お前もなのか!

今夜は男子部活動家時代からの付き合いのあるU君の家で夕食。
いまさっき帰宅したところだ。
U君は俺と一緒に男子部時代に
組織活動から追放された男子部員の一人で
このブログでも書いたが組織から追放されたのに、
15年間も聖教新聞を購買させたれた男。
しかも単身者なのに複数部。
新聞代だけで15年で100万以上騙し取られたヤツだ。
そして、約2年目の引越しを機に聖教をやめ
同じ会社の支部長に新住所を教えない。
といったら「統監落とす」と脅された男でもある。
そのU君が俺に報告があると話を切り出した。
件の支部長と先日久しぶりに会社の食堂であったときのこと
支部長に自分の統監はどうなっているのか?と尋ねると
「とっくにU君の統監は落としたよ」とあっさりと言われたとか。
理由を聞くと「引越し先の住所を教えないから行方不明扱いだ」と。
そこでU君は、支部長と同じ会社で
携帯番号を変えてないし着信拒否もしていない。
いつでも連絡つけられるのに行方不明会員っていうのはおかしいんじゃないか?と抗議をしたら
「支部内にない会員は地元に支部に統監を送るのが決まりだ。送れないから落としたんだ」と言われたとのこと。
お前も?
お前もなのか!

ここで少し話は変わるが
年末に俺がまぁ仲のいい壮年部幹部に
統監のことを話したとき、その壮年部幹部がいうには
「今は結構統監落とすの早いんですよね。だからボクの折伏した人の統監は送らないで残しているんですよ」
という話をきいた。
折伏相手の組織に統監を送ると落とされちゃうから自分の組織に残しておく。
というまぁ割と「あるある」の話なんだが
これって、件の支部長と言ってることが違くね?
支部内にいない会員の統監は地元組織に送るのキマリという支部長。
支部内にいないのに統監を地元組織に送らない圏幹部。
「学会の統監のルールは厳格に守られている」
なんてブログに書いている創価員が昨年いたが
俺が書いたように、創価の統監なんて幹部の腹一つなんだな。
(知ってたけど)
統監を送らない圏の壮年部幹部は、統監を送るよりも
自分で面倒見たほうが信心をやめる可能性が低い
そう思ってるから送らないわけでしょ?
「信心をやめさせない」という観点に立てば
U君も元の支部に統監を置いておいたほうが絶対いいわけだ。
なんだかんだで20年くらいその支部内にいて
彼と交流がある学会員もいるわけだから。
それを「行方不明者」扱いで統監を落とした。ということは
「創価をとっととやめてくれ」「信心なんてしなくていい」とい意味だよね。

まぁ、15年以上も前に組織活動から追放したんだから
当然と言えば当然なんだろうけど
じゃぁ、なんで単身者の彼に毎月3部も聖教新聞入れていたんですか?
自動更新になっている。とU君は言っていたが
「自動更新」なんていうシステムあるんですか?
俺の知る限り当時の啓蒙は最長1年だったはず。
「自動更新」なんて説明して、口座振替にして、
会合の連絡すらしないのに3部も購買させる。
途中で「どうしますか?」ってU君に訊かなかったのは
やめられたり減部されるのを恐れたからでしょう?
そういうことを15年も続けておいて
100万円以上の金を使わせておいて
引っ越したら、支部長とと同じ会社にいるのに
「行方不明者」として統監を落とすって・・・
こんなことをして心が痛まないのかな?
仏法者としての自分を恥じないのだろうか?
こういう行為をサギと言わないでなんというのか?
「自己責任」とでも言うのか?
本当にこいつ等のやり口には毎回反吐が出る。
「クソ虫野郎だな」とU君と頷きあった。
だたU君の場合は俺と違って退会扱いじゃないから
「統監を復活させることができるよ」。って言ったんだけど。
「もう結構です」との返事。
「じゃぁ支部長に15年分の新聞代100万返せ!っていってみたら?」というと
「惨めな乞食団体にくれてやったって思いますよ」と。
オトナになったなぁ・・U君よ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

裁判までいかなくても請求書くらい送ってやったらどうですか?(笑)理由書いた手紙添えて。
たぶん払わんやろけど。問題意識もってもらわないと。

先日嫁の実家の裏の学会員が新聞を1ヶ月だけ入れさせてほしいと来たそうです、料金は裏の学会員がはらうそうです♪
義母は近所のよしみでOKしたそうです(笑)
「読まへんけどな~」言うてましたけど。

なんなんでしょうね(--;)学会員ってほんと馬鹿だと思います。こんなことしてもだ~れも信心してみたいなんて思わないし、だ~れも幸せになんてならんのに。
ただただ聖教新聞社は儲かる!(笑)


新聞業界の風習

僕は新聞店で10年ほど働いていたけど。

いわゆる新聞購読の契約書。
ぶっちゃけるけど、実質的には「口約束」とかわらないのが実態ですね。
自動更新については、契約期間終了までに止める旨がなければ購読を続けたいものとみなします、という趣旨の文面があったと思うよ。

契約を「客」が勝手に反故にすれば裁判などで一応は法律上は罪として通るのだろうけど。
けど新聞代金を考えればそこまでやるのは馬鹿馬鹿しいことだし、裁判までやってしまえば、それが「噂」となって、他の「客」が契約に慎重になるのも当たり前のこと。

まぁデメリットのほうが遥かに大きいから、結果的には「口約束」程度でしかないのが実態になってしまうんですね。
裁判まではやれないから「ルーズ」になってしまうんです。
まして自動更新状態なら、いつでも購読をやめられる状態ですよ。

No title

統監なんて結局ええかげんな物なんですね
私も引っ越しの時 住所を言わずに20年間 行方不明
組織とはおさらばしていました S大を卒業していたので 実家には
毎年 なにかにつけて寄付のお願いだけは届いていました
結局 お金さえ入ればいいのです そのころ私が創価に対して疑問を持った
きっかけの一つに 友人の体験発表が聖教新聞にのったのですが
内容を書き換えられていて 友人には全く話がなかったという事が
ありました 全部自分達の都合がいいように作り変えているんです。
池田先生のスピーチを直接聞いたのに 後から出た聖教新聞には
内容が書き換えられていました 人間革命もそうですけど 都合の悪いことは
消去するんです そんな組織 団体なんだと不信に思いました。
それから20年全くの非活になり 縁があってお寺に戻りました
管理人さんも 早く お山に行かれることを望みます
大聖人さまに会われると何もかも かわりますから
私は25年ぶりの登山で やっと止まっていた人生が
前に進みだしました いつかお山でお会いできたらと思います。

元創価班さん

こんにちは。

> 裁判までいかなくても請求書くらい送ってやったらどうですか?(笑)理由書いた手紙添えて。
> たぶん払わんやろけど。問題意識もってもらわないと。

もちろん返金しませんが、「返金しろ!」くらい言って少しは脅した方がいいですね(笑)

> 先日嫁の実家の裏の学会員が新聞を1ヶ月だけ入れさせてほしいと来たそうです、料金は裏の学会員がはらうそうです♪
> 義母は近所のよしみでOKしたそうです(笑)
> 「読まへんけどな~」言うてましたけど。
> なんなんでしょうね(--;)学会員ってほんと馬鹿だと思います。こんなことしてもだ~れも信心してみたいなんて思わないし、だ~れも幸せになんてならんのに。
> ただただ聖教新聞社は儲かる!(笑)

バカみたいとうか哀れというか・・・
成果が欲しかったんでしょうね。
「贈呈」って・・
同じ2000円払うなら、月に1度一緒にランチするとかした方が
余程友好が広がると思いますけど。

太ちゃんさん

こんにちは。

> いわゆる新聞購読の契約書。
> ぶっちゃけるけど、実質的には「口約束」とかわらないのが実態ですね。
> 自動更新については、契約期間終了までに止める旨がなければ購読を続けたいものとみなします、という趣旨の文面があったと思うよ。

私の知り限りでは、聖教新聞の申し込み用紙にはそういう文言がなかったような・・・
いづれにしても、問題は「組織活動に参加させない」と申し合わせていながら
新聞だけは単身世帯に複数部をしかも15年に渡り入れ続けた。という事です。
組織に出させない。のに何故新聞が必要なのか?1部ならまだしも3分も。
しかもその15年の間、一度も「どうしますか?」と聞いてこない。
当然そういう状況であることは支部・地区の幹部は知っている。
そして今度は統監の抹消ですよ?
新聞を一人で3部購読するなんて、バリ活だってそうそういませんよ。
法律云々というようりも、
「人」としての最低・底辺だと感じます。

真実の創価同窓の集いさん

こんにちは!

> 統監なんて結局ええかげんな物なんですね
> 私も引っ越しの時 住所を言わずに20年間 行方不明
> 組織とはおさらばしていました S大を卒業していたので 実家には
> 毎年 なにかにつけて寄付のお願いだけは届いていました

そうなんですよね。
ところが創価の統監管理は厳格に運営されている。
なんて、妄想とも虚偽ともつかないことを、
バリ活連中は言うんでよ(笑)

> 結局 お金さえ入ればいいのです そのころ私が創価に対して疑問を持った
> きっかけの一つに 友人の体験発表が聖教新聞にのったのですが
> 内容を書き換えられていて 友人には全く話がなかったという事が
> ありました 全部自分達の都合がいいように作り変えているんです。
> 池田先生のスピーチを直接聞いたのに 後から出た聖教新聞には
> 内容が書き換えられていました 人間革命もそうですけど 都合の悪いことは
> 消去するんです そんな組織 団体なんだと不信に思いました。

確かにそれはありますね。上から末端組織までそうした体質は蔓延しています。
なんなんでしょうかね?あの体質は。

> それから20年全くの非活になり 縁があってお寺に戻りました
> 管理人さんも 早く お山に行かれることを望みます
> 大聖人さまに会われると何もかも かわりますから
> 私は25年ぶりの登山で やっと止まっていた人生が
> 前に進みだしました いつかお山でお会いできたらと思います。

そうですか。
私も内得信仰に切り替えたので、
お山もぐっと近くなりました。
もう目の前です。

管理人さん

 創価は変節してきたと思ってましたが、もう終わってますね。 しかし、上の堕落は、下の嘆きかと思ったら、なんのことはない、安易で楽な方へ行きゃいいんだから、その「徹底ぶり」は早い。 これを仏法では「魔の働き」と言いますね。  

 多くの現有会員さんは、「なんとしても信心につけなくては、 見放したらいけない」とかいうような、心情(あえて慈悲とは言いませんが)」もなく、恣意的な処分だろうが、なんだろうが、やっちゃう。  「役にたたない部員」は斬る。「異を唱えるものも斬る」  そんな退嬰ぶりがすでに蔓延してたんでしょうね。 命の本音の部分では。  

 まっこと、破壊は一瞬、のご指導通りだったね。  我が家も「加速」しましょう。(笑)  目下、「次男対策中」です。

誰かバリ活の脳みそ調べてやってくださいな

こんにちは。

聖教の購読申込みですが、何ヶ月とかとは別に『長期』ってのがありましたよね。
本人が止めると言わない限りは何十年だろうと継続という。
活動家世帯の1部だけはそれになってたような気がします。
あとの悪名高きゴミ箱直行マイ聖教の複数部は、その都度白々しく『推進用紙』を出して白々しく成果にすると。バリ活が何と言い繕おうと、どこからどう見ても堂々の悪徳商法でございます。
管理人さんのご友人の場合は、もしかしたら1部だけは長期だったのかもしれませんが、あとの2部はずーっと現場の美味しい成果になってたんでしょう。
ご友人はよくよくお優しい方で地元の学会員は命拾いしましたね。
私だったら多分修羅場です。
早々に販売店店主が生け贄になるかと思われます。これで食べていらっしゃるのですから当たり前です。
パソコンポチポチして「あなたの名前で申込みになっています」なんて言われたひには用紙の筆跡を見るまでは帰りません。推進用紙を書いた張本人から全額集金し直していただかないと。販売店で対応出来ないなら本社ですか?消費者センターですか?警察ですか?といつまでもねちねち言ってやりますわよ。

しかも統監を勝手に落としておきながら聖教だけは入れ続ける。というあたりが極めつきのカスですね。創価では珍しくもない日常的なこと?さすがはカスの中のカスです。
何で本人に一言も確認せずにやらかしちまうのでしょうか。
揃いも揃って誰も、何も、おかしいって思わない・言えないのが創価の諸悪の根源です。
目先のくだらない成果に追われて人を数としか見ていないからこそ出来得ること。そんな根性だから、いくら選挙の時だけヘラヘラしたって世間さまから嫌われるのです。法華経の行者だから諸難がどうたら寝言は寝てから言ってくださいね。嫌われるようなことばかりするから嫌われる。それだけのことです。

つくづく、此の期に及んでいまだ何の疑問もなく喜々として学会活動に精を出しているような方々は、頭が相当悪いか精神に絶望的不具合がおありか。そんなところなんだと思います。
前記事の科学的検証ではありませんけれど、バリ活の脳みそにどんな不具合が起きているのか偉い先生に検証してもらいたいものです。

小樽問答

いつもお世話になります。

せいきょ新聞を
活動家でもない人に
重複購入させといて、
酷い話です。

活動家諸氏が自前で最低10部は
購入する様に学会指導されたら
良いと思いますよ。

小樽問答の記録テープを
書き出した文章を読む機会が
あったので斜め読みしました。

身延に対する学会の言い分は、
御書の何処に書いているのか?
キツネや蛇を拝んで良いと?

今の学会に聞いてみたい。
御書の何処に
センセの御手紙たる
せいきょ新聞を何部購入すれば
成仏できると書いてあるのか?

御書の何処に
まだ生きてる
師匠を祈れと
書いてあるのか?

蘭房(RAMBO) さん

こんにちは。

>  創価は変節してきたと思ってましたが、もう終わってますね。 しかし、上の堕落は、下の嘆きかと思ったら、なんのことはない、安易で楽な方へ行きゃいいんだから、その「徹底ぶり」は早い。 これを仏法では「魔の働き」と言いますね。  

なんだか急速に腐ってきましたね。そんな感想です。

>  多くの現有会員さんは、「なんとしても信心につけなくては、 見放したらいけない」とかいうような、心情(あえて慈悲とは言いませんが)」もなく、恣意的な処分だろうが、なんだろうが、やっちゃう。  「役にたたない部員」は斬る。「異を唱えるものも斬る」  そんな退嬰ぶりがすでに蔓延してたんでしょうね。 命の本音の部分では。  

これが今の創価の言う「信心の団結」ってやつなんですかね?
創価学会仏を信じない奴はいらない。と。
まぁ、純度が増したいえば増しましたが
あくまでも「謗法の純度」が増した。ということですが。

>  まっこと、破壊は一瞬、のご指導通りだったね。  我が家も「加速」しましょう。(笑)  目下、「次男対策中」です。

そうですか。
蘭房さんのところも確実に前進してますね。

牡丹さん

こんにちは。

> 活動家世帯の1部だけはそれになってたような気がします。
> あとの悪名高きゴミ箱直行マイ聖教の複数部は、その都度白々しく『推進用紙』を出して白々しく成果にすると。バリ活が何と言い繕おうと、どこからどう見ても堂々の悪徳商法でございます。

「送りつけ商法」ってやつですね。

> 管理人さんのご友人の場合は、もしかしたら1部だけは長期だったのかもしれませんが、あとの2部はずーっと現場の美味しい成果になってたんでしょう。

そう思いますよ。そしてその成果は件の支部長の成果にもなっていたわけです。
(支部長の前はU君の地区の地区部長でしたから)

> パソコンポチポチして「あなたの名前で申込みになっています」なんて言われたひには用紙の筆跡を見るまでは帰りません。推進用紙を書いた張本人から全額集金し直していただかないと。販売店で対応出来ないなら本社ですか?消費者センターですか?警察ですか?といつまでもねちねち言ってやりますわよ。

いや。その前に牡丹さんや私なら15年も政教なんて購読しませんって(笑)

> しかも統監を勝手に落としておきながら聖教だけは入れ続ける。というあたりが極めつきのカスですね。創価では珍しくもない日常的なこと?さすがはカスの中のカスです。

そこなんですよ。15年間複数部の聖教を購読させていた。ことを怒っているわけじゃないんです。
U君を事実上組織から追放したくせにその後15年も聖教新聞だけ自動更新している。といところなんです。
地元の座談会にすら参加させない会員に聖教新聞を購読させて本人に何の意味があるのでしょう。
そういう薄汚いことをして挙句に勝手に統監を落とす。
こんなの「カス」というより「サギ」です。
な~にが「麗しい人間共和の創価家族」ですか?
どの口がそんなこと言うんだ。って感じですね。

> 前記事の科学的検証ではありませんけれど、バリ活の脳みそにどんな不具合が起きているのか偉い先生に検証してもらいたいものです。

わぁ~。牡丹さんと全く同じことを思っていました。
大御本尊の科学鑑定よりも「創価脳」のメカニズムを科学で解明する方がより価値的です。
それがわかれば不幸な人も減るし、「創価脳」の治療法もみつかりますからね(笑)

退転壮年部おじさんさん

こんにちは。

> せいきょ新聞を
> 活動家でもない人に
> 重複購入させといて、
> 酷い話です。

活動家でないというか、
組織から追放して活動家でなくしたんですよ。
酷過ぎです。

> 小樽問答の記録テープを
> 書き出した文章を読む機会が
> あったので斜め読みしました。
> 身延に対する学会の言い分は、
> 御書の何処に書いているのか?
> キツネや蛇を拝んで良いと?
> 今の学会に聞いてみたい。
> 御書の何処に
> センセの御手紙たる
> せいきょ新聞を何部購入すれば
> 成仏できると書いてあるのか?
> 御書の何処に
> まだ生きてる
> 師匠を祈れと
> 書いてあるのか?

本当に。
というか、今の創価の言ってることは「身延」と変わらない。
いや大聖人をご本仏だと言ってる分身延より酷いです。

斜め読みの罪。

大変失礼しました。
学会と共に戦ってたのに
無情にも斬られた方なのですね。
今となっては大聖人様とは
関係ありません!
魂が遊飛しました!

僕らの凡夫会長先生が
認証した御本仏が信仰の対象です!

と、寒い脳味噌になった組織から
離れられたのは幸運だと思いますが、

いっぽう!

なんて無慈悲な!
哀しみよりも怒りを覚えますょ。

今の学会は、結局、
学会幹部のご指導通りに、
学会活動
(新聞啓蒙、法戦、最後にコピー本尊流布)をソツ無くこなす方々が

幸福境涯に達し、

少しでも異を
唱える方々は
信心が狂ったとか、
あいつは魔に
犯された馬鹿な奴と
言って、終わりなんです。

私はセンセを拝むくらいなら、
キツネの頭でも撫でてやりますけど。


退転壮年部おじさん

  寒いですねえ、 私の記憶ではご家族そろっての「お正月」は何年ぶりでしたでしょうか。  嬉しいですね。

さて懐かしい小樽問答の話題ですね。 30年代初期でしたか、、

どういうわけか「小樽問答史」の本が手もとにあるのですが、その当時は興奮して読みました。  

 結局、「本尊論」だったわけです。 当時の辻青年部長が、大御本尊様はいづこにありや!? 言ってみろ!」とやるわけです。  要点はここで、あとはガッカイ側の聴衆(過半数)が身延の僧侶をやじり倒す。 慣れてない僧侶は「アワワワ、、」と絶句。 それをまたはやし立てる。。という有様でした。 本尊云々でいえば、身延では、稲荷や鬼子母神の本尊もあるらしいが、一体どういうことだ!とやる。  「いや、これは、、別勧請で、、、」とか言う。 大聖人様を仰ぎながら、別の本尊とはなんだ!、!と責める。  そうだそうだ!!!と観客、、

 まあ、大騒ぎで身延にとっては完全にアウェイ感覚だったようでした。

 今度は創価がやられることになります。 それがスジです。 広宣部さんも、もう攻め手もなくなっちゃってます。  でも代わりに創価は「権力(政治力・財力)を手に入れました。  これが総体革命だそうです。

 ちなみに「総体革命」の命名者は 故・原島教学部長か山崎正友氏だったような。  いずれも脱会されましたが、今はこの言葉もあまり使ってませんね。

 でも世界各国でこの「総体。。。」をやればそれが「広宣流布」なんでしょうかね。
 手の内はもう読まれてますが。(笑)

蘭房殿御返事

私のごとき退転者に
コメントを拜し恐縮の極みと
存じます。

世法には、因果応報なる言葉が
ございますが、

大聖人様にツバを吐けば、
我が身に降りかかるのは
物事の道理だと拜します。

学会員さんは何の為の信仰なのか?

それはさておき、

蘭房Jr様のご多幸を
大聖人様に御記念申し上げつつ。

小樽問答の真実

●小樽問答
懐かしい言葉ですね~、当時から創価はイ○チキだったんですね。
相手を謀略にはめ、貶める手法はこの時から使われだしたんですかね。
1、相手に反論の機会を与えない
2、法論なのに相手の私生活を暴いて人格攻撃する。

●小樽問答で使った手法を日蓮正宗に対してもつかってます。
もし、興味があれば読んでください
当時のバリ活さんの様子もわかります(完全にイカレてます)
http://www5c.biglobe.ne.jp/~lotus/newpage17otaru.htm

退転壮年部おじさんへ

  こんにちは。 お返事ありがとうございました。

 お願いですからそんなに恐縮なんぞしないで下さいませ。 恥ずかしくなり、今まで穴の中に隠れてました。 (今、復帰)v-15

 息子のことまでありがとうございました。  時間がかかるかも知れませんけど、なんとか根無し草にだけはしたくないということです。  無宗教なのは元来 恥ずかしいことですからね。  無信仰というべきか、、。

 いけだせんせの亡き後、(宗門のある講では、平成22年に死去したと断定してましたが)、新しいシンボルを立てないと、創価はもたないと思いますよ。

 良くも悪くも「人(にん)の世界」です。  今更 変質できないだろうと存じます。  「ただ、一人だけいる」という説もあります。 でも難しいでしょう。 そう思います。

 20万人残ればいい、というのが本音ですから、脱会者はこれからも増え続けると思いますよ。 もう昔とは違って、統監は落とす、面倒なのは切る。  それが実態のひとつ。  S大学卒の系列や職員が譜代大名で、学会系列、(AラインBライン)の会社・企業関連はまだ身内、 一般会員は外様です。  新聞も取らない、多部数に応じない。本幹アレンジ放送にも出ない。財務もしない、、。こんなのは実際に戦力でも何でもない。  だからこのあたりは脱会したっていいということです。 

 これからは、一人ひとりでやっていくしかないんだと私は思っています。 どうか、退転壮年部、、など言わないで、お互い「更生の道(笑)」を歩んでいきましょ。(^^;  

 でも、「ここ」があって良かったですね。  つくづくそう思いますよ。
 

続)蘭房殿御返事

いつも有難うございます。
管理人様のブログに縁する事が
出来たから、
蘭房様にも暖かな言葉を頂けていると
感謝しております。

私は学会員としては
退転者です。

でも、大聖人様に対する信は
貫く決意です。

管理人様や、
善知識たる数々のコメンテーター様のように
私も、お山の大御本尊様に
バリ活の母親と一緒に
お会いできると信じて。

宗旨の根幹

連続コメント大変
失礼します。

学会は、その昔(20数年前)

河辺メモを持ちだし、
時の猊下が
大御本尊は偽物だと言ってたぞ!
なんて不敬なクソ坊主と
揶揄してましたが、

今は、その創価が
大御本尊を物扱い。
我らが「そぉ〜かぁ〜学会仏」と、
言い出す始末。御粗末。

依法不依人(法に依って、人に依らず)
センセを祀りあげても無理があり。

何で大御本尊様を物扱い??

不思議であり、
創価に追従し
盲信し
不幸となる方々には
お可哀想と思う次第です。

さぁ、駄文はさておき、

せいきょ新聞の
通販欄でも見ましょうかな?
片落ちのカニでも売ってないかなぁ?
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる