今は反論しない方が得策だよ

創価が大御本尊を捨ててから足掛け2年にもなるというのに
相変わらず「学会は大御本尊を捨てていない」
と言い張るバリカツさんが、ネットでもリアルでもまだいるよ。
しかもロジックも聖教発表と何ら変わらないロジック。
「学会は弘安二年の本尊も本門本尊と認めている」から否定してない。
何を言ってるんだかね?
俺が言っているのは大御本尊が「本門本尊」とするかしないか。って所じゃなく
「受持の対象としない」と言ってることを問題にしてるのに、そこんところが理解できないようだ。

また「破門後はそもそも宗門の本尊を受持していないのだから別に変わらない」という話。
もう、やれやれだね。
「下付を許されない」ことと
「受持をする」という事は
全く別次元の話なのに、一緒にしちゃう。
そもそも多くの学会員は破門後も
大御本尊を受持していたよ。
破門後、創価の本尊で功徳が出た。というのは
創価の本尊に大御本尊と等しい力があったのではなく
大御本尊を受持して創価の本尊に題目を上げていた
学会員が多かったからに過ぎない。

そもそも、バリカツなら誰でも知ってるはずだろ?
大聖人仏法とは「受持即観心」であるってことを。
だとしたら「受持の対象しない」という事は
「捨てる」ことであり「否定」することだ有るという事を。
本当は分かっているんだろう?
今の創価が「大御本尊を捨てた」という事を。
分かっているけど創価本部に逆らえない。ってか。
そして分かっているからこそ反論もできないんだろうね。

このブログでも何度も書いているし
ここにコメントをしてくれたバリカツさんに何度も質問した。
「大御本尊も本門の本尊ならば、その本門の本尊を受持しないのは謗法ではないのか?」と
壮年部っぽいバリカツさん。
いかにも男子部っぽいバリカツさん。
威勢のいい婦人部のバリカツさん。
女子部を名乗るバリカツさん。
コメントくれた四者すべてのバリカツに同じ質問をしたが
誰一人として・・・そう全員揃いもそろって「無回答」だ。
話を逸らしたり、質問返ししたり、遁走したり
全然「バリカツ」らしくない。
それはリアルでも同じで、すでに破折されている
聖教新聞の解説をうわ言のように繰り返すだけで
反論の一つもできないわけだ。
それは何を意味するのか?
多分、バリカツさんも薄々気が付いてるのだろうと思う
「創価が大御本尊を否定し捨てた」という事に。
そして待ち望んでいる
「創価が正式に大御本尊を捨てました」と発表してくれることを。
彼らはそれで何の問題もない人たちだからね。
「もともと大御本尊を受持していなかった」そういう人たち。
それがバリカツさんのバリカツたる所以だね。
早く来るといいね。
バリカツさん達が、リアルでもネットでも
「創価学会は正式に大御本尊を捨てたんだよ」
「弘安二年の大御本尊なんて創価から離れたら功徳なんてない」
って大声で言える日が。
まぁ、そう遠くない未来にそんな日が来るとは思うから
いまは、下手に反論など考えずに
大御本尊を否定した者同士
静かにしていた方が得策じゃないかな。
どうせまともに反論できないんだから
無様な姿をさらさない方がいいと思うよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一読ですが。

 いつも思います。 彼ら彼女らは「本尊義」が解らないか、どうでもいいのではないかと。

 その由来はどこか。  これが私には分かりそうで分からないのですが 私などは昭和40年代初期の「入信」ですから、この「変な流れ」はすぐ違和感の元に判別できるし、感じます。 どんなに創価が変化、豹変してきたかを。

 しかし、時移り、平成2年12月27日の宗門からの「お尋ね文書」の衝撃も知らず、増してや同3年の破門処分、そして5年の創価版・本尊販売、失礼!発行も知らない世代の人々が今、創価の現場でガンバってらっしゃいますが、この方々は云わば「戦後生まれ」です。 一連の出来事など意に関しない心象の由来は、そこにもありますね。  彼らにとっては、どうでもいいことなんですよ、管理人さん。(笑)

 そして創価新報をネタ元に論陣を張ったつもりでいらっしゃる。 何か言えば、
得意の切り文で、「現証にはしかず!」と宣う。  私にはもう可笑しさが込み上げるだけですけどね。

 私の世代は幹部を除けば、壮年部はサイレントマイノリティになってますから、おかしい、おかしい!と思いながらも、今更、孤立無援の戦いなど起こしたくもない。
 いろんな意味で、組織のお世話になってたりしますから、人間関係を壊すだけのことはしません。  「親しみより破るべし」のお手本みたいにね。

 だから何も行動も発言もしない。  創価上層部が最もなめている層かもしれません。  上は「婦人部さえ気づかなければ」 とりたてて心配はありません。

 私は管理人さんはえらいと思っています。  あきらめないからね。 信念の有る人物に共通するのは、決してブレないというところです。
 
 私も何かの一助になりたいと思っておりますが、その動機はやはり自分自身を信じるため。  また家族を犠牲にしたくないということ。 日々、ポチポチとカツドウカの方々と話す機会はありますが、彼ら彼女らは一言でいえば、「組織への依存脳」になってしまってます。

 『会合でもそんな話は聞かないし出てこない。 なにがいけないのか判らない』

、、、と首をかしげながら帰っていくのです。 もうすっかり「創価天魔」にやられているのです。 自分の頭で考えることが出来ない。  これが恐ろしいことだとも思わない。  現代人の特色の一つでもあるでしょう。  ここに創価が乗じるわけです。
 政府とて同様。 民衆の付和雷同性は権力者にとっては、幸いなことです。

 後になって気が付いて、みんな初めて「被害者づら」をしたって、遅いし、騙した奴も悪いが、「騙された方も悪い」とここでハッキリと言っておきたいですね。  隔靴掻痒の感はありますが、「時」を待ちながら余生をしっかりと送っていきたいと存じます。
 
 

3.16ってなんだったの?

こんばんは。

3.16。
あの儀式?は一体なんだったのでしょう。
車駕に乗っけられた戸田先生とかもうギラギラに漲っちゃってる大ちゃんとか6000人が手に手にお箸とお椀持参で豚三頭解体して豚汁とか総理がドタキャンとか、細かいことのインパクトがありすぎて、なんだかよくわかりません。
本題から目を逸らさせるテクニックとして過剰なショーアップというのがあるそうですが。

模擬試験かバトンタッチでしたか?
結局は、それを大石寺でやることにこそ意義があったんでしょ?
今創価の資料では「富士の裾野で」とかなんとか完全にごまかしにかかっています。
お気の毒に相当まずいんでしょうねえ。
当時の熱狂はなんだったの?ってロケーション抜きには伝わりませんものね。
こうなってはお若い学会員さんにはますます意味不明でしょう。
そのうち3.16も消えちゃうのかな?
管理人さんが仰るように「捨てた!」って言ってしまえばちょっとは辻褄が合うのにねえ。

お久しぶりですこんばんは!
随分前にコメントさせていただいた、はすこです。覚えていらっしゃるでしょうか。
こちらのブログを拝見して、色々お話していただいて、あれこれ考え、自分で色々調べたりしてみました。
結果、やっと気づくことができました。創価学会が間違いであることに!
ここまでくるのに随分時間がかかってしまいましたが、完璧創価マインドになる前に、こちらでお話を聞くことができたことが大きなきっかけだったと思います。おかげで、自分で疑問に思ったことはとことん調べてみようと思えたんです。
残念ながら私は信仰そのものをやめるつもりなので、管理人様とは立場がまた違ってしまうのですが、創価学会の間違いに気づかせていただいたこと一言感謝せねばと思いコメントさせていただきました。

それにしても、恥ずかしい限りです。創価学会仏にしろ、本尊にしろ、苦し紛れの正当化ばかりして、なかなか間違いに気づけませんでした。なぜ、あそこまで、頑なに、創価学会が唯一正しいものであると、思い込んでいたのか、今となっては不思議で貯まりません。

これからもブログの運営応援しています。本当にありがとうございました。

彼らは失語症でしょう。

管理人さん、心配は無用です。 自分の言葉を持たない人々ですから、気づきが来るまで、遊ばせてあげましょうね。

 セラピストのあずまやすしさんがこんな事を書いてらっしゃった・。

 信じるということには 三つの側面があると。

 『「信じる」には「期待」と「信頼」と「思考停止」がある』(引用ここまで)  というものです。

 何かを信じている時、えてして自我への固執がありますね。 「それを信じている自分を信じてしまうものだと思うし、上記の三つのように、前の二つは快美感を生じることになるでしょう。 もうたまりません。至福感に満ちておられます。

 そして残りの一つは、「考えて照査すること自体が、創価の場合も「謗法行為」になると教えられてますから、いや増してそのバリアを破ることは困難です。   信じてる自分が大好き!な人は、よく「私の体には三色の血が流れています!」とかいいます。 もう絶対肯定ですから、大御本尊様より池田先生(の思想??)であるし、御書よりも人間革命(小説なのに)なんですね。 思考という文字が彼ら彼女らの辞書にはないんですねぇ。

 そういう自分の全存在を否定する、このブログなどは、もう「魔のささやき」でしかありません。  創価を否定することは、「私と人生を否定すること」に置き換えられてしまって、怒り心頭で発狂しそうになります。  だからムキになって真っ赤になって、同志に「こんなこと言うのよ!どう思う!?」とか言いつけに行って同意を求め確認したりしますから多分、自省などはしません。 余計にガンバッてカツドウしますね。  完璧に畜生、修羅界でガンバッてます。

 昔の私の姿とはいえ、人として余りにも情けないことです。 私自身はあのマルクスの有名なキリスト教批判、「宗教はアヘンである」という言葉と戦ってきたフシがあります。

 断じてそんなことはない! 自分は教学も自分なりにやってるしクリスチャンなどではない! そして、幹部の言葉すべてを鵜呑みにはしていない!、理性だって保っているつもり!、なんてのを自分に言い聞かせて、でも、疑問は晴れない、とかいう一部破綻した青春期でした。 それは50歳ころまで続きました。   

 思考停止、とは身を任せる 流れのまま、、に というのと大して変わりません。

 地に足がついていない以上、いつかは落ちます。  単純なことでした。
 以上、就寝前の戯言でした。 ZZZZ。。

このブログは魔のささやき?

いつも深夜の駄文コメント失礼致します。
土竜稼業が故。m(_ _)m

日蓮世界宗の方々には
このブログこそが
魔のささやきに違い無いと。

管理人様のブログに騙されて
創価の仏法を学ばず、

創価の実践(新聞販売、ソウカの書籍購入、ハムへの支援、生活を切り詰めての財務)を辞める事による罪業を

我等の創価は恐れるのです。

えぇ、魔(管理人様)は怖いですねぇ。

創価にとっての食いぶちが
また一人、削減されました。

信仰の自由は、個人のもの。
信じる、
信じないを
他人が、とやかく言うく権利は無い。

創価の事が嫌いになる心には
同意ですが、
大聖人様まで一緒に
信じるに値しないと
思われる方々が
きっと増えて行くのでしょうね。
創価の罪は大きいけど。
早く、一秒でも早く
日蓮大聖人様から毒立して下さい。

貴方達のお陰で大聖人様の仏法を
汚している現状に
悲しく、嘆かわしいです。

創価の毎日忙しいカツドウ家に
このブログにたどり着く事すら
難しく、

”イケダ”光線流布をされている方々に
ご反論は無いでしょうけどね。

食いぶちでは無く収入源。

連コメ失礼いたしました。
食いぶちは負担側。
創価の収入源に訂正致します。

はすこさんへ

ごめんなさい、管理人さんより先にお返事させていただきます。

はすこさん、おかえりなさい!
よくぞご無事でお戻りになりましたね。心配していました。

お身内に活動家がいらっしゃるのでしたかしら。もしかしたら、創価をめぐってこれから嫌な思いをされることがあるかもしれません。
でもこちらの皆さまならネット上とはいえ親身に相談にのってくださると思いますよ。もちろん私も。

ご自分の頭でちゃんと考える方、ご自分で情報を整理できる方は決断が早くて清々しいです。
ほんとうに良かった。
はすこさんの人生はまだまだこれから。
創価から離れると視界良好でしょう?
どうぞはすこさんらしい人生を存分に謳歌なさってくださいね。

しばらくは寒い日が続くとのこと。お子さまもはすこさんもどうぞお気をつけて。

牡丹さん

こんにちは。

> 模擬試験かバトンタッチでしたか?
> 結局は、それを大石寺でやることにこそ意義があったんでしょ?
> 今創価の資料では「富士の裾野で」とかなんとか完全にごまかしにかかっています。
> お気の毒に相当まずいんでしょうねえ。
> 当時の熱狂はなんだったの?ってロケーション抜きには伝わりませんものね。
> こうなってはお若い学会員さんにはますます意味不明でしょう。
> そのうち3.16も消えちゃうのかな?
> 管理人さんが仰るように「捨てた!」って言ってしまえばちょっとは辻褄が合うのにねえ。

そうなんですよね。もう開きなおっちゃえばいいんです。
自ら「邪教の創価学会員で~す」って笑顔で言っちまったほうが精神衛生上いいと思うんですよ。
どうせ世間様や御本尊様を誤魔化すことなんてできないんだから。

そうそう、はすこさん。良かったですね♪

蘭房(RAMBO)  さん

こんばんは。

> 管理人さん、心配は無用です。 自分の言葉を持たない人々ですから、気づきが来るまで、遊ばせてあげましょうね。

まぁ、バリカツさんはオモチャとしては楽しいかもしれませんが単純すぎて飽きちゃいます(笑)
失語症というよりも「アホウのバカモン」ですね。
あっ!間違えました「アホウのバラモン」でした(笑)

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 日蓮世界宗の方々には
> このブログこそが
> 魔のささやきに違い無いと。

それはヤバイ(笑)

> 管理人様のブログに騙されて
> 創価の仏法を学ばず、
> 創価の実践(新聞販売、ソウカの書籍購入、ハムへの支援、生活を切り詰めての財務)を辞める事による罪業を
> 我等の創価は恐れるのです。
> えぇ、魔(管理人様)は怖いですねぇ。

では、どんどん創価活動家さんを騙すことにします(笑)
創価の活動なんてやめなさ~い。って。


> 創価の事が嫌いになる心には
> 同意ですが、
> 大聖人様まで一緒に
> 信じるに値しないと
> 思われる方々が
> きっと増えて行くのでしょうね。

そこですね。
私もその部分はいろいろ思うところがあります。
そのうち記事にしようと思っています。

はすこさん

こんにちは。お久しぶりです。

> 随分前にコメントさせていただいた、はすこです。覚えていらっしゃるでしょうか。

モチロン覚えていますよ。はすこさんのブログが突然なくなってしまい、
牡丹さんや他のコメンテーターさんもはすこさんは創価バリ活の道に行ってしまったのかなぁ。と心配していました。
(なんだか役職の受けたと書かれてましたし)
でもこうして戻ってきてくれ、またそれをご報告いただき本当にうれしく思います。

> それにしても、恥ずかしい限りです。創価学会仏にしろ、本尊にしろ、苦し紛れの正当化ばかりして、なかなか間違いに気づけませんでした。なぜ、あそこまで、頑なに、創価学会が唯一正しいものであると、思い込んでいたのか、今となっては不思議で貯まりません。

全然恥ずかしい事なんてありませんよ。
ご自分で調べ、学び、選んだのですから。
むしろ立派に自立されていると思います。

> 残念ながら私は信仰そのものをやめるつもりなので、管理人様とは立場がまた違ってしまうのですが、創価学会の間違いに気づかせていただいたこと一言感謝せねばと思いコメントさせていただきました。

いやいや。私も信仰はやめていませんよ(笑)はすこさんと同じ立場です。(あ、私は創価から追放されたので少し違うかも)
信仰を続ける。大切な事です。お互い幸福な人生を歩みましょうね。

> これからもブログの運営応援しています。本当にありがとうございました。

はい。はすこさんも信仰上の疑問や質問などあったら(なくても)
いつでも気軽にコメント書いてくださいね。

「ありがとうございました」と私の方が感謝しています。
はすこさんが正しい信仰を続けることがとても嬉しいです。

大御本尊を拝まなければ…

かつて池田先生は「大御本尊を拝まなければ、もう学会員ではないのです」と師子吼なさいました(『会長講演集』第10巻 創価学会 P192)。大御本尊信仰を世界に弘めることが学会の使命であり、存在理由だったからです。

ところが現在の池田門下生は、「もう大御本尊は拝みません!(受持の対象にしない)」と宣言しました。堂々と師敵対・退転宣言をしたわけで、彼らはもう学会員ではないのです。

「教学は苦手…」という会員さんがほとんどであることは知っていますが、人生において信仰が大切だというのなら、しっかり考えた方がいいですよ。池田先生は「教学なき戦いは感情であり、無意味であります」(聖教新聞1953年5月1日付)と言いきっておられますし、その気になれば、学ぶ方法はいくらでも見つかるはずです。

牧口先生・戸田先生のご指導もお忘れなく。

■「大石寺に伝へられる大御本尊を信じ奉る者が正しい信者である」
(第三文明社『牧口常三郎全集』第10巻 P151)

■「日蓮大聖人の法門では、拝む対象はただ弘安二年十月十二日御認めの戒壇の大御本尊様あるのみである」
(戸田城聖講述『日蓮正宗 方便品寿量品精解』精文館 P100)

資料室さん

こんにちは。

> ところが現在の池田門下生は、「もう大御本尊は拝みません!(受持の対象にしない)」と宣言しました。堂々と師敵対・退転宣言をしたわけで、彼らはもう学会員ではないのです。

あ、私もそれをすごく思います。
「お前らこそ学会員じゃないナリスマシだろ」って。

> 「教学は苦手…」という会員さんがほとんどであることは知っていますが、人生において信仰が大切だというのなら、しっかり考えた方がいいですよ。池田先生は「教学なき戦いは感情であり、無意味であります」(聖教新聞1953年5月1日付)と言いきっておられますし、その気になれば、学ぶ方法はいくらでも見つかるはずです。

ですね。教学なき信はある意味暴力です。

はい僕もそのとおりだと思います!
大御本尊を信受しないのは創価学会員ではありません!

おそらくこのままのノリでいくと現創価学会は今のコピー本尊すら信じなくなります。 大御本尊を信じればこその各家庭の御本尊です。大御本尊を信仰しなければなんの意味もありません。

ってこんなこと昔からの学会員はあたりまえに知ってる事なんやけどな~(((^^;)
不思議&気持ち悪り~


お山の大御本尊様は偽物!

創価は大聖人様に破門される前まで、
大御本尊様を信仰の根本として
学会員の方々は不惜身命の
闘いをされてました。
日蓮大聖人様が、
一切衆生を救われ様との
大確信と大慈悲を
大御本尊様に顕され、
その御心を継承された
正統なる正宗を
牧口先生や戸田先生のご指導の元に
外護してきたから、
学会は大大発展が
出来たのに。

さて、話は変わります。

基本は心が大事です。

何でも無心に信じると馬鹿を見ます。

創価は、むかしむかし、
公式に新聞の片隅に
大御本尊様は信仰の根本としない、
と、記録されてますね。こっそりと。

お山の大御本尊は偽物だと、
時の猊下様が 言ったとか、
川辺氏のメモがどうとか?
創価新報にも掲載されてましたね。

私に言わせると、
そんなくだらない、”サイドストーリー”に
心が、ぶれる事が残念です。

ある程度の学会員数も増えてさ、
収入も安定し、
創価幹部が食うに困らない
事になりました。
全部、創価の会員のお陰です!

でもねぇ、、
幹部の彼らは末端会員を鼓舞するけど、
腰抜けチャンだから、
率先して自ら折伏は出来ないのです。

創価から給料貰ってる方々は、
何人か知ってるけど、
大聖人様をウソでも宣揚してた
昔のセンセの様に
率先して闘い抜かる人いるの?
この30年来は聞いた事もないね。
担当幹部として現場に入り、
未曾有の折伏成果を果たした人は
どこに居るの?
今の大幹部様に居るの?

大御本尊が信仰の対象外で
にょぜそうの悪い会長認定の
ご利益コピーの3千円本尊が
大聖人様に直結してると、
本気なのか?大丈夫?

結果、
センセの懐刀は今は誰?
センセは人材育成力は0点でしたね。


如是創(相)の悪い
今の最高責任者の方かな?
彼らに率先して行動を起こす
勇気も確信もない。

彼らは口を開けてたら
自動的にご飯(給金)が口座に
振込まれます。

創価の基本的な仏法修行(集金活動)を
例えば、センセ新聞の販売も、
自ら率先して
友達にすら、勧めません。
そんな、面倒な恥ずかしい事は
末端の会員が頑張る事なのです!

いかに、末端のネズミ会員が頑張る様に
ロイヤル幹部が鼓舞し、
新聞紙上で彼らや彼女は無冠!
ご利益は永遠だとか、
会員には適当に言って、
会員皆様の功徳は間違いありません!!
よいしょして終わりです。

さぁ!戦え!
創価の敵と!

敵である奴らは
蹴散らせ!
ウソも方便!

会員たちは創価&センセが絶対正しいから
微塵も創価を疑いません。

正宗の事を、いつまでも根深くね!
グチ愚痴と会員向けの最終テスト蘭に
日顕宗をハスとか、
追撃の手を緩めない様にね?

センセの師匠の
戸田先生は何を思ってるのか?
永遠の師匠とのさばり、
会員の毎日の勤行に祈念させてる?
私を拝むな!大御本尊を拝め!と、
カミナリが落ちるのかと。

毎度駄文コメント失礼いたしました。

サイドストーリー

退転壮年部おじさん様

言い得て妙なコメント、拝見しました。
全くその通りですね。
牡丹様ご指摘の3.16もどうするのでしょうか?
というか思慮する事も放棄しているように感じます。

従前の教義を否定して新興宗教に堕落し、大御本尊様から会員を遠ざけて、堕地獄行きに舵を切った今の学会は、まさしく師敵対であります。
以下、戸田会長の有名な指導を引用します。

「わたくしたちは、無智な人々をみちびく車屋である。 迷っている人があれば車にのせて、大御本尊様の御もとに案内して行くのが、学会唯一の使命である。 宝の山にはいって、宝をとるかとらないかは、その人の信心の結果であって、ただ宝の山たる大御本尊様へ案内するのが、われわれ学会の尊い使命なのである。」
(昭和24年10月24日 創価学会第四回総会 東京教育会館)


学会執行部の「妄想サイドストーリー」に洗脳され信心の根幹を見失い、成仏得道の道から逸れてしまった学会員さんには、よくよく思考するチカラを持って欲しいと願います。

かつての池田名誉会長指導を以下に引用します。学会員さんには一語一句、ご自身で消化吸収して戴ければと思います。
サイドストーリーではない本筋=信心の根幹の指導です。

「社会はますます複雑になっていくであろう。その動向に対処するため、学会も多様性を要請される場合がある。しかし、ただ、次の点だけは不動の路線であることを忘れてはならない。それは、
  一、三大秘法の大御本尊が一切の根本であると拝していくことだ。
  二、御法主上人の御もとに日蓮正宗の伝統法義を確実に体していくことだ。 」
(広布と人生を語る 第三巻)

「末法のわれら衆生の信奉すべき御本尊は、日蓮大聖人であり、また大聖人の御生命を、一幅の大曼荼羅として認められた、弘安二年十月十二日の一閻浮提総与の大御本尊以外に絶対にないのである。」
(御義口伝講義)

古刹信徒さま

コメントを記載された通りですね。
戸田先生も、
昔のイケダさんも、
大御本尊(日蓮大聖人様)が、
信仰の根本だと指導されてたのに、

今のソウカはどうでしょう?
稚拙なコメントで恐縮でございます。

元創価班さん

こんばんは。

> はい僕もそのとおりだと思います!
> 大御本尊を信受しないのは創価学会員ではありません!

ですよね。
バリカツさん達はよくも自分たちは学会員だ!と言えるもんですね。
偽学会員としか思えない。

> ってこんなこと昔からの学会員はあたりまえに知ってる事なんやけどな~(((^^;)
> 不思議&気持ち悪り~

はい。キモイです。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 私に言わせると、
> そんなくだらない、”サイドストーリー”に
> 心が、ぶれる事が残念です。

全く同感です。
いまで日顕師には相承がない。
などとアホなこというバリ活が多いですね。
だったら、戸田先生が大作センセに会長を譲った。なんていう証拠もありません。

古刹信徒さん

こんばんは。

> 学会執行部の「妄想サイドストーリー」に洗脳され信心の根幹を見失い、成仏得道の道から逸れてしまった学会員さんには、よくよく思考するチカラを持って欲しいと願います。
> かつての池田名誉会長指導を以下に引用します。学会員さんには一語一句、ご自身で消化吸収して戴ければと思います。
> サイドストーリーではない本筋=信心の根幹の指導です。

そうです。
そこなんですよ。
創価のサイドストリーが光彩を放っていたのは
大御本尊への「信」があったらからこそ。なんです。
それがなくなった今、それらのストーリーは全て謗法ストリーになっちゃうわけです。
その時々に懸命に戦ってきた学会員さんを含め
全てが遡って謗法になってしますのです。
そうした方々を謗法者にしてしまっている。という罪悪感が今のバリ活には欠如しています。
今のバリ活なんて、ほとんど出来上がった創価の組織に在籍しているだけの存在でしょう。
そんな連中が多くの学会員さんを不幸にしているのです。
勿論、そうした方向にミスリードしたのが大作センセです。

今日は

結構興味深く読ませて頂いてます。
学会員はへたれと言うのがどうしても納得出来ないから

コメントお断りと書いて下されば、コメントしませんよ

素朴な疑問
大御本尊様を捨てさせたと言うなら、破門前の御本尊様で勤行してる人は正しい宗教してますよね
本当は返却しないといけないのだけど
破門前の御本尊様を持ってる人は脱会する必要ないよね

miuさん

こんばんは。

> 結構興味深く読ませて頂いてます。
> 学会員はへたれと言うのがどうしても納得出来ないから
> コメントお断りと書いて下されば、コメントしませんよ

ですから基本的にコメントお断りしてないんですよ。私は。

> 素朴な疑問
> 大御本尊様を捨てさせたと言うなら、破門前の御本尊様で勤行してる人は正しい宗教してますよね
> 本当は返却しないといけないのだけど
> 破門前の御本尊様を持ってる人は脱会する必要ないよね

創価から除名されたり退会したりすると
創価は本尊を返却するように言ってききますよね?
それと同じで破門された以上は正宗の本尊は返納するのがスジですね。
本尊が正しくても信心が正しくなければ正しい宗教とは言えないでしょう。
脱会するしないとかの問題ではなく
大御本尊を信じるか信じないかの問題です。
会則として「大御本尊」を捨てた創価の教義を信じることは
正しい信心ではありません。
真筆のある身延が正しい信心ですか?
違うでしょ?
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる