今週の言葉 (2017年4月24日)より

最近、帰宅すると我が家のポストに
時々、聖教新聞が入っている。
自分たちで退会扱いした俺のもとに
なぜ聖教新聞を入れていくのか?
嫌がらせなのか?
まぁ新聞を入れていく人は大体察しがついているので
嫌がらせではないことはわかっているが
意図がよくわからん。
せっかくなので我が家の猫のトイレ掃除用に
ありがたく使わせてもらっているが
今週の言葉に

@@@@@@@@@@@
広布は「対話」で進む。
動けば境涯が開かれる。
語れば仏縁が広がる。
勇んで打って出て
「心の財」を共々に!
@@@@@@@@@@@

と書いてあった。
相変わらず進歩がない。
「対話」「境涯」「仏縁」「心の財」
同じようなことを年がら年中書いていて
書く方も読む方もよく飽きないもんだ。
毎回同じようなことを書かなければならないくらい
創価活動家が対話能力に欠けているということだろう。
昔から対話能力に欠ける、
いわゆるアスペルガー症候群系の活動家は多かったが
どんどんとその傾向が強くなっている気がする。
ご本人たちは対話をしているつもりなのだろうが
公明党への投票や聖教新聞の購読を依頼するのは
「対話」ではなく「懇願」という行動だし
創価や大作センセの話を一方的にするのは
「対話」ではなく「漫談」である。
そんな「懇願」「漫談」を「対話」だと思っちゃうから
いつまでたっても「対話」ができない
「対話」ができないから「折伏」も決まらない
そんな活動家が増えていて実に喜ばしい限りだ。
さらに「対話」以上にできないのが
「対論」とか「破折」
一応話を上の空でも聞いてくれる人ならなんとかなるが
「反論」されるともうアウト。
特に法門・法義の対論となると
これが可哀想なくらいできないときている。
「追撃の手を緩めるな」だの
「悪とは徹底的に戦う」だの
威勢のいいのは仲良し同士の集まる
会合やコミュニティのなかだけで
一歩外に出て一人になるとでんで意気地がない。
もっとも、いまの創価の教義・化義・行動
そのどれをとってみてもポンコツでまともな事は何もないのだから
そりゃ「対論」などできるわけもない。
それでも、昔の男子部は戦ったモンだ。
俺も部員さんに
「法論で99回負けても最後に勝てばいい。勝つまで戦え」
なんてよく言ってきた。
俺自身も広宣部になりたての頃は
顕正会あたりにコロッと言い負かされ悔しい思いして
そうやって教学を学んだもんだが
今の活動家はポーズだけ(笑)
まぁ200%勝てないのだから仕方ないんだけどね。
そんなんで広布なんて広がらね~し
心の財も積めるわけなって~の。
え?そんなことない?
じゃ、なんで俺の在宅のときに聖教新聞もって訪ねてこないのさ?
留守を狙ってポストに投函していくなんて
対話する気なんてないでしょ(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コソこそ、

いつも楽しく拝見しております。

不軽菩薩よろしく、
管理人様の様な方には、
遠い場所から
礼拝される以外に道は無し。

面と向かってなんか!
対論なんかできませんょ。

そんな勇気は御座いません。

先生の有料お手紙を
投函されたガッカイ員さんの
心の声を代弁してみました。

駄文失礼致しますm(_ _)m

 管理人さん

  ここで改めてわかったことのひとつに、

 学会員がヘタレで内弁慶ぞろいで、御利益信心で、年がら年中、お願いばかりで、自己中心的で、思い込みだけが頼りで、仕事や家事が出来ない人が多いのは、ローカルな組織の実態だと思ってたのが、実は全国区であったこということです。

 これは大きかったな。  

 >退転壮年部おじさん

 「管理人様の様な方には、 遠い場所から 礼拝される以外に道は無し。 」

 笑えました。  私は体重が「不軽ボサツ」?

 

軽量菩薩

駄文連文失礼致します。
寄る年月には敵いません。
お酒の量と、体重は、正比例するのか?
はたまた、題目の数と宿命転換は正比例するのか?

なんにせよ、ですが、
大聖人様を根本とされる方々には
敵わないのです。
私の実感と我見ですm(_ _)m

実にくだらん(壮年部哀史)

こんにちは。

 俗に「性格・人格・品格」という言葉がある。  自分のことは棚に上げて、私の場合 「人」をみる時、ついこれをひとつの物差しとして考えたりしてきた。

 昔っからいろんな幹部さんと会ってきて、思うに、とうとう「人間革命できた人」に 残念ながら遭遇したことはなかった。 結局なかった。 こっちの「見る目」の問題もある。  でも、圧倒的な存在感や畏敬の念、親和感を感じたことはなかった。

 ではなぜここまで「造花」で馬齢を重ねてきたのか。  それは「お互いまだ途上にある」と思ってたからだ。  今にきっと、と先送りにしてきたからだ。

 会合での大幹部の「演技」を見破れなかったし、第一、「すごい人たちなんだ」という先入観もあった。  男子部時代はまだよかった。 それなりに大幹部殿の指導!というものがあったし大きな会合で気勢を上げて これまたそれなりに元気になってたんだが、 ソーネンブに行ったら そこは墓場だった。  

 なーんもないところで、勤行の導師と報告連絡の毎日と化した。  そもそも「壮年部員はいても【壮年部】という組織」はなかったんである。  つまり男子部・婦人部・女子部、その他、ということである。  あんだけ副会長がいても、だーれも壮年部相手に指導に来ることすらなかった。   墓場にわざわざ人材を掘り起こしに来る信心深いものはいなかったのである。  さまよい歩くものは それはゾンビだ。

 ゾンビに人間革命もクソもない。 ゾンビに品格などない。  世間様でも、奥さんに先立たれた男ヤモメは 得てして2年くらいで死ぬらしい。  おっさんはつぶしが利かない。  使い捨てのゾンビたる私は、少ない月収から介護保険料を支払いながら、介護を要する日を、ただただ待っているのである。

 「壮年ほど悲惨なものはない  壮年ほど哀れなものはない だが、壮年はそこらに生き続けていた」  池田代作   

  合掌

はじめて投稿を致します。新進党と申します。名前だけのユーレイ壮年です。代せんせーソーカのMCが解けてきています。私はもう正義や唯一正しいとか受付けられない人間なのでテレビのキリスト教や仏教の番組を見てたまに和んでいます。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 不軽菩薩よろしく、
> 管理人様の様な方には、
> 遠い場所から
> 礼拝される以外に道は無し。
> 面と向かってなんか!
> 対論なんかできませんょ。

いやいや。
何も取って食おうというわけじゃないですから。
普通に対話しませんか?ってことですよ(笑)

嫌なら構わないで欲しいですよね(笑)

蘭房(RAMBO) さん

こんばんは。

>  学会員がヘタレで内弁慶ぞろいで、御利益信心で、年がら年中、お願いばかりで、自己中心的で、思い込みだけが頼りで、仕事や家事が出来ない人が多いのは、ローカルな組織の実態だと思ってたのが、実は全国区であったこということです。

はい。そうのようです。
師弟不二ですから(笑)
全国にセンセのお弟子さんがおられるということでしょう。  

蘭房(RAMBO) さん

ははは(笑)
壮年部はゾンビでしたか(笑)
どうりで話が通じないわけです。
そしてなかなかくたばらない(笑)
ゾンビじゃしょうがないですね。

新進党さん

こんばんは。初めまして。コメントありがとうございます。

> はじめて投稿を致します。新進党と申します。名前だけのユーレイ壮年です。代せんせーソーカのMCが解けてきています。私はもう正義や唯一正しいとか受付けられない人間なのでテレビのキリスト教や仏教の番組を見てたまに和んでいます。

そうですか。
宗教番組をみて和むということは宗教心は残っているといことですね。
個人的には宗教心って大切だと思っています。
本来の大聖人の仏法は
創価や大作センセのいうようなこととは違うのですが
創価に疲れると信心そものもに対して疲れしまいますよね。
創価を離れ疲れが癒えたらまた自分自身の信仰心を見直すのもいいかもしれませんよ。
何はともあれ創価から離れることはいいことです。
あそこにいると自分を見つめることもできないし
許されませんからね。

また、いつでもコメントしてください。
お待ちしています。

大白蓮華5月号

駄文連文失礼致しますm(_ _)m

本日、帰宅すると台所前に設置の食卓に
大白蓮華が置いてあり、
有料雑誌とは言えタダでは無いので
パラパラめくる私。

75万世帯の大願を戸田先生が
宣言されて、弟子の池田殿が
一切の責任を受けて、師匠の
御構想を達成した。
師匠の構想を実現するのが弟子の道。
との事です。

この構想(道)に日蓮大聖人様の存在は?
何処に居らっしゃるのか?

池田さんが、戸田先生の事を
崇拝してたのはわかりましたが、
センセは入信当初から、
大御本尊様は関係なかったのでしょうね。
日蓮大聖人様の仏法をソウカさんは
勝手に利用したらダメです。
破門されたの忘れてるの?
現会長さんが認定した
御本尊さんが本物で、
お山の大御本尊様は贋作ですから、
信仰の対象外ですからね。

イケダだいさく師弟不二教で
宜しいでしょ?

駄文失礼いたしました。

あれは誰得なんでしょうね

おはようございます。

学会員さんはよく聖教を勝手に『贈呈』したりしますよね。
誰得なんでしょう。やってる人間の自己満足ですよね。
『贈呈』って自分で言っちまうところがまた無邪気というか無神経というか。
彼等彼女等にとっては聖教新聞をポストに勝手に入れることが、『対話』だったり『破折』『救済』『挑戦』だったりするのではありません?
なにしろ拡大解釈のプロですから。

私も前は同じように、手作りのなんたらだの聖教の切り抜きだの変なカードだのポストに入ってましたけど関係ない者にしたらゴミでしかありません。「迷惑です」と一回言ったらやめてくれました。
言い方は、もうちょっと毒をもたせましたけどね。ふふふ。

アンチの方が何気なく目にした聖教新聞の大見出しで「ハッ」と発心した!とかいうお伽話をよく聞いたものです。
管理人さんにもその「ハッ」っとやらを期待してるとしたら随分無礼なお話ですね。
だいたい、聖教新聞の見出しに飛びつくようなオッチョコチョイが居ますかね?
居たとしても、インチキサプリや美味しすぎる儲け話なんかにも「ハッ」っとなって飛び付いては何回も痛い目に遭っているようなお気の毒なタイプだと思います。
そしてポストに勝手に入れるような人間も同類のオッチョコチョイでしょう。

管理人さん、そのオッチョコチョイに「なんでこんなことするのか」是非聞いてみてください。
どんな答えが返ってくるやら楽しみです。
私は聞きそびれちゃったので。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 池田さんが、戸田先生の事を
> 崇拝してたのはわかりましたが、
> センセは入信当初から、
> 大御本尊様は関係なかったのでしょうね。

そうだと思いますよ。
就職先を探していたら
戸田先生と出会った。
そんなところですかね。

牡丹さん

こんにちは。

> 学会員さんはよく聖教を勝手に『贈呈』したりしますよね。
> 誰得なんでしょう。やってる人間の自己満足ですよね。
> 『贈呈』って自分で言っちまうところがまた無邪気というか無神経というか。
> 彼等彼女等にとっては聖教新聞をポストに勝手に入れることが、『対話』だったり『破折』『救済』『挑戦』だったりするのではありません?

そうそう。
新聞をポストに入れて帰るのが「戦い」なんですかねぇ(笑)
そんなに勇気の必要なこととは思えませんが。

> 私も前は同じように、手作りのなんたらだの聖教の切り抜きだの変なカードだのポストに入ってましたけど関係ない者にしたらゴミでしかありません。「迷惑です」と一回言ったらやめてくれました。
> 言い方は、もうちょっと毒をもたせましたけどね。ふふふ。

想像がつきます(笑)

> 管理人さん、そのオッチョコチョイに「なんでこんなことするのか」是非聞いてみてください。
> どんな答えが返ってくるやら楽しみです。
> 私は聞きそびれちゃったので。

今度、とっ捕まえて聞いてみますか?
でもヤツラはゴキブリのように逃げ足が速いので捕まるかどうか自信がありません(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR