創価本尊の体を言えない活動家に代わって

先日ここにコメントをくれた学会員。
とうとう「本門の本尊」の説明もないまま
相変わらず極悪と戦っているみたいだが
それにしても過去にコメントをしてきた
自称創価活動家さん達は
「本門の本尊」が何なのか?について
誰ひとり回答不能とは情けないではないか(笑)
しかも、その対応ぶりもほぼ一緒で
こちらの質問にはまったく答えないくせに
質問返しをしてきて、こちらに「答えろ」と迫ってきたり
質問と関係ない話を始めるという論点すりかえしてみたり
教学蔑視の発言や更には現証論と
どんだけ「本尊」の事を質問されるのがイヤなんだよ。
もしかして「これってニセ本尊なのかなぁ」って
自分の創価本尊のことを疑ってるんでじゃないの?
いや、絶対そうでしょう(笑)
じゃなきゃここまで遁走を繰り返さないっての。
たま~に、自分自身の中に本尊がある。
なんていう相変わらずの創価教学丸出しの回答をしてくる人もいるが
前回記事に書いたように、「総別」も「理事」も分かっていない
五老僧バリのそんな回答してくるんのだから
オジさん疲れちゃうよ(笑)
自分自身が「本門の本尊」であるならば
創価の本尊なんて必要ないじゃない。
仏壇に鏡でも置いて、自分の間抜け面に向かって
題目でもあげてれば済む話じゃないの?違うの?

こんなのばかりで彼、彼女等は
本当に創価学会員なのか疑わしくすら思えてくる。
昔の幹部活動家は、「本尊」の話だけで
余裕で2時間は話ができたぞ。
俺も「観心本尊抄」の題号だけで1時間講義したこともあったよ。
それがな~んも答えない。
こういうのザマを「アホウのバラモン」っていうんだろうね(笑)

創価の本尊が「本門の本尊」であるというならば
「本門の本尊」とは何か?
そしてどうして創価の本尊が「本門の本尊」であるのか?
普通はそれくらい説明できて当然じゃないのか。
こんなことは教学力が「ある」とか「ない」とかの話じゃない。
自分たちが毎日拝んでいる「本尊」の話だ。
自分たちが拝んでいる本尊すら説明できないのに
一体どうやって他宗を破折するのか。
一体どうやって部員さん達に指導をするのか。
一体どうやって未入会の人を折伏するのか。
「本尊」を説明できなければ
それらは全て不可能である。
本尊の説明もおぼつかなくて
どうやって「本尊流布」するんだよ。
ひょっとして「本尊流布」なんてしたことないヤツばかりなのか?
それとも「騙されたと思って・・」とかいうパターン?
いやいやあなた達見てれば「騙される」って思うさ。
「いや無理」って大抵の人はそう思う。
事実「騙して」いるのだからその手は桑名のなんとか。だよ。

商品に関する説明一切なし。
または事実と違う説明して売りつける。
世間ではそれを、詐欺とか押し売りとかいうんだよ。
「本尊」を説明できない。ということはそういう事だ。
で、代わりに言っていることは
正宗には、「日顕宗」というネガティブキャンペーンを展開して極悪と言うだけ。
部員さんには「活動すれば功徳出る」「財務には功徳がある」なんて指導して
折伏の時は創価学会は世界に広まっているし有名人もやっているから正しい信仰だよ。
なんて下世話な事いっちゃたり
これのどこが破邪顕正なのさ。
単なる創価大作狂の与太話じゃね~か。

そもそもさ、こんな与太バナのどこが「大聖人仏法」なんだよ。
全く大聖人仏法の話なんてしてないだろ。これじゃ。
ただの創価の内輪の話だろ。
創価の内輪の話をするのは
大聖人仏法の広宣流布とは言わない。
弘教や指導の時は「大御本尊」の仏力・信力を語り
破折の時は他宗の誤った本尊義・本尊観を破すのが
大聖人仏法を広宣流布するという事である。
それをだ。
「本門の本尊」の説明もできない
「自分が拝んでいる本尊」も説明できない人間が
「私は広宣流布してます。悪と戦ってます。」
なんて言っちゃってるわけだ。
一体どこまで恥ずかしい人たちなんだろう。
聞いているこっちが思わず赤面してしまう(笑)
本当に「くだらない」の一言に尽きる。

「本尊」を語れないということは
「題目」も「戒壇」も語れないということ。
つまり「三大秘法」を語れないのであり
「大聖人」も語れないという事だ。
これって前述したが、教学の問題ではないのである。
「信心」の問題なのである。
つまり、ここで俺からの本尊に対する質問から
遁走していった学会員は
教学以前に信心がない。のである。
法華講員さんから「ニセ本尊」といわれも
信心のない創価活動家は文理で反論することもできず
ヒステリックに「日顕宗、日顕宗」と騒ぎ立てるだけ。
全く惨めであり、こんな創価活動家の姿を見ると涙すらこぼれそうになる。

「自分の拝んでいる本尊の体」すら答えられない
無信心の活動家諸氏に
今日はおれが特別に教えてあげよう。
大御本尊を捨てた君たちが毎日拝んでいる
その「本尊の体」とは
「ただの紙切れ」だ。
「コピー用紙」の方がいいか?
どっちにても「あってもなくてもどっちでもいい」代物である。
いやむしろない方がいい

そして「ただの紙切れ」に「南無妙法蓮華経」とつぶやいても
「何も起こらない」
いや謗法だから最後は無間地獄だな。
それが、君たちが3000円?も出して創価から購入した
創価が「本尊」と呼んでいる代物の体である。
「大御本尊」と等しく「本門の本尊」?
バカも休み休み言って欲しいもである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さん

こんにちは。 仕事が一段落です。

 ずっと投稿を続けて、お目を汚しております。  乱用のきらいも。。。m(__)m

 で、今回は創価本尊の体ですね。

 文中のピンク部分。 これで終わりですね。 そうなんです。 ない、とも言えるし、
そもそも「知らないのではないか」と思います。 せいぜい、「本門・ニセ門」とかの昔幹部で流行ってたギャグレベルですかね。 U副会長のは「どうしても11界互倶になる人」の話とか。  ともかく信心の最低限・基礎教学である、三大秘法(一大秘法、そして本尊義も知らないで、「やってる感満載の人たち」は、私らからすれば「別の教団」です。  大聖人様、云々と 語ってもらっては困るのです。

 

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。
私は今夜はこれから接待?飲み会?です(笑)

> そもそも「知らないのではないか」と思います。 せいぜい、「本門・ニセ門」とかの昔幹部で流行ってたギャグレベルですかね。 U副会長のは「どうしても11界互倶になる人」の話とか。  ともかく信心の最低限・基礎教学である、三大秘法(一大秘法、そして本尊義も知らないで、「やってる感満載の人たち」は、私らからすれば「別の教団」です。  大聖人様、云々と 語ってもらっては困るのです。

大聖人を騙ることはもとより
創価学会活動家とか名乗って欲しくないですね。
大作教がいやなら「新創価」とでも言って欲しいです。
俺の好きだった創価を汚さないで欲しいです

はじめまして。
ちょくちょくブログの記事を拝見しているのですが、大変勉強になっています。私も家族が根っからの創価学会信者であり、また創価で人生を救われたくらいお世話になった方があるため、なかなか彼らを置いてお寺に移れず悩んでいるものですが、管理人さんの苦悩もわかる気がしました。

ですが…今日の記事には少しガッカリしてしまいました。
私は創価学会の本尊をただのカラーコピーだとか言いたくない。祈っても無駄とも言いたくないです。

なぜなら、それに命をかけて祈る会員さんが多くいるからです。

私は大御本尊さまを信じています。
しかし、大御本尊も知らない若い世代の会員や、会則変更後に創価本尊に祈った会員でも、死闘の末、病苦や経済苦を乗り越えている方がいます。

私は大御本尊に祈る題目こそ本門題目だと思いますが、大聖人の慈悲は創価学会員にも変わらず向かうのではと思います。とはいえ、最終的に大御本尊に信を向けて欲しいですけどね…

ですから、創価本部の謗法を責めることがあっても、真剣に信じている会員にカラーコピーだとか功徳がないとか、簡単に言うのは、怒りすら覚えます。

もちろん、無礼な投稿をした活動家へのアンチテーゼだったのでしょうが、
やや筆が過ぎるように思われました。

失礼な投稿すみません。
ご不快でしたら削除してください

AYA様。横やりコメント失礼致します。

「自分の拝んでいる本尊の体」すら
答えられない
無信心の活動家諸氏に対して、

大御本尊を捨てた君たちが、

毎日拝んでいる
その「本尊の体」とは
「ただの紙切れ」だ。
「コピー用紙」の方がいいか?
どっちにても「あってもなくてもどっちでもいい」代物である。と、
大御本尊(日蓮大聖人)様を軽視してる方々に言われたのでは?

私は学会員で、
3000円の御本尊様を対鏡とし、
お山に居る大御本尊様を心に想い浮かべ
五座三座の勤行と唱題を、
感謝を込めて実践しております。
駄文コメント誠に失礼します。
お気を悪くさせて申し訳なく存じます。

AYAさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

私がずっと言い続けているのは
大御本尊=大聖人に信を取るかいなかです。
教義的は創価本尊は大聖人の本尊ではありません。
しかし大御本尊に信を取れば「本門本尊」の義が現れ功徳があると思いってます
それは正宗の教義とは違いますが
私も長年創価本尊に祈っていましたのでそう感じます。
ですから記事にも「大御本尊を捨てた君たち」と書きました。
そこがポイントだとおもいます。
法華講員でもあっても大聖人に信を取らなければ謗法です
創価だって大御本尊に信を取れば謗法ではありません
正宗ではそうは言いませんが私はそう思っています。
創価は謗法で法華講は謗法ではないとかその逆とかではないと思います。
所属している組織ではなく個人の信心の在り方だと思ってますし過去に何度もそう書いています。
でも「大御本尊捨てた学会員の本尊はただの紙切れである」ということはてっかいしません。
わけあって創価を退会できなくても大御本尊に信を取る信心をすれば功徳はあります。

AYA さんへ

初めまして。
私も、元は創価二世でしたが、創価を退会し、日蓮正宗に帰依したものです。
退会に至るまでは、「私は試されているんだ、学会から、池田先生から絶対離れてはいけない」と、思ってました。
しかし、今の時代内部から真実が明らかになる事が多く、公正な目を持って判断するために、ネットで捏造されていると思っていた事も、検証しながら現在に至りますが、今は本当に良かったと思っています。

創価は、戸田先生の教えとは、どんどんかけ離れて行っています。
御本尊様のことについて、戸田先生のご指導です。
「末法の現在においては、絶対に戒壇の御本尊様こそ、われわれが即身成仏できる生身の御本尊様であらせられるのです。
また、われわれがいただいている御本尊様も、文底事の一念三千、真の草木成仏の理によって開眼された、これまた生身のご本仏様であります。
この御本尊こそ、真の木絵二像開眼の御姿でなくてなんでありましょうか。
これは日蓮正宗以外の邪宗ではなしえないところであり、ただ日蓮正宗のみのもつ深秘の法門であります。
邪宗がいくら日蓮正宗の御本尊をマネて作ってみたところが、これこそ馬の骨なのであります。
否、恐ろしい毒薬の働きを持つのであります」大白蓮華第62号

創価は「開眼供養は必要ない」と言っていますが、開眼供養しなければ、そこに悪鬼が入るとも戸田先生は、言われています。

創価は、戸田先生の教えも全く守っていないんです。

池田先生が、勝手に会館用に本尊を8体、
日達上人に、許可なく作ったことはご存知でしょうか?
それで、創価はお詫び登山をしています。
当時から池田先生は、御本尊様の扱いについても、勝手なことをしていました。
信徒が御本尊様を勝手に作っていたのですよ?
戸田先生なら絶対しないことです。
宗門との裁判も学会は勝訴2割以下ですよね?
会員には知らされていない真実が沢山あります。
事実、弘安2年の戒壇の御本尊様を捨てました。
ですから、心は戒壇の御本尊様を…というのは、道理に合わないと思いますよ。
私からすれば、身延の御本尊様に向かって、「戒壇の御本尊様を思ってる」と、言ってるのと何が違うのかな?と思いました。

現役学会員です

はじめまして、創価学会員の婦人部です。
先日から少しだけこちらを拝見しています。私は三大秘法は六大秘法に開かれまた、一大秘法にとじることを少年部の時に女子部の方から教えて頂きました。

本門の本尊とは戒壇の大御本尊様のことです。

こう長年、私は創価学会での教学で教えられ御書も学んできたのです。

2014年の11月8日の聖教新聞に載った記事を見て、ウソでしょう、と何回も読み直しました。
私自身は戒壇の大御本尊様だけは信じてきていますので、 聖教新聞が信じられませんでした。その後、お経本の改定で、罪障消滅がないので、 宿命転換はどうするのか?
過去世もなくなってしまったのか?

今でもしっくりしてません。

カラーコピー本尊では功徳はでないのか?

●カラーコピー本尊でも、イワシの頭本尊でも結論からいいますと功徳はでます。
宗教というのは思い込みの美学、体験の判断基準は結局主観です。
判断基準が主観ですからどこまでいっても論争は平行線をたどります。
●地球上には無限大の数の宗教がありますから、今日もどこかで奇跡の体験が語られてることでしょう。

ということで、当プログの管理人さんと比較的近い意見をわかりやすく述べてるサイトがありますから参考までに→http://soukaism10.blog.jp/archives/19650767.html

こんばんは!

創価に納得できなくても、「じゃあ、宗門に!」…とはできない自分がいます。たぶん私のような人はたくさんいるだろうと思います。そして…その理由も人それぞれかと……
私は震災の時に、御本尊様に命を救われたと思っているし、かつて父親が癌で入院していた時、御本尊様の前で必死に祈っていたら、不思議な光景が見えたのです。たくさんの人が私のそばで題目をあげているのです。その人たちは顔も服装もぼんやりしてわからないのですが、確かに題目をあげていて………その光景を見て、私は感じたのです。御本尊様の前では、人間は皆平等であると…地位も役職も関係ない。違いがあるとしたら、御本尊様を信じる心の強さだけだと。そして…自分と御本尊様の間に何者も入れてはいけないと…
この数日後、父は退院し数年、自宅で普通に暮らしました。末期癌の苦痛はほとんどありませんでした。
こういうことなどがあり、私は今の御本尊様が好きなのです。私が宗門に行けば、この御本尊様は「偽物」になってしまう……なんか…それは嫌なのです。心はもう学会員じゃないような気もしますが…

許容ライン割りました。

おはようございます。

管理人様は閲覧数は興味ないと思いますが今回の管理人様の投稿は学会員の許容ラインを割りました。

現時点で極悪と戦うブログが閲覧数1位です。
また、駄目だしさんがすぐ1位に戻ってるかも

はしゃくと言うのなら、読者評価も大事かなと思います。

ランさんも読むと思うから書きますが評論なんてしてませんよ
信仰する事を人に勧める為には、色んな方の文章を参考にしてるだけです。

パワフルパワー さん

こんにちは。初めまして。

> 本門の本尊とは戒壇の大御本尊様のことです。
> こう長年、私は創価学会での教学で教えられ御書も学んできたのです。

その通りです。それが正解です。そして大御本尊を広めるために創価はできたのです。
今の創価は戸田二代会長の目指した創価ではありません。

> 2014年の11月8日の聖教新聞に載った記事を見て、ウソでしょう、と何回も読み直しました。
> 私自身は戒壇の大御本尊様だけは信じてきていますので、 聖教新聞が信じられませんでした。その後、お経本の改定で、罪障消滅がないので、 宿命転換はどうするのか?
> 過去世もなくなってしまったのか?
> 今でもしっくりしてません。

それが普通の感覚だと思います。
いまの創価の教義を正しいなどと思う会員さんは
「御本尊」に興味ない、言い換えれば大聖人を信じていない人だけです。
しっくりこない。のならば昔の五座三座のご観念文のある経本を使うといいですよ。
私は創価時代も正宗の経本で勤行していました。
勤行もできる限り五座三座をおススメします。
気持ちいいですよ。
難しいなら長行1座でもいいからやってみてください。

絵里子さん

こんにちは。

> 創価に納得できなくても、「じゃあ、宗門に!」…とはできない自分がいます。たぶん私のような人はたくさんいるだろうと思います。そして…その理由も人それぞれかと……

そうですよね。大勢います。私もそうでしたが、私の場合は創価の組織が勝手に退会させてくれたので。それでも勧誡を受けるまでは9カ月かかりました。

> 私は震災の時に、御本尊様に命を救われたと思っているし、かつて父親が癌で入院していた時、御本尊様の前で必死に祈っていたら、不思議な光景が見えたのです。たくさんの人が私のそばで題目をあげているのです。その人たちは顔も服装もぼんやりしてわからないのですが、確かに題目をあげていて………その光景を見て、私は感じたのです。御本尊様の前では、人間は皆平等であると…地位も役職も関係ない。違いがあるとしたら、御本尊様を信じる心の強さだけだと。そして…自分と御本尊様の間に何者も入れてはいけないと…

その通りです。私が「紙切れ」というのは、大御本尊に信のない創価の人々に向かって言っているのです。
未活の学会員さんで題目もあげない人の家のどこかに置いてある創価の本尊は「紙切れ」と同じです。
題目をあげていても大御本尊を捨てた人たちの本尊も「紙切れ」と同じです。

> この数日後、父は退院し数年、自宅で普通に暮らしました。末期癌の苦痛はほとんどありませんでした。
> こういうことなどがあり、私は今の御本尊様が好きなのです。私が宗門に行けば、この御本尊様は「偽物」になってしまう……なんか…それは嫌なのです。心はもう学会員じゃないような気もしますが…

私の考えを言えば、「ニセ本尊」かどうかは「信心」如何だと思っています。
ただし、創価の本尊については日興門流の本尊のテイをなしていないのは事実です。
それと、功徳や守護をしてくれる根本は大御本尊です。
自宅の御本尊はその分身にすぎません。
大御本尊への信があれば内得信仰でも守られるということです。
私もかれこれ内得信仰8カ月になりましたが守られている実感があります。

いづれにしても、まずは学会とか宗門とかは抜きにして
大御本尊への信心を心がけるのいいかと思います。
先のことは大聖人様が決めてくれますよ

古本屋店主さん

こんにちは。

> ●カラーコピー本尊でも、イワシの頭本尊でも結論からいいますと功徳はでます。
> 宗教というのは思い込みの美学、体験の判断基準は結局主観です。
> 判断基準が主観ですからどこまでいっても論争は平行線をたどります。
> ●地球上には無限大の数の宗教がありますから、今日もどこかで奇跡の体験が語られてることでしょう。

そうともいえますね。
だから創価が何を信じても私はいいと思ってます。
だた、大聖人仏法を名のならければいいのです。
大聖人の名を騙ったうえに日興門流である正宗にケンカを売ってくるなんて言語道断なんです。

miuさん

こんにちは。

> 管理人様は閲覧数は興味ないと思いますが今回の管理人様の投稿は学会員の許容ラインを割りました。

なんですか許容ラインって(笑)

> 現時点で極悪と戦うブログが閲覧数1位です。
> また、駄目だしさんがすぐ1位に戻ってるかも
> はしゃくと言うのなら、読者評価も大事かなと思います。

読者評価を得るためにブログを書いていませんよ。
閲覧数ってのは記事数に比例するので
閲覧数を増やすのが目的ならば、
毎日、創価と学会員の悪口でも書いていれば済む話なんです。
このブログは、創価と学会員に対し罵詈雑言で罵倒するのが目的じゃありませんよ。
それに創価系のブログが読まれるのはいい事じゃないですか。
創価活動家がいかに酷いか世間様によくわかると思いますけど(笑)

紙切れ、コピー用紙に両手を合わせてる

何度も失礼致します。

学会員は紙切れ、コピー用紙に両手を合わせてる。
それが嫌なら、退会して本物本尊で勤行したらよい。

すぱあっと、それが出来ないから困る。
事情は人其々だけど、一番多いのは同居してる家族が学会員。
2つ仏壇が必要になるのかしら?
勤行する時に本尊を取り換える?
それは無理。

大御本尊様と会員を分断した名誉会長

宗門に行くのはいやだ、と思う方もたくさんいるのだと思います。
私の場合も、宗門の悪口は聞いてきましたから、不安はありました。
しかし、私が創価から聞いてきた話とは全く違う事実があり、捏造があり、納得のいく答えばかりでした。
例えば、創価から大謗法の輩が出たとして、その輩が供養した建物に、大切な戒壇の御本尊様を御安置するでしょうか?
学会なら即破門、永久追放して徹底的に裏切り者として、責めるでしょう。

宗門は、勝手なことばかりする池田先生を、何回も許してきました。
そして、池田先生のみ破門したのに、池田先生は、会員も巻き込みました。
「先生が私たちを宗門から守ってくださった」といいますが、どう守ったのでしょう?

7年も宗門は学会員が返ってくるのを呼びかけ、待っていたのに、誹謗中傷を繰り返してきたのです。
それで「嫉妬に狂い大石寺破壊!」とか、「桜を切った」とか。

謗法者の供養は受けないのは正当な理由です。
桜も、松くい虫のように、桜の病気があり、被害拡大を防ぐため、その場所の桜を処理しただけです。

戒壇の御本尊様を守ってきたのは、宗門です。
そのお陰で、私たちは御本尊様を拝することが出来ますし、 大聖人様が「代代の聖人悉く日蓮なりと、申す意なり」聖典379
と言われています。

御書にも、僧俗の役割と、三宝あって正しく信心ができるとの事を言われています。

大聖人様だと思い仕えていく事こそ、僧俗和合にして大願成就可能なのだと思います。それを破壊したのが池田先生だと、私は思っています。

創価は三代会長までは
永遠の師匠とされるでしょうが、その後のトップが必ずしも完璧とは言えないでしょう。

最後に、創価の本尊でも功徳があるとおっしゃる方々に、私が感じたことをお伝えします。
私も創価の御本尊様に祈ってきましたので、守られた。思うことはありました。
しかし、福運が尽きてから、気づくものです。
私も全て尽きてから、そして周りの学会員を見て、きづきました。
他宗の本尊でも功徳はありますよ。
「初めは事なきようなれども」です。

管理人様とは、考えも違いますが、「功徳とは六根清浄なり」ですから、正しい判断ができなくなってくると思います、
私の周りの学会員は、支離滅裂でおかしい人ばかりですから。







こんにちは!

お返事ありがとうございました。
そうですね。未来のことは大御本尊様におまかせしたいと思います。いちばんいい時に、いちばんいい道が開ける…と信じます。
ただ…いつか創価が「釈迦本仏論」に変わったら…その時は退会しようと決めてはいます。そうなったら、1000%邪教だと思うから…

余計なお世話ですが…

こんにちは。

台風一過ですが、皆さまお障りありませんか。

さて、横からまた余計なお世話いたします。


miuさん。

「閲覧数には興味がない」と管理人さんに一体何回言わせるおつもりですか?
一回でもはっきり言われたら以後は口を慎むのが礼儀だと思いますが、いかがですか?
貴女はリアルでもそうなの?
「興味ない」と言っているのに、ご自分は興味があるからと何度もその話題を振る。人から同じことをされたらどう思います?
それに、こちらのブログ村でも殊更に閲覧数を意識されている方々いらっしゃいますが。客観的に見てどうですか?なんだか下品だと思いませんか?


それと。
創価のご本尊について、こちらの管理人さんやご常連さん達がどう仰っているのか、ちゃんと読みましょう。
誰も貴女のような極論を勧めてはいませんよ。
落ち着いてちゃんと読んで、じっくり考えることです。
過去の記事やコメントに、いくらでも示唆はあります。

以前、貴女に「頭に浮かんだことをよく考えもせず、すぐに言葉にするものではない」「待つことを覚えたら」と言いましたが言葉が足りませんでした。
『待つ』とは『己を客観視できるまで待つ』ということです。
よく分かりませんけど、miuさんいい大人なんでしょ?
客観的に見て、今の自分の振る舞いはどうなのか。
こう考える習慣は絶対に身につけたほうが良いと思います。というか、これが身についていないとロクなことがありません。

リアルでは、考える間も無く返答しなくてはいけない場面もあるでしょう。
でもネットでは、誰も貴女にそんなこと求めていません。いい練習だと思って、ネット上ではゆっくり考えて、客観的になって、それから言葉を紡ぐことです。

言葉遣いは初めと随分変わってきて、miuさん、努力なさってるんだなあと感心しておりますよ。
ますます素敵な大人の女性に成長なさいますよう、どうぞお励みください。



管理人さま、皆さま

記事と関係のないお説教、偉そうにすみませんでした。

管理人さん

ご返事ありがとうございます。

私は平成2年まで創価学会で最後の登山ができるまで毎年、多く、行かせていただいてきました。平成2年の6月に登山したのが最後です。

種々、書きたい事は沢山ありますが、省きます。

5座3座の勤行要典は破門された後、創価学会版のが私の地域の会館で買える事を聞き、すぐに地区の皆さんの分も頼まれて買いました。最初は創価学会版は5座3座のお経本を売ってましたので、それを沢山買いました。

私個人としては30冊今でもあります。買っとっいてよかったです。
宗門とまだ一緒のときは日蓮正宗版の勤行要典(お経本)も、100冊買いました。
今は70冊ありますが、大量に買ってたのはすべて折伏した方に(御本尊送り)お数珠といっしょに差し上げたからです。

私は創価学会版ので勤行本(5座3座の)でしようとおもいます。

宗門のは御祈念文は引き題目が(な〜む〜みょう〜ほう〜れん〜げ〜きょう)と、
書いてあるんですが、この引き題目は、日蓮大聖人様が千葉で、はじめて、お題目を
唱えた時が、この、引き題目で な〜む〜みょう〜ほう〜れん〜げ〜きょう〜 だったと
聞きました。

私は個人的には、大御本尊様をこれからも今までどうおり信じていきますが、
宗門の僧侶にはついてはいけません。

今、7月24日〜8月20日まで友好期間中ですが、創価ファミリー大会もあり忙しいです。

私の自宅も拠点で使っていただいてます。いろんな複雑な思いもありますが、


こんにちは

ん~やっぱりそうですよね~(((^^;)
僕も含め40代以上の創価2世3世はおもっきし大御本尊のこと知ってますよね…。
わざわざ日蓮正宗の家に生まれてきたのにな~。
いつのまにか創価学会っていう宗教になっちゃった(笑)

もう今は何にも迷う事はないと思いますよ。グダグダ言わなくても正邪はハッキリしてます。
どこで悩まないといけないかと言うと、どうしたら大御本尊の元へ帰れるかということで悩まないといけない。
管理人さんが言うように創価の御本尊でもいいから大御本尊の元へ帰れるように祈るべきと思います。
ニセ本尊が嫌なら大石寺の方向いて勤行したらいいと思います。

うちの場合創価本尊を巻いて引き出しにしまっただけで結果出ました(良い方)
特に精神的な病気の人はすぐに巻いた方がいいと思います。
実験だと思ってやってみてください。
巻いたくらいで罰あたりません、会館のロッカーにまとめて置いてあるくらいですから。

生まれてこのかた大御本尊を信仰してきた学会2世3世にとって今の創価の現状は耐え難いと思います。
僕もそうです。
子供の頃と同じ思いで御本尊にお願いすればいいと思います。結果は必ず出ます。
御本尊様がやることですからほんとウルトラCみたいなことになります(笑)

大御本尊を信ずる創価学会員のみなさん
あきらめず頑張りましょう♪
冬は必ず春となるです♪








華さん

こんにちは。

> 戒壇の御本尊様を守ってきたのは、宗門です。
> そのお陰で、私たちは御本尊様を拝することが出来ますし、 大聖人様が「代代の聖人悉く日蓮なりと、申す意なり」聖典379
> と言われています。

その通りですね。宗門が大御本尊を守ったからこそ創価も守れたわけです。

> 大聖人様だと思い仕えていく事こそ、僧俗和合にして大願成就可能なのだと思います。それを破壊したのが池田先生だと、私は思っています。

同感です。破和合僧は大作センセと創価の方なんです。

> 最後に、創価の本尊でも功徳があるとおっしゃる方々に、私が感じたことをお伝えします。
> 私も創価の御本尊様に祈ってきましたので、守られた。思うことはありました。
> しかし、福運が尽きてから、気づくものです。
> 私も全て尽きてから、そして周りの学会員を見て、きづきました。
> 他宗の本尊でも功徳はありますよ。
> 「初めは事なきようなれども」です。
> 管理人様とは、考えも違いますが、「功徳とは六根清浄なり」ですから、正しい判断ができなくなってくると思います、
> 私の周りの学会員は、支離滅裂でおかしい人ばかりですから。

華さんの言っていることの方が私の言うことより正しいと思います。
だた、私は以前も記事に書きましたが
学会に在籍しているから全てが謗法とは思えないんですね。
とはいえ、謗法団体に所属していればそれに染まってしまうリスクも大きいのですが。

絵理子さん

こんにちは。

> そうですね。未来のことは大御本尊様におまかせしたいと思います。いちばんいい時に、いちばんいい道が開ける…と信じます。

そうだと思います。大御本尊を求めていれば必ず応えてくれます。
御本仏ですから。

> ただ…いつか創価が「釈迦本仏論」に変わったら…その時は退会しようと決めてはいます。そうなったら、1000%邪教だと思うから…

いまでもその傾向なんでけどね。
でもそうは言わない。
大聖人利用しているのです。

牡丹さん

こんにちは。

いつもありがとうございます。

パワフルパワーさん

こんにちは。

> 種々、書きたい事は沢山ありますが、省きます。

はい。書きたくなったらいつでもコメントしてください。

> 私は創価学会版ので勤行本(5座3座の)でしようとおもいます。

いいと思います。
2座のご観念文が大切です。
正宗の経本では

南無本問寿量品の肝心・文底秘沈の大法・本地難思境智冥合・久遠元初・自受用報身如来の御当体・十界本有常住・事の一念三千・人法一箇・独一本門戒壇の大御本尊、御威光倍増御利益広大御報恩謝徳の御為に

です。
これが本尊義なのです。そしてこれを観念するのが本尊供養です。
ちゃんとしたご観念文を読めば、教学などなくても本尊義がわかるのです。
昔の学会員さんなら皆知ってます。
本尊義を答えられないということはありえないことなのです。

> 私は個人的には、大御本尊様をこれからも今までどうおり信じていきますが、
> 宗門の僧侶にはついてはいけません。

そうですか。創価に毒されないよう大御本尊への信を貫いてください。

> 今、7月24日〜8月20日まで友好期間中ですが、創価ファミリー大会もあり忙しいです。
> 私の自宅も拠点で使っていただいてます。いろんな複雑な思いもありますが、

拠点は大変ですね。
我が家もそんな時期がありました。
またコメントしてくださいね。

議論は好みませんが

牡丹姉さん

嫌みでも何でもなく、牡丹姉さんとこのブログで出会えた事が一番良かったと思ってます。
人に苦言は言いませんから

私はこのブログを多くの人に読んでもらいたいだけです。
創価は池田先生の話しかしませんから
池田先生は学会員の幸福を願って激励している
それしか言いませんから
元を正せば信仰して幸せになる
信仰が大事です。
私は勤行も題目もあげてます。

入会をとるのも、退会したい人の説得も池田先生がどれ程学会員の為に尽くしてきたのかを説明しないと創価学会にならないので、今まで生きてきて日蓮上人と言う言葉を思い出す事も無かったから。

管理人様の意向を尊重しないで突き進むのは悪いとは思うけど、それでも学会員には信仰して欲しいです。
その為にこのブログを多くの人に読んで欲しいです。

ありがとうございます

管理人さん

ありがとうございます。

正本堂前の奉安殿からの私が赤ちゃんの0歳児から、御開扉を受けられてずっとこられたのも、大御本尊様を信じられることだと思っています。

miuさん

こんばんは。

miuさんがこのブログを応援してくれているのを嬉しく思ってますよ。
ブログ村のランキングなんて気にしなくていいですよ(笑)
創価系のブログなんてほとんどは
大聖人仏法に関係なく正宗の悪口を書いているだけのものですから。
そんな印象操作のデマブログと競うと思ってませんよ(笑)

パワフルパワーさん

こんばんは。

> 正本堂前の奉安殿からの私が赤ちゃんの0歳児から、御開扉を受けられてずっとこられたのも、大御本尊様を信じられることだと思っています。

そうだと思います。
大御本尊との縁が深いのでしょうね。

◆常寂光土に詣りて釈迦多宝の御宝前に於て我等無始より已来師弟の契約有りけるか無かりけるか又釈尊の御使として来つて化し給へるかさぞと仰せを蒙つてこそ我が心にも知られ候はんずれ、何様にもはげませ給へはげませ給へ。(最蓮房御返事)

大聖人(大御本尊)との師弟の約束は、今世限りの創価の師弟などとは比べ物になりません。
無始以来、大御本尊と師弟なのです。0歳で御本尊と会えたのですから。しかもあと1年遅ければそれもできませんでしたね。
今は創価で活動されるでしょうが
いつかまた大御本尊にお会いできる日が来ると思います。

またいつでもコメントしてくださいね

本ブログとは関係ありませんが、

先ほど、16才を目前の我が家の
長女(犬)が、天命を全うし、
霊山へ旅立ちました。
嫁さんの連れ子でしたが、

7年ほど、彼女(長女)に
励まされました。

悲しい時には
そっと横に来て
ペロペロしてくれる優しい子でした。

私が、勤行する時には、
いつの間にか、喧嘩の絶えない
猫のマイ助と仲良く仏間に座ってた子。
駄文コメント誠に失礼します。

ちょっと、お酒でも呑みたい気分ですが、
彼女の為にも御題目を唱えます。

空伽羅おじさんさんへ

☆きっと幸せな 犬生をおくられた事でしょう。 ご冥福をお祈りいたします<(_ _)>

空伽羅おじさんへ

  哀しいですね。

 私も昔 バンという名前の雑種を死なせました。 今でも忘れられません。

 以来、犬の気持ちが理解できるようになりました。  人類の最古の友人は犬です。
 
 思いっきり泣いてやってください。  どうぞ次世でまた 縁がありますように。

 私にも判ります。  回向を今もしています。   あなたがたご一家で生きれて幸せだったと思いますよ。

追記

  再々、すみません。

 実は、今夕 近所の同級生がガンで死にました。 弱い私は彼も馴染みだった店で、さっきまでママと献杯をして、奴を偲んでいました。

 ジャズが好きな、そして今まで一回も公明に入れてくれなんだ奴でした。

 この歳になると生者の列を次々と友が離れていきます。

 多分明日がお通夜。  泣いてはいけないのが正宗の定めですが、随分、店で泣きました。   ヘタレです。

空伽羅おじさんさん

こんにちは。

優しいご主人達と共に過ごし
彼女はとっても幸せだったことでしょう。
マイ助も寂しいでしょうね。

蘭房様&管理人様

コメントありがとうございますm(_ _)m
死は嫌なもんです。

真剣に祈っても、開眼供養がない偽本尊ではいけません。

少しでも間違いに気づいたら公式サイトから近くの末寺に問い合わせるべきです。

これは家族や親しい友達を捨てることではありません。

助けるためには

我もいたし人をも教化そうらえ

創価脳に贈る言葉

1、前々から思っていたが、お坊さんが芸者遊びすることがそんなに悪いことか?
頻繁に、芸者遊びしてるなら確かに問題だと思う(そんなお坊さんがもし本当にいたら内部規定で普通クビ)
たまの息抜きにお坊さんが自分の給料で芸者遊びしてなんか悪いんですかね~
同じ論理で世の中の男性追求しないと片手落ちじゃないですか?世の中の男性の多くが女性から極悪日顕とののしられてしまいまますよね~(笑)

2、正本堂壊したこと文句いってますが、壊していけませんか?
寄進したということはあげたということなんです。
ここ、理解してますか?
文句があるんだったら、財務返還裁判起こされたとき素直にお金返還しなきゃならないですよね?
返還しましたか?

3パナマ文章に名前が出てきた宗教法人は天下の創価学会様だけで、極悪日顕宗はじめ、その他は出てこない、極悪を糾弾するなら、まずご自分の組織の高給宗教貴族を糾弾したらいかがでしょうか?

4会則変わって弘安2年の本尊を受持の対象としないというのなら、それ、末端に周知徹底させないと、まだ、混乱してるみたいですよ(これなんか高給宗教貴族の仕事じゃないんですか?ちゃんと仕事するように監視しないといけませんよね)

5日蓮本仏論だ、いや、釈迦本物論だ、池田本仏論だと末端は勝手にさわいでますが、結局どうするんです?
教学部一応あるんですよね?
釈迦本物論にするなら日蓮宗に謝らないといけませんよ(小樽問答の時の無礼本当に申し訳ございませんでしたと)


古本屋店主様

鋭いご指摘ですね。
どれも今の学会には返答できないでしょう。
すべてあたり前の世法なのに、
世法が通じないのが今の学会です。

記事、コメントにもありましたが、邪教に堕落した学会は、
一体なにを信仰しているのでしょうか?

ダマされて福運が底をついた時、
気がつく方もいらっしゃいます。
先日も学会員が勧誡を受けられ、
大御本尊様の御元に戻られました。

古本屋店主さん

全く仰る通りなんですよ。
自分たちの事は棚上げして
他には悪口三昧の印象操作。
といっても世間様は創価の話きいても
「お前らの方ひで~だろ」って感じです。
追伸
知り合いの本部職員はキャバクラ通いで離婚しました

ナノルホドデハアリマセン  さん

こんにちは。

> 真剣に祈っても、開眼供養がない偽本尊ではいけません。
> 少しでも間違いに気づいたら公式サイトから近くの末寺に問い合わせるべきです。

お気持ちは分かりますが
ここは正宗サイトに誘引する目的のサイトではありませんのでお察しください。

古本屋店主様

これ以上ない素晴らしい御指摘とはしゃく有難う御座います。

末端の学会員には物事を決める権限が無いので、学会本部に御一報下さい。学会員に言われても解決出来ません。
組織に属する事が嫌だと言う人が多いです。
組織と言うのが有る限り、お金を払って組織の執行部が決めた事に問答無用に従うしかないのですから、古本屋店主様が一番幸せですね。

そうなると信仰しない、信仰を止める事になります。

コメント書くと御指導が来そうだから止めとくつもりでしたが、僧侶呼べないから儀典部、友人葬の導師をしてくださる方は説法上手ですよ

古刹信徒さんへ

●宗教企業は目的が金と労働力の搾取ですから、そこはやはりプロの腕でわからないように会員をマインドコントロールするんでしょうね
本当の目的がバレたら宗教企業は終わりですからね。

幼児期からの洗脳とイミテーションの平和と日蓮仏法でまんまと騙されちゃうんですよね。

●簡単にマインドコントロール解く方法があるんですよ
サイコパスの時にも書いたんですが、他の宗教企業(幸福の科○、統一原○等に信じなくてもいいし会合もでれる範囲でいいから半年から1年入会してみる、そうすれば正気に戻ると思いますよ。

後、立正大学等の現代仏教学の講座に出席して、いかに、自分たちが創価仏教が仏教の体裁をなしてないか、お勉強してくるのもありだとおもいます。
日蓮宗は日蓮正宗との過去の法論の歴史がありますから手ごわいですよ、講師が日蓮宗のお坊さんだったらそこで法論挑めばわかりますよ、多分、木端微塵にされ玉砕です(本尊義答えれないなんてふつうはありえないですからね)

古本屋店主さま

こんにちは。

ほんとにそうだと思います。
バリ活さんは文化文化という割に無知無教養な方ばかりですからね。
芸者さんって何をする方か知らないんじゃないですか?
お座敷で何すると思ってるんでしょうね?
すごく下品なことを想像なさってませんかしらね?恥ずかしい。
お座敷に芸者さんを呼んでるからって、あんなにヒステリックになるのは、何にも知らないからだと思いますし、日々芸に精進なさっている芸者さんにも失礼な話です。

牡丹さん

こんにちは。

> 芸者さんって何をする方か知らないんじゃないですか?
> お座敷で何すると思ってるんでしょうね?
> すごく下品なことを想像なさってませんかしらね?恥ずかしい。

ああ、確かに。芸者遊びなんて
上層部くらいしかしてないでしょうから分からないのでしょうね。
私の知人の学会員は会社の経営者ですが
社内旅行で、スーパーコンパニオン呼んでました。
それこそ「お下品」なお遊びをしたと自慢してましたね(笑)

遊び方に品がない

お局女子部幹部さんがホストにはまって借金まみれになったこともありました。
どうしてまた…と話を聞くと「寂しかった」と。
どうやらあちこちであるようですよ?
哀れですね。

牡丹さん

こんばんは。

> お局女子部幹部さんがホストにはまって借金まみれになったこともありました。
> どうしてまた…と話を聞くと「寂しかった」と。
> どうやらあちこちであるようですよ?
> 哀れですね。

無冠の友をしていてた地区婦人部長も
理由は知りませんが、毎晩飲み歩くようになり
いまや地元の飲み屋のあいだでは「酔っぱらいババア」といわれ出禁になっています。
なんだか寂しくなりました

miuさん、これ、あなた?

https://toshizo.muragon.com/entry/38.html

〝ランキング1位おめでとうございます。 駄目だしさんは許容ラインを割りました。 駄目だしさんの文章内容には賛同してなかったので、本当におめでとうございます。〝

このブログの何に賛同できないのですか?
この二枚舌はなんですか?
意図がわかりません。

-

真善美の探究【真善美育維】

【真理と自然観】

《真理》
結論から言って, 真偽は人様々ではない。これは誰一人抗うことの出来ない真理によって保たれる。
“ある時, 何の脈絡もなく私は次のように友人に尋ねた。歪みなき真理は何処にあるのかと。すると友人は, 何の躊躇もなく私の背後を指差したのである。”
私の背後には『空』があった。空とは雲が浮かぶ空ではないし, 単純にからっぽという意味でもない。私という意識, 世界という感覚そのものの原因のことである。この時, 我々は『空・から』という言葉によって人様々な真偽を超えた歪みなき真実を把握したのである。


我々の世界は質感。
また質感の変化からその裏側に真の形があることを理解した。そして我々はこの世界の何処にも居ない。この世界・感覚・魂(志向性の作用した然としてある意識)の納められた躰, この意識の裏側の機構こそが我々の真の姿であると気付いたのである。


《志向性》
目的は何らかの経験により得た感覚を何らかの手段をもって再び具現すること。感覚的目的地と経路, それを具現する手段を合わせた感覚の再具現という方向。志向性とは或感覚を具現する場合の方向付けとなる原因・因子が具現する能力と可能性を与える機構, 手段によって, 再具現可能性という方向性を得たものである。
『意識中の対象の変化によって複数の志向性が観測されるということは, 表象下に複数の因子が存在するということである。』
『因子は経験により蓄積され, 記憶の記録機構の確立された時点を起源として意識に影響を及ぼして来た。(志向性の作用)』
我々の志向は再具現の機構としての躰に対応し, 再具現可能性を持つことが可能な場合にのみこれを因子と呼ぶ。躰に対応しなくなった志向は機構の変化とともに廃れた因子である。志向が躰に対応している場合でもその具現の条件となる感覚的対象がない場合これを生じない。但し意識を介さず機構(思考の「考, 判断」に関する部分)に直接作用する物が存在する可能性がある。


《思考》
『思考は表象である思と判断機構の象である考(理性)の部分により象造られている。』
思考〔分解〕→思(表象), 考(判断機能)
『考えていても表面にそれが現れるとは限らない。→思考の領域は考の領域に含まれている。思考<考』
『言葉は思考の領域に対応しなければ意味がない。→言葉で表すことが出来るのは思考可能な領域のみである。』
考, 判断(理性)の機能によって複数の中から具現可能な志向が選択される。


《生命観》
『感覚器官があり連続して意識があるだけでは生命であるとは言えない。』
『再具現性を与える機構としての己と具現を方向付ける志向としての自。この双方の発展こそ生命の本質である。』

生命は過去の意識の有り様を何らかの形(物)として保存する記録機構を持ち, これにより生じた創造因を具現する手段としての肉体・機構を同時に持つ。
生命は志向性・再具現可能性を持つ存在である。意識の有り様が記録され具現する繰り返しの中で新しいものに志向が代わり, その志向が作用して具現機構としての肉体に変化を生じる。この為, 廃れる志向が生じる。

*己と自の発展
己は具現機構としての躰。自は記録としてある因子・志向。
己と自の発展とは, 躰(機構)と志向の相互発展である。志向性が作用した然としてある意識から新しい志向が生み出され, その志向が具現機構である肉体に作用して意識に影響を及ぼす。生命は然の理に屈する存在ではなくその志向により肉体を変化させ, 然としてある意識, 世界を変革する存在である。
『志向(作用)→肉体・機構』


然の理・然性
自己, 志向性を除く諸法則。志向性を加えて自然法則になる。
然の理・然性(第1法則)
然性→志向性(第2法則)


【世界創造の真実】
世界が存在するという認識があるとき, 認識している主体として自分の存在を認識する。だから自我は客体認識の反射作用としてある。これは逆ではない。しかし人々はしばしばこれを逆に錯覚する。すなわち自分がまずあってそれが世界を認識しているのだと。なおかつ自身が存在しているという認識についてそれを懐疑することはなく無条件に肯定する。これは神と人に共通する倒錯でもある。それゆえ彼らは永遠に惑う存在, 決して全知足りえぬ存在と呼ばれる。
しかし実際には自分は世界の切り離し難い一部分としてある。だから本来これを別々のものとみなすことはありえない。いや, そもそも認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう?
言葉は名前をつけることで世界を便宜的に区分し, 分節することができる。あれは空, それは山, これは自分。しかして空というものはない。空と名付けられた特徴の類似した集合がある。山というものはない。山と名付けられた類似した特徴の集合がある。自分というものはない。自分と名付けられ, 名付けられたそれに自身が存在するという錯覚が生じるだけのことである。
これらはすべて同じものが言葉によって切り離され分節されることで互いを別別のものとみなしうる認識の状態に置かれているだけのことである。
例えて言えば, それは鏡に自らの姿を写した者が鏡に写った鏡像を世界という存在だと信じこむに等しい。それゆえ言葉は, 自我と世界の境界を仮初に立て分ける鏡に例えられる。そして鏡を通じて世界を認識している我々が, その世界が私たちの生命そのものの象であるという理解に至ることは難い。鏡を見つめる自身と鏡の中の象が別々のものではなく, 同じものなのだという認識に至ることはほとんど起きない。なぜなら私たちは鏡の存在に自覚なくただ目の前にある象を見つめる者だからである。
そのように私たちは, 言葉の存在に無自覚なのである。言葉によって名付けられた何かに自身とは別の存在性を錯覚し続け, その錯覚に基づいて自我を盲信し続ける。だから言葉によって名前を付けられるものは全て存在しているはずだと考える。
愛, 善, 白, 憎しみ, 悪, 黒。そんなものはどこにも存在していない。神, 霊, 悪魔, 人。そのような名称に対応する実在はない。それらはただ言葉としてだけあるもの, 言葉によって仮初に存在を錯覚しうるだけのもの。私たちの認識表象作用の上でのみ存在を語りうるものでしかない。
私たちの認識は, 本来唯一不二の存在である世界に対しこうした言葉の上で無限の区別分割を行い, 逆に存在しないものに名称を与えることで存在しているとされるものとの境界を打ち壊し, よって完全に倒錯した世界観を創り上げる。これこそが神の世界創造の真実である。
しかし真実は, 根源的無知に伴う妄想ゆえに生じている, 完全に誤てる認識であるに過ぎない。だから万物の創造者に対してはこう言ってやるだけで十分である。
「お前が世界を創造したのなら, 何者がお前を創造した?」
同様に同じ根源的無知を抱える人間, すなわち自分自身に向かってこのように問わねばならない。
「お前が世界を認識出来るというなら, 何者がお前を認識しているのか?」
神が誰によっても創られていないのなら, 世界もまた神に拠って創られたものではなく, 互いに創られたものでないなら, これは別のものではなく同じものであり, 各々の存在性は虚妄であるに違いない。
あなたを認識している何者かの実在を証明できないなら, あなたが世界を認識しているという証明も出来ず, 互いに認識が正しいということを証明できないなら, 互いの区分は不毛であり虚妄であり, つまり別のものではなく同じものなのであり, であるならいかなる認識にも根源的真実はなく, ただ世界の一切が分かちがたく不二なのであろうという推論のみをなしうる。


【真善美】
真は空(真の形・物)と質(不可分の質, 側面・性質), 然性(第1法則)と志向性(第2法則)の理解により齎される。真理と自然を理解することにより言葉を通じて様々なものの存在可能性を理解し, その様々な原因との関わりの中で積極的に新たな志向性を獲得してゆく生命の在り方。真の在り方であり, 自己の発展とその理解。

善は社会性である。直生命(個別性), 対生命(人間性), 従生命(組織性)により構成される。三命其々には欠点がある。直にはぶつかり合う対立。対には干渉のし難さから来る閉塞。従には自分の世を存続しようとする為の硬直化。これら三命が同時に認識上に有ることにより互いが欠点を補う。
△→対・人間性→(尊重)→直・個別性→(牽引)→従・組織性→(進展)→△(前に戻る)
千差万別。命あるゆえの傷みを理解し各々の在り方を尊重して独悪を克服し, 尊重から来る自己の閉塞を理解して組織(なすべき方向)に従いこれを克服する。個は組織の頂点に驕り執着することはなく状況によっては退き, 適した人間に委せて硬直化を克服する。生命理想を貫徹する生命の在り方。

美は活活とした生命の在り方。
『認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう? 』
予知の悪魔(完全な認識をもった生命)を否定して認識の曖昧さを認め, それを物事が決定する一要素と捉えることで志向の自由の幅を広げる。予知の悪魔に囚われて自分の願望を諦めることはなく認識と相互作用してこれを成し遂げようとする生命の在り方。


《抑止力, 育維》
【育】とは或技能に於て仲間を自分たちと同じ程度にまで育成する, またはその技能的な程度の差を縮める為の決まり等を作り集団に於て一体感を持たせること。育はたんなる技能的な生育ではなく万人が優秀劣等という概念, 価値を乗り越え, また技能の差を克服し, 個人の社会参加による多面的共感を通じて人間的対等を認め合うこと。すなわち愛育である。

【維】とは生存維持。優れた個の犠牲が組織の発展に必要だからといっても, その人が生を繋いで行かなければ社会の体制自体が維持できない。移籍や移民ではその集団のもつ固有の理念が守られないからである。組織に於て使用価値のある個を酷使し生を磨り減らすのではなく人の生存という価値を尊重しまたその機会を与えなければならない。

真善美は生命哲学を基盤とした個人の進化と生産性の向上を目的としたが, 育と維はその最大の矛盾たる弱者を救済することを最高の目的とする。

とくめーさんへ

何これ??
貴方は誰??

確かに、私は学会員です。
管理人様の全ての投稿内容には賛同してませんよ
ランさんは迷いもなく、その点は素晴らしいと思ってますよ

二枚舌?
相手によって話を変えてるつもりは有りませんよ。
1つの事に対してAさんにはこう言い、BさんにはAさんと違う事を言い、本当はどちらが本心なのか?
そんなことしてませんよ

ランさんにはランさんの良さがあるし、管理人様には管理人様の良さがありますよ

貴方は誰??
このブログにコメントをする人がいなくなるようにする目的を教えて下さい。
ランさんはランキング1位なのだから、このブログを引っ掻き回す必要はないです。

コメント内容については概ね合ってます。
サイコパスさんは、牡丹姉さんから私が注意を受けてる事に便乗して利用して、このブログの混乱を狙っておられますよね

管理人様をあまり見くびらない方が良いと思います。
管理人様がコメント者にはらを立てて暴言をはき、コメントする人がいなくなる事は有りませんし、コメントする人がいなくなっても別に困ったりしないと思います。

他のコメント者の皆様、管理人様、私のこのコメントやとくめーとか言う人は完全に無視して下さい。

嘘だ誤解だと私が必死になるのが貴方の目的ですよね。
サイコパスさんに都合よく利用されたりしませんよ
二枚舌の女で良いですよ
他のコメント者さんが私を追い出す事を狙ってる?
このブログにコメントなさる方は頭良いですよ
サイコパスさんの都合のよいように動いてくれませんよ

御参加者の皆様絡むとサイコパスさんの思うツボです。


仕事終わり

 
 こんばんは。  一人でリビングにいる気分かな。・

 また疲れるコメント群がありますね、、、(^^;

 ブログ運営も 大変ですたいね。   

 

戸田2代会長の獄中の悟りは事実か?

●度々、出てきてすいません。<(_ _)>
最近、当プログをご覧になられる方も増えてきたので参考までに。

サイコパスがたずねてきている質問も管理人さんは過去何回も答えてるし
創価学会の多くの詐術も管理人さんおよびコメンティターの皆様がほとんど証拠付きで暴いてます。

●戸田2代会長の獄中の悟りも過去ログに記載されております。
参考資料
http://www.j-milk.jp/kiso/kyushoku/8d863s000001sk8m.html
●某サイトより一部抜粋

●戸田城聖氏が牢獄内にいたのは
昭和18年から20年です。
学校給食で脱脂粉乳が出される
ようになったのは昭和24年で、
ユニセフからの寄贈で学校給食の
定番&伝説メニューになります。
戦時中に牛乳瓶などという
高価なものを囚人に与えるなど、
あり得ない話なのです。
さらに言えば、信教の選択によって
牢獄に入れられたにも関わらず、
その罪状の原因となった
宗教の唱題を長時間あげる事を、
刑務所が許すでしょうか?
ましてや経文を持ち込ませるなど、
あり得ない話です。
余談ですが、展示されている
牛乳瓶の蓋の日付が昭和52年の
5月であったことが発覚し、
脱会者が続出しました。
そんなものは存在するはずが
なかったのですから、
展示した当時に作られたわけです。



そうですね

学会員の宗門への悪口の内容は古いです。
シアトルたら芸者遊びたら河辺メモたら…
全部決着済みです。ネットがあるんだからちゃんと見ましょう。

最新の宗門への悪口は大御本尊偽物説です
(まぁ最新でもありませんが…)
んなもん
偽物って思ってたらげいかさんも毎日毎日その御本尊に向かって勤行なんかできるかよ。俺は無理だわ、アホらしくなってくるわ。
なに?金儲けのためにやってるだ?
そんな儲かってるようには見えんけどね~
ギリギリの経営なんじゃないか?
金のためだったらもっと儲かる商売なんぼでもあるやろ。
お願い猫ちゃんとか三色グッツとか(笑)
鶴丸グッツなんかねーもんな、いらんけど(笑)







元学会員さん

こんにちは。

> 金のためだったらもっと儲かる商売なんぼでもあるやろ。
> お願い猫ちゃんとか三色グッツとか(笑)
> 鶴丸グッツなんかねーもんな、いらんけど(笑)


「つるまる」君っていう、ゆるキャラ作ったら少しはグッズが売れそうです(笑)

No title

管理人さんはじめまして、法華講員の長峰ですが、あなたのコメントに関係ないことで申し訳ないですが、あなたは創価学会を追放されたみたいですが、現在は創価学会籍が無いということは日蓮正宗の信徒、法華講員ですよね、違います?
このブログについてあなたのお寺のご住職様はなんて評価されてます?
それとも孤独個人勝手信心です?

スレッドを立てるフォームが無いようなのでここに投稿しました、以上が素朴な質問です、お願いします。

長峰さん

こんにちは。初めまして。

> 管理人さんはじめまして、法華講員の長峰ですが、あなたのコメントに関係ないことで申し訳ないですが、あなたは創価学会を追放されたみたいですが、現在は創価学会籍が無いということは日蓮正宗の信徒、法華講員ですよね、違います?

先日勧誡受けたので正宗の信徒となりますね。

> このブログについてあなたのお寺のご住職様はなんて評価されてます?
> それとも孤独個人勝手信心です?

これは創価時代から書いているブログですし、
個人的なブログなのでご住職に話していませんよ。
それに、勧誡受けた時に記事中に
個人的ブログなので、日蓮正宗の公式見解ではありません。
と書きましたよ。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR