miuさんのコメントへ(池田名誉会長の事)

少し前にmiuさんから

>どうしても管理人様にお尋ねしたい事が有ります。
>創価学会の池田先生の事をどう思っておられるのですか?

とのコメントをいただきました。
池田名誉会長についていまさらだが思っているところを書きます。

池田名誉会長。通称池田センセ。
「人生の師匠」と思っている学会員さんもいるだろけど
俺は実は一度も「人生の師匠」いや「師匠」と心の底から思ったことはない。
創価に入会したのも創価の活動はしたのも
別に池田センセの考えに共感した訳でもないし、
当然池田センセと会ったことも話したこともハガキの1枚もらったこともない。
ある意味で言えば俺の人生には特にいてもいなくても存在。
創価学会の中で一番偉い人。それくらいの認識かな。
もちろん初心の頃は池田センセのスピーチや御書講義を読んで学んだが
その講義やスピーチがとてつもなく凄い内容でないことは
行学が進んでくるとわかるようなる。
そうなるとまぁ創価活動家の象徴という地位というくらいだろう。
実際「池田先生は我が人生の師匠」と心の底から思っている活動家は
今現在はそれほど多くないと思う。
なんとなく「師匠」と言わないといけない雰囲気が組織にあるから
一応「師匠」と言っておかないと組織に居づらくなるから言っておこう。みたいな。

miuさんは、家族も顧みず創価のために尽くしてきたセンセの人生が尊い。
と思っているかもしれないが
俺はその意見には全く頷けない。
何故なら創価の組織のことをするのは池田センセの仕事だから。
しかもセンセはその仕事が好きで好きで仕方なかったフシがある。
会社(創価)の経費で日本中。いや海外にまで行けて
行った先々では「先生。先生」と歓迎され
あとは小説や詩を書いたり写真撮ったり
ある意味、何等生産性を伴わないことが仕事になり
経済的に恵まれる。
また一般の仕事よりもはるかにストレスも少ない。
そんな仕事なら楽しくて家で嫁や子供の面倒見ているより
毎日仕事していたい。と俺なら思う。
それに子供だって作っているのだから全く家庭を顧みなかったことでもないし。

また
>これだけの組織の仕組、学会員の人望を集めた事は、素晴らしいと思います。
>もし、学会員は洗脳されてると思ってらっしゃるなら、それも実力だと思います。

とのご意見だが、俺は「人望を集めること」は必ずしも素晴らしいとは思わない。
ヒトラーだって、提婆達多だって、極楽寺良観だって
「人望」を集めた。
それが素晴らしいならば、大聖人より極楽寺良観の方が素晴らしい。
ということになる。
もちろんそのカリスマ性は大いに認めるところでもあるし
人心操縦や人心掌握に長けているのだと思う
それは「人としての魅力」を持ち合わせているからだとも思う。
なので、人間としては「魅力的」な人物なのは間違いない。
何らかの魅力がなければ人は洗脳されない。
それを「実力」と表現するならば
間違いなく「実力」だろう。

ただし、それは世法の範疇の話。
大聖人仏法の眼で池田センセを見れば、
その「実力」は大聖人仏法を大いに破壊し
「天魔」「外道」等といくら言ってもいい足りないくらいくらいだ。
その悪業は極楽寺良観すら凌ぐ。
なぜなら池田センセは「大聖人の弟子」と名乗りながら
大聖人仏法を破壊しているからだ。
まさに五老僧全員が
池田センセ一人となって生まれ変わり
大聖人(大御本尊)を否定し
多くの弟子旦那の成仏を阻み無間地獄へと誘っている。
池田センセが民間会社の社長だったら
「癖はあるが魅力のある社長」でよかったのだと思う。
民間企業の社長であれな人身操縦を含め商才があればそれでいい。
だが「宗教家」「宗教団体の指導者」としては失格だろう。
なぜなら池田センセには肝心な「信心」がない。
「信心」がないから大御本尊を捨てることができる。
その本性は御書に照らせば
臆病者で求道心がなく欲深い人間。
それが池田センセの本性だと俺は思っている。
そのような人間を「人生の師匠」だの
「広宣流布の指導者」だの思える会員さんが不思議でたまらない。
そしてそんなことを言っている会員さんは本当の弟子ではないと思う。

俺はこうして池田センセのことを悪し様に書くが
俺はそれが池田センセや創価に対する恩返しだと思っている。
創価があったからこそ俺は大聖人仏法に縁することができた。
これは事実である。
創価以外。例えば正宗のご僧侶や法華講員に折伏されたことは一度もない。
創価がなければ大聖人仏法を知らないまま今でも過ごしているかもしれない。
それに対しての恩義は忘れていない。
だからこそ、謗法と化した創価と池田センセを責めるのである。
かつて池田センセは言った。
「悪を責め抜くことで相手を成仏させる。それが慈悲なのだ」と。
このままでは池田センセは間違いなく無間地獄行きだ。
本当の弟子ならば師匠の間違いを正さないといけない。
本当の弟子ならば師匠の悪を責めなければいけない。
それが唯一「天魔」と化した師匠・池田センセを救う道であり
創価への報恩じゃないのか?
俺はそう思う。
質問内容から逸れてしまったが
今の池田センセは「仏敵」
俺はそう思っている。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。
久々のコメントになります。

最近忙しいです。
学会活動じゃないですよ(笑)
仕事です(笑)

さて、池田センセーですが、
私は、本部幹部会に参加する機会があり
一度だけ生で見たことはあります。
まー普通のおじいちゃんです(笑)
活動バリバリの頃だったのでその時は
感動してたんですが、今となっては
何であんな爺さんのために活動に没頭して
人生を捧げていたのか疑問だらけです。

本部幹部会だったので最後にお決まりの
スピーチが有ったんですが、
昔から衛星中継を見ていても不思議に
思っていたのが、
『新聞にのせるからね』の一言
後日、聖教新聞に掲載される時には
その時に言ってもいないことが
のっていて、その場で言えないのかい!(笑)とつっこみたくなりました。
今思えば教学がない師匠ですから、
仕方ないかもしれませんね(笑)

あと、シナノ企画のビデオで
SGIメンバーの質問会でセンセーが
指導する場面があったんですが、
SGIメンバーの質問に
センセーが何を言っているのか
ちんぷんかんぷん(笑)!!
これも今思えば、本当に教学ないんだなと
思っちゃいます。

宗教ビジネスのルーツ1

●本来なら池田氏について書こうと思ってたんですが、興味ある記述を発見、プログ読者の皆様にシェアしようと思いまして。
今まで、誰が最初に宗教グッズを宗教を利用して販売して金儲けをするノウハウを考えだしたかわからなかった。
統一●理かとおもっていた。スゴイのが出てきました!
アドレス貼り付けるのがうまくいかなかったので今回は抜粋しました、かなり長くなりました、すいません<(_ _)>
これが事実なら、ボクの牧口氏や戸田氏に対するイメージは完全に崩壊しました。

ここから→●「人間革命」には、戸田が終戦後すぐに通信教育の事業を始め、終戦直後の紙不足で事業継続が困難になったところ、お題目のおかげで紙が手に入り、事業が継続できて功徳だ、という内容がありました。その真実が書かれています。簡単に述べると以下の通りです。
戦後は極端な紙不足であった。当時、新聞雑誌に対する紙の供給は、占領行政のもとで、政府の用紙割当委員会が民間の窓口になり、GHQが決定していた。当時のGHQは日本を反共の思想にしようとしており、 戸田は、自身の出版する雑誌において、反共キャンペーンを行うという約束の下、有力政治家古島一雄に近づき、GHQ宛の紹介状を手に入れ、それをもとに大量の紙を手に入れた。しかし、雑誌は2万部なのに20万部分の紙を入手し、戸田は余剰分を闇市場に流して莫大な利益を手に入れた。これにより、戸田は、GHQ・CICからマークされ、彼の身辺調査を行った調書の写真までが、本には掲載されています。その調書の内容はひどいものです。
①ペテン師である
②自分の利害ひとつで、なにをしでかすかもわからない危険分子である。
③酒癖、女ぐせが悪くて、友人間の信用もない
④扇動家、煽り屋である
⑤計算ずくで動くタイプの人間だから、ことさら日蓮正宗・創価学会の信仰に狂信的であることはない

それから、「狩野川物語り」(昭和36年出版、著者・野木治朗、出版所・アジア総合研究会出版部)という本の内容が引用されていて、そこに柴田登志子(東京都杉並区方南町在住)・方位学研究家の証言が載っているのですが、牧口と戸田が創価設立をするに至る経緯は、そもそも金儲けするところから出発していたことがわかります

宗教ビジネスのルーツ2

●「狩野川物語り」から引用、この本が手に入れば真相がわかるんです、でもこれが事実なら今の創価の姿は何の矛盾もないです、宗教なんて後付です。
抜粋したので一部意味不明なとことがあるかもしれません。<(_ _)>
●ここから→創価設立の経緯を示した、東京都杉並区方南町在住の柴田登志子・方位学研究家の証言部分です。
上記のように、牧口と戸田は昭和3年に日蓮正宗に入信していたのですが、途中から信者に物を売ることを思いたのです。つまり、何らかの理由で日蓮正宗に入信し、その後、信者を利用して金儲けすることを思いついて創価学会を設立したというのが真相です。
ちなみに上記引用文の冒頭に、
「昭和12年、創価学会ができた前後の事情を実証する一つの事実は、東京都杉並区方南町在住の柴田登志子・方位学研究家の証言である。もう一つは、ドキュメンタリードラマの『狩野川物語』である。」
と記述があり、柴田登志子・方位学研究家の証言は今回引用したとおりです。もう一方の「狩野川物語」についてですが、「この本の主題として「序」に以下の記載があるとのことです。
「狩野川台風によって荒らされた、伊豆の自然と人間のありのままのいとなみを主題にした、ドキュメンタリー風のものである」
ここでなぜ、狩野川台風と創価がつながるのかと思ったのですが、伊豆がでてくるので、そこで牧口が折伏活動をしたことが関係しているのかもしれません。
「創価学会に関する部分は、牧口と戸田を軍部に紹介したという、さきの柴田証言にある宮内省のコックさんから著者が聞いた「ざんげ話」にもとづいているので、牧口と戸田が宗教利用の虚業・創価学会をつくる前後のもようを知るうえでの貴重な「歴史的文献」であると思われる」
牧口と戸田の会話部分の一部を下記に引用します(P160~162)。なお、「狩野川物語」の本文中では、創価学会は「創意教会」、牧口は「柿田」、戸田は「城田」という名前になっています。
城田(戸田)が発明した正確無比という計算器が、少しも人気が出ず売れ行きも悪かった。「俺の発明した計算器が、売れないわけがない。よし、柿田(牧口-著者)先生に相談しよう」城田(戸田)は元小学校の教諭である柿田常三郎(牧口常三郎-著者)を訪ねていった。
「物を売り込むために、宗教団体を作り、そして、その団体に売るというのですね」「いや先生、従来の新興教団と、タイアップしても良いのですが」
「それはまずい。ありきたりの仏教や、神道を利用するばかりでは駄目です。既成教団を槍玉にあげて、その教団に満たされないでいる大衆や、社会不安に怯えている社会層を狙い、その中の不満分子を利用して布教の尖鋭分子に仕立てることですね」「槍玉に上げる教団の対象は」「それは全てですよ。神仏の別なく相手となるものです。こちらが絶対至上のものである事を思わせるためにも、創意と社会科学に基礎を置いたものにしたら、新鮮なものと夢とを大衆は感じますよ」「そうですか。やはり先生に御相談してよかったです。教団の名称は」「創意教会(創価学会)ではどうでしょう」「新しい感覚ですね。それがいい、創意教会(創価学会)。先生、生みの親になってください」「いや、生みの親なぞと。私も参加しますが、そして団体を造る資金は」
城田(戸田)には、借金はあっても資金はなかった。柿田(牧口)とて教師上がりで金に縁のあるはずもないのである。
「私の2階にね、宮原(宮内省のコック)-著者)という人がいますよ。その人は、宮家出入りの料理人とか言っているが、金回りは大したものらしいですよ。話してみましょうか」
宮原は2人の説明を聞いた。
「学問と、宗教を合わせて、組織した団体に品物を売るか。悪い話でもなく、面白い仕事になるでしょう。が、単に金儲けだけなら、外によい仕事がありますよ。金儲けの仕事で贅沢な資金を造って、それからでもいいでしょう」
あまりにも、そのものズバリである。喜色に頬がほころぶのを堪えて、2人は膝を乗り出してきた。
「そんなよい仕事がありますか。どんな仕事をするのでしょう」「柿田(牧口)さん。私も宮家を通して、前から頼まれごとがあったのです。陸軍省の、ある参謀からですがね」「陸軍省と言いますと、軍人関係の仕事ですか」「まあ、そんな向きですが、つまり、兵隊を利用しての金儲けですが、面白い仕事ですよ」
時に、昭和7年、世は不況のドン底時代であった。
(この宮原コックが紹介した仕事が、前の柴田証言の中にある陸軍特需物質収集であり、牧口と戸田はその中の良品を横流ししては莫大な利益をかせぐことになる-著者)
--------------------------------------

No title

感想

私は 女性なので特に牡丹さまの コメントに 共感させて頂いております
本当に 代弁してくれて スカッとします(^^)ところで 諸会合等は 参加せず 朝晩の勤行を 行い、家事 趣味を楽しみ 穏やかに 静かに暮らしています 昔 習った拙い教学の 基本中の基本である 十界を元に 自身を見つめ コントロールしながら 成長しようと。
そこで お訊ねしたいねですが 牡丹さまや管理人さま また ランボウさまや 古本屋さま皆さまは 日々どのように 信仰と向き合い、どのように 過ごされていらっしゃいますか?
特に 同性である牡丹さまに 関しては 過去活動家時の役職や 地域なども 差し支えなければ 教えてくださると また 身近に感じ 嬉しく思います。すみません 不躾な質問を。

こんばんは

古本屋店主さんの記事、すごいですね。
なんかもう欲望の塊の見本というか。
なんで池田大作先生があんなにギラギラの金満オヤジなのか腑に落ちます。
池田大作先生の成金ゲスっぷりは、トインビー博士の孫娘さんの手記なんかを読めばよくわかりますね。著名人との会見や対談本出版のカラクリも。
もう皆さまご存知とは思いますが。


紙ふうせんさん、はじめまして。

私の最終役職とか地域をお聞きになりたいとのことですね。
多分日本全国に私のような人間はゴロゴロいらっしゃるでしょう。

地域は日本の都市部。
役職は最上層部ではありませんが、部員さんからは幹部と思われていた、中間層。

紙ふうせんさんは組織から距離を置かれているのですね。とても賢明なことだと思いますよ。
私もニセ活動家を辞めてからは心身ともに健康になり、第二の人生を謳歌しています。
ごめんなさいね。申し上げられるのはこのくらいです。

もっと具体的にお知りになりたいのでしたら、その理由をお聞かせ願えますか?
こちらは皆さま紳士ばかりで、どなたからもそのような質問をされたことがなく、それでいいものだと思っておりましたもので。

庭先のコメント

様々な角度から
斬れ味鋭いコメントが
善知識の方々から
寄せられて、
いつも勉強になります。

時々、質問を
管理人様に致します方で、

懇切丁寧に管理人様がリコメしたのに、
スルーする方が、
たまに居るけど、
それは何?でしょう?

御自分の思ってた
イケダセンセに対する思いとの
相違でしょうか?

私も昔に管理人様に、同類の
質問をしたヤカラです。
日蓮大聖人様の仏法を
知る事が出来たのは
学会やセンセのお陰でしょ!
と、
他人様にご質問や提言があるなら、
ネットの世界とは言え、
御自分の考えを述べた上で、
コメントされたら、
このブログに集われる善知識の
コメンテーター様は、
誠実なご返事を頂けると
思いますよ。
例え批判的な質問でも。
駄文失礼致しました。

牡丹さま

今晩は
牡丹さま 早速
御返事 コメント有難うございます 。

牡丹さまの コメントを 読ませて頂く度 ここまで さらけ出され また 確信ある文面に 単に感情レベルではない 冷静沈着な説得力がビンビン感じられてきました
そして 今 自分が組織に 距離を置き 自立と自己責任の元で 自分らしく過ごしていく生き方をしています
役職 地域は 私(西日本)以外でも 同じように 思っている方がいらっしゃる、役職は ある程度 説得力が感じられるためです
すみません 表現力がなくて‥

自分自身に戻ります。

 こんばんは。 またこんな時間になっています。 
 私はようやく離れることができそうです。 実は遇々に古本屋店主様がお示しの資料に私もたどり着いたのです。 

 これを知り得てようやく、もっと深く「創価の淵源」がいかに欲と野望に満ちたものであったかを、実感できたように思います。 

 一言でいえば、、 なんのことはない、、というような心境でしょうか

 もうこれで「創価について考える」ことから、離脱できそうな気もしています。

 併せて、信じることは案外簡単。 そこから疑うことを取り戻すことは、はるかに難しいものだと実感してきました。 

 だからこそ特に51才の頃から悩みの底に腹這って暮らした、あまりにムダな労苦からも解放されそうな今、経験のない心の軽さを覚えています。

 私の心から、記憶から 時系列から、「牧口 戸田 池田の創価。」の名前も消し去ります。   

 ありがとうございました。

 

 

 

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます♪
この前BSで麻雀放浪記やってましたね
池田先生ってあれに出てくる坊やみたいだなと思いました(笑)
戦後時代ああいう青年はたくさんいたんだと思いますよ。
極道の親分になった人もいれば会社起こして今や大企業の会長になった人もおるわけで。
池田青年も戸田先生っていう商売人と出会いがんばって創価を世界企業にした♪

戦後のびてきた大企業が21世紀になって倒産したり外国資本に身売りしたりしてますが、創価もおなじ。
そろそろ潮時。

管理人さんが言うようにこれからは自立の時代だと思いますよ♪
各自しっかり大聖人の仏法を保ってがんばって生きていこうではありませんか♪
大丈夫!僕達には日蓮大聖人がのこしてくれた法がある!



管理人様、御回答有難う御座いした。
画面に表示されないので、今気づきました。

宗教ビジネスのルーツ3(補足)

●度々すいません<(_ _)>。一部補足します。これでわかりやすくなると思います。

●ここから→創価設立の経緯を示した、東京都杉並区方南町在住の柴田登志子・方位学研究家の証言部分。
戸田が自分で考案した子供の算術の勉強に役立つという積木細工みたいなものを作って露店で売りに出したものの、1個も売れないので、制作費の支払いにも困るようになり、恩師である牧口恒三郎のところへ相談に行ったのですが、良い知恵もなく、その家の2階を借りていた宮内省のコックをしている人に相談したのです。ところがそのコックさんがしばらく考えていましたが、あなた方に金儲けの道を紹介してあげよう、と言って軍部にてづるを求めて紹介状を書いてくれたのです。軍部ではたまたま民間からウールの古いものを買い上げる仕事を者をほしがっていたので、ただちに戸田らに委任状を発行したのです。それで戸田らは、すぐに手筈をととのえ、全国にわたり在郷軍人会と警察を通して2回供出させたようです。ところでこのころ、戸田、牧口らは朝から晩まで高級料亭で、在郷軍人会長や警察署長などを誘っては美味・美酒・美色(!?)にふけっていたのです。そういうことが、なぜ、できたかといえば、夕方になると、その日の儲けを山分けするのです。供出品のなかの良品は全部横流しをして、悪いものだけを軍部に出したからです。それで、毎日朝から晩まで飲み食いしたのを支払っても、1人分千円以上の利益があったそうです。当時は千円で一軒の家が買えるような時代でした。しかし、2度目の供出が終わると、さすがに品物も少なくなったのです。それでそのころ、東京・池袋に1万円で古寺が売りに出されてあったのを、戸田らは残金で買いました。現在、池袋で常○寺とかいって大寺となっているのがそれです。一方、供出で味を占めた牧口・戸田の師弟は、いくら優秀な品物でも買う相手がいなければ駄目なのだと考えました。たまたま、牧口と戸田の二人は、昭和3年に日蓮正宗に入信していて、牧口常三郎は「利・善・美」とかいう変な価値論を唱えていましたので、それでは世界一のすばらしい宗教という看板を上げて組織をつくることだ、そしてこの組織・集団にもっともらしい理屈づけをして、宗教関係のものを売りつけたり、寄付金などを募ったら、どんどん金儲けすることができるだろう、と考えたようです。
そこで牧口と戸田が、牧口の唱える人生の最高の価値は幸福であり、それは利益である、といった物質・金銭至上主義の価値論と、日蓮正宗の御本尊の功徳を結びつけて、インチキ・邪教・ゴリヤク信仰の教義(?)をつくり、これによって信者を集め、集めた組織から金を吸い上げて金儲けしようという、たくらみをもってつくったのが創価学会設立の真相なのです。ですから、牧口・戸田らが、宗教家ぶりをしだしたのは、せいぜい、昭和9年末か、10年ごろからでしょう。それまでは、そのようなことは全然ありませんでした。こうして昭和12年になっていよいよ創価学会の発会式をあげ、牧口が会長、戸田が理事長におさまった。
牧口と戸田は昭和3年に日蓮正宗に入信していたのですが、途中から信者に物を売ることを思いたのです。

現役男子部さん

こんにちは。お久しぶりです。

> 最近忙しいです。
> 学会活動じゃないですよ(笑)
> 仕事です(笑)

仕事が忙しいということはいいことです。
体調に気を付けてバリバリ働いてくださいね。

> さて、池田センセーですが、
> 私は、本部幹部会に参加する機会があり
> 一度だけ生で見たことはあります。
> まー普通のおじいちゃんです(笑)
> 活動バリバリの頃だったのでその時は
> 感動してたんですが、今となっては
> 何であんな爺さんのために活動に没頭して
> 人生を捧げていたのか疑問だらけです。

そうですか。
私は会ったことがないのでよくわかりません。

> 『新聞にのせるからね』の一言
> 後日、聖教新聞に掲載される時には
> その時に言ってもいないことが
> のっていて、その場で言えないのかい!(笑)とつっこみたくなりました。

ははは(笑)
その逆を言ってる幹部もいましたよ。
「新聞には書いてないけど先生はこう言っている」みたいな。

> 今思えば教学がない師匠ですから、
> 仕方ないかもしれませんね(笑)

教学力は本当に大したことないんですよ。センセは。
なんとういか、人気のあるお笑い芸人が
大したことも言ってないのに笑いを取る。
そんな感じなんですよね(笑)

紙ふうせんさん

こんにちは。

> そこで お訊ねしたいねですが 牡丹さまや管理人さま また ランボウさまや 古本屋さま皆さまは 日々どのように 信仰と向き合い、どのように 過ごされていらっしゃいますか?

紙ふうせんさんと同じですよ。
私は、朝夕五座三座の勤行と唱題。
それと御書や日寛上人のご指南は、ほぼ毎日少しですが目を通しています。
あとは毎日の仕事をして
時にはお酒を飲んだりカラオケ歌ったりゴルフ行ったり野球場に野球を見に行ったり嫁に怒られたり
これら全部が妙法の働きですからね。
選挙の応援したり新聞啓蒙したり会合行ったり
そんなことを毎日やっていたカツドウカ時代が夢のようです。
学会活動をしてきたことを悔やんだり恨んだりはないです。
でも今の方が当時より人生が楽しいし
なによりも純粋に信心ができて嬉しいと感じてます。

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  こんばんは。 またこんな時間になっています。 
>  私はようやく離れることができそうです。 実は遇々に古本屋店主様がお示しの資料に私もたどり着いたのです。 
>  これを知り得てようやく、もっと深く「創価の淵源」がいかに欲と野望に満ちたものであったかを、実感できたように思います。 
>  一言でいえば、、 なんのことはない、、というような心境でしょうか
>  もうこれで「創価について考える」ことから、離脱できそうな気もしています。

それは何よりですね。
創価について考えたところで結局「謗法団体」という結果になってしまいます。私の場合は。

非公開さん

こんにちは。コメントありがとうございます。
ともども我が人生を生きりましょう。

元創価班さん

こんいにちは。

> 管理人さんが言うようにこれからは自立の時代だと思いますよ♪
> 各自しっかり大聖人の仏法を保ってがんばって生きていこうではありませんか♪
> 大丈夫!僕達には日蓮大聖人がのこしてくれた法がある!

ハイその通り。
末代の幼稚な我らのくびにご本仏がかけてくださった
大御本尊を離さず生きていけば必ず成仏します!

miuさん

こんにちは。

おそらくmiuさんが敬愛しているであろう
池田名誉会長の事を悪しざまに書いてしまい気分を害されたのでは?と思っています。
ただ私は犯罪とか女性関係がどうとかいう
風聞の類の事で名誉会長をどうこう言うつもりもないし書いたこともありません。
名誉会長が婦人以外の女性と浮気してようとしてまいと
小説を自分で書いていようとゴーストだろうと
私のとっては何の問題も関心もありません。
また、名誉会長が創価学会を大きくしようが潰そうがそれもどうでもいいことです。
ただし、大聖人仏法の一人の信仰者として名誉会長を評価するならば
仏法上においては名誉会長は「仏敵」であり「悪」です。
大聖人の弟子と名乗り信者を誑かし
その実、会員を大聖人から遠ざけ大聖人を捨てさせているのですから
いかに世間的に優れた人間であろうと優しい人間だろうと実力があろうとも
名誉会長は「悪」なのです。
私は別に名誉会長を「嫌い」なわけでありません
ただ「間違っている」「悪である」と言っているだけです。
なのに師匠の間違いを正そうとする弟子の一人もいないのが現実です。
名誉会長の立場で言えば「わろき弟子を蓄えた」ということですが
そんな弟子しか作れなかったのはひとえに名誉会長がそのような人間だったという事だと思います。

古本屋店主さん

こんにちは。

「さもありなん」と思いました。
牧口初代会長から私は「信心」というのも見出せませんでした。
自身の主張である「価値論」が主で
大聖人仏法は従。
初代からはそんな印象しかしてきません。

創価のロマンと創価の実態

いつも勉強になります。

古本屋店主様のコメントを
拝見し、
多少、落ち込む私。現実なのかと!?
創価ロマンは嘘だったのかと(OvO)

そっか?そもそも、
学会は金と権力の基盤を確立した上で
庶民の心を掌握する事でね。
ビンボー人と病気がちな方々から
大御本尊様の大仏法を担保にね、
現世の幸福や福運を実感させて、
さぁ、幸せにしたのだから
学会に恩義があるだろ!
学会活動をしなさい!
進まざるは、退転です!
報恩感謝が大事です云々と。

もう、名誉会長でも無くなり、
役職も外れて

学会仏ですか?、
ご祈念の対象になって、

社内新聞では
池田大作先生と表記されてる事に
何の疑問や違和感を感じない、
鈍感かつ純真な会員には成りたく無い。
内部退転者の私。

ありがとうございます

管理人さまの記事、いつも勉強になっております。ありがとうございます。

池田氏が捨てたという、本門戒壇の大御本尊ですが、
日蓮正宗はいつ頃からそれを自分たちの教義の中心に据えたのでしょうか?

旭も眩しいモグラ

夜勤も明けて
慌しく出勤される
方々とは逆方向の
電車に揺られ帰宅します。

雪崩れに巻き込まれた高校生や、
私の住む千葉では
小学校の女の子が殺害されたとか、
悲しい事件や事故があり、
朝から心が痛みます。

「人生は総仕上げの時が、
最も大切である」とは
センセの言葉でした。

晩年になって大聖人様に対して
退転しない様に

センセを反面教師として、
大聖人様の大仏法を心に刻み、
精進したいと思います。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 晩年になって大聖人様に対して
> 退転しない様に
> センセを反面教師として、
> 大聖人様の大仏法を心に刻み、
> 精進したいと思います。


そうですね。
センセも人生の最終章で道を踏み外しました。
諌めてくれる弟子もないままに
今世を終えれば無間地獄が待っています。
痛ましいなぁと思いますね。

日蓮、その可能性の中心さん

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 池田氏が捨てたという、本門戒壇の大御本尊ですが、
> 日蓮正宗はいつ頃からそれを自分たちの教義の中心に据えたのでしょうか?

最初からです。
戒壇大御本尊の後世の建立であるという説もありますが
日興上人は最初から大聖人をご本仏と見ています。
「そうではない」と反論する方もいますが
不相伝の方々には理解できないし
不相伝の方々はなんとか否定したいのでしょう。
特に身延系は五老僧の末裔ですから否定したいのだと思います。
気持ちはわからないではありませんが
私には所詮五老僧の末裔だなぁとしか映りません

駄文失礼致します

大聖人様に直接御指導を 頂けた
五老僧ですら
自身の生命に仏がある事や
日蓮仏法の信仰者の、根本中の根本、
大聖人様を末法の仏であることを
分からないでね。

勝手に教義を時代に則して
改悪される輩には、
必ず厳罰を頂けると確信します。

はじめは事なきですが、
大聖人様の仏法は、
因果の理法から
誰だろと逃げ切るなど、
根本的は
出来ないと存じます。

くだらないコメント失礼致しました。

信じるも信じないも貴方次第その1

●「狩野川物語り」に記載されていた、牧口・戸田両氏の実像がすごかったですね!
これもスゴイです、某サイトから抜粋

●ここから→数十年前の4月、派遣で、ある地区の協議会に参加していた時、S大に一年生で入学してきたAちゃんが新しくその地区に入ってきたので自己紹介をしてくれました。

私と目が会うなりお互いに顔を背けることができなくなりジーっと見つめあってしまい不思議な縁を感じました。
その日から話が合うというより離れたくない何とも説明の仕様がない関係が生まれ(同性愛ではないですよ)約5年間付き合うことになりました。
後日、二人とも初めてお互いを見た時、まるで自分を見ているようだったと笑いあいました。
うり2つだったのです。地区の人にも間違えられ、街中でも双子?と言われ、Aちゃんはいつも私にくっつき何でも話してくれる親友になっていました。
その頃、噂の早い地区では。。。Aちゃんのお父さんは関西で外科医をしていて昔から池田先生と親しく懇意にしている。
Aちゃんは一人っ子で先生のお気に入りの子。
先生が大学に来たときは、「Aはどうした?すぐ連れて来なさい」と片時も離さなかったらしく、会員からは一目置かれ羨望の対象でした。
寮も1、2年すると追い出されますがAちゃんだけは卒業するまで残っていました。
出られないことが不満だったようで文句ばかり言っていました。
もともと、Aちゃんは組織もS大も嫌いだそうで池田がいないときは私の通う大学ばかりに来ていました。
大学のサークルや仲間内でのバーベキュウ、遊園地、ぶどう狩りなどの思い出を他の大学でたくさん作る変わった人でした
そんな時のAちゃんは嬉しそうで生き生きしていました。
Aちゃんは私のデートにもついてくるし、家に泊まって行くしうっとうしいと感じることも正直ありました。大学では1人も友達を作れなかった孤独な変人でした。
奔放でわがまま、折伏や部員さん回りなんてしたくないとはっきりいう人でしたし会合だけで十分だと言いました。
あの時代にそんなことを言う人を他に見たことがないので、罰があたるよ!と良く言っていました。
将来の夢を語るとき、Aちゃんは通訳、私はスチュワーデス(客室乗務員)、私はAちゃんは頭が悪いからムリムリ、Aちゃんは貴方は漢字さえ読めないからムリムリなどとブラックジョークも笑いながら言い合える仲になっていました。
Aちゃんは春休みは帰省せず、夏休みは5日程度帰省、冬休みはお正月も帰らない年があり留学も何故か禁止されていました。
そうかと思えば2週間も姿を現さないこともたまにあり池田や組織の話を嫌うので本当の私生活や悩みは見えませんでした。
お互い二十才になり繁華街でお酒飲もう、デイスコ行こう、ソバージュの頭にしたい純粋なlAちゃんの夢は終わりなく続きます。
卒業シーズンを迎えAちゃんのイライラは凄まじいばかりでした。
自分の意志とは無関係に学会本部就職が運命だったのですから。都心の高級マンションに入れる家具類を買うため付き合ったのですが白で統一するとのことで金額も見ないで高級な家具を予約していました。
ドレッサー、ソファー、ベッドなど100万単位でした。
一つも嬉しそうではありません。
スーパーの買い物みたいです。

信じるも信じないも貴方次第その2

●長くなったので、今回も2回にわけました。
ボクも創価のこと調べてきたのでたいていの事では驚かなくなりました(笑)

●ここから→社会人になった私の生活はキラキラしていましたが、なにかとAちゃんはいつも夜中に公衆電話から電話してきて実家へ帰りたいを繰り返します。
「誰もが入りたい本部に就職できてわがままもいい加減にしなさいよ!」ケンカも電話でしました。
それでもしばらくすると深夜に電話がきます。
ある日気になって会いにゆくと面影もなくやつれ昔の可愛かったAちゃんの姿はありません。
脱走も試みたそうですが見つけ出され。。。。
職場にもほとんど行っていないとのこと。
それからは時々会社帰りに待ち合わせAちゃんが壊れていくと確信した私は実家へ帰る手伝いをしました。
でも遅かった。
毎日、毎晩の電話攻撃で何時間でも私を罵るのです。
すでにおかしくなっています。
何とか関西の実家と連絡をとりAちゃんを引っ張り出し新幹線に乗り関西のとある駅まで送りました。車中、「怖いめにあったの?」
とたずねました。
Aちゃんは無表情、、、。
もしかして、、、せ、、んせいと?と聞くなりいきなり、ぎゃ——!とわめき暴れ始めました。
知らない乗客の人に車掌を呼んでもらい新幹線内で隔離してもらったのです。

とある駅で迎えに来ていたAちゃんのお母さんは娘のあまりの変わりように声もなく倒れそうでした。
今でいえば堀北まきに良く似た知的で素敵だった子がガリガリに痩せ細りボンヤリ母親を見てなんの感情もなく立っているだけ。
2度と本部に戻ることも私と会うこともなく今頃どこかの施設で暮らしているのか。
もう、この世にいないのか知るすべはありません。
その頃一度電話がお母様からあり、あの子は治りません、家から手放した親の責任です。思い出すと私どもも辛いのでこれっきりのご縁とさせて頂きますと言って電話は切れました。

長い休みの帰省も留学もあいつが禁止していたそうです。
外国にもつれ回し大学時代はなにもなかったようですが社会人になった頃からあいつは無理やり関係を持ち始めたのです。
マンションも高級な家具もあたえて、それを喜ぶ女子部もいるそうですが彼女のように壊れてしまった女子部も数えきれぬほどいるでしょう。
Aちゃんの青春の思い出がバーベキュウやぶどう狩り、遊園地だけだったなんて。。。やりきれません。

これもAちやんの宿業。前世は偉人相手の遊郭の女。高級娼婦。当時は本気に大真面目にそう解釈していました。
今ほど悲しいと思う感情もありません。すべて信心で納得させていました。
可哀想とは思っていましたが、なぜ、職場の身近な人間はAちゃんの異変に気がついてあげなかったのか?考えても考えてもわかりません。

師匠を信じている3人組さん、この性欲異常体質な男をまだお慕いしているのですか?
師匠が正しいならとっくに立派な四代目の後継者がいるはずですよ。
人間革命はあくまでもフイクションであり世の中はそんなものじゃありません。
1日も早く現実の世界で生きてくださいますよう願っております。

信じるも信じないのも貴方次第その2

●長くなったので、今回も2回にわけました。
ボクも創価のこと調べてきたのでたいていの事では驚かなくなりました(笑)

●ここから→社会人になった私の生活はキラキラしていましたが、なにかとAちゃんはいつも夜中に公衆電話から電話してきて実家へ帰りたいを繰り返します。
「誰もが入りたい本部に就職できてわがままもいい加減にしなさいよ!」ケンカも電話でしました。
それでもしばらくすると深夜に電話がきます。
ある日気になって会いにゆくと面影もなくやつれ昔の可愛かったAちゃんの姿はありません。
脱走も試みたそうですが見つけ出され。。。。
職場にもほとんど行っていないとのこと。
それからは時々会社帰りに待ち合わせAちゃんが壊れていくと確信した私は実家へ帰る手伝いをしました。
でも遅かった。
毎日、毎晩の電話攻撃で何時間でも私を罵るのです。
すでにおかしくなっています。
何とか関西の実家と連絡をとりAちゃんを引っ張り出し新幹線に乗り関西のとある駅まで送りました。車中、「怖いめにあったの?」
とたずねました。
Aちゃんは無表情、、、。
もしかして、、、せ、、んせいと?と聞くなりいきなり、ぎゃ——!とわめき暴れ始めました。
知らない乗客の人に車掌を呼んでもらい新幹線内で隔離してもらったのです。

とある駅で迎えに来ていたAちゃんのお母さんは娘のあまりの変わりように声もなく倒れそうでした。
今でいえば堀北まきに良く似た知的で素敵だった子がガリガリに痩せ細りボンヤリ母親を見てなんの感情もなく立っているだけ。
2度と本部に戻ることも私と会うこともなく今頃どこかの施設で暮らしているのか。
もう、この世にいないのか知るすべはありません。
その頃一度電話がお母様からあり、あの子は治りません、家から手放した親の責任です。思い出すと私どもも辛いのでこれっきりのご縁とさせて頂きますと言って電話は切れました。

長い休みの帰省も留学もあいつが禁止していたそうです。
外国にもつれ回し大学時代はなにもなかったようですが社会人になった頃からあいつは無理やり関係を持ち始めたのです。
マンションも高級な家具もあたえて、それを喜ぶ女子部もいるそうですが彼女のように壊れてしまった女子部も数えきれぬほどいるでしょう。
Aちゃんの青春の思い出がバーベキュウやぶどう狩り、遊園地だけだったなんて。。。やりきれません。

これもAちやんの宿業。前世は偉人相手の遊郭の女。高級娼婦。当時は本気に大真面目にそう解釈していました。
今ほど悲しいと思う感情もありません。すべて信心で納得させていました。
可哀想とは思っていましたが、なぜ、職場の身近な人間はAちゃんの異変に気がついてあげなかったのか?考えても考えてもわかりません。

師匠を信じている3人組さん、この性欲異常体質な男をまだお慕いしているのですか?
師匠が正しいならとっくに立派な四代目の後継者がいるはずですよ。
人間革命はあくまでもフイクションであり世の中はそんなものじゃありません。
1日も早く現実の世界で生きてくださいますよう願っております。

信じるも信じないのも貴方次第その2

●長くなったので、今回も2回にわけました。
ボクも創価のこと調べてきたのでたいていの事では驚かなくなりました(笑)

●ここから→社会人になった私の生活はキラキラしていましたが、なにかとAちゃんはいつも夜中に公衆電話から電話してきて実家へ帰りたいを繰り返します。
「誰もが入りたい本部に就職できてわがままもいい加減にしなさいよ!」ケンカも電話でしました。
それでもしばらくすると深夜に電話がきます。
ある日気になって会いにゆくと面影もなくやつれ昔の可愛かったAちゃんの姿はありません。
脱走も試みたそうですが見つけ出され。。。。
職場にもほとんど行っていないとのこと。
それからは時々会社帰りに待ち合わせAちゃんが壊れていくと確信した私は実家へ帰る手伝いをしました。
でも遅かった。
毎日、毎晩の電話攻撃で何時間でも私を罵るのです。
すでにおかしくなっています。
何とか関西の実家と連絡をとりAちゃんを引っ張り出し新幹線に乗り関西のとある駅まで送りました。車中、「怖いめにあったの?」
とたずねました。
Aちゃんは無表情、、、。
もしかして、、、せ、、んせいと?と聞くなりいきなり、ぎゃ——!とわめき暴れ始めました。
知らない乗客の人に車掌を呼んでもらい新幹線内で隔離してもらったのです。

とある駅で迎えに来ていたAちゃんのお母さんは娘のあまりの変わりように声もなく倒れそうでした。
今でいえば堀北まきに良く似た知的で素敵だった子がガリガリに痩せ細りボンヤリ母親を見てなんの感情もなく立っているだけ。
2度と本部に戻ることも私と会うこともなく今頃どこかの施設で暮らしているのか。
もう、この世にいないのか知るすべはありません。
その頃一度電話がお母様からあり、あの子は治りません、家から手放した親の責任です。思い出すと私どもも辛いのでこれっきりのご縁とさせて頂きますと言って電話は切れました。

長い休みの帰省も留学もあいつが禁止していたそうです。
外国にもつれ回し大学時代はなにもなかったようですが社会人になった頃からあいつは無理やり関係を持ち始めたのです。
マンションも高級な家具もあたえて、それを喜ぶ女子部もいるそうですが彼女のように壊れてしまった女子部も数えきれぬほどいるでしょう。
Aちゃんの青春の思い出がバーベキュウやぶどう狩り、遊園地だけだったなんて。。。やりきれません。

これもAちやんの宿業。当時は本気に大真面目にそう解釈していました。
今ほど悲しいと思う感情もありません。すべて信心で納得させていました。
可哀想とは思っていましたが、なぜ、職場の身近な人間はAちゃんの異変に気がついてあげなかったのか?考えても考えてもわかりません。

師匠を信じている3人組さん、このような男をまだお慕いしているのですか?
師匠が正しいならとっくに立派な四代目の後継者がいるはずですよ。
人間革命はあくまでもフイクションであり世の中はそんなものじゃありません。
1日も早く現実の世界で生きてくださいますよう願っております。

そんな事もあるだろうさ…(--;)
しかし学会員はこのての話は全部嘘だと思ってるよ。
だからってたぶん創価辞めようとか思わない。
学会員はちゃんと自分で行動して自分の目で調べて判断しなきゃいけない。
教学でもいいし創価の内部事情でもいい、幹部に相談するんじゃなくて自分で調べろ!いいか悪いか自分で判断しろ!
そして大いに悩み苦しめ!
道はその先にある!

と、僕は思う♪


指導なんて百害あって一利なし

おはようございます。

元創価班さんの仰るとおりです。
印刷してぬらりひょん山口のポスターの隣に貼って回りたいくらいです。
「幹部に指導は受けたの?」
「まずきちんと幹部に指導を受けましょう」
って幹部がなんぼのもんだとお思い?
まずその頭の中に咲いている花をどうにかしないといけません。
幹部幹部と有り難がったところで世間知らずの普通のおじさん・おばさんですよ?というか普通以下だっちゅーの。
「では頑張ってね。さようなら。」と言ったとたんに尾びれ背びれをつけて言いふらすような奴ばっかりだっちゅーの!
幹部同士の会話を録音でもしとけばよかったです。
私の周りだけ?
いえいえ。婦人部幹部は上にいくほど噂話と自慢話ばかりのゲス揃い。
ゲスだから役職が上がるようです。
嘘だと思う方は役職とか周りの太鼓持ちのヨイショをとっぱらって人物そのものをじっくりと観察してご覧になればいいです。
末端の部員さんのほうがずっとマトモなんですから自分の頭でしっかり考えたほうが余程良い解決策が見つかります。

名誉な会長さん。

今のソウカの
センセに対する意識って、
凄いですよね!
毎朝、毎晩、
ソウカの三代会長に南無してね。

大聖人様は、放ったらかしです。
日蓮大聖人様は
民衆に法華経を説いたお坊さん程度。

そんな感じでしょか。

私は個人的な感情かつ、
信心とは関係有りませんが、
そんなソウカの二代会長は
は好きでした。
世法にも仏法にも
精通された方だと思います。
悪い評判は見聞きしますが、

夏場の講義会場で
扇風機を自分に向けて、
会員に早く私の様な境涯に
至りなさいと。言われる。

会員の皆様に幹部は尽くせと
言われた三代会長とは
魔逆の指導だと思いますね。
名誉職ではない!
責任職です。云々。

自分の長男に同じジョウセイと
名付けました私。

漢字は違いますがm(_ _)m
駄文失礼致しました。

牡丹さん

こんばんは。

> 「幹部に指導は受けたの?」
> 「まずきちんと幹部に指導を受けましょう」
> って幹部がなんぼのもんだとお思い?
> まずその頭の中に咲いている花をどうにかしないといけません。
> 幹部幹部と有り難がったところで世間知らずの普通のおじさん・おばさんですよ?というか普通以下だっちゅーの。

まったくもってその通り(笑)
男子部も然り。
とにかく普通以下。
全てが軽い。
信心も人生も。
指導なんて呼べるような話なんてできません。
そんな方がたの「指導」を聞くのは
信心じぁないですね。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR