学会2世・3世の会員さんのこと(だしまきさんコメントへの回答)

だしまきさんから

>学会2世3世をバリ活時代と今ではどのように感じていましたか?
>幸運だね、みたいなことはよく言われていたのですがやはりそのようにお考えでしたか?

とのご質問をいただいたので
今日は、学会2世・3世の会員さんについて書いてみる。
俺の世代ではまだ3世というひとは少なく2世がほとんど。
いまではもう3世・4世といったところが青年部の主流かな?
俺が少年部の本責をしていたころの少年部たちの年代だろう。
学会員の家に生まれてくる子供たちを
「福子」なんて呼んで「生まれながら福運がある」
みたいな事をカツドウカさんたちは言うけど
「福子」というのは教学的に言うと
幸運(福運がある)という意味じゃない。
四条金吾女房御書の中に「安楽産福子」という言葉があるんだけど
これは法華経の法師功徳品の偈の中に書かれている言葉で
六根清浄の功徳の中の鼻根清浄について説かれている偈で
正宗の家に生まれてくる子供を「福子」といているわけではない。
なので正宗ではどうか知らないが
創価の中で使われている「福子」と言葉は
仏法的は使い方が間違っている。
ただし、師弟契約御書で引用されている、
◆経の文には「在在諸仏の土に常に師と倶に生れん」
という化城比喩品の説法を見ると
過去世に大聖人と縁をした(説法を聞いた)ことにより
今世でまた大聖人(大御本尊)の元に生まれてくるわけだから
福子として生まれてくるのは、
過去世の福運というのもまぁ頷ける(福子という言葉は適切じゃないが)
というわけで幸運といえば幸運なのかもしれないが
今の創価の家に生まれてしまうのは不運だ。
不運というよりも過去世に退転した者が今の創価の家に生まれてしまう。
仏法の道理から言えばそういうことになる。

さて教学的なことはさておいて、
俺の2世・3世の学会員さんに対する感想は
創価のカツドウカに限って言えば
「信心」を分かっていない人が多い。
というのが正直な感想だ。
これは別に今に始まったことじゃなく
俺自身が活動家時代から感じていた。
いわゆる「福子」の活動家の部員さんをたくさん見てきたし
いまでも付き合いのある学会2世・3世達もいるけど
確かに信心に対して純粋な人が多い。
御本尊を純粋に信じ
創価と学会員を純粋に信じ
そういった部分においては本当に純粋だ。
なんだけど、純粋な部分がどこかズレている。
その一番の部分は信心の基本というかなんというか
そういうところがズレている。
例えば「祈る」という行為があまりにも身近過ぎて
「祈る」というよりも「題目をあげる」
という行為になってしまっている人が多い。
「題目をあげることと祈ることは違う」
2世の部員さんによく話した。
また、学会2世の男子部時代の後輩にいわれたのは
俺が男子部時代に彼に言った言葉で一番衝撃的だったのが
「学会活動は信心じゃない」
という言葉だったそうだ。
彼の中では幼少の頃から
「学会活動こそ信心の基本」だという思いがあったらしく
俺に「そんなもの(ガッカイカツドウ)は信心の枝葉でしかない」
と言われたことを20年経った今でも覚えているらしい。
そういう意味で「信心が分かっていない」と感じる。
決してバカにしているわけじゃなくて
なんだろう。純粋過ぎて全てが受動的な印象だ。
だから、少し指導(って言葉は嫌いだが使わせてもらう)を変えると
みるみる変わっていく。
男子部時代にそれまで本流を決めたことない2世の部員さんが
ことごとく本流を決めたことがある。
それは純粋だったからだと今でも思う。
「祈ること」「大聖人仏法を語ること」
この二つを御書を通して話していくと
「内部以外に友人がいません」と言っていた部員さんが
あら不思議。次々と本流が決まる。のだ。

そこなんだよな。
2世とか3世とかの学会員さんと
初代(笑)の学会員の違いは。
福子として生まれてきた会員さんは
小さな時から「池田センセ」「創価学会」って言われてきて
創価や池田センセが言っていることが信心だと思っちゃっている。
それが信心の本質であり基本だと勘違いしちゃっている
勘違いというよりもそういう教育を受けてしまっている。
だから学会活動をやることが「信心」だと思い
池田センセを「師匠」と思うことが「信心」だと信じている。
そこが大きな間違い。
大聖人の御書のどこを見ても
選挙や聖教啓蒙を信心とは書いてないし
在家の一信者を師匠にせよ。とも書かれていない。
大聖人仏法の基本は、大御本尊を信じて勤行・唱題をすること。
この一言に尽きる。
それ以外のことは枝葉に過ぎない。
ましてやガッカイカツドウなんてものは御書に書いていない。
「ガッカイカツドウ」ではダメなんだ。
「大聖人の仏法の布教活動」でなくては意味はない。
「ガッカイカツドウ」というのは「広宣流布」のためにすることであって
それ自体は全くイミのない活動だ。
選挙も新聞啓蒙も部員さんまわりも、
最終的には広宣流布へつなげていくための準備でしかない。
そこに繋げないで忙しくガッカイカツドウをしていても
そんなカツドウは信心でもなんでもない。
よって功徳なんてない。
そこが理解できる2世・3世の人達は
折伏でも世間でも立派に結果を出す。
理解できない方々は創価の中でしか大きな顔をできない
ヘタレ幹部・バリカツの道へと進んでいく。
ましてや、いまの創価は大御本尊を捨ててしまっているのだから
ガッカイカツドウなんて百害あって一利なし。である。
因みに俺が活動家時代の2世3世の部員さんで
折伏を決めた部員さんは、今でもカツドウカやっているのは二人しかいない。
当時、折伏が決まらなかった2・3世の部員さんが
今やゾーン長・本部長をはじめ壮年部の要職についている。
不思議なモノだ。

話を戻すが、破門前に2世3世として生まれた来た人達は
最初に書いたように、過去世で大聖人の仏法を聞いた人たちである
生まれる前から大聖人に縁をしていた人たちである。
その功徳は正直俺のような今世で縁した人間とは比べ物にならないほど大きい。
俺はそう思っているし、そう感じている。
なのに、なぜ自らその功徳を捨てするのか?
創価に誑かされてなで三世の師匠である大聖人(大御本尊)を捨てるのか?
悪しきモノを師匠にしてなぜ善なる師匠を捨てるのか?
創価の家に生まれてきて、幸運か不幸かは本人次第だ。
創価という仏敵に打ち勝ち大聖人に信を貫けば
末法の法華経の行者として過去世の福運の何倍もの福運が積める。
そんなおいしい所(家)に生まれてこれるは幸運としかいいようがない。
でも逆に仏敵創価に負けて、大聖人を捨ててしまえば
いままでの修行の功徳は一切消え去り無間に落ちる
まさに乞眼の婆羅門でる。
そうした状況になってしまえば不幸だ。
野球で言えば9回裏2死満塁で打席が回ってきた。
そんなイメージだ。
仏敵の中(家)に一人生まれて来たこと。
これは大ピンチでもあり大チャンスでもあると思う。
一族郎党を成仏させるか、その逆か。
まさにその使命の大きさに耐えられるのは
過去世より大聖人の弟子である福子だけだ。
ってちょっと大げさか(笑)
でも、俺の周囲の2世・3世の学会員さんには
「いまこそ大聖人の弟子として仏敵に打ち勝て」
「いまこそ三世永遠の成仏の最後の戦いだ」
そう言いたいかな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
僕は学会二世でございます!(^^)!
しかしながら母親が熱心にお山に通うような人だった(子供ほったらかし)そのせいか大御本尊だけは忘れずにすみました。ありがとうお母さん、でも早く創価やめなさいよ(笑)
子供のころから創価家族の中で育ち、希望の友絵本を読み少年部新聞の漫画だけ読み、ざくろの花も読み、熱原の凱歌も読み
小学校高学年の時はSGIのマーチを近所の公園で練習させられ後日それを見ていた同級生にからかわれ・・・(笑)
創価創価、先生先生とお母さんや学会員さんは言うけれど、な~んかしらんけど今はこうして創価学会をやめて晴れ晴れと自分の信仰をとりもどすことができました(^^)/

そうですね~なんというかヤクザの子供が必ずしもヤクザにならないのと同じでその子の持ってる元々の性格にもよるんではないでしょうかね?
大作君も海苔屋にはならなかったわけだし(笑)
二世とか三世とかあんまし関係ないと思いますけどね~
自分ではじめた人でも痛いやつはなんぼでもおるよ(笑)

退転者って何?

質問者様のコメントが掲載される前に
駄文失礼致します。

本日のセンセからのお手紙に掲載されてた人革を拝見すると、

昔から、
優秀で素晴らしい方が学会から
離れていくらしい。

共通点は、自己中な人で、
周囲に迷惑を掛けるらしい。

御書やソウカ指導に反し、
自身を見つめる内省が
出来ず、

我が心を師とし、
我欲に堕ちるとの事。

これが、麗しきソウカの組織に
居られ無くなる退転、反逆者の
共通の構図だと。

獅子身中の毒虫は
いま何処?

まともな方々は
当然離れて行くと思う次第。

こんにちは。

自分の祖母や親は学会やってたこともあるので…純粋に法華講3世と名乗ったらいけない気がしています。

もと学会助教授?だった祖母は教学を学ぶことが大好きでした。亡くなる間際まで…だから52年路線で脱会に至りました。

もっと勘の良い方はその前の会長本仏論で脱会されたとの話も聞きます。3ヶ月の在籍で頭に染み付いたものを取り除くのに3年かかった等々…

法華講の信心がしっかりしている御家庭のお子さんたちは本当に幸せそうで四方八方から諸天善神に護られているかのように輝いています。

それなら学会のお家のお子さんは不幸かと言ったら…自分も親が信心一直線でなく過去の宿業に振り回されている(当時は子供でわからなかった…今思うと)

反面教師に恵まれたかも?

異流儀の中で妙寿尼のような強信の方が出るのは有名でしょう…

反面教師で終わらずに、生きている今がチャンスです。

今でしょ!

脱会して御登山して世同罪も……過去世からの罪も消して幸せになりましょう。

せっかく御題目を唱えているのですから、68代護られてきた流れにのってほしいです。やらせまいとする魔もあります。

皆仏様の子なので…できるはずです。お世話になった方のためにも自分がまず功徳を積んで…5座にもあるように法界平等と願える幸せな命になります。

元創価班さん

こんにちは。

> 僕は学会二世でございます!(^^)!

ですよね~。すみません言いたい放題で。

> しかしながら母親が熱心にお山に通うような人だった(子供ほったらかし)そのせいか大御本尊だけは忘れずにすみました。ありがとうお母さん、でも早く創価やめなさいよ(笑)

そうそう。そこが大切です。
2世3世の方々って本当に純粋なんですよね。
だからこそどっちにもころんじゃう危うさがあります。
でも、母上様は素晴らしいですよ。
元創価班さんのような息子さんを育てのだから。
お世辞じゃありませんよ。

> 子供のころから創価家族の中で育ち、希望の友絵本を読み少年部新聞の漫画だけ読み、ざくろの花も読み、熱原の凱歌も読み
> 小学校高学年の時はSGIのマーチを近所の公園で練習させられ後日それを見ていた同級生にからかわれ・・・(笑)
> 創価創価、先生先生とお母さんや学会員さんは言うけれど、な~んかしらんけど今はこうして創価学会をやめて晴れ晴れと自分の信仰をとりもどすことができました(^^)/

わたしも、少年部の本責になって一番照れ臭かったのは少年部歌を歌って踊ることでした。
女子部の本責の子に教えてもらいました。
ちなみに私の踊ったのは「君よ輝け」でしたっけ?ソレです。

> そうですね~なんというかヤクザの子供が必ずしもヤクザにならないのと同じでその子の持ってる元々の性格にもよるんではないでしょうかね?
> 大作君も海苔屋にはならなかったわけだし(笑)
> 二世とか三世とかあんまし関係ないと思いますけどね~
> 自分ではじめた人でも痛いやつはなんぼでもおるよ(笑)

最終的はそうですね。
だた。2世・3世の人は
創価を抜けるのが大変ですよね。
そこは同情します。

ナノルホドデハアリマセン  さん

こんにちは。

> もと学会助教授?だった祖母は教学を学ぶことが大好きでした。亡くなる間際まで…だから52年路線で脱会に至りました。

そうですか。当然の帰結ですね。

> 皆仏様の子なので…できるはずです。お世話になった方のためにも自分がまず功徳を積んで…5座にもあるように法界平等と願える幸せな命になります。

そうですね。2世・3世の方達は退会するのも一苦労ですからね。
ただ記事にも書きましたが、私など比べ物にならないくらい
長く大聖人の弟子でいた人たちです。
それを無駄にしてほしくないですね。

グリゴリウス的

創価学会の家に3世として生まれながらも、家庭環境もあって特に関心を持たず、今に至る二十代後半男です。
管理人さまに、私なりの質問がございます。

私は創価学会が嫌いです。しかし、大御本尊も、信じられません。
その理由は、私の祖父が、創価学会の破門と同時に脱会し、以後月一の登山を続け大御本尊への信仰を貫いたにもかかわらず、
晩年は、癌に罹患し、国の薬事関連の政策の転換期だったことから一切の痛み止めを打つ事が出来ず、壮絶な苦しみの中で亡くなっていった事です。
祖父は、学会員、時には親族からの誹謗にも耐えながら自らの信仰を貫きました。
その祖父が激痛による煩悶に暴れ苦しみながら、修羅の相で亡くなっていった事ー

この事がどうしても消化できずにいます。

大御本尊への信仰は、この世の幸福をもたらすものではないのでしょうか?
単に死後の安泰を約束するだけのものなのでしょうか?

仮に私が大好きだった祖父の信仰を受け継ぐならば、
現世においては苦しみを甘受しながら、死後に賭けるべきなのでしょうか?

ガッカイって?

友人葬とやらは代せんせーソウカの宣伝のために行われている気がします。亡くなった方が支部幹事なら特進で名誉支部長ですか?ある方は、代せんせーを尊敬して長年にわたりガッカイに貢献されてこられた方でした。どうせなら名誉会長を特進で差し上げればいいでしょうに。香典、花ぐらい出せや!ガッカイは会員に対しては金がかかる事には関わらない、徹底的に安く済ませるというゲスい気持ちがミエミエです。会館を葬儀に使わせない、おかしいです。ご指摘どうりです。死を遠ざける、考えさせない毒善ガッカイはやはりおかしい。私自身は名誉会長もメッセージも要りません。

自分勝手なガッカイ幹部ども

こんばんは。飛び飛びで読んだ中で。
いますよね、導師なのに代せんせー本や省教新聞を読んで内職するやつ。終わって会合になって会合の中心者なのに、部員には決意発表させといて自分らは前の雛席にいて省教新聞を読みながら自分の番のセリフを考えている奴。そんな態度なら会合自体やめろ!参加者の貴重な時間を奪うな!ですね。
男子部にありがちな会館での怒声の決意結果発表。罵声が飛ぶチンピラまがいの会合。女子部婦人部が怖がっている、不愉快になっている事にも気づかず。独善毒善の度合いはナチス親衛隊、ヒットラーユーゲントと同じでしょう。だいぶ前ですが、違法ビラ配らされましたね。忠誠心に付け込まれましたね。命じた奴らは今頃偉くなっているはず。共謀罪で頂上の代せんせー稔っちまで捕まえてほしいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

嫉妬ガッカイ

ガッカイほど他を嫉妬する人間の集まりはないでしょうね。代せんせーの、わけのわからない褒賞は省教に載せる、会員の叙勲は載せない。その差別の根は、やはり独善教義からきていると考えます。数値化できない科学で証明もできないのにつけ込んで唯一無二の正しい教えとか説くのはやめて欲しい。日蓮や代せんせーをいくら忖度しても何も解決しませんね。
一国の存立は軍事力で保証されます。明治新政府の富国強兵政策は決して間違いではありません。太平洋戦争は日本は戦略を間違えたんでしょうね。軍事力を例えば日本が放棄した、弱めた場合、喜ぶのは中ロ北朝鮮韓国だけですね。その他の国々は日本は無責任だと非難しますね。

ソーカの方舟

◯◯◯◯◯◯が布教にきた時、選ばれた人間だけが救われるノアの方舟思想だったのでその教義は捨てるべきだと破折したのですが、今から思えば代せんせー稔っち達、代せんせー信濃町軍団の選ばれた人間だけが得をする、ガッカイも同じですね。

2・3世の観察所感。

こんにちは。

管理人さんはGWお仕事ですか。
まあ我々ウィメンズもGWといっても家事はやりつつですけどね。

女子部や婦人部の2世・3世さん達ですが確かに純粋。
管理人さんが『ズレてる純粋さ』と仰ってますように、どう付き合えばいいか困るような純粋さなんですよねえ。
そして頑固。女性のほうが頑固なのかしら。ちょっとやそっとの指導くらいじゃ変わりゃあしない。
その変な純粋さと頑固さは共通していますがキャラクターは二極化していたように思います。

申し添えておきますが例外ももちろんいます。少数派ですがね。

まず、ナイーブで物静かでガラス細工みたいな方。いつ宿業が出るのかビクビクとおびえているとしか思えません。きっとそういうことを言われてお育ちになったのでしょうね。
何歳になっても親離れが出来ず何かあるとすぐ実家に帰ります。お仕事も続きません。お腹もよくこわし、すぐ泣きます。

さてもう一方はパワー系。言いたい放題で羞恥心というのが欠落していますのでやれと言われれば漫才でもコスプレアピールでも何でも全力でやります。年を食えば間違いなく籠池嫁のようになります。


さあ。このような方々に9回裏2死満塁で打席が回って来たらどうでしょう。
こんなのがレギュラーという時点で残念なへっぽこチームなんですけど。

まずガラス細工タイプ。
試合途中なのに泣いて実家に帰るかもしれません。そもそもバッターボックスに入ること自体頑として拒否するかもしれません。吐いたりとかするかもしれません。
まあ間違いなく見逃しの三振でしょう。

お次はパワー系の籠池嫁タイプ。
球筋を読むとか見定めるとかの能力はありませんので全ての球に手を出し振って振って振りまくって試合終了でしょう。自打球に逆ギレというパターンもありです。自分が敗因であるにも関わらず『全ての球に手を出した』ことを誇らしく胸を張ってベンチに帰って来たりしますので、ますます皆に嫌われることになります。

どちらにしても付き合いづらいタイプですよね。
共通するのは池田大作という人がとてつもなく大きな存在だということ。大好きという次元どころではなく、父のように尊敬し慕っている。ように見えました。

家庭教育というのは本当に大事ですね。

牡丹さん

こんにちは。

ようやくGWも終わりで少しホッとしています。
相変わらずの観察眼。感服いたします。

にしても牡丹さん野球に詳しいですね。
こんど一緒に観戦しますか(笑)
私の場合は12球団いちのファンを持つという
某弱小球団の試合限定ですかが・・
(今日も負けやがった)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR