小樽問答からの伝統だね

「小樽問答」の話が出たので少し記事を書いてみる。
といっても「小樽問答」なんてのはやがて
創価の歴史からも、正宗の歴史からも抹消されるだろうけどね。
もす既に学会の歴史としての「小樽問答」の扱いは
「正宗の僧侶が身延の対論から逃げた」
「変わりに創価が【正法正義】を守るために法論をした」
「学会が大勝利して【創価の正義】を証明した」
なんてことになちゃってるもんね。

SOKAnetにも
※「小樽問答の勝利は、日蓮大聖人の信心の血脈が学会のなかにこそ躍動していることを証明するものでもあったのです」

な~んて書いちゃってるもんね。
「小樽問答」のどこをどう解釈したらば、
大聖人の信心の血脈が云々という話になるのか?

しかもだよ
※「身延派を圧倒する池田室長の司会第一声で、既に勝負は決していたと言える」
なんてさ、いかにも大作センセが勝利に導い風の相変らないロジック(笑)
「歴史を捏造する」ってのは独裁者の専売特許だね。

「小樽問答」の内容については、いまやネットで自由に拾えるので
創価が自サイトで自画自賛しているような内容でないことは周知の事実だが
まず対論の中身を取り上げると
決して「創価」が自力で勝利したわけではなく
創価の言い分は既に正宗が何度も身延派を破折してきた内容そのままで
創価は正宗の過去の言い分をくり返し代弁したに過ぎない。
このことは「砂村問答」や「両山問答」を読んで研鑽すれば一目瞭然。
その程度で終わった法論なのだから、正宗が身延から逃げることは有り得ない。
むしろ「その程度」の話で大袈裟に宗門のことを口に出しちゃった創価の婦人部が悪い。
ザコのチンピラ相手に本家の総長の名前を出した。って感じで
創価が蒔いた種なんだら自分たちで始末するのが当たり前だろう。
そして、よく言われるのが内容云々というようりも
創価側が身延の倍の人数を動員したり
ヤジなどを飛ばして法論にならなかった。って話だが
テープを聞く限りまぁその通りだろうなって思う。
だからといって、あれは法論じゃない。だから負けてない。
っていう身延も身延なんだけどね。
身延が負けてない。っていうなら勝ったのか?といえばそうとも思えない。
まぁ、話の内容は法論だがそのやり方は恫喝といったところだろう。

でも、これが創価の法論の本質であり源泉であることは確かだ。
この「小樽問答」のやり口はその後平成になって
しっかりと「広宣部」に受け継がれたからね。
「広宣部」が他宗の活動家と法論するときのポイントは
「絵面的に勝ったように見えること」が最優先なんだよ。
これは実際に広宣部の幹部がそう指導しているのだから間違いない。
勿論、法の正邪の話はするがそこは二の次だ。
なぜなら相手も活動家ならば「法の正邪」の決着などつかないからだ。
またついたとしても負けた側が改宗することもない。
だからソコよりも「絵的に勝ってる風」することが重要となる。
勢いよく話す。相手が返答不能になるように持っていく。
まぁ色々とテクニックはあるのだが、とにかく
【コチラが終始攻めている印象を周りの人間に見せる】ということが大切だ。
しかも【見せる相手】というのは、相手や相手の周辺の人間でなく
あくまでも【創価側】の人間。つまり学会員に【勝っているように見せる】ということだ。
さらに言えば、相手が二度と絡んでこないように思い切りイヤな思いをさせる。
その方法のひとつとして恫喝も辞さない。
広宣部時代にはコレは広宣部のやり方か。とある意味感心したが、
なんのことはないこの手法は「小樽問答」以来の伝統だったんだな。
今振り返るとそう思うね。

さて話は変わるけどご報告をひとつ。
今日、母のお世話になっているお寺に
学会の御本尊を返納してきました。
お巻して約1週間。
断腸の思いではあったけど
四半世紀題目を上げてきた御本尊は
大御本尊様のもとにお返ししました。
しかしアレですね。
内得信仰ってのも淋しいですね。
でも、五座三座ちゃんとやってます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小樽問答はプロレス的興行

毎度、駄文ばかりで失礼します。

正邪のコントラストが
観衆に解り安いほど、
私の大好きなプロレスは
興行的には成功を収めます。

小樽問答は、それも含めて、
正義役のレスラーと
観衆までも巻き込んだのが良かったのかと。

台本は
(プロレス用語ではブックと言いますが)
既に確立されたからこそ、
学会大勝利!!と、
なったわけで。

私は戸田先生の事を悪くは思わないけど、
世法にも仏法にも精通された方だと思えます。

山本伸一くんも、
師匠の悪い(悪役)ばかりを
真似しなければ良かったのにね〜。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

読まなくてもいいですよ。
学会員さん(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

了解。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 私は戸田先生の事を悪くは思わないけど、
> 世法にも仏法にも精通された方だと思えます。
> 山本伸一くんも、
> 師匠の悪い(悪役)ばかりを
> 真似しなければ良かったのにね〜。

そうでうね。
伸一君は結局、師匠のことを理解できなかったのでしょう。
で、勝手に師匠も自分の都合のいいように作り上げた。
小説ですからね(笑)

駄文連文は以上です。

新人間ファンタジー小説を
拝見致しましたところ、
伸一くんには、
その当時から
学会を託す人材が居ない事が
わかりました。

会長辞任を側近に聞けば
時の流れと言われ落胆。

まるで弟子達が不甲斐ないと
言う始末。

後に、私を守れ!
創価の指導者は三代までだぁ!
と、言われた本当の理由が垣間見れます。

戸田先生の指導が伸一さんには
何にも理解ができなかったから
こそ、
今の学会の現状なのでしょう。

ましてや、
大御本尊様も否定するなど、
創価凡夫の腐脳で良くも言われたと。

頭の悪い私でも
大聖人様の御怒りを恐れます。

何回も駄文を書き込みまして
申し訳ございません。

しばらく、おとなしく致します。
(( _ _ ))..zzzZZ

管理人さん

 こんにちは。 ここは快晴です、ひさしぶりの。v-278

 しかし、ここに来させてもらい始めて、いろんなテーマを拝見したり、コメント投稿させてもらいましたが、実に様々な論点がありました。 で、それはどれをとっても問題点があり、香り立つうさん臭さに満ち溢れたものでした。   信じてきたものがそれこそぜーーんぶ、ウソだったのは、まるでオセロゲームのようです。  負の一発逆転でした。 もう「小樽法論」については内容についてコメントは致しませんが、それは心身共の極度のアレルギー反応が出てしまうからです。  つまり私の心と記憶の中の「あの頃は良かった」の事象までもが、ことごとく消え去っていく過程の苦しさ・虚脱を、端から消化し続ける作業が、またまたオーバーヒートして燃え上がりそうだからです。  ことさらに言う理由は、

 私の中では「小樽法論だけは、創価による大聖人様の真実証明であり、輝かしい歴史」という位置づけであったからです。

 昨日からそれを感じていました。 これの比重の重さに改めて気づいていました。  

 今日の天気はまるで、皮肉のような明るい日差しに満ちて輝いております。

 世界では「TRUNP現象」の話題ばかり。   学会にもTRUNPは確実に居ます。

 嵐の時代が始まっています。 世界でもガッカイでも。
 

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 新人間ファンタジー小説を
> 拝見致しましたところ、
> 伸一くんには、
> その当時から
> 学会を託す人材が居ない事が
> わかりました。

そうでしょうか?
伸一君が地位を譲りたくなかった。と私は思ってます。

> 会長辞任を側近に聞けば
> 時の流れと言われ落胆。
> まるで弟子達が不甲斐ないと
> 言う始末。

弟子が悪いのは師匠のせいですね(笑)

> 戸田先生の指導が伸一さんには
> 何にも理解ができなかったから
> こそ、
> 今の学会の現状なのでしょう。

はい。その通りです。
でなければ戸田先生を利用したかのどちらかです。

> 何回も駄文を書き込みまして
> 申し訳ございません。

いえいえ。全然OKです。

> しばらく、おとなしく致します。
> (( _ _ ))..zzzZZ

そんな事仰らないで、お好きにコメントしてください。

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

こんにちは。

>  私の中では「小樽法論だけは、創価による大聖人様の真実証明であり、輝かしい歴史」という位置づけであったからです。

そうですね。でもそれは「小樽問答」だけではなく、
日蓮正宗創価学会は確かに大聖人仏法の正義を証明したことは事実です。
しかし、日蓮世界宗創価学会になり
ご本仏を捨てたいまは全てが虚構になりました。
仏法は三世の因果です。
いまが謗法ならば過去のすべてに遡って謗法になり未来も然りです。
その逆の道を歩みたいもんですね。

管理人さん

  その通りですね。  何も言うことはありません。  

管理人さんのランボさんへのコメント

三世の因果…
なるほど♪そういうことか!(笑)
なんで今が過去に影響するのかわかんなかったけどお二人のやりとり読んでてわかりました!(*^^*)
未来をかえるのも今、過去をかえるのも今なんですね。うわすげぇめちゃわかった。

すげーぞこのブログ!

コメントが遅くなり、本当に申し訳ございません。
わざわざ私のために記事をご執筆いただきまして、心より御礼申し上げます。

質問ばかりで大変恐縮なのですが、
また疑問がございます。

●管理人さまは、創価学会員以外の方を、大御本尊信仰に向かわせようというお考えはおありでしょうか?
私は信仰は一切しておりませんが、創価学会員に、勧誘されたことにより、創価学会に関心を持ち、本サイトに行き着きました。
しかし、管理人さまの言うことは、正直なところ、共感しかねます。
大御本尊なるものが絶対だと言うご主張の根拠がよくわかりません。日蓮が書いていなくても、後世の法主が認めているからオッケーという論理は、私には全く理解できないのです。
また、三証については、私も少し勉強しましたが、確か現証が一番大事というような話ですよね?
日蓮正宗=大御本尊と分離したあと、不幸になる創価学会員が増えたという現証はあるのでしょうか…?

●創価学会を除名になったことにより、低下するであろう学会内での自分自身の影響力については、どうお考えでしょうか?

重ね重ねお手数をおかけし、大変恐れ入りますが、
何卒よろしくお願いします。

元創価班さんへ

 初めてご貴殿へのコメントだと思います。 もう深夜ですが、仕事中です。

 「時間の概念」は常に興味と好奇心が湧き、最近読んだ記事では、時間の存在については人類最大の錯覚だ、というのがありました。 時間なるものは存在しない、というものです。 また、今更の引用はおかしな話ですが、池田センセイの対談「生命を語る」の中でも、「宇宙に時間は存在しない。 そこにあるのは生命と運動だけである」という一節があったのを覚えています。  

 確かに未来は文字通り、いまだ来たらず、であるし、過去は脳の記憶媒体に残っているだけですね。  人間の実存はどうやって証明できるのか、ということになると、デカルトの言を借りれば、考えている自分は疑えない、ということなのでしょう。

 私事ですが、私はいい歳になってもパニック障害です。 一度だけカウンセリングを受けました。  その際、小柄でかわいい中年のカウンセラー(女性)さんは言いました。  私の小学校時代の不登校クセに遡るのです。

 「朝、学校に行けなかったという記憶」を変えましょう、と言うのです。 

 意識の中でそれを「ちゃんと教室に入れた」というふうに。

 時間がなくて、その機会はそこで終わりましたが、今も覚えているのです。

 これは面白い、と思いました。 「そうだ、『どうにでもなるんだ』な。」と案外すなおな私は以来、それを適用しています。  

 これは「過去を変えれば今が変わる」の伝なんだな、と思います。

 ならば、逆もまた真なり、で、今が変われば今まで信じていた過去も変われる。

 未来もまたそうなる。 専門家からしたら、幼稚な論理なんでしょうが、仏法はそれで良いと説く。   また、最近はもっぱら人生は絶えず「今」しか存在しないわけだし、希望の未来を志向するのと同時に、過去(記憶)も輝かせてもいい、と思う私であります。

 カウンセラーさんは哲学・宗教のジャンルで仰ってはいなかったのでしょうが、心理の可能性、あるいは盲点を突いて、教えてくれようとしたのでしょう。

 そんなこんなで、私は存在論とは「永遠の今」だと思えるようになりました。 

 久遠即末法  時間は縦横無尽ですね。 だって今にしか起点もなく因果具時であるから、結果も今に内包される。  これを心から「実感」できたらすごいですね。

 支離滅裂でごめんなさい。  

 

元創価班さん

こんにちは。

> 三世の因果…
> なるほど♪そういうことか!(笑)
> なんで今が過去に影響するのかわかんなかったけどお二人のやりとり読んでてわかりました!(*^^*)
> 未来をかえるのも今、過去をかえるのも今なんですね。うわすげぇめちゃわかった。

そうですね。そこがこの仏法の真骨頂ですね。
過去の謗法も今から変換できます。
私でも救われのですから(笑)

非意味的切断さん

こんにちは。

> コメントが遅くなり、本当に申し訳ございません。
> わざわざ私のために記事をご執筆いただきまして、心より御礼申し上げます。

とんでもありません。テーマとして素晴らしかったので記事にさせていただきました。
また、コメントが遅いとかコメントをしないとかそんなことは気にしないでください。
コメントしようとしまいとそれは、非意味的切断さんの自由で構いません。
コメントやリコメがないかといって非難するつもりはありませんので気にしないでくださいね。
(創価カツドウカさんなんてほぼ書き逃げ状態です(笑))

> ●管理人さまは、創価学会員以外の方を、大御本尊信仰に向かわせようというお考えはおありでしょうか?

それはもうご縁があればその気持ちはあります。

> しかし、管理人さまの言うことは、正直なところ、共感しかねます。

それが普通の人の感覚です。わたしも入信前は全く共感しませんでしたから。

> 大御本尊なるものが絶対だと言うご主張の根拠がよくわかりません。日蓮が書いていなくても、後世の法主が認めているからオッケーという論理は、私には全く理解できないのです。

この「本尊義」というのは、この信心をしている人でも迷うのです。
あの、池田大作先生すら結局大聖人仏法の「本尊義」に迷ったのですから理解できなくて当然です。
まず基本的に大御本尊は「書かれた」もではなく板に「彫刻された」ものです。大聖人が楠木に書いたお文字を弟子が謹刻したとされています。それについて「それはウソだ」「ニセモノだ」と論議する人たちが後を絶ちません。
さて記事にも書きましたが「仏法」の相伝とは「法門(経典)」ではなく「法体」を伝えるということなのです。釈尊も「経典」は一つも残していません。伝えたのは「法体」です。そしてその相伝の方法は「唯受一人・口決相承」です。
大聖人仏法においてその相伝を受けたのは日興上人であり以来歴代法主に相伝されています。
「後世に法主が言ってるだけ」という部分を懐疑的にとらえているのだと思いますが、むしろ歴代法主が認めているからこそ「ホンモノ」だと主張しています。大御本尊を否定している方々は大聖人の何を知ってるのか?何も知らない人たちです。遡れば大聖人につながっている法主と大聖人に縁もゆかりもない人たちとどっちの言い分を信じるのかは各個人の考えによります。

> ●創価学会を除名になったことにより、低下するであろう学会内での自分自身の影響力については、どうお考えでしょうか?

まづ申し上げてあきますが、私は「除名」になっておりません。
「除名」であるなならばその旨を私本人に誰かが伝えなければいけません。
「退会」扱いですが、「退会届」も出していません。
ブログに書きましたが「勝手に退会したことにされ会員資格を喪失した」のです。
また学会内での影響力はいままでも特にありません。
なにせ15年以上前に組織を追放されていますから。
ただ学会に影響力がある会員(カツドウカ・幹部)の知り合いは大勢いますので
多少の不都合は有るかもしれませんが問題ないと思っています。
無慈悲なようですが私が救いたいのは「私と縁した学会員」であって
その他の知らないバリ活さんを救済するつもりはありません。
もちろん「破折」することが救済になるのですがそれ以上の思い入れはありません。
そして私と縁のある会員さんは私が今の状態でもあって話くらいはしてくれます。
私は「除名」でもなく、自ら「退会」したわけでもありませんので尚更です。

少し長くなってしまいましたので「三証」については
改めてお返事させていただきます。

管理人さんランボさん。

創価時代に過去世がどーのこーのとか言われてたから自分の中で話がややこしくなってたんですね(--;)
現世で言ってくれればわかりやすかったのかも。 過去世のことなんかわかんないですもん。
いや~すっきりしたわ~(笑)

パニック症か…実は創価時代うちの嫁もなってました。創価から離れちょっとずつよくなって今はすっかり完治しましたよ。
医者にももう来なくていいって言われました。

オカルトは嫌いですが、創価はやっぱそちらの病気の人多いですね(--;)
活動家やってた時もそれは感じてました。
今でも創価の友達にもおります。
どっか無理があるんやろね~



元創価班さん

こんばんは。

> 創価時代に過去世がどーのこーのとか言われてたから自分の中で話がややこしくなってたんですね(--;)
> 現世で言ってくれればわかりやすかったのかも。 過去世のことなんかわかんないですもん。
> いや~すっきりしたわ~(笑)

スッキリしてくれたなら良かったです。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR