家庭内分世帯』。
> こうなっては愛着などある訳も無く。
> あれやこれやで地元のアホ幹部とやりあった挙句、
> 幹部「キィィィィ‼︎そんなこと言うなら御本尊も返納していただくことになりますよ‼︎あなたそれでもいいんですか‼︎」
> 私「ハイ喜んで」
> 幹部「え?」
> さっさと返納に行ったものです。

「家庭内分世帯」ってだれがやり始めたんですかね?
男子部時代に支部長が息子(副地区リーダー)にしようとしたのを
猛反対して阻止した記憶があります。
それと御本尊のグレードアップ(笑)
「特別御形木御本尊」でしたよね?幹部から取り替えていったんですよ。
で、「特別」だから、3000円じゃなくて5000円って言われましたね。
そちらも、お取替えはキッパリと断りました。

> 家の御本尊が組織の都合でコロコロ代わり、その度に結構なご供養をしろと。何度もお仏壇と仏具一式まで買う羽目にもなりまあお金の要ることといったら!
> えーと。こちらから頼んだこと、ただの一度も無いんですけど?何回も何回も何回もレンタルですか?それでも、ありがたがって金払えとか詐欺でしょこれ。
> まんまといいカモにされていました。
> でもまあ組織に辟易する一助となりましたので、乞食組織に手切れ金としてくれてやりましょう。

そうですね。いろんな場所が不自由な方々に募金したと思えばいいでしょう(笑)

> 記事のタイトルを見て、あ。お正月に仰ってたダイエットを早速始められたのかなと勘違いしてしまいました。大変失礼いたしました。
> 美味しいものは脂肪と糖で出来ています。非常に辛いです。私も頑張りますw

一応、ダイエットは昨日から開始してます。
で、昨日・今日と朝夕の食事を作っています。
なんだか、嫁が楽になっているだけにしか思えなのですが・・

管理人さん

そうですね。  「本尊義」などどうでもいい方々がおめおめとガッカイに残っているワケですから、(しかもお金も回収済みだし)、来ないかもしれません。

 しかし一方では「発行元(コポー元)」は学会ですので、元に戻せというのがスジ。
そこに私の杞憂があるわけです。  取りに来る度胸云々ではなくてです。 私が現役幹部だったら、お伺いするでしょう。

 話は変わりますが、現在代筆連載中の「小説・ニンゲンカクメイ」では宗門問題?にからみ、内容が変なことになっているというのを聞きました。  購読もやめてますから、読めないのですが、早速、後輩が地元幹部に「異議を申し立て」たようです。  
どなたか、コメンテーターさんの中で、ザックリ どういう話なのかお教えくださいませんでしょうか。  よろしくお願いします♪
 

寂しい・・・

こんにちは、お久しぶりです。
けじめ・・・、ですか。
画像を見て管理人さんの寂しさを追体験したような気になり、まぶたが潤んでしまいました。

蘭房(RAMBO) さん

こんばんは。

> そうですね。  「本尊義」などどうでもいい方々がおめおめとガッカイに残っているワケですから、(しかもお金も回収済みだし)、来ないかもしれません。
>  しかし一方では「発行元(コポー元)」は学会ですので、元に戻せというのがスジ。
> そこに私の杞憂があるわけです。  取りに来る度胸云々ではなくてです。 私が現役幹部だったら、お伺いするでしょう。

そしたら、「私が書いた」という「退会届」を持ってきて見せてみろ。といいます(笑)

>  話は変わりますが、現在代筆連載中の「小説・ニンゲンカクメイ」では宗門問題?にからみ、内容が変なことになっているというのを聞きました。  購読もやめてますから、読めないのですが、早速、後輩が地元幹部に「異議を申し立て」たようです 
> どなたか、コメンテーターさんの中で、ザックリ どういう話なのかお教えくださいませんでしょうか。  よろしくお願いします♪

私もぜひ知りたいです。

macska さん

こんばんは。お久しぶりです。

> けじめ・・・、ですか。
> 画像を見て管理人さんの寂しさを追体験したような気になり、まぶたが潤んでしまいました。

そうですね。決断するまでは葛藤がありました。
お巻しているときも色々と思い出しました。
でも自分の中でケジメをつけないことには先に進めません。
ありがとうございます。

大きな功徳

管理人様

記事を拝見して大御本尊様の御計らいであると確信しました。素直に大きな功徳と愚考致します。
管理人様の大御本尊様に対する渇仰恋慕の強盛な信心の賜物と拝します。
小生も約2年前、大御本尊否定の教義改正に憤りを感じ、苦悩の末に学会本尊をお巻きして、その足で脱会届けと共に会館に返納しました。

家に帰ってポッカリ穴が空いた衝動に駆られましたが、翌日から正宗寺院にて勤行唱題を始めました。

管理人様のお気持ちは充分理解できます。
小生も約20年、祈り続けた学会本尊でした。しかし、寺院での勤行唱題を重ねることで不思議と今までにない歓喜が湧いて来るのを実感しました。
日蓮正宗の御本尊様は生身の仏様であることを、身を持って感じることができました。

いよいよですね。
創価ダメ出しを端緒として、正法正義の妙法を広めんがために、
民衆救済の最前線で指揮を執られる事を切に願っております。

古刹信徒さん

こんばんは。

昨年の母の正宗への移籍から始めって
私の「いつの間にか退会」への流れ。
不思議な気分です。

> いよいよですね。
> 創価ダメ出しを端緒として、正法正義の妙法を広めんがために、
> 民衆救済の最前線で指揮を執られる事を切に願っております。

いやいや。そこまでも力はありません。
ただ大聖人仏法の正義だけは貫いていくという思いは
どんな立場や状況になろうと変わりません。

せいきょしんぶん購入してます。

いつもお世話になります。
最近の「疹人間蚊苦鳴」は、
センセの直弟子だった当時の副会長さんが、人間革命は現代の御書だの
先生本仏論、
大石寺にセンセが居れば皆がわぁ〜!と
言って集まるが、
猊下が居ても、ダレ?
このおじさんは?
としか会員は思って
ないなど、
問題発言をした会合での話が
猊下の耳に入り、
センセが困窮し、正宗との関係が
おかしくなった事を、

悪僧たちの某略が
麗しき学会を貶め様とし、
センセが身命を賭して
唯、お一人で戦い抜かれた
ファンタジー小説となっております。
駄文失礼致しました。

退転壮年部おじさんへ

 ありがとうございました。  そこらへんがモチーフになってるんですね。

 〇島源〇郎FKですね。  先日、訪ねてくれた後輩君に訊いたところ、
「あんなの読まないほうがいいですよ。 気分が悪くなるだけですよ」と言ってました。   イケイケの人気FKでしたし、当時の青年部は、次の会長有力候補だと思ってたほどの人物でした。 反旗を翻して立ったものの、胃がんでなくなりましたね。  個人的にはあまり好きではなくて、発言は短慮なものが多かったと今も思います。  個人崇拝→挫折のお手本として、記憶に残っております。

 それにしても、センセイだけが戦ってきた、といういつもの「スーパーヒーロー山本伸一」を強調したいだけの「章」だろうと想像します。  婦人部・女子部は、こういう「山本伸一」が大好きなんです。  実物(実像)は全然違うのを知ろうともしないでね。    しかも、この「小説」がどういうわけか「真実の歴史」としてみんなの脳に刻まれるという、相変わらずの図式。  いいかげん、ウンザリです。

 そしてそもそも「人間革命。人間革命!」というけど、一体、革命してどうなっていくのか、その革命後の姿を誰に求めたらいいのか。 お手本は誰なのか、というハナシになると、それは勿論「センセイだ。」とこうなる。

 必然、「偶像化」が始まる。  件の「法華講元大幹部出身」の副会長はその筆頭格(ゴマスリ源次郎と揶揄されていました)として、華々しく出世していきました。  しかしご他聞に漏れず、「仏」であるはずのセンセイに親近していけばいくほど、最後は失望・絶望して、離れてしまう。 お気の毒としかいえない・・

 当時の私もこういう「側近大幹部に限って」そうなるのが実に不思議でした。 でも、なんのことはない。 センセイの「実像」を知ってしまったからなんですね。   それは数多ありましたが、例えば側近中の側近だった、英語の公認通訳だった、〇倉涼子氏もそうでした。 結局、元・サザンのメンバーだったO森くんと結婚後、夫婦して覚せい剤に手を出して、消えて行きました。  これ、やっぱり現証とはいえませんかねぇ。。  私はその少し後のころから、よく「人間改良」と部員さんには言ってました。 「革命、、」なんて恐れ多くてね。  

 冗長になりました。  ありがとうございました。

 みんな、見えてないんでしょうかねぇ・・(苦笑)

蘭房さま

コメント欄をお借りして申し訳け御座いません。

私も疑問でした。何でセンセから
直接のご指導を頂ける側近中の側近患部が
数多く退転して行ったのか?
結局、大聖人様に心が向いてない。
センセ仏法(センセの思想)に
傾倒してるだけで結局は駄地獄へ直行便。
人間改良も出来ずに、、。
お可哀想です。

絶賛代筆連載中の人格破綻、いや人間革命を読んでみました。
副会長の発言から4月の会長辞任へと追い込まれる様を書いてますが、とにかく宗門が正義の学会を謗法扱いして広布を阻んでるだの、僧が上、在家が下で学会をいじめるだの、いつものあの調子というか、学会は正しいんです!山本先生は広布の偉大な指導者!宗門、当時の学会幹部が第六天の魔王に取り入れられて学会を破滅させようとしていた!という感じのことがダラダラ書かれている内容でした。
これが全て真実の歴史なんだと読んでいる現実にゾッとしますね。
今の会合なんかはもう御書研鑽などほぼやってないです。人間革命研鑽ばかりですよ。昔の先生の戦いを学んで決意してるんでしょうね。

現役男子部さん

こんにちは。

> 今の会合なんかはもう御書研鑽などほぼやってないです。人間革命研鑽ばかりですよ。昔の先生の戦いを学んで決意してるんでしょうね。

いやいや、それは私の男子部時代。そう20年以上も前から同じです。
御書は傍でm人間革命とか大作センセの指導とかが主でしたよ。
なので、自分が幹部になった時から
部活等の会合は、ほぼ毎回「御書研鑽」「御書講義」を主に開催しました。
すると人が集まってくるんですよ。不思議と。
「人間革命」研鑽の時にはせいぜい4~5人だったのが
「御書」をやりはじめてからは、支部の部活には最低でも15人前後参加すようになりました。
平日の9時過ぎにですよ。
これが、ご本仏が書かれたものと
凡夫が書いたものの違いですね。

蘭房(RAMBO) さんへ・新人間革命

新人間革命は→「創価教学随想 新・人間革命(正義の章)」を検索窓にいれればでてきます。『新・人間革命第27巻」の内容がコンパクトに書かれてます。

●活動家さんのプログのようなのでじかにアドレス貼り付けるのはやめときましました、お手数ですが、興味があれば検索窓で検索して訪問ください<(_ _)>

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  話は変わりますが、現在代筆連載中の「小説・ニンゲンカクメイ」では宗門問題?にからみ、内容が変なことになっているというのを聞きました。  購読もやめてますから、読めないのですが、早速、後輩が地元幹部に「異議を申し立て」たようです。
> どなたか、コメンテーターさんの中で、ザックリ どういう話なのかお教えくださいませんでしょうか。  よろしくお願いします♪


古本屋店主さんも書かれてましたが
yahooで「人間革命大山」で検索すると読めるサイトが出てきます。
(私も昨晩試しました)
古本屋店主さんが言うように活動家さんのブログなのでURLのリンクは控えます

ありがとうございました。

 >古本屋店主さん

  読めました。 100人にも及ぶ、センセイの代筆のセクションで、どなたが書かれているものなのかは存じませんが、「御真筆」でない以上、本人の責任もその意図も主張も汲む必要はないと思っています。  巨象は虚像です。 それにしても、創価に都合が良い内容であることは変わらない。  まあ機関紙ですからね。


 >管理人さん

 福島副会長が→鮫島、とは。。(笑)  まあ、こういう印象操作はどこでもやりますが、幼稚な手法に笑いがこみ上げます。  あれほど尽くしたこの副会長も、学会にとって都合が悪くなると、「ドジ踏んだな、馬鹿野郎め」になるんですね。 十条さん(北条)もセンセイに尽くしに尽くした方でした。 私も面談したことがあります。 穏やかな方でした。  なんにせよ、側近幹部がこうも悲惨な末路をたどるというのは、ことの善悪はともかく、センセイの「幹部メンテナンス」がお粗末だったか、あるいは共謀者であった人物が与同罪を受けたか、あるいはまた、彼らもやっと「信心に目覚めた結果」であったのか。、 そんなことを考えています。  

御本尊様の御安置の仕方や過去帳の取り扱い方は大石寺…御近所の末寺でしっかりきいたほうがいいですよ。

色々思い入れはあっても嫁にいったら実家の御本尊様を拝めなくなるタマニシカ。それでも新しく御下賜いただいた御本尊様のもとで幸せに生活できますよ。

わからないでタンスにしまいっぱなしでは息が出来ないじゃないですか…よく質問してみてくださいね。体に不調を感じる前にしたほうがいいですよ。

きちんと正しくお水・御樒・御灯り・御仏飯をお供えするなら福運になります。

せっかく勤行しているのに勿体ないです。是非問い合わせしてみてくださいね。

ナノルホドデハアリマセン  さん

こんばんは。

> わからないでタンスにしまいっぱなしでは息が出来ないじゃないですか…よく質問してみてくださいね。体に不調を感じる前にしたほうがいいですよ。

タンスにはしまってありません。お仏壇の中にあります。
近いうちに正宗寺院に返納する予定です。

> きちんと正しくお水・御樒・御灯り・御仏飯をお供えするなら福運になります。

お給仕は大切ですよね。
いまの学会員はやっているのでしょうか?
多分やってないと思いますが。

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる