非意味的切断さんのコメントへ(大御本尊の科学鑑定の件)

先日の非意味的切断さんのコメントへのリコメえお書きます。
コメントの内容は

★でしたら仮に、大御本尊を科学鑑定した結果、日蓮の書いたものではないと明らかになった場合も、
「別に日蓮は関係ない!誰が書いたかわからないけど三大秘法が含まれてるからいいんだ!」ということになるのでしょうか?★

とのことで、少し前あたりからよく言われている
「戒壇大御本尊を科学鑑定して真偽を明らかにせよ」という件に関連したことですね。
最近では、学会のカツドウカまでもコレを言い出す人も現れて
以前、このブログにも「大御本尊を科学鑑定しろ」と
息巻いてコメントしてきた、「いかにも男子部」ぽい方がいたなぁって思い出した。
では俺の考えを言うと、
大前提として「大御本尊を科学鑑定しろ」という発想自体がまづ理解できない。
もちろんその根底はご本仏の当体である大御本尊を科学判定する。
という発想・発言自体が謗法者の発想だという気持ちもあるが、
むしろ「そんなことをして何の意味が在るのか?」と逆に問いたい。

その理由は、ひとつは
「大御本尊を科学判定せよ」という人達の目的が
あくまでも「大御本尊を否定すること」にあるから。
話は少し変わるが、このようなブログを書いていると
「創価のナリスマシ」などと創価活動家に言われる。
まぁ、いまは「創価でなくなった」と言ってるのでナリスマシでもなんでもないが、
今年になって俺は、自分の御書と先日お巻した御本尊の画像をUPした。
普通に活動歴があって自宅に創価の御本尊があるのならば
「ああこの人は学会員でナリスマシじゃなかったんだ」と気づくはず。
ところが俺を「ナリスマシ」と言ってきた創価カツドウカは
「ごめんね。ナリスマシなんて言っちゃって。本当に学会んでしたね」
の一言も言ってこないでしょ?
どころか、「あの画像は本人のモノとは限らない」とかいうわけでしょ。
(俺をナリスマシって発言したカツドウカさん、いつでも謝罪受け付けてますよ)
つまり何が言いたいのかといえば、
科学鑑定せよ。なんて言っている連中は、
科学鑑定の結果がどうであれ「大御本尊はニセモノ」という主張は変えないってこと。
もし科学鑑定の結果大御本尊が大聖人在世のときのものだったら、
身延の各宗派は、日蓮正宗に帰伏するのか?
学会カツドウカは創価を退会して正宗に入信するのか?
しね~よ。絶対に(笑)
大聖人ご在世のものだと確定したら
今度は大聖人が建立したいう証拠はない。
とか言い出すに決まっている。
つまり「あいつはナリスマシだ。」と言い続けるカツドウカと同じ。
だから全く科学鑑定なんてしても意味がない。

そしてもうひとつの理由は、
大御本尊が一大秘法の法体であるかどうか?
は科学鑑定じゃわからない。ってことだ。
なぜか?
それは大御本尊を一大秘法たらしめているのは
大御本尊が大聖人の色心の二法であるからだから。
つまりは大御本尊には大聖人の心法が久住しているわけだ。
それをもって一大秘法とも法体とも呼んでいるのだ。
さて、大御本尊ニセモノ論者の人たちは
現代科学をもって「大御本尊には大聖人の心法が存在しない」と証明できるのか?
「いやいや心法が有るってことを証明しろよ」なんていう
子供だましの質問返しは止めてほしい。
「科学鑑定」を持ち出してきた方が証明するのがスジだ。
日興門流は何百年も、科学など使わず「三証」で
大御本尊が紛れもなく「法体」であることを証明してきた。
創価があれだけ大きくなったのも
大御本尊に仏力・法力があったからこそ。でしょ。
それが証拠に破門後は、
公称800万世帯?から全然増えてないじゃん。
どころか実際には減っている。
公明の比例得票だって、ただの一度も大作センセに言った
1000万票に届いたことすらない。
おっと話が少しそれてしまったが、
「心があるか?ないか?」なんてことは
現代科学において判定できないのが常識だ。
だから「意味がない」というのである。

以上のことを踏まえたうえで、ここからが非意味的切断さんへのリコメになります。
リコメといっても、ほぼ非意味的切断さんが書かれたとおりです。
「ニセモノ」とは何をもってニセモノなのか?
仮に大御本尊が大聖人滅後に誰かによってご建立さてたと
科学鑑定でわかったとします。
これも「偽書論」同様に、そうだったとしても何の問題もありません。
何故なら、正宗の歴代法主が、そして僧俗(退転者は除きますが)が
みな「大御本尊は大聖人の色心二法である」と認めているからです。
それは先ほど書いたように多くの僧俗が
大聖人の仰せのとおりに「三証」で証明してきたのです。
これを否定するのは、無知か邪智のどちらかです。
「そんな正宗の法主のいうことに盲信するなんて」とい反論もあるでしょうが
再三書いていますが、仏法の付属・相伝・相承と言われている内容は
あくまでも「法体」の付属・相伝・相承であり
大聖人が言われている三国三師(大聖人を除く)の相承も全て
唯授一人・面授口決です。

◆此の経は相伝に有らざれば知り難し(一代聖教大意)
◆此の本尊の依文とは如来秘密神通之力の文なり、戒定慧の三学は寿量品の事の三大秘法是れなり、日蓮慥に霊山に於て面授口決せしなり(御義口伝巻下)

さて、「大御本尊」のことを正宗のご歴代以上に知っている方はいるでしょうか?
大御本尊を否定してる人達は、一体誰から面授口決を受けて否定するのでしょうか?
まさに、不相伝家門流の姿であり発想としか思えません。

おっとまた話が逸れちゃいましたね。
仮に大御本尊が大聖人滅後の後世に建立されたとしても
それにはちゃんとした理由があり
ちゃんと大聖人の心法を移された
もちろんその内容は我々凡夫は知ることもできませんが
そうだったからこそ、一大秘法の法体として今に至るまで厳護され信仰されていたのです。
もしも誰かが勝手に作ったものならば
とっくの昔に他宗に言われる前に法主が否定したはずです。
もちろん「別に日蓮に関係ない」といは言いませんよ。
大聖人の色心二法ですから。
そもそも大聖人に関係ない。ものには三大秘法は含まれていませんしね。
ですから創価には何処にも三大秘法はない。というわけです。

最後に、もしも科学が進み「大御本尊に大聖人の心法が存在しない」と
誰もが納得する結果が出た時には
私は潔く大御本尊信仰を改めます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さんへ

管理人さん

 「究極的な選択」ですね。  私自身を構成してるものは、人生の大半を費やしてきた、「御本尊様」への信心です。 これは否定できないものです。

 結局、この心身で感じてきたもの。  私を支えて、いやバックボーンとなってきたものです。  創価を否定しても、形而上では失うものはあまり無いけど、御本尊様への信を捨てたら、おしまい。  そういう渇仰恋慕の心情を抜きにしても、もはやほかの選択肢はありませんね。  過ぎた年月を振り返っても、そんな根本的な疑念はないし、生産的ではない。  「この御本尊様への信」が私を構成して染み通っているという事実はどうしても否定できません。 先日も後輩幹部クンと話しました。

 彼は「たしかにそれを言わないと(つまり大聖人様の出世のご本懐の御本尊である」、身延に勝てませんからね。。云々」と言ってました。

 どうしてそんな現世の対立・戦術的な物言いになるんだろう、と思ったものです。

 それはそうとしても、この論議はまさに信仰の根本になる話。  結局、掘り下げた話にはなりませんでした。   家に帰ってから又、遠藤周作さんの「深い河」の本を思い出しました。  「信じる」ということにはいろんな次元がある。 高低浅深があるんだと、今更ながら考えました。

蘭房(RAMBO)  さん

こんばんは。

>  「究極的な選択」ですね。  私自身を構成してるものは、人生の大半を費やしてきた、「御本尊様」への信心です。 これは否定できないものです。

究極は信心は個人のモノであり「心」の問題です。
ですから、そこに「科学」を持ち出してきてもあまり意味はありませんね。
そこを持ち出してく方は「科学」を「信じる」対象としてるでしょう。
科学は信じる対象として正しくて、科学で立証できない事は支持る対象として間違っているのか?
という話ですね。

> 先日も後輩幹部クンと話しました。
>  彼は「たしかにそれを言わないと(つまり大聖人様の出世のご本懐の御本尊である」、身延に勝てませんからね。。云々」と言ってました。
>  どうしてそんな現世の対立・戦術的な物言いになるんだろう、と思ったものです。

ていうか、それが無くても身延ごときに負けませんよ(笑)
大御本尊だけが身延に勝っていると言わけではありませんから。
この話は一応身延ってことになってますが。「創価」と入れ替えても同じですね。
後輩幹部さんにはもう少し「お勉強」するように言ってあげてください(笑)
その程度だから「学会幹部」なんですよ。と一言添えてもらっても結構です(笑)

>「信じる」ということにはいろんな次元がある。 高低浅深があるんだと、今更ながら考えました。

そうですね。それを明らかに示してくださったのが大聖人です。

御会式奉読文

管理人様

まさに仰る通りですね。
三証で証明してきた事実が厳然とあります。
科学鑑定等、大御本尊様のことを末法濁悪の荒凡夫が世法のものさしで云々すること事体、不敬であると断じます。
誤解なきように、これは学会の思考停止のそれではありません。
小生、炭素14も充分存じています。

正直なところ、小生も脱会前に大御本尊様について考えた時間がありました。その昔から、大御本尊様の鑑定云々や、第9世日有上人の時代のものだという邪説に客観視した時間もありました。

しかしながら寺院の御本尊様に勤行唱題して霧はすぐに晴れました。

正宗寺院の御会式に参列された方はご存知かと思いますが、第5世日行上人の申し状に大御本尊様の記述があります。一端を引用いたします。


「是に又末法の今上行菩薩出世して法華会上の砌虚空会の時、教主釈尊より親(まのあた)り多宝塔中の付嘱を承け、法華本門の肝要妙法蓮華経の五字並びに本門の大曼荼羅と戒壇とを今の時弘むべき時尅なり、所謂日蓮聖人是れなり。」

【通解】
「ここに末法の現在、上行菩薩が出現して、法華経の説法の虚空会のときに、教主釈尊より直接、多宝塔の中で付嘱を承けましたが、その付嘱の正体である法華経本門の肝要の妙法蓮華経の五字と本門の大曼荼羅と戒壇との三大秘法こそが、末法の今に弘めるべき時に当っています。そして、その任に当っているのが日蓮大聖人なのです。」


邪師の真贋云々に耳を傾けるより、正宗に帰依して「本門の題目」を唱えることが、遥かに成仏得道の近道であります。

御会式の内容は、嘗ては聖教新聞で詳しく報じていましたが、今は絶対に教えないですね。大御本尊様を否定した今、知られたら堕地獄の新興宗教である事が末端の学会員に露呈しますので。

質問したのに返事なし。

いつもお世話になります。

リコメント記事でしたので、
ご質問者さまのコメントが
掲載されるまで
待とうと思いましたが、

お仕事や、諸々で忙しいと拜しました
ので、横槍コメント失礼致します。

本件にコメントされた善知識たる(地涌の菩薩様達)の通りと思います。

いつも、我が身を振り返って
自分の拙さを考察が出来ております。

己心に仏性があるのに、

大聖人様(ご本尊様)を
ハナから信じることが
出来ない方々、
センセがお元気だとの事には
全く疑わない方々には

無用の事だと存じます。

学会二世の私ごときが
申す事では御座いませんが、

仏学問や、
今まで、師匠である
戸田先生のご指導を
非師弟不二の道をまっしぐら。
自己相違を詭弁する方に

大聖人様の魂を拝することは
出来ないのかと。

折角、日蓮大聖人様が、
末法の頭の悪い私達に
三大秘法のご本尊様を
”設定”されたのに。

以下、
蛇足。

鏡よ🎵鏡よ🎵
鏡さん!

世界で広布を進めたと
自負(自己評価)シテるのは、
だあぁ〜れ?

鏡(そうか認定仏)は割れて
コナゴナになりました?とさ!

古刹信徒さん

こんにちは。

> まさに仰る通りですね。
> 三証で証明してきた事実が厳然とあります。
> 科学鑑定等、大御本尊様のことを末法濁悪の荒凡夫が世法のものさしで云々すること事体、不敬であると断じます。
> 誤解なきように、これは学会の思考停止のそれではありません。
> 小生、炭素14も充分存じています。

私も同感です。本来大聖人仏法の勝劣は三証で論戦すべきものですが
身延系はそれでは勝てないということで
「偽書論」とか「科学鑑定」とか言い出すわけです。
もうそうなると仏法の法論ではなくなるわけです。
あくまでも「法」を論じることが重要であって
その「法」は現代科学では証明できない存在なんですよね。

> 邪師の真贋云々に耳を傾けるより、正宗に帰依して「本門の題目」を唱えることが、遥かに成仏得道の近道であります。

そうですね。仏法の本義は「成仏」ですから。
科学で「成仏」するのならそれはそれに越したことはないですけど
そういかないのです。

> 御会式の内容は、嘗ては聖教新聞で詳しく報じていましたが、今は絶対に教えないですね。大御本尊様を否定した今、知られたら堕地獄の新興宗教である事が末端の学会員に露呈しますので。

まぁ今は創価に都合の悪いことは何も教えないし
誰も聞かないのでしょう。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。


> 大聖人様の魂を拝することは
> 出来ないのかと。

> 折角、日蓮大聖人様が、
> 末法の頭の悪い私達に
> 三大秘法のご本尊様を
> ”設定”されたのに。

ここが大事ですね。
研鑽や研究も大切な事ですから
それを軽く見るつもりはありません。
ただ、所詮我々は「末法の凡夫」なのです。
末法の凡夫の心に仏性はあったとしても
自力でそれを開けないんですよね。

大聖人様から日輿上人様へ

管理人様お久しぶりです。

昨日内のご住職が奥様と一緒に私と内のお袋をご住職のお車で、御山に連れて行ってくれました。
私は昨年の8月に一度行ってますが、
お袋は30年ぶりの御戒壇様でした。
まだまだ学会癖は残っていますが、
どんどん御戒壇様に会いに行きたいと思います。
その道中、ご住職が何故日蓮正宗が正しいのかを語って頂きました。
大聖人様の弟子の中で日輿上人のみ
大聖人様と一緒に佐渡の地で発迹顕本をされた大聖人様とあの厳しい流罪を過ごされ、我が身で、大聖人様の御振る舞いを見ていた。
他の弟子は、大聖人様の側に居なかった。
だから、弟子の中で唯一大聖人様が仏だと信じられたし、御戒壇様の御図顕を手伝われた。
だから、日輿上人が残して伝えている御戒壇様を護り続けているから尊い。
昨日の富士山は本当に良かったです。
管理人様も早く、奉安堂での猊下様と一緒に御戒壇様に読経唱題をして下さい。

ひごちゃんさん

こんにちは。おひさしぶりです!

> 昨日内のご住職が奥様と一緒に私と内のお袋をご住職のお車で、御山に連れて行ってくれました。
> 私は昨年の8月に一度行ってますが、
> お袋は30年ぶりの御戒壇様でした。

実は、私の母も今度の日曜日に人生初の登山に行くと先日電話がありました。
母自身が「行く」と決めて支部登山に申し込んだみたいで嬉かったです。

> その道中、ご住職が何故日蓮正宗が正しいのかを語って頂きました。
> 大聖人様の弟子の中で日輿上人のみ
> 大聖人様と一緒に佐渡の地で発迹顕本をされた大聖人様とあの厳しい流罪を過ごされ、我が身で、大聖人様の御振る舞いを見ていた。
> 他の弟子は、大聖人様の側に居なかった。
> だから、弟子の中で唯一大聖人様が仏だと信じられたし、御戒壇様の御図顕を手伝われた。
> だから、日輿上人が残して伝えている御戒壇様を護り続けているから尊い。

そうですね。昔「小説日蓮大聖人」を読んだとき、佐渡での大聖人を想う日興上人の場面は泣きました。

> 昨日の富士山は本当に良かったです。
> 管理人様も早く、奉安堂での猊下様と一緒に御戒壇様に読経唱題をして下さい。

はい。もうしばらくお待ちくだい。

おめでとうございます。

お母様の登山おめでとうございます。
本当に良かったです。
支部に依りますが、御開扉の時間に
バスを奉安堂の横の駐車場に乗り入れる場合がありますので、確認をされたら良いと思います。
それと学会の本尊はお寺に持って行かれるとの事で、それがいいと思います。
内も嫁さんの御守は学会に返却
家の学会特別本尊は、お袋経由で
学会幹部に返却
最後のお袋の御守本尊は、お寺に持っていきましたが、お寺で処分せず、本山にて
然る化儀に乗って供養後処分されるそうです。
学会は、御本尊様を物としか捉えていないみたいなので、おかしくなったのだと
思います。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR