ブログタイトルを変更しました。

最近、学会のカツドウカさんから
当ブログのタイトルでクレームがあった。
俺はもう学会員ではないのだから
「創価学会員による」というタイトルは
「ウソ」であり「ダマシ」だ。というようなクレーム。
ホント面倒くさいなぁ、学会カツドウカってのは。
カツドウカならば、他にいう事あるんじゃね~の?
「タイトル」よりも「内容」に文句があるんじゃね~の?
その肝心な「内容」については
クレームの反論もなしかい!(笑)

そもそもこのブログでも再三書いているように
俺は「除名」にもなっていなし
「退会」もしていない。
組織が勝手に退会扱いして
統監を落としたので会員資格を喪失だけで
俺が異議申し立てをすれば会員資格を再取得できるはずだよ。
なにせ私文書を偽造されて会員資格を失ったんだから。
本来なら、組織の責任を追及して
俺の退会届を書いたやつに慰謝料請求したいくらいだ。
それを不問に付してあげているのは
俺の優しさってもんだろう(笑)
(戻る気ないだけだけどね)
だから、俺的には自分を「学会員」と名乗っても何等問題ないと思っている。

でもまぁ、こういうくだらない事を言い出すカツドウカが出現し
そんなツマラナイ事でクレームつけられるのも面倒なので
今回、ブログタイトルを変更した。

以前読者の皆様にも色々と(案)をいただいたが
結構長年このタイトルできちゃったので
あまり大幅に変えるのもなんだし、
サクッとマイナーチェンジくらいに止めることにした。
(元)とか付けるのがセオリーなんだろうけど
どうも変なところで偏屈ジジイなので
「除名」や「退会」にもなってないのに
自分から「元」とか言っちゃうのは我慢ならないので却下。
「前」っていうのはなんとなくピンとこない。
そこで「旧」をつけてみることにした。
(旧)創価学会員。
うん、これが一番フィットするな。
(旧)創価学会員ってのは、
「古い」学会員とい意味合いで
俺の中では正式には
「日蓮正宗創価学会員」っていう意味だ。
覚醒してないと言われようが何だろうが、
(俺的には創価を退会するだけが覚醒とは思ってないが)
気持ち的にはいまでも、
「俺は日蓮正宗・創価学会員」だ。
そしてこの先、日蓮正宗に戻っても
多分、俺は「日蓮正宗・創価学会員」のままでいると思う。
そんなだから、なかなか勧戒を受けられないんだろうね。
心のどこかで、完全に創価を捨てなければ正宗に戻れないんじゃないか?
みたいな感覚がある。
今の創価にはとっくに愛想をつかしているが
(旧)創価学会はいまでも想っている。
だからずっと「日蓮正宗・創価学会員」でいたいんだよね。
これじゃ、正宗には行けないのかな?
と実は思っていて、それが勧戒を受けたい
という心にブレーキをかけている部分がある。

それはさて置き、そんなわけで今日からこのブログは
【(旧)創価学会員による創価ダメ出しブログ】
にタイトル変更になりました。
皆様方、今後も宜しくお願い致します。

そして創価カツドウカご一同様、
これでよろしいでしょうか?(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 管理人さんには中々言えない、うまく言葉に出来ないところを感じますよ。

 誰が勝手に決めたのか、正式には知らされず、ただ「居てもらっては困るという腹いせ」を ああいう形で(つまり姑息で非公式な処置)で、やられちゃっただけだからね。  創価はいつもそうなんだよね。 非公式な処分なり、ヘンな腹芸で、「わかるやろ。。? なっ・・」でやっておいて、次には事大主義の末端どもが、それをテコにして、ああせい、こうせいと言ってくる。  

 それでも、「正しさのゆえに難を受けている」とかいうへ理屈で、うそぶいているらしいが、そこが池田MCの証拠です。  さすがに、宗門には通用しなかったというだけだね。

  それに気づいてやっと辞めちゃった人が当初から今日までで、何百万人もいるというのにね。  私なんか遅すぎたクチです。

 自立ができず、池田氏だけを信じ、何も自分では考えなくて済む依存心の塊です。 あるいは「何を言うか!、私は大功徳を頂いたぞ!」とかいう、人もね。 功徳は積むもの。 その果報は六根清浄ですよ。  控えめに言っても「人間的成長だろうし、昇華」ですよ。  それができてないから、こんな団体の本質にも気づけないし何が何でも信じてしまってるだけ。

  管理人さんはそれを判ってしまった。 でも日蓮正宗創価学会の時代に人生を賭けて、誰よりも頑張ってきた。 その誇りは、そこらのカツドウカさんにも、小官吏幹部などにも、永遠に判らないだろうさ。

  池田氏は、いまや少なく見積もっても、「正常な判断が出来ない状態」です。 ようするに頭破〇分になっちまってる。  そして埼玉で勤行会をした、とか、まるっきりのヨタ記事で世間と会員に嘘をついてる ワケです。 仏の団体の大将が、普通じゃなくなってしまってる、その事実を現証 とは言いませんか?  糖尿病の末期でもって、四肢〇断!という噂もあるし、チューブに繋がれて、延命治療で死ぬに死ねない状態でベッドに横たわってるという記事もある。  しまいにゃ、H12年の2月に、とっくに死んでいる。  とかね。

 どんな事態の折にも、会員の前に堂々と出てこられない。 それは無責任だということにしかならん。 「センセイの絶対ご快復を!!」とか、祈らせることすら出来ないんです。 幹部は。

 だってセンセイが重篤な病身だということを認めたことになるから。  かくして、会員からお題目すら送ってもらえない存在って、、。

 いずれにしても創価は 早晩、にっちもさっちも行かなくなると思うよ。 この焦りが、今日の広報室の激変、つまり、「辞めたい者はどうぞやめてもらって構わない」という対応にも表れているんです。  センセイに会わせてくれ!とかいう人の良い会員や、法の上で、正しいことを言う会員が一番 面倒な存在だからね。

 だからスポイルするわけね。  それが今回は管理人さんだったっていうだけだよ。  私の隣県にも、正論のゆえに左遷されてしまった教学部幹部さんがいますよ。  これ事実。 あと九州にも、心ある主張をしたがゆえに飛ばされた聖教職員さんもいらっしゃる。 これも私の後輩の先輩格の人。  かくして異体異心の時代だね。  謗法の罰は明らかです。  大謗法のね。

 ああ、感情丸出しのコメントをまた書いてしまったなー・・  

 紙面を汚してごめんなさい。  頑張りましょう!

脱会はご先祖様のため…

今いる自分は沢山の恩によってなりたっています。一番大きなのは三宝の恩です。

もうすぐ御彼岸です。人生は一寸先は闇です。善は急げともあります。

文底獨一本門を誹謗するなら自分だけでなく周りも…考えてみてください。

本当に心底まわりの学会員さんを思うなら、自分が赤信号を渡るのを先ずやめて、まわりにも教えてあげることが大切ではないのでしょうか?

えらそうな言い方、本当に何時も何時も申し訳なく思いますm(__)m

まったくそのとおり!
俺も「日蓮正宗創価学会」です!
今は法華講じゃないとお山に行けないから法華講に所属しとるけど。
勤行のやり方や教学教わったのも日蓮正宗創価学会の先輩たちからです。あ、それと母に。
現創価学会の間違いに気付けたのも日蓮正宗創価学会で信心してたからだ!
法華講の活動はかったるいけど日蓮正宗創価学会は無くなっちゃたんだからしょうがねーわ(--;)

管理人さん、そんでいいですよ!
大御本尊を信仰するものこそが真の創価学会員なんですから!
南無妙法蓮華経って拝んでおきながら大御本尊=日蓮大聖人を捨てるってなんじゃそら!そんなもん学会員じゃねーわ。


蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  管理人さんには中々言えない、うまく言葉に出来ないところを感じますよ。

そうなんですよね。色々と複雑な心境です。

>   管理人さんはそれを判ってしまった。 でも日蓮正宗創価学会の時代に人生を賭けて、誰よりも頑張ってきた。 その誇りは、そこらのカツドウカさんにも、小官吏幹部などにも、永遠に判らないだろうさ。

まぁ、分かってもらおうとは思いませんが、共に闘ってきた連中には気づいて欲しいとは思いますね。

>  だからスポイルするわけね。  それが今回は管理人さんだったっていうだけだよ。  私の隣県にも、正論のゆえに左遷されてしまった教学部幹部さんがいますよ。  これ事実。 あと九州にも、心ある主張をしたがゆえに飛ばされた聖教職員さんもいらっしゃる。 これも私の後輩の先輩格の人。  かくして異体異心の時代だね。  謗法の罰は明らかです。  大謗法のね。

全国的にそういう状況なんでしょうね。


ナノルホドデハアリマセン  さん

こんにちは。

> 本当に心底まわりの学会員さんを思うなら、自分が赤信号を渡るのを先ずやめて、まわりにも教えてあげることが大切ではないのでしょうか?
> えらそうな言い方、本当に何時も何時も申し訳なく思いますm(__)m

いえいえ。お気になさらずに。
まぁ心は決まっているのですが身が伴わないんですよね。
それが私の生命の傾向なんでしょうね。

元創価班さん

こんにちは。

> まったくそのとおり!
> 俺も「日蓮正宗創価学会」です!
> 今は法華講じゃないとお山に行けないから法華講に所属しとるけど。
> 勤行のやり方や教学教わったのも日蓮正宗創価学会の先輩たちからです。あ、それと母に。
> 現創価学会の間違いに気付けたのも日蓮正宗創価学会で信心してたからだ!
> 法華講の活動はかったるいけど日蓮正宗創価学会は無くなっちゃたんだからしょうがねーわ(--;)

そうなんですよね。

> 管理人さん、そんでいいですよ!
> 大御本尊を信仰するものこそが真の創価学会員なんですから!
> 南無妙法蓮華経って拝んでおきながら大御本尊=日蓮大聖人を捨てるってなんじゃそら!そんなもん学会員じゃねーわ。

本当にそう思います。
今の創価は創価じゃないって思いますね。
でもマジでそろそろ次のアクション起こさないと。って思う今日この頃です

旧創価学会

邪創価、古創価、現創価、
色々と表現が出来ます。

旧創価も良いと思いますが管理人様は、
真創価だと思います。
旧の創価は真の信仰がありました。

ご提案をひとつ、

  私論であることを前提に挙げておきます。

 管理人さんのここでの執筆、動機、論戦と、そのご自身の現在の行動位置には、一見 食い違いがある、と感じる方もいらっしゃることは、私も想像できる範囲のことです。

 管理人さんは破門後の入会?でしたね?  そういう意味では「ご宗門と創価の蜜月の時代」は体験しておられないのですよね。  私は馬齢を重ねておりますから、ご僧侶の前で頭を垂れて、「今身(こんじん)より仏身に至るまで、、、云々」といわば、「誓文」を述べて、「不退転をお約束」したものです。   つまり「入信」をしました。  「戒」を受けたのです。  であるから、離れるつもりはない。  しかし、ややこしいことに、別法人であった「創価学会」にも所属したのであるから、日常では「学会活動」をしてここまで来ました。

 つまり「双方に責任」がある。  その双方が大喧嘩をして、離婚しちゃったもんだから、困ってしまった会員さんが大勢出た。  自立した子供なら、うまく自分の人生を見失わず、生きていけるけど、そうでもない者は、ここで自分を見つめなおすことより、あるいはその力も無く、どっちに就くか、、、、、も、あまり悩まずに、
現状維持することを追認してる場合も多いですね、

 やっと本題にはいります。

 管理人さんと私に似ているところがあるとすれば、「結論は出している」という点。  どうすべきかも解っています。

 でも、私は隣の芝生の色、、、は あまりよく見えてないと白状しておきます。  創価の非道に対して、無知だったことに、やっと気づいてはみたが、「未知」についてもよく判断し難いのが私。 だって未知なんだものね(当たり前)  

 私の場合をついでに綴ると、 「日蓮正宗創価学会の時代」に強い郷愁があります。  願うのは「僧俗和合」です。  そういう人生の大半を送ってきたのですから。   これをここで云うのは、きわめて非・論理的ですが、この辺のメンタリティは、なかなか判ってもらえはしないと思います。  その意味では「おかしい、、と思いながらも、なかなかガッカイカツドウから離れられない人」と、延長線上では似たようなものでしょう。   でも「一線はひいた」という自信はあります。

 いずれにせよ、自分がいわゆる「依存体質」であるかどうか、は自分の責任として証明しなければなりません。  ここでもずいぶん、大口をたたいてきてますしね。   

 どの道、「次のステップ」を踏み出していく時であることは 判っているのですが。。  いずれにせよ、それは自らの【機根と時】とで選ぶことなのです、

 管理人さんも、ひょっとしたら私と似た心象なのかもしれません、 そんな気がします。    

 以上です。
 

いつも読ませて頂いてます。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 邪創価、古創価、現創価、
> 色々と表現が出来ます。
> 旧創価も良いと思いますが管理人様は、
> 真創価だと思います。
> 旧の創価は真の信仰がありました。

過分なお言葉ありがとうございます。

蘭房(RAMBO) さん

こんばんは。

>  管理人さんは破門後の入会?でしたね?  そういう意味では「ご宗門と創価の蜜月の時代」は体験しておられないのですよね。  私は馬齢を重ねておりますから、ご僧侶の前で頭を垂れて、「今身(こんじん)より仏身に至るまで、、、云々」といわば、「誓文」を述べて、「不退転をお約束」したものです。   つまり「入信」をしました。  「戒」を受けたのです。  であるから、離れるつもりはない。  しかし、ややこしいことに、別法人であった「創価学会」にも所属したのであるから、日常では「学会活動」をしてここまで来ました。

いえ。私も「入信」「入会」自体は、ギリギリ破門前なのです。
ですから、お寺で「入信」「ご受戒」を受けて同時に創価にも「入会」した次第です。
とはいえ、その後大石寺に参詣する間もなく破門になりました。
「来年桜の頃に大石寺にいこうか」といってる矢先の破門でした。

>  管理人さんと私に似ているところがあるとすれば、「結論は出している」という点。  どうすべきかも解っています。
>  でも、私は隣の芝生の色、、、は あまりよく見えてないと白状しておきます。  創価の非道に対して、無知だったことに、やっと気づいてはみたが、「未知」についてもよく判断し難いのが私。 だって未知なんだものね(当たり前)
>  私の場合をついでに綴ると、 「日蓮正宗創価学会の時代」に強い郷愁があります。  願うのは「僧俗和合」です。  そういう人生の大半を送ってきたのですから。   これをここで云うのは、きわめて非・論理的ですが、この辺のメンタリティは、なかなか判ってもらえはしないと思います。  その意味では「おかしい、、と思いながらも、なかなかガッカイカツドウから離れられない人」と、延長線上では似たようなものでしょう。   でも「一線はひいた」という自信はあります。

私も同感です。おそらく「日蓮正宗創価学会」とい形態が一番良い形態だったと思います。

>  どの道、「次のステップ」を踏み出していく時であることは 判っているのですが。。  いずれにせよ、それは自らの【機根と時】とで選ぶことなのです、

そうですね。
いくら望んでいても「日蓮正宗創価学会」は永遠に戻ってきません。
前に進まなければいけませんね。

miuさん

こんばんは。初めまして。

> いつも読ませて頂いてます。

ありがとうございます。
ご意見・感想・ご質問・批判などありましたら
いつでもお好きなときにコメントください。
これからもよろしくお願いします。

学会組織に反発してるだけなのでは無いのでしょうか?

正しい信仰

何時もご教授有難うございます。

他人様(学会殿)を
批判する事は、容易な事です。

突っ込み所が満載の
今の現創価など、
たかが知れてます。
じゃあ、
未来を志向するなら、

正しい日蓮大聖人様への
信仰とは何?

現創価は間違いを犯したけど、
間違いを犯さない信仰とは?

勿論、末法の御本仏が
創価思想や、今の先生と同意では無い。

基本は、
大御本尊(日蓮大聖人)様に信を
貫く事は、言うまでも無く。

旧創価が実践してた
正しい信仰は
あった。

大聖人様の仏法を正しく理解し
実践する為の
身で読む御書研鑽。

ネットの世界なので、
私の様な我見に
満ちた拙き者が好き勝手な事を
申し上げておりますが、

創価の中にも善知識が居る。
創価の外にも善知識は居る。

善知識の連帯が広がる事を
大御本尊様に、
切に、切に、願います。

まいど駄文を失礼致します。

miuさん

早速のコメントありがとうございます。

> 学会組織に反発してるだけなのでは無いのでしょうか?

基本的は、「学会の謗法」を指摘しています。
現在の「学会の組織」に反発する部分はないと考えています。
何故なら、「全てが間違っている」からです。
組織の在り方や運営の方法とかそういう類の話ではありません。
「日蓮大聖人の仏法ではない」モノ
つまり、創価仏法をあたかも
「日蓮大聖人の仏法であるかのように」
見せかけている。
ということです。
創価が「日蓮大聖人」をきちんと捨てた。
と認めればここまで書きません。
私が大切なのは創価の組織でなく
大聖人の仏法です。
その大聖人の仏法を悪用する創価と
それに従う幹部・活動家を批判するのが
当ブログの基本的なスタンスです。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 創価の中にも善知識が居る。
> 創価の外にも善知識は居る。

その通りだと思います。
そして創価の中にも外にも
悪知識はいる。と思います。

悪知識が大多数

管理人様の仰る通りです。
善は少ないです。
有難うございますm(_ _)m

勧戒

創価を辞めて宗門に戻る際、寺院で「勧戒」なる儀式を受けると聞いています。
受けたことが無いのでどんな儀式かは知りませんが、
コケオドシと感じるのは私の腐った生命のせいでしょうか。

今身より仏身に至るまで爾前迹門の邪法邪師の邪義を捨てて法華本門の正法正師の正義を持ち奉るや否や

化儀即化法と云ってはばからない面々云っても、通じないとは知っていますが、
少なくとも私には生涯不要のものです。
御書に受戒の文字はあっても勧戒という言葉は一つもありません。
勝手な化儀を作り上げて押し付けているだけと感じます。

日蓮仏法に対する考え方、感じ方が、管理人さんと私は近しい気がしています。
その管理人さんが、そんな愚にもつかない儀式を受けるのが悔しくて・・・。

すいません、感情に任せて勝手なことを書きました。
ご容赦ください。

かんかい♪いいと思うよ
僕らもそれがあることで戻りやすいし、破門にした方もやりやすいと思うよ。
けじめみたいなもんでしょう。

まさかエンコするわけにもいかんし(笑)

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 管理人様の仰る通りです。
> 善は少ないです。
> 有難うございますm(_ _)m

特に創価の中ではです。

macska さん

こんばんは。

> 創価を辞めて宗門に戻る際、寺院で「勧戒」なる儀式を受けると聞いています。
> 受けたことが無いのでどんな儀式かは知りませんが、
> コケオドシと感じるのは私の腐った生命のせいでしょうか。

母が勧戒を受けましたが、ご受戒とほぼ同じでした。
一度ご受戒を受けているので、創価や顕正会からの再入信は勧戒となるようです。

> 化儀即化法と云ってはばからない面々云っても、通じないとは知っていますが、
> 少なくとも私には生涯不要のものです。
> 御書に受戒の文字はあっても勧戒という言葉は一つもありません。
> 勝手な化儀を作り上げて押し付けているだけと感じます。

「勧戒」は正宗のオリジナルではないですよ。
正宗側から言えば、一度正宗の受戒をしたのに創価に在籍するのは戒を破ったということになるのでしょう。
事実、大御本尊を受持の対象から外したのですから、創価は「戒」を破ったのですし。

> 日蓮仏法に対する考え方、感じ方が、管理人さんと私は近しい気がしています。
> その管理人さんが、そんな愚にもつかない儀式を受けるのが悔しくて・・・。

そうですね。macskaさんの主張にはシンパシイーを感じています。

> すいません、感情に任せて勝手なことを書きました。
> ご容赦ください。

気にしないでください。
逆に私のことを思っていただき感謝しています。
ありがとうございます。

元創価班さん

こんばんは。

> かんかい♪いいと思うよ
> 僕らもそれがあることで戻りやすいし、破門にした方もやりやすいと思うよ。
> けじめみたいなもんでしょう。

まぁ、そうですね。
ケジメ・区切りをつけるには何かしらのきっかけがないとですね。

悪知識が佐渡御書を研鑽すると。

日蓮を信ずるやうなりし者どもが、
日蓮がかくなれば疑いを起こして、
法華経を捨るのみならず、
かへりて日蓮を教訓して
我かしこしと思はん、云々。

カササギが鸞鳳(ランポウ)を
笑うなるべし。

大聖人の御精神を受け継ぎ、
あらゆる大難を勝ち越えてきたのが
創価三代の師弟だとの事です。

人生の師匠に出会い「師弟の道」に
徹しゆく事ほど誇り高い人生はない!との事です。

じゃあ、大聖人様は要らないでしょ?
センセ(人生の師匠)が居れば
事が足りると思います。

私の師は大聖人様なので、
センセは先生(もしくは先輩)で
しかない。
駄文失礼いたしましたm(_ _)m

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる