マイノリティーだからこそ(非意味的切断さんの質問への回答)

非意味的切断さんからの質問
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
日蓮は正直なところかなりマイナーな人物だと思います。さらに日蓮の論の解釈の中でも、日蓮正宗の大御本尊信仰はかなりマイナーです。 世界史的にパースペクティブが広がっている仏教において、マイナーな日蓮正宗の大御本尊信仰を受容する理由は何でしょうか?
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

について今日は書くよ。
非意味的切断さんだけではなく
多くの方も同じように思っていることでしょう。
昔、俺も折伏でこのご質問と同じようなことを
何度となく言われた。
そんな方々にお答えしようと思う。

「日蓮正宗は極めて少数派である」
「日蓮正宗の教義は極めて特異である」
などなど、日蓮本仏・大ご本尊信仰について
多くの学者や世間が否定している。
だからそれは間違ってる。
あるいは信じない。
というロジックで語る人は多い。
多くの人が否定しているから否定する。という考えだね。
では何故俺は、数多ある仏教宗派のなかで
超少数派の富士門流を選んで受容しているのかというと
その理由はたくさんがあるが、
今回の質問に即していうならば
「人数が少ない」からである。
「マイノリティー」であるからこそ「正しい」
それが俺の中での結論だからだ。
なぜ「少数」だから「正しい」のか?
それは現代は仏教でいうところの「末法」であるからだ。
(仏教以外の信仰者に対してはまた違う話になるので今回は除外する)

さて、この「末法」とはどのような時代かといえば
釈迦の説いた大集経によると「白法隠没」の時代である。
「白法」とは釈迦の説いた法のことで、
末法とは釈迦の説いた法が「隠没」。つまり無くなってしまうという意味だ。
そしてその白法が力を失った後に「大白法」が流布される時代。それが「今」「末法」である。

◆大集経の白法隠没の時に次いで法華経の大白法の日本国並びに一閻浮提に広宣流布せん事も疑うべからざるか(撰時抄)

ではこの「大白法」とは何か?といえば「釈迦の法」ではない「釈迦の法」を超えた法である。
結論を言うと「大白法」とは、大聖人が説いた「南無妙法蓮華経」である。

◆凡そ妙法の五字は末法流布の大白法なり(当体義抄)

仏教史においても釈迦が「南無妙法蓮華経」を説いたことはなく
「南無妙法蓮華経」を説いたのは大聖人お一人である。

で、ここからが本題で
この「妙法」を末法で信受するというのことは実に難儀なのである。
理由はいろいろあるが今日のところは難儀な理由はイロイロ書かない。
(話が飛んじゃうとわかりずらいので)
で、話を進めると

◆日蓮が強義経文に普合せり法華経の流通たる涅槃経に末代濁世に謗法の者は十方の地のごとし正法の者は爪上の土のごとしととかれて候はいかんがし候べき、日本の諸人は爪上の土か日蓮は十方の土かよくよく思惟あるべし(開目抄上)
◆仏末代を記して云く謗法の者は大地微塵よりも多く正法の者は爪上の土よりすくなかるべし、仏語まことなるかなや今日本国かの記にあたれり。(破良観等御書)

など大聖人の御書に書かれているように
末法においては「謗法の者」は大地のように多く
「正法の者」は爪の上の土ほど少ない。のである。
だからこそ「末法」なのである。
「正法の者」が多く「謗法の者」が少なければ「末法」と言わない。
「正義が少数派」となるゆえに「末法」なのである。

ここからは仏教徒目線で書くけど、
世界三大宗教の「キリスト教」「イスラム教」「仏教」
この中で「仏教徒」の人数は圧倒的に少ない。
というか「ヒンドゥー教」よりも「仏教徒」は少ないのである。
仏教でいうところの「外道」の方が圧倒的に多いの現実である。
この現実こそ「末法」であるという証明であり
だからこそ「仏教」が「外道」に勝っている証拠でもある。
もし、身延や他の仏教宗派が「多数派の方が正しい」というならば、
仏教は外道の法に劣るといのか?
ならば彼らは今すぐ「仏教」を捨てて
キリスト教徒にならなければ自語相違になるだろう。
(外道というのは「クサレ外道」っていう意味ではないので誤解なきよう)

さぁ、そう考えれば自ずと理解できる。
「大白法」の「南無妙法蓮華経」系宗派で
もっとも「少数派」である「富士門流」こそが
「爪の上の土」であることは明らかである。
なにせ、似非宗教・偽仏教の
「ホンモノのクサレ外道」の
「創価」や「顕正会」よりも少ないのである。
つまり数の多い「身延」や「創価」が「爪上の土」で
数の少ない「富士門流」(正宗)が「大地」であるという解釈はありえないよね。
つまり「マイナー」であり「マイノリティー」であることこそ
「富士門流」の教義が「正しい」「正法」であるといえるわけだ。

今が「末法」であるのならば
「謗法」の方が人数が多いはずであり
だとすればもっとも「少数派」である
「富士門流」(正宗)が「正しい」
このロジックが一番俺の中では理屈が通るし
釈迦も大聖人も言われていることに符合するするんだな。これが。
この逆だと理屈は通らないし、
釈迦・大聖人の言われていることに齟齬があることになっちゃうでしょ?

それが、特異でありマイナーな正宗の
大御本尊信仰を俺が受容する理由ですね。
難しいことでもなく単純明快な理由だけど
文理に照らせば「富士門流が正しい」
という結論にしかならない。
もちろん理由はそれだけはないけど
今回の質問の即して極論を言えば
「少数だからこそ正しい」
俺はそう思う。(あくまでも極論です)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

無宗教の勧め

そもそも、特に日本に居て、
生活習慣に慣れると、

日本の宗教感は、
特定の教団に所属する方に
とっては、
日常ですね。

活動の為に、
仕事やプライベート(私生活)を
ヤリクリして達成感に漬かります。

冬でも
風呂に3日も入らなけりゃ臭いのにね。
仲間がみな同じ創価臭になると
気が付けません、、。

無宗教の方と言え、
正月になれば初詣をし、
愛する方と結婚すれば
神様に誓いを立て、
死んだら、葬式あげてね。

でも、無宗教の方の
普段の生活に
宗教の関わりは少ない。
学会員の知り合いが居なければ
尚のことですが、

仕事や家庭や
はたまた、生きる、死ぬ、
自分の人生ついて真剣に祈り、
現状を打破できる宗教が、
いかに少ないか。

信じても、
信じなくても、
障りのないものばかりです。

害が多い日蓮系新興宗教は、
数が知れる。

宗教は、自分で
やってみて、
正しいか?間違いか?判断すべきで、

政治の様に、
小数意見(宗教的価値)が
即、取るに足らない邪教と、
するなら、
勿体無いと思われますねぇ(-.-;)y-~~~

何で生きてて?
何で死ぬのか?
自分の命の使い方(使命)を
自覚したいです。
センセを反面教師にしながら。

ありがとうございます

またしても私のために記事をご執筆くださり、ありがとうございます。
心より感謝申し上げます。

そのうえで、愚かな私なりの疑問を述べさせていただきます。

●レファレンスの自己言及性について
日蓮は正しい!という主張の補強引用が、日蓮ばかりというのが、説得性を低めているように感じてしまいます。
日蓮というマイナーな日本のお坊さんを信ずるべき理由を、仏教史的に立証することはできるのでしょうか?

●マイノリティ、マジョリティについて
マイノリティはかなり集団の数としては多数、基本的にはどれもマジョリティになる社会集団の方が少ないという点は完全に同意です。
しかし、なぜ管理人さまが正しいとされる信仰がマイノリティなのか、なぜ功徳があるのに、人口に膾炙しないのか。
また、数多くあるマイノリティ教団の中で、大御本尊信仰を選ばなければならないのか?

上記大変恐れ入りますが。
ご教示頂けますと幸いです。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。


> 無宗教の方と言え、
> 正月になれば初詣をし、
> 愛する方と結婚すれば
> 神様に誓いを立て、
> 死んだら、葬式あげてね。
> でも、無宗教の方の
> 普段の生活に
> 宗教の関わりは少ない。
> 学会員の知り合いが居なければ
> 尚のことですが、
> 仕事や家庭や
> はたまた、生きる、死ぬ、
> 自分の人生ついて真剣に祈り、
> 現状を打破できる宗教が、
> いかに少ないか。
> 信じても、
> 信じなくても、
> 障りのないものばかりです。

無宗教が正常。
そう思っていることが異常なんですよね。
グローバルスタンダードでは。

非意味的切断さん

こんにちは。

> 日蓮は正しい!という主張の補強引用が、日蓮ばかりというのが、説得性を低めているように感じてしまいます。

いえいえ。御書を引用していますが、「末法」も「白法隠没」も釈迦の説ですし、御書には釈尊の経典やその他の論釈が引用されています。

> 日蓮というマイナーな日本のお坊さんを信ずるべき理由を、仏教史的に立証することはできるのでしょうか?

歴史学では立証はできません。というか仏法は現代学問では証明できないテリトリーなのです。
なぜならば「仏の心」を説いているからです。
歴的事実や文献学見地ではとても証明できないのです。
その中で自分が納得する教えを選択することになります。
私には大聖人の教えが一番理屈に合っていると思うわけです。

> しかし、なぜ管理人さまが正しいとされる信仰がマイノリティなのか、なぜ功徳があるのに、人口に膾炙しないのか。
> また、数多くあるマイノリティ教団の中で、大御本尊信仰を選ばなければならないのか?

細かく言うと非常に長くなりますし諸々の角度からイロイロと言えるのですが
今回は1点だけ書きます。
大聖人仏法には「教・行・証」が揃っているからです。
「末法」においては釈迦仏法では「教」以外はなくなってしまいます。
ですから「釈迦本仏」に立脚すると「行」「証」がなく成仏できません。
「教・行・証」の三つ揃えるには大聖人仏法以外になく
「大御本尊」から離れて大聖人仏法はありません。
毎回ブログに書いていますが「大御本尊」とは「大聖人そのもの」なのです。

非意味的切断さん

私からもお聞きしたいのですが
現在、非意味的切断さんは創価から勧誘を受けているとのことですが
非意味的切断さんにとって現状で信仰の必要性を感じているでしょうか?
それとも今は信仰の必要性は感じていないのでしょうか?
だとしたら(感じていてもいなくても)その理由は何でしょうか?
差し支えない程度で教えていただけると幸いです。

続)無宗教の勧め

今さえ良ければと思う
ボンぶの私には、
前世も来世も分かりません。

刹那的な生き方になります。


私みたいな奴は、
両親の縁によって、
大聖人様に巡り会え
今に至ります。私は大聖人様に
巡り会えた幸せな人間です。

良し悪しは別に考えると、

日本人は無宗教である事? や、
特定の思想を持たない事が、
一般的な常識なんです。

大聖人仏法を自分の信念に
当てはめて生きる方は、

無数にある砂漠の砂を
集めた手の平から
溢れ落ちる僅な数しか
存在しません。

溢れ落ちるとダメです。

日蓮大聖人様の御心に
のっからないと!
溢れて落ちるのは
某S団体の事。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 私みたいな奴は、
> 両親の縁によって、
> 大聖人様に巡り会え
> 今に至ります。私は大聖人様に
> 巡り会えた幸せな人間です。

ご両親に感謝できるのは素晴らしいですね。
なかなか2世・3世でそう思える人は少ないです。

> 大聖人仏法を自分の信念に
> 当てはめて生きる方は、
> 無数にある砂漠の砂を
> 集めた手の平から
> 溢れ落ちる僅な数しか
> 存在しません。

本当ですね。
落ちこぼれにならないようにします!

ありがとうございます

管理人さま

またしてもご連絡いただき、ありがとうございます。
ご質問、私の浅はかな考えではございますが、回答させていただきます。

●信仰について
信仰の私なりの定義は、
特定命題を論理的学問的根拠なしで受容することです。
つまり、文献学や物理学的な自然科学とは関係なしに、
・日蓮は本仏だ
・大御本尊という特定の木材によって構成された物質を、日蓮と一体と捉え、それに祈念することが絶対的な救済をもたらすとする
という命題を信じるということです。

●信仰の必要性について
信仰の必要性を感じているか、というご質問ですが、喫緊の必要性は感じておりません。
ただ、超越的なものが存在するという哲学的命題には賛同しています。

理由は、
・現代物理学において確率論的にしか論じられない領域が明らかになった
・フロイト、ラカンに代表される心理学的研究において、自分で自分をコントロールできない領域、無意識の存在が指摘された
というものです。

しかし少なくとも、創価学会や日蓮正宗、幸福の科学、エホバの証人など、
これまで勧誘を受けた教団の教義を絶対的に受け入れる理由がわかりません。

創価学会の方から強めの勧誘を受けて以降、私なりに勉強をしましたが、
・文献学などを全く無視した教義を展開する日蓮正宗
・池田大作に大いに依拠した教義を新設していく創価学会
どちらもちょっと…という感じです。
私はもともと日蓮のことは結構好きで、彼の著作も読んでおりましたが、日蓮正宗と創価学会、どちらも教団運営に重きをおいた解釈をしすぎではというのが正直な想いです。
むしろこのブログで厳しい評価を受けている立正大学系の学者さんの本の方が説得力があります。

非意味的切断さん

こんにちは。
ご丁寧にご返答くださりありがとうございます。

現在は特に信仰の必要性を感じられておられないようですね。
ならば、私を含め信仰者の言っていることが不思議に思われることと思います。
それは当然のことだと思います。
仰る通り、信仰とはある意味「非科学的」なことを主張するものだと思います。
逆説的に言うと科学的に解明・説明できないのが「信仰」というもかもしれません。
相容れないのではなく、科学がそこまで進化していないのだと感じます。
身延系の主張は、日蓮本仏・板曼荼羅の否定にあります。
しかしそれが科学的・合理的解釈とは私には思えませんし
なにより、身延の主張する教義・本尊もまた全く学術的ではないからです。
いずれにせよ非意味的切断さんはまだ宗教を実践するような段階ではないとのことですので
いずれ訪れるかもしれない「その時」まで色々と研究を重ねられること思います。
私のブログや主張がその一助となれば幸いです。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる