創価教学じゃない御書講義(29年度4月座談会御書・立正安国論)

汝早く信仰の寸心を改めて速に実乗の一善に帰せよ、
然れば則ち三界は皆仏国なり仏国其れ衰んや十方は悉く宝土なり
宝土何ぞ壊れんや、国に衰微無く土に破壊無んば身は是れ安全心は是れ禅定ならん
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

先月は座談会で「経王殿御返事」を取り上げ
自爆ネタ・自虐ネタを冗談でやったのかと思ったら
今月は「立正安国論」の上記の御文。
まさかの2ヶ月連続の自虐ネタ来たね~。
しかも先月の「経王殿御返事」よりもさらにわかりやすく
現在の創価を思いっきり破折する御文をもってくるとは
創価上層部も「攻めるね~」(笑)
この御文を座談会でやるとは
その勇気?厚顔無恥さ?は本物。
いやいや大したもんですなぁ。
で?この御文の講義をカツドウカさんはどうやってするの?
「創価の信心を改めて早く大御本尊に帰りなさい」
それ以外になんていうの?
講義のやりようがないんじゃね?
ああ、大百読むだけだから大丈夫ってことかな。

そんな講義のやりようのない今回の御書だけど一応確認の意味で書いておくよ。

◆汝早く信仰の寸心を改めて速に実乗の一善に帰せよ、

この部分は「立正」の部分で、次下も

◆然れば則ち三界は皆仏国なり~

この部分が「安国」の部分。
で、「立正」には、二義あって「破邪」と「立正」(顕正)
「破邪顕正」をもって「立正」というわけだね。
上記の御文の
◆「寸心を改めて」とういう部分が「破邪」で
◆「実乗の一善に帰せよ」とう部分が「立正」
という意味になっている。

さてこの破邪顕正だけどその中心は「破邪」にある。
八綱要集には
□破邪の外、別の顕正なし。破邪すでに尽くれば、所得有ることなし。所得すでに無ければ、言慮寄ることなし

と書かれている。「破邪」の他に「顕正」はない(破邪の他に顕正は不可能)
これは三論宗だが、御書にも「法華折伏破権門理」と書かれているように
「立正安国」の根本は「破邪」にある。
「立正安国論」全編を読んでみても「破邪」中心に書かれている。
では「邪」とは何かといえば「正」でないものであり
この御文に照らせば「実乗の一善」ではない
「教え」またはそうした「邪教」を説く人(ここでは法然だが)
これらを「邪」としている。
では「実乗の一善」とは何かと言えば
大聖人仏法においては当然
「一大秘法の本門戒壇大御本尊」であることは言うまでもない。
なのでこの御文を講義するならばこうだ。

実乗の一善である大御本尊をすてた創価信仰を早く改めて
すぐに大御本尊への信に回帰しないさい。
大御本尊への信に回帰するとは
謗法である創価への布施をやめることです。
財務・新聞購読・創価書籍や創価グッツの購入を止めるのはもとより
公明党への選挙応援など謗法に力をかす行為もやめましょう。
それが「立正」ということです。
そうすれば「自分自身」が謗法の罪から逃れ宝土となり(一生成仏)
自分自身が宝土となれば依正不二の原理で自分の周囲も宝土となるです。
今月の座談会を最後に、二度と創価の活動をしないと決意し
最高に幸福な人生を送ろうではありませんか!

とこんな感じの講義しか思いつかない。
この御文で今の創価の正当性とかは絶対に論証不可能と思うが
果たして、今月の座談会御書担当のカツドウカ諸氏は
どんな詭弁を弄するのか?非常に興味があるが
座談会に参加できない身の上なのでそれを知れるよしもない。

ついでに、この御書の「客」はなぜ間違った信仰をしてしまったのか?
この御文のあとに書いてあるのでオマケで引用する。

◆我一仏を信じて諸仏を抛ち三部経を仰いで諸経を閣きしは、是れ私曲の思に非ず則ち先達の
詞に随いしなり、十方の諸人も亦復是くの如くなるべし

簡単に通解すると、一仏(ここでは阿弥陀仏)を信じて実乗の一善を捨ててしまったのは
自分勝手の考えではありません。
先達(法然)の言葉に従ってしまったからです。みんなもまた私と同じです。

あれれ?これは・・・
創価学会を信じて大御本尊を捨ててしまったのは
私の勝手な考えではありません。
全部池田センセの言葉に従ってしまったからです。みんなもまた私と同じです。

同じじゃん(笑)
てことは大作センセは「今法然」ってところだね。

まぁ、今月の座談会でこの御文で
本当の信心を思い出してくれる会員さんが
一人でも現れることを願うばかりだよ。
創価の邪教を改めなければ
あなたを待っているのは「安国」世界でなく
「暗黒」世界だよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

 今にも雨が降り出しそうです。 サクラは昨日一人で散策しながら堪能してきました。   大げさでしょうが、毎年の自らの生存確認?ですかね。((笑)

 また会えたね、と語りかけます。 世界では「半島クライシス」が他人事のように語られ、、てもいないようですが、アメリカの空母が向かっているようです。 もう創価の事は触れたくない、考えたくないと先日 書きました。  が、こんな時世になってしまったのが不思議ですね。  だってSGIが世界中でお題目を唱えているのに、世界平和が進むどころか、更に紛争は継続し、悪化しているのはどうしてか、というね。  平和の定義で有名なのは「平和とは戦と戦の間のつかのまの期間のことである」とかいうものでしたが、その間があったとしても、自然災害など、悲惨な出来事がひっきりなしに起こっています・

 これはいったいどういうことなのか。  そう思いませんか?

 似てるようでそうでもないかもしれませんが、「喫煙率は大幅に下がっているのに、肺がんの死亡率はどんどん上がっている」のと似ているなと思ったります。

 創価が約80年 世界に192か国。地球は回ってるから、ほぼ24時間地球のあちこちで、お題目を唱える人がいっぱいいる。  でも、現状はこうなんだという事は、かなりコスパが悪い作業だなと思いますよ。  

 世界の「あそこ」にいる【他化自在天】のせいですかね。  元気でご活躍なんでしょうね。 こんだけ会員が頑張ってるのにね。  実に不可解ですな。

キリスト教徒として

いつも大変お世話になっております。
本稿、大変に興味深く読み、立正安国論も再読しました。日蓮の構想した国家像ーそれは、世俗権力を絶対化した西洋的国際秩序と違うのかもしれないですね。私は日蓮主義については結構読みましたが、あれだけの宗教的世界観を打ち出せるだけの思想的バックボーンを提供した日本人は、ちょっと類例が思い浮かばない。
言論出版妨害事件以前の公明党や、現在の顕正会に、日本という国家のオルタナティブ、恐らくはカリフ制的なものものの実現を感じるのは、日蓮の国家観のスケールの大きさだと思います。恐らくは解釈的な批判が無数に起こるのでしょうが、日本という国家の別のあり方を示唆できる数少ない日本人として、日蓮が屹立しているのだと考えられます。

我見が長くなり恐縮ですが、
質問がございます。
キリスト教徒の中で生きてきた、
私の素朴な疑問です。

●特定集団への所属が地獄行きを招いてしまうことについて
私の周りでは、特定の集団への所属がその人の天国地獄行き、即ちその人の人生の絶対的善悪判断の決定的要素になるという言説を聞いたことがありませんでした。
管理人さまのお考えでは、大御本尊を捨てるという選択をした集団に属しているだけで地獄行きは決定されるのでしょうか?

●キリスト教徒について
キリスト教は、外道として分類されているというのが、私の浅薄な理解です。つまり私が仮にカトリックの信仰に目覚めたとしても、それは浅い教えにすぎないというのが、日蓮的な解釈なのでしょうか?

●大御本尊信仰を知っている人の少なさについて
日蓮ば、大御本尊を信仰しなければ幸せになれないと言っているのでしょうか?
大御本尊信仰を知っている人は、日本人ですらほとんど知らないのでは。私も本をたくさん読み、内村鑑三から日蓮を知り、このブログをネットサーフィンで知り、ようやく大御本尊信仰があるのだと知りました。そんな中で、大御本尊信仰を絶対化するのは、あまりに酷な気がします。

恐れ入ります…

組織信仰と個人信仰

駄文失礼致します。
大聖人様の仏法は、
羊がいくら集まっても、
獅子一人の信心には
叶わない。

個としての信仰心が基本だと。
組織信仰の指導を鵜呑みにしたら
駄目だと思う次第。

大御本尊様(大聖人様)を
末法の御本仏と崇めて
本気で南無が、
出来るのか?
出来ないのか?

学会員の数は確かに増えましたね。
地球の裏側でも南無してますから、
365日お題目は全世界で唱えられ、
途切れる事は無いでしょう。
ただ、空(カラ)題目では、
一切衆生が幸せになる事も
無いでしょう。

蘭房(RAMBO) さん

こんばんは。

>  創価が約80年 世界に192か国。地球は回ってるから、ほぼ24時間地球のあちこちで、お題目を唱える人がいっぱいいる。  でも、現状はこうなんだという事は、かなりコスパが悪い作業だなと思いますよ。  
>  世界の「あそこ」にいる【他化自在天】のせいですかね。  元気でご活躍なんでしょうね。 こんだけ会員が頑張ってるのにね。  実に不可解ですな。

全く同感です。
まぁ「題目」ではない。といことでしょね。

日蓮、その可能性の中心さん

こんばんは。


> ●特定集団への所属が地獄行きを招いてしまうことについて
> 私の周りでは、特定の集団への所属がその人の天国地獄行き、即ちその人の人生の絶対的善悪判断の決定的要素になるという言説を聞いたことがありませんでした。
> 管理人さまのお考えでは、大御本尊を捨てるという選択をした集団に属しているだけで地獄行きは決定されるのでしょうか?

特定の教団に所属するからではなく。本仏を捨てるという罪が重いのです。
仏を捨てて成仏する。などという教えは仏教にはありません。
キリスト教ならば悪魔を信仰して天国行きますか?
よく知りませんが、神を捨てたら天国には召されないのだと思いますが、それと同じです。

> ●キリスト教徒について
> キリスト教は、外道として分類されているというのが、私の浅薄な理解です。つまり私が仮にカトリックの信仰に目覚めたとしても、それは浅い教えにすぎないというのが、日蓮的な解釈なのでしょうか?

単純に言えばそうです。「外道」というのは自分の外に道を求めることを「外道」といいます。
それでは根本的な解決になりません。
また、仏法は生命の輪廻を基本としていますので、そこも相違点があります。

> ●大御本尊信仰を知っている人の少なさについて
> 日蓮ば、大御本尊を信仰しなければ幸せになれないと言っているのでしょうか?
> 大御本尊信仰を知っている人は、日本人ですらほとんど知らないのでは。私も本をたくさん読み、内村鑑三から日蓮を知り、このブログをネットサーフィンで知り、ようやく大御本尊信仰があるのだと知りました。そんな中で、大御本尊信仰を絶対化するのは、あまりに酷な気がします。

この件については以前記事に書きました。
「少数」であるといことは「末法」では正しいということです。
大御本尊信仰とは言い換えれば「ご本仏信仰」ということです。
大聖人をご本仏として仰ぐ理由も過去に何度か記事にしています。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 個としての信仰心が基本だと。
> 組織信仰の指導を鵜呑みにしたら
> 駄目だと思う次第。

その通りですね。
鰯がいくら群れて巨大魚に見せようとも
鰯は鰯です。

> 大御本尊様(大聖人様)を
> 末法の御本仏と崇めて
> 本気で南無が、
> 出来るのか?
> 出来ないのか?

そうですね。本物の一人がいれば
大聖人仏法は滅することはありません。

> 学会員の数は確かに増えましたね。
> 地球の裏側でも南無してますから、
> 365日お題目は全世界で唱えられ、
> 途切れる事は無いでしょう。
> ただ、空(カラ)題目では、
> 一切衆生が幸せになる事も
> 無いでしょう。

同感です。

管理人さんへ

  それは化法の問題ということですか? 

蘭房(RAMBO) さん

こんばんは。

>   それは化法の問題ということですか? 

記事に書きました。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>