ある男子部のお話

創価が宗門から破門される前の事。
とある20代の男子部が壮年部の幹部に
「折伏とはどうすればできるか?」と質問した。
その質問を受けた壮年部の幹部は
「自分自身を南無妙法蓮華経である。と決めきることだ」と答えた。
それが折伏であり、それ以上でもそれ以下でもない。と。
するとその男子部は
「それなら簡単です」と即座に答えた。
この会話を聞いてみなさんはどう思います?
俺は、この男子部は
よほどの無知(無恥)か
かなり傲慢なヤツかと思った。
いや、無知ゆえの傲慢。傲慢ゆえの無恥。とでもいうべきか。
そもそもこの男子部の信心歴は10年もなく
信心も人生もその体験は極めて少ない。
「自分自身を南無妙法蓮華経と決めきる」
壮年部幹部のこの言葉の重みが本当に分かっていたのだろうか?
「自分自身を南無妙法蓮華経と決めきる」事。
これは折伏のみならず信心そのものの極意であり目的と言ってもいい。
生涯この信心を貫いたとしても果たしてその境涯になれるかわからない。
おれも未だに「自分自身を南無妙法蓮華経である」と
心の底から思えて言えるかと聞かれれば全く自信がない。
もしそう言えるとしたら
自分自身が生涯、大御本尊を信じぬき祈り抜いた時だろう。
生きているうちは無理だと思う。
それを、ハタチそこそこの
信心も人生も未熟な男子部員が
「簡単です」というのだから恐れ入る。
こんなことを平気で言えるのは
よほどのバカか傲慢チキかゴマすりか
いづれにしても、ロクな人間ではないな。と感じた。
もし俺が幹部でこんな男子部員がいたら
その傲慢さを注意するとともに
コイツには信心を続けていいくの無理かも?って思う。
まぁ、その時の壮年部の幹部は
その男子部の答えは聞かなかったことにしたのか
話を続けていたが・・・

果たしてこの時の男子部員のその後はどうなったか?
「自分自身を南無妙法蓮華経と決め切った」ようで
いつのまには「自分自身がご本仏」と思い込んでしまった。
結果、大御本尊を捨てた。
それだけでなく、多くの会員にも大御本尊を捨てさせて
自分を広宣流布の指導者と言わせ
「先生」などと会員に呼ばれ我が世の春を謳歌していたが
どうやら、いまではボケ老人と化してというもっぱらの噂である。
そう、あの無知で傲慢な若者こそ
若き日の大作センセであり
その大作センセの質問に答えていた壮年部の幹部は
在りし日の戸田先生である。
戸田先生は自分の信心の究極である
「自身を南無妙法蓮華経であるときめきる」という指導に
「それなら簡単です」と答えた大作センセをどう思っていたのだろうか?
自分の究竟の悟りとも言える指導を
聞いただけ簡単に分かった。という若者を
「なんと頼もしい男だろう」と思ったのか
「なにもわかってないクソガキが簡単に分かったと言ってんじゃね~よ」と思ったのか
それは戸田先生のみぞ知るところだが
どちらにしても大作センセには戸
田先生の指導が理解できていなかった。
それだけは事実だと思う。

この話を聞いて
「さすがは池田センセは俺たちとは境涯が違う」
と思ったそこの創価カツドウカさん
ご愁傷様です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

折伏

相手の事を大聖人様(大御本尊様)に、
南無し、

ソウカ指導を引用するならば、
お互いに成長する事を願う。

信心をしようが、しまいが、
御本尊様に祈り切るしかないと存じます。私が仏だとか、ソウカこそが学会仏だぁ!と思える方には賛同しません。

本日のソウカ日報に記載の新人間革命を
見てると、
時の猊下が、ご相承される事が
書かれる様です。

ソウカとして、総括される模様です。

日達猊下も、イケダセンセも、
悪くなく、
時の若手僧侶が悪だったとの事ですが、

真意は不明。なにせ、小説なので。

創価学会の発展と世界で活躍するメンバー

エロ坊主の巣窟


どっちが正しいかな?

依法不依人

日蓮正宗に戻ってもうじき1年半になりますが、学べば学ぶほど「諸仏知恵難解難入」というお経文の意味をひしひしと噛み締めています。
僕は到底池田センセイのようにはなれません(なりたくもありません)が、結局、センセイは依法不依人が理解できていなかったし、はなから理解する気もなかったようにしか思えません。
そんなセンセイに導かれた結果が今の創価なんですね。
そうか、そうか、っという感じです。

退転壮年部おじさんさん
池田センセイが悪くなかったはずはありませんが、若手僧侶云々は正信会のことじゃないんですかね?
「恩師の23回忌に思う」というセンセイの挨拶のテキストがネットで拾えますが、これを読まれたら、この当時池田センセイがどれだけ反省(したフリ?)をしていたかがよく分かりますよ。

しゅうじさん
素晴らしいコメントありがとうございます。
あなたのような根性の人と出会うたびに、御戒壇様の元に戻れたことを心から幸せに思います。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 信心をしようが、しまいが、
> 御本尊様に祈り切るしかないと存じます。私が仏だとか、ソウカこそが学会仏だぁ!と思える方には賛同しません。

私もです。

> 本日のソウカ日報に記載の新人間革命を
> 見てると、
> 時の猊下が、ご相承される事が
> 書かれる様です。
> ソウカとして、総括される模様です。

そうですか。
門外漢の創価が宗門の相承をどうやって総括すのですかね。
唯受一人相承がどのようにされているのかすら知らない創価が
何を書くのでしょう。
コメディ小説ですか?(笑)

しゅうじさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

> 創価学会の発展と世界で活躍するメンバー
> エロ坊主の巣窟
> どっちが正しいかな?

ははは(笑)
お好きにしてください。
こんな投稿していると
学会員さんはバ〇だと思われますよ。
そうでなくてもここにコメントをくれた学会員さんは全員こんな感じですし。
同一人物なのか?と思っちゃうくらいです(笑)
しゅうじさんは、少年部の子ですか?(笑)
次回コメントをいただく際には
もう少し「オトナ」らしい文章と内容でお願いします。

関西の元学会3世さん

こんにちは。

> 日蓮正宗に戻ってもうじき1年半になりますが、学べば学ぶほど「諸仏知恵難解難入」というお経文の意味をひしひしと噛み締めています。

もうそんなに経ったんですね。早いですね。
諸仏の智慧は正しい信心の中にしかありませんね。

> 僕は到底池田センセイのようにはなれません(なりたくもありません)が、結局、センセイは依法不依人が理解できていなかったし、はなから理解する気もなかったようにしか思えません。
> そんなセンセイに導かれた結果が今の創価なんですね。
> そうか、そうか、っという感じです。

そうですね。
池田センセには信心がなかったですね。
致命傷です。

お世話になっております。

本記事も興味深く読みました。

仏教に無知なので教えていただきたいのですが、
相承とは、仏教の歴史の中では一般的なものなのでしょうか?

それは、具体的に何が継承されるのでしょうか。

何卒よろしくお願いいたします。

横から失礼いたします。

しゅうじ様、貴殿は失礼な方ですね。
少しは礼儀、礼節をわきまえなさい。
宗教詐欺団体の関係者の方と推察いたしますが、仏法即世法の道理も解らずに、人様のコメント欄を汚すのはお辞めなさい。

貴殿のコメントは間違いなく堕地獄へ近づく因となります。

貴殿が「御書根本」と考えるならば、背筋を伸ばして以下の御文を拝することをお勧めします。
少しは御書を恐れなさい。

「一代の肝心は法華経・法華経の修行の肝心は不軽品にて候なり、不軽菩薩の人を敬いしは・いかなる事ぞ教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ、穴賢・穴賢、賢きを人と云いはかなきを畜といふ。」

「賢い振る舞い」を思慮されることから始めてみてはいかがですか?
大御本尊様に近づくことが罪障消滅の第一歩ですよ。

管理人さん、こんばんは。
私は信仰歴が浅くてよくわからないのですが、「自分自身を南無妙法蓮華経であると決めること」とはどういうことですか?
成仏するということでしょうか?

この前活動家の人とお話しする機会がありました。
池田先生のことがよくわかってくると、信心を深められるみたいなことを言われて、内心嫌な気持ちになりました。
先生のことよくわかりませんと正直に申し上げると、先生が身近に感じられるように祈ろうと言われました。
やっぱり活動家の思考はよくわかりません。

こんばんは
林檎さん、それめちゃくちゃ気持ち悪いですね…((((;゜Д゜)))
先生を崇拝してどうすんだよ~げ~
なんも御利益ねーよ(笑)

あ~そういえば僕も文化祭の練習してるとき夢のなかに池田先生出てきた事あるな~
今思えば気持ち悪りいな~(笑)

そうじょう、どんなもんなのか知りませんがなんかこう極道の盃みたいなもんとちゃいますか?親子の盃とか義兄弟の盃とかあるでしょ♪
あれを科学的に説明しろって言われても無理みたいな(笑)
でも義としては確実にあるんですよ、ほんとの親子じゃないけど親子なんです。
極道のみなさんはそれをちゃんと命がけでまもるわけです。
これは僕の想像ですよ♪






なるほど。

多分、
今までに稚拙なコメントされた方々は
同一人物と思えて、仕方が無いです。

もしくは、
御書根本のソウカの方々は
自己相違なので、

大聖人様の命を刻む事が出来ない
哀れな団体の方々なのかと?
センセや学会指導が根本。

彼ら彼女らは、
管理人様や
善知識のコメンテーターの方は、
取るに足らぬ、お客様だとは思いますね。

話は変わりますが
折角、本日の新人間革命を拝見しようと、
楽しみに帰宅しました。

なるほど、日顕上人を悪しく
罵る事も無く、

我らは歴史の創造者である事を忘れず、
との事でした。

総括されませんでした。
残念。

活動していた頃の思い出ですが、
大きな会合とかになると、センセーからと称されたメッセージや参加者へのお菓子や激励品などがありましたが、会合後に、センセーへの御礼報告を書かなきゃいけない。それが嫌で仕方なかったです(笑)
絶対に書かなくてはいけない役職になっていた時は、いかに早く書いて帰るかしか考えてませんでした(笑)
B5サイズの報告用紙に、センセーへの感謝と決意を書く。そして本部の第一庶務へファックスする。本部の職員が用意した激励品と代作されたメッセージに返事を書く馬鹿げた労力ですからね。
嫌々ながらも良く頑張ってやっていたと自分を褒めてあげたいです(笑)
あんなくだらない事を誰が言い出して始めたんでしょうか。
机をバンバン叩いて、私を守れ!とヒトラーみたいに手をあげさせる師匠ですかね?

魂の独立?

駄文連文失礼致します。

善知識の関西の元創価三世様に
ご教授を頂き
興味深く二枚舌の指導者の発言を
拝見致しました。
有難うございます。

以下、引用。
昭和26年末「本山を守護し、諸難を会長の一身にうける覚悟にほかならないこと、
二つには将来の折伏活動の便宜のうえから、宗教法人でなければならない」との二つの理由から、総本山に創価学会を宗教法人にすること願い出たのでありました。

今の総本山は謗法の山?

是非、池田大作先生や

創価が過去に何を述べてきたのか?

歴史を学ぶことをお勧め致します。

日蓮、その可能性の中心さん

こんにちは。

> 仏教に無知なので教えていただきたいのですが、
> 相承とは、仏教の歴史の中では一般的なものなのでしょうか?

一般的だと思います。

> それは、具体的に何が継承されるのでしょうか。

「法体」なんですが
具体的に何かは私は相承を受けてないのでわかりません。

林檎さん

こんにちは。

> 私は信仰歴が浅くてよくわからないのですが、「自分自身を南無妙法蓮華経であると決めること」とはどういうことですか?
> 成仏するということでしょうか?

色々なとらえ方があると思いますが「一生成仏」という事でいいと思います。

◆夫れ無始の生死を留めて此の度決定して無上菩提を証せんと思はばすべからく衆生本有の妙理を観ずべし、衆生本有の妙理とは妙法蓮華経是なり故に妙法蓮華経と唱へたてまつれば衆生本有の妙理を観ずるにてあるなり(一生成仏抄)

具体的は、自身の中の仏性を信じ切る。ということだと思います。
そしてそのためにはご本仏=大御本尊を信じぬく。
それが「自信を南無妙法蓮華経の当体であると決める」ということだと思います。
これを「簡単な事」と言えてしまうのは、信心を知らない(あるいは信心がない)人だと感じます。

> この前活動家の人とお話しする機会がありました。
> 池田先生のことがよくわかってくると、信心を深められるみたいなことを言われて、内心嫌な気持ちになりました。

気持ち悪いですね。
大作センセが分かると信心が深まる。なんて一体なんの根拠でそういうのでしょうか?
単なる個人的見解を信心の指導風にいうのはよろしくありませんね。
その方の信心が林檎さんから見て非常に素晴らしく尊敬に値するのならば
上記のような話をしてもいいでしょうが、そうでなければ単なる与太話ですね。

> 先生のことよくわかりませんと正直に申し上げると、先生が身近に感じられるように祈ろうと言われました。

ご本仏に「大作先生を身近に感じられますように」って祈るんですか?(笑)
なんの為に?(笑)
その祈りをご本仏は叶えてあげる意味はないですよね。
自分(大聖人)を信受しない。と言っている団体の指導者を身近に感じられるように祈られても
ご本仏もいい迷惑ですよ(笑)

> やっぱり活動家の思考はよくわかりません。

理解しようとしても無駄です(笑)
私も活動家幹部でしたが
「池田先生を身近に云々」なんて言ったことありません。
聞いたことはありますが、
活動家時代であってもちょっとキモかったですよ。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 多分、
> 今までに稚拙なコメントされた方々は
> 同一人物と思えて、仕方が無いです。

そうなんですよね。
創価のカツドウカさんらしき方々のコメントは
ステレオタイプそのものです。
文証はない。理証もない。
書き逃げ、言い逃げのオンパレードです。

> 大聖人様の命を刻む事が出来ない
> 哀れな団体の方々なのかと?
> センセや学会指導が根本。

そのセンセの指導すら書いてきませんよ(笑)
センセの指導が破折されちゃうのを恐れているのですかね(笑)

> なるほど、日顕上人を悪しく
> 罵る事も無く、
> 我らは歴史の創造者である事を忘れず、
> との事でした。
> 総括されませんでした。
> 残念。

そうでしたか。
まぁ総括なんて無理ですよね。

現役男子部さん

こんにちは。

> 活動していた頃の思い出ですが、
> 大きな会合とかになると、センセーからと称されたメッセージや参加者へのお菓子や激励品などがありましたが、会合後に、センセーへの御礼報告を書かなきゃいけない。それが嫌で仕方なかったです(笑)
> 絶対に書かなくてはいけない役職になっていた時は、いかに早く書いて帰るかしか考えてませんでした(笑)
> B5サイズの報告用紙に、センセーへの感謝と決意を書く。そして本部の第一庶務へファックスする。本部の職員が用意した激励品と代作されたメッセージに返事を書く馬鹿げた労力ですからね。
> 嫌々ながらも良く頑張ってやっていたと自分を褒めてあげたいです(笑)
> あんなくだらない事を誰が言い出して始めたんでしょうか。
> 机をバンバン叩いて、私を守れ!とヒトラーみたいに手をあげさせる師匠ですかね?

はい。はい。
ありましたね。そんな風習(笑)
誰が考えたんですかね。
向こうも決められた定型文のなかから適当に選んでメッセージにしてるのだから
こっちもいくつか定型文を作っておいて
その中から適当に選んで送ればラクですよね。

日蓮大聖人様の仏法。

毎度駄文失礼致します。

ある意味、
大聖人様の御心を拝せない
末法の衆生です。
人は目の前の出来事に
一喜一憂します。

ある意味、今世の成仏は
難解難入な日蓮大聖人様の
大仏法に如何に理解する為の
修行だと存じます。

私みたいな、
八風におかされる輩には
難しいと思うと共に、
ソウカよりマシ!
と、思うのも信実です。
毎回、駄文失礼致しますm(_ _)m

随分生意気な男子部だと思ったら

こんばんは。

うーん。すんごく感じ悪い奴。
やっぱり彼だったのね。

確かに彼のスピーチなんか無知と傲慢が漲ってましたものね。
ほんとにどうでもいい話でした。
たまに「へえー」という内容の時は、誰が書いたか知りませんけどカンペ読んでましたし。しまいにはふんぞり返って副会長とかに読ませてましたね。意味わからない。
恫喝したかと思えば猫なで声になったり急にえへっとか笑ったり。あれはなんのつもりだったのでしょうかね。ただ頭がちょっとおかしいだけでしょうか。
無知で傲慢なうえに、病的な自己愛と自己肯定と自己顕示欲。そして強欲。そして頭もおかしい。
怪しい新興宗教の教祖さま達や極悪非道の独裁者も皆このタイプですね。
そういう同類の方々とだったら、いくらでも生々しく興味深いお話が弾んだでしょうに。代理の人を使った往復書簡での偽対談本より売れたかもよ?

ご本人は楽しくて楽しくて笑いが止まらない所願満足の後一生だったでしょうが、よくもまあ大勢の人を巻き添えにしたものです。
とんでもないジジイだと言わせていただきます。

ありがとうございます。

相承が一般的とのことですが、
類似例は、なんでしょうか?
また、日蓮以前の仏法の経典に、それについて書かれたものはあるのでしょうか?

また、法体とはなんでしょうか。
それを継承する前とした後で何が変わるのでしょうか。

また相承とは、どのような手続きを経て、行われるのでしょうか?


何卒宜しくお願いします。

牡丹さん

こんにちは。

> うーん。すんごく感じ悪い奴。
> やっぱり彼だったのね。

はい。二十歳そこそこで、この生意気さです。
「クソガキ」としか呼びようのないこの生意気なガキが
学会員ならみんな知っているあの爺さんです(笑)

> ご本人は楽しくて楽しくて笑いが止まらない所願満足の後一生だったでしょうが、よくもまあ大勢の人を巻き添えにしたものです。
> とんでもないジジイだと言わせていただきます。

まったくどんでもジジイです。

日蓮、その可能性の中心さん

こんいちは。

> 相承が一般的とのことですが、
> 類似例は、なんでしょうか?

釈尊は迦葉に、天台は章安に、伝教は義真に一人相承しています。

> また、法体とはなんでしょうか。

釈迦仏法と大聖人仏法では「理事」の違いがあります。

> それを継承する前とした後で何が変わるのでしょうか。

私は相承を受けてないのでわかりません。

> また相承とは、どのような手続きを経て、行われるのでしょうか?

面授口決が基本ですが、それ以外は私は相承を受けてないのでしりません。

さて、日蓮、その可能性の中心さんは何故に相承に関する質問をされているのでしょうか?
貴方の立ち位置(信仰者か無宗教か・創価か非創価か)が分かりませんので
貴方が相承について私に質問する意図がよくわかりません。
貴方は「仏法」を信仰したいのですか?
それとも「相承」を否定したいのでしょうか?
「仏法」を信仰したのであれば「相承」の事よりも学ぶべき事はたくさんあります。
「相承」を否定したいのなら回りくどい質問などせずにご自身の持論を話してください。
コメントへのご質問にはできる限りお答えするつもりですが
「目的のない」ご質問に延々とはお付き合いできません。
貴方は「何のために」「相承」について質問されているのでしょうか?
私のいままでの感想では「仏法を学んだことがない」と言っている方で「仏法に興味がある」人は
「相承」にここまで興味を持たれる方はいません。
仏の教えの内容よりも「相承」の仕方などに先に知りたがるのは
何らかの意図があるのではないでしょうか?
それをお聞かせ願えれば幸いです

お怒りを買ってしまったようで、申し訳ございません。

私はカトリックの家に生まれましたが、どうしてもそれを信じれなかった23歳男です。
最近、母が末期のすい臓がんになって入院し、「あなたに信仰をしてほしい」と言われ、親孝行のためにキリスト教にむきあおうと思いました。
しかしどうしても、イエスが神の子であり、教皇が神聖性を受け継いでいるというのが受け入れられませんでした。

色々本を読んでいたら、内村鑑三の本を経由して、日蓮について学びました。
日蓮も日蓮正宗の人々に本仏と信じられており、歴代法主は相承に基づいて本尊を書写しているとのこと。
ここに、カトリックとの類似を感じました。

私は、尊敬できるカトリック信仰者に出会えませんでしたが、
日蓮を信じている人と触れ合えば、何かわかるかもしれないと思いました。
そこで、Google検索によってたどり着いたのがこのサイトです。
管理人さまの文章は、創価学会批判はよくわかりませんが、日蓮と日蓮正宗の歴代法主への信仰は烈々たるものだとは感じられました。

そこで、私が気になった相承について、質問させていただいた次第です。

管理人さまを不快にさせてしまったのならば、申し訳ございません。

その場合大変残念ですが、このブログへの投稿は、自粛させていただきます。
ただ私としては、なぜ日蓮が本仏なのか、なぜ相承を信じるのか、管理人さまの率直な意見を聞きたいと思っていました。
できれば、創価学会批判よりも(私は彼らがあまりに無知で頑固なので辛いです)、管理人さまが信仰に至る体験を聞きたいと思っています、


ただ、もし私の投稿が管理人さまにとって迷惑でしかないのだとしたら、コメント禁止にしてください。

ありがとうございます。

日蓮、その可能性の中心さん

こんにちは。

> お怒りを買ってしまったようで、申し訳ございません。

いや、怒ってませんよ。全然。
貴方が何故仏法の相承のことなどを知りたいのか?を知りたかっただけですから気にしないでください。

> 私はカトリックの家に生まれましたが、どうしてもそれを信じれなかった23歳男です。
> 最近、母が末期のすい臓がんになって入院し、「あなたに信仰をしてほしい」と言われ、親孝行のためにキリスト教にむきあおうと思いました。
> しかしどうしても、イエスが神の子であり、教皇が神聖性を受け継いでいるというのが受け入れられませんでした。

事情はわかりました。
お母様がそのような状況であるのなら、お母様のためにもカトリックの信仰をしてさし上げた方が良いと思います。
受け入れられなくても「形」だけでも良いと思います。
それで少しでもお母様が安心し喜ばれるであれば今はそうしてあげることをおススメします。
どうしてもカトリックを受け入れられずかつ日蓮大聖人の仏法を信じてみたいのならば
お近くの日蓮正宗の寺院を訪ねご受戒を受けてください。
私的にはそれが一番だと思っていますがそんなことをしたらお母様が嘆かれることでしょう。
ですので、一旦はお母様のご要望を叶えてあげた方がいいと思います。

> 私は、尊敬できるカトリック信仰者に出会えませんでしたが、
> 日蓮を信じている人と触れ合えば、何かわかるかもしれないと思いました。
> そこで、Google検索によってたどり着いたのがこのサイトです。
> 管理人さまの文章は、創価学会批判はよくわかりませんが、日蓮と日蓮正宗の歴代法主への信仰は烈々たるものだとは感じられました。

正確には「歴代法主への信仰」ではありません。
あくまでもご本仏への信仰です。

> 管理人さまを不快にさせてしまったのならば、申し訳ございません。
> その場合大変残念ですが、このブログへの投稿は、自粛させていただきます。

不快にはなっていませんし、コメントはお好きな時にご自由にしてくださって結構です。

> ただ私としては、なぜ日蓮が本仏なのか、なぜ相承を信じるのか、管理人さまの率直な意見を聞きたいと思っていました。
> できれば、創価学会批判よりも(私は彼らがあまりに無知で頑固なので辛いです)、管理人さまが信仰に至る体験を聞きたいと思っています、

わわりました。
少し長くなるの近く記事に書きますのでよければお読みください。

> ただ、もし私の投稿が管理人さまにとって迷惑でしかないのだとしたら、コメント禁止にしてください。

迷惑なんかではありませんし、コメントを禁止するつもりもありません。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR