無宗教信仰

「無宗教」の比率が日本は過半数を超えているらしい。
世界ではこうした国は、日本を含め中国や北朝鮮など6カ国程だとか。
また世界人口のうちの「無宗教」というのは
15%くらいらしく、「無宗教」という人は世界的は少数派のようだ。
そんな日本人は無信仰なのか?ときかれればそうではないと思う。
初詣やお墓参り盆や彼岸
また各地で行われている祭りの類
昔よりもそうした儀式的なことは少なくなったがなくなっていない。
ずっと昔からやっていたことが未だになくなっていない。
そう考えると日本人は信仰深い民族だと思う。
上記に挙げた宗教的儀式を宗教だと思っていないでけで
「無宗教」というのは一種の信仰だと思っている。
「無宗教」とは「何も信じない」
「何にも祈らない」「何にも願わない」というでなく
「なんでも信じる」「何にでも祈る」という信仰で
それは日本古来の八百万の神信仰の進化系だと思う。
創価はもとより宗教団体から離れる多くの人が
「無宗教」を名乗るもよく理解できる。
宗教とは全て自身の宗派の教義を正しいと主張する。
これは信仰の純粋性であり、
布教とともに信仰の根幹である。
そこに疲れてれれば
「何でも信じて」「布教もしない」という
方向にいくのは当然のことである。
ただやはり人間というのは「信仰心」まで捨てられない。
生まれてこの方ただの一度も
何かに祈ったり。願ったりしたことのない人はそうはいないと思う。
子供の頃何か怖いことがあったりすすると「助けて」と誰にとなく祈ってみたり
高校野球で負けているチームの応援団が手を組んで何かに祈っていたり
「祈り」とはそもそもそういうもであり
だからこそ「人間」だけが信仰を持つ。

宗教者から見れば「なんでもかんでも信じる」ことは信じられないし
無宗教者からみれば「たった一つの事を信じる」ことが信じられない
宗教者からみれば「絶対自力」なんて信用できないし
無宗教者からみれば「他力本願」と見えるのだろう
ただ結局は「何かを信じる」ということに代わりない。
それなのに、宗教者は無宗教者を必要以上に侮り
無宗教者もまた宗教者を必要以上に嘲笑う
そうした人たちを見ていると
なんだか可笑しくなってくる。
宗教者がそんなに偉いのか?
無宗教者がそんなに偉いのか?
どっちも変わんね~よって思う。
大切なのは自分自身が自立出来てるかどうかだよ。
宗教というのは自立するためのものであって
依存するためのものじゃない。
創価のインチキなところはそこにある。
そもそも大聖人仏法は一人の人間を自立させる教えだ。
それも「絶対自力」でもなく「絶対他力」でもなくだ。
ところが創価は会員から自立を奪い依存させる方に仕向ける。
そしてそれを「日蓮仏法」というわけだ。
これが一番の詐欺なのである。
なのでそこから抜け出した人々はある意味「自立」することができたと言える。
あとは自分自身が、宗教を続けるか
無宗教を選択するか決めればいいことだ。
無宗教を蔑む宗教者や
宗教者を嘲笑する無宗教者は
まだまだ途中だなって思う。
自分の主張を語ることはいいことだ。
ただ無駄に蔑んだり嘲笑することしかできないのはどうなんだろうね。
自立できない創価バリ活さんに多いタイプなんだけどね。
無宗教者から宗教者になるにせよ
宗教者から無宗教者になるにせよ
人は何かを信じて生きていくわけだから
自分の信じるモノは自分で決めたいもんだね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつもありがとうございます。

本校の主題は、世界でも日本でもずっと議論になってきた近代以降の無宗教ならびに啓蒙主義の思想だと思います。この分野には様々な蓄積があります。

ただ、正直に申し上げますと、
本記事、よくわかりませんでした。

管理人さまは、以下のいずれに近いのでしょうか?

・ヴォルテール的な啓蒙主義
・カントの『啓蒙とは何か』てきな立場
・シュライエルマッハー的宗教観
・キルケゴール的実存的な信仰
・カール バルト的神学
・戦後日本にたくさん見られた無宗教論の引き継ぎ

それとも、過去の蓄積を見やることなく、無宗教論という普通の学者や世間の知識人がなく避けるようなテーマを論じられたのでしょうか。


恐れ入ります。

非意味的切断さん

こんにちは。

今回の記事は(いつもですが)特に哲学的・学術的な話じゃありません。
日頃思っていることをつらつら書いただけです。
読み流してください。

学術的専門知識は特に必要ない

●当プログの読者さんにキルケゴールやカントの話しても興味持たれないないと思います。

みなさんが興味あるのは創価学会や日蓮正宗に関する話題だけです、仏教学に対する反応を見ていただければ理解できると思います。

●わかりやすくいうと学問的に創価学会や日蓮正宗の立ち位置がどうのこうというより、日常生活において創価学会や日蓮正宗に、自分がこの先どのようにかかわっていくかということの方がはるかに重要な問題なんです。
管理人さんもここでキルケゴールやカント等の話をしても意味ないことを当然、理解してると思います。

古本屋店主さんそのとおり♪
西洋の哲学者がどーのこーのって大作先生もよく言ってましたな~(笑)

僕は日蓮大聖人の仏法を受持したのです♪
御本尊の前で、たもちたてまつるべしって言ったのです♪

No title

こんにちは。

 こちら側からすれば、声聞・ヒャクシブツ世界になりますね。 そも、アプローチの手法が違いすぎます。  「信」から入り、さらに体験的に「信」の世界を深めていくのが宗教ですからねぇ

 恐らく「切断さん」からすれば、もどかしいのか、「仏教的にせよ、その前提」をおろそかにして、ああだこうだ言ってるのがナンセンスに思えるのでしょうね。

 鳩摩羅ジュウ自体を採用した時点で 間違ってるとか、末法の時間規定が違うとか、いろいろあるのかもね。   おれたちは「ルビコン」をもうとっくに渡っちまってるんだから、彼の論説にいまさら食指が動かない。

 そんだけですね。

日本人の感性

こんにちは。

話し相手や訪問先をお間違えでは?と言いたくなる方がいますね。
管理人さんもお疲れさまです。

さて。万物に神が宿る。というのは日本人独特の考え方なのでしょうか?
信仰というより感性といったほうがいいかもしれませんね。
「いただきます」「ごちそうさま」これだって元々はお祈りだったのでしょうか。
日本人はそういうことをする感性の民族なのだと思います。
例えばそうですね、地元の小さなお地蔵さんに毎朝手を合わされている方の姿なんかはいいもんだなあと思います。まず佇まいがなんとも可愛いですしね。創価の婦人部なんかは気持ち悪いとかってバカにしてますけど。彼女らの発想はあまりに殺伐としています。
風習や所作、芸事、武道、建築や造園まで…紐解いていけば万物への祈りに行き着きそうです。そしてどれも美しい。
私は好きですよ。
というか遺伝子レベルで染み込んでいる気がしています。

そのうえで、管理人さんが仰るように自分の信仰の対象は自分で決めていけばいいのだと思います。
私は何も矛盾は感じません。

この辺をアホの創価婦人部幹部は「白か黒か」の浅はかさで全否定しようとするもんだから言ってることややってることがガサツで幼稚で支離滅裂で大変見苦しくなるのです。

そうそう、皆さんお気づきでしょうか?
創価のお偉い婦人部幹部さま方、どなたもまともな座礼がお出来にならないんです。私は意地悪なので見てましたよ。
なあに?そのお辞儀。笑って誤魔化すんじゃありません!って一回くらい言ってやれば良かったです。

日本の文化なんて本当はどうでもいいんでしょうね。
創価オリジナルの記念日ばっかりで日本の祝日は完全スルー。
建国記念日と天皇誕生日くらいはその変な旗降ろして日の丸掲げたらどうなのよ。世界宗教だかなんだか知りませんけど一体どこの国の方達ですか?
ついでに言いますけど。そう考えると公明党なんか相当怪しいわねえ!国土交通相なんかやらせて大丈夫なのかしら。

古本屋店主さん

こんにちは。

学術的な専門分野の話ができるほど知識も教養もないですよ。私は(笑)
でも多少は興味あります。
専門的なはなしではなく、「仏教学」を学んで「何を得たのか?」
その部分には非常に興味があります。

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  こちら側からすれば、声聞・ヒャクシブツ世界になりますね。 そも、アプローチの手法が違いすぎます。  「信」から入り、さらに体験的に「信」の世界を深めていくのが宗教ですからねぇ
>  恐らく「切断さん」からすれば、もどかしいのか、「仏教的にせよ、その前提」をおろそかにして、ああだこうだ言ってるのがナンセンスに思えるのでしょうね。

確かに無宗教信仰の方からすると理解不能なのが宗教の世界だと思います。
学問の話も悪くないですが、そこから「宗教」の何を学ぶことができたか?
そういう話をしたいなぁって思います。
「学術的」な話は学者でない私には専門外で非意味的切断さんにも申し訳ないと思う次第です。

牡丹さん

こんにちは。

> さて。万物に神が宿る。というのは日本人独特の考え方なのでしょうか?
> 信仰というより感性といったほうがいいかもしれませんね。
> 「いただきます」「ごちそうさま」これだって元々はお祈りだったのでしょうか。
> 日本人はそういうことをする感性の民族なのだと思います。
> 例えばそうですね、地元の小さなお地蔵さんに毎朝手を合わされている方の姿なんかはいいもんだなあと思います。まず佇まいがなんとも可愛いですしね。創価の婦人部なんかは気持ち悪いとかってバカにしてますけど。彼女らの発想はあまりに殺伐としています。

同感です。
実は日本人は信心深い国民だと思います。
お地蔵さんだって諸天善神の一人です。
こちらの信心が間違っていなければ手を合わせたくらいで謗法にはならないと思います。本尊にしよってんじゃないのだから。

> 風習や所作、芸事、武道、建築や造園まで…紐解いていけば万物への祈りに行き着きそうです。そしてどれも美しい。
> 私は好きですよ。
> というか遺伝子レベルで染み込んでいる気がしています。

それが一念三千ってことですよね。

> この辺をアホの創価婦人部幹部は「白か黒か」の浅はかさで全否定しようとするもんだから言ってることややってることがガサツで幼稚で支離滅裂で大変見苦しくなるのです。

ははは(笑)確かに。
しかも自分の信仰を語れない。ときています。(壮年男子幹部の一緒)
「師匠池田先生は~」って。
自分の言葉で語れないんかい!って思います。

> そうそう、皆さんお気づきでしょうか?
> 創価のお偉い婦人部幹部さま方、どなたもまともな座礼がお出来にならないんです。私は意地悪なので見てましたよ。
> なあに?そのお辞儀。笑って誤魔化すんじゃありません!って一回くらい言ってやれば良かったです。

おお、それは気に留めてませんでした!

> ついでに言いますけど。そう考えると公明党なんか相当怪しいわねえ!国土交通相なんかやらせて大丈夫なのかしら。

いや与党にしておくこと自体ダメでしょう。

無意識な信仰

大聖人様を信じる事は
私にとっては普通で、
ほとんど無意識な、
御本尊様に題目を真剣に唱えたら
何で生命が躍動するのか、
その原因やメカニズムを解明する事に
あまり興味が無いと言うか、
馬鹿者なんで、
苦楽共に思い合わせて南無する事しか
出来ません。
学問的に追求される方は尊敬します。
是非、追求の結果、何が見えるのか?
私の様な阿呆にも
簡易に理解出来る様に
ご教授賜れば幸いです。

こんばんは

管理人さん
お久しぶりです。

今回の記事、思わずうなづいてしまうほど、共感しました。
信仰って自立するためのものですよね。
依存している方がほんとに多いと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 学問的に追求される方は尊敬します。
> 是非、追求の結果、何が見えるのか?
> 私の様な阿呆にも
> 簡易に理解出来る様に
> ご教授賜れば幸いです。

そこが私も知りたい部分です。
近代仏教学を学ばれているコメンテーターさんは過去にもいましたが
いまのところそのいずれの方からも
「富士門流の教義はおかしい」という声は聞きますが
「では何が正しいのか?」という発言は聞いていないんですよね。
そこが本当に知りたい部分です。

りこさん

こんにちは。お元気そうで何よりです。

> 今回の記事、思わずうなづいてしまうほど、共感しました。
> 信仰って自立するためのものですよね。
> 依存している方がほんとに多いと思います。

そうなんですね。
だから「宗教」が持つ本源的な力を一般的に誤解し
「宗教」に対する偏見が生まれてしまうと思っています。
「他力本願」と依存とは違いますし
「自力本願」と自立も違います。
無宗教の方々がそうしたことを理解できないのは
宗教団体が信徒を隷属させるために、信徒の自立を奪い依存心を増大させているからだと思います。
創価はその傾向が特に強い教団だと感じます。

また何かあればいつでもコメントしてください。

雑感めいたこと。

国土交通省は、かつての建設省と通算省?(やや不明)、それと国土庁、北海道、沖縄長官などの集合体ですね。  政策省分野ではなく、実務省のほうであり 政策決定において自民としては、ハムが邪魔しないようにしたというのが一点。  それとかなりの利権省庁であることから、双方の利害の一致で、扇千景さんから始まってあと、ハムが何度も「ここ」に拘ってきた経緯があるようです。

 憲法解釈はどうであっても、宗教団体(思想統一、すべてトップダウンでいわゆる「民主的な性質を持たない」)が、政治権力に加わるのは良くないと今はハッキリ思います。  自制すべきです。  しかし、創価にとっては、今や「選挙活動」しか、会員をまとめる軸はありません。  このへんは創価としても、ディレンマなんだろうと思います。  

 昨日はネットで「会津小鉄一家」の前組長(故人)の、「センセイへの諫言」を読んでました。  99%、正鵠を射たご意見でした。  任侠道からすれば尚更、センセイと幹部の堕落が許せなかったのですね。  後藤組組長さんの「お畏れながら」本と、内容はかなりダブってますが、かえって信ぴょう性が増しました。

 他には「センセイは仏」説を唱えていた「前・正木理事長」の妄言も読みました。  そして現在、池田博正(長男)の置かれている立ち位置(谷川との相関)かな。  読み物としては面白かったです。

ネットは玉石混合ではあれど、大新聞も大テレビキー局も全く信用できない時代、かなり存在感を持っていることを、改めて感じます。

 ゆえに「このブログ」も大いに誇っていい。  学術論(アカデミック)的立場からのご批判は他山の石とすべきながらも、いわば異種格闘技戦。  似て非なるものです。  これからも「生の思い・意見・言い分・異論・反論」をスパイスとしながら、美味しい「釜飯」が出来るように、管理人さんの奮闘に期待しています。

 

 

多様性に。

極論ですけど、
幸せへのアプローチには
多様性があり、
何が?幸せなのか?
わかりません、

私の我見は、
自分自身が幸せになりました!
有難うございます!
で、終わりではなく?

折角、幸せになれる因を掴んだら、
おせっかいにならない程度に、
他人様にもお勧めする義務は
あるかも?
無理な強制など
論外ですよ、
元気になる新聞ですから!
最初は無料で贈呈しますから!
などなど。

但し、信じるに値する
大御本尊様の事を
知ってるのに、
スルーする事は、
駄目だと思う次第。

管理人様の、
切れ味鋭い、
破折コメントや、
善知識様の楽しいコメントに、
勇気と希望が
沸き上がる思いです。
何時も有難うございますm(_ _)m

ソウカと大御本尊様(日蓮大聖人様)を
混同しないでね。
破門されたのょ、
学会は!

お寺でも、不軽菩薩のように人に対して敬意をもって接する大切さを教えていただいたりしますよ。

だから、ポアとかいって毒物まく宗教とか、不幸を願う宗教は普通からみると……ずれていますね。

また砂漠の狐とか黄色い猿……と…?これ以上は言えません。

末法は逆縁なので、反発するようです。

大聖人様は正しくお題目を唱えて、正しく福運を積み、正しく罪を消したい……入信未入信問わず、全ての方に対して願われているのにです。

私達は自信の器を唱題によって磨くしかないのです。

よく教学がわからなくても正しく唱題できているかたには功徳があります。

時々、学会宅からもお題目が聞こえますが根本に器を壊すものがあるので…自分としては痛く感じています。気づかせられず歯がゆい思いがします。

その通りですね。
幾度となく記させて頂いておりますが、仏法即世法は人界の道理です。
学会は常に悪ものを仕立て上げて、
憎んだり怨んだりしてモチベーションを宣揚してきました。
悪ものは嘗ては自民党であり政権でしたが、
与党になってから宗門に矛先がむきました。
結果、大聖人様の仏法から大きなかけ離れ、我流の新興宗教に堕落して、三悪道に居を構えています。
三大秘法、就中一大秘法である大御本尊様から会員を遠ざけ、プロのコンサル会社から教団運営のノウハウを請うていると耳にしています。
呆れるばかりです。
まさしく宗教詐欺そのものです。
賢明な学会員の皆様、どうか御自分で御書を開いて下さい。
そして管理人様を始め、此方に集う善知識の皆様のコメントを吸収して頂きたいと思います。
以下の仏法即世法のご教示を、よくよく拝して欲しいと思います。
四条金吾殿に宛てたお手紙です。

「身は受けがたし爪の上の土・人身は持ちがたし草の上の露、百二十まで持ちて名を・くたして死せんよりは生きて一日なりとも名をあげん事こそ大切なれ、中務三郎左衛門尉は主の御ためにも仏法の御ためにも世間の心ねもよかりけり・よかりけりと鎌倉の人人の口にうたはれ給へ、穴賢・穴賢、蔵の財よりも身の財すぐれたり身の財より心の財第一なり、此の御文を御覧あらんよりは心の財をつませ給うべし。」

この御金言から仕事に全力投球する勇気を頂いています。

乱文にて失礼いたしました。

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

> ネットは玉石混合ではあれど、大新聞も大テレビキー局も全く信用できない時代、かなり存在感を持っていることを、改めて感じます。

そう思います。いまや新聞・テレビを超えたメディアになりつつあると。
創価の活動家もネットは見ない。なんて言っている場合じゃないとは思いますが
彼らがネットに参入してくるのは逆効果ですから仕方ないですね。

>  ゆえに「このブログ」も大いに誇っていい。  学術論(アカデミック)的立場からのご批判は他山の石とすべきながらも、いわば異種格闘技戦。  似て非なるものです。  これからも「生の思い・意見・言い分・異論・反論」をスパイスとしながら、美味しい「釜飯」が出来るように、管理人さんの奮闘に期待しています。

ありがとうございます。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

今世だけの話であれば
幸不幸は主観でいいと思います。
生命をどのように捉えるかの問題ですね。
いずれ記事にしようと思っています。

ナノルホドデハアリマセン  さん

こんにちは。

> よく教学がわからなくても正しく唱題できているかたには功徳があります。

そうですね。その通りです。

> 時々、学会宅からもお題目が聞こえますが根本に器を壊すものがあるので…自分としては痛く感じています。気づかせられず歯がゆい思いがします。

一気に気づかせるのは無理です。
自分の縁した人から話していく以外にありませんね。

古刹信徒さん

こんにちは。

> 結果、大聖人様の仏法から大きなかけ離れ、我流の新興宗教に堕落して、三悪道に居を構えています。
> 三大秘法、就中一大秘法である大御本尊様から会員を遠ざけ、プロのコンサル会社から教団運営のノウハウを請うていると耳にしています。
> 呆れるばかりです。
> まさしく宗教詐欺そのものです。

分かりやすい「謗法」団体なんですけどね。

> 賢明な学会員の皆様、どうか御自分で御書を開いて下さい。

まづ「御書」は読まない会員さんが多いですね。
もっとも、選挙だ新聞だと忙しくて
教学を学ぶどころか、唱題だってままにならないと思いますが。

No title

 何度も失礼します。

 非意味的切断さんの一連のお声を読んでて、私が残念に思うのは、例えば「自然」をテーマに語られているとして、その捉え方や分析を聴いているようで、そこに「自然」の美しさや感動などが、伝わって来ない点にあります。 我々は地政学や植物学の講義はそれとしても、「その美しさや感動」を享受したいのです。

 そしてなにより、生きる元気や活力を得たい。 荒々しい海や、また春の渚の様から感ずる様々な気持ち、 風のそよぎ 磯の香りの心地よさを味わうことが、大切だし心を寄せるのです。  そこに哲学的ヒントや学問のしっぽは有るかもしれませんが、それは後発的で、真っ先に来るものではない、 

 流れる雲や、雨のささやきは 得てして人に「詩ごころ」を誘発してくれる。
縁するものから編み出されるものは 確かに様々です。  

 私達はそこで、いのちの不思議 生きることの不思議、その意味を喝破した釈尊を知り、エッセンス?を指し示してくださった大聖人様のこころを得たい、知りたいから御書を読み、お題目を唱えて、
ダイレクトに大聖人様の「いのちそのもの」を感得しようとして、信じるこころを最大のてがかりとして、己の人生を想像し、創造していこうという、試みをしてきました。

 そこまでの「感動」や、だんだんに湧き上がってくる魅力を得てきたのです。

 これが我々の哲学の「実践」。  よく、管理人さんをうらやましい、とか一定の敬意をはらっている旨、おっしゃいますが、それが本当なら、お題目を唱えてみてはどうでしょう。  言語道断・心行所滅の世界がそこにありますから。

 今回の記事は、無宗教ということ についてでした。

 私は私らの言葉でいえば、「信仰心を持たない」と言っているのでなく、「対象不特定」という現実を言っています。 日本は「辺境国家」です。 様々な人種、文化、学問、そして「神」が流れよせてくる地勢位置の国であるがゆえに、それらをうまくアレンジしてきたのだと思うし、その中に「らしさ」を紡ぎ出してきたと。その「非特定さ」が排他性を抑制してきたのかと。

 多分、古来からの「八百万信仰」と「それら」を並立させてきた。 それが「にっぽん」という国なんだろうと。   そこに出現した「鎌倉新仏教」の一つが日蓮宗。

 ある意味 人騒がせですよ(笑)  

 ともかく可能な限りの人生の選択をしながら、国も人々も、そして我々の今日がある。 そして日蓮の教えは「教会から自宅に帰ったら、また普段通りの生活に流れてしまう」ようなものではなく、非常に現実的で、聖職者にすべてを委託してしまえるようなものではない。 だが、そういう教えの本来的なものを捻じ曲げ、自分自身から信仰を離れさせ、依存させてしまう創価に、こと挙げしているのです。

 意を尽くせませんが、そんなところです。  

 

ニャンコとワンコとバカムスコ。

ブログの趣旨から逸脱します。

単身赴任から我が家も解放されて、
今では、
様々な生命体が狭い借家に同居してます。

ネコ嫌いな我が家の長女(15歳老犬)、
イヌ好きな我が家の次男(1歳若猫)、
自分が一番好きな長男(4歳暴君の人間)、
彼らに、もて遊ばられる(2歳次女の人間)、仲が悪い様に見えるけど、
絶妙のバランスで共存し、
バランスが崩れると、
我が家のボス(母)に一喝され、
おとなしくなり、
私の背中に隠れます。

何度おなじ事で怒られても、
なかなか、学習できません。

信仰も同じかと、
まずは実践。

紙に書いても覚えません。

雪山の寒苦鳥の私には分かります。

退転壮年部おじさん さん

> 雪山の寒苦鳥の私には分かります。

私もです(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる