創価を批判しいるのでなく(miuさんのコメントへの所感)

今日は、miuさんからの以下のコメントについて
私なりの考えを書かせてもらいます。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
思ってる事を率直に書かせて頂きます
学会員は75歳前後の人が8割~9割で、
10年後や15年後はどうなってるかはおわかりでしょう。
脅威とは誰も思ってません。
批判しなくても、殆ど学会員はいなくなります。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

まず、創価を「脅威」だなどとは思っていません。
また創価の活動家諸氏のいう「嫉妬」とかいう感情もないです。
おそらくそれは私に限らず創価の外の世間では誰も思っていないでしょう。
創価中の人間が思うほど
世間の人々は創価なんて何とも思っていないのが現実です。
だた「鬱陶しい」というだけの存在でしょう。
創価活動家の師匠もまたしかり
世間の人の大半は大作センセなんて無視です(笑)
ですからmiuさんの言うように批判などしなくてもいい存在です。
現に多くの世間の人々は創価の批判などしません。
それは創価の存在を認めているのではなく
創価の存在など無視してるからです。
世間法ならばそれで十分です。

では、私はなぜこうして創価批判のブログを書いているかと問われれば
それは世法ではなく仏法のためです。
私がここで書いているのは
「創価を批判している」のではなく
「創価を破折している」のです。
世法上の批判は、わざわざブログに書かなくても
世間様はみなわかってます。
創価活動家の、厚かましく恥知らずで非常識な言動を
みな知っているのです。
ですから無視するわけです。

しかし、仏法上はこれを無視することはできません。
なぜならば、私は日蓮大聖人の弟子として
日蓮大聖人の仏法を信仰する信仰者だからです。
大聖人は、立正安国論のなかで

◆涅槃経に云く「若し善比丘あつて法を壊ぶる者を見て置いて呵責し駈遣し挙処せずんば当に知るべし是の人は仏法の中の怨なり、若し能く駈遣し呵責し挙処せば是れ我が弟子真の声聞なり」と
◆如かず彼の万祈を修せんよりは此の一凶を禁ぜんには。
◆但し仏道に入つて数ば愚案を廻すに謗法の人を禁めて正道の侶を重んぜば国中安穏にして天下泰平ならん。
◆早く天下の静謐を思わば須く国中の謗法を断つべし
◆唯我が信ずるのみに非ず又他の誤りをも誡めんのみ。

等々、謗法破折を言われています。
立正安国論以外の御書においても
同様の御聖訓を残されています。

また、大聖人のお振る舞いも
邪教・邪宗が滅びるのは必然としながらも
最後まで破折の手を緩めることはありませんでした。

いま、まさに最大の邪教・邪宗となった
創価上層部と活動家そして大作センセ
こんなものはいつかは無くなるはわかっていますが
目の前に謗法者とその団体が存在するのに
それを見て見ぬふりして放置するのは
ご本仏・日蓮大聖人の御心に背くことであり
大聖人の弟子として失格であり恥ずべき行為です。
それ故に私は謗法破折の一環として
このブログを書いてます。

アンチブログの中には確かに単なる批判を書いているモノあれば
批判以前の風説や捏造を書いているモノもあります。
また、ひょっとしてら本当に創価に嫉妬を抱き
怨嫉の念で批判する人もいるかもしれません。
でも、私には嫉妬も脅威も何もありません。
だた大聖人の仏法を守るために創価を破折しています。
その中で、創価の謗法に気づき
創価への布施を止め創価から離れ
また、大御本尊への信を取り戻してくれる
学会員さんが現れくれれば
それはそれで大いに喜ばしいと思っています。

創価が大聖人仏法を騙るのやめ
自らを大聖人仏法ではない
「池田教」「創価教」と名乗り
大聖人仏法と一切の関係ないと認めれば
創価の批判はやめます。
そんな取るに足らない新興宗教団体ならば
そんなモノ後回しでいいと思うので。
創価と創価活動家が大聖人仏法だと詐称する限り
創価破折は続けていくつもりです。

学会員さんのmiuさんには
面白くない話でしょうが
そんなブログでよければ、
是非また読んで、そしていつでも好きな時に好きなコメントを書いてください。
もちろん、私やこのブログに対する批判や反論でも構いません。
今後もよろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人様、御丁寧な対応有難う御座います。
全て管理人様の御指摘通りです。
創価学会は宗教団体では有りません
学会本部の職員の方からメール来まして、池田先生に御手紙書いても池田先生は現物を読みません。
手紙を読んで事務処理をする係りがいます。
処理したものを池田先生の所に送られます。
池田先生に当てた手紙にスピーチを通して返事が来ると言う事は、池田先生の原稿を作る人がいて、最終チェックは池田先生がなさってるのだと思います。

学会員は池田先生が最終チェックした文章を読んで、勤行や唱題、御書を読みます。
管理人様が声を大にしてる本尊など組織からすれば学会本尊で良いのです。

学会批判をしてる方の御指摘を真摯に重く受け止め、非常識な振るまいの学会員の除名を求めます。
自分の事を心配してくれた事に感謝して入会した、大人しく真面目で人柄の良い方が、退転したり未活動になってます。

地元本部職員が非常識な事に目をつぶるから、良くはなりません。

新進党さん

こんにちは。

> 地元本部職員が非常識な事に目をつぶるから、良くはなりません。

はい。全くもってその通りです

嫉妬

自分より、すぐれている人を
うらやみねたむこと。
「他人の出世を嫉妬する」etc.
なかなか、ソウカの論理は
楽しい。
イケダセンセを嫉妬した正宗から
ソウカは破門され、
魂の独立を果たした。よね?

未来志向の世界的な宗教団体に
飛躍される事でしょう!

正宗は衰亡の一途を辿り、
ソウカは毎日、全世界から
名誉な称号が送られてね。
我らのセンセは
世界平和の大指導者ですね。

手前味噌って言葉の意味すら
知らないソウカ。

どうなん?でしょう。
センセが今世の役割を果たし
昇天されても、日本以外の
各国から名誉な称号を頂けるのか?

まいど下らない
駄文失礼致しましたm(_ _)m

本当の創●学会史

創●学会は宗教団体ではなくて初手から宗教ビジネス団体だった?
柴田登志子(東京都杉並区方南町在住)・方位学研究家の証言
http://sokadamedasi.blog27.fc2.com/blog-entry-377.html?sp&m2=res
前にコメント欄に掲載したこの証言の裏付け資料を探してたらいろいろでてきました。

まだ、まとめてないので投稿はもう少し先になりますが、結論から言いますと牧口氏、戸田氏、池田氏、三代の会長は信仰心が少しはあったかもしれないが限りなくゼロに近いと判断できる資料が日蓮正宗系の資料その他からボロボロでてきました。
創●学会が盗聴したり盗撮したりする際の先兵となる広宣部の原型は戸田氏の時代にうまれました(当時ターゲットは正宗のお坊さんでした)
戸田氏は法人化に反対するお坊さんを青年部を使って血祭りにして念願の法人化を果たすことになります。

●僧俗和合なんてことは一度も無く常に僧俗の信徒をめぐる争奪戦の歴史だったと言っても過言ではありません、日顕氏が創●学会から悪の権化みたいに言われてますが、たまたま日顕氏の時にお互いの憎悪が顕在化したにすぎないのです、お互い打算でひっついていただけでしょう。

●一部資料を貼り付けときますので興味ある方はどうぞ。
☆狸祭り事件http://sudati.iinaa.net/rekisi/tanuki120501.html
☆けっして触れたくなかった真実http://toyoda.tv/taidan.htm
☆戸田会長 宗教企業を経営http://blog.goo.ne.jp/gakkaia-z/e/6cad95117ef09134e2ae228efd4e4627

本当の創●学会史

創●学会は宗教団体ではなくて初手から宗教ビジネス団体だった?
柴田登志子(東京都杉並区方南町在住)・方位学研究家の証言
http://sokadamedasi.blog27.fc2.com/blog-entry-377.html?sp&m2=res
前にコメントに掲載したこの証言の裏付け資料を探してたらいろいろでてきました。

まだ、まとめてないので投稿はもう少し先になりますが、結論から言いますと牧口氏、戸田氏、池田氏、三代の会長は信仰心が少しはあったかもしれないが限りなくゼロに近いと判断できる資料が日蓮正宗系の資料その他からボロボロでてきました。
創●学会が盗聴したりする際の先兵となる広宣部の原型は戸田氏の時代にうまれました(当時ターゲットは正宗のお坊さんでした)
戸田氏は法人化に反対するお坊さんを青年部を使って血祭りにして念願の法人化を果たすことになります。

●僧俗和合なんてことは一度も無く常に僧俗の信徒をめぐる争奪戦の歴史だったと言っても過言ではありません、日顕氏が創●学会から悪の権化みたいに言われてますが、たまたま日顕氏の時にお互いの憎悪が顕在化したにすぎないのです、お互い打算でひっついていただけでしょう。

●一部資料を貼り付けときますので興味ある方はどうぞ。
☆狸祭り事件http://sudati.iinaa.net/rekisi/tanuki120501.html
☆けっして触れたくなかった真実http://toyoda.tv/taidan.htm
☆戸田会長 宗教企業を経営http://blog.goo.ne.jp/gakkaia-z/e/6cad95117ef09134e2ae228efd4e4627

miuさん

こんにちは。

> 学会批判をしてる方の御指摘を真摯に重く受け止め、非常識な振るまいの学会員の除名を求めます。
> 自分の事を心配してくれた事に感謝して入会した、大人しく真面目で人柄の良い方が、退転したり未活動になってます。

おっしゃることはよくわかります。
私も、高慢で不遜な幹部活動家が除名されるべきとずっと言ってきましたが
それは不可能ですし、何よりも手遅れです。
心ある学会員さんは創価の中で嫌な思いをして過ごすか
創価を離れるかのどちらか以外にないと思います

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 自分より、すぐれている人を
> うらやみねたむこと。
> 「他人の出世を嫉妬する」etc.
> なかなか、ソウカの論理は
> 楽しい。

そもそも、「自分たちが優れている」と思っている時点で
かなりイタイ人々です。

古本屋店主さん

こんにちは。

> まだ、まとめてないので投稿はもう少し先になりますが、結論から言いますと牧口氏、戸田氏、池田氏、三代の会長は信仰心が少しはあったかもしれないが限りなくゼロに近いと判断できる資料が日蓮正宗系の資料その他からボロボロでてきました。

資料まとまったら投稿お願いします。

確かに牧口・池田両氏に関しては「信心」はあまりなかったように思えます。
戸田氏に関しては、宗門についていたから何とか信心を全うできたのかな?と感じます

ソウカの根本。組織信仰悪。

いつも御教授頂き、有り難く存じます。
m(_ _)m

古本屋店主様のリコメに
はっ!とする思いです。
そして少し残念な思いになりました。

でも、それが現実で、

戸田先生は、帝王学(組織利用)を
弟子の彼に学ばせた。
だから今のソウカがあるのかと。
いゃ〜、無念です。

ならば、私は大聖人様(大御本尊様)に
信を貫きたく。

駄文ですが、私の長男坊は
ジョウセイ君(5歳)。
何時も御教授有り難く思います。

今は函館に出張中。
これから北海の寿司でも堪能します。
明日、関東に帰ります。
ありがとうございます。

管理人様
私の事をこの人はこんな風に考えてると思って聞いて下さると有り難く存じます。
自分の考えを話すのは構いませんが、例えば、脱会したらとかもっと活動してとか、私はとてもウザく感じてる人間です。
学会嫌いと言ってる事柄は人に嫌われる事しかしないバリ活さんの事で、正しいから嫌われる?有り得ません、人に嫌われる事をしてるから嫌われる、そう言った方が折伏等出来た試しは有りません。
勿論学会員から私が辞めますと言われるだけです。

管理人様は学会員の為の本尊を納得されておられません
話は反れますが、億万長者でも、お金を持ってるだけでは持ってるだけなので、それだけでは幸せになれません。
どう使うで幸せになれます。
教義を都合よく書き換えず正当な信仰と言うよりも、現実の日常生活の中で信仰をどう取り入れていくか、活用していくかを大切に感じてます。

人間は自分を理解してくれる人と仲間を作り組織になります。
一人が良い方は何も困りませんが、団体に所属する事を選んだ場合、話は反れますが、25000人の家来がいた今川義元も死んでしまえば、3000人の家来しかいない織田信長の領地となりました。
一生この人についていこうと言う人がいないと組織は維持できません。
一生この人についていこうと学会員が思った人が池田先生です。
日蓮大聖人の弟子が必要なのです。
将棋も剣道も、華道も、何かの道を進むためには教えてくれる人が必要です。
池田先生は89歳、完全に引退、隠居されてますが御健在の間は学会員も池田先生への感謝の活動をします。
池田先生がお亡くなりになれば、一生ついていきたい人はいませんので、活動したいと言う気持ちの人はいなくなります。
1ヶ月7万円の給料の時に1億円とも3億円とも言われる東山魁夷の絵を所有してるのを雑誌で見ましたから、学会員の財務で日本一贅沢な暮らしをして、学会員でない人から、自分が世の中で一番偉いと思ってると激しく罵倒される生活を60年以上もなさってきたことに敬意を表します。
私は気楽に生きる方が遥かに幸せです。

miuさん

こんにちは。

> 管理人様は学会員の為の本尊を納得されておられません
> 教義を都合よく書き換えず正当な信仰と言うよりも、現実の日常生活の中で信仰をどう取り入れていくか、活用していくかを大切に感じてます。

今度の教義変更はその実体は「教義」を変更したのではなく、「本尊」を変更したのです。
実に残念なことに、そのことに多くの学会員さんは気づいていません。
気づかれないよう変更したのですから当然なんですが。
そして大聖人仏法というは「本尊」あってこそなんです。
間違った本尊義の信仰は生活の中で活用してく方法はないと思います。

> 一生この人についていこうと言う人がいないと組織は維持できません。
> 一生この人についていこうと学会員が思った人が池田先生です。

そうですか。それは人それぞれなので否定はしません。
私は日蓮大聖人についていこうと決めてこの信心をしています。

> 日蓮大聖人の弟子が必要なのです。
> 将棋も剣道も、華道も、何かの道を進むためには教えてくれる人が必要です。

残念ですが大御本尊えお捨てるのは大聖人を捨てるということなので
池田氏は大聖人の弟子ではありません。
ですから、池田氏が教えているのは大聖人の仏法ではありせん。
私は池田氏の人柄には興味もありませんので
彼の人柄についてどうこう言うつもりはないし言っていません。
だた池田氏及び今の創価は大聖人仏法ではない。というのは確かです。
ですからそれを破折しているのです。

> 池田先生は89歳、完全に引退、隠居されてますが御健在の間は学会員も池田先生への感謝の活動をします。
> 池田先生がお亡くなりになれば、一生ついていきたい人はいませんので、活動したいと言う気持ちの人はいなくなります。

そのような学会員さんは多いです。
一体いつから、大聖人に感謝するのではなく
池田氏に感謝することが優先されるようになったのか?
私には甚だ不思議でなりません。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR