こいつらと来た日にゃ

先日地元の男子部時代からの付き合いのある
地元の活動家夫妻とメシを食った時の話。
折伏の事で半年近くモメていることがあるらしい。
なんでも知り合いの他県の人が入会を希望していらしい。
最初はその人(Aさん)をこちらの組織で本流して
こちらの組織の所属する。という話だったが
Aさんが遠方であることからそれは不可となり
それではというとこで、Aさんの在住している組織で本流して
Aさんの在住している組織に在籍する。という話になったのだが
それではAさんが全然知らない人が紹介者になるのがイヤだということ。
そこで折衷案として、こちらの組織で本流して
Aさんの在住する組織に在籍をする。
という話になったら、今度は向こうの組織が拒否。
とまぁそんな具合で、半年たったいまでもAさんは未入会のままらしい。
何度かむこうとこっちの組織の長が話し合ったがお互い譲らず平行線だそうだ。

要は、こっちの組織からすれば本流という「成果」だけをいただいてあとは向こうに押し付けたい。
向こうの組織からすれば「成果」もないのに統監だけ回されても困る。
結局そういう話。
まったくコイツらと来た日にゃ・・
もはやAさんが信心をして幸福なる。なんていうのは二の次で
自分たち(幹部達)の都合というかなんというか。
「成果」を取り合っているだけで醜いったらありゃしない。
聞いているだけで気持ち悪い。
本来は入会するAさんがいいようにすればいい話。
こっちの組織で本流してこっちの組織で受け入れる。
そして育成したのちに相手の組織に統監を送ればいいだけじゃん。
それを遠距離だからこちらの組織で受け入れるのは無理。っていう方がどうかしている。
受け入れないならAさんに事情を説明して向こうで入会して向こうの組織に在籍してもらうように言えばいい。
もっとも向こうも向こうで、自分たちが本流をしていない人間じゃないから受け入れないってどいう言事?
まぁどっちもどっちだな。
自分で折伏したことのない人間が幹部になるとどうしてもこうなるよな。
こっちの組織の本部長ってのは男子部時代から知っているが
折伏を決めるどころか、端から折伏戦を放棄していた副部長さん
それが本部長なんだから。
まぁ相手側の幹部っても推して知るべしだ。
いまどき創価に入りたい。なんていう奇特な方がいらっしゃるのに
お互いの組織の「成果」とか「メンツ」とかばかりで
半年も入会させずに保留にしておくなんていい根性してるよね。
これで分かるように創価の幹部や組織は
会員のことなんてこれっぽっちの考えてないんだよ。
自分たちの「成績」と「保身」で頭の中がいっぱい。
創価の中で「成績」だして
「保身」を図って
何になるのか?
何を得るのか?
おれにはサッパリ理解できないが
彼らのように創価の中でしか生きられない人たちにとっては
重要事項なんだろうね。

ところで、その友人の活動家夫妻には
最初から組織同士でモメているこんな創価に入会させていいのか?
本当にAさんの幸福を願っているのなら
こっちでも向こうでもいいから正宗寺院に連れて行って
ご受戒を受けさせて大聖人の許へ導いてあげるべきだろう。
と言ったがさすがにそれに対しては返答はなかった。
大御本尊を信じている。と日頃は言ってはいるが
活動家はやはり活動家でしかないんだなぁ。
仲がいいだけにガッカリだが
時間をかけても彼等夫婦には活動家をやめてもらおうと思っている。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

管理人さん

 なんだかイソップの童話を思わせるようなハナシですねぇ。 人の愚かさを教え諭すには格好な寓話になります。    こんな話は昔っからクサるほどありました。
 長年 対話を続けてきた相手が、なにも計算打算もなく、たまたま出会った仲の良い「別の会員」に、「他からも勧められているから、そろそろ入るわ」とその人に申し出る。  こっちは、それ!っとばかりどんどん話を進める。  それに感づいたもともとの会員は、そりゃ怒るわ 慌てるわで大騒ぎに。  で、その当人にも恨み節を投げつけ、話はもうメチャクチャになるっていうね。。

 理由は簡単、 「上が煽る」からです。  選挙やってる時なんかは、「ん?入会したい?  うーーん。。今 すごく忙しい時だしねー・・」とかなんとかで、迷惑がられたりしますから、ご奇特な希望者さんも なかなか入会できなかったりする話も現実 ありました。   

 バカですねーー。。  脳天からつま先まで、、(^^)

読んでいるだけで学会組織の
いや〜な部分を思い出しました(笑)

私の場合は、部員さんが決意してくれて友人に折伏したんです。
地方に住んでいる友人だったので苦労もありながらやっと本流できることになり、入会の日にちも決まったのに、壮年部の本部長が、書類の手続きをするのに時間がないだのウダウダ言い始め(笑)
本部長はそんな感じなのに、県長とかは問題ないから早く進めろと。
板ばさみみたいになり、嫌気がさしそうでした(笑)
ただ、こちらも当時は熱かったので、熱意も込めてお願いして、何とか友人の住む地方の会館で入会勤行会を迎えることに。
当日、壮年部の本部長は行けないとのことだったので、必要な書類を預かり持っていって手続きをしたんですが、書類の不備があり(笑)受付担当の壮年部幹部から怒られましたよ(笑)何で俺が怒られるんだよ!!と思いながら、一緒に来てた婦人部が助けてくれて、何とか無事に本流できましたけどね(笑)

懐かしい思い出ですけど、
あ〜〜思い出しただけでも馬鹿らしい!!

何が何でも、

Aさんが入会出来ないのは
逆説的は良かったと思いますね。

ソウカ折伏に毒されないのは
大聖人様の御図らいなのかと。

今のソウカは、
センセLOVEだし、
組織信仰が基本なのでね。

ガッカイ活動に全生命を賭けて
戦い貫く事が全てです。

大御本尊様は関係ありませんね。
ソウカに身を挺し、
思考回路も停止して、
ヌケガラに成らない事です。

自分の人生を何に使うのか?

使命とは?

駄文失礼致しました。

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  長年 対話を続けてきた相手が、なにも計算打算もなく、たまたま出会った仲の良い「別の会員」に、「他からも勧められているから、そろそろ入るわ」とその人に申し出る。  こっちは、それ!っとばかりどんどん話を進める。  それに感づいたもともとの会員は、そりゃ怒るわ 慌てるわで大騒ぎに。  で、その当人にも恨み節を投げつけ、話はもうメチャクチャになるっていうね。。

ああ。あります。あります。

>  バカですねーー。。  脳天からつま先まで、、(^^)

はい。そう思います。

現役男子部さん

こんにちは。

> 私の場合は、部員さんが決意してくれて友人に折伏したんです。
> 地方に住んでいる友人だったので苦労もありながらやっと本流できることになり、入会の日にちも決まったのに、壮年部の本部長が、書類の手続きをするのに時間がないだのウダウダ言い始め(笑)
> 本部長はそんな感じなのに、県長とかは問題ないから早く進めろと。
> 板ばさみみたいになり、嫌気がさしそうでした(笑)
> ただ、こちらも当時は熱かったので、熱意も込めてお願いして、何とか友人の住む地方の会館で入会勤行会を迎えることに。
> 当日、壮年部の本部長は行けないとのことだったので、必要な書類を預かり持っていって手続きをしたんですが、書類の不備があり(笑)受付担当の壮年部幹部から怒られましたよ(笑)何で俺が怒られるんだよ!!と思いながら、一緒に来てた婦人部が助けてくれて、何とか無事に本流できましたけどね(笑)

いますよね~。
折伏を邪魔する壮年部(笑)
壮年部の幹部って役立たずが多いですよね。


退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> Aさんが入会出来ないのは
> 逆説的は良かったと思いますね。

まぁそうかもしれませんが
いずれは創価になると思います。
でもこんなに待たされたイヤになって欲しいですが。

> ガッカイ活動に全生命を賭けて
> 戦い貫く事が全てです。
> 大御本尊様は関係ありませんね。
> ソウカに身を挺し、
> 思考回路も停止して、
> ヌケガラに成らない事です。
> 自分の人生を何に使うのか?
> 使命とは?

すくなくとも創価の活動で無駄な時間を過ごしたくないですね。
私も随分と無駄な時間を過ごしてしまいましたが(笑)

徒然に

創価から離れられる  無縁になる  呪縛が解かれる  

 当たり前の人生に戻るだけなのに こんなに様々な感慨がわくことがおかしい。
 それだけ特殊な世界だったということなんだね。  独特な人間観、人生観、達成感、毀誉褒貶は その世界だけのもの。  でも仏法即世間、即生活だなんて言ってたね。  「一定の画一な価値観に縛られることはない、逆です。。。」とかなんとか、昔の「仏法入門」にも書いてあったが、それは大ウソでしたよ。

 これだけ世間から嫌がられるところも まずないし、称えられたことなど一度もなかった。
ことごとくが、創価だけの価値世界であるし、創価エクスタシーっていうのか、自己満足感に浸っているから、そのズレをズレと理解できないところなんです。

 そしてこんな文章を読んでくれてる非・学会員さんからしたら、理解できないなー・・と映るでしょう。  でも、現にそういう思いに駆られるくらいの慶事なんですよ。   まああとあと、何が起こってくるか、、を想像したらウンザリもしますが、今はもう考えない。   そんなこと言ってたら何も進まないですからね。

 大聖人様から遠く離れてしまっている創価から離れて大聖人様のもとへ行こうとする人間に 罰なんかあたる道理がない。  迷って迷って迷い死にしそうな、そんな方々に伝えたい。  バツなんか当たらないし、むしろ「今のまま、百年河清を待つ、、」みたいなことをしてたほうが、怖いです。  そのための教学ですから。

 ここで随分、学ばせてもらいました。  教学は正しい信心のためにあるのです。  そして御書で、今の創価の正しさを証明することはできません。

 あとは少しの勇気です。  私も、あと10日あまりで踏み越えられます。

それじゃ~誰も功徳なしで無意味じゃん

不幸な人を救うから功徳がある(自分の周囲を幸福にしようという心境の共鳴効果が功徳の起きるプロセスのひとつと僕は感じてるけど)。
いうなれば「相互感謝」の効果。

こんな実態では誰ひとりとして感謝などできるものではないね(=誰も功徳なし)。
こんな活動が当たり前ではかえって人間関係をぶっこわすだけではないか。
だから学会組織の中でないといられない悪循環の環境になってしまうね。
本末転倒そのものじゃないかf--;

自分に関わる人を幸福にしていこう!という実際の行動が功徳に結びつくんです。
形が大切なんじゃないんだよね。
ぶっちゃけ、具体的に幸福になる術を丁寧に伝えた人に功徳があるでしょうけど。
そんな様子ではないみたいね。

現在の学会はかなり複雑になっている。
昔と違い、組織についたからって単純に喜べない実態だものね。

そういう状況なら無理に組織につかせないほうがいいよ。
どっちもロクでもない地域だものね。
学会アンチになってもらうために入れるようなもので支離滅裂というしかないよ。
管理人さんの立場ならそういう話をお勧めするのも自然で善意なのよくわかるよ。
僕としては、どちらの組織へもつかせずに自分で直接手ほどきをするのをお勧めしたいけどね。
教える側も教わるほうも、両方とも人生の軌道が上昇していくと思うよ。

と、ひとつ追伸だけど。
利己でしか動いてない人には利己の人ばかりが周囲に集まるもんです。
人生で「いいとき」ばかりじゃない。
利己の人ばかりが周囲で「悪いとき」になれば、周囲はみんな利己に従ってそっぽを向いてしまうもんです。

けど、現在の組織はそんな単純でもないようですね。
組織自体がすっかり悪の巣となって利己の人ばかりの世界では、善人が追い出される実態というのもある。
悪にとって「敵」は善人という単純な話。
管理人さんは明らかに後者ですよね。

あるあるですね

こんばんは。

時々そんなこともありましたね。
全国共通のようです。
「こんなことでいいのか」と意見すると返ってくるのは
「戦っている中で決まらないと言うことは御仏智だ。」とかなんとか。
「戦っている」ってただバタバタと日程やら報告やらをこなしてるだけでしょ。
何でもかんでも「御仏智」で片付けるなりゆき任せのバリ活幹部は地頭が悪すぎて邪魔でしかありません。
そんな低脳が壇上から指図して下々は右往左往しているような組織ですもの。井の中の蛙と言っては蛙にも失礼というものです。

自分は泥を被ってでも部員さんの真心に応えよう。守ろう。そんな凛とした方もたまにいましたが…。
今はどうなんでしょうね。
そんな方がいたからこそ長年グズグズと組織から離れられずにいました。
自分もそういう方に続けば、何かが変わるかもしれない。なんてね。
一瞬、組織でそういう面子が揃った時の生き返ったような活気。気持ちの良いお題目。
ところが一瞬にして分散させられて元の死に体組織に逆戻り。ガックリきてるところをとっつかまって「大人しくしろ」とネチネチとお説教だなんて卑怯にもほどがあります。反骨の心厚き面子が顔を揃えている時には来なかったくせにね。
こんなことの繰り返しでは嫌にもなるってものです。
もういいや。いち抜けた。ってなります。
当時の心厚き方々、ほとんど組織を離れられたようです。
これも「御仏智」なんでしょうかね?
私は離れて大正解でしたけど。

蘭房(RAMBO) さん

こんばんは。

>  大聖人様から遠く離れてしまっている創価から離れて大聖人様のもとへ行こうとする人間に 罰なんかあたる道理がない。  迷って迷って迷い死にしそうな、そんな方々に伝えたい。  バツなんか当たらないし、むしろ「今のまま、百年河清を待つ、、」みたいなことをしてたほうが、怖いです。  そのための教学ですから。
>  ここで随分、学ばせてもらいました。  教学は正しい信心のためにあるのです。  そして御書で、今の創価の正しさを証明することはできません。

その通りです。
教学を軽く扱ってきたのが今の創価の現状です。
教学を学べば創価の謗法は明らかなのに幹部は目を背け
会員に目を背けさせるわけです。
活動家諸氏のブログやリアルの教学がどれほど稚拙で酷いものか
ちゃんと学んでいる人にはわかります。

>  あとは少しの勇気です。  私も、あと10日あまりで踏み越えられます。

そうですか。あと少しでお祝いですね♪

太ちゃんさん

こんばんは。

> こんな実態では誰ひとりとして感謝などできるものではないね(=誰も功徳なし)。
> こんな活動が当たり前ではかえって人間関係をぶっこわすだけではないか。
> だから学会組織の中でないといられない悪循環の環境になってしまうね。
> 本末転倒そのものじゃないかf--;

まったくおっしゃる通り。
これでは創価学会という組織の存在意義はなにもないですよね。

> そういう状況なら無理に組織につかせないほうがいいよ。
> どっちもロクでもない地域だものね。
> 学会アンチになってもらうために入れるようなもので支離滅裂というしかないよ。
> 管理人さんの立場ならそういう話をお勧めするのも自然で善意なのよくわかるよ。
> 僕としては、どちらの組織へもつかせずに自分で直接手ほどきをするのをお勧めしたいけどね。
> 教える側も教わるほうも、両方とも人生の軌道が上昇していくと思うよ。

それが一番なのでしょうが、紹介者が組織人間になってしまっているのでどうしようもないようです。
まぁ、創価のやっていることだからどうでもいいですが
「信心をしたい」と思っている人に信心をさせない創価組織ってなんなんですかね?

> けど、現在の組織はそんな単純でもないようですね。
> 組織自体がすっかり悪の巣となって利己の人ばかりの世界では、善人が追い出される実態というのもある。
> 悪にとって「敵」は善人という単純な話。
> 管理人さんは明らかに後者ですよね。

ありがとうございます。

牡丹さん

こんばんは。

> 時々そんなこともありましたね。
> 全国共通のようです。
> 「こんなことでいいのか」と意見すると返ってくるのは
> 「戦っている中で決まらないと言うことは御仏智だ。」とかなんとか。
> 「戦っている」ってただバタバタと日程やら報告やらをこなしてるだけでしょ。
> 何でもかんでも「御仏智」で片付けるなりゆき任せのバリ活幹部は地頭が悪すぎて邪魔でしかありません。
> そんな低脳が壇上から指図して下々は右往左往しているような組織ですもの。井の中の蛙と言っては蛙にも失礼というものです。

ははは(笑)確かに蛙のほうが無害ですし可愛いですよね。

> 自分は泥を被ってでも部員さんの真心に応えよう。守ろう。そんな凛とした方もたまにいましたが…。
> 今はどうなんでしょうね。
> そんな方がいたからこそ長年グズグズと組織から離れられずにいました。
> 自分もそういう方に続けば、何かが変わるかもしれない。なんてね。
> 一瞬、組織でそういう面子が揃った時の生き返ったような活気。気持ちの良いお題目。
> ところが一瞬にして分散させられて元の死に体組織に逆戻り。ガックリきてるところをとっつかまって「大人しくしろ」とネチネチとお説教だなんて卑怯にもほどがあります。反骨の心厚き面子が顔を揃えている時には来なかったくせにね。
> こんなことの繰り返しでは嫌にもなるってものです。

わかります。わかります。
盛り上がっている組織を分断するんですよね。
分断できないとなると中心者を追放する。
私と私の仲間たちも十数人が追放されました。

> もういいや。いち抜けた。ってなります。
> 当時の心厚き方々、ほとんど組織を離れられたようです。
> これも「御仏智」なんでしょうかね?
> 私は離れて大正解でしたけど。

私もいまでは追放された挙句にいつの間にか退会させれて
いまは本当に良かったと思っています。

創価の家畜は依存症

・・・って言葉にすると酷いものですね。ごめんあそばせ!

こんばんは。

本当に辞めて良かったわ〜。
とつくづく思うのは、馬鹿じゃないのかという人間と付き合わずにすむようになったことと、なんと言っても時間でしょうかね。
毎日毎日本当に忙しかった。
どう考えてもあの忙しさは異常でした。
ところがその忙しさに充実や安堵を感じている人もいるときては、もう狂っているとしか・・・
などと思いながら運転してましたら、
ラジオから「長時間労働には依存性がある」との話が。

創価学会はタダ働きだから労働じゃあないんですけどね。何から何まであてはまっちゃうんですもの。
なるほど。「学会活動は依存症」
納得です。やはり病気なんだわ。

あと「社畜」ってのがありますけどね。
「会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化す。」
これもそのまま「創価畜」で筋が通りますね。

依存症にはなるわ家畜化はされるわで、そりゃあ抜けるのも簡単ではありません。
兎にも角にも創価を離れた皆々さまには、改めて本当に良かったですねと申し上げたくなりました。


蘭房さんももうすぐ手続きなさるとか。
心は既に離れているとはいえ、感慨もおありのこととお察しします。
済ませてしまえば、きっとさっぱりなさいますよ。

牡丹さん

 また深夜ですが、 ありがとうございました。  
 覚せいすることは まるで新しい人生の扉が開いたかのように感じます。
 オーバーだけど、、(苦笑)  マルクスの言葉はウソではなかったね。
 阿片はほんま、恐ろしい。   平成新仏教(ソウカの文字を見たくないから)はほとんどが恐ろしいものです。  私の話を聞いた行きつけのスナックママも、真如苑からの勧誘を思いとどまりました。   これも副産物か(笑) 真如さんごめんな~。

こんなメールが流れています。

管理人さん、少しずれてしまいますが、わが地区に地区部長からこんなメールがきました。
保釈されて自宅に帰っているとのことで念のため区長に問い合わせました。

今後について
①本人は知りませんが、既に退会の処理をしたので、こちらからは学会、公明党関係のアプローチは一切しない
②(普段から近所付き合いも含めて親しく接していた◎◎さん以外はまずないと思いますが…)
もし万が一向こうから学会や公明党の話をしてきたら、話を濁して私や支部長に振って下さい。
こちらで対応致します。
以上、宜しくお願い致します。

ちなみにこの除名された会員さんは、ちょっとした事件で身柄を警察におかれ、
すでに釈放され、元々の仕事に復帰しています。
心あるご婦人は頻繁に会って、話もしていて、
警察に話を聞かれた時も、「真面目な人だ」と庇う発言をされていました。
草創の頃から本当に内外問わず、真心で接している方です。
ちょっとした事件はありましたが、身柄を拘束されている間に勝手に除名されていました。
本人からはなにも話を聞かずにです。
まあ、学会から追われても、大御本尊から離れなければ、心配はないと思っていますが?
事実の確認もろくにせずに、勝手に除名。
学会では悪人は成仏させない団体にまで落ちたんですね。
ちなみに自分はその会員さんとは、よく話す関係でいます。
もちろん地区部長や支部長はそのことは知りませんが。
余談になってしまい申し訳ありません。

牡丹さん

こんばんは。

> 本当に辞めて良かったわ〜。
> とつくづく思うのは、馬鹿じゃないのかという人間と付き合わずにすむようになったことと、なんと言っても時間でしょうかね。
> 毎日毎日本当に忙しかった。

忙しかったですね~。
ほぼ毎日創価の活動してましたからね。
特に男子部は夜も遅く、帰宅は早くて0時。普通で2時でしたよ。
しかもそれがほぼ毎日でした。

> 依存症にはなるわ家畜化はされるわで、そりゃあ抜けるのも簡単ではありません。
> 兎にも角にも創価を離れた皆々さまには、改めて本当に良かったですねと申し上げたくなりました。

確かに。創価を離れる怖さもあるでしょうが
離れてしまえばなんてことないんですよね。

コロ助さん

こんばんは。

このようなメールを回すんですよ彼らは。
私達が組織を追われた時もそうです。
私達と連絡取るな。というメールが流れました。
姑息で臆病そして卑怯で卑劣。
そういう創価幹部が池田先生の弟子だと自称しているわけです。
そういう創価組織が麗しい人間関係の美しい世界だそうです。
笑わせます。

今晩は

脱会者と関わるなと言うメールは、私の所にはきません。
内部の結束悪いのですねと私が言うのがわかってるから

一番納得出来ない事は正しい事をいってる人間が、お前がこの地区の事を一人でやれと言われる事です。
懇親会では有るまいし、毎日会合参加して下さいと言われます。
活動は折伏です。
家族の絡みで今は脱会しませんが・・・

miuさん

こんにちは。

> 一番納得出来ない事は正しい事をいってる人間が、お前がこの地区の事を一人でやれと言われる事です。
> 懇親会では有るまいし、毎日会合参加して下さいと言われます。
> 活動は折伏です。
> 家族の絡みで今は脱会しませんが・・・

そこなんですね。
今の創価の体質は。
常識や正論が通用しない
組織や幹部の批判も一切まかりならない。
一般企業ならとっくに倒産ですよ。

活動は折伏。その通りです。それ以外は全て枝葉末節です。

家族の絡みで退会できない会員さんは大勢います。
でも、大御本尊に信を取る信心を取る信心を実践すれば
必ず功徳は出ます


プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>