夏休みの宿題(死後の生命のこと)

今週から、休暇をとった途端に天気悪くほとんど雨。
明日から1泊で海に行くのだけど天気が悪そうでテンションも上がらない。
でもしっかり楽しんでくるけどね。
とその前に牡丹さんからの夏休みの宿題を済ませよう。
先日、牡丹さんから
【死後の生命は本当はどうなるのでしょう。】という
かなりヘヴィな出題をもらった。
しかも、書こうと思っていた「上野殿後家尼御返事」の一節を
先に古本屋店主さんに書かれてしまい途方にくれているわけで・・(笑)
とはいえ「死後も生命」という話は
折伏の時にもしばしば話題になるし

◆されば先臨終の事を習うて後に他事を習うべし(妙法尼御前御返事)

と大聖人も言われている。
自分自身も牡丹さん同様に「死んだらどうなる?」と
考えたことは何度もある。
結論だけ言ってしまえば「死んだことがないから分からない」のだが
さすがに仏法者として「死んでみなきゃ分からない」じゃぁちょっと無責任だよね。

ここから先はあくまでも、大聖人の御書等を読んでの
個人の考えを書くので、そのつもりで読んでもらいたのだけど
まず、創価活動家がよく言う
「死んだら宇宙に冥伏する」説があるが
あながち間違えとは思わないが、この「宇宙」の解釈が問題だ。
この「宇宙」というのをいわゆる誰もが想像する
天文学的な意味で使っているのならばそれは「間違い」だ。
「宇宙」という文言は御書にはないし
天文学的意味の「宇宙」というのは
「始まり」があるのだから当然「終わり」があることになる。
そうなるとそこに冥伏した生命もまた「有始有終」ということになり
生命は永遠。ということにならなくなってしまう。
故に大聖人仏法に即して言う場合の「宇宙」とは
天文学的な「宇宙」という意味ではなく
「宇宙法界」・・宇宙はいらないか。「法界」ということだろう。
「法界」をわかりやすく「宇宙」の言っているのであれば
「宇宙に冥伏」でもいいが、どうも創価活動家は
普通の意味で「宇宙」と言ってるフシがあるので
そうであれば創価の言ってることは間違っている。
死後の生命は「宇宙」に冥伏するのではなく
「法界」に冥伏する。それが正しいだろう。

では、「法界」とは何か?詳しい説明は省くとして、御書には

◆法界は釈迦如来の御身に非ずと云う事なし(草木成仏口決)

とあるように、「法界」=「仏身」だ。
もちろんここでいう釈迦如来というのは文上の意で
文底の意でいうのであれば釈迦如来とは久遠元初自受用身である。
日寛上人は観心本尊抄文段で

◇自受用の身土は十法界の全体なり
◇「法界に遍あまねし」は自受用身なり

とご指南されている。
そしてこの自受用身とは御本仏大聖人のことであり
また戒壇大御本尊のことである。
「法界」=「仏身」=「大聖人(大御本尊)」という方程式であるから
死後の生命は御本仏の生命に冥伏する。
それがオレの結論である。
御本仏とは言え、当然一念三千の当体であるから
十界が存在する。
大御本尊を捨てれば死後その生命は「地獄界」に行くということだろう。
そして死後は自力ではそこから脱出できない。
ただし、「地獄界」とはいえ仏界(ご本仏の中の)所具の地獄界であるから
いつかは脱出できるがそれはいつだかわからない
大御本尊を捨てた謗法の者は、それまで無間地獄で苦しむことになる。
実に可哀想だと想うが、それが大聖人の仏法の法理だ。

とまぁ色々書いてきたが、
要約すれば全ての人は
「死後の生命は大御本尊の元に帰る」というのが俺の考えである。
大御本尊への信を貫いた者の臨終は千仏来迎であり、
謗法の者の臨終はその逆である。

◆我弟子等の中にも信心薄淡き者は臨終の時阿鼻獄の相を現ず可し其の時我を恨む可からず(顕立正意抄)

俺は大御本尊への信を貫き楽しい臨終を迎えたいと想う。
大聖人は信心を貫いた人の臨終は

◆退転なく修行して最後臨終の時を待って御覧ぜよ、妙覚の山に走り登つて四方をきつと見るならばあら面白や法界寂光土にして瑠璃を以つて地とし金の繩を以つて八の道を界へり、天より四種の花ふり虚空に音楽聞えて、諸仏菩薩は常楽我浄の風にそよめき娯楽快楽し給うぞや、我れ等も其の数に列なりて遊戯し楽むべき事はや近づけり(松野殿御返事)

と言われている。
友人葬で創価の導師も引用する一節だが
大御本尊を捨てたらこんな臨終は迎えられない。

そして、そのあとで大聖人と霊山でお会いする。

◆一流は未来え持せ給え霊山に於て日蓮日蓮と呼び給え、其の時御迎えに罷り出ず可く候。(遠藤左衛門尉御書)

なんと楽しい臨終ではないか。
そうなる事を信じ今世を退転なく生きていこうと思っている。
幸か不幸かその時には大御本尊を捨てた大作センセや創価活動家はそこにはいない。

◆信心弱くしてはかかる目出たき所に行くべからず行くべからず(松野殿御返事)

行き先は俺たちとは違う場所である。
この大聖人の言葉を信じるのあれば
早く「大御本尊」への信を取り戻すことだ。
人の一生なんて意外と短いからな。

以上で、牡丹さんからの「夏休みの宿題」は提出済。ということで。
明日は、雨だろうと何だろうと海で遊んでやる~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

こんにちは。

お手数おかけしましてすみません。とてもよく分かりました。
易しい言葉で書いてくださって感謝です。なるほど。『宇宙』を『法体』と言い換えるとしっくり来ますね。
大御本尊さまに心を向けての追善回向がどれほど大切かということも痛感いたしました。
ますますお寺が恋しくなってしまいます。
何かと障害が山積みなんですけど…。

おかげさまでスッキリした気持ちでお盆を過ごしております。
本当にありがとうございました。

木絵二像開眼之事

コメントを間違って消してしまいました。

大聖人様は、木絵二像開眼之事で

法華を悟れる智者、死骨を供養せば生身即法身なり。是を即身といふ。さりぬる魂を取り返して死骨に入れて、彼の魂を変じて仏意と成す。成仏是なり。

彼の魂を変じて仏意と成すとは

大聖人様即ち大御本尊様の元にお連れする儀式が葬儀で、それが出来るのは、修行をされた正宗の御僧侶だけで、
在家の立場で大御本尊様の元にお連れする事は出来ません。

牡丹さん

こんばんは。

牡丹さんからOKをもらえたようなので
明日はこの悪天候の中、海で遊んできます(笑)

> ますますお寺が恋しくなってしまいます。
> 何かと障害が山積みなんですけど…。

何も心配ないですよ。
大聖人が良きに計らってくれますから。

ひごちゃんさん

こんばんは。

> 大聖人様即ち大御本尊様の元にお連れする儀式が葬儀で、それが出来るのは、修行をされた正宗の御僧侶だけで、
> 在家の立場で大御本尊様の元にお連れする事は出来ません。

その通りです。
謗法の創価活動家が導師をして行き先は無間地獄です。
そのような事があり昨年母を正宗に鞍替えさせたのです。

また本文にも書きましたが死後は自力で成仏できません。
故に塔婆供養は大切だと思います

こんば~んは♪

小学生の時座談会で地区部長のおっちゃんが死んでからのこと言ってました。
たしか信心ちゃんとしてたら大聖人が木の下で待ってるとかなんとか、どっちだったかな?自分が木の下で待ってると大聖人が来てくれるんだっけか?
ほうぼうの人は真っ暗な夜の海で小さな小舟に乗って鯛を釣るんだけど、釣りあげてよろこんでも回りにはだ~れもいないんだって。
たしかこんな話だったような(((^^;)

自分自身は死んでからの事はよくわかりましぇ~ん。
まぁなんとなく思うのは永遠の命、前世来世ってのは遺伝子やDNAの事なのかな~?って思います。
たしかに現在の自分の中には大昔から受け継ぐ遺伝情報もあります。子供たちに受け継がせたいらない情報もあります、うちの場合喘息とか。
ええも悪いもず~っと続いてます、これからもず~っと。それこそ宇宙のあるかぎり(笑)
宿業ってのは悪い遺伝情報の事なのかな~?って思います。

そういうふうに考えるとまた遠い未来に生まれてくるとも言えると思います。
今度生まれえて来るときは美人のイケイケの姉ちゃんに生まれたいです(笑)
男を手のひらで遊ばせたいと思います。













洗濯物が乾きません

せっかくの海遊びなのに
天気が良くないですね( ̄∀ ̄)
昼から天気も良くなればと
思います。
今週は主夫業に勤しむ一週間でした。

息子のパンツを洗濯しながら
思い出した、
ガキの頃に、ふと思った事。

地球の重量をグラム単位で量れる
重量計があったとして、
自分が死んだら、
地球は50kg程度は軽くなるのか?
バカなガキでした。

空伽羅おじさんへ

  こんにちは。

 お盆も完全に消滅。 仕事してますか?

 珍しくヤフー質問で検索してみたら 。。↓

 「日本で一日2000人(世界のペースだと日本では一日3500人死んでないと計算が合わないので、いかに日本人が長生きで医療レベルが高いか分かる)
世界で一日18万5000人の人が何らかの原因で亡くなってます。

ちなみに、世界では一日38万人の赤ちゃんが生まれているので、毎日20万人ずつ人口が増える計算になるし、実際に増えている」

  
、、、だそうで、計りはものすごいスピードで振れてますな。 誰も死なない、生まれない日に うまくやってみましょう。^^     法界も出入りで、ものすげえ忙しいです。  

蘭房兄さま

だからこそなんですよね。
大聖人(大御本尊)さまは、
空位空論は望まれない。
究極の現実(現証)を説いた仏さま。
私は幸福にも、日蓮正宗創価学会の
信者として生を受けた者として、
リアルな世界でも、
ネットの世界でも、
大聖人様の弟子として、
なかんずく、
イケ陀せんせの弟子では無く、
今世を全うしたい。
駄文失礼致しましたm(_ _)m

元創価班さん

こんばんは。

> そういうふうに考えるとまた遠い未来に生まれてくるとも言えると思います。
> 今度生まれえて来るときは美人のイケイケの姉ちゃんに生まれたいです(笑)
> 男を手のひらで遊ばせたいと思います。

ははは(笑)
私は今度も男子がいいかな~
女子は色々と面倒くさそうなので・・

追伸

蘭房兄さま。
ちなみに、
本日より、休み明けでした。
久しぶりの仕事は身体にこたえます。
連休疲れでした。

空伽羅おじさんさん

こんばんは。

> せっかくの海遊びなのに
> 天気が良くないですね( ̄∀ ̄)
> 昼から天気も良くなればと
> 思います。

いま帰宅しましたァ~
昨日も今日も海で遊んでいるときは
太陽が出てまずまずのお天気でした。
日天が頑張りしまたよ。
3年ぶりの海で大はしゃぎして
かなり疲れました・・
なのに明日も遊びに行く予定なので
もう寝ます。
おやすみなさい。


諸天善神にも法味を唱えますから、

明日も楽しいバケーションですね。
リフレッシュされる1日である事を
お祈り致します!
私も明日はまた、休みなんで、
遊び戯れたい(衆生諸遊楽)と
思います!
漢文に間違いあれば、
至りませぬ私m(_ _)m

法界に包まれる

こんばんは。
今日、私が日蓮正宗の御本尊様を自宅にご安置してちょうど1ヶ月が経ちます。
学会にいた頃は塔婆が必要ないとされてきたので、塔婆供養も初めてさせて頂きました。
この1ヶ月の間に、私の長年の健康問題が解決した事と、今日あることに気がつきました。
昔から、ふと無性に寂しいと感じる事がありました。
その事を、学会の同志に話した事があり、「寂しいと私も感じるよ。でも、信心しているからこそ、寂しいと感じるかもしれない。
信心している人は、感性も敏感になるからだと思うよ」と。
その時は、「そうなんだ、私だけが寂しさを感じるわけじゃないんだ」と思い、なんとなく安心しました。
でも、この1ヶ月、その寂しさが一切消えていることに気づきました。
夕日を見ると、綺麗というより、寂しさを感じていましたが、どこにいても、景色が美しく、これまで当たり前に寂しいと感じていた景色も、感謝の気持ちと、安心感に包まれるような気持ちしかありません。
塔婆の功徳なのか、新しく御本尊様をお迎えしたからか、私にも分かりませんが、
創価で、何かしら孤独感や寂しさを感じる人は、何か大切な事を忘れているかもしれません。
今回のブログを拝見して、法界に包まれるという感覚を、生きている今も感じる事が出来、死後も怖くないんだなと感じました。

華さん

こんばんは。

> 今日、私が日蓮正宗の御本尊様を自宅にご安置してちょうど1ヶ月が経ちます。
> 学会にいた頃は塔婆が必要ないとされてきたので、塔婆供養も初めてさせて頂きました。

私はまだ御本尊様の下付をいただいてませんが
お盆には私も初めての塔婆供養をさせていただきました。
やはり気持ちがスッキリしました。

> 創価で、何かしら孤独感や寂しさを感じる人は、何か大切な事を忘れているかもしれません。
> 今回のブログを拝見して、法界に包まれるという感覚を、生きている今も感じる事が出来、死後も怖くないんだなと感じました。

大御本尊は主師親三徳のご本仏であり法界全体です。
法界に包まれることは即ちご本仏に抱かれているということです。
大御本尊を信じることの功徳だと思います。
私たちは一人でも常にご本仏に抱かれているのです。
それで寂しさが消えたのだと思います

華様、管理人様

小生も似たような感覚がありました。
勧誡を受けて日蓮正宗のご本尊様を
我が家にお迎えしてから、
「地に足が付く」感覚を得ました。
言葉で伝えにくいのですが、
今生のあとも、帰る処がしっかりあると衷心から感じました。

この心が落ち着いたような感覚を御住職様に報告したところ、「六根清浄」についてご教示賜りました。
日々感謝です。

古刹信徒さん

こんにちは。

> この心が落ち着いたような感覚を御住職様に報告したところ、「六根清浄」についてご教示賜りました。
> 日々感謝です。

そうですね。それが六根清浄なんですね。
いいお話聞かせていただきありがとうございます。

古刹信徒様 管理人様

コメントありがとうございます。
お二人が言われるように、大きく包まれているという安心感と、心の安定感であり、
生活面でも、今までのような、バタバタと心の余裕もなく、時間に振り回させてるような事がなくなり、しっかりと過ごせているという感覚です。
創価にいた時は感じた事のない、心の安定です。
本当に感謝です。

華さん

こんにちは。

> お二人が言われるように、大きく包まれているという安心感と、心の安定感であり、
> 生活面でも、今までのような、バタバタと心の余裕もなく、時間に振り回させてるような事がなくなり、しっかりと過ごせているという感覚です。
> 創価にいた時は感じた事のない、心の安定です。
> 本当に感謝です。

大御本尊様に対する感謝の心が信心ですね。

私もありました

こんにちは。
私もみなさんと同じ感覚になりました。

学会のご本尊様に題目をあげていた時は、いくらあげても不安感が抜けない感じというのでしょうか。常に追い立てられる感覚というか。

日蓮正宗のご本尊様に題目をあげるようになってから、ピタリと不安感も、苛立ちもなくなりした。不思議ですね。

とど様

こんばんは。
そうなんです。苛立ちとか、様な正義感があって、クレーマー体質になっていました。
心に余裕がないという感じでした。
祈れば祈るほど事故やトラブルも続いていました。
それで悩み、創価の幹部に指導を受けても、解決はしませんでした。
「創価の本尊は開眼供養されてないから、そこに鬼神が入る」ということを、御書をひいて日蓮正宗の方が教えてくれたので、私自身、納得出来ました。
心の芯からの安定を、今は感じる事が出来ています。
なので、私としては、創価の本尊でもいいとは思えないのです。



とどさん

こんにちは。

> 学会のご本尊様に題目をあげていた時は、いくらあげても不安感が抜けない感じというのでしょうか。常に追い立てられる感覚というか。
> 日蓮正宗のご本尊様に題目をあげるようになってから、ピタリと不安感も、苛立ちもなくなりした。不思議ですね。

私は現在内得信仰ですが、たまにお寺で題目上げると気持ちがいいです。
早く、御本尊をご安置したいなぁ
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる