真実の覚醒の時

創価のMC・詐欺に気づき創価から離れることを
ネットでは「覚醒」と呼ぶ人達がいるようで
「覚醒」とは言い得て妙でなかなかいい表現だと思う。
この覚醒者の皆さんは大きく分けて二通りのよう。
一つは、俺のように「創価はやめても信心はやめない」タイプと
もう一つは「創価と一緒に信心もやめる」というタイプ。
ネット上でも、またリアルにおいてても
どちらかというと「創価と一緒に信心もやめる」
という道を選択する覚醒者さんの方が多数派だと感じる。
今日、そんな多数派の覚醒者の一人と少し話したんだけど
その彼が言うには俺のように「創価はやめても信心を続ける」タイプは
まだ「完全に覚醒していない」状態だそうだ。
ネットなどにも似たような事をいう覚醒者の人がいるが
そう言われれば、お言葉を返すようでだが
むしろ「創価も信心もやめてしまう」方が
まだ創価に騙されて続けいるんだなぁって感じてしまうんだよね。

まぁ、創価をヤメたことはいいことなんでけど
信心まで止めてしまう。もったいないあぁ
信心を止めるだかならまだしも
大聖人仏法まで創価の一部として批判する人(今日の友人がそうだった)を見ると、
創価の本当の部分の騙しに気づいていない。と思うし
これが創価の詐欺の二次被害だと思う。
そう思うとやはり創価学会という存在は「絶対悪」だと思うね。

創価と一緒に信心もやめて、
さらに大聖人仏法も否定する醒者さんが異口同音に言うには、
「紙に字を書いたもの(本尊)に祈ったところで功徳などあるわけない」
「紙に字を書いたもの(本尊)など捨てても罰なんて当たらない」
って事なんだけど、言ってることは間違っていない。
創価の本尊なんて、まさに「紙に字をコピー」した「モノ」でしかなく
そんな「コピー用紙」にいくら祈ったところで功徳なんて出ないし
そんな「コピー用紙」なんていつゴミ箱に捨てようが罰なんてでない。
そんなものが出るほうがおかしい。
それを「功徳」だの「罰」だのと言って
会員から金や時間、さらには友人や恋人まで奪う創価は
「詐欺団体」であることは間違いない。

でもね、創価が「極悪」であるのは
こうした詐欺行為をするからではなんだ。
「詐欺行為」なんての「悪党」レベルの話で「極悪」じゃぁない。
創価の悪の根本は「詐欺行為」でなく
「謗法行為」にある。
現役の会員のみならず、
覚醒した元会員さんにも「謗法行為」をさせる。
これこそが創価が「極悪」である所以だ。
創価の詐欺で奪い取られるモノよりも
創価にさせられた謗法で失うモノの大きい。
「創価は詐欺団体」これはすぐに看破できるだろう。
でも「創価は謗法団体」って気づくのなかなか難儀である。
そこに気がつくのが「覚醒」というのではないかと思う。

創価の本尊で「功徳」が出なかったのは、
本尊のせいでなく創価の信心のせい。
創価の本尊を捨てても罰がでないのは
本尊のせいでなく創価の信心のせい。
創価のいう信心が間違っているから
創価の本尊は功徳も罰もでない「ただのコピー用紙」にしかならないわけだ。
つまり、今日の友人のようなタイプの覚醒者さんは
創価の詐欺には気づいたけど創価の謗法には気がつかないままでいるわけで
ザックリ言うと、創価をやめてなお創価に騙され続けている。と感じる。
「創価で教えてもらった信心とは大聖人の仏法ではない」
そこに気がつかないまま
「創価の教え」=「大聖人仏法」と信じ込んじゃっている。
だから、「アンチ創価」=「アンチ日蓮」になっちゃう。
そういう覚醒者さんは多いと思う。
いつも書いているが正しい信心(大本尊に信をとる)をすれば
創価の本尊であっても「功徳」も「罰」もでる。
逆に正宗の本尊であっても間違った信心なら
覚醒者さんたちがいうように「紙に字をコピーしただけのモノ」でしかない。
日顕前法主憎さに大聖人を捨ててしまった創価と
創価憎さに大聖人を捨ててしまう覚醒者さん達。
こんな言い方をすると腹がたつと思うが
仏法の立場で見てみると、「同じ」カテゴリーなんだよな。
本人は創価をやめて覚醒したと思っているので
結果は創価と同じカテゴリー。
いまだに「創価宗」「池田教」から
心は抜け出せてはいないように見える。
創価をやめることで「詐欺」から身を守り
「詐欺」の片棒を担ぐことはなくなったのだから
それはそれで非常にいいことだし喜ばしいことなんだけど
度が過ぎて「大聖人」まで批判・非難の対象にしてしまうと
創価と同じ「謗法」になり「謗法」の片棒を担ぐことになると思う。

まぁ、「もう信心は懲り懲り」って気持ちもよくわかる。
俺の男子部時代に組織を追放された時に
心底「組織信心」なんて真っ平ゴメン。と思ったし。
だから、もったいないけど「無理」に信心を続けることもないだろう。
いやいや勤行・唱題をしたところで何の意味もないし。
だた「大聖人批判」まで行ってしまうのは賛成できない。
「もったいない」を通り越してしまうから。
創価に言われるまま、色々な活動をしたきただろうけど
御本尊にあげた題目だけは創価関係なく個人の信心だ。
それが実であれ不実であれその題目の分は福運が積まれたことは間違いない。
それを「大聖人批判」で消してしまうどころがマイナスにしてしまうのは馬鹿らしいと思う。
ていうか、創価をやめた今「大聖人批判」をする意味もないし
「大聖人の批判」をしたところで覚醒者が増える事もない。
だからいたずらに創価同様の謗法を犯す必要もないんじゃないか?

創価からの覚醒者さんの多くは
「まだ本当の日蓮仏法を試したことのない人達」なんだよ。
今後、本当の大聖人仏法を試すか試さないかはわからない。
また、大聖人仏法を信仰しようと批判しようと
それは個人の自由であることは言うまでもないが
どちらにしても「創価の教え」から離れて欲しいと思う。
「日蓮大聖人」と「創価宗」「池田教」は無関係である。と認識して欲しい。
その時が真実の覚醒の時なんじゃないだろうか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

ですね♪もったいないと思います。
バカ監督にわけのわからん指導されて部活やめて野球自体もいやになったやつみたい(笑)プロになれる才能を持ってたかもしれないのに…(笑)そんな人いっぱいいると思いますよ。

大聖人の仏法はすばらしいよ、功徳あるし幸せになるよ♪
ただしやり方間違ったらダメだよ。
心と体が壊れて不幸になるだけだよ、つまり地獄行きって事。
たいてんしたらあかん!




創価は謗法

いつもながら良い論点を突いてきますね。
創価は謗法、まさにその通りと思います。

謗法とは誹謗正法の謂ですが、正法とは何か。
創価は南無妙法蓮華経の法が正法といいます。
法報応の三身の内、法身如来に力点を置きます。

日蓮大聖人は三身即一身の自受用身如来です。
大御本尊は報中論三の自受用報身如来です。
それを否定したのが創価です。
謗法以外の何物でもありません。

なんでそうなってしまったのか。
「第六天の魔王・我が身に入らんとするに兼ての用心深ければ身によせつけず」
大聖人ですら第六天には「用心」されていました。
創価中枢が魔に食い破られたのは間違いないでしょう。

既得権益の保持に汲々とし用心が足りなかったのか。
いずれにしても彼らの行き着く先は無間と確定しました。
謗法の船に乗り合わせていたのでは同じく無間行きです。
しかしながらろくな乗り換え先が無いのも悲しい事実です。

創価を発迹顕本させるのも一つの手でしょう。
新・創価学会を作ってしまうのもアリかもしれません。
手をこまねいて何もせずにいては慳貪の罪に問われましょう。
進む先はまだ見えませんが、唱題しながら思索を続けてみます。

真実の覚醒

こんにちは
私は創価を正式に辞めて2年になります。
その前は20年間一切活動してませんでした
その20年間は今思うと緩やかに 坂道を下って行ってる状態で
少しずつ悪くなっていました。
ネットで創価の悪事に気が付いたとき 創価をやめて信心も
辞めようか 悩んだとき お山にもどりたいと思い お寺のご住職さまに
話をきいてみてから考えようと 思い切って正宗のお寺に行きました。
2年たってその選択は間違っていなかったと つくづく思います。

静かに創価をさる というブログを たまに
見ますが すごいアクセスを誇っていますが
ほとんどが覚醒といって創価に見切りをつけてせっかく
創価をやめたのに 信仰もやめてしまって
大聖人や宗教を否定している人たちが多くて 残念でたまりません。
ただもう一方  正宗にもどってみて 2年
凄い数の人が 最初は一人で 夫婦で 一家全員で 学会 顕正会
から 続々と 正法に目覚めている方も すごく今増えています 
みんな 生き生きとしていますよ
そういう人達も いっぱいいるんだと教えてあげたいです。
最後に 今 折伏てこんなに楽しかったんだと 思えて
本当に信心辞めなくてよかったと思います。

管理人さん、こんにちは。
お久しぶりです。
祈っててもなかなか叶わず、祈らなくなっていました。が、最近また少しずつ、五座三座の勤行に挑戦してます。
確かに「対話を求めて」のブログを見ると創価の批判ならず、大聖人の批判までされていて、どうしてと思いました。
よく、退転すると罰があたるとか、信心しなかったら地獄に落ちるとか、この信仰だけが正しいとか排他的な思想には私は疑問を感じますが、それは大聖人の教えなのですか?創価学会が言ってるだけですか?
それと、最近私の本部の本部長が亡くなり、その時の上の方の指導が、一番頑張ってた本部長が亡くなったのは死魔だって言ってたんですけど、これってどう思いますか?
よろしくお願いします。

真実の創価同窓の集い様へ

コメントを拝見して小生と大変似ていると思いました。

小生も脱会し正宗に帰依してもうじき二年になります。

すべては学会の「大御本尊否定」が端緒です。
法華講員となり純粋に信心できる喜びを毎日噛み締めております。
小生の菩提寺にも、脱会して来られる方が増えています。
各々宿業と向き合い、信仰に励んでいらっしゃいます。
脱会して来られた皆さんは、教学もあり即活動家として唱題、折伏に励んでいます。
大聖人様の仏法を心から求めていらっしゃるのです。

管理人様の仰る通り、脱会して信仰そのものを棄ててしまう事程、哀しい事はありません。

宗門、法華講が今以上に受け入れやすい環境を開示して、正法を求める脱会者に示して行ければと愚考しております。

あたり前ですが、正宗寺院は訪ねて来た方を例え逆縁でも大きな懐で受け入れます。
人を憎んだり怨む信心ではありません。
猊下の御指南は「学会員を救って行きなさい。大御本尊様に導きなさい」で一貫しています。

ほんのすこしだけ勇気を持てば、
「詐欺団体」から抜けられますよ。



元創価班さん

こんばんは。

> ですね♪もったいないと思います。
> バカ監督にわけのわからん指導されて部活やめて野球自体もいやになったやつみたい(笑)プロになれる才能を持ってたかもしれないのに…(笑)そんな人いっぱいいると思いますよ。

同感です。折角大聖人仏法に縁するチャンスだったのに
悪縁に誑かされて捨ててしまう。
もったいないことだと思います。

> 大聖人の仏法はすばらしいよ、功徳あるし幸せになるよ♪
> ただしやり方間違ったらダメだよ。
> 心と体が壊れて不幸になるだけだよ、つまり地獄行きって事。
> たいてんしたらあかん!

功徳はあります。
私もそれを実感しています。
でも創価の言っている信心ではダメですね。

macska さん

こんばんは。

> 謗法とは誹謗正法の謂ですが、正法とは何か。
> 創価は南無妙法蓮華経の法が正法といいます。
> 法報応の三身の内、法身如来に力点を置きます。

この「法本尊」重視の思考は、大作センセの教学です。
いまの学会員には人法一箇ということが分かっていませんね。
「人本尊」は自分自身だ。なんて平気で言いますから。

> 日蓮大聖人は三身即一身の自受用身如来です。
> 大御本尊は報中論三の自受用報身如来です。
> それを否定したのが創価です。
> 謗法以外の何物でもありません。

その通りです。
詐欺などという生やしいものではありません。

> 既得権益の保持に汲々とし用心が足りなかったのか。
> いずれにしても彼らの行き着く先は無間と確定しました。
> 謗法の船に乗り合わせていたのでは同じく無間行きです。
> しかしながらろくな乗り換え先が無いのも悲しい事実です。

乗り物はなんでもいいかな。と思う今日このごろです。

> 創価を発迹顕本させるのも一つの手でしょう。

私は、今の創価こそ「発迹顕本」した姿なのだと考えます。
「第六天魔」という本地を現したのだと考えています。

> 新・創価学会を作ってしまうのもアリかもしれません。
> 手をこまねいて何もせずにいては慳貪の罪に問われましょう。
> 進む先はまだ見えませんが、唱題しながら思索を続けてみます。

そうですね。
macskaさんのような方が内部に増えれば「新・創価」も夢ではないでしょう。
ただし創価は伏魔殿ですから潰される可能性も高いです。
頑張ってください!

真実の創価同窓の集いさん

こんばんは。


> 私は創価を正式に辞めて2年になります。
> その前は20年間一切活動してませんでした
> その20年間は今思うと緩やかに 坂道を下って行ってる状態で
> 少しずつ悪くなっていました。
> ネットで創価の悪事に気が付いたとき 創価をやめて信心も
> 辞めようか 悩んだとき お山にもどりたいと思い お寺のご住職さまに
> 話をきいてみてから考えようと 思い切って正宗のお寺に行きました。
> 2年たってその選択は間違っていなかったと つくづく思います。

信心を続けられて本当に良かったですね。
私も創価から追放されましたが信心だけは捨てない覚悟です。

> 静かに創価をさる というブログを たまに
> 見ますが すごいアクセスを誇っていますが
> ほとんどが覚醒といって創価に見切りをつけてせっかく
> 創価をやめたのに 信仰もやめてしまって
> 大聖人や宗教を否定している人たちが多くて 残念でたまりません。

そうなんですよね。リアルでもそういう元会員さんは多いです。
創価=日蓮仏法と創価に刷り込まれちゃっているんですね。
そのような姿を見聞きすると
創価をやめても一番大切な部分を創価に騙され続けているって思います。
そこが創価の一番の「悪」の部分なんです。


> 最後に 今 折伏てこんなに楽しかったんだと 思えて
> 本当に信心辞めなくてよかったと思います。

はい。その歓喜をぜひ多くの方々に語って言ってください。
創価をやめ信心をやめた人も
心のどこかに大聖人を求める思いがあると考えます。
無理やりそうした思いを封印してるのかな?と思います。

退転壮年部おじさん

いつも有難うございます。

大御本尊に対して
信を貫き、
我が身そのまま、
つくろう事なく、
無作で、

そして大御本尊様に
1人でも多く縁できる様に、
お使いが出来る善知識の方は
大福運が積める事は、
間違いないと存じます。

ソウカの方々には、
申し訳ないけど、
無理です。

せいぜい、
しんぶん販売なり、
せんきょ活動なり、
折伏以外のね、
枝葉尾びれのソウカの商売に
片棒担いでね、

大商人信心で、
成果を上げて、
自己満足の宗教活動をやれば?
そう思います。

大聖人様には一切、
褒められませんよ。

ただし、
ソウカには最大の
誉れを頂く事が、
出来るでしょう。

日蓮大聖人様が流布しようとした、
本物の信心は、
ソウカには、
もう、縁が無い。
私の確信です。

牧口先生や戸田先生の事を
思うと、
哀しい限り。

いつもありがとうございます

いつも大変お世話になっております。

本日の記事も興味深く拝見しました。

本日も大変不躾ながら、
質問をさせていただきます。

管理人さまは、わたしのような特定の信仰をしていない人間に、どのようにご自分の信仰をすすめられるのでしょうか?

以前も書かせていただきましたが、
わたしから見ると、
日蓮正宗も創価学会も、人類史で蓄積されてきた学術的方法による精査に耐えられるような主張をしておらず、どちらも同じに見えます。

学問と信仰は違う、という方もよくいらっしゃいますが
管理人さまが学術的、合理的な論よりも、大御本尊信仰という立場をとること。
それをわたしに勧めるとしたら、どのようなことばを使われますでしょうか?

ここまで匿名で質問してきたことに申し訳なさを感じておりますので、
身分開示をしますと、私は大学教員です。
学位を複数とった関係から、理論社会学と科学哲学が専門です。
私の母はキリスト教徒だったこともあり、宗教にはずっと関心をもち、本もある程度読んできました。
最近、創価学会の方との出会いから、日本の戦後宗教史ならびに日蓮系の宗教に興味を持ち、読書や研究者との対話を進めてきました。その中で本ブログに出会い、管理人さまに関心を持った次第です。

恐れ入りますが、何卒よろしくお願いします。

林檎さん

こんばんは。お久しぶりです。

> 祈っててもなかなか叶わず、祈らなくなっていました。が、最近また少しずつ、五座三座の勤行に挑戦してます。

わかりますよ。その気持ち。私もそうでした。こんなに祈ってるのになんで?と何度も何度も挫けました。
それでもその都度また祈りました。いま振り返るとその当時の祈りは全て叶っています。
いのれない時もあるのは当然です。凡夫なんですから。やめてもまた始めればいいと思います。
後に振り返れば絶対に思い通り・・いや思いもよらないいい結果が出ます。

> 確かに「対話を求めて」のブログを見ると創価の批判ならず、大聖人の批判までされていて、どうしてと思いました。

それは、もともと創価の間違った信心を教えられてしまったからです。
「やめても罰なんかでない」というのは裏を返せば「やっても功徳なんかでない」ということです。
つまり、本当の大聖人仏法を知らないから大聖人の批判をするのです。
これが創価の大罪なんです。

> よく、退転すると罰があたるとか、信心しなかったら地獄に落ちるとか、この信仰だけが正しいとか排他的な思想には私は疑問を感じますが、それは大聖人の教えなのですか?創価学会が言ってるだけですか?

確かに大聖人の御書には「罰」のことも「無間地獄」のことも書いてあります。
でもそれと同じくらい「功徳」のことも「成仏」「仏界」のことも書いてあります。
それほど「力」のある御本尊ということです。
創価は基本的に謗法ですから創価を辞めても罰なんてでないし、創価の信心をしなくても地獄にはおちません。
また「この信仰だけが正しい」と主張するのは、宗教のもつ純粋性でこれは全ての宗教に共通してしています。
どんな宗教でも自宗が一番正しい。と主張します。
また大乗仏教は一切衆生に仏性を認めているので「排他的」という批判はあたりません。
なかでも大聖人仏法の凄いところは「一切衆生に仏性」を認めるだけでなく
「一切衆生が成仏する方法」を具体的に示しているところです。
簡単に言うと大御本尊を信じて題目をあげる。という誰でも出来る方法を示しているわけです。
これを「排他的」と批判するのは的ハズレだと思います。
むしろ誰も排除しない。というご本仏の慈悲の表れだと私は感じます。

> それと、最近私の本部の本部長が亡くなり、その時の上の方の指導が、一番頑張ってた本部長が亡くなったのは死魔だって言ってたんですけど、これってどう思いますか?

この指導はよくわかりませんね。
一番頑張っていたからこそ「死魔」に狙わたということでしょうか?
だとしたら、この本部長は「魔に負けた」ということになり
結果としてこの本部長の「信心」は「魔に負けた」といことになります。
つまりこの本部長の信心は間違っていたか或いは弱かったとい話になります。
このような指導を故人に対してするその幹部の発想がわかりません。
なんでしょう。ムカムカします。
この指導をした幹部に対する今の率直な感想を言うと
「お前はバカなの?」
「お前が死なないのは頑張ってないからなのか?」です。
何か「いいこと」を言いたかたんでしょうが
完全に逆効果です。
全くこの人の指導は理解不能です。

ちょいと口を挟みますわよ。

こんばんは。

管理人さんも皆さまも重々ご承知とは思いますが、念のために。ちょっと。

創価学会からとにかく離れること。
兎にも角にも、これが一番大事なことですよね。
話はそれからです。

反動で大聖人様まで批判し出すというのは私にはよくわかりません。
いますけどね、そういう極端な人。流されやすい、といいますか、だいたいお調子乗りですね。頭もちょっと悪いかしら?あまり関わりたくありません。

ただ。
創価学会にまつわることから極力自分を遠ざけて、心も身体もしっかりと休ませなければ新しい一歩が踏み出せない。という方もたくさんいらっしゃいます。
「日蓮という言葉ももう聞きたくない」と。
創価学会が日蓮を本当に信仰しているか、いないか、そのようなことまで考える余裕はないのです。それほど疲弊きしっているのです。なんと罪深いことでしょう。

管理人さんも仰るように「宗教はもうこりごり」「もう無宗教でいい」と。
でも。そう決めることで新しい人生を始められるのなら、それでいいと思います。
まずは創価学会から離れることです。

急がせてはいけない方もいらっしゃいます。
今は無宗教と仰っていても、それは「今は」でしょ?
祈って待つことも大事だと思いますよ。


ごめんなさい。偉そうでした?

退転壮年部おじさんさん

こんばんは。

> ただし、
> ソウカには最大の
> 誉れを頂く事が、
> 出来るでしょう。
>
> 日蓮大聖人様が流布しようとした、
> 本物の信心は、
> ソウカには、
> もう、縁が無い。
> 私の確信です。


その通りですね。
残念であり悔しくもあります。

あ。

創価から離れろ離れろと書いていますが、なかにはmacskaさんのような猛者もおられましたね。
管理人さんやこちらの皆さまもですが、macskaさんには現場でお会いしたかったです。
組織で悩んでいる方、疲れきった方々の救いとなられますように陰ながらお祈りしています。

非意味的切断さん

こんばんは。

> 管理人さまは、わたしのような特定の信仰をしていない人間に、どのようにご自分の信仰をすすめられるのでしょうか?

基本的に私は「悩みのない人」には自身の信仰を勧めません。
もちろん自分の信仰について語ることはしますが
それを勧めたりしないんです。


> 管理人さまが学術的、合理的な論よりも、大御本尊信仰という立場をとること。
> それをわたしに勧めるとしたら、どのようなことばを使われますでしょうか?

それは、非意味的切断さんの人生観や生死感などをお聞きしないと答えようがありません。
弘教というのはこちらが言いたいことを一方的に話すわけではありませんし
破折と違って大上段から教義を振りかざす行為でもありません。
相手がどのような人生観を持ち、また命についてどう思っているのか?
そのような色々なことを聞かないと答えようがないのです。
「とりあえずやってみよう」とか
「ダメならやめてもいいから」とか
そんなバナナの叩き売りみたいな折伏はしない主義なんです。

身分開示までいていただきありがとうございます。
でもそんなに気を使われなくても大丈夫ですよ。
「お前はどこの誰なんだ」なんて、これぽっちも思いませんから。
誰であれこうした大聖人仏法の話をできるのは楽しいことです。
創価バリカツさんのように、罵詈雑言を書き逃げしていく方には辟易します。
反対されようが批判されようがそれが真摯な対話であれば
誰であっても無関係です。

牡丹さん

こんばんは。

> 創価学会からとにかく離れること。
> 兎にも角にも、これが一番大事なことですよね。
> 話はそれからです。

全く同感です。そこがまずは重要です。
ですから覚醒者さんの皆様につては良かったというのが根底です。

> ただ。
> 創価学会にまつわることから極力自分を遠ざけて、心も身体もしっかりと休ませなければ新しい一歩が踏み出せない。という方もたくさんいらっしゃいます。
> 「日蓮という言葉ももう聞きたくない」と。
> 創価学会が日蓮を本当に信仰しているか、いないか、そのようなことまで考える余裕はないのです。それほど疲弊きしっているのです。なんと罪深いことでしょう。
> 管理人さんも仰るように「宗教はもうこりごり」「もう無宗教でいい」と。
> でも。そう決めることで新しい人生を始められるのなら、それでいいと思います。
> まずは創価学会から離れることです。

そうなんです。全くその通りなんです。
私も組織から追放された時に思いました。
なにもかも顧みず創価の活動をした結果がこの仕打ちか。と。
もう何もかも面倒臭かった。
でもそのおかげで新しい人生を始められたのも事実です。

> 急がせてはいけない方もいらっしゃいます。
> 今は無宗教と仰っていても、それは「今は」でしょ?
> 祈って待つことも大事だと思いますよ。
> ごめんなさい。偉そうでした?

いえ。牡丹さんの言うとおりだと思います。
無宗教になったり大聖人を批判したりする覚醒者さん達の気持ちはわかります。
そして、そうしてしまった諸悪の根源こそ創価にあると。
だた「大聖人批判」まで行ってしまうと
その創価と変わらないんじゃないかと思えるわけです。
ソレじゃ覚醒にならないんじゃないかと思うわけです。
折角創価をやめたのだから「静かに無宗教」でいいのかと。
その方がいままで上げてきたお題目が無駄にならないんじゃないかなぁって思うんですよね。
張り切って「大聖人批判」までしてる方を見ると
なんだかなぁって思っちゃうんですよね。

はい。よくわかります。

先ほども書きましたが、周りで大聖人批判をしている人は創価の中にいても離れても、目立ちたがりの調子のいい人ばかりのようです。
こういう方々は放置で良いと思っています。
そういう自爆型の人は別として。
心を込めてお題目をあげてきた方の福運は実を結ぶ時が必ず来ると信じています。
それぞれに事情がありますから。
その時がいつなのかは、凡夫の私にはわかりません。
そういう状態の方々が、こちらに訪れにくくなっては残念すぎるのでいらない口を挟みました。

管理人さん、コメントありがとうございます。
度々すみません。
大聖人の仏法を信仰するのがいかに難しいかよくわかりました。
主人をはじめ、縁した人にいつか大御本尊を信じてもらえるようになってほしいです。
そのために私自身が確信をつかもうと思います。

この信仰が正しいとみなどこの宗教も言ってるんですね。確かにそうですね。
排他的と思ったのは他の信仰を認めないと思ったからです。でもそうじゃないですね。管理人さんのコメントでよくわかりました。

本部長のことは上の幹部が言うには、この本部は一番頑張ってるから、その中でも特に頑張ってた本部長が亡くなった。
皆あんなに頑張ってた本部長が亡くなったのはどうしてと思うかもしれないが、これが魔の仕業だ、みたいなことを言ってました。
本部長は若くてとても良い方だったので
、上の幹部にそんな風に言われて、私も凄く嫌な気分になりました。

牡丹さん

こんにちは。

実は今回の記事は書こうかどうか迷ったんですよね。
上手く言えない気がして。
覚醒者さん達が無宗教になったり大聖人批判に走ることを非難する気はありません。
そのようにしてしまった創価がいけないのですから。
覚醒者さん達はかりそめにも大聖人仏法と縁したのは事実ですし
心からのお題目が無駄になる事はありませんし
それも含めて自身のやってきたことを全否定する必要もないと思います。
否定すべきは「創価の教え」「創価のやり方」であって
自分自身の本心からの題目まで否定することはないと思います。
そう思って書いてみました。

林檎さん

こんにちは。

> 大聖人の仏法を信仰するのがいかに難しいかよくわかりました。
> 主人をはじめ、縁した人にいつか大御本尊を信じてもらえるようになってほしいです。
> そのために私自身が確信をつかもうと思います。

罰や地獄のことも御書に書いてありますがそれはご本仏の立場で我々の信心を励まされているのです。
我ら凡夫が他人様に向かって気安使う言葉ではありません。
その言葉を使うのであれば大聖人の文証を添える添えるべきですね。
いずれにしても一度でも大御本尊を信じて題目を上げたのであれば地獄とは無縁です。

◆文義を弁えたる身にはあらざれども法華経涅槃経並に天台妙楽の釈の心をもて推し量るにかりそめにも法華経を信じて聊も謗を生ぜざらん人は余の悪にひかれて悪道に堕つべしとはおぼえず(唱法華題目抄)

> この信仰が正しいとみなどこの宗教も言ってるんですね。確かにそうですね。
> 排他的と思ったのは他の信仰を認めないと思ったからです。でもそうじゃないですね。管理人さんのコメントでよくわかりました。

他の信仰を認めない。ということでありません。
教えには「浅深」「高低」があるという事ですね。
なので、より「深く」「高い」の方がいいでしょう?って話です。

> 本部長のことは上の幹部が言うには、この本部は一番頑張ってるから、その中でも特に頑張ってた本部長が亡くなった。
> 皆あんなに頑張ってた本部長が亡くなったのはどうしてと思うかもしれないが、これが魔の仕業だ、みたいなことを言ってました。
> 本部長は若くてとても良い方だったので
> 、上の幹部にそんな風に言われて、私も凄く嫌な気分になりました。

この幹部の指導は滅茶苦茶ですよね、
この指導を聞くと、創価の活動を一生懸命やると魔に殺される。といことになります。
想像ではこの幹部は「魔」が出たのだから「正しい信心なのだ」と言いたいのでしょうが
「死魔」に負けたしまったのだからその理屈は通りませんね。
「正しい信心」は「魔」に打ち勝つことです。
創価はいつも「仏法は勝負」って言ってますよね。
どっちにしろ、創価の活動を頑張ってきた故人に対していう言葉でありません。
こんなことしか言えない人間が幹部であること
そしてその指導を幹部が言ってるからと受け入れてしまう会員。
なんでしょう。すごく違和感を感じます。
林檎さんがイヤな気分になったのも当然ですね。

悪貨

 こんにちは。 さっき我が家の真ん前で事故。  ようやく騒動も終わりました。
歩道に横たわっていた被害者女性も、深刻なケガもなさそうで、幸いでした。

 何が起こるか、 複雑系の社会でも、こういう単純な衝突事故もやはり起こるわけです。  一寸先とて見る目がなければ、あるいは怠れば、起こるべくして起こる。

 この接触事故はタクシーと自転車の女性、双方の安全義務違反でしょう。

 宗教・信仰の世界とて、一見複雑に見えて、実のところは単純な危険性があるということを思い起こします。  
 
 甘え、依存 思い込み、真っ白な性善説など、「振り込め詐欺」も同類かと。

 心の隙には魔性のものに限ってつけこんで入り込むものです。  こちとら、自覚もない。 気づきもしない。  ここまでが自己責任。   

 「疑い無き(に至って初めて)を信という」  だから、「文・理・現」の検証が必要。   思索が必要。 そして「さあ 青だ いやもう一度、右・左」という標語もあるように、、、。

 信じることを疑う、それでいいのか、を考える。 もう上はないのか。。?を考える。  だから「剣豪の修行」とも云う。

 そしてやっと、福運あって、「なんだ 創価、いや そうか、、」と判る。

 分かった時 仮に車の運転に喩えれば、「もう自動車なんてこりごりだ」となるか。   世間に出ることもいやになるのか。

 自閉の生活で残余の人生を過ごすか。  多くは、そうはならない。

 だが創価被害の残滓は えてして「そこ」までいくのかも知れない。

 責任のないケースとしては、偽札を そうと知らずに使うこと。 でも、まかり間違えば犯罪に巻き込まれる。 疑うことなく使っただけであるのに、そうなる。   
 でも、通貨を用いなければ生きてはいけない。  人生と生活にもはや欠かせないものだと知っているから。  どうしようもない。  これが今の創価のバリ活さんの姿にも思える。  「そういう空気」を吸ってこそ、生きていられると信じ込んでるから。   おかしいおかしい、、と思いながら辞められずにいる人。  これは自己責任に当たる。。   頻出するが「未必の故意」ともいえようか。

 生きることはほんとに大変だ。  

 それがいやなら孤島や野山に籠って、隠遁生活でも送るしかなかろう。

 
 「悪貨は良貨を駆逐する」 

 戦後日本に、ここまでの好例?も そうはないだろう。  戦後最大級の虚構。  創価の罪はあまりに重い。 少なくとも相応の罰は受けねばなるまい。 だがそれはまだ続いている。  いったん、潰せばいいのだが、人々のすがりつくような怨念と固執の組織は そう易々とは壊れない。

 
  

●無宗教の勧めと管理人さんと 蘭房さんへ提案

●無宗教の勧め

○おさらい、もう、おわかりのように創価の本来の目的は選挙(政治力)とお金(●教新聞などの販売)が主たる目的で、日蓮上人の教えも平和運動も本来の目的をカモフラージュするためのツールにすぎないということ、創価も今売り出し中の幸●の科学と同類だったということですね。これを理解したうえで、創価のインチキに気がついた、それで、そんなインチキカルトが勧めた教えなんだから当然、インチキくさい教えに違いない(仏教界では現代仏教学がが主流になりつつあるしね)
ただ、いきなり仏壇や曼荼羅を分投げてしまわないで、2年間ほど猶予を設けてみませんか?
(その間は押し入れにしまいこんでいても構わないと思う)2年間は何があっても創価の活動に出ない、仏壇の前にも座らない(何があってもだよ)
これを2年間くらい続ければ、日常生活における日々の出来事をいちいち宗教に結びつけて考えることもなくなる(福運、功徳、罰論、謗法等)2年位して、あなたが宗教のことをほとんど気にすることがなかったら、あなたの人生において少なくともいままでしていた宗教は必要なかったんだよ。
分投げるのはそれからでも遅くはない。
しかし、2年間をへて喪失感や虚しさを感じて胸にぽっかりと穴が開いたような状態を引きずってるなら、あなたの人生ににおいて、今まで、あなたがやっていた宗教は重要な位置を占めていたんだよ。2年間くらい創価から離れていれば創価教学も抜け落ちるとおもうから、また、新鮮な気持ちで今までやっていた宗教と向き合えばいいと思う。

●管理人さんと 蘭房へ

昔とちがってコメントする方も増えてきました、おせっかいかもしれませんがコメントをその都度ごとかえすのは管理人さんも大変だと思います。
そこで提案なんですが、 蘭房さんは立ち位置は管理人さんに近いし、教学にも造詣が深いし人生経験も豊富ですので、コメントに対する回答(特に教学に対する質問等)無理ない範囲で構いませんので 蘭房さんにも回答していただけたらと思います。
蘭房さんの回答が管理人さんの主旨にそうものだったら管理人さんがだぶって回答する必要がないし、ちがっていても選択肢が増えるということでプラスに働くと思います。





御書をちゃんと学ばせない創価学会

こんばんは。

ちっとも御書を学ばない・もっと学びたいと思わない。
そこが終わりの始まりなのかなと思います。
勉強会以外で御書講義をみっちりとやってくれる婦人部幹部にはお目にかかったことがありませんし、御書をしっかり読めと言われた覚えもありません。
もう不思議で不思議で。
ええ、ええ。今はわかりますよ。
創価の活動内容は大聖人仏法と関係ないってバレちゃいますものね。

二人でも三人でも、協議会だろうが打合せだろうが法座であるからにはせめて皆で御書を読みましょうよ。と何度も提案しましたが定着しませんでした。
なんて健気だったのかしら。あの頃の私。
担当幹部に却下されたり、そもそも誰も積極的にやろうとしなかったり。
「牡丹ちゃん、○○婦人部長もそれは無理です。って言ってたんだから無理だよ。また怒られちゃうよ。」
幹部の言うことをよく聞くんですよねえ皆さん。これも本当に不思議。
睨まれると、有る事無い事言いふらすのは幹部だし。しょうがないのかしらね。

蘭房(RAMBO) さん

こんばんは。

>  戦後日本に、ここまでの好例?も そうはないだろう。  戦後最大級の虚構。  創価の罪はあまりに重い。 少なくとも相応の罰は受けねばなるまい。 だがそれはまだ続いている。  いったん、潰せばいいのだが、人々のすがりつくような怨念と固執の組織は そう易々とは壊れない。

今までの創価には功罪ともにありましたが
今の創価には「罪」しかないように感じます。

古本屋店主さん

こんばんは。

無宗教の勧め。
それもまたいいかもしれませんね。
無宗教というのもひとつの宗教ですし
それはそれで私は否定はしません。
それが本当に自分が選んだ道ならばそれでいいのです。
気づかないうちに「無宗教」を創価に選ばされているのではないか?
そう感じる人もいるということを言いたいわけです。
先日話をした私の友人がまさにそんな感じでした。
それがなんとも言えない歯がゆさがあるわけです。

牡丹さん

こんばんは。

> 勉強会以外で御書講義をみっちりとやってくれる婦人部幹部にはお目にかかったことがありませんし、御書をしっかり読めと言われた覚えもありません。
> もう不思議で不思議で。
> ええ、ええ。今はわかりますよ。
> 創価の活動内容は大聖人仏法と関係ないってバレちゃいますものね。

それもありますが、それ以上に自分達の不勉強がバレるのがいやなんでしょうね。
男子部時代にちょっと威張っている幹部が部活に来ると
必ず御書講義をしてもらってました。
ウチの部員さんは御書ばかりやってるので
下手な講義をすると質問責めにあいしどろもどろに。
これを何度かやると部活に来なくなるので効果的でした。

> 二人でも三人でも、協議会だろうが打合せだろうが法座であるからにはせめて皆で御書を読みましょうよ。と何度も提案しましたが定着しませんでした。
> なんて健気だったのかしら。あの頃の私。
> 担当幹部に却下されたり、そもそも誰も積極的にやろうとしなかったり。
> 「牡丹ちゃん、○○婦人部長もそれは無理です。って言ってたんだから無理だよ。また怒られちゃうよ。」
> 幹部の言うことをよく聞くんですよねえ皆さん。これも本当に不思議。
> 睨まれると、有る事無い事言いふらすのは幹部だし。しょうがないのかしらね。

幹部なんて結局全てが保身ですからね。
自分がいかに凄いかって思われたいんですね。
信心が大したことのない幹部ほどその傾向が強いですね。
たまには自分が御書を研鑽してきて、自分から御書講義します。って言えばいいのにね。
彼らの口から出でくるのは
「池田先生はなんちゃらかんちゃら」って話ばかりです。
ぶっちゃけ、そんな話に興味ね~よっと思うのですが
そういう話が好きな会員さんも多くて一応センセの話はしないといけないみたいで。
幹部時代は、御書をよむよりセンセのスピーチとか読むほうが苦痛でした(笑)

信行学がセットで。

毎回、駄文ばかりで、失礼します。

信だけではダメ
行だけでもダメ
学だけでもダメ
結局、大聖人様の
大仏法は、
全部セットで
やり貫く方にしか、
大聖人様の本物の信仰は難解難入だと
存じます。

三行の全てが無くなり、バランスも
崩壊した某宗教団体。

御書を学ばない。
勤行はインスタント。
折伏もせず新聞販売に
選挙活動を行って、
何で福運が積める事が
できましょう?

騙されたと、
思う気持ちには
賛同いたしますが、

大聖人様の大仏法まで
詐欺の片棒だと思われる方には、
少し寂しい思いが、、。

だってね、
組織宗教、センセ信仰なんでよ、
某宗教団体は!
大聖人様は関係ないのです。
ソウカぁ!?。

駄文失礼いたしました。

善知識の先輩が言われる通り、です。
自分の信仰心に間違いないのか?
省みる事は大事です。
我見に堕ちる事なく。

古本屋店主さんへ

 夜分に失礼します。

 ご提案は、一分にはごもっともかもしれません つまり、もし仮に管理人さんの負担軽減になるとすれば、であります。

 私なんぞには過分なご提案です。  しかし、私は少しは己の力量は踏まえておるつもりです。  例えば、観心本尊抄は読んでも、その文段までは読みません。
あの頃の活動家は、創価による創価の為の創価の教学でしかなかった。

 中には教学の達人、御書の虫、ともいうべき御仁もいらした。  しかし私は専ら組織運営に忙しく、そうはならなかったのです。  一回でもここの管理人さんの文章を読めば、その度合いの違いは一発で判っておりました。

 柔道で言えば、組み合って瞬時に相手の強さが判ってしまうように。

 第二に、関連して、的確な御文の引用にも おのずと違いが出ます。 管理人さんの見解と異なる(あるいは不十分な)お答をしたれば、これはいけません。

 第三に、「船頭は複数は要りません」 船が山に登ってしまいます。

 第四に、私は管理人さんの文証を根っこに据えた立ち位置と説得力の故に、ここに来させていただくようになったオヤジです。 私は飽くまで いちコメンテーターに過ぎません。

 以上の事由により、私にはそれは望むところとは大きく離れてしまうのです。

 管理人さんには ご負担はブログ主としての矜持として、頑張って頂くことを、アテにしつつ、別な形で一助となりたく存じます。

 以上、ご容赦を願う言い訳として、認めます。

 でも、ありがとうございました。  そして申し訳はこのくらいにして、もって弁明とさせて頂きます。 みんなで「本山」でお会いできる日を楽しみにしております。

 奇しき縁の「古本屋店主さん」へ。
 

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 自分の信仰心に間違いないのか?
> 省みる事は大事です。
> 我見に堕ちる事なく。

そうですね。
常に自身の信仰を省みることは大切ですね。
そのテキストが御書ではないかと思います
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR