非意味的切断さんのコメントへ(三証について)

非意味的切断さんからの「三証」の関するコメントですが
「三証」に関しては少し書きたいこともあるので記事にします。
コメントの内容は、
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
また、三証については、私も少し勉強しましたが、確か現証が一番大事というような話ですよね?
日蓮正宗=大御本尊と分離したあと、不幸になる創価学会員が増えたという現証はあるのでしょうか…?
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
とのことです。

まづ
@「確か現証が一番大事というような話ですよね?」@
このご質問なのですが、
多くの学会や顕正会のカツドウカ さんたちが
文証・理証につまると口にするテッパンの主張です。
そのロジックとしては
「文証や理証よりも現証が一番で、私(或いは創価)は実際に結果(功徳)を出したてきた。
だから創価(或いは大作センセ)は正しい」といったものです。
で、この現証が一番大事。という論拠になっている文証が、

◆日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず(三三蔵祈雨事)

この御文です。この部分をもって「現証最上位」論を主張するのですがその主張は間違っています。
上記の御文において道理・証文・現証は「日蓮仏法をこころみる」にかかっている言葉です。
この「こころみる」を「仏法の正邪を決する」と通解しちゃう人もいますが
まづそうした通解は、通解からして間違ってます。
なぜなら大聖人はおおくの御書で仏法の正邪は文証によるようにと言われていますから
この「こころみる」というのは「正邪を決める」という風に通解するのは他の書との整合性がとれません。
で、「こころみる」というのはその言葉の通りに「試してみる」という意味です。
結論を言えば上記の御文は、個人の信心に約したご教示です。
ですから「文理より現証の方が重要だ」という意味ではありません。
例えば今現在、非意味的切断さんとこうして対話していますが
私が文証・理証を話しても非意味的切断さんには納得できないことが多いと思います。
つまりこの信心を試すなら、文理よりも現証の方が分かりやすい。と意味です。
ですから通解としては
「日蓮仏法を試してみるにあたっては文理を理解することも大切だけど、それよりも実際に自分でやってみてその結果を見たほうが早いし分かりやすいですよ」ということです。
このように個人の信心に約しているわけで、
決して「三証」の中で「現証が最上位」という意味ではありません。
これは自行の辺で、化他行の辺でも同じように

◆凡夫は此の経は信じがたし又修行しても何の詮かあるべき是を以て之を思うに現在に眼前の証拠あらんずる人此の経を説かん時は信ずる人もありやせん(法蓮抄)

とあるように、凡夫はなかなか文理ではこの御本尊を信じることができず
この信心をやっても意味はない。と思ってしまいますが
実際に現証を示している人が話せば信じる人もいるでしょう。
そうした意味で「現証」の大事を言われています。
自行化他いづれにしてもこれらはあくまでも「個人の修行」に訳せば
「現証」は文理より大切ですよ。言われているのです。

では、「法の正邪」を問うとき(対論・法論)においてはどうかというと

◆但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず(唱法華題目抄)

と言われているように「現証」よりも文証そして理証が優先になります。
そうした違いが理解できないのが
ご都合主義の切り文の創価教学・池田教学の悲しい部分で
カツドウカさんたちは対論で文理で詰まると
あたかも「現証一番」だと言わんばかりに
「現証論」を言い出すわけです。
その最たるものは「実際に信者を増やしてたのが学会だから宗門より偉い」
「創価の信心で功徳をいっぱいもらったから創価の信心は正しい」というロジックです。
しかしながら、魔の通力と言って魔にも力はあります。
実際に結果が出たからといって即その信心が正しい。とはなりません。

◆先ず通力ある者を信ぜば外道天魔を信ずべきか(題目弥陀名号勝劣事)

と大聖人も言われています。
そして「魔の通力」か「仏力・法力」を判断する(正邪を判断する)のは
文証・理証であるということです。

これが「三証」の「三証」たる所以なのです。
「現証一番主義」ならば文理は必要なく
「現証」だけの「一証」で構わない。ということになります。

そこで、
@日蓮正宗=大御本尊と分離したあと、不幸になる創価学会員が増えたという現証はあるのでしょうか…? @
とのことですが正直言って「知りません」としか言えません。
アンチは「創価にいると不幸になる」といい
創価は「創価に敵対すると不幸になる」といいますが
現世における「幸不幸」は個人の心の範疇です。
また信心しなくても幸福な人生を送っている人も大勢いいるし
信心していても不幸な人生を過ごしている人も大勢います。
さらに他人が見れば不幸に見えても
本人は幸福だと感じているかもしれないし
その逆もあります。
ですから大御本尊を捨てた後に不幸な学会員が増えたかどうかは知る由もありません。
ただし、それが現世であれ死後であれ来世であれ
大御本尊を捨てた学会員が無間地獄に行く(不幸になる)のは
文証に照らせば間違いない。ということだけは言い切れます。
それは私が創価憎しで勝手にいてるのでなく
大聖人が御書にくり返し書いていることなので
私には疑う余地はありません。
また創価カツドウカが他人に創価の信心に功徳がある。
と説明するのはウソであり、
そのエサに釣られて入会してしまった人は「騙された」のであり
ウソをついた側はサギと呼んで差し支えないと思ってます。
ウソをいって勧誘した挙句、「騙されるのは自己責任」なんていうのは
居直り強盗としか思えません。
逆に「創価に敵対したり創価を退転したら不幸になる」
というのもありえません。
創価の言う「功徳」も「罰」も
どこにも文理がないからです。
文理がない現証論は信じるに値しません。
単なる与太話の類でしかありませんから。

「創価に会費(財務)を出したら功徳がでた」
「公明党を支援すると功徳が出る」
「創価を誹謗したら罰が出る」
こうしたことを個人的に思う分には自由ですから非難はしません。
しかし、他人に向かって言うならば個人的功徳という現証よりも
文理で「それが功徳である」ということを論証しなければいけません。
今の学会カツドウカでそれを文理で説明できる人はいません。
リアルでもそしてこうしたネットの世界でもです。
そうした現実(現証)を見れば
カツドウカさんがどんなに創価で功徳が出たと強がっても無駄です。
まさに「現証にはすぎず」ってところです。

質問の答えになっているかどうかわかりませんがもう一度書きます。
御本尊を捨てて不幸な学会員が増えたかどうかわかりません。
幸不幸は個人の決めることなで他人には決められません。
ただし、日蓮大聖人がご本仏であるのであれば
「大御本尊を捨てた学会員の最終的な行き先は無間地獄である」
というのが結論です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

幸せは心が決める事

他人様からみれば、
毎夜モグラの様にあくせく働き
給料明細(現実)を見て、

今月は赤字だぁ(汗)
息子の体操教室の月謝どうしょう?

などと言ってる私を

なんて哀れなおっさんと
思うでしょうけど、

ソコソコ「しぶとい」私には
その現証を不幸だとは
思わず、

逆に大聖人様への感謝の心に
変換します。
煩悩を焚き木にするとか?
しないとか、

大聖人様に今世で縁しない方は、
世の中に多数居る訳で、

縁しない方々が不幸になるとは
全く思いませんが、

縁したにも関わらず、
勝手な自己都合で、
大聖人様を利用する輩は
バチが当たるでしょうね。

素晴らしい講義

管理人様

寝しなに素晴らしい講義を大きく頷きながら拝見しました。
ありがとうございます。
明日は顕正会員を折伏しに行きます。
引用させて戴きます!

三証論 現象論(管理人さんへ)

  どうしてもなかなか会得できない部分でした。 かなり雲が晴れた記事でした。

 諸法実相抄から読めば、またややこしくなりますね。  「そのまま実相である」とするならば、判別は無理です。(もともと無理だと仰ってますが)。

 管理人さん、、結局は確信(文理に通じて)になるんですよね。  信じることの意味が少し前進したかなと思います。 枝葉末節にこだわって、全体(底)を見失うのが凡夫です。  私もそうでしょう。 縁に触れてそうなります。 自らの信心の背骨を信じることでしか前には進めません。 進まないのはそういうことですね。

 いちいちの現象に振り回される愚かを、振り返らざるを得ませんでした。凡眼の故です。

 消極的に不信謗法になってたことを、厳しく戒めたいと存じます。

ひとこと

いつものことながら明快な論旨、感服します。
部分的反論、というか補足を一つ。

「大御本尊を捨てた学会員の最終的な行き先は無間地獄である」

私は未だに創価の会員ですが、大御本尊を捨てていません。捨てたのは原田会長と会則改正座談会に出ていた幹部、そしてその解説を書いた教学部あたりに限られ、ほとんどの会員は捨てていないと思います。というか、捨てたことすら知らない者がほとんどだと思います。
座談会の御書講義の際に、「大御本尊への信を妨げる魔に誑かされぬように」と話しても、何の反応もありませんでした。担当幹部で入っていた総区長は、分かっていながらスルーした雰囲気でしたが。(笑)
原田会長が無間地獄へ行くのはかまいませんが、多くの純真な会員さんが道連れになるのは不憫です。何とかしたいのはやまやまですが、そんな力も資格もありません。情けない限りです。
五座・三座はしていませんが、長行はしていて二時間唱題を続けています。祈っているのは創価学会発迹顕本です。生まれた時から創価で学園出身ですので、不知恩の畜生にはなりたくないので。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

>
> 逆に大聖人様への感謝の心に
> 変換します。
> 煩悩を焚き木にするとか?
> しないとか、
> 大聖人様に今世で縁しない方は、
> 世の中に多数居る訳で、
> 縁しない方々が不幸になるとは
> 全く思いませんが、
> 縁したにも関わらず、
> 勝手な自己都合で、
> 大聖人様を利用する輩は
> バチが当たるでしょうね。

そうですね。同感です。
退転壮年部おじさんさんは
無量の福運を積んでいることでしょう。
それが大聖人の仏法です。

古刹信徒さん

こんにちは。

> 明日は顕正会員を折伏しに行きます。
> 引用させて戴きます!

顕正会員さんの折伏ですか。
良かったら結果を教えてください。

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>   どうしてもなかなか会得できない部分でした。 かなり雲が晴れた記事でした。

それは良かったです。

>  管理人さん、、結局は確信(文理に通じて)になるんですよね。  信じることの意味が少し前進したかなと思います。 枝葉末節にこだわって、全体(底)を見失うのが凡夫です。  私もそうでしょう。 縁に触れてそうなります。 自らの信心の背骨を信じることでしか前には進めません。 進まないのはそういうことですね。
>  いちいちの現象に振り回される愚かを、振り返らざるを得ませんでした。凡眼の故です。

そうですね。凡夫ですから仕方ない部分は多々ありますが
その都度、そんな凡夫だからこそ成仏できるんだ。と思い精進しています。

macskaさん

こんにちは。

> いつものことながら明快な論旨、感服します。

恐れ入ります・・・

> 「大御本尊を捨てた学会員の最終的な行き先は無間地獄である」
> 私は未だに創価の会員ですが、大御本尊を捨てていません。捨てたのは原田会長と会則改正座談会に出ていた幹部、そしてその解説を書いた教学部あたりに限られ、ほとんどの会員は捨てていないと思います。というか、捨てたことすら知らない者がほとんどだと思います。

その通りです。私もずっと学会員でしたが一般的なカツドウカさんは何が何やら分からない方が多いです。
バリカツさんはダメです。創価上層部の邪義を正当化しようと躍起になり
上層部と一緒になって会員さんや外部の人達を騙していますから与同罪です。
創価でも大御本尊に「信」を取れば成仏可能です。
むろん、創価をやめた方がいいのでしょうがそうできない会員さんもいっぱいいます。
とにかく大御本尊への信心が大切だと思います。

> 座談会の御書講義の際に、「大御本尊への信を妨げる魔に誑かされぬように」と話しても、何の反応もありませんでした。担当幹部で入っていた総区長は、分かっていながらスルーした雰囲気でしたが。(笑)

それが創価の現状なんですね。情けなくなります。

> 原田会長が無間地獄へ行くのはかまいませんが、多くの純真な会員さんが道連れになるのは不憫です。何とかしたいのはやまやまですが、そんな力も資格もありません。情けない限りです。

いえ。そんなことはありません。少しづつ一人づつでもmacskaさんとご縁がある会員さんに「大御本尊」を教えていけばいいと思います。私もそうします。情けないとか資格がないとか言わないでください。我々は大聖人の弟子なんですから。

> 五座・三座はしていませんが、長行はしていて二時間唱題を続けています。祈っているのは創価学会発迹顕本です。生まれた時から創価で学園出身ですので、不知恩の畜生にはなりたくないので。

素晴らしいです。
いつか創価が再び大聖人の元に戻ることを私も願っています。

顕正会折伏

管理人様

ご報告です。
只今、顕正会員の折伏から帰ってきました。
幾度となく顕正会員を折伏していますが、主張内容は相変わらずの「国立戒壇論」「成仏の相」「宗門批判」でした。
文理を尽くして話をするも、浅井会長のマインドコントロールに浸かっており、平行線です。ただ、学会員と違って大御本尊様を信じており、偏ってますが教学もありますので、学会員のように感情剥き出しの破綻した議論ではなく、前向きな議論ができ、次に繋げて話を終えました。
管理人様ご教示の三証も引用させて戴きました。「現証」のみが大切であるとの主張にぶつけてあげました。

また、顕正会員に御書はありませんので、聞いたこともない御文を示して、妙信講時代からの間違いを指摘してじっくり対話が出来てくると、救って行ける感触を掴みました。

まだまだ小生の行力が足りないと反省し、自戒する機会となりました。
折伏の楽しさも実感でき、大御本尊様の仏力法力に感謝です。
明朝は御住職と勤行唱題して、新しい下種先のもとに向かいます。

古刹信徒さん

こんばんは。

> ご報告です。
> 只今、顕正会員の折伏から帰ってきました。
> 幾度となく顕正会員を折伏していますが、主張内容は相変わらずの「国立戒壇論」「成仏の相」「宗門批判」でした。
> 文理を尽くして話をするも、浅井会長のマインドコントロールに浸かっており、平行線です。ただ、学会員と違って大御本尊様を信じており、偏ってますが教学もありますので、学会員のように感情剥き出しの破綻した議論ではなく、前向きな議論ができ、次に繋げて話を終えました。

それは良かったですね。アサイMCも結構強力ですからね。
しかし、相変わらず「国立戒壇論」「成仏の相」「宗門批判」ですか。
進歩しませんね。
そもそも国立戒壇を顕正会が立てたとしても
そこにご安置する御本尊がないですもんね。

> 管理人様ご教示の三証も引用させて戴きました。「現証」のみが大切であるとの主張にぶつけてあげました。

そうですか。まぁ彼らに理解できるかどうか。
少しはお役にたちましたか?

> また、顕正会員に御書はありませんので、聞いたこともない御文を示して、妙信講時代からの間違いを指摘してじっくり対話が出来てくると、救って行ける感触を掴みました。

そこなんですよ。彼らは「御書」を持っていないで浅井センセの言葉のみなのでコンセンサスが取れません。
邪教のやることは同じで「会員をいかに無知のままにさせておくか」がポイントです。
浅井センセの教学なんてある意味大作センセよりも低レベルなんですが
それを会員に悟られないように「御書」を直接研鑽させないのでしょうね。
今度、御書をプレゼントしてあげたらどうでしょう?

> まだまだ小生の行力が足りないと反省し、自戒する機会となりました。
> 折伏の楽しさも実感でき、大御本尊様の仏力法力に感謝です。

相手が創価や顕正会だと折伏もなかなか大変ですか
その分楽しいし、自身が成長できるし
なによりも古刹信徒さんの命にも福運がつめますね。
もちろん相手にもしっかりと下種していることと思います。
最後は、浅井対大聖人ですから勝負はすでについていることでしょう。

お疲れ様でした。

三証について

いつもお世話になります。
今回のブログには
目からウロコでした。

私も現証こそ第一だと思ってた輩なので。

なるほど!大聖人様を信じる為の
物差し(三証)に優劣は無い事を
学べました。有難うございます。

兎に角、大聖人様(大御本尊様)を
根本として、
命に刻み信心を全うします。

凡夫指導者達の言葉を鵜呑みに

大聖人様の大仏法を研鑽せず、

信行学の「行」のみ突き進むと、
今の活動家になりますから、
なんて、勿体無い。

三世は永遠とは言え、
根本の現世で衆生諸遊楽がなければ
何の為の人生かと思ってしまいます。

大聖人様を宣揚し
不幸な方に、対話を実践(行)される
古刹信徒さんのコメントに
素晴らしいなぁ!と思ったり、

はたまた、現役学会員さんの
創価幹部とは相違し、
大御本尊様を信仰の対象である事の
コメントに、
学会にも、まだ少し光明があるのかなぁ?
と思ったり、

いつも勉強になります。
有難うございました!

連コメ失礼します。

信行学では無くて、
学会は
信行力でしたっけ?

駄文失礼しました。(( _ _ ))..zzzZZ

退転壮年おじさん さん

こんばんは。

> なるほど!大聖人様を信じる為の
> 物差し(三証)に優劣は無い事を
> 学べました。有難うございます。

そう思います。
実戦(現証)が伴なわない文理ではだたの学者です。
かといって文理なき現証論は単なるオカルトでしかないと思います。

> 兎に角、大聖人様(大御本尊様)を
> 根本として、
> 命に刻み信心を全うします。

はい。私もそうした信心を貫きたいと思ってます。

> 凡夫指導者達の言葉を鵜呑みに
> 大聖人様の大仏法を研鑽せず、
> 信行学の「行」のみ突き進むと、
> 今の活動家になりますから、
> なんて、勿体無い。

全くすね。だからMCと言われてしますうんです。
大聖人仏法をちゃんと学べば
今の創価が謗法であることなんてすぐに気がつくのに。

> はたまた、現役学会員さんの
> 創価幹部とは相違し、
> 大御本尊様を信仰の対象である事の
> コメントに、
> 学会にも、まだ少し光明があるのかなぁ?
> と思ったり、

同感です。活動家さんの中にも大聖人仏法に違うことなく
創価の組織で正法・正義を宣揚されているかもいますね。
大きな使命を持たれてると感じます。

駄文の最後に。

いつもお世話になります。
創価は大御本尊様を世に宣揚してきたから
現証として大発展された。

創価の正義(根本)=大御本尊様。
過去形です。


いまだに、
学会には多くの善知識が残存するかと。

私の我見は、
センセが素晴らしいのかと
言えば、そうでは無い。

大御本尊様を世界に宣揚してたから
センセは素晴らしい方だった。

創価の活動家は、
何故、センセが
素晴らしい方になれたのか?
その根本を知ろうとしない。

センセの指導は
戸田先生を介して
大聖人様の指導。

彼が勝手に
大聖人様の大仏法を解釈して
会員に述べ始めたのが、
誤りの始めなのかと、

以上のコメントは
何の文理には御座いません。

私の我見であります。

失礼しました。

それ僕もされたことあるよ(笑)

ひょっとしたら同じか同様か同類か?と感じたのでf^^;
以前にですね、顕正会員の役職持ちらしき人が「成仏の相」について言っていた。

その話になるキッカケは十界論のことで話していたときですね。
地獄界から菩薩界までは中途半端で苦しい理屈ながらなんとか理解できる範囲か(完全に理の一念の次元ではあるけど)。

けど、仏界については完全に意味不明な言動をしてましたよf^^;
地獄から菩薩までは心の状態を言っていたのが、仏界だけ「成仏の相」を言ってるという支離滅裂で意味不明ぶり。
亡くならないと成仏してるのかわからんのだ!と言ってるも同然だったけどf^^;

顕正会はやっぱ理解度にしてもアサイよねぇ~(と、教義の苦手な僕に言われる始末です笑)

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。


> 私の我見は、
> センセが素晴らしいのかと
> 言えば、そうでは無い。
> 大御本尊様を世界に宣揚してたから
> センセは素晴らしい方だった。

その通りですね。
それがセンセと呼ばれる所以でした。
いまはただの老害です。

太ちゃんさん

こんばんは。

> 顕正会はやっぱ理解度にしてもアサイよねぇ~(と、教義の苦手な僕に言われる始末です笑)

顕正会だけにアサイ(浅井)ですか!
ウマイ!(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR