聖僧について

日興遺誡置文の

◆先師の如く予が化儀も聖僧為る可し、但し時の貫首或は習学の仁に於ては設い一旦の妖犯有りと雖も衆徒に 差置く可き事

この御文に聖僧について書いてみる。
以前この御文については【或いは】という読み方は
貫首または習学の仁と読むのではなく
貫首は「もしも習学の仁が」と読むのだという内容の記事を書いたが
今回は「聖僧」の定義とは何か?について書いてみる。
この「聖僧」を「妻帯をしない」という定義にして
法主を始めとする僧侶は聖僧ではない。とか
妻帯・肉食を許されてから僧侶が堕落した。
などと創価のカツドウカは正宗僧侶を批判するが
俺はその批判は全く的を射ていないと思っている。
その理由はいたってシンプルで
大聖人が「妻帯・肉食しない僧侶」を「聖僧」であると
言われている文証がひとつもないからだ。
また大聖人が「妻帯・肉食」を禁じた文証もない。
また「妻帯・肉食」を禁じること自体が大聖人仏法の教えから外れている。
そもそも、いわゆるこのような戒律は末法には全く意味をなさない。
末法の今は、だた大御本尊を信受することのみが唯一無二の戒律であり
「妻帯・肉食をしない」ことが聖僧の定義であるわけがない。
大聖人ご自身や日興上人は「妻帯」されてはいないが
それが「聖僧」の証ではない。
そもそもご謙遜ではあるが大聖人がご自身を
「私は妻帯も肉食もしない持戒の聖僧である」などと御書のどこにも書いてない。
四恩抄で大聖人は

◆世末になりて候へば妻子を帯して候比丘も人の帰依をうけ魚鳥を服する僧もさてこそ候か、日蓮はさせる妻子をも帯せず魚鳥をも服せず

と言われているがそれをもって聖僧であるとは言われていない。
むしろ同じ四恩抄でご自身を

◆日蓮は身に戒行なく心に三毒を離れざれども

と謙遜されてはいるがこういっている。
つまりは「妻帯・肉食しない」とことが「聖僧」という意味ではないということだ。
それを僧侶の「妻帯」=「堕落」
「妻帯」=「邪淫」のように捉えるのは大聖人仏法の本義ではない。
再び四恩抄を引けば

◆故に大集経に云く五箇の五百歳の後に無智無戒なる沙門を失ありと云つて是を悩すは此の人仏法の大燈明を滅せんと思えと説かれたり

と大聖人は言われている。
よくよくこの御文を咀嚼してほしい。

そもそもこの遺誡置文の御文の「聖僧」の部分を「妻帯」などと解釈するのは
日亨上人の「富士日興上人詳伝」の中の記述

◇「この条の見とおしは、凡僧の自分にはつきかぬる。なるべくは、一時的の現今の僧分の弊風とみて、その内自然に振粛して、宗祖開山時代の常態に帰るべきを祈るものである(中略)それを無作と名づけてみても、けっして放縦不羈なものでない」

に基づいている。(広宣部時代に学んだから間違いない)
この日亨上人の記述から、現在の宗門の妻帯は異常自体であり
大聖人・日興上人の時代のように「非妻帯」が正常であるのだから
「妻帯」は「聖僧」ではない。という半ば強引に持っていくのが創価カツドウカのロジックだ。
そして「僧侶」=「出家」=「非妻帯」という
釈迦仏法の一般的な戒律が正しいと思っている人をだまくらかすのである。
日亨上人のご指南を「是」とするならば
日亨上人の書いた「魚鳥食開訓」には次のとおり書いてある

◇宗祖の化儀は聖僧であって、御開山の化儀も、また御門下の化儀も聖僧であった事は、史実として見るべきであるが、もちろん小乗戒でも大乗戒でもない。有作数目にして係(かか)はる戒ではない。本門無作の大戒であるから、戒目を挙げて、或は此れを遮し、此れを開する底の窮屈な事例はあるべきではない。然れども鎌倉時代に横溢する破壊無慙の妖僧等に簡異する為に、仮に断肉禁淫の聖僧を標せられたものであろう。(中略)また妻孥に慰められねば夜の明けぬと云ふ人も仕方があるまい。夫唱婦随、同心戮力して、一家平和の好模範を壇信徒に示し、宗門のためにも、住寺のためにも、国家のためにも、郷里のためにも、努力の効が顕著であったなら、帯妻の譏嫌は償はるるであろう。(中略)菜肉妻に著せずして信仰に生くべきである。弘法のためには死しても悔いなく、憾なきを所期とするのが宗徒の信念の第一義であらねばならぬ。(中略)もっとも、禁欲斎戒を標榜にする宗門の坊さんなら、何と言われても、身から出た錆で、致し方もあるまいが、六百有余年の昔に末法無戒を喝破した日蓮大聖の門下には、迷惑千万の至りじゃ。

これが日亨上人のご指南である。
宗内の「妻帯」を「聖僧の化義ではない」などと一言も言われてないのだ。
大聖人仏法における「聖僧」とは、そうした戒律を守ることでなく
法体を守ることであり、法門を守る事であり
「信仰に生き抜く」ことに他ならない。
そのような僧侶を日興上人は「聖僧」と呼んだのである。

そもそもカツドウカはいつも自分達の都合のいい日興上人の遺誡だけ取り上げる。
僧侶の妻帯が日興上人の遺誡に背く。というならば

◆檀那の社参物詣を禁ず可し、何に況や其の器にして一見と称して謗法を致せる悪鬼乱入の寺社に詣ず可けん や、返す返すも口惜しき次第なり、是れ全く己義に非ず経文御抄等に任す云云。

この御文はどうなんだ?
檀那。つまり在家の信者の社参物詣を禁じているが?
一見もダメなんだからどんな理由でもダメってことだぞ?
え?自分たちは在家だからOKだって?
ははは(笑)
だったら僧俗に「差別」はあるじゃん。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

コメントの投稿

非公開コメント

結婚してようが、してまいが、

僧侶とは言え、
聖人君子ではないと
思いますし、

何なら学会活動が忙しくて
結婚もしない方々も、
学会員には居るわけで、
周りに居ませんか?
麗しきソウカに
お局さまや、
男子部に、、、
いゃいや、申し訳けございません。

未婚が悪い事では無いのと一緒で、
僧侶が結婚したらダメとも
申し上げられません。

退転壮年部おじさんさん

こんばんは。

> 未婚が悪い事では無いのと一緒で、
> 僧侶が結婚したらダメとも
> 申し上げられません。

日本時的には僧侶は妻帯していない。というイメージの方がいいのでしょうね。
ならば「妻帯していない僧侶」を敬うのか?
といえばそうではありません。
敬わないし供養もしないのに「妻帯」するな。ってのは在家の勝手の言い分です。
また「妻帯」の有無と成仏は関係ありません。
「僧侶」は妻帯したら成仏ができないが
「在家」は妻帯しても成仏ができる。
それであったら誰も僧侶にならずに在家で成仏したほうがいいわけです。
「僧」がいなくれば「法」は滅してしまします。

太政官符

管理人さん、こんにちは。

私のコメントと蘭房さんの同意を元に、記事を投稿していただきありがとうございます。

内容のコメントをする前に一言だけ。
私は創価の活動家だったことはほとんどありません。強いてあげれば高等部時代、中心グループ長の方面代表であったことぐらいです。子どもの頃の戯れみたいなものですね。ですので創価活動家の宗門批判と同様に見られるのは若干心外です。

さて本題です。蘭房さんも云われていましたが、末法無戒にあって日興上人があえて残された遺誡ということをまず念頭に置きたいと思います。そしてその伝統は明治の初めまでは維持継承されてきたという事実があります。

ところが明治政府の一片の太政官符によってそれが覆されました。仏法が王法に屈し貶められた歴史であると認識しています。日興上人の遺誡を太政官符を云い訳に踏みにじった歴史であると認識しています。

この認識に立ちますと堀上人の御指南も、当時の宗門の状況を弁護するための云い訳としか思えません。金剛宝器戒を盾にすればどのような云い訳も成り立ちますでしょう。しかしどのように論じようと、私の認識からは云い訳にしか聞こえないということです。

管理人さんの云われていることはまったく筋が通っています。文証も挙げられながら、丁寧に論じられていると思います。しかし残念ながら同意することは出来ません。理由は私が上記の認識に立っているからです。私の持論とする所以です。

勝手なことを書き連ねました。ご容赦ください。

結局、ご僧侶は特別な人ってことかな?

こんにちは。

言ってました言ってました。
「坊主のくせに肉は食べるわ妻帯するわ、とんだ生臭坊主だ!」ってね。

どうして僧侶は妻帯・肉食しちゃダメなんでしょうか。
「僧侶っていうのはそういうものだ」なんて言うのはナシですよ。
バリ活の皆さんはいい加減「なぜ?」と考える癖をつけなくちゃね。

大御本尊にお仕えするには、そういう俗世の執着を捨てなくてはいけないから?
じゃあやっぱり大御本尊様は別格ってことになりますね。
僧侶も俗世とは別世界の尊い方々ってことですね。
法主なんかになるともう、本当は、尊い尊い本山におわす雲の上のお方ということですね。
だからあんなに口汚くいつまでも罵りたくなるのでしょ?

仏道修行を極めれば、結婚したいとかお肉を食べたいとか思わない、仙人みたいな浮世離れした人になるの?そうならないといけないのかな?
なんのために?
僧侶は在家と違って人間離れした聖なる存在でいてほしい。いるべきだ。って思っているのですよね。
ほらね。バリ活さんの方が「もともと僧が上で在家は下」って内心では思ってるんじゃない。

そもそも結婚って汚らわしいの?
お肉を食べるのはそんなに卑しいこと?
いつの時代のどこの国のお話なんだか。

皆さまの偉大なる師匠の池田大作先生なんて
十代のカネコちゃんを見そめてラブレター送りまくって半年くらいで結婚しちゃったんだけど?とんだ鼻息の荒さだわねえ。そうそう、お肉もお好きよね?
それはいいんだ?
池田大作先生はどっぷり俗世の方だからわたしも別にいいんだけどさ。
僧侶は池田大作先生なんかとは全然次元が違う、厳格な世界の尊い方ですものねえ?

意味も良く考えずに
「僧侶の妻帯・肉食はけしからん!」
なあんて言ってるとこういう自家中毒みたいなことになってしまいますね。

こんばんは。

師弟相対という言葉をよくききます。用いべからざると挫くの御文もよくききます。

妻帯や肉食以上に己義を構えることによりヒンセキやハモンはききます。護法の念を感じます。

仏宝法宝は必ず僧によりて住す…68代色も形も変わらず伝えてくださり、感謝感謝感謝です。

ですよね?

凡夫が騒がなくとも。

学会員は僧侶に対して、
懐疑的だし、
尊敬の念も無いし、
商売敵なのでしょう。

他の善知識の方が言ってましたが、
我らが先生は、肉も食べるし、
高級メロンも大好きだし、
嫁さんも好き。

自分はセンセだぞょ!
我らが先生♪と
会員に尊敬されて、
良かったですね。おめでとうございます。

僧侶が妻帯するのか?
世法に習うのか?
それらをジャジメントするのは
御本人様の信心に寄るべきだし。
御本尊様を護法する為に、
どう在るべきかは、
ソウカ凡夫団体のガヤ意見に
左右されないと存じます。
何より御本尊様が教えてくれますから。

駄文失礼致しましたm(_ _)m

No title

御書(1357ページ)には 最連房にあてて、

 【 一御状に十七出家の後は妻子を帯せず肉を食せず等云云、権教を信ぜし大謗法の時の事は何なる持戒の行人と申し候とも、法華経に背く謗法罪の故に正法の破戒の大俗よりも百千万倍劣り候なり、彼の謗法の比丘は持戒なりと雖も無間に墜す、正法の大俗は破戒なりと雖も成仏疑い無き故なり、但今の御身は念仏等の権教を捨てて正法に帰し給う故に誠に持戒の中の清浄の聖人なり、尤も比丘と成つては権宗の人すら尚然る可し況や正法の行人をや】

 とありました。

 私のこの抗弁は単に創価寄りだとか、宗門寄りだとかいう次元の話ではありません。  赤色の箇所以降も大事です。  聖僧(ショウソウ)であることは大前提で自明の事。そしてその上、出家して「正法」を保つことになるのだから、権宗のそれに増して当然である、と申しておられるように読めます。

 時代性などという次元の問題ではないように考えます。 ですからこの件に関しては、私は意見が異なりますね。  

牡丹さん

こんにちは。

> 言ってました言ってました。
> 「坊主のくせに肉は食べるわ妻帯するわ、とんだ生臭坊主だ!」ってね。
> どうして僧侶は妻帯・肉食しちゃダメなんでしょうか。
> 「僧侶っていうのはそういうものだ」なんて言うのはナシですよ。
> バリ活の皆さんはいい加減「なぜ?」と考える癖をつけなくちゃね。

僧侶の妻帯・肉食を禁じる意味はないと思います。
なんでしょうか。日本人のイメージだけです。

> なんのために?
> 僧侶は在家と違って人間離れした聖なる存在でいてほしい。いるべきだ。って思っているのですよね。
> ほらね。バリ活さんの方が「もともと僧が上で在家は下」って内心では思ってるんじゃない。

そういうことです。

> そもそも結婚って汚らわしいの?
> お肉を食べるのはそんなに卑しいこと?
> いつの時代のどこの国のお話なんだか。

同感です。
僧俗平等であるなら、在家も妻帯・肉食したら成仏できない。
妻帯・肉食したら大聖人の檀那としての資格もない。
神社仏閣も行ってはいけない。
そんな遺戒を日興上人がするとは思えませんね。

> 皆さまの偉大なる師匠の池田大作先生なんて
> 十代のカネコちゃんを見そめてラブレター送りまくって半年くらいで結婚しちゃったんだけど?とんだ鼻息の荒さだわねえ。そうそう、お肉もお好きよね?
> それはいいんだ?

在家だからいいというこなんでしょうね。
無茶苦茶なロジックです。

ナノルホドデハアリマセン さん

こんにちは。

> 仏宝法宝は必ず僧によりて住す…68代色も形も変わらず伝えてくださり、感謝感謝感謝です。
> ですよね?

僧宝が僧宝であるのは
法を正しく伝えるからです。

macska さん 蘭房さん

こんにちは。

聖僧の定義については異論もおありかと思いますが
それは人それぞれの捉え方ですから是非はありません。
記事に書きましたが私が聖僧=妻帯しないとしている理由は、
①大聖人は妻帯しないことを聖僧であると定義してない。
蘭房さんの示された御文も妻帯の是非を言われたいるのでなく
保つ法の是非・正邪を言われている御文だと理解しています。
また大聖人は妻帯してませんが、ご自身のことを聖僧であると言われていません。
ましてや妻帯していない邪宗の僧を「聖僧」であるとも言われていません。
②大聖人が檀那はもとより弟子に対して妻帯を禁じた御文もありません。(むしろ認めています)
大聖人が禁じていない事項を日興上人が禁止するとは思えません。
③律国賊と叫ばれている大聖人が妻帯・肉食という「具足戒」を定める道理がありません。
そうした「戒」を大聖人が定めたとしたのなら、大聖人仏法を受戒する者は
僧俗の違いなく「妻帯・肉食をしない」とう「戒」を守らければ受戒でなくなります。
④僧侶の妻帯は不可で在家は可。ことになればなぜそうなのか?を説明しなければなりませんが
大聖人の御書にそのような内容が書いてある御文がありません。
いづれにしても、私的には僧侶は妻帯不可という文証を御書の中から見出すことができないわけです。
そして問題はソコではなく、妻帯したから僧侶は堕落し、堕落した僧侶が大聖人仏法を行じているはずがない。
という創価活動家の印象操作のロジックです。
僧侶に妻帯が認められたあとに創立した創価がいまになってそのようなことがおかしいと思うわけです。
そして、いつもは「僧俗平等」といっているのに
こんな時だけ「僧侶は特別」と言わんばかりのダブルスタンダート。
御書を自分達の都合に合わせて利用する根性に疑問を感じます。
なによりも僧侶が持戒か無戒かは大聖人仏法には関係ないと思っています。
持戒の僧の方が印象的には「いい」と思いますが
持戒・無戒によって持つ法の正邪は決まらないと思います。
それが私の基本的な考え方です。

話が脱線致しますが、m(_ _)m

駄文失礼致します。

私が中学生(たぶん30年以上の昔)の
ころ、

セイキョウ新聞の紙上に
正宗の「しょけさん:所化」の
公募が何度かありました。

心の中で「お坊さん」に
なるのも良いかなぁ?
なぁ〜んて
思った事も有りましたが、

結果としては在家信者で、
落ち付居ておりますます。

成らなくて良かったと
思います。
大御本尊様(大聖人様)を
守り、
正法を貫き通せれば
良いけど、

センセやソウカみたいな
自己相違に
落ちてしまうと、

法を下げる様で、
取り留めの無い話です。
申し訳ないです。

太政官符 Ⅱ

>聖僧の定義については異論もおありかと思いますが
>それは人それぞれの捉え方ですから是非はありません。

これはその通りと思います。

>そして問題はソコではなく、妻帯したから僧侶は堕落し、堕落した僧侶が大聖人仏法を
>行じているはずがない。
>という創価活動家の印象操作のロジックです。

繰り返しになりますが、創価活動家の難癖と一緒にしないでください。
私はそのようなロジックを使っていません。

>僧侶に妻帯が認められたあとに創立した創価がいまになってそのようなことがおかしい
>と思うわけです。

誰が妻帯を認めたのでしょう。明治政府です。仏法とは縁もゆかりもない世俗の権威が認めたことを、唯々諾々と受け入れたのです。

これについては私も記事にまとめようと思います。

macskaさん

こんにちは。

> 繰り返しになりますが、創価活動家の難癖と一緒にしないでください。
> 私はそのようなロジックを使っていません。

macskaさんの事を言っているわけではありませんよ。
一般的な学会カツドウカ諸氏のロジックを取りあげているのです。
誤解なきようお願い致します。

> 誰が妻帯を認めたのでしょう。明治政府です。仏法とは縁もゆかりもない世俗の権威が認めたことを、唯々諾々と受け入れたのです。

なるほど。権力に与えられた餌に喜んで飛びついてしまう部分が納得いかない。と言うわけですね。
私個人としては。macakaさんが仰る通り妻帯等は日蓮仏法とは縁もゆかりもない事項ですから
それをもって日興遺誡置文に違背するとは思えません。
妻帯等が権力迎合という事に当たるかどうかは個々の判断ですね。

> これについては私も記事にまとめようと思います。

楽しみにしています。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> セイキョウ新聞の紙上に
> 正宗の「しょけさん:所化」の
> 公募が何度かありました。

そうなんですか。
それは知りませんでした。
創価から僧侶になった方は大勢いますが
どうやって選ばれたのか?と思っていましたが
公募もあったんですね。


エンドレスをエンドしよう。

  こんにちは、 あまり言えない経過・経緯があって、お互いの意見を開陳し、このテーマは大事ではあるけれど、あまり生産的ではないという面と、仏法本来(成仏あるいはその為の研鑽・修行)の大きな目的を後回しにするのもおかしい。  など、そんな理由で、聖僧論議は終えたいと私は思います。 そも、今の日本人の口癖でもある「絶対!」などというものはほとんど無いと常々思う私は、ここでイッキに世俗の荒凡夫に立ち戻り、明日の飯の心配に勤しまざるを得ないことも思い出し、まあそんなこんなでただ今このコメントを書いております。  しかし、このテーマは休戦?はしたけれど、自分の信じる「僧の体裁・前提」については信じるところは変えません。   併せて人の思う所はそれぞれだ、という至極当たり前な真理にも思いをいたしております。

 更に併せて勝手ではありますが「ここ」は私の大切な場所でありつつも、なんでも「仰せの通りでございまする」とかの「仲良しクラブ」にはしたくないという好みにより、今後も単なる同調・あるいは為にする異論反論ではなく、飽くまでが「創価の間違を質し、真の大聖人の教えの理解心得を深め、もって人生を歩むことを優先するという目的を忘れずに、論議に参加させて頂きたく思う次第。

 つまり、これからもよろしく、というご挨拶です。

 終わりに、「おれにはもっと良い妻帯はなかったのか!」という慚愧も含め、在家僧なりの恩恵?と本音も申し上げておきます。 

ではこれより、「駅まで迎えに来い」という妻の厳命のもと、駐車場に向かいます。 チャンチャン♪(泣)

前進また前進!

いつも大聖人様への信を貫くには
どうするのか?

その疑問に対して、
管理人様や善知識の方々のコメントは、
大変勉強になります。

私見ですが、
蘭房殿のコメントの通りですね。
私には難しい内容でした。

近視眼では無く、
遠視眼でも無く、
正視眼で、大聖人様(大御本尊様)に
信者として信を貫く所存です。

夜勤なので今から自宅に帰ります。
駄文失礼致しますm(_ _)m
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>