創価教学じゃない御書講義(29年度5月座談会御書・四条金吾殿御返事)

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし、
「諸余怨敵皆悉摧滅」の金言むなしかるべからず、
兵法剣形の大事も此の妙法より出でたり、
ふかく信心をとり給へ、あへて臆病にては叶うべからず候
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は「四条金吾殿御返事」中の
「法華経兵法事」or「剣形書」
これもまたメジャーな御文ですね。
ここで仰せの「兵法剣形」とは
現在で言うと、能力とか才能とかスキルとか
そういった幸福になるための手段・方法。そんな所です。
で、そうしたものよりも、法華経の兵法を用いなさいということ。
もちろんそうした「兵法剣形」が無駄である。といっているのでありません。
この御書の冒頭に

◆夫れ運きはま りぬれば兵法もいらず果報つきぬれば所従もしたがはず、所詮運ものこり果報もひかゆる故なり

とあるように、才能・能力・努力を活かすのも
「法華経の兵法」である。ということです。
世間でも才能があっても運がなければ成功することはまずありません。

さて法華経の兵法とは、この前文に

◆ただ心こそ大切なれ

とあります。ここでいう「心」とは「信心」ということです。
信心とは具体的にいうと「本門の題目」事。
「本門の題目」とはいつもいうように、大御本尊を信じてあげる題目です。
ここがポイントですね。
大御本尊を受持の対象としない人の題目は
「本門題目」ではない。だから祈りはかなわない。

◆いかに日蓮いのり申すとも不信ならばぬれたるほくちに火をうちかくるがごとくなるべし

とあるように、我々が祈る祈りは同時にご本仏大聖人の祈りでもある
その大聖人(大御本尊)を信受しなければ
いくら祈ったところで無駄なわけです。
「兵法剣形」即ち才能や能力を活かすのは
この法華経の兵法です。
そこが狂ってしまっては、いくら「兵法剣形」の才を持っていても
それを活かしきることができないわけですね。

ではなぜ「深く信心」を取れないか?
大御本尊に信をとれないか?
それは「臆病」だからです。
特に創価の会員さんはここをよく拝してください。
「大御本尊を受持の対象にない」ということは正しい信心ですか?
おそらく多くの学会員さんは「正しくない」と思っているでしょう。
それを「正しい」と思っているなら
もはやその人は謗法に染まっているので手遅れですね。
そうじゃない会員さんはどうでしょう?
「正しくない」と感じているけど、
創価に言われた通りにするのはなぜでしょう?
創価の組織から離れたくない。
大作センセが好きだから。
おそらくそうした人情論とか世法のつながりがあるから
創価がいうことに従っているだけではないですか?

あえて厳しく言いますよ。
それを「臆病」というのです。
しかもあえて臆病なのです。
「あえて」とは、自ら進んで臆病になっている。ということです。
病気であることを知っていながら治そうとしていない。
ですから貴方たちの祈りは叶わないのです。
「いや私は祈りが叶った」という人もいるでしょうが
そう言う人は要注意です。
それは「魔の通力」であって「功徳」ではありません。
「私は大御本尊を捨てていない」
そう反論する方もいると思います。
では、あなたがいまでも「大御本尊を捨てていない」証拠はなんですか?
五座三座の勤行をしてますか?
大御本尊へのご観念をしていますか?
あなたが創価の化義を実戦しているのならば
「大御本尊を捨てていない」なんてウソを言ってはいけません。
それも「臆病者」のすることです。

◆浅は易く深は難しとは釈迦の所判なり浅を去て深に就くは丈夫の心なり(撰時抄)

創価の組織から離れること
創価の活動をやめること
創価への供養をしないこと
「そんなこと今更できない」
その「臆病な心」を捨て「丈夫の心」になりましょう。
「心こそ大切なれ」
ですよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

臆病者の集まり=某金持ち教団

いつも大変有難うございます。
ソウカの駄目だしブログの
真骨頂だと思う次第です。

最近は反論されるコメントも
無い。

すなわち、いかに
センセやソウカが
大聖人様の仏法に照らして
正しいのかを証明される
気骨あふれる学会員が
いないのは、寂しい限り。

駄目ダメな会員が増えてる
証左なのでしょうね。

法華経の兵法とは?
学会的な論理を教授して欲しいな?

センセと大聖人様は、
学会的に、どっちが大将?

駄文失礼致しましたm(_ _)m

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 最近は反論されるコメントも
> 無い。

ははは(笑)
最近は「だらしない」創価カツドウカばかりですね。
自分たちのコミュニティの中では
威勢がいいようですが(笑)
創価も全くもって人材不足ですね

No title

こんにちは

 御書は読みかたが難しいですね。 いままではこの「あえて」をしっかり意識してこなかったようです。  言い換えれば自滅、緩慢な不成仏への歩みですね。

 結局 信心が他力ではなく しっかりとした自意識?自覚がないとダメという仰せなんですね。  

 日蓮は少きより今生のいのりなし。。云々   私はこの一節が好きでした。

物乞い信心の匂いがする人(先輩)とも相容れなかった。  壮年部にいくとそんなんばっかしだったね。   商売とカツドウ上の「数字」ばかり祈ってる。

 で、そのあまり、信心が壊れていってる組織って 一体、、(笑

他力と自力

いつも有難うございますm(_ _)m
自分の生命に仏界が存在する。
勿論、ソウカ仏とは違うけど。

凡夫の我が身にも仏界があり
それを開く為に勿体無くも、
大御本尊様を
日蓮大聖人様は顕されたと思う次第です。

結局、受け身なのでしょうか、
信仰(信心)は対鏡が正しくても
祈る側、請願する側の生命しだい。
過去世、現世の行いに起因するのかと。
私の様に三世が濁りきってると、
そう思う。

駄文失礼致しましたm(_ _)m

一応、私は学会員なので、
学会員的なコメントをするならば、
他力(センセ)のご指導の通りに、
学会が発展する様に!
センセの御期待に添える様に!

私の全人生を捧げます!!とか?
無理、アホくさい。
ソウカに依存する位なら、
自力で御本尊様に請願します!




No title

こんばんは。

 早速 情報が入ってきました  わざわざ支部長 婦人部長会があって、私の
脱会についての「話し合い」があったそうです。  私が少し接触があった婦人2名が危ないという情報交換があったそうです。  巻き添えはお気の毒だから、☎をしておきました。   くだらねえ・・(笑

 また、」精神をわずらっている、ある婦人にも、昨日「本尊義」を話したから、その人にも余波が及びそうで心配しているところ。

 おれは信じるように、思うように、生きていきたいだけなんだが 相談を受けた人が 白い目で見られるのがやっぱり辛え、、まだスタンスがつかめない今は しばらく試行錯誤になるかもね。    退転壮年部おじさん、  腹すえてかかってくださいよ?

 ソウカの仕打ちは理不尽だぞ。^^;    さぁ 戦さだ。 ルンルン♪

  

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 一応、私は学会員なので、
> 学会員的なコメントをするならば、
> 他力(センセ)のご指導の通りに、
> 学会が発展する様に!
> センセの御期待に添える様に!
> 私の全人生を捧げます!!とか?
> 無理、アホくさい。

アフォくさいですね。
大作センセが成仏させてくるわけじゃなの。
完全に池田教の世界観です。

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  早速 情報が入ってきました  わざわざ支部長 婦人部長会があって、私の
> 脱会についての「話し合い」があったそうです。  私が少し接触があった婦人2名が危ないという情報交換があったそうです。  巻き添えはお気の毒だから、☎をしておきました。   くだらねえ・・(笑

予想通りの展開過ぎですね~。

>  おれは信じるように、思うように、生きていきたいだけなんだが 相談を受けた人が 白い目で見られるのがやっぱり辛え、、まだスタンスがつかめない今は しばらく試行錯誤になるかもね。  
>  ソウカの仕打ちは理不尽だぞ。^^;    さぁ 戦さだ。 ルンルン♪

楽しくなりそうですね♪

んまあああ!

なんて失礼なんでしょう!

いやいや。蘭房さんのお話です。
毎日毎日人間革命にお励みでしょうに、創価脳をフル回転して各人が判断なさればいいじゃありませんか。
いちいち集まって見解の統一ですか?
「判断能力も社会性も加えて信心とやらの確信もない出来損ないの集まりでございます」ってなものです。
大の大人が寄ってたかって蘭房さんの人脈を噂し合って、名前が出て来た関係のない方に釘を刺しに行くくらいのことしか考えつかないとは、バカここに極まれりです。
蘭房さんが誰に何を仰ったのかを必死になって情報収集するのでしょうね。また集まって報告会かなんかやるかもしれません。

上等上等。
私だったらこの機会に是非とも幹部の方々のお耳に入れて差し上げたいフレーズをあちこちで言い散らかしてやります。
長い話だとバカは曲解しますからバカでも分かる単純な短いフレーズがいいですね。
今までどんなに嫌だったか、今どんなに清々しているかを直球で教えて差し上げたいと思います。

まあお優しい蘭房さんのことですから、私みたいに死球狙いの豪速球を投げたりなさいませんよね。
残して来たご友人のことが気がかりだったり複雑なお気持ちだとお察しします。
でもこればかりは、それぞれの方がそれぞれの受け止め方をなさるに任せるしかありません。

蘭房さん、蘭房さんは一石を投じられただけで、間違っても「人さまの心を乱してしまった」なんてお思いになってはいけませんよ。心配しすぎかしら?

お礼

こんばんは。脱会員の蘭房でございます。  

 牡丹さん

 なんていうか、爽快なコメントを読んで、フローラルな心地よさを感じる私です。
創価花畑とは違うやつね。  ほんとうにありがとうございました。

 会合で私の最新情報をチクったのは、過日 お亡くなりになった先輩のご自宅にお弔いに伺ったのですが、そこの娘さんにあたる婦人部さんでした。多分、支部婦かな?  中等部時代から担当をさせてもらってた人でもあります。

 喪家は100;0の世界。  裏切った?が最後、その会合でも当然 私の名前は呼び捨てだったそう。  人としてどうなのか、、みんなザコだなあ、、、と思ってしまう未熟なじじいである私は、いけないのです。  大聖人様は日本一同に
「悪僧だ」と罵られたのですから、弟子はやはり堪忍しなければね。

 まあ正直 葛藤はありますよ。 でも早く「してあげた感」を捨てて、静かに更生の道を歩きます。  多分。。。(笑)

以上、よゐこな蘭房でした。

親愛なる管理人様へ

今晩は

管理人様は学会員さんのコメントを心待にしてはしゃくしたい様にお見受け致します。

大御本尊を受持の対象としない正しくない信仰をしてるのは敢えて臆病
その通り
敢えてニセ本尊で信仰してるのは、学会員を激励し続けた池田先生への感謝の気持ち

私は小学生の時から、こうなると思ってました。
僧侶様は学会員の恩着せがましい態度に辟易してたから
私でさえ予想出来たのだから、池田先生はとっくに想定内だったと思いますよ
貴方は?

管理人様が好きだから全部聞いちゃおう
学会員だったのなら、池田先生と一緒に闘った記憶は無いのかしら?
学会員が脱会しない為に色んな工夫を池田先生はなさったはず、文化祭とか?

miuさん

こんばんは。

> 大御本尊を受持の対象としない正しくない信仰をしてるのは敢えて臆病
> その通り
> 敢えてニセ本尊で信仰してるのは、学会員を激励し続けた池田先生への感謝の気持ち

私はそうは思いません。ニセ本尊と分かっていていて信仰するのは
結局は師匠も地獄に落とすことになります。
本当に大作センセに感謝しているなら即刻正しい信仰することが
師匠に応えることではないのですか?
かつて、大作センセは悪を責めることがその人を救うことだと指導していました。
私が大作センセを責めているのは却って大作センセを救っていると思います。

> 私は小学生の時から、こうなると思ってました。
> 僧侶様は学会員の恩着せがましい態度に辟易してたから
> 私でさえ予想出来たのだから、池田先生はとっくに想定内だったと思いますよ
> 貴方は?

一番恩着せがましかったのは大作センセでは(笑)

> 管理人様が好きだから全部聞いちゃおう
> 学会員だったのなら、池田先生と一緒に闘った記憶は無いのかしら?
> 学会員が脱会しない為に色んな工夫を池田先生はなさったはず、文化祭とか?

私はかなりオトナになってからの入信ですから文化祭などなかったですよ。
大作センセとの思い出とかありません。
不幸中の幸いだと思っています
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>