ひごちゃんさんの質問への回答

今夜はひごちゃんさんからのコメントへの返信記事を。
大御本尊に信をとれば学会本尊でも功徳は出るのか?
学会員さんならば気になるところだろうと思う。
オレもすっと学会本尊で思索していた。
法華講さんから言わせれば「ニセ本尊」
なのに何故か功徳が出る。
オレの周囲の人間、
つまりオレと一緒に幹部達によって組織を追放された人間も
ことごとく創価本尊でも功徳が出ている。
創価幹部に言わせれば俺たちは「仏敵」という位置づけらしいが
ならば功徳でなくて魔の通力なのか?
でも祈念しているのは創価本尊でしょ?
ならば創価の本尊は法華講員さんの言うような「魔札」ってことになる。
これは一体どうしたものか?と
その不思議な現証を検討し思索した結果
オレのは、いつも言っている
「大御本尊に信を取れば創価本尊でも功徳が出る」
という結論に達したわけだ。

そこで、ひごちゃんさんからのご質問。

> 管理人様は、大御本尊に信があれば
> 学会の本尊にも功徳が現れると書いておられますが、これに対する文証を
> 示して頂けませんか?

まずこの件にして、そのような直接的文言のある御書はない。
しかし、大聖人のお振る舞いから考えると
大御本尊に信があれば創価本尊でも功徳が出る。
ということは充分納得ができる。
具体的な大聖人の振る舞いを御書を通してみてみると
まづ、大聖人は清澄寺に在籍している
法兄である義浄房・浄顕房や円浄房らに対し
「善無畏三蔵抄」「佐渡御勘気抄」「義浄房御書」
などを送られてその信心を励ましている。
清澄寺といえば邪宗の寺である。
その清澄寺に所属しているということは
これは現代で言えば、謗法・邪教の創価に所属している事と同じ。
なので大聖人は謗法教団に所属をしているからという理由で
直ちにその人間を排除していない。
また、四条金吾の奥さんである日眼女が
釈迦仏を供養してもそれを許し賛嘆されている
(日眼女造立釈迦仏供養事)
現代で言えば「ニセ本尊」を供養したからといって
これまた直ちに排除していない。
これらの大聖人のお振る舞いから考えれば
「創価本尊だから直ちに謗法」というのでは
理屈が通らない。
こうした大聖人のお振る舞いから「理証」として考えられるのは
謗法行為とは単なる形式的なことでなく
根本の信心の姿勢であると大聖人は考えられていた。
とするのが間尺が合う
では、義浄房や日眼女の共通点とは何か?
それは「御本仏・日蓮大聖人」に対する信だ。
このことは現代置き換えて言えば
「大御本尊(御本仏)」に対する信。
ということなる。
当然、開眼した正しい御本尊を受ける。
ということが基本ではあるが
義浄房が清澄寺で念仏僧の師・道善房に仕つかえたことは
どうしてもそうせざるを得ない状況だったのであり
日眼女は釈迦仏供養したのは、
信心に対し深い理解がなかったから。
逆にそのような状況でも御本仏に対する純粋な信があれば
大聖人はその信心を賛嘆する。
御本仏が賛嘆するということは功徳が出る。ということになる。

では、どうして創価のコピー本尊が大御本尊につながるのかというと
このような純真な信心を貫く人には
御本仏の心法は分身として眼前に現れるからだ。
心法はイコール色法なので
たとえ目に見えなくても分身散体の御本仏がそこの存在する。
内得信仰でも功徳が出る理由はそこにあると思う。
大御本尊(御本仏)に信をとる。とは色々とあるが
大御本尊を求める。換言すれば大御本尊への恋慕の思いだろう。
その恋慕の思いがあれば御本仏は
どこにでもその分身散体の姿を見せるのである。

◆日蓮をこいしくをはしせば常に出ずる日ゆうべにいづる月ををがませ給え、いつとなく日月にかげをうかぶる身なり(国府尼御前御書)

大御本尊に対し恋慕の心があれば、太陽でも月でも創価のコピー本尊でも
そこに御本仏の分散体が浮かぶ。
それ故に創価本尊でも大御本尊につながる。
それが「大御本尊に信を取れば創価本尊でも功徳が出る」というオレの主張だ。

最後に
> 管理人様も常々三大秘法の本門の本尊に唱える御題目しか功徳がないと
> 言われてるのと矛盾を感じます。

とこことですが、私がいつも言っているのは
一大秘法の戒壇大御本尊に信をとる題目。ということで
三大秘法の本門の本尊ではありません。
三大秘法の本門本尊かどうかは
戒壇大御本尊に信を取るかどうかで決まると思っています。
一大秘法に信を取らなければ
真筆であっても三大秘法の本門本尊ではないと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さん

 深夜にまた書いてます。 こんばんは。

 今回の記事内容は私には難しいテーマです。 正直、認めにくいのです。

 思索してきたことでもありますので。 究極、大御本尊様への「信」の如何ということに集約されてきますね。現実的に捉えれば」「破前・破後(平成9年か)」のことに係わります。  大御本尊様にお目通りしたことのある会員さんと、そうでない会員さんでザックリと二分される。  勿論、人の心は見えません。  かといって昔の海外会員さんは「御下符」もないまま内得信仰でも功徳が出ていました。 当然、来日もしていない方々です。  こういう人たちがどうして御戒壇様に信を置けるのか。
ここも判らないところです。

 そこまで本尊義には汎用性があるものなのかどうか。  

 出家とその弟子の本だったと思いますが 出家の我が身は様々に修行をしている。 ところが一般の民百姓は、思い思いの生活をしながら、それでも弥陀の名号を唱えれば、僧侶である自分と同じように極楽往生が叶う。  そのところを悩むわけですね。 ここは面白かったのを覚えています。

 少し比較の対象にはならないかもしれませんが、同じ課題のフレィバーを感じるのです。  如何 お考えでしょうか。

 大聖人仏法の厳密なる法義のフォーカスと、爛堕懈怠であっても、信さえあれば同様の果報を受ける。 ここが得心できない点です。

 仏の慈悲広大を信じつつ、そしてそれに甘えつつ生きているという自分でありながら、こういうことを悩んだりする自身にも腹が立ったりしているのです。(苦笑)

 


 

蘭房(RAMBO)  さん

>  思索してきたことでもありますので。 究極、大御本尊様への「信」の如何ということに集約されてきますね。現実的に捉えれば」「破前・破後(平成9年か)」のことに係わります。  大御本尊様にお目通りしたことのある会員さんと、そうでない会員さんでザックリと二分される。  勿論、人の心は見えません。  かといって昔の海外会員さんは「御下符」もないまま内得信仰でも功徳が出ていました。 当然、来日もしていない方々です。  こういう人たちがどうして御戒壇様に信を置けるのか。
> ここも判らないところです。

個人差があると思います。
かの熱原の信徒も御本尊下付もなく大聖人に会ったこともなかったにもかかわらず大聖人・妙法への信を貫きました。
私もご存知の通り大御本尊にお目通りどころか大石寺にすら行ったことはありませんし、ここ半年は内得信仰です。
それでも創価活動家時代から「大御本尊」を信じてやみませんでした。

(信心をしている)動機と体験からくる確信と周囲の人の指導によって個人差が出るのかと思います。
とくに「指導」が大切だと思います。

◆法自ら弘まらず人法を弘むる故に人法ともに尊し。

正しい信心を教えてくれる「人」の存在が大きい。
ここに「僧宝」の重要性があると思います。
熱原信徒も日興上人のご指導があったからこそ「信」を貫けたのだろうと。
宗門から離れた創価の迷走ぶりは
正しい信心を教えてくれる人がいなくなったのが
大きな因だと思ってます。

>  そこまで本尊義には汎用性があるものなのかどうか

個人的には、極論を言えば御本尊は「戒壇大御本尊」だけで十分だと思ってます。
しかしそれだとなかなか信心が続かないのが凡夫のつらいところです。
分身散体はご本仏の慈悲でしょう。

>  大聖人仏法の厳密なる法義のフォーカスと、爛堕懈怠であっても、信さえあれば同様の果報を受ける。 ここが得心できない点です。
>  仏の慈悲広大を信じつつ、そしてそれに甘えつつ生きているという自分でありながら、こういうことを悩んだりする自身にも腹が立ったりしているのです。(苦笑)

爛堕懈怠は信がないという事なので同じ果報は受けないでしょう(笑)

祈りの叶うも、叶わぬも

何時もお世話になります。
大御本尊様に信心の繋がりを求める
そして
何より大御本尊様に対する個々の信仰心が重要なのかと。そう思います。

対鏡が3千円のご本尊様と思って
祈るのか、
大御本尊様に繋がる様に祈れるのか、
大きな違いがあるのかと。

大聖人様が残された御本尊様は
身延にもありますよね?
創価の大聖堂にも正宗から下付された
御本尊様もありますが

それらの御本尊様に幾ら題目を唱えても、
叶う事は無い。魔の通力は別とします。

彼ら彼女らは、
日蓮大聖人様(一閻浮提総与の大御本尊様)を末法の御本仏とは思ってないので。
心が大聖人様に向かない。
だから、信仰の対象としない。

自宅の御本尊様を通して大御本尊様を
心に想い浮かべ今夜も勤行唱題致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

管理人さんが以前から主張されてる事ですが妙~に説得力あるんですよね~(((^^;)
今考えればそれゃダメですよ、勝手によその宗派のお坊さんが書いた本尊をコピーして会員に配るんだから。
ダメにきまってるんです。

でも功徳としか言い様のないもんが出た。出たんだからしょうがない(笑)
それはなぜなのか僕にはわからん。

親の福運も二十歳まで。創価全体が破門になってから20年。
創価がお山に御奉公した福運もつきたかな?
今の創価本尊はダメです。大御本尊を信じない人達がコピーしたもんだから、微かな功徳もない。
大御本尊を信じない人達がわんさか集まって御題目あげてもなんもおこらない。
達成感はあるかもしれんけどしんどいだけ。

あ、それと南無妙法蓮華経は宇宙の根本法則で宇宙のリズムってのは嘘でした。
あれは池田先生がヒンドゥー教からパクった教えらしいです。
もうパクりまくりです。



今晩は🌃✨

私も宇宙の法?
この言葉聞いて、何言ってるの?
と思ってました。

どんどん違う方向に行ってるみたいな?

我が家のニャンコは、にゃあ!なのよ。

何時も、決まった場所でウンチを廃止。

生理現象を処理した後に、

気持ち良く
私にスリスリしてくれる猫くん。
畜生界の輩でも、
人心を掴みます、

我輩は大御本尊様が好きである!と、
言わないけど。

本ブログとは
因果関係ゼロです。
毎日浅はかコメ失礼します。

う〜ん。

管理人様

法華講員の立場からすると、
今回の記事は賛同できません。

ただ、管理人様は実はわかっていらっしゃると拝します。過日の記事にあった「基本的に〜」等々の行間にそれを感じます。

あくまで「大御本尊様の仏力、法力」を示すための門内摂受かと解釈しております。

脱会してから、学会教学では知り得なかった石山教学を御住職様より御指導いただいており、ネット教学の限界を感じている今日この頃です。

古刹信徒さんへ

 深夜になりました。  こんばんは・ 横からすみません。

 仰ることは私の立場での理解はできました。  ご宗門のに籍を置かれている以上、飽くまで能化であるご僧侶のご指南に従うのが筋目ですね。

 逆にいえばそういう場でご僧侶に「それは納得できませんね」とは言えないわけでしょう。

 ただこういうブログにおいてはそれが無く、双方的であるのが良いところですね。

 私らも管理人さんの理法解釈を全部が全部、理解納得できているわけではありません。  それは感情論ではなく「求道(ぐどう)」と納得」上の問題であるし、当然こうであるべきでしょう。  

 元来、日顕上人の法座問題の事から、「猊座や、相承」のことを我々 学会員が云々すべきではない、という学会指導もありました。  今となっては噴飯ものですけどね。  能化・所化の形は大切ですね。

 しかしまあ、「こういう場」があるのは同時に有難いことでもあると思います。確かに功罪共にありますがこれも時代性でしょう。

 でもとりわけ、14年間、悩んできた私自身が「このブログ」でやっと決断できたことは事実です。  いわゆる「善知識さん」に出会えたことを感謝しているのです。

 これからも活発に論議していければ、こんな嬉しいことはありませんね。

 そして最後に「定見(確信」に繋げていくのは 飽くまで自分自身です。

 この矜持を忘れたら、ただの凡百の仲良しクラブになってしまいます。 これからもどうぞ宜しくお願いします。  今回の 古刹信徒 さんのコメントのおかげで、
このブログの全体に背骨が入ったような気がしました。  ですので横から口を挟ませていただきました次第です。   私としてもお礼を申し上げます。

  

返事が遅くなります。

管理人様おはようございます。
上司の歓送別会等があり、昼間は仕事なので、今管理人様にどうお伝えすれば、良いのか、考え中ですので、
正式な返事は土日のお休みにさせて頂きます。

元創価班さん

こんにちは。

> 管理人さんが以前から主張されてる事ですが妙~に説得力あるんですよね~(((^^;)
> 今考えればそれゃダメですよ、勝手によその宗派のお坊さんが書いた本尊をコピーして会員に配るんだから。
> ダメにきまってるんです。

そうですね。基本的にはダメです。

> でも功徳としか言い様のないもんが出た。出たんだからしょうがない(笑)
> それはなぜなのか僕にはわからん。

それは実際には分からないのです。
自分の事、周りの事
色々見ていると、「大御本尊」に信を置いた信心をしていた
学会員は功徳が実際に出ています。
というか、「そこ」しか違わないんですよね。
創価の活動を止めた人から功徳がでる。
私の周囲はそんな状況です。

miuさん

こんにちは。

> 私も宇宙の法?
> この言葉聞いて、何言ってるの?
> と思ってました。

法本尊とての側面だけならば
それもありと言えばありなんですけどね。

> どんどん違う方向に行ってるみたいな?

完全に違う方向へいってますね。創価は

古刹信徒さん

こんにちは。

> 法華講員の立場からすると、
> 今回の記事は賛同できません。

それは当然です。
こんな記事に賛同したらご住職に叱られますよ。

> ただ、管理人様は実はわかっていらっしゃると拝します。過日の記事にあった「基本的に〜」等々の行間にそれを感じます。
> あくまで「大御本尊様の仏力、法力」を示すための門内摂受かと解釈しております。

創価に残ってる会員さんのなかには、
本当に「どうしようもなく」創価に残り創価の本尊を拝んでいる人が大勢います。
「創価の本尊はニセ本尊」というのは法義的には正しいです。
「創価が謗法と知っていてやめられないのは本当に大御本尊を信じてないからだ」
というのも簡単なことです。
でも、記事に書いたように大聖人はそうした人々を一律に切り捨てていません。
義浄房に清澄寺を出ないのは信心がないからとか
日眼女に釈迦を供養するとは何事か!って言ってないんですよね。
四悉檀のどれを用いるかは時と場合だと思うのです。
今回の記事は、「創価の本尊」を正式な本尊と認めたものではありません。
本尊義で言えば創価本尊は本尊として成立してない。
その前提の上で書かせていただきました。

ひごちゃんさん

こんにちは。

> 管理人様おはようございます。
> 上司の歓送別会等があり、昼間は仕事なので、今管理人様にどうお伝えすれば、良いのか、考え中ですので、
> 正式な返事は土日のお休みにさせて頂きます。

無理なさらず、時間があって気が向いたときにコメントしてくださればいいですよ。
返信するのが義務のようにならないでください。

元創価班さんへ

こんにちは。 当地も雨模様です。 お尋ねしますが。

 貴コメントの中の「ヒンドゥーからのパクリ」というのは、

 ブラフマン・アートマン説のことでしょうか。 梵我一如のことを指しますか?

 よろしくお願いします。

小林麻央さんへの冒涜です

管理人さん、こんにちは。

日蓮正宗の信者さんが、お亡くなりになった小林麻央さんを利用して
布教ブログ記事書いていますが、これは宗教宗派を問わず、故人への冒涜行為ではないでしょうか?

http://ameblo.jp/t-shukyo-shinko-happy/entry-12286251663.html

実際に、コメントがブログ主への非難コメントばかりです。
これは、故人の小林麻央さんだけでなく、御遺族の海老蔵さんや息子さんへの
大変な冒涜と、大変な失礼な行為だと思います。

解明 歴史捜査さん

こんにちは。

> 日蓮正宗の信者さんが、お亡くなりになった小林麻央さんを利用して
> 布教ブログ記事書いていますが、これは宗教宗派を問わず、故人への冒涜行為ではないでしょうか?
> http://ameblo.jp/t-shukyo-shinko-happy/entry-12286251663.html

読みました。冒涜行為かどうかは別として
内容的に褒められたものではないと感じました。
麻央さんの話から仏法の話しへの展開が無理矢理すぎますね。
最初から「勧誘目的」で話題になっている麻央さんの事を書いたという感じがミエミエな気がします。
タイトルも「麻央さんの死から気づかせてくれたこと」となっていますが
内容を読むと「麻央さんの死」でなくても気づくでしょ?といった内容です。
あえて麻央さんの死と結びつけたのは検索されやすいと思ったからでしょうかね。
それとも「炎上正法」を狙ったのでしょうか?
もっともサイト全体が勧誘目的な作りになっていますが。
どちらにしても他人の不幸を扱うときは丁寧に扱って欲しいものです。
そもそも他人の不幸は扱いたくないですけど

No title

ランボーさん
なんか言い方悪かったですか・・・|д゚)
はいそうです、そのつもりで書きました。

六師バラモン→ヒンズー教だと思ってましたが違いますか?
梵我一如→池田教学

間違って覚えてるんでしょうか・・・
違ってたらごめんなさい

解明 歴史捜査さま

何時もお世話になります。

創価に属しても、
正宗に属しても、
大御本尊を根本としなければ、
味噌もウンチも一緒なんだぁ。
せっかく、大御本尊様に近いところまで
行ったのに、足踏みしてる我が身を省みる

私の我見はそんなもんです。

初めまして。私は破門後に創価を脱会、その後日蓮正宗に帰依したものです。

私は創価にいるから不幸になるとか、大御本尊を信仰するから功徳が出るとか、そういう単純な話ではないと思います。

私は創価も日蓮正宗も知り合いがたくさんいますが、どちらの方が功徳を受けてるとか、いうことができません。
丁度先月、苦難を乗り越えて幸せを築かれて大往生を遂げられたある学会員の方の仏前に手を供えてきました、その方は大御本尊を偽呼ばわりしており、日蓮正宗を罵詈雑言していました。

また、私の日蓮正宗の友人で大御本尊への信仰を篤くもちながらも、病苦と経済苦の末に苦しんで死にながら、今でもその家族はその苦しみに耐えているという方もいます。

私はもちろん、謗法の創価学会員は全員不幸になって、大御本尊を選んだものは皆幸福になると言いたいです。しかし、現実を見ると、どうしてもそうはなりません。

たとえ不幸になっても、死後地獄行きでも大聖人を信じられるか。
そういうことだと思います。

結局、幸福とか功徳とかいう尺度ではかったら、軽薄になるのではないでしょうか。
私はたとえ不幸になっても、大聖人を信じて生きていきたいです。

駄文、失礼しました。

最期に、だふん連文を失礼します

名前欄に記入するのを忘れてました。
さっきの駄文(属してる云々)は私です。
創価組織に属してるけど、所属してる
創価は可笑しいな?って思う。
罰は創価から頂きません、
しっかり大御本尊さまから頂けたら
幸いです。

以上、罵詈雑言や我見のコメントは
今回で辞めます。
長い間、有難うございました。
管理人様のブログから
沢山の御教授を頂けました。
感謝感謝です。m(__)m

元創価班さんへ

  こんばんは。

 いえ、御心配なく。 ただの知識欲や確認の意味で、お尋ねしたまででした。

 昔の映画「人間革命」の中で、伸一青年が 夜 一人歩きながら

 「宇宙 即 我 我即宇宙、、」とつぶやくシーンがありました。 多分、悟りかなにかの印象付けの演出だったろうと 今にして思います。

 創価の一応の成功は「解りやすさ」がテーマだったからでしょうね。なんでも平明にしてしまう。  それも良いことだけど、それ以上の興味や探求心の芽を摘んでしまうきらいがありましたね。

 なんだか、分かった気持ちになる。 それも簡単に。  それが老若男女を惹きつけてきたんだろうか、なんて思っています。

 バラモンの教義ということでいいんですね。 安心しました。

 ぶしつけな質問でした。 ごめんなさいね。m(__)m

退転壮年部おじさんへ

  こんばんは。

 なんだか離別のようなコメントですね。 驚きました。
 寂しいから、またぜひ帰って来てください。

 いつでも。   待ってます(^^)

そうでしたか
人間革命の映画は見たことないです。

創価学会が梵我一如であることは最近本読んだり管理人さんから教えてもらって知りました。ず~っと宇宙の法則だと思ってたので(笑)ショックというより知れてよかったと思いました。
「若し己心の外に法ありと思わば全く妙法にあらず」
宇宙行ったらダメだったんですね(笑)

ほんと仏法は難しいけど楽しいです



啓蒙主義以前さん

こんにちは。初めまして。

> 私は創価にいるから不幸になるとか、大御本尊を信仰するから功徳が出るとか、そういう単純な話ではないと思います。
> 私はもちろん、謗法の創価学会員は全員不幸になって、大御本尊を選んだものは皆幸福になると言いたいです。しかし、現実を見ると、どうしてもそうはなりません。
> たとえ不幸になっても、死後地獄行きでも大聖人を信じられるか。
> そういうことだと思います。

そういうことでしょうね。なんだか親鸞ぽいですが。
大聖人を信じれば地獄にはいきません。
重要なのは大御本尊=大聖人だという認識だと思います。
単純に言えば大聖人を信じるというのは大御本尊を信じるという事です。
所属する組織はさほど関係ないと私も思います

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 以上、罵詈雑言や我見のコメントは
> 今回で辞めます。
> 長い間、有難うございました。
> 管理人様のブログから
> 沢山の御教授を頂けました。
> 感謝感謝です。m(__)m

そんな寂しい事言わないでください。
お忙しい中でコメントするのも大変だと思いますが
ぜひこれからもお手すきの際に
楽しいコメントしてください。
宜しくお願い致します。

元創価班さん

こんにちは。

> 創価学会が梵我一如であることは最近本読んだり管理人さんから教えてもらって知りました。ず~っと宇宙の法則だと思ってたので(笑)ショックというより知れてよかったと思いました。
> 「若し己心の外に法ありと思わば全く妙法にあらず」
> 宇宙行ったらダメだったんですね(笑)

宇宙の根本の法。ではありませんからね。
大作センセがこれをマジで言っているならば教学なさすぎ
大御本尊から会員を引き離す目的で言っているならばとんでもない謗法
どっちなんでしょうかね~
個人的には「マジ」でそう思ってると感じますけど

友岡さんのインチキセミナー

こんにちは。

以前、もう20年近く前でしょうか。
友岡さんという方のセミナーで「宇宙の法則」「お題目は宇宙のリズムそのもの」「波長が同じ」という話を聞きました。
『開音』と『閉音』の作用でお題目は生命力を高める、マウスの実験でも科学的に証明されている、とかね。
大阪の方で阪大在学中に入信なさったとかで、話が面白かったのを覚えています。
聖教の記者ならではのここだけの話。みたいな裏話みたいなのも多くて。
マンデラさんは池田先生に会うために来日した、とか。聖教のプレスしか部屋に入れなかった、とか。
スティービーワンダーの『I just called…』はハービーハンコックに折伏してくれてありがとう、と長距離電話で感謝している歌だ、とか。
実は、精神科医の学会では『創価学会の信者は劇的に治癒する』と既に発表されている、とか。
とにかくご本人も大阪弁丸出しのユニークな方で女子部や婦人部のハートワシづかみといった感じでした。私も「へええ!じゃあやっぱりもうちょっと頑張ってみるかな。」と思ったものです。

まあ今から思えば彼の話はツッコミどころ満載で、彼のユニークなキャラクターも話の軽妙さも、詐欺師のそれだったのかもしれません。
あまりに話が美味しすぎました。

かなり危ない橋を渡っていた方としか思えないのですが、今どうなさっているのでしょう。

管理人さん

  こんにちは。

 今日は晴れました。 熱いくらいです。

 さて本尊義でも創価の残滓は色濃く残ってます。 改めて「当体義抄」を読めば分かるのでしょうかね、  知りたい!というお題目 認識したうえでのお題目。そんなことは考えないで、ひたすら願いをぶつけるお題目。 いずれでも有効なのでしょうか。

 今更の陰魔、煩悩障です。

 牡丹さん

 友岡さんについては いささかワタシとは彼の印象は異なりますね。

 彼は、普段、彼と対談している人の情報によると、聖教新聞を解雇されました。
 川田さんも気になるところですが、消息を含め不明です。

 仏法を自然科学しようとされてたり、釈迦仏法、あるいは釈尊自身への論及も多かったお二人ですが、是非はともかく、ソウカ教学からは嫌われてしまったのかもしれません。

 

ecoさんがもし見ていましたら

ecoさん。

ecoさんの「宿坊の掲示板」の投稿を読みました。

http://9308.teacup.com/shukubou/bbs/13622


>彼のブログ読んだけれど
むやみやたらに学会葬の写真を撮ってUPするよりは はるかにマシですよ

→それってこの様な方の事ですか?(UPしてるのは法華講員です)
https://twitter.com/WisZYgG7Dh9KDZc/status/865491597886013440

この方は、特に親友の故人Y氏の姿を載せて批判しています。(これだって故人への冒涜です)
http://dakkai.net/01main/taiken-g.html

あと樋田氏と言う法華講員は、ネットに、棺に入られた故人の姿をupして、遣り過ぎだ、冒涜だと、ネットで猛非難されました。

>はるかにマシですよ

→ただ、ecoさんの「はるかにマシですよ」論だと、例えば「泥棒にくらべたら、万引きなど、はるかにマシですよ」と言ったら、世間はどう思います?

>ただし 善導和尚が自殺したという説は 法然が流したもので

→それは日蓮がきちんと

「所居の寺の前の柳の木に登りて、自ら頸をくゝりて身を投げて死し畢んぬ。邪法のたゝり踵を廻らさず、冥罰爰に見はれたり。最後臨終の言に云はく、此の身厭ふべし諸苦に責められ暫くも休息無しと。則ち所居の寺の前の柳の木に登り、西に向かひ願って曰く、仏の威神以て我を取り、観音勢至来たって又我を扶けたまへと。唱へ畢って青柳の上より身を投げて自絶す云云。三月十七日頸をくゝりて飛びたりける程に、くゝり縄や切れけん、柳の枝や折れけん、大旱魃の堅土の上に落ちて腰骨を打ち折きて、廿四日に至るまで七日七夜の間、悶絶躄地しておめきさけびて死し畢んぬ。さればにや是程の高祖をば往生の人の内には入れざるらんと覚ゆ。此の事全く余宗の誹謗に非ず、法華宗の妄語にも非ず、善導和尚自筆の類聚伝(るいじゅでん)の文なり云云。而も流れを酌む者は其の源を忘れず、法を行ずる者は其の師の跡を踏むべし云云。浄土門に入って師の跡を踏むべくば、臨終の時善導が如く自害あるべきか。念仏者として頸をくゝらずんば、師に背く咎有るべきか如何。」(念仏無間地獄抄)

と文献(他に下山御消息など)に書いているし、正宗(学会も)も書籍やサイトでその様に書いて主張していますが?何か?
日蓮が、念仏衆相手に「念仏は、善導が如く自害しなければ、師に背くではないか!」と真剣に責めているのですから、それがデマかどうか位は、前もって調べていると思いますよ。
そうでなければ、それまでの日蓮の主張の信用は、一気に瓦解しますからね。

それと、小林麻央さんの不幸をだしに布教ブログを書くブログ主の行為を皆さんが非難してるのであって、
「終活?」の事など誰も述べていませんが?


ecoさん以外の、こちらの参加者の方々のご意見も、出来ましたら、
お聞かせ下さい。

こんにちは
創価学会の指導は時代によって異なるのでそこんとこを頭に入れとかないと同じ創価学会員相手の会話でも話が全く噛み合わない。
昭和40年代後半生まれの僕なんかは 宇宙の法則説の影響をもろにくらってます。
あと池田先生本仏説の人もいます。
現創価学会は池田教学とも言えないと思います。三人組なんかは師匠師匠と連呼してますし(笑)だからその師匠の教学自体がおかしいんだってば。あの三人組は仏法から離れすぎてて戻ってくるの大変だろうな。

同年代の学会員さ~ん
宇宙行ったらダメですよ~それ違うみたいですよ~

牡丹さん
僕も「宇宙飛行士の毛利さんが宇宙で御題目を聞いた!」っていう木曜スペシャルのような話を聞きました(笑)





報恩感謝。

管理人様、蘭房様。

感謝感謝です。
このブログには
沢山の善知識が集われてます。

学会を揶揄されるのでは無くて
日蓮大聖人様の教えから
折伏されてます。

何時も楽しみに拝しておりますが
不快な駄文を書き殴る自分への
自戒の想いがあり、
コメントは差し控えます。

沢山の方々がこのブログに縁する事を
お祈り申し上げます。
管理人様のブログは毎回拝しております!
有難うございます(^_^)

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

いつでも戻ってきてくださいね。
おまちしてますので。

牡丹さん

こんにちは。

友岡さん。懐かしい名前です。
いまどうしているんでしょうかね

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  さて本尊義でも創価の残滓は色濃く残ってます。 改めて「当体義抄」を読めば分かるのでしょうかね、  知りたい!というお題目 認識したうえでのお題目。そんなことは考えないで、ひたすら願いをぶつけるお題目。 いずれでも有効なのでしょうか。

題目にいい悪いはないとおもいます。本門題目であればどのように祈ってもいいかと。
分かりやすいのは、日寛上人の「観心本尊抄」の文段だと思います。
御書を傍らに読むのが個人的には分かりやすいかと。
また個人的には、「観心本尊抄」「当体義抄」「勘文抄」が本尊義の三大部だと思ってます(笑)

退転壮年部おじさん

退転壮年部おじさんへ

 お気持ちは分かりました。  でも、私は貴君は勘違いしてらっしゃると思いますよ。   十人十色とよく言いますが、屁理屈をこねれば」「十人三万色」ではないでしょうか。  三千論ですから。

 それぞれが思い思いの考えを抱き、感じ、生きています。 念々に起こる思いを毎日 毎分、感じながらで、いいと思います。  私も今も創価という文字を見るだけでも嫌だし、あの三色の旗は燃やしてしまいたくなります。(笑  ここでまたクールダウンしたりして正気に戻ったりしているのです。 

 かと思えばたま~~~にいらっしゃる、正信の良識あふれる方に感動したりしています。  昨日も遠くから高齢にもかかわらずわざわざ来てくださった草創の婦人部の闘士とお話が出来ました。  「信心そのものはやめないんでしょ? それなら安心したわ、、」とニコニコして言って下さいました。その方も地域で婦人会長を長く勤めながら それを咎めたりする総県のバカ幹部に「ふざけるんじゃないわよ!?  あんたたちがそんなふうだからこの県がダメになるのよ!!」と大叱咤するような信念の方ですからね。 

 みんな色々で良いということでしょう。

 罵倒もあり、憤りもあり、 折々の思いのコメントで良いと思います。 私もそうさせて頂いております。

 ここで言いたいことを言い、それが基本的にルール違反でない限り、モノ申し、
学んでいければ御の字ですよ^^

 お山でのオフ会。  これが楽しみです。 おじさんさんもかならず来てくださいよ?  またのコメントお待ちしております。

 

 

蘭房さん!有難うございます(^_^)

もう、何も、
物申す事はございません。
お山でオフ会があれば、馳せ参じます!!
お呼ばれしなくても参加します!(笑)

それまでには、
人間革命(創価宗教的ですみません。
)して、大聖人様の仏弟子として
蘭房様や管理人様の前に
恥ずかしい事がない様に精進致します。
蘭房さん、本当に有難うございます!

暖かなコメントを頂き感謝しております。

蛇足です。
このブログには、
多数の善知識が集結されてます。
私が、
くだらない事を書くのは良し!と、
しません。
折角、沢山のコメントがあるのに、
私の我見コメントは邪魔をするのです。

なので、他のブログに外遊します。

基本的には、本尊義について。

今の私の最大の疑問は、本尊義です。

管理人様には納得の行く
答えを頂けました。

また、遊びに来ます!

管理人様お返事が遅れ誠に申し訳ありませんでした。
まず前提として、私は日蓮正宗信徒の立場で、ご住職の御指南の元、信仰をしていますので、その点は御容赦ください。

だから、管理人様の大御本尊様に信があれば、学会の本尊にも功徳があるのこの一点だけは
どうしても自分の気持ちを管理人様にお伝えしなければと思いから書かせて頂きます。

大聖人様は佐渡前と佐渡後
及び大御本尊様御図顕前と後では
御書を見ても、教えに違いがあります。

あの時代、日蓮大聖人様自身を自分を仏であるとは伝える事が出来なかった事から、方便の教えもやむ無しと考えます。

管理人様は

大聖人は清澄寺に在籍している
法兄である義浄房・浄顕房や円浄房らに対し
「善無畏三蔵抄」「佐渡御勘気抄」「義浄房御書」
などを送られてその信心を励ましている。
清澄寺といえば邪宗の寺である。
その清澄寺に所属しているということは
これは現代で言えば、謗法・邪教の創価に所属している事と同じ。
なので大聖人は謗法教団に所属をしているからという理由で
直ちにその人間を排除していない。
また、四条金吾の奥さんである日眼女が
釈迦仏を供養してもそれを許し賛嘆されている。

と言われて、大聖人様も邪宗門を
一部認められて、排除しないと書かれていますが、

これも明らかに大御本尊様の御図顕前なので、時代背景も鑑み

方便と考える方が自然ではないでしょうか。

大聖人様は、教えとは別に、後生の為に全世界の人びとを一生成仏を願い、日蓮大聖人の魂を染め流して一閻浮提総与の大御本尊様を御図顕されました。

それ以前の御図顕された御本尊様を
方便と解かれて


でも大聖人様を御本仏と判らない人たちが教えをはき違え
5老僧であり、四条金吾を初め
多くの弟子檀那が大御本尊様から
離れていきました。

こうみるに、大聖人様は自分の命を大御本尊様に移された事自体日興上人以外はわからなかったと思いますが

さて、正宗の化儀はあくまで、日蓮大聖人様の大御本尊様とそれを守る日興上人から続く歴代御法主猊下の唯授一人の血脈相承です。
だからこそ、その尊い大御本尊様を護り、受け継がれる正宗では、三宝を大事しています。

学会の本尊は、日寛上人の御本尊様を猊下様に無許可で、勝手に改竄しコピーした物で血脈も無ければ、三宝も備わっていません。
その本尊に祈っても、鬼神が入っていて、魔の通力があっても本当の功徳、即ち六根清浄の果報にはならないからです。

管理人様は教学も優れ、信あるかたと思いますが、
なら、何故勧誡を受けて、大石寺の大御本尊様に拝そうとはなされないのですか?

多分学会の本尊からうけたであろう、功徳らしき物の為に
反対に大御本尊様の元になかなか来れないのではと推測されます。

私は反対に罰が出て、疑問に思い
調べたら、学会の本尊はニセ物で
大御本尊様には繋がっていないのが
わかり、今までの辻つまが合ったので、お寺に行き、ご住職と話をして
納得と確信で勧誡を受けました。

一年経ち、4回も大御本尊様に拝して
これしかないとますます確信しています。

この議論は、管理人様が勧誡を受け
正宗の御本尊様を御下付頂き、大御本尊様に拝した後に、もう一度お聞きしたいです。

長々で申し訳けありませんでした。

ひごちゃんさん

こんばんは。

お忙しいところコメントありがとうございます。
ひごちゃんさんの仰るっていることは全くその通りで異存はありません。
ただ現実に本当に創価をやめられない会員さんは大勢います
私は「創価の本尊でもいいのです」と言いたいわけではありません。
この辺りのニュアンスは文字だとうまく伝わりません。
大御本尊を信じていたいのにいますぐ創価をやめられない
そいう思いの会員さんを一律に破折するのは
個人的には大聖人の想いと合致しないのではないかと思う次第です

管理人さんへ

  こんばんは、 お返事が遅れましてすみません。

 ご教示、ありがとうございました。 実は観心ノ本尊抄・分段は未読同然です。

 実に「創価教学」の、いや「活動の弊害」とサボりの結果です。

 「総勘文抄」は学生時代に部分的に講義を受けました。 これもやりなおしですね。

 (苦笑。。。してる場合か!^^;)  

 読みたい本も溜まりにたまり、いや実際、困っておるところです。

 (拓郎も聴かなきゃならんし、サザンも、。)

 、、、というわけで、老境に入ると何事もスローで困ります。 

 いつの日か「総本山」でお会いするときは、病気を癒えているはず。 即ちそれは、大確信を抱いた境涯であるはずです。 退転壮年部おじさんも必参!

 スローでがんばります、

それは僕も賛成です。

ほんとにどうしようもなく学会をやめれない人はいっぱいいると思います。
できる事から始めればいいと思う。
お寺に行くだけでも根性いるのです。
緊急を要する状況の方もおられますが、先ずはできる事から♪

大御本尊に信をとるのが正しい

今晩は

管理人様は、アンチ創価のブログにもかかわらず、自分の文章を読んでくれてる創価の人の為に文章を書いてますか?

人との絡みで創価を退会出来ない人も、何が正しいのかを、自分で考える事が出来れば良いと思います。
もう一度日蓮正宗創価学会に戻って欲しいと言ってる人も多いです。

私はずっと大御本尊を信じていますが、
功徳と呼べるような経験が何1つないです。周りの人は私を不幸だと言います。

しかし、それでも大聖人を信じています。

素朴な疑問なのですが、
みなさん功徳を感じられているのですか。それはどんな時に感じられるのですか。

すみません、嫌な投稿でしたら無視してください。

啓蒙主義以前さんへ

○私はずっと大御本尊を信じていますが、
功徳と呼べるような経験が何1つないです。周りの人は私を不幸だと言います
●無理して信じることないですよ、宗教を熱心になされてる方はほとんど例外なく自分の宗教やってる宗教を信じられない人が不幸に思えるみたいですから気にする必要ないです(ボクなんか1000回以上は不幸だと言われてますよ(笑))
無理して信じようとするとうつ病になりますよ。
●素朴な疑問なのですが、
みなさん功徳を感じられているのですか。それはどんな時に感じられるのですか
○こう、思われてるということは信じてないか、必要性を感じてないからだと思いますよ。
宗教は自分の本心を偽ってまでするものではないと思います、無理して信じようとすると悲劇的結末をむかえますよ。

退転壮年部おじさんへ

●プログのコメント欄ですから、あまり難しく考えることなくコメントされたらいいと思います(節度はもとめられますが、気の向くまま、のびのびとコメントされればいいと思いますよ)

●二度ほど、ボクのコメント読んで、ガッカリされたようで~(まだ、隠し玉があって、読んだら泡吹いて気絶するかもしれませんよ!)
●ここで、エピソードを1つ
戸田城聖は自らの死期を悟ったとき、本山に向かうんです。最期は本山で迎えるつもりだったようです。
ところが奥様の「病の重い戸田をあんな寒いところに置いとくのですか!」
の一言で連れ戻されてしまいます。(奥様には男の美学が理解してもらえなかったようですね)
この、エピソードから推察すると晩年の戸田会長には日蓮正宗の信仰心はあったはずです。(信仰心が無かったら本山で最期をむかえようということは思わないですよね)

●また、気楽にコメントしにきてくださいね!

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  ご教示、ありがとうございました。 実は観心ノ本尊抄・分段は未読同然です。
>  実に「創価教学」の、いや「活動の弊害」とサボりの結果です。

ぜひこれを機に観心本尊抄の文段を読んでください。
おそらく読めば本尊義が納得できると思います。

>  「総勘文抄」は学生時代に部分的に講義を受けました。 これもやりなおしですね。
>  (苦笑。。。してる場合か!^^;)  

「総勘文抄」も楽しいですよ。

>  スローでがんばります、

マイペースでいきましょう。

元創価班さん

こんにちは。

> ほんとにどうしようもなく学会をやめれない人はいっぱいいると思います。
> できる事から始めればいいと思う。
> お寺に行くだけでも根性いるのです。
> 緊急を要する状況の方もおられますが、先ずはできる事から♪

そうですね。
出来ることから。大事です。

miuさん

こんにちは。

> 管理人様は、アンチ創価のブログにもかかわらず、自分の文章を読んでくれてる創価の人の為に文章を書いてますか?

その時々で色々な人に発信しています。

> もう一度日蓮正宗創価学会に戻って欲しいと言ってる人も多いです。

そうですね。それが一番いいことですが「創価学会」を解体しなければ不可能ですから事実上無理です。
そう考えると結局創価から正宗を切り離した、大作センセと創価幹部の責任なんです。
創価は「破門した正宗が悪い」みたいな言い草ですが
事実は創価が「破門されるように仕組んだ」わけですから。
当時の往復文書を読めば「破門されて当然」の態度ですよ、創価は。

啓蒙主義以前さん

こんにちは。

> 私はずっと大御本尊を信じていますが、
> 功徳と呼べるような経験が何1つないです。周りの人は私を不幸だと言います。
> しかし、それでも大聖人を信じています。

それが一番の功徳だと思いますよ。
人間に生まれなおかつこの大御本尊に縁し、さらには信を取っている。
それがいかに希少なことか。
それが功徳だと思います。

> 素朴な疑問なのですが、
> みなさん功徳を感じられているのですか。それはどんな時に感じられるのですか。

個人的には「イザ」というときだと感じます。
仏法というのは基本的に「生老病死」という人間の避けて通れない障害の時のためにあります。
つまり「イザ」というときの為です。
私の体験では本当に「いざというとき」に功徳があります。

古本屋店主さま

梅雨どきで鬱陶時期。
雨は降ってくれないと困りますが、
古本屋店主さまのコメントは
何時も楽しみに拝見してます。
管理人様や貴兄は大聖人様の教えを
心で拝される事が出来る善知識であり、
眷属なのでしょう。
駄文は以上です。有難うございます(^_^)

薄っぺらいお話

おはようございます。


退転壮年部おじさん

またお戻りくださいね〜。
私なんか御書を引用するでもなく教学的な根拠もなく、ただこちらで勉強させていただきながら、少しばかりの経験と感覚だけで好き放題コメントしております。
管理人さんに「しょうがねえな」と見逃してもらっていることも多々あるような…。もしかしたら去るべきは私なのか?
・・・とか思っちゃうので寂しいこと仰らないでくださいね。


啓蒙主義以前さんのコメントを読んで思いましたが、幸・不幸、功徳・罰、それに、というより『その言葉』に拘りすぎては生きるのがしんどくないですかね。
ましてや人様のご臨終のお姿やご遺族の有り様など、他人がとやかく言うというのは何様ですかと思ってしまいます。
このような言動が多いのは誰あろうバリ活の方々で、うんざりしたものです。人生をややこしく陰鬱にするだけです。

年相応にか、それ以上かも?山あり谷ありでした。人生とはアンビリバボーで世にも奇妙なサスペンス劇場ですね。
詳しくは『オフ会』のお仲間に入れてくださったら、その時お話します(笑)
おかげさまで腹は座りました。
心豊かに生きてゆく知恵もそれなりについて来たように思います。

いつか蘭房さんとお話していた折にも言ったかも知れませんが『人生是死に支度』と常々思っています。
そのためには自分と自分の大切な人のために必要なこと・必要ないこと を正しく判断する。簡単ではありませんでしたが創価をやめたのはその最たるもの。


創価をやめてから人・モノ・環境との出会いが劇的に変わりました。生活圏が変わったのですから当たり前かもしれません。
そして心身ともに健康になりました。

頼みもしないのに横から創価思想でやいのやいのと口を挟まれ首を突っ込まれることはもうありません。これだけは断固お断りです。断固お断り出来る自分になれました。
降っても晴れても自分の判断で自分の人生を今日一日刻む。何とありがたいことか。
日々感謝です。

あなたにとっての功徳とは何ですか。とか遠い日のネタ切れ座談会を思い出してしまいました。
そんなのは人それぞれで、本当はわざわざ口に出して他人に発表するようなことでは無い気がします。言葉にするととても薄っぺらになりますもの。
秘すれば花です。

牡丹さま

暖かなコメント有難うございます。
貴姉の様な方々が昔の創価には
沢山いらっしゃて、
自分の事よりも
周りの人の幸せを祈ってた。


貴姉の優しさは、
コメント文章から解ります。伝わります。
有難うございます(^_^)
私がコメントを差し控え様と
思ったのは、
もっと他の学会員(バリ活)さんからの
コメントが見たいなぁ、と思っているからです。

牡丹さんは善知識の方なので、
いつでもコメントして下さい。
楽しみに拝見してますので。
宜しくお願い致します(^_^)

No title

こんにちは。  

 都議選、明日ですね。  もう「お笑いそうかがっかい」の季節まっさかりです。

 【其の壱】


 陽気な学会員さん 全国からお上りさんと化して、慣れない電車を乗り継ぎ、アポなしのお相手宅を三時ころにやっと到着、 やはりいなかったので半分 ホッとしながらも、ご近所に聞き込み開始。  やはりそのお宅も不在で、次々と戸別訪問してたら、最初の本命の場所から遠く離れてしまって、迷子になるんですね。  

 もう、疲れてそこらの食料品店でジュースかなんか飲みながら、世間話してたら、「お宅はガッカイの方ですか?」と言われ、キタ――(゚∀゚)――!!と、「ええそうですよ^^」とドキドキワクワク。  どうしてわかりました?と聞くと、 「いえ、今日はね、朝から、あそこの吉田のおばあちゃんを尋ねて、おんなじように、こうしてうちに来てジュースやアイスを買っていかれるんですよ^^ あなたで5人目。」ってな案配で  、  で「あなたも〇〇候補さんでしょ? いいですよ。入れてあげますよ。、   でも あなたで5人目、。 ホーコク?とかは大丈夫なんですか? さっきの九州から来たっていう奥さん、まじめに悩まれてましたけど。。」 とか心配されてしまうというね。  で、さらに聞いてると、その店のおばちゃんも婦人部ユル活だったというね。。  

 【其の弐】

 東京・地元婦人部さんが街を歩いていると、一見してすぐそれと判る、おばちゃん4人組なんかが、横断歩道のところで、地図なんか広げてわいわいキョロキョロやってます。 おっきなカバン持って。、 勿論、関西弁。

 で、「あ、ちょっとすいません!」とか呼び止められて、道を訊かれるんです。
 「きた、、どうしよう、、」  気恥しいんだけど、なんとか道を教えてあげたら、続けて 「あの。。有難うございましたな。  あ、ほんで、あの、奥さん 明日の投票 誰か決めてはりますの?  なんやったら こーめいの〇〇さん、お願いしたいんやけど、あきまへん?」とか言われて、「同士討ち」したりするんですね。  

 で、しょうがなくて「あの、、ワタシも向こうの〇〇区の婦人部なんです。 あっちの〇〇さん、応援しないといけなくて。。」とか言うと 「あら なんやーー。。残念やわー! そこんとこ なんとかなりまへんか!?」とか、よくわからん話になったりしてますな。

 ま、いたいけな全国の婦人部さん がんばっとくなはれや?^^;

 

管理人様御返事ありがとうございます。
私が書かなくても管理人様はわかっておられると思っておりました。
管理人様は、正宗が学会員を排除するのではと少しは思っておられるみたいですが、正宗は平成3年に学会の組織を破門にしてから、実に6年後の平成9年に学会員を破門ではなく、あくまで信徒資格の喪失の処置で破門にはしていません。
たがら、私も含め信徒に戻った人たちは、勧誡の儀式だけで、詫び状などの提出はありません。
日顕御隠尊猊下も、池田大作氏が
心から謝ってきたら、許すと仰られています。(まー池田さん自身は外にも出れないから不可能でしょうが)
前にも書きましたが、正宗の法華講の
組織は、強制でもないし、自分のペースで、信心が出来ます。
ご住職は常々一番大事なのは、御本尊様に対する信であり、それをサボートするのが、お寺の役目ですと。
私は信徒として、お寺や本山を守るのが当然なので、自分の出来る範囲でのご供養はしていますが、無理はしていませんよ。
管理人様もお母様を観られてるから
ご存じだと思います。
私はこの信心は実にシンプルだと思います。
我ら法華講員は、学会や邪宗門の間違いを正し、大御本尊様の元に戻す為に、
勤行唱題折伏していて
誰も排除をしていませんよ。
管理人様も遠慮せず、大御本尊様に
お会いしてください。

気持ちだけ法華講員と言うのは無理でしょうか?

今晩は

創価と法華講の両方友達がいて、メールしているものです。

法華講の友達は入信を勧めてきます。
私も法華講の方が好きですが、気持ちだけ法華講と言うのは無理でしょうか?

No title

ランボウ様の コメント 「あるある」の 話で 心からゲラゲラと 笑ってしまいました
牡丹お姉様(もしかしたら私の方が歳上?^_^;)
あぁ この表現力 私にも このような才能が あれば‥私の 心の叫びを余すことなく おっしゃられて アリガタイです(^_^)
ほんとに 胸がすくおもいです。

創価で活動していると 常に ~ネバナラヌの思考で がんじからめ! 選挙のFは 虚しい数の羅列に ウンザリながらも これも信心と幹部。 はぁ? 信心って 騙しの世界? まぁ 騙って 見過ごしてきましたが結局薬局 今の創価 パンドラの箱を 覗き あたふたしながら 試行錯誤。
ここです
これからです

自立の信心 幸せを
歩むのは 私自身。
って 楽しく 日々を生きているのに 嫉妬なのか
苦々しい 暗い顔した
バリカツ婦人部の 言葉は 「貴方が座談会来るように、私たち楽しみにしてるからね元気だしてね」って(+_+) はぁ~ これ
上から目線?
ほんとに 恥ずかしい方々。

ひごちゃんさん

こんばんは。

> 私が書かなくても管理人様はわかっておられると思っておりました。
> 管理人様は、正宗が学会員を排除するのではと少しは思っておられるみたいですが、

いえ。そんなことは全然思っていませんよ。
創価よりも宗門の方がよほどオープンです。
お寺は誰でも入れます。創価の会館の方が閉鎖的ですね。

素晴らしい語らいの場

管理人様、皆様

スレ違いで失礼致します。
此方のブログはコメント欄も含め、本当に素晴らしいと思います。
創価ブログ村でもダントツの首位、
都議選であればぶっちぎりのトップ当選ですね。

コメンテーターのそれぞれのお立場はありますが、語らいの王道を具現化していますね。

様々な事を学ばせて頂き、管理人様、皆様に感謝です。

蘭房様のコメントにあった「お山でオフ会」は是非今生で実現できればと願います。

管理人様を始め、歯に絹着せぬ牡丹姐様、そして、順縁逆縁問わず善知識の皆様とお会いして意見交換できればと思います。

荒凡夫の戯言ではありますが、
自身の素直な気持ちでございます。

風船さん

こんばんは。コメントありがとうございます。

> ランボウ様の コメント 「あるある」の 話で 心からゲラゲラと 笑ってしまいました
> 牡丹お姉様(もしかしたら私の方が歳上?^_^;)
> あぁ この表現力 私にも このような才能が あれば‥私の 心の叫びを余すことなく おっしゃられて アリガタイです(^_^)
> ほんとに 胸がすくおもいです。

本当にここには楽しい方大勢いらしてくれて管理人の私もいつも楽しくコメントを読まさせていただいてます。

> 上から目線?
> ほんとに 恥ずかしい方々。

本当に。
リアルでもこのブログにやってくる創価活動家たちも
常に上から目線。
バ○丸出しなのに気づかないんですよね。

これからも気が向いたらいつでもコメントしてくださね

こんばんは
miuさんもうこそっ~とお寺行っちゃえば?参拝は自由なんだし(笑)
うちのお寺の住職なんか脱会届なんか出さんでいいって言ってましたよ(住職にもよるのかな?)
どっちにしても日本では宗教は自由です
ここで聞かなくてもmiuさんの自由にすればいいと思います。

あ~僕もお山のオフ会参加させてくださーい!(笑)



元創価班様へ

外国人が勤行しやすいように、方便ぼん、自我げ、3分で終わりです。

創価が信仰辞めて、池田先生の本を読む会に変更して、日蓮正宗と2つに所属出来れば良いのですけど、そうならないので仕方ないです。

No title

こんばんは。 

 また来てしまったヒマな私。 (少しはお題目あげんかいっ!)

 というか花の土曜日で 酒解禁!というわけで、店でよく知らない人が「誕生日」だというので、定番の「ハッピーバースディ トゥ ユー」をみんなでカマして、なんだか仲良くなっちまって、お礼にと「カミュ」をゴチになり、今やっと帰宅。(仏法ではこれを遊戯雑談という。 これを繰り返しているとあの恐ろしい怪鳥・雪山の寒苦鳥に変身する)

 でもソウカ時代は、眼を覆うばかりのクソ真面目男子部・壮年部だったので、「禍福あざなえるが如し」をモットーとし、こうして仕方なく飲んでいるわけであります。

 愛燦々の脱会員になる前後から、年のせいもあり、「恥と利害」を捨てることが出来、どこでも誰とでも友達になれるようになりました。 ケ~モウ病が治ってしまったというわけですね。  でもね、ソウカを辞めたら、急に人がいとおしく感じられるんですわ。   んで、いろんな青年やおじさんと話してると、妙に安心されるようになれます。   何が嬉しいかって、、相手が元気になってくれること。 それで私も最高な気持ちになれることです。   それと人を憎むいのちがあまり出なくなったこと。

 ガッカイ時代は、やれ、カツドウカさんが成果 だしてくれない、だの、新聞とってくれない、だの、思うに任せぬ気持ちで 心がすさんでましたからね。

 たかだかの「天界レベル」かもしれませんが、お題目、心で唱えながら対話してます。  自慢話に聞こえるかもしれませんが、六根清浄の始まり、、ってのはこれなんかなーと思ったりしてます。 

 本山OFF会、実現できたらホント いいですね! 歓誡式受けて、清冽ないのちで「ご戒壇の大御本尊様」にお目通りして、懺悔申し上げ、あとは塔中で「ダメ出し座談会」なんぞして、そっから後は、やっぱりね。。 所を変えて、いろんなことして酒飲んで、記念写真とって、お互いのイメージと実物のあまりの落差におののきながら、ね、・。  幹事はとーぜん、管理人さんだね。  (^^;  そこそこ金、持ってるラシイからね。(笑)  でも集金係・会計係は、やはり「牡丹姐さん」ね。

 仲間内で一番、持ち逃げしそうにないから。

 では、これにて、また明日です。^^

古刹信徒さん

こんにちは。

> 蘭房様のコメントにあった「お山でオフ会」は是非今生で実現できればと願います。
> 管理人様を始め、歯に絹着せぬ牡丹姐様、そして、順縁逆縁問わず善知識の皆様とお会いして意見交換できればと思います。
> 荒凡夫の戯言ではありますが、
> 自身の素直な気持ちでございます。

楽しそうですよね。
皆さん個性豊かですから

元創価班さん

こんにちは。

> あ~僕もお山のオフ会参加させてくださーい!(笑)

もちろん(笑)

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  というか花の土曜日で 酒解禁!というわけで、店でよく知らない人が「誕生日」だというので、定番の「ハッピーバースディ トゥ ユー」をみんなでカマして、なんだか仲良くなっちまって、お礼にと「カミュ」をゴチになり、今やっと帰宅。(仏法ではこれを遊戯雑談という。 これを繰り返しているとあの恐ろしい怪鳥・雪山の寒苦鳥に変身する)
>  愛燦々の脱会員になる前後から、年のせいもあり、「恥と利害」を捨てることが出来、どこでも誰とでも友達になれるようになりました。 ケ~モウ病が治ってしまったというわけですね。 

創価活動家は他人と飲みにいくのも活動ですからね~
新聞や選挙・仏法対話・・・
そんな下心をもって他人や世間と接する。
それだけで、人として「不幸」だと思います。

>  本山OFF会、実現できたらホント いいですね! 歓誡式受けて、清冽ないのちで「ご戒壇の大御本尊様」にお目通りして、懺悔申し上げ、あとは塔中で「ダメ出し座談会」なんぞして、そっから後は、やっぱりね。。 所を変えて、いろんなことして酒飲んで、記念写真とって、お互いのイメージと実物のあまりの落差におののきながら、ね、・。  幹事はとーぜん、管理人さんだね。  (^^;  そこそこ金、持ってるラシイからね。(笑)  でも集金係・会計係は、やはり「牡丹姐さん」ね。
>  仲間内で一番、持ち逃げしそうにないから。

牡丹姐さんの会計は了解ですが、幹事は長老である蘭房さんを任命します。
若い元創価班さんを副幹事に添えるのもOKです(笑)
私はただ飲んで楽しむ係がいいです。

本山OFF会参加したいです。

管理人様も蘭ぼう様も参加されるので
あれば、私も参加したいです。
御戒壇様に御開扉後に学会ネタで
お話をしたいですね。
そういえば、創価の森の投稿
本当に学会脳なんですね。
宗門が学会を迫害しただの
池田先生は学会を護る為に
会長を辞任しただの
この間も荒川に先生ご夫妻が激励に
行かれてお元気とか
昭和50年自らの指示で、宗門に反旗を翻して日蓮正宗の教義を破ったから、会員が脱会したので、あわてて、お詫び登山で
許されただけなのに、今先生が元気になら
幹部会に出席したらいいのに
まー最後迄わからんやろな。
学会に取って本当にネギを背負ってきた鴨状態ですな。


管理人さんへ

  午後二時半。 天気晴朗 熱き午後。

 都議選投票日、 都民でも候補でもない私は、いたって静かに二日酔いもなく、
お宝鑑定団を視て、ほぼ80%の正解率を妻に誇りつつ、アイスコーヒーを頂いております。

 さて、オフ会のなすりあいはさておき、

 池田氏がもしも再登場してきたら、、をテーマに考えてみたりしていました。

 〇まともにしゃべれない状態で車いすで登場、だとしたら。

   会員、ことに男子部・婦人部さんたちは、会場は涙、涙に包まれ、せんせーせんせーの大歓声と嗚咽。  師匠への恋慕と求心力は瞬く間に復活。 幹部挨拶では原田さんが、「どうか!どうか、皆さんはご安心とともに、師匠池田先生のご快復と御長寿のお題目をお願いする次第でございます!」と絶叫。  長谷川総長などは、小さくなって座っております。  正木さんは当然、幹部上位席に。
 秋谷さんはそこにいません。  

 つまりそういうことであります。

 衰亡のきざし 甚だしい創価は一気に元気を取り戻し、活気に満ちていきます。
 それがどんなに変わり果てたお姿であればあるほど、そうであろうと思います。

 では、なぜ「それができないか」。

 私には謎です。    しかしあえて愚案を巡らせれば、

 谷川ら4人組などが「そうさせない」からだと。

 完全にシンボライズされただけの「師匠」に、今になって出て来られては困ると思えます。  今日の教義変更や反対派への粛正、除名、左遷などの暴挙は、センセイの御名を使ってのやりたい放題の所産であり、今更、それとは違うことを、うかつにも指摘、叱責されたりすれば、立場はありません。 クビだけで済めばいいですが、、。

 なぜこんな妄想を書くか。

 それは、このままでは創価は解散、二分化 三分化するかしかないと思うから。

 センセイの再出現でもない限り そうなるとしか思えません。 またハムの与党からの脱却(正確には自民から捨てられる)も視野に入っており、民心の指導部離れも進んでいます。  正木氏の隠れ支持派もこのまま、黙ってはいないだろう
から、本山との和解指向も完全死してはいないだろうと思うのです。

 「ほっとけば四分五裂、流れ解散」の創価にとって、最大の処方箋は、やはり
「池田氏の再登場」しかないという蘭房めの意見でした。

 センセイに関心のなかった管理人さんには「どうでもいい」ことかもしれませんが、「おれたちの大好きだった@日蓮正宗創価学会。の夢にも関連します。

 ときおり、こんなことを考えていたりします。

 都議選の結果から、こんな連想も湧いてきました。 都議会ハムと国政での自民共闘のねじれは、様々なことを思い起こさせます。

 しかし、それにしてもチャイナの軍事的プレゼンス、およびNコリアの脅威を思うと、こんな能天気な国政のザマでいいのか、とつくづく思います。

 まして加計問題や籠池疑惑などで、いたずらに国会が揺れているような為体で、どうなるんだ!と私もうんざりしているところ。

 ではスレ違い続きも、これでいい加減やめることにします。
 
 

こちらの場所をお借りして失礼致します。

私の友達の創価と法華講の方へ

私は創価と宗門の話は社長が2人いたから別れたと思ってます。
創価は御本尊を失い、宗門は信徒を失いました。

日蓮上人は庶民が苦しんでるから法華経を読みました。
日蓮上人が自分が始めた日蓮宗の為に派閥や解釈の違いで争う事を望んでるとは思えません。

創価はコピー本尊だし、ご祈念文も変わりました。
しかし、教本も御書も一応有ります。
創価を退会して、法華講に行くのは、派閥の移籍のように私には思えます。

私は生きてるのが嫌だと言う無宗教の人に信仰を勧めました。
創価を退会して信仰をやめたい人にも、止めても幸せになれないと引き止めました。
御書は日蓮上人が信仰をやめない為に信徒に当てた手紙です。
主は信仰、従は御書です。
私は題目を毎日1~3時間あげて、新聞に載ってる御書も一文ですが読んでます。

日蓮上人の御精神を受け継いでいると言うのは、主と従が日蓮上人と一致している事だと思います。
自分では一致してるつもりです。

私の母は創価の幹部で、今日もお前の母親超ウザいと言われましたが、私が何とか生きていけるのは、私の友達の学会員の方々がいて下さるからです。
私の友達の法華講の方々も私より遥かに信仰心が厚く深く心から尊敬しています。

都議選有難う御座いました。

ひごちゃんさん

こんいちは。

> 管理人様も蘭ぼう様も参加されるので
> あれば、私も参加したいです。
> 御戒壇様に御開扉後に学会ネタで
> お話をしたいですね。

本当に楽しそうですよね。
その日が来るのを楽しみにしましょう。

> そういえば、創価の森の投稿
> 本当に学会脳なんですね。
> 宗門が学会を迫害しただの
> 池田先生は学会を護る為に
> 会長を辞任しただの
> この間も荒川に先生ご夫妻が激励に
> 行かれてお元気とか

先日、少しブログを読みましたが
典型的な創価ブログのワンパターンでした。
なにせ元ネタが「小説」人芸革命などの
お手盛り資料ですからね。
なんでそういう資料が一般社会に受け入れられると思っているのか不思議です。
多分、内部の「ゆる活」向けに書いているのでしょうね。

> 学会に取って本当にネギを背負ってきた鴨状態ですな。

というか、少しは学んでから絡んできて欲しいですよ。
みなさん「白痴」状態で絡んでくるので疲れます(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR