母、大石寺に行く。

昨日、母が支部登山に参加。
初めて大石寺に行ってきた。
3時ころ電話をしてみるとまだ大石寺にいた。
「どうった?」と聞くと
スケジュールがいっぱいで大変
って言っていたが楽しそうな声。
朝6時に菩提寺からバスで出発して
午前中は講義?説法?だかを聞いて
午後御開扉を受けついに戒壇大御本尊様にお目通りをしたそうだ。
天気の悪くなく富士山もよく見えたそうな。
「何か一番良かった?」と聞くと
やはり大御本尊にお題目をあげられたことが一番だったとの答え。
さほど信心熱心ではない母も
やはり大御本尊様にお会いすると歓喜がわくんだなぁ。ってしみじみ。
やはり昨年、正宗に移籍してもらって良かった。て思う。
そうでなければ今世で大御本尊とお会いすることはなかったんだから。
「また今度は桜の頃にいきたいね」とも言っていた。
なんだか観光気分ではあるが
機会があれば1度でも多く、大御本尊にお会いに行って欲しいね。
まぁ、かくいう俺もいままで一度も大石寺には行ったことはない。
当然大御本尊にお目通りしたこともない。
法華講の友人からは、大御本尊に一度もお目通りしていないのに
こんなに大御本尊を恋い慕う人は珍しい。とよく言われる。
俺は逆に「だからこそ」と思うのだが。
いまは大御本尊どころか自宅にご本尊すらないからな。
内得信仰初めて半月たつが、そろそろ御本尊が恋しくなってきたな。
なにもない仏壇に向かって勤行・唱題。
すこし淋しいな。
仏壇も「仏」がいないと、ただのタンスだよ。(笑)
もうすぐ2月。
2月言えば大聖人がご誕生になられた月。
2月中には今後の身の振り方を決めないとな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます。

朝から嬉しい記事を拝見しました。
御母様の御登山、誠におめでとうございます。

「すでに本門の戒壇の御本尊存する上は其の住処は即戒壇なり。其の本尊に打ち向ひ戒壇の地に住して南無妙法蓮華経と唱ふる則(とき)は本門の題目なり。志有らん人は登山して拝したまへ」

登山参詣して戒壇の大御本尊を拝みなさいと日寛上人も明確に御指南されております。

御開扉の時の題目は、不思議と一遍一遍を大切に唱えている事に気付きます。渇仰恋慕の想いがそうさせるのでしょうか。
「帰って参りました」という充実した安堵感に包まれ涙腺が緩みます。

管理人様の御登山が叶いますよう御祈念申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お山

「お山」

子供の頃、大石寺をこのように呼んで親しんできました。懐かしい・・・。
未就学の頃から父に連れられ登山会に参加していました。そのころは正本堂もなく、御影堂の横の「奉安殿」(奉安堂ではありません)という建物で、正座しての御開扉でした。記事を読んで思わずグーグルアースで現在の「お山」の様子を見ましたが、私の記憶にあるものとは異なっていました。

それでも懐かしさには変わりなく、いつか再び大御本尊にお目通りしたい気持ちは捨てきれません。そしてそれは必ずや叶うものと信じています。今生では無理でも、いつの世のいつの日にか、必ずやお目通りできるでしょう。それくらいの信心はしているつもりです。(笑)

創価の発迹顕本を目指していますが、あわせて宗門の発迹顕本もしなければならないと考えています。誤った法主信仰にしがみつき、僧侶が上で信徒が下とする宗門も、変わらなければならないと考えます。「先師の如く予が化儀も聖僧為る可し」との日興遺誡置文を遵守していれば、法主の息子が法主になることも無かったでしょうし。

>2月中には今後の身の振り方を決めないとな。

記事、楽しみにしています。

古刹信徒さん

こんばんは。

> 朝から嬉しい記事を拝見しました。
> 御母様の御登山、誠におめでとうございます。

母が自分の意思で登山したことが何よりも嬉しいです。

> 「すでに本門の戒壇の御本尊存する上は其の住処は即戒壇なり。其の本尊に打ち向ひ戒壇の地に住して南無妙法蓮華経と唱ふる則(とき)は本門の題目なり。志有らん人は登山して拝したまへ」
> 登山参詣して戒壇の大御本尊を拝みなさいと日寛上人も明確に御指南されております。

そうですね。

> 御開扉の時の題目は、不思議と一遍一遍を大切に唱えている事に気付きます。渇仰恋慕の想いがそうさせるのでしょうか。
> 「帰って参りました」という充実した安堵感に包まれ涙腺が緩みます。

母も歓喜したようです。

> 管理人様の御登山が叶いますよう御祈念申し上げます。

ありがとうございます。

Re: 私も支部登山行きました

母は、29日に行ったようです。

macska さん

こんばんは。

> 子供の頃、大石寺をこのように呼んで親しんできました。懐かしい・・・。
> 未就学の頃から父に連れられ登山会に参加していました。そのころは正本堂もなく、御影堂の横の「奉安殿」(奉安堂ではありません)という建物で、正座しての御開扉でした。記事を読んで思わずグーグルアースで現在の「お山」の様子を見ましたが、私の記憶にあるものとは異なっていました。

私は一度も行ったことがなくよくわかりませんが、かなり変わったのでしょうね。

> それでも懐かしさには変わりなく、いつか再び大御本尊にお目通りしたい気持ちは捨てきれません。そしてそれは必ずや叶うものと信じています。今生では無理でも、いつの世のいつの日にか、必ずやお目通りできるでしょう。それくらいの信心はしているつもりです。(笑)

はい。大御本尊を求める心がある限り必ずお目通りできると思います。

> 創価の発迹顕本を目指していますが、あわせて宗門の発迹顕本もしなければならないと考えています。誤った法主信仰にしがみつき、僧侶が上で信徒が下とする宗門も、変わらなければならないと考えます。「先師の如く予が化儀も聖僧為る可し」との日興遺誡置文を遵守していれば、法主の息子が法主になることも無かったでしょうし。

「法主信仰」云々については、個人的には創価のプロパガンダだと思っています。
「誤った法主信仰」をしなかった創価は結果大御本尊を捨てたわけですすから。

> >2月中には今後の身の振り方を決めないとな。
> 記事、楽しみにしています。

はい。大御本尊にお目通りできた暁はこのブログでご報告いたします。

おめでとうございます。この喜びは言葉では表現できません。命の躍動…黄河の水が一気に透明になったような…

ゆっくりと滞在出来る方法もありますよ。

自分は年齢分…毎年御登山させていただいております。まだ小さいやっと歩きたての頃に日達上人から日顕上人へ血脈相承がありました。

初登山の喜びは大きいと思います。嬉しいお知らせ有り難いです。

乱文をお許し下さい

おめでとうございます!

貴母様の登山&大御本尊様お目通りに
正直うらやましい限りです。
私も行きたいなぁ!お山に。

創価破門前の平成元年に
九州から貸切新幹線に乗り
お山に行ったのが、
私の最後の登山でした。
当時は19歳で、
大御本尊様の有難みも分からずの
登山でしたが、

まだ、正本堂に大御本尊様が
鎮座されておりました。

創価の大嫌いな日顕上人の
御導師のもと、大御本尊様に
勤行唱題したのは有り難い事だと、
後々、気が付きましたけど。


何を持って
謗法の山だとか、
時のカンズがどうとか、

創価学会仏は
凡夫の集りのクセに
大聖人様や日寛上人の教え、
はたまた、
戸田先生の正宗に
対する心掛けさえも
無視し、
日顕は悪僧だとか、
創価こそが広宣流布してきたとか、
そんな事ばかりで虚しいですね。

創価の嫉妬の現証は、
その内、近いうちに
顕れるでしょう。

何より、管理人様。
おめでとうございます🎉


下手な「寿ぎ」の一句

  現世(うつしよ)の霊山抱きて富士の蒼


  還暦も過ぎにし我は願わくばその懐に眠らむ日をば


  老いてなを仏求めて誘いのままに赴く誉れ善哉

  

ナノルホドデハアリマセン さん

こんばんは。

> おめでとうございます。この喜びは言葉では表現できません。命の躍動…黄河の水が一気に透明になったような…
> ゆっくりと滞在出来る方法もありますよ。

そうなんですか。

> 自分は年齢分…毎年御登山させていただいております。まだ小さいやっと歩きたての頃に日達上人から日顕上人へ血脈相承がありました。
> 初登山の喜びは大きいと思います。嬉しいお知らせ有り難いです。

電話の声だけでしたが楽しいそうでした。

> 乱文をお許し下さい

いえ。ありがとうございました。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 貴母様の登山&大御本尊様お目通りに
> 正直うらやましい限りです。
> 私も行きたいなぁ!お山に。

実は、私もちょっと羨ましかったです(笑)

> 何を持って
> 謗法の山だとか、
> 時のカンズがどうとか、

本当にそう思います。
ご本仏におられる場所を謗法という方が謗法です。

> 創価学会仏は
> 凡夫の集りのクセに
> 大聖人様や日寛上人の教え、
> はたまた、
> 戸田先生の正宗に
> 対する心掛けさえも
> 無視し、
> 日顕は悪僧だとか、
> 創価こそが広宣流布してきたとか、
> そんな事ばかりで虚しいですね。

ですね。
一体何を流布してるのでしょうか?
虚しい言葉遊びに付き合っている会員さんが可哀想です。

> 何より、管理人様。
> おめでとうございます🎉

ありがとうございます。

蘭房(RAMBO) さん

こんばんは。

>   現世(うつしよ)の霊山抱きて富士の蒼
>   還暦も過ぎにし我は願わくばその懐に眠らむ日をば
>   老いてなを仏求めて誘いのままに赴く誉れ善哉

素晴らしい!
世界桂冠詩人を超える秀句です。 

寿詩

言葉(詩)には
其の方の知性が顕ます。
蘭房様の様に。
何はともあれ
喜ばしい事です。
私も嬉しい気持ちになりました。
駄文失礼します(( _ _ ))..zzzZZ

それはよかった!
(*^▽^)/★*☆♪おめでとうございます♪

お山の大御本尊は創価学会員の信仰の根本です!
大御本尊を信じない学会員なんか学会員ではなーい!(笑)アタリマエ!
こんなことわざわざ言わんとあかんことか? 創価学会を作ってこられた先輩学会員さんたちに申し訳ないわ!

すいません。とにかくおめでとうございます♪
管理人さんも早く大石寺に御参拝ください。お家の御本尊はその後でもいいと思います。むしろこっちの方が正しい順番だと思います(((^^;)


非礼ながら訂正をば。。

 三句目がおかしい(定型に違う)から、無作法ながら歌い替えます・

 お母さまへの思いの句でしたが。

 ・老いし身も今は健気に求道に歩み始むる君が母かな

 ・孝行も数多あれども成し難し我が定めし仏道のみ也

 上から目線に見えたらごめんなさい。 これは私の創価脳みその継母への
 思いでもあります。

元創価班さん

こんばんは。

> それはよかった!
> (*^▽^)/★*☆♪おめでとうございます♪

本人が嫌々ではなく自分から行ってくれたのが一番嬉しいですね。

> お山の大御本尊は創価学会員の信仰の根本です!
> 大御本尊を信じない学会員なんか学会員ではなーい!(笑)アタリマエ!
> こんなことわざわざ言わんとあかんことか? 創価学会を作ってこられた先輩学会員さんたちに申し訳ないわ!

本当ですね。それがホンモノの創価学会員なんですけどね。

> すいません。とにかくおめでとうございます♪
> 管理人さんも早く大石寺に御参拝ください。お家の御本尊はその後でもいいと思います。むしろこっちの方が正しい順番だと思います(((^^;)

今月中には何かしらのアクションしないと。そんな風に思ってはいます

蘭房(RAMBO) さん

こんばんは。

>  三句目がおかしい(定型に違う)から、無作法ながら歌い替えます・
>  お母さまへの思いの句でしたが。
>  ・老いし身も今は健気に求道に歩み始むる君が母かな
>  ・孝行も数多あれども成し難し我が定めし仏道のみ也
>  上から目線に見えたらごめんなさい。 これは私の創価脳みその継母への
>  思いでもあります。

ありがとうございます。
やはり、世界桂冠詩人の詩よりいいです。

最高の親孝行

毎度の駄文失礼します。

今、夜の勤行唱題を終えて思いましたが、
管理人様は最高の親孝行を
成されたと。

折伏にしろ、破折にしても、
結局、大聖人様に命(生命)が、
向かないと、意味を成し得ません。

貴母様が羨ましいと、
私が思ったのは、

組織毒が身体中に染み渡り
ニッチもサッチも行かない
可哀想な私の母との対比に過ぎません。

2月になって
大聖人様のご生誕月になり、
感慨深いもので
御座います。



管理人さん 退転壮年部おじさんさん

  お褒めに預かり、ありがとうございました。

 でも、それって誉め言葉じゃないですねえ。 散文的だし、何より比較の対象に異議があります。  なおかつ、この世に「世界桂冠詩人」なる称号はないという指摘も。  「世界」はつかないようで、そうだとしたら「どこまで自己宣揚」が好きなんだ、と思ってしまいます。  私はこうみえても謙虚な人間のほうが好きなもので。

 「おれが、おれが!」のいのちが強いX氏(せんせい、せんせい それはせんせーいいぃぃ!♪)は苦手でした。  森 昌子さん ごめんなさい。

 ともあれ二度も下手なうたを宣揚してしまい、ごめんなさいでした。m(__)m
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる