三沢抄(蘭房さんのコメントへの感想)

蘭房さんから三沢抄を引用したコメントをいただきましたので
2記事連続で御書ってのもちょっと堅苦しくなっちゃいますが
その三沢抄について少し書きます。
蘭房さんが引用してくれたのは

◆仏法をばがくすれども或は我が心のをろかなるにより或はたとひ智慧はか しこきやうなれども師によりて我が心のまがるをしらず、仏教をなをしくならひうる事かたし、たとひ明師並に 実経に値い奉りて正法をへたる人なれども生死をいで仏にならむとする時にはかならず影の身にそうがごとく雨 に雲のあるがごとく三障四魔と申して七の大事出現す

この部分です。ここを引用し
大作センセは結局「正信の師」でなかった。
と蘭房さんは言われています。
まったくその通りです。
そもそも在家同士の間に「師弟」なんて持ち込む時点でオカシイのです。
在家同士は善知識の集まりであり
善知識とは、一向に師匠でもなければ一向に弟子でもない。
と以前このブログに書いた通りです。
なのに、師匠と弟子という関係を在家同士に持ち込んで利用した
大作センセは最初から大聖人の弟子という自覚がなかったわけです。
大聖人よりも戸田先生。
一見美しく聞こえますが、
これは単に戸田先生を利用しただけであり、
そのような大作センセを戸田先生が喜ぶ道理もないでしょう。
大作センセやバリカツさんは「師匠・大作センセと異体同心の戦いを」なんていいますが
在家信者同志の異体同心とはそういことではありません。
日因上人が金沢法難の時に信者に書かれた手紙の中に

◇一結講中異体同心に未来までも相離れ申すまじく候、中に於て一人地獄に落入り候はば講中寄合いて救取るべし、一人成仏せば講中を手引きして霊山へ引導すべし

という一文があります。(法華講員さんには有名だと思いますが)
このご指南が、大聖人門下の在家の信徒の規範になるご指南です。
在家同士の師弟義など邪道もいいところです。

では、そこで上記の三沢抄の御文を拝すると

◆明師並に 実経に値い奉りて

この「明師」とは大作センセではなく、人本尊である日連大聖人です。
「実経」とは、法本尊である南無妙法蓮華経です。
ですから「明師並に 実経」といいうのは
人法一箇の「戒壇大御本尊」ということです。
そこを踏まえて解説すると、
「たとえ大聖人の色心二法の当体である大御本尊にめぐりあえて
正しい信心に巡り合えてもいよいよ成仏するころになると
三障四魔が必ず現れて成仏を妨げる」といことになります。

◆たとひ智慧はか しこきやうなれども師によりて我が心のまがるをしらず

まさに、旧日蓮正宗創価学会系の幹部・バリカツさんがこの状態です。
そう、大作センセという邪智謗法のモノを「師」にしてしまったばかりに
「信心」が曲がってしまった。
そしてそれを気づくこともできない。
在家同士の師弟義なんて御書のどこにもないのに
大聖人と日興上人の師弟義と創価のそれは全く異次元の話なのに
早く「明師並に 実経」に再び値い奉って欲しいものです。

てなわけで、今日はこの辺で。
次回は、もう少しライトな記事書きますね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

折角、大御本尊様に巡り会えたのに。

いつも有難うございます。

日蓮大聖人様の仏法に
折角、縁ができても、
己義の解釈では、駄目だと思う次第。

イケダせんせ&奥さまの
ご期待に報いる様にね、
御健康をお祈りし、
報恩感謝の題目を上げて、
学会活動に勤しめば、
幸福境涯に至れると、
御書の何処に明確に書いてる?
勝手な解釈で読み取る箇所は
あるでしょうけど。

大聖人様を純真に信じて、
信仰に励まなけりゃ、

信じた上で、
学問で解釈できる事は、
あるのかと、
信が深まるとか。

これから
過去の教義と現在の教義の
自己矛盾を、どの様にして、
整合性が取れるのか?

今までのソウカ方便を捨て、
ソウカ本門の仏である
ソウカ学会仏を建立される以外、
取れないと存じますけど、
ソウカの偉い方々の力に寄りますね。
早く、日蓮正宗から借りたままの
御本尊様をソウカは返すべきかと。
大聖堂の御本尊様もソウカ仏に
お取替えです。

以上、駄文失礼いたしました。

真実の師弟

創大時代 先生とは 何回も お会いしました
その時から 周りは先生の話を 泣きながら
聞いていたのに 自分の心にはまったく響きませんでした
自分自身 根性がひん曲がっているのかと 悩みましたが
今思うと それで正しかったんですね
弟子が俺を守れって言ってたのを 覚えてます。
それ反対やろって思ってました。
そのころ自分は 
本当の師弟の筋目ていうのをまだ判っていませんでした。
あの頃の仲間はどうしたんだろう
ちゃんとみんな 真実に気づいているのだろうか?
ちなみに 2学年下に長井秀和がいました
その頃より 女癖悪かったです・・・

ありがとうございます

いつもありがとうございます。
本記事も大変勉強になりました、

私はアカデミズムを生業としておりますゆえ、どうしてもその角度からの質問になってしまい、恐れ入ります。

ただ、私の関心は、

なぜ宗教の始祖の教えを、聖職者やエリートは、こんなに頭が悪い形で展開してしまうのだろう

ということです。

かなり正直に申し上げますと、
管理人さまの日蓮・仏教理解ですと、立正大学系の学者には、完全に論破されてしまうと思います。
しかしそれは一般信者であられる管理人さまの責任では一切なく、日蓮正宗や創価学会のエリート層の問題だと思います。
彼らがあまりに独自的な教義を生み出してきた、そのことに原因があると思います。
大衆への啓蒙を重視するのはいいですが、ならばヨーロッパ近代の哲学者くらい勉強して、批判に耐えうる論を展開すべきだったと思います。
立正大学系の学者のいい点は、彼らが自らの信仰との矛盾を感じながらも、近代的な学問を受容しながら、新たな論を展開したことです。日蓮正宗には、室町時代以降、それが見られず、他人事ながら残念に思います。

また、成仏の方法について、ご質問頂きました。
これに対して、あえて本気の意見を述べるならば、日蓮正宗程度の論証ならば、少々学問を、かじった人間ならば誰でも出来ます。別に念仏でも、キリスト教でも、日蓮でも。ただ、それを挙げることは管理人さまの質問の意図に却って反する気がしています。

ただ、日蓮正宗の教義を本気で信仰しておられる管理人さまは尊敬しております。
私には到底むりだからです。おそらく管理人さまほどの方ならば、日蓮正宗の大御本尊信仰に疑義を感じられたことがあるのでは。
日蓮正宗程度の不十分な論でも信仰でそれを乗り越えられることは、私には全くない発想なので、本当に勉強になります。


今後も記事を楽しみにしております。

何卒よろしくお願いします。

おはようございます♪

まぁいろいろありますが…(笑)
近代学問とか哲学たらで幸福な人生がおくれるとは思わんです♪
あんまし関係ないと思いますよ。
読み書きできんかったら困るやろけど(笑)

勉強できるやつなんて世の中にいっぱいいるよ。そいつら幸せなのか?
仏教の勉強が好きならどんどんやったらいいと思うよ、けど自身の幸福な生き方とは関係ないですな。
これは僕の意見ね。



退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 日蓮大聖人様の仏法に
> 折角、縁ができても、
> 己義の解釈では、駄目だと思う次第。

そうですね。
どんなに立派人物でも凡夫である以上過ちはあります。

> 大聖人様を純真に信じて、
> 信仰に励まなけりゃ、
> 信じた上で、
> 学問で解釈できる事は、
> あるのかと、
> 信が深まるとか。

信仰者の教学と
学者の学問は違うんですよね。
信仰は実際にやってみないとわかりません。
私も人生の半分は無宗教でしたからそれがよく分かるのです。

真実の創価同窓の集いさん

こんにちは。

> 創大時代 先生とは 何回も お会いしました
> その時から 周りは先生の話を 泣きながら
> 聞いていたのに 自分の心にはまったく響きませんでした
> 自分自身 根性がひん曲がっているのかと 悩みましたが
> 今思うと それで正しかったんですね

そう思います。
大作センセの話は悪い話ではありませんが
特別な話でもないです。ましてや泣くほどモンではなかったです。

> 弟子が俺を守れって言ってたのを 覚えてます。
> それ反対やろって思ってました。
> そのころ自分は 
> 本当の師弟の筋目ていうのをまだ判っていませんでした。
> あの頃の仲間はどうしたんだろう
> ちゃんとみんな 真実に気づいているのだろうか?

ほとんどの人は気づいてないのでは?

> ちなみに 2学年下に長井秀和がいました
> その頃より 女癖悪かったです・・・

ははは。
それっぽいです

非意味的切断さん

こんにちは。

> ただ、私の関心は、
> なぜ宗教の始祖の教えを、聖職者やエリートは、こんなに頭が悪い形で展開してしまうのだろう
> ということです。

なるほど。

> かなり正直に申し上げますと、
> 管理人さまの日蓮・仏教理解ですと、立正大学系の学者には、完全に論破されてしまうと思います。

それがそうでもないんですよ(笑)
私はリアルで身延派の僧俗と何度も対論してますが論破されたことはありません。
むしろ逆で身延派の教義などいとも簡単に破折できちゃうんです。
(学者とは対論をした経験はありませんが)
不思議ですよね。

> しかしそれは一般信者であられる管理人さまの責任では一切なく、日蓮正宗や創価学会のエリート層の問題だと思います。
> 彼らがあまりに独自的な教義を生み出してきた、そのことに原因があると思います。
> 大衆への啓蒙を重視するのはいいですが、ならばヨーロッパ近代の哲学者くらい勉強して、批判に耐えうる論を展開すべきだったと思います。

そこは一理あると思います。今後の課題だと思います。

> 立正大学系の学者のいい点は、彼らが自らの信仰との矛盾を感じながらも、近代的な学問を受容しながら、新たな論を展開したことです。日蓮正宗には、室町時代以降、それが見られず、他人事ながら残念に思います。

その新たな論っていうのが厄介なんですね。

> また、成仏の方法について、ご質問頂きました。
> これに対して、あえて本気の意見を述べるならば、日蓮正宗程度の論証ならば、少々学問を、かじった人間ならば誰でも出来ます。別に念仏でも、キリスト教でも、日蓮でも。ただ、それを挙げることは管理人さまの質問の意図に却って反する気がしています。

非意味的切断さんが仏教学を学んで何を得たのか?をお聞きしたいです。
「正宗は間違っている」ではなく
「この方法なら成仏できる」というモノがあればお聞きしたいですし
仏教学で何を得ることができるのか?
それとも何も得るものがないのか?
私はそこに興味があります。
いづれ教えていただければ幸いです。

> ただ、日蓮正宗の教義を本気で信仰しておられる管理人さまは尊敬しております。
> 私には到底むりだからです。おそらく管理人さまほどの方ならば、日蓮正宗の大御本尊信仰に疑義を感じられたことがあるのでは。
> 日蓮正宗程度の不十分な論でも信仰でそれを乗り越えられることは、私には全くない発想なので、本当に勉強になります。

疑義を感じたことは当然あります。
疑義を感じなければ学びはありません。
今はようやく疑義が解消された状態です。
ただ非意味的切断さんとの対話を通して
近代仏教学や哲学を学んでみようと思うことができました。
おすすめのテキストがありましたら教えていただければ幸いです。

我が家の猫ちゃんでも

まいど駄文失礼します。

私がソウカから買上げた?
3千円の御本尊様。

大御本尊様を心に想い浮かべて
御題目を唱題してると、

何処から来たのか?
さっきまで遊んでた猫君も
一緒に私の膝に乗り
御本尊様の前に座ります。

彼(ネコ)は、
大聖人様の仏法を学ぶことは、
出来ません。なんせ、畜生界なんでね。
過去世は、もしかしたら人間だったかも?
学問では理解出来なくてもね、
大聖人様の前に座る事が出来る
猫君を撫で撫でします。

管理人さんへ

 チョイスしてくださってありがとうございました。
 昨日、コメントしかけたけど、どっかのキーを押してしまって、消えてしまいました。

 師弟義については、私は まだ捨象できません。 SOAKの指導の残骸ですね。
 なぜそれができないのかを考えてみると、人が生きていく上での基本パターンだと思うから。  ある時はリーダーであったり、指揮官であったり、親分であったり、と
「導いてくれる」存在をどう呼ぶかによるけど、15歳から「指導者」という存在を位置づけられ生きてきたからね。  

 あえて自身に反論を試みると、御書には「主・師・親三徳」があります。  この三つを兼ね備えたのは仏しかいない。  しかし、この三つは三つ揃って初めて成り立つのか、どうか。 つまり親の徳 主の徳を備えた人間はいると思える。

 当然、「師の徳(人々を導く存在・徳)」を備えた人もいなかったと言い切れない。

 歴史を見れば判るように。  

 ただ、「成仏の師匠(救済者)」に限定すると我々は「大聖人しかいない」という立場。  で、創価はどうなのかといえば、池田氏を「人生の師匠」と位置付けている。  人生の、という言葉を使って、それがそのまま「成仏の、、、(あるいは人間革命)」と、弟子たち?に忖度させてきたんでしょう。 別の言い方では「同心円の中心」とかね。

 これで自分への「否定の試み」として、今は納得させてますが。

 あとは「情」の問題かな。   

 最近、急に血圧が上がり頭痛の毎日です。  考えるとこめかみが痛みますからこの辺で。

 ありがとうございました。
 

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

猫を飼っているんですか?
うちにも5人の猫がいるんですよ~。
うちのはイタズラものが多いので
仏間はほとんど解禁しません。
仏壇の上とかに昇るので・・・
膝の上でのんびりしてるなんて羨ましい。
うちのヤツラは信心がたりません!(笑)

蘭房(RAMBO) さん

こんばんは。

>  師弟義については、私は まだ捨象できません。 SOAKの指導の残骸ですね。
>  なぜそれができないのかを考えてみると、人が生きていく上での基本パターンだと思うから。  ある時はリーダーであったり、指揮官であったり、親分であったり、と
> 「導いてくれる」存在をどう呼ぶかによるけど、15歳から「指導者」という存在を位置づけられ生きてきたからね。  
>  あえて自身に反論を試みると、御書には「主・師・親三徳」があります。  この三つを兼ね備えたのは仏しかいない。  しかし、この三つは三つ揃って初めて成り立つのか、どうか。 つまり親の徳 主の徳を備えた人間はいると思える。
>  当然、「師の徳(人々を導く存在・徳)」を備えた人もいなかったと言い切れない。

それはその通りだと思います。
人は誰かに導かれたり助けられたりして生きていくものだと思っています。

>  ただ、「成仏の師匠(救済者)」に限定すると我々は「大聖人しかいない」という立場。  で、創価はどうなのかといえば、池田氏を「人生の師匠」と位置付けている。  人生の、という言葉を使って、それがそのまま「成仏の、、、(あるいは人間革命)」と、弟子たち?に忖度させてきたんでしょう。 別の言い方では「同心円の中心」とかね。

同感です。ただ個人的には大作センセを「人生の師匠」とは思えません。
一度も会ったこともないし、それほど感動的な言葉を言ってるかといえばそうでもない。
そして何よりも大聖人の仏法を矮小化しすぎている。
初心の頃ならまだしも行学が進めば大作センセの信人の薄さに気づいてしまいます。
それでも創価で活動していると「池田センセ」を賞賛しないといけない。
活動家時代はそれで結構悩んだし疲れましたね。

>  最近、急に血圧が上がり頭痛の毎日です。  考えるとこめかみが痛みますからこの辺で。

◆いのちと申す物は一切の財の中に第一の財なり、遍満三千界無有直身命ととかれて三千大千世界にみてて候財もいのちにはかへぬ事に候なり(白米一俵御書)

日蓮仏法のためにも蘭房さんは長生きしてもらわないといけません。
ご自愛ください。
(お酒も少々控えめにしてバランスのとれた食生活してくださいね(笑))

元創価班さん

こんばんは。

> まぁいろいろありますが…(笑)
> 近代学問とか哲学たらで幸福な人生がおくれるとは思わんです♪
> あんまし関係ないと思いますよ。
> 読み書きできんかったら困るやろけど(笑)

そうですね。そこが「学者」「学問」の限界だと感じます。
「仏教学」そのものは否定しませんが
今のところ「仏教学」は人の幸福に関して何の解答も示せていません。
知識とは人類の役に立ってこそ価値があるのだと思います。
お金だってたくさん持っているだけでは何の価値もない。
それを自信や他人の為に使って初めて価値に変わるのだと思います。

> 勉強できるやつなんて世の中にいっぱいいるよ。そいつら幸せなのか?
> 仏教の勉強が好きならどんどんやったらいいと思うよ、けど自身の幸福な生き方とは関係ないですな。
> これは僕の意見ね。

自身の知識欲を満たすという幸福感はあると思います。
ただ、他人を救うことはできませんね。

管理人さん

 ありがとうございます。

 ここは素直にお礼申し上げます。 もうじき前期高齢者ですし。(笑)

 パソで拓郎を聴いてます。 彼は高齢者のくせに元気。 励まされます。

 自分の信力に自信がないから、他力も好きです(爆)

蘭房さんへ

おはようございます。

蘭房さん、もっと早く床についてくださいな。
寝る前ににパソコンなんて健康的とは言えませんよ〜。高血圧に睡眠不足は禁物。
深呼吸・腹式呼吸も良いそうですから、眠れなくてもお布団のなかで延々おやりになってください。

食事や生活習慣など、おそらく、一番耳の痛いことを言ってくださるお医者さま、奥さま、娘さんの仰ることをよくお聞きになってくださいね。
なんと言ってもそこが肝心だと思いますよ。

禁煙が無理なら頑張って本数を減らすべし!

どうかくれぐれもご自愛なさってくださいね。

No title

管理人さん、牡丹さん

 ありがとうございました。  サイレンス イズ ゴールデン。 これ以上は結果で。

猫アレルギー

幼い頃から猫を触るだけで、
全身じんましんだったので、
猫さんと暮す事は無かったです。

単身赴任先の借家の庭先に
地域猫(ドラねこ)さんが、
三匹の子猫を産みまして、
眼の開かない子だけが、
雨の中、一人残され、
止むに止まれず、同居する事に。

何がこの子と
縁なのか分かりませんけど、
不思議と猫アレルギーもなく、
一緒に御題目を唱えてます。

拓郎さんの歌。
良いですよねぇ、
私も好きです。
えぇ加減な奴やけぇ〜♪
ほっといてくれんさい。
ソウカと一緒に泣きとうありません♪

byくちびるをかみしめて♪
駄文失礼いたしましたm(_ _)m


退転壮年部おじさん

  そうですか。拓郎ですか。 元気が出るんですよ。 彼の歌を聴くとね。

 ついでに聴くものではなく、ちゃんと歌詞を辿りながら聴きます。 年とったrそうなりますね。  

 せっかくだから、創価版「唇をかみしめて」を

 ええかげんな奴じゃけーん、ほっといてくれえんさーい。 創価といっしょにー死にとうはありません。  どこへいくんね~ まさかええことあぁったんねー?
ヘンだと思ったらー コメントでも書きんさいやー

 季節がいつしかー 過ぎてしまったけどー 仏法は変わらん 変わったりせんよねー  

 たいがいにしんさいやー  人が呼びーよるねー 地区で呼びーよるねー

 行くーんもー 寝るーんんもー それぞれの道やけねー  人が寄りーよるねー
 
 せんきょが~ 始まるんだねーー♪
 
 (拓郎さん ごめんなさい)

F票を握りしめるとょ♪

有難うございます。
行くも行かんも、
人それぞれですね。

今月の地区座談会に
参加するか?しないか?
迷えるソウカの子羊?な私。
憐れみを!?嘘です。

御書講義の時間帯を
見計らって、参加しょかな?

そろそろ法戦。

日蓮大聖人様の仏法とは
関係無い。

私は、ソウカ仏法には、
えぇ加減な奴です。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 御書講義の時間帯を
> 見計らって、参加しょかな?

是非参加して何を言うのか聞いてきてください。
あ~私も座談会行きたい(笑)

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる