のんかつさん。始めましょうか。(本尊義について)

では改めてのんかつさん「法論」を始めましょう。
最初に創価活動家は「法論」と「雑談」の違いを
弁えていない方が多いので言っておきますが、
「法論」とはあくまでも「法門・法義」について対論することです
よってその正邪の判定は「文証」によって決定されます。
主観的な「現証論」は正邪の判定材料にはなりません。

文証の定義とは、
◆唯人師の釈計りを憑みて仏説によらずば何ぞ仏法と云う名を付くべきや言語道断の次第なり(持妙法華問答抄)
との大聖人のご金言にあるとおりです。
従って貴方と私との間で「文証」として使用するのは
創価学会版の御書全集の中の御文でいいですね?
池田や戸田の言説は文証としては使いません。
傍証として引用しても結構ですが
その場合はそれを裏付ける「文証」を必ず提示してください。
日寛上人等のご歴代のご指南も然りです
(まぁあなたが日寛上人を学んでいればの話ですが)

文証がない場合は「ない」
知らない場合は「知らない」と言いましょう。
「文証」ない場合はその主張は「日蓮仏法に非ず」という判定です。
「知らない場合」も同様です。単なる「我見」という判定です。
nanaさんって方にも言いましたが、
論点の拡散やすり替えはお互い止めましょう。
テーマに無関係なことはお互いに書かない。
ひとつのテーマが終わらないうちに違う話はしない。
また、回答不能の場合は「回答することはできません」と書いてください。
「終了したい場合」場合は、「もうやめたいです」と書いてくれればいいです。
なんなら「参りました」とか「ごめんなさい」でもいいですよ。
その時点でお互い終了としましょう。
それと、いままでのほとんどの学会員がやってきた
「書き逃げ」はやめてくださいね。
あなたも「創価」をなのり
「大作センセ」の弟子を自負しているのでしょうから
「創価」や「大作センセ」に恥をかかすようなことは
よもやしないと思いますが、
そう言う人が多いので一応ここに記しておきます。

さて、貴方は「魔」が起こっているから創価が正しい。
と主張されていますが
このロジックはいわゆる「三段論法」の詭弁です。
私が創価を批判しているのは「間違った信心をしているから」です。
わかっていると思いますが
間違った信心に起きるのは「魔」ではなく「罰」と言います。
で、創価の信心のどこが具体的に間違っているかと言うと
「創価の本尊義」が「間違っている」と主張しています。
ですから貴方は「創価の本尊義は正しい」ということを論証してください。
貴方が「創価の本尊義」が正しいと論証出来た時に
「創価の信心は正しい」ということになり
創価に現れているのは「魔」である。と証明されます。
またそうであるならば創価は世界に広宣流布している。ということになりますし
私も貴方の主張を認めます。
幼稚な三段論法で私やこのブログの読者の皆さんを欺くことはできません。
どうぞ「創価の信心が正しい」ことを論証してくださいね。

では、ここから「創価の本尊義」に関する質問です。
あなたは下記の質問に回答してください。
質問返しはしないでくださいよ。
私の質問に貴方がキチンと答えた後に
今度は貴方が私に質問してください。
私はそれに回答します。
質問には番号を振りますので、回答部分の頭にその番号を記してください。
また回答のコメントはこの記事のコメント欄に投稿してください。

では、現在の創価教義の本尊義とは
▼「日寛上人書写の御本尊」も「弘安2年の御本尊」も等しく「本門の本尊」である。(会則の教義条項改正に関する解説)
という事を共通認識という前提で質問します。

①-①「本門本尊」の定義(体)を示した上で
①-②「弘安二年の大御本尊」つまり「本門本尊」を受持しなくても良い。
という文証を提示し、「本門本尊」不受持の正当性を論証してください。

②大御本尊も書写の本尊もすべて等しいのであれば、
②-①顕正会や身延の本尊でも流布したり信仰の対象としてもいいのか?
②-②顕正会や身延の本尊を書写した本尊も「正しい本門本尊」なのか?
②-③顕正会や身延の本尊が正しいのならば「創価」も「顕正会」「身延」もみな同じなのか?

あまり多くの質問しても話が乱雑になりますし
お互いの負担になると思われるので
まずは上記の①と②について回答してください。
この①と②の話が終わった時点で
今度は貴方が質問してくださっていいですよ。
ただし創価の与太話ではなく日蓮仏法の法門法義ですよ。
そしてもう一度念をおしますが
「文証」を引用しそれに即した回答をしてください。

◆但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず(唱法華題目抄)

文証のない現証(創価が世界に広まっているとかいう類)は書かないでください。
それと御書の通解は必要ないのでできれば御書の題号を明示してください。

最後に、私の方からも「魔」に関する御文を引用します。

◆涅槃経に云く「若し仏の所説に順わざる者有らば当に知るべし是の人は是れ魔の眷属なり(蓮盛抄)
◆我が経の外に正法有りといわば天魔の説なり云云(行敏訴状御会通)

文証のないことを言うのは「天魔」ですから。
お互いに気を付けたいものです。

では、回答お待ちしています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

のんかつさん。

追記します。
質問数が多すぎましたか?
多いようでしたら、まずは①番の質問への回答だけで結構ですよ。
①「本門本尊」の定義と「本門本尊」不受が謗法でいない。
ことだけ論証してください。
②については「文証」はないでしょうから①との整合性のある「理証」を述べてくれれば結構です(こちらは後でもかまいません)
お忙しでしょうが、読者のみなさんもお返事期待していますので
急がせませんがご回答よろしくお願いします。

法論の意味、在り方の相違の検討及び、重要な提案

法論の意味、在り方の相違の検討及び、重要な提案

管理人さんは「法論」の定義を以下の如く決めつけています。

“「法論」とはあくまでも「法門・法義」について対論することです
よってその正邪の判定は「文証」によって決定されます。
主観的な「現証論」は正邪の判定材料にはなりません。”、と。

さて、これを大聖人の御文を引いて確かめてみます。

【法華浄土問答抄】
「弁成の立、我が身叶い難きが故に且く聖道の行を捨閉し閣抛し浄土に帰し浄土に往生して法華を聞いて無生を悟ることを得べきなり。

日蓮難じて云く、我が身叶い難ければ穢土に於て法華経等・教主釈尊等を捨閉し閣抛し浄土に至つて之を悟る可し等云云、何れの経文に依つて此くの如き義を立つるや、又天台宗の報土は分真即・究竟即・浄土宗の報土は名字即・乃至・究竟即等とは何れの経論釈に出でたるや、又穢土に於ては法華経等・教主釈尊等を捨閉し閣抛し浄土に至つて法華経を悟る可しとは何れの経文に出でたるや。」

現証の御文
…無生を悟ること
…法華経を悟る可し
※これらは共に仏界を得るという意味。仏界を得ると言う事は、功徳を得ると言う事。当に現証です。

【立正安国論】
旅客来りて嘆いて曰く近年より近日に至るまで天変地夭・飢饉疫癘・遍く天下に満ち広く地上に迸る牛馬巷に斃れ骸骨路に充てり死を招くの輩既に大半に超え悲まざるの族敢て一人も無し、然る間或は利剣即是の文を専にして西土教主の名を唱え或は衆病悉除の願を持ちて東方如来の経を誦し、或は病即消滅不老不死の詞を仰いで法華真実の妙文を崇め或は七難即滅七福即生の句を信じて百座百講の儀を調え有るは秘密真言の教に因て五瓶の水を灑ぎ有るは坐禅入定の儀を全して空観の月を澄し、若くは七鬼神の号を書して千門に押し若くは五大力の形を図して万戸に懸け若くは天神地祇を拝して四角四堺の祭祀を企て若くは万民百姓を哀んで国主・国宰の徳政を行う、然りと雖も唯肝胆を摧くのみにして弥飢疫に逼られ乞客目に溢れ死人眼に満てり、臥せる屍を観と為し並べる尸を橋と作す、観れば夫れ二離璧を合せ五緯珠を連ぬ三宝も世に在し百王未だ窮まらざるに此の世早く衰え其の法何ぞ廃れたる是れ何なる禍に依り是れ何なる誤に由るや。

現証の御文
…近年より近日に至るまで天変地夭・飢饉疫癘・遍く天下に満ち広く地上に迸る牛馬巷に斃れ骸骨路に充てり死を招くの輩既に大半に超え悲まざるの族敢て一人も無し
…西土教主の名を唱え或は衆病悉除の願
…或は病即消滅不老不死の詞を仰いで法華真実の妙文を崇め
…然りと雖も唯肝胆を摧くのみにして弥飢疫に逼られ乞客目に溢れ死人眼に満てり、臥せる屍を観と為し並べる尸を橋と作す
※これらは邪教を信じ、行じた結果現証としてこう言う三災七難が起こったと言う事。現証と言います。

【日蓮仏法をこころみるに道理と証文にはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず】

現証の御文
…文証(証文)も理証(道理)も大事ではあるが、それよりも現証が大事。

法華浄土問答抄は実際の法論、立正安国論は国家諌暁にての仮の法論、上の文は簡潔な大聖人の御文。

以上、全ての対話では「現証」を非常に大事にされています。と言うか、現証を中心に対話を進めています。

”主観的な「現証論」は正邪の判定材料にはなりません”、と言われる管理人さんのお言葉はどう取り違えても大聖人の仏法の原理から外れています。「主観的な現象論」と釘を刺されていますが、功徳(罰)は信心している人の主観そのものです。これを否定する事は、大聖人時代の門下の方達の功徳の数々も否定するという、その矛盾に陥ります。それが何を意味するかは、お判りだとは思います。
客観の功徳とはどういうものなのか?よく分かりませんけど、実際に見る事が出来るのは学会の広宣流布の数々でしょうか?

さて文証が揃った様ですので、私からの追加の提案をさせて頂きたいと思います。
今回の話し合いには「三証を揃え」て、その基礎の上にて行いましょう。

苟も大聖人の仏法を、我々ド素人連があれこれ話し合うのです。大聖人が何よりも大事にされていた仏法の証拠(現証)を出して論議すべきだと思います。
それとも、管理人さんは大聖人以上に仏法の事をお知りになっていると、そう言われるのでしょうか??
そうであれば、ゴメンなさいとここで謝ります。

それと、勝ち負けなど、私はそんな下らない事は考えていません。どうでもいい事です。
でも、最終には管理人さんが自分で「勝ったんだ!!」と思われるのであれば私は学会を、あなたと同じに逃げ出す事を誓いましょう。あ、覚醒と言うんですね。言葉はどうでもいい事です。現実の意味が大事なんです。
でも、逆になったとしても、あなたはそのままで宜しいですよ。なんの興味も無いので。
私はこの話し合いを、自分のブログのネタにしたいだけ、ただそれだけの事なんですから。

それは兎も角、三証の件宜しくお願いしますね。これは非常に大事な事です。これが無いと大聖人の仏法の話し合いとはなりません。

がっかりだよ、のんかつさん

がっかりだよ、のんかつさん。
コメントせずに、待ってたのにさ。
あんまりだよ。

大聖人は「現証を中心に対話を進めています」とあなたは仰る。
でもね、大聖人は現証だけを言っておしまいにしていますか?
どうしてそういう現証が出るのか(現証と言えるのか)を、
経文に基づいて論証しているでしょう?
だから「主観的な現証論」ではないんですよ。

「魔という現証が起きているから学会は正しい」と言うのなら、
管理人さんが指摘しているように、
「創価の信心がなぜ正しいと言えるのか」を、
文証によって論証できるはずです。

「信心の正しさを論証する」というのは、
つまり「法の正邪を糺す」ということですから、
主観的な現証論ではなく、文証に基づく論証が先にあるべきです。
なぜなら、大聖人は、法の正邪を糺す際は
文証に依るよう繰り返し仰っているからです。

のんかつさんも、御書は何度も全編拝読されていると思いますが、
主な御金言だけでも下記のようにずらっとあります。

■法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず
(唱法華題目抄・御書16 ㌻)

■文証の所出を知らず我意の浮言ならば之を用ゆ可からず
(法華真言勝劣事・御書122 ㌻)

■玄の三に云く「文証無き者は悉く是れ邪偽・彼の外道に同じ」
(真言見聞・御書148 ㌻)

■才芸を誦し浮言を吐くには依る可からず
正しき経文・金言を尋ぬ可きなり(真言見聞・御書150 ㌻)

■仏法の邪正は経文の明鏡に依る
(北条時宗への御状・御書170 ㌻)

■仏法は強(あなが)ちに人の貴賎には依るべからず
只経文を先きとすべし(聖愚問答抄・御書481 ㌻)

■経文に明ならんを用いよ
文証無からんをば捨てよ(聖愚問答抄・御書482 ㌻)

■汝只正理を以て前(さき)とすべし
別して人の多きを以て本とすることなかれ
(聖愚問答抄・御書493 ㌻)

■仏法を修行せんには人の言を用う可らず
只仰いで仏の金言をまほるべきなり
(如説修行抄・御書502 ㌻)

■仏法の邪正をただす事・皆経文をさきとせり、
今当世の道俗・貴賎皆人をあがめて法を用いず
心を師として経によらず(中略)
是等の類・豈大乗誹謗のやからに非ずや
(星名五郎太郎殿御返事・御書1207 ㌻)

■若(も)し証拠なくんば誰人か信ずべきや、
かかる僻事をのみ構へ申す間・邪教とは申すなり
(祈祷抄・御書1355 ㌻)

これだけ大聖人が口をすっぱくして言っているのに、
主観的な現証論だけで議論しようぜなんて…。
「私はこの話し合いを、自分のブログのネタにしたいだけ」とか、
仏法を何だと思っているんだろうと、悲しくなりました。

管理人さん、荒らしちゃってすいません。

のんかつさん

あなた「法論」したことあります?
「法」を「論じる」から「法論」なんですよ。
いいですか?「現証」を証明するための
「文証」と「理証」です。
大聖人が「文証」と「理証」をすっ飛ばして
他宗を破折してますか?そんな御書があるなら提示してくださいな。
三証で話すのは構いませんが、
必ず裏付けとなる「文証」を提示してください。
「文証」の提示かなければ「法論」ではありません。
ましてや最初に私が質問したのは
「本尊義」についてです。
まさか「本尊義」を「文証」なしでどう説明するんですか?

まぁ、「強がったり」「逃げ道作ったり」
そんな余計なコメントはいらないので
まずは、私の質問に答えてくださいな。
最初からこんなんじゃ先が思いやれますよ。

「本門の本尊」の定義をまづは論証してみなさいよ。
そして「本門の本尊」を受持しないという行為がなんで正しいのか?

まさか、貴方は「本門本尊」も説明できないとか?
そんなことはないでしょ。

元創価さん

こんばんは。

> 「信心の正しさを論証する」というのは、
> つまり「法の正邪を糺す」ということですから、
> 主観的な現証論ではなく、文証に基づく論証が先にあるべきです。
> なぜなら、大聖人は、法の正邪を糺す際は
> 文証に依るよう繰り返し仰っているからです。

仰るとおりですね。
まぁ「法論」の意味が分かってないのでしょう。
次回のコメントを待ちましょう。

> これだけ大聖人が口をすっぱくして言っているのに、
> 主観的な現証論だけで議論しようぜなんて…。
> 「私はこの話し合いを、自分のブログのネタにしたいだけ」とか、
> 仏法を何だと思っているんだろうと、悲しくなりました。

確かにね「ブログネタ」なんて・・・
やはり「法論」がわかってないようです。

> 管理人さん、荒らしちゃってすいません。

いやいや、全然大丈夫です。
正論ですしアラシでもなんでもないですよ。

お久しぶりです。

ご無沙汰しております、以前大変口汚い言葉で本ブログを荒らしてしまったものです。その節は大変失礼しました。

全く別件にて日蓮正宗について調べていたところ、この記事が検索に引っかかり、久々に参った次第です。おそらくすごいアクセス数なのでは。
別記事を参照しておりませんのでこれまでの経緯はわかりませんが、
リアルタイムで法論?とやらを見るのは初めてなので楽しみにしております。

それにしても、この本尊をめぐる議論を見ていての所感は、
日蓮正宗の教義は強いということですね。
文字曼荼羅といういくらでも複製可能、しかもそのオリジナルですら複数あるものに超越性を与えた場合、当然その正統性を問う議論は無限に分散する。
そこで、そのオリジナルに階層秩序をつけて大御本尊を絶対的位置に置き、さらにそれをコピーする際にもその経路を法主という媒体によって唯一化する。よくできていると思います。

法論の狭間に恐縮ですが、
質問がございます。

●ネットでよく、御本尊のカラーコピーに祈っても功徳がないと仰る方がいます。管理人さまは確か以前の記事でそうしたお考えを退けておられましたが、その理由はなんでしょうか。

●スマホやタブレットに大御本尊を映して唱題するのは、功徳がありますか。

●大御本尊は日蓮直筆ではなく、それを木に彫ったものだと認識していますが、それを3Dプリンタで再現したら、同等の力を持ち得ますか。

●大御本尊焼失、というと穏やかではないですが、あり得ないことではないと思います。その場合は、日蓮はこの世界から全く失われてしまうことを意味するのでしょうか。

不躾な質問、恐れ入ります。
複製時代のテクノロジーと宗教、芸術について考えているため、上記是非ご教授いただきたく存じます。

ディスミナシオン

こんばんは。お久しぶりです。
こちらのコメント蘭につきましては
のんかつさんとの法論専用のコメント欄とさせていだきました。
何かありましたら次記事のコメント欄をご利用ください
(お手数かけます)
また、今回のご質問に関しては
今まさに「法論」のテーマとしている「本尊義」に関してなので
のんかつさんとの「法論」に一段落ついてからの返事にさせてください。
ご理解の程よろしくお願いします。

のんかつさま、
大丈夫、あたま!?

と、それはさておき、
ディスミナシオンさまなど、
あなたより高い知能をお持ちの方がより深い問題提起をしています。
はっきり言って、あなたとの法論より、
観客はそちらに関心があります、

なので、
もう引いてもらえません?

あなたに興味ある観客は、もういません。

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR